著者
牧山 清 松崎 洋海 平井 良治
出版者
一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会
雑誌
日本耳鼻咽喉科学会会報 (ISSN:00306622)
巻号頁・発行日
vol.117, no.9, pp.1173-1178, 2014-09-20 (Released:2014-10-07)
参考文献数
21

機能性疾患とは解剖学的あるいは病理学的な異常がないにもかかわらず臓器や器官などの働きが低下する疾患を指す. しかし, 国内外では喉頭ファイバー検査上で器質的な異常がなく, かつ運動麻痺がない疾患群を臨床的な意味での機能性発声障害と呼ぶことが定着している. 本稿では狭義の機能性発声障害, 変声障害, 心因性発声障害, 痙攣性発声障害, 喉頭振戦症について診断のポイントを述べる.
著者
藤井 まゆみ 岡崎 健二 牧山 清 久松 建一
出版者
一般社団法人 日本アレルギー学会
雑誌
アレルギー (ISSN:00214884)
巻号頁・発行日
vol.61, no.1, pp.51-62, 2012-01-30 (Released:2017-02-10)
参考文献数
21

【背景・目的】静岡県伊東市におけるスギ・ヒノキ科花粉飛散数を10年間計測した.花粉症の予防・治療に役立てたい.【方法】ダーラム型花粉捕集器を伊東市内3階建ビル屋上に設置し,花粉飛散数を測定した.その結果と気象情報を表計算ソフトMicrosoft Excelを用いて統計処理・解析を行った.【結果】春季の初観測日,飛散開始日,飛散終了日の平均値はそれぞれ1月3日,2月6日,5月12日であった.総花粉飛散数は平均5683個/cm^2であった.前年初冬の花粉飛散数と翌年春季の花粉飛散数は相関がある.春季の花粉飛散数は日々の気象に左右される(大雨や季節外れの大雪で,花粉飛散数は減少する).【結語】地域におけるスギ・ヒノキ科花粉飛散数計測と気象観測から花粉症の予防と治療に役立つ情報を提供できる.
著者
牧山 清
出版者
The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.
雑誌
日本耳鼻咽喉科学会会報 (ISSN:00306622)
巻号頁・発行日
vol.89, no.4, pp.425-432, 1986-04-20 (Released:2008-03-19)
参考文献数
35
被引用文献数
1 1

It is well known that histamine is the most important chemical mediator of nasal allergy, and histamine hypersensitivity of the nasal mucosa has been also recognized in the patients with nasal allergy. Therefore, the degradation or inactivation of histamine released from basophilic cells following reaginic antigen-antibody reaction is very important in the patients from a view point of the defence mechanism of the body. The purpose of this study is to investigate the levels of plasma histaminase of allergic patients both in pollen season and in season without pollen of Japanese cedar. The patients have developed clear symptoms due to allergen challenge during the pollen season. Higher plasma histaminase activity was revealed in pollen season than that out of season. Furthermore, close relations were recognized among the plasma histaminase activity and nasal symptoms, local findings, eosinophils in nasal secretion, and histamine sensitivity of nasal mucosa during the pollen season.
著者
石光 俊介 牧山 清
出版者
広島市立大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2009

日本は高齢化社会に向かっている.その影響もあり,高齢者に多い発声機能障害者も毎年増加している.障害者の多くは代用発声を用いるが,不明瞭である.そこで本課題では発声時の体内伝導信号を用いた発声支援システムを提案した.このシステムでは音節などのサブワード単位での認識を用いて明瞭音声と障害者音声間の伝達関数を利用して明瞭化を図っている.このシステムの有効性を聴感実験や特徴解析などにより確認した.
著者
奥田 稔 深谷 卓 小林 恵子 伊藤 依子 調所 廣之 設楽 哲也 八尾 和雄 小川 浩司 橋口 一弘 佐伯 哲郎 山越 隆行 濱田 はつみ 川崎 和子 石井 豊太 鳥山 稔 増田 哲也 杉山 博 川端 五十鈴 川島 佳代子 八木 昌人 田部 浩生 岡村 浩一郎 木場 玲子 斉藤 晶 安藤 一郎 野村 恭也 吉見 健二郎 窪田 哲明 大谷 尚志 波多野 吟哉 竹山 勇 上杉 恵介 林崎 勝武 鈴木 淳一 澤木 誠司 石塚 洋一 古屋 信彦 安達 忠治 坂井 真 新川 敦 小林 良弘 佐藤 むつみ 山崎 充代 斎藤 洋三 舩坂 宗太郎 斉藤 啓光 石井 正則 浅井 和康 森山 寛 遠藤 朝彦 小林 毅 関 博之 林 成彦 石井 哲夫 窪田 市世 水谷 陽江 荒 牧元 大竹 守 北嶋 整 上田 範子 山口 宏也 牛嶋 達次郎 坊野 馨二 菊地 茂 佐橋 紀男 臼井 信郎 原 俊彰 宮川 晃一 田中 康夫 喜友名 朝盛 井上 庸夫 八木 聰明 大久保 公裕 服部 康夫 町野 満 大塚 博邦 稲葉 真 島田 早苗 添野 眞一 星 慎一 頼 徳成 大橋 和史 村山 貢司 飯塚 啓介 市川 朝也 冨田 寛 小山 明 山内 由紀 渡辺 健一 佐藤 かおる 山田 久美子 木田 亮紀 牧山 清 亀谷 隆一 藤田 洋祐 井上 鐵三 田村 悦代 野原 理 阿部 和也 水野 信一 岩崎 真一 小川 裕 加賀 達美
出版者
The Society of Practical Otolaryngology
雑誌
耳鼻咽喉科臨床 (ISSN:00326313)
巻号頁・発行日
vol.88, no.6, pp.797-816, 1995-06-01
被引用文献数
6 3

To evaluate the effectiveness, safety and utility of Emedastine difumarate (ED) in the treatment of Japanese cedar pollinosis, a multicentered, double-blind comparative study was performed in 290 patients in 1994.<br>Patients with Japanese cedar pollinosis were divided into two groups; the first group was treated with ED at a dose of 4mg/day starting two weeks before the season and continuing for the whole season. The second group was given an inactive placebo instead of ED during the pre-season and the early portion of the season and then replaced with ED during the later portion of the season.<br>As a result, the final improvement rate was significantly higher in the first group than that in the second group.<br>All subjective symptoms such as sneezing, nasal discharge, nasal obstruction and eye itching were suppressed due to ED treatment.<br>In conclusion, it was better to continuously administer ED to patients with pollinosis from the preseasonal period till the end of the season.<br>However, when the ED treatment was started in the midseason, the outcome was good, although less satisfactory than the outcome of continuous treatment given throughout the entire pollen season.