Paul Painlevé@JPN (@Paul_Painleve)

投稿一覧(最新100件)

5 5 0 0 OA 行列式

「行列式」という訳語の普及には 林鶴一「行列式」大倉書店, 明42 https://t.co/ndv2eyFJOT… も大きかったでしょう。林鶴一は行列そのものは扱っていません。determinantに行列式という訳語があった中で… https://t.co/0GymrB3lbg

9 9 0 0 OA 代数学教科書

togetterに出てきた文献を見ていただくとわかりますが,「行列式」という訳語は藤澤利喜太郎が作りました: チャールス・スミス著/藤澤利喜太郎訳「代数学教科書」四巻(三省堂,1897, 初版1891)… https://t.co/yvLHlYPiIh

52 1 0 0 OA 超函数の理論

@metaphusika 一変数の佐藤超函数はシンプルなんですよね。今井功さん「応用超関数論1,2」みたいに,一変数だけでいいので,佐藤超函数の良い応用例を数学の中だけでももっと作らないといけないのかもしれません。実際,佐藤さんの… https://t.co/kCQPm1IIIl
@atsushifujioka すいません。昔はベタ関数と言っていたことまではフォローしてますが、その後の研究の発展を知りません https://t.co/O1oKOD3Sff
@Perfect_Insider 最近(でもない)なら Izumiya https://t.co/0InaGbOglH 次が泉屋さんのsurvey, THEOREM 2.2あたり https://t.co/eDM4SUNcfJ… https://t.co/VQQ3Uqwz5c
@Perfect_Insider 最近(でもない)なら Izumiya https://t.co/0InaGbOglH 次が泉屋さんのsurvey, THEOREM 2.2あたり https://t.co/eDM4SUNcfJ… https://t.co/VQQ3Uqwz5c
@Perfect_Insider あまり詳しくないのですが,ODEの本よりも1階偏微分方程式の本に書いてあります。小松大島 https://t.co/cjBGPBEZGZ の3.2節(3.23)式のちょっと下に「特異解」が解説され… https://t.co/6cF8ME0BbO

9 0 0 0 OA 計数の統計学

RT @Paul_Painleve: 単独のツイートだけだと何言ってるか分らなくなっていた。統計学において"parameter"を「母数」と訳した本のうち、初期のものと思われるのが 近藤忠雄「計数の統計学」岩波書店、昭和19, p.3 https://t.co/MyrgyLh9…
@SA_HyperGeo 河野は名大になかったりしますが https://t.co/QVHHOSfVJ5 だいたいどこの県にもあるようです。福原はオンデマンドすら岩波がやめたので,再販の可能性は低いように思います。
FAVをいただいていますが 西本 敏彦「超幾何・合流型超幾何微分方程式」 https://t.co/w56skvpvkc 犬井鉄郎「特殊函数」 https://t.co/bZqO0MJzMr 高野恭一「常微分方程式」… https://t.co/lga0gDJIYV
リンク失敗 刈屋他人次郎, 微分積分学講義, 金刺芳流堂(1908) p.326 https://t.co/TeFkcsbdYD 刈屋は明治34年に陸軍砲工学校の教授になっています。 https://t.co/uMgKOmsasQ
もうちっとだけ続くんじゃ。 近似記号は明治41年にあった: 刈屋他人次郎, 微分積分学講義, 金刺芳流堂(1908) https://t.co/MHQj82dfhL 刈屋他人次郎は「刈屋点」「刈屋の定理」で知られる: Ka… https://t.co/LcCv0J5LcL

3 0 0 0 OA 最新積分学

与太話はさておき,相似記号を誰が使い始めたか知らないが大正11年に2例がある 西内貞吉, 最新積分学, 積善館 https://t.co/nDx5Q9tNGw 渡辺孫一郎,新編高等代数学,裳華房… https://t.co/QdlS0865m1
与太話はさておき,相似記号を誰が使い始めたか知らないが大正11年に2例がある 西内貞吉, 最新積分学, 積善館 https://t.co/nDx5Q9tNGw 渡辺孫一郎,新編高等代数学,裳華房… https://t.co/QdlS0865m1
William Fulton “Young Tableaux”原著の書評(雑誌数学・尾角正人による) https://t.co/ob1MwiPmdk 「ヤング図形に関 する以下に述べるような内容がこれほど明瞭に,かつ簡潔に証明つ… https://t.co/T4AksD8hex
非線型PDEの代数解析なら,Cartan-倉西の系統の話と,D加群的な話の両方を合わせて考えることになるだろうから(Malgrangeもそう思ってるはず),原点にもう一度立ち返った方がいいのかもしれない。 本人によると黒歴史だが… https://t.co/i1ygJ8VXRU
梅村さんのPainleve関係の仕事の基本としては「数学」論説の下の3つでしょう。Painleve入門にもおすすめ: Painlevé方程式の既約性について https://t.co/CAShgeMQg3 Painleve方程式… https://t.co/pjpIxQWrxp
梅村さんのPainleve関係の仕事の基本としては「数学」論説の下の3つでしょう。Painleve入門にもおすすめ: Painlevé方程式の既約性について https://t.co/CAShgeMQg3 Painleve方程式… https://t.co/pjpIxQWrxp
梅村さんのPainleve関係の仕事の基本としては「数学」論説の下の3つでしょう。Painleve入門にもおすすめ: Painlevé方程式の既約性について https://t.co/CAShgeMQg3 Painleve方程式… https://t.co/pjpIxQWrxp

4 0 0 0 OA 拾璣算法 5巻

@tadamago 久留米藩主有馬頼徸(ペンネーム・豊田文景)の『拾璣算法』(明和6年・1769年)ですか 拾璣算法 5巻. 第1冊のコマ番号16 https://t.co/jk5fy4CR2m https://t.co/Ph61H8DX8E
@dif_engine パフィアンが説明されている教科書としては佐武一郎「線型代数学」。広田 良吾「行列式とパフィアン」(応用数理)全4回 1. https://t.co/ur8DxPZc9o 2.… https://t.co/0sLscm8l7o
@dif_engine パフィアンが説明されている教科書としては佐武一郎「線型代数学」。広田 良吾「行列式とパフィアン」(応用数理)全4回 1. https://t.co/ur8DxPZc9o 2.… https://t.co/0sLscm8l7o
@dif_engine パフィアンが説明されている教科書としては佐武一郎「線型代数学」。広田 良吾「行列式とパフィアン」(応用数理)全4回 1. https://t.co/ur8DxPZc9o 2.… https://t.co/0sLscm8l7o
@dif_engine パフィアンが説明されている教科書としては佐武一郎「線型代数学」。広田 良吾「行列式とパフィアン」(応用数理)全4回 1. https://t.co/ur8DxPZc9o 2.… https://t.co/0sLscm8l7o
日本でMOOC元年と言われた2013年にすでに海外では下り坂だった https://t.co/plUq1uzrc6 実際,数学の場合にe-learning的なものだけで勉強を進められるかというと,よほどの超技術でもないと難しいよう… https://t.co/nksbl8JnYb
RT @suzuki__r: Exact WKB @ Painlevé という電波を受信したので「特異摂動の代数解析学」を眺めると、potential に特異性を許したときの Schrödinger eqs. の話が懇切丁寧に解説されている https://t.co/yxJll…
掛谷のICM講演は "On the Maximum Modulus of an Analytic Function of two Variables" ICM Proceedings https://t.co/YqYPbKezSL… https://t.co/lYuJ26nH2h
今なら良い本がたくさん出ているが,荒又「行列及行列式」は著作権が切れている行列の本の中ではもっとも優れた本の一つと思う。藤原松三郎・岩波全書も切れているが,死後の1961年に第2版が出ており,解析概論と同様の問題が起こりうる。東海… https://t.co/Wl10qXtbRM

16 0 0 0 OA 行列及行列式

荒又秀夫「行列及行列式」(東海書房・1947)国会図書館デジタル https://t.co/32I7rpoq2u 昭和22年の本としては詳しく書いた,忘れ去られた名著です。 翌年に和書で初の「線型代数」の本が出版: 浅野啓三「線… https://t.co/18hXQ0Ehqh
@nagoyahajime 私の全集3巻をノートを取りながら読み切れば,Painlevé四段の免状がもらえます。Painlevéz全集を1巻から並べると嫌になりやすいので3巻から並べて途中で1巻のStockholm講義録を並べるべ… https://t.co/q1QOulBB8J
おそらく日本人のAppellの研究者なら木村俊房の英語の本で勉強した人が多いとは思う。ネットにはないが普及させたほうが良い: Tosihusa Kimura, "Hypergeometric functions of two va… https://t.co/0KFbOvCrLa
佐藤さんがマヤゲームを考えたのは1950年頃のようだ。同等のWelterのゲームは論文がDL可能 https://t.co/jnZjlTMLtX https://t.co/VQYK7JBRLL ヤング図形やフックに関する中山正の… https://t.co/mN4l78j8vh
Mergelyanの原論文はロシア語でよければネットにあります。 https://t.co/TsO0ImaTxz 英訳も存在します https://t.co/wF8GEWQIp7 L^2函数のFourier級数のa.e.各点収束で… https://t.co/oh69Jzcxjb
青本さんは「Gauß」表記にこだわっているな https://t.co/kHDCn5KTMn ちなみにWikipediaに紹介されているGauss17歳の時のサインは,なんか「若い」です。20歳過ぎると普通のものです。 https://t.co/2JDM08kLF4
@tsujimotter 青本 和彦「超幾何関数…その過去,現在,そして…」 https://t.co/kHDCn5KTMn あたりはいかがでしょうか。 少し大変ですが,青本和彦・喜多通武「超幾何関数論」 https://t.co/nxUNhkFfyc
@ceptree 過去に何度かtwしていますが、wikiのそのくだりは誤りで、私は数学から離れていません。1921論文 https://t.co/0KFWQHzgZf 1920年代も継続してポリテクで力学の講義を行いました https://t.co/29bxn2T0oM
@momo__white 代数幾何がご専門のようですので、齋藤政彦さんの 数学論説 https://t.co/QOD3s99BrS 企画特別講演アブストラクト https://t.co/k8KMAKTI2d も参考になるでしょう。… https://t.co/NkQT3kD52B
@momo__white 代数幾何がご専門のようですので、齋藤政彦さんの 数学論説 https://t.co/QOD3s99BrS 企画特別講演アブストラクト https://t.co/k8KMAKTI2d も参考になるでしょう。… https://t.co/NkQT3kD52B
@momo__white 岡本さんか野海さんの本の好きな方を読むと良いと思います。とりあえず雰囲気だけなら、「数学」の論説 岡本 https://t.co/e2uYMdsgS3 梅村三部作… https://t.co/vOfpSLdOkC
@momo__white 岡本さんか野海さんの本の好きな方を読むと良いと思います。とりあえず雰囲気だけなら、「数学」の論説 岡本 https://t.co/e2uYMdsgS3 梅村三部作… https://t.co/vOfpSLdOkC
@momo__white 岡本さんか野海さんの本の好きな方を読むと良いと思います。とりあえず雰囲気だけなら、「数学」の論説 岡本 https://t.co/e2uYMdsgS3 梅村三部作… https://t.co/vOfpSLdOkC
@momo__white 岡本さんか野海さんの本の好きな方を読むと良いと思います。とりあえず雰囲気だけなら、「数学」の論説 岡本 https://t.co/e2uYMdsgS3 梅村三部作… https://t.co/vOfpSLdOkC
@momo__white 岡本さんか野海さんの本の好きな方を読むと良いと思います。とりあえず雰囲気だけなら、「数学」の論説 岡本 https://t.co/e2uYMdsgS3 梅村三部作… https://t.co/vOfpSLdOkC
永宮さんの本は部屋のどこかにあるはずだが、、これは知らなかった。永宮健夫「微分方程式論」は昭和16年11月、犬井さんが合流超幾何の昇降演算子を書いたのが昭和17年4月の数物学会 https://t.co/A1jvw4zVyu なの… https://t.co/w0R6A51mFn

5 0 0 0 Schwarz theory

Schwarzの代数解についてなら、過去もtwした 岩野 正宏;Schwarz theory 都立大学数学教室セミナー報告1989 https://t.co/8rZlABohhZ が詳しいが、入手しにくい。
チャート式は一冊だけ国会図書館デジタルで読める: 星野華水・チャート式代数学詳解 : 受験総括. 下巻 https://t.co/nPTaTxGLXz 昔はどこが「チャート式」なのかさっぱりわからなかったが、原典を見ればすぐにわか… https://t.co/pXXJAkqHOb

2 0 0 0 OA 幾何学精義

数学三千題は最初の方は算数レベルである。当時の受験水準がよく分らない。もう少し後になると、長沢亀之助・明治40年 代数学精義 https://t.co/Dy4uva9FhL 幾何学精義… https://t.co/jywzOAojfE

2 0 0 0 OA 代数学精義

数学三千題は最初の方は算数レベルである。当時の受験水準がよく分らない。もう少し後になると、長沢亀之助・明治40年 代数学精義 https://t.co/Dy4uva9FhL 幾何学精義… https://t.co/jywzOAojfE
チャート式が話題になっていたようだが、別にチャート式が日本で最初の受験参考書というわけではない。有名なものとして 尾関正求・数学三千題・明治13年 https://t.co/F40TUnCubg 明治10年に東京大学予備門ができて… https://t.co/q5sFZvPnl6

5 0 0 0 OA 数学三千題

チャート式が話題になっていたようだが、別にチャート式が日本で最初の受験参考書というわけではない。有名なものとして 尾関正求・数学三千題・明治13年 https://t.co/F40TUnCubg 明治10年に東京大学予備門ができて… https://t.co/q5sFZvPnl6

9 0 0 0 OA 計数の統計学

単独のツイートだけだと何言ってるか分らなくなっていた。統計学において"parameter"を「母数」と訳した本のうち、初期のものと思われるのが 近藤忠雄「計数の統計学」岩波書店、昭和19, p.3… https://t.co/d4BuT2pv2j

9 0 0 0 OA 計数の統計学

近藤忠雄「計数の統計学」岩波書店、昭和19 https://t.co/MyrgyLh9EU のコマ番号9。これより古いのは私も分らない。統計学の先生は暇ではないのか、訳語のルーツを探る人は少ないかもしれない。 https://t.co/W5AA0OmhnO
三山崩しについて調べていたら、同僚の年配の方より 土方 弘明:Wythoffの二山崩しについて(数学11巻・1959年) https://t.co/JeVYpKUnxn を教えて頂いた。Wythoffの二山崩しの原論文… https://t.co/KxPoQATvYN

7 0 0 0 OA 括要算法 4巻

べき乗和の公式は 関孝和 括要算法 1712 https://t.co/ODJ4E67fC7 (コマ番号27) Jacobi Bernoulli Ars conjectandi 1713… https://t.co/iVfKEMrMDv
渋い本が並ぶ産業図書「数理解析とその周辺」 https://t.co/w0C04p9ND4 からの復刊だろう。もう産業図書さん https://t.co/e9495qzvjI がシリーズを継続されないなら、他の本もちくま文庫から出… https://t.co/D5oG9D3mUk
吉川実夫は日本で最初の函数論の教科書を書いた人。「近世総合幾何学」は国会図書館で公開 https://t.co/RZRokPFcc3 ですが、1915年に37歳の若さで死去。この後、西内(第二)、和田(第三→第一)、園(第四)、河… https://t.co/Q5dow4hXwp
du Bois-Reymondのこの論説は1921年に邦訳もされており、 坂田 徳男訳・自然認識の限界について https://t.co/11myafXI1t ここではすでに「ラプラスの魔」と訳されています。 参考:岩波文庫にも… https://t.co/A6Dbmxx0bs
Polylogで名前がついているJonquièreの論文は1889 https://t.co/MHEDBcMKuw 19世紀までの結果をまとめたのがNielsen 1909 https://t.co/UXT5roswfg 現… https://t.co/CkWaAkXPOs
@Luna13983152 "幾何解析"は近年使われるようになってますが定義は定まってないと思います。 Jürgen Jost "Riemannian Geometry and Geometric Analysis"… https://t.co/mF24lECFqR
@follow_against CiNiiで見ると https://t.co/uqFsLbLl8e 350ページ近い立派なもので論文博士(乙)ですね。この97年は本人が社長から会長に就任した年なので、忙しい中で書きためたものを学位… https://t.co/GbiaNerXL3
Carlesonの定理 https://t.co/dTrYQxfaPQ はLacey and Thieleによる証明が有名だが、そう簡単でもない。ググるとL-Tを紹介したスペインの修論二つ… https://t.co/URnRnb146t
リーマン全集などまとめ 初版 https://t.co/kJOvv7IC19 二版 https://t.co/dP43G1pBya TeXにしたもの、英訳もあり https://t.co/9tpgMLwvft 1859論文の原稿に… https://t.co/agEji8qtqP
@tar_kmr ありがとうございます。線画には向くと思うのですが https://t.co/dh3a9Wo9N7 にあるようなポンチ絵にはPGF/TikZは必ずしも向いてないように思います(私の技術が足らないだけかもしれません)
Wikipedeiaでは、山川健次郎が1875年にYaleで学位を取得した、とだけ書かれている。 https://t.co/ZkoVZNu45x 1854年生まれなので75年にPhDはないだろうと思ったら、Yale公式ページ… https://t.co/hWfMdVcmDk
藤沢と同じ1886年に欧州の学位を取得したのが農学分野の長井新吉でドイツのHalle大学で学位を取得した。この4年後に、新渡戸稲造が同じHalle大で学位を取得している。藤沢、長井は、1888年の「日本初の博士」以前に博士号を取得… https://t.co/hrP8xn1QsS

10 0 0 0 OA 工學字彙

phase, topologyの訳語として「位相」について、いろいろ教えていただきました。phaseの訳語としての「位相」の初出は遅くとも 野村龍太郎, 下山秀久編「工学字彙」(1886) p.100… https://t.co/SV2UBaldxe

10 0 0 0 OA 工學字彙

@kishida_koji ありがとうございます。確かに 野村龍太郎, 下山秀久 編「工学字彙」(1886) https://t.co/TwkjK32vLV の100ページ、コマ番号54のところに「Phase 位相」とありますね。… https://t.co/H8SE0K2j8n
「位相」という日本語がいつから使われたのかわかりませんが、phaseの意味では1899年に用例があります 「電壓と位相制御との關係並に其應用」 https://t.co/n4aGoM1FQu この時「topology」はまだないと… https://t.co/uN9r9OX4vS

5 0 0 0 数学の将来

Weilの講演のオリジナルは L'avenir des mathématiques, 1948 https://t.co/8KFBepVp3l 英訳 https://t.co/IPWZCpXRnU 日本語訳(他にも読める媒体が… https://t.co/I4CmyIRgqt

67 0 0 0 OA 楕円函数論

いろいろ情報を教えていただきました 竹内端三・楕円函数 のまとめ ■Line Segmentさんによる現代語訳 https://t.co/r4UQQyto4k ■yx4さんによるTeXからのpdf… https://t.co/0rGhbL53UI

16 0 0 0 OA 行列及行列式

線型代数の教科書は新しいものがほとんどで著作権が切れたものは少ないのですが、 荒又秀夫・行列及行列式・東海書房・昭和22 https://t.co/32I7rpoq2u は古いながらも現代的な教科書に近い。藤原松三郎の「行列及び行… https://t.co/OBra57AOSl

67 0 0 0 OA 楕円函数論

気がつきませんでしたが,労作です。以前、TeXにしてpdfを公開されていた人がいらっしゃいました https://t.co/WU8yM39AzX が、そちらのサイトは@niftyの終了で消えてしまいました。 scan版の公開は続… https://t.co/iz3TCXzzFf

12 0 0 0 OA 書評

雑誌「数学」53 巻 (2001) 2 号書評 https://t.co/zisH3REtWU 塩田 隆比呂さんが梅村浩「楕円関数論」の書評をされている。 『初学者にとって「分かりにくく」なる可能性を心配しつつ幾何的な視点を選ん… https://t.co/U4LgP1ximk
DLMFとErdélyiでは物足りない公式廃人にはロシア公式集がおすすめです。 大槻義彦:数学大公式集の元になったGradshteyn-Ryzhikの現行版 https://t.co/7E0i8WAd4O 丸善のもう一つの新数学公… https://t.co/FsX8M5jxxl

10 0 0 0 定積分表

さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p… https://t.co/GiS5LXvMsG

10 0 0 0 定積分表

さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p… https://t.co/GiS5LXvMsG

10 0 0 0 定積分表

さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p… https://t.co/GiS5LXvMsG

16 0 0 0 OA 行列及行列式

線型代数の教科書は新しいものが大半なのですが、国会図書館デジタルライブラリで読めるものとして 荒又秀夫「行列及行列式」(昭和22年・東海数学叢書) https://t.co/32I7rpoq2u 古さも感じるが、この時期の本として… https://t.co/KkU2Iv4Yzh
応用数理14 巻 (2004) 連載 広田 良吾 行列式とパフィアン(1~4) https://t.co/ur8DxPZc9o https://t.co/zanTRGENMl https://t.co/MnsEMyhVrg… https://t.co/iDtYFrliwK
応用数理14 巻 (2004) 連載 広田 良吾 行列式とパフィアン(1~4) https://t.co/ur8DxPZc9o https://t.co/zanTRGENMl https://t.co/MnsEMyhVrg… https://t.co/iDtYFrliwK
応用数理14 巻 (2004) 連載 広田 良吾 行列式とパフィアン(1~4) https://t.co/ur8DxPZc9o https://t.co/zanTRGENMl https://t.co/MnsEMyhVrg… https://t.co/iDtYFrliwK
応用数理14 巻 (2004) 連載 広田 良吾 行列式とパフィアン(1~4) https://t.co/ur8DxPZc9o https://t.co/zanTRGENMl https://t.co/MnsEMyhVrg… https://t.co/iDtYFrliwK
鈴木将史「一様分布の和の平均到達時間」 https://t.co/vYD7FcLo5g 最初から連続極限を考えて、[0,1]区間の一様な乱数を考えて、和が1を超えるまで乱数を発生させる。乱数の和が1を超える発生回数の平均はeであ… https://t.co/ibHj6sxmRD
Golubev, Lectures on integration of the equations of motion of a rigid body about a fixed point… https://t.co/EUSEX02sv8
木村の定理というのは、超幾何方程式が初等函数で解ける必要十分条件。Schwarzの代数解よりちょっと広くJacobi多項式なども入ってくる: 木村 https://t.co/1PcrCo7JLZ 福原大橋… https://t.co/BOhYjZdA9X
木村の定理というのは、超幾何方程式が初等函数で解ける必要十分条件。Schwarzの代数解よりちょっと広くJacobi多項式なども入ってくる: 木村 https://t.co/1PcrCo7JLZ 福原大橋… https://t.co/BOhYjZdA9X
1989年には折り紙に関する国際研究会が開かれていたようです Proceedings of the First International Meeting of Origami Science and Technology… https://t.co/pF3kBY5kHd

13 0 0 0 OA 微分積分学

@_kmt46 @hfymd 藤原松三郎・微分積分学. 第1だけなら国会図書館で旧版が読めます。 https://t.co/RHlbBso7Vy なぜか2巻だけ館内限定(送信参加館内公開)です。

3 0 0 0 OA 微分方程式

長沢亀之助訳・ジョルジ・ブール「微分方程式」明治18年 https://t.co/ecIlYc0f6v まで遡ると縦書き。レゼドルはレゼンドルの誤植です(なんか違う) PoissonもLegendreもフランス語知らなかったら読め… https://t.co/qVy9P8RjFN

7 0 0 0 OA 高等数学概要

大正9年・掛谷宗一「高等数学概要」(岩波)だとコンマもピリオドも半角。 https://t.co/djfQF0RdH9 それ以前に「て|ろるノ展開ト呼ブ」のほうを何とかして欲しいという感じだが、こういうのも読み慣れると逆に味が出て… https://t.co/Y5XyljPsF0
大久保方程式の初出は1971年のLect Note Math https://t.co/0n6Kp9XIhG 同年の数理研講究録なら https://t.co/ezHjzHB2mN 結局は、都立大講義録を見るのが一番 On the… https://t.co/7Cyx5Qz0nJ
大久保方程式の初出は1971年のLect Note Math https://t.co/0n6Kp9XIhG 同年の数理研講究録なら https://t.co/ezHjzHB2mN 結局は、都立大講義録を見るのが一番 On the… https://t.co/7Cyx5Qz0nJ
金子和雄さんは2007年~2010年は京都にいて、その後四日市の関孝和研究所に移った。ずっと無給研究員だったが、2010~13には科研費を得ていた https://t.co/veIpnh5r9L この4年間は春秋の学会には必ず新し… https://t.co/oxVWtZwGhL
@yujitach 『むすんでひらいて』なら岩波から本が出版されています。 むすんでひらいて考 : ルソーの夢 https://t.co/zEzCJ8TTbI
wikipedia「1796年3月30日の朝に~」の元ネタは高木「近世数学史談」。国会図書館でオンラインで読める https://t.co/NqHOInD5DP 1ページ目だが、6ページにそのガウスの手紙が翻訳されている。 https://t.co/1L9EssAaqE
今なら最近の川中さんの 「フック構造をもつゲームとアルゴリズム」 数学63 巻 (2011) 4 号 p. 421-441 https://t.co/Vbxp49bV5Z あたりから入る方がいいでしょう。 第12回代数分科会シン… https://t.co/kUSIGyVu3r

2 0 0 0 数学III

@paulerdosh 大学で数学の教員やってます、と数研に言えば高校教科書は普通に買えると思います https://t.co/7BPzXbkeGZ 一冊700円くらいだったように思います。所蔵してる大学図書館も多いです… https://t.co/5GaREPTSVZ
1969年に東京で開かれた函数解析学国際会議は、当時の日本の状況を考えると極めて大きな国際研究会だった。まだ1ドル=360円の固定相場の時代である。代表者だった吉田耕作による記録 https://t.co/DHPCavDLz6
そういえば10年くらい前、Ramis流にBarnes積分でやったが、やっぱりどこかでわかりにくくなる。参考:Computer algebra & differential equations, pp.117-214 https://t.co/DOLgo0XHDR

7 0 0 0 OA 高等数学概要

@kadamasaru @koushi_1214 もともと陰伏函数・陽表函数と訳されていたようですが、陰伏がimplicitの音に近いので絶妙な訳だったと思います。高木・解析概論より前の年代: 掛谷宗一 高等数学概要 1920… https://t.co/AZWz0VhNDv

お気に入り一覧(最新100件)

「数学」67巻(2015)掲載の論説。件の集会の報告集と同じ著者で内容も少しかぶる。 https://t.co/YxO3eMbKLj
If you are interested in two point Taylor expansion, please do read my thesis. https://t.co/E7JFsYLRxY 2点テイラー展開につ… https://t.co/cGwyNDJALW
ウィーンにあるシューレーディンがー研究所の歴史の一コマ: "会場,Schrodinger研究所に着いたConreyは,プログラムを見てKeating-Snaithが42の意義づけたに成功したことを知る.そして,その新理論が2402… https://t.co/0yL3ynCMdu
戸田格子の発見の経緯:楕円関数の公式から逆解きして見つけたらしい.物理の世界では「物理的直観」が重要だと言われることがあるが,(少なくとも数理物理では)この「直観」は(学校で教わるよりも?)広く取らないといけないことを示す好例. https://t.co/Sl4ZpH34D2
広田先生の差分の講義をM1の時に聴いたが、当時はモチベーションが分からなかった。広田先生は川崎さんと同期で素粒子論研究室に居たが、例の事件のためにアメリカに手紙を書きまくってNorthwesternに行かれた。その辺りの事情は下記参照 http://t.co/8RYuFOXIti

フォロー(176ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

https://t.co/xUroYgZSAh そのまんまbehavioral immune systemというのね
RT @gnutar: @h_okumura 先のグラフはこの論文からの引用のようです。抄録によると,医療現場での異種防護と同種防護の多重化に相当する模擬実験を行い,後者の場合にこの図の結果になった,ということのようです。これ以上詳しい条件はわかりませんでした。医療現場の人だと…
RT @genkuroki: #超算数 案の定「はした」という用語の児童への定着が悪いという調査結果があります。添付画像は https://t.co/mmeQ91Opgf より。小4で半分くらいしか「はした」の意味を理解していない。半分が理解できない用語で算数を教えようとす…
RT @genkuroki: #超算数 添付画像は https://t.co/mmeQ91Opgf 小学校低学年児童の算数語彙力の調査研究 志水廣 より。その調査結果によれば「4この2つぶん」の意味を理解している小学3年生は18.1%しかいない! 算数教育界は子供が理解で…
#超算数 案の定「はした」という用語の児童への定着が悪いという調査結果があります。添付画像は https://t.co/mmeQ91Opgf より。小4で半分くらいしか「はした」の意味を理解していない。半分が理解できない用語で… https://t.co/2N2eW6GeNf
#超算数 添付画像は https://t.co/mmeQ91Opgf 小学校低学年児童の算数語彙力の調査研究 志水廣 より。その調査結果によれば「4この2つぶん」の意味を理解している小学3年生は18.1%しかいない! 算数教… https://t.co/vbnSGqh7GV
RT @NY_Koga: 郷信広先生(80歳)の新著:Snake cube puzzle and protein folding https://t.co/1xOFJox9Bv

2 2 2 0 OA 書評

@hottaqu 森田邦久氏は、須藤靖・伊勢田哲治「科学を語るとはどういうことか―科学者、哲学者にモノ申す」についての書評を書いていますね(科学哲学会誌 2014年): https://t.co/ywCnxLPGAP
RT @hidekikawahara: 直前のRTのリンク先の資料から 「解決すべき課題が困 難であればあるほど,直観に訴えるストー リーと実際のエビデンスとの間に大き な乖離があることが多い.」 耳が痛い。自戒。 https://t.co/2Rl8xJeb7r

フォロワー(4885ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @khargush1969: なんと,みんぱくリポジトリでは,名著 小長谷有紀(1992)『モンゴル万華鏡 : 草原の生活文化』 角川書店 を全てオープンアクセスにしている! https://t.co/p35YM2TURp
RT @khargush1969: なんと,みんぱくリポジトリでは,名著 小長谷有紀(1992)『モンゴル万華鏡 : 草原の生活文化』 角川書店 を全てオープンアクセスにしている! https://t.co/p35YM2TURp

1 1 1 1 海外名著選

みたいなことを書いてしまったが、CiNiiのこのページ「Autopagerize」でも繋がらないかも。 https://t.co/Ia6f61z2lc
RT @makomelo: 「福島県の一般市民が着用したマスクから採取した 不溶性セシウム粒子」 これが今年のご発表でした。 あと、除染時の作業員のマスクに付着していた不溶性セシウム粒子についての調査発表。 https://t.co/7g1vyNyI4X
RT @khargush1969: なんと,みんぱくリポジトリでは,名著 小長谷有紀(1992)『モンゴル万華鏡 : 草原の生活文化』 角川書店 を全てオープンアクセスにしている! https://t.co/p35YM2TURp
RT @HashimotoTomoya: 「第三の領域」で働く専門職のキャリアと職務に関する意識についての聞き取り調査。対象はFDer、IRer、URA等。二宮祐・小島佐恵子・児島功和・小山治・浜島幸司(2019).大学における新しい専門職のキャリアと働き方:聞き取り調査の結果…
RT @khargush1969: なんと,みんぱくリポジトリでは,名著 小長谷有紀(1992)『モンゴル万華鏡 : 草原の生活文化』 角川書店 を全てオープンアクセスにしている! https://t.co/p35YM2TURp
RT @khargush1969: なんと,みんぱくリポジトリでは,名著 小長谷有紀(1992)『モンゴル万華鏡 : 草原の生活文化』 角川書店 を全てオープンアクセスにしている! https://t.co/p35YM2TURp
RT @usmmmask: CiNii 論文 -  中原太郎「代位責任」の意義と諸相 : 監督義務者責任・使用者責任・国家賠償責任 (特集 不法行為制度のあり方を考える : 複数の者が関与する損害発生における複層性の検討) https://t.co/Tm1b0pdvvn #Ci…
RT @khargush1969: なんと,みんぱくリポジトリでは,名著 小長谷有紀(1992)『モンゴル万華鏡 : 草原の生活文化』 角川書店 を全てオープンアクセスにしている! https://t.co/p35YM2TURp
RT @khargush1969: なんと,みんぱくリポジトリでは,名著 小長谷有紀(1992)『モンゴル万華鏡 : 草原の生活文化』 角川書店 を全てオープンアクセスにしている! https://t.co/p35YM2TURp
RT @khargush1969: なんと,みんぱくリポジトリでは,名著 小長谷有紀(1992)『モンゴル万華鏡 : 草原の生活文化』 角川書店 を全てオープンアクセスにしている! https://t.co/p35YM2TURp

1 1 1 0 OA 多羅要鈔 3巻

@sensonishikie @tkasasagi Do you mean Siddhaṃ script? https://t.co/ikTbPcMr9q https://t.co/AWkVioNZUY
https://t.co/xUroYgZSAh そのまんまbehavioral immune systemというのね
RT @KosukeNakada: CiNii 論文 -  歴史から見る数学 数学史から見る歴史(第38回)ビザンツ数学史研究の諸問題 https://t.co/QddGbchtLQ #CiNii
RT @HattoriM: 私が関わった中国の科学事情の記事で閲覧フリーのものをまとめました。 中国でラボをはじめるということ(生物物理学会) https://t.co/LUoVumQB59 大学メシからみえてくる中国の大学の強み(JST) https://t.co/kmM…
RT @kasa12345: 『科学哲学』51-2号の電子版が公開されたので、拙稿「ケンブリッジ分析学派の興亡:「言語論的転回」はいつ起こったのか?」もDLできるようになりました。忘れられた分析哲学の歴史的起源を追求した論文です。https://t.co/HVWpTRvkmE
RT @genkuroki: #超算数 案の定「はした」という用語の児童への定着が悪いという調査結果があります。添付画像は https://t.co/mmeQ91Opgf より。小4で半分くらいしか「はした」の意味を理解していない。半分が理解できない用語で算数を教えようとす…
RT @genkuroki: #超算数 添付画像は https://t.co/mmeQ91Opgf 小学校低学年児童の算数語彙力の調査研究 志水廣 より。その調査結果によれば「4この2つぶん」の意味を理解している小学3年生は18.1%しかいない! 算数教育界は子供が理解で…
RT @kobako: 群衆雪崩という言葉、あまり聞きなれないなと思って調べたら、明石歩道橋事故(2001)のときに、当時神戸大の室崎さんが https://t.co/JmOwsZeMMZ https://t.co/lhOXWxNfwa いろんな媒体で言ってたのに引っかかった。…
RT @10ti3pin: 去年発表した共著論文がオープンアクセスになったので興味あるかたはどうぞ。 Linked Data化した典拠データとIIIFを用いた法帖の異版比較支援システムの開発 https://t.co/UWhuueeT8k

26 26 26 0 OA 海外だより

RT @ToyamaYj: 日本生物物理学会の学会誌「生物物理」に「海外だより」を寄稿しました。 自分が経験した海外でのPIポジション探しとテニュア審査について、これまで問われ続けてきた【研究の独自性】の観点から書いてみました。 学会員以外の方も無料で読めます。以下PDF版…
ピアソン社etcによる教育の「民営化」政策の前例、その弊害まとめ https://t.co/WC4fstlMav https://t.co/Rlb3eJcO6k
Scrapboxで論文を読むときに、たとえばこの論文なんかは典型的だが、OCRかけてあって、やたらと漢字の間に空白が入り込んでいることがある。そういう場合、検索にかかりにくくなるので、空白消しツールで消すといいかも。… https://t.co/tjBKhi2c5C
RT @plantarum: 米国でテストが出て来る背景と歴史の解説記事です.ご参考まで. https://t.co/az6pDghP3v https://t.co/fOywwCR64T
RT @ballforest: 音楽情報処理のための深層学習 https://t.co/ulpckBDq8G
RT @ballforest: 音楽情報処理のための深層学習 https://t.co/ulpckBDq8G
RT @LGBTQA_Article: 【LG】風間 孝ほか「男同士の結びつきと同性愛タブー : スポーツをしている男性のインタビューから」好井裕明編著『セクシュアリティの多様性と排除 : 差別と排除の〔いま〕』明石書店 収録 https://t.co/yzHIWp9L1S […
メディアフレームと情報の立場性が生活保護の責任帰属に及ぼす影響:「責任がある」のは政府か受給者か https://t.co/9YPSiUasF6
RT @Gossy_777: 論文がJ-STAGEで公開されました。ご笑覧いただければ幸いです。 中越・稲増(2019)「メディアフレームと情報の立場性が生活保護の責任帰属に及ぼす影響:『責任がある』のは政府か受給者か」 https://t.co/piDTT72Axr
#超算数 案の定「はした」という用語の児童への定着が悪いという調査結果があります。添付画像は https://t.co/mmeQ91Opgf より。小4で半分くらいしか「はした」の意味を理解していない。半分が理解できない用語で… https://t.co/2N2eW6GeNf
RT @tazawa: 紀要がpdfで公開されました。 田澤実 2019「大学生の地元志向と交通網-地元と認識する他県に注目して-」『生涯学習とキャリアデザイン』16(2),p75-85. https://t.co/9U5H80dJ5K https://t.co/MS8uo…
RT @khargush1969: 鈴木道也(2016)「中世の百科全書とフランス王権」『東洋大学文学部紀要.史学科篇』42: 39-71. https://t.co/LPcR4Lg0EY 専門外だが13世紀が翻訳時代を経て吸収された知を集成する「百科全書」時代であり,またカペ…
RT @khargush1969: 武田和久(2019)「ポリシア、レプブリカ、レドゥクシオン:スペイン植民地宗教政策としてのインカ文明の資源化(16-17世紀)」『早稲田大学高等研究所紀要』11: 103-132. https://t.co/IUAmmBUGGG 統治への利用…

1 1 1 0 OA 虚子句集

虚子句集 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/zGJwQHmcjy
RT @khargush1969: 鈴木道也(2016)「中世の百科全書とフランス王権」『東洋大学文学部紀要.史学科篇』42: 39-71. https://t.co/LPcR4Lg0EY 専門外だが13世紀が翻訳時代を経て吸収された知を集成する「百科全書」時代であり,またカペ…
RT @SA_HyperGeo: 非常に簡潔なまとめで、自分が勉強していた頃を思い出しました。 tsujimotterさんが省略された箇所を書いてある文献をこっそり https://t.co/rIyeY8nhPI https://t.co/y048Wqd2S8
非常に簡潔なまとめで、自分が勉強していた頃を思い出しました。 tsujimotterさんが省略された箇所を書いてある文献をこっそり https://t.co/rIyeY8nhPI https://t.co/y048Wqd2S8
#超算数 添付画像は https://t.co/mmeQ91Opgf 小学校低学年児童の算数語彙力の調査研究 志水廣 より。その調査結果によれば「4この2つぶん」の意味を理解している小学3年生は18.1%しかいない! 算数教… https://t.co/vbnSGqh7GV
RT @librarian03: ウォーゲームが少し話題になっていたので、情報投下。 国会図書館月報に載っていた『近代日本のウォーゲーム』は面白いですよー。 https://t.co/XYRLxUbMOF ↑こちらで読めます。 https://t.co/43lu9wXvVC
RT @clnmn: 超勉強になる。|小山虎「分析哲学と科学哲学はどのように異なっているのか」, 科学哲学, 2018, 51巻, 2号, p. 29-45|J-STAGE https://t.co/iIJFbGgqbv
電気学会論文誌Bで論文が出版されました。電力システムの柔軟性資源として上水道の送水ポンプを活用できないかと思い提案したポンプの運用計画手法です。ポンプの特性を線形近似してMILPでモデル化してるので、汎用のソルバでも解けます。 https://t.co/QksrlyrVch
RT @clnmn: 超勉強になる。|小山虎「分析哲学と科学哲学はどのように異なっているのか」, 科学哲学, 2018, 51巻, 2号, p. 29-45|J-STAGE https://t.co/iIJFbGgqbv
RT @clnmn: 超勉強になる。|小山虎「分析哲学と科学哲学はどのように異なっているのか」, 科学哲学, 2018, 51巻, 2号, p. 29-45|J-STAGE https://t.co/iIJFbGgqbv
RT @nekonomical: おそようなのだ! 天気良いのだ。こんな日は国立国会図書館デジタルコレクションで『人肉質入裁判』を読むに限るのだ。シェキスピヤーの著で、井上勤による翻訳なのだ! つまり『ヴェニスの商人』(シェイクスピア著/井上勤訳)ってことなのだ。 https:…
@w_kiwamu 小澤正直氏の論文「波束の収縮という概念について」(1995)が量子力学の観測問題を解決したとは言えないことを主張する論文は下記と考えます。 遠藤隆「波束収縮と再現性の概念的差異」(1997) https://t.co/bcfJqXRrii
RT @MarathonUniv: 科警研から心理系の人が論文を出してるのは久々に見る気がする...結構面白い感じなのでお時間ある方はどうぞ。 https://t.co/LMnZxJQBQ8
RT @clnmn: 超勉強になる。|小山虎「分析哲学と科学哲学はどのように異なっているのか」, 科学哲学, 2018, 51巻, 2号, p. 29-45|J-STAGE https://t.co/iIJFbGgqbv
@sugarhappy0711 https://t.co/aIvpqfjaVy 起立性低血圧ではなく起立性調節障害ですね、すみませんでした。 ガイドラインは2005年からあるので別に最近言われだしたのではないと思います。 思春期… https://t.co/jQVpXd7LxR
RT @clnmn: 超勉強になる。|小山虎「分析哲学と科学哲学はどのように異なっているのか」, 科学哲学, 2018, 51巻, 2号, p. 29-45|J-STAGE https://t.co/iIJFbGgqbv
RT @clnmn: 超勉強になる。|小山虎「分析哲学と科学哲学はどのように異なっているのか」, 科学哲学, 2018, 51巻, 2号, p. 29-45|J-STAGE https://t.co/iIJFbGgqbv
RT @clnmn: 超勉強になる。|小山虎「分析哲学と科学哲学はどのように異なっているのか」, 科学哲学, 2018, 51巻, 2号, p. 29-45|J-STAGE https://t.co/iIJFbGgqbv
RT @khargush1969: 三倉康博(2013)「二大帝国の対立から融和へ:セルバンテスの『偉大なるスルタン妃』に関する一考察」『広島修大論集』53-2:17-30. https://t.co/1awVEsyzSu セルバンテスがオスマン朝をテーマに戯曲を書いていたとは…
最近少し追っていた論理実証主義の関連から,境界設定問題の現代までの流れがコンパクトにまとまっていてなかなか面白かった. https://t.co/gvTZr4wd3p
RT @japan_mac: #マーケティングジャーナル 書評 田中洋『ブランド戦略論』有斐閣、2017年 評者:阿久津聡(一橋大学大学院 経営管理研究科 教授) https://t.co/u54LU7YPOI Vol.38 No.1(2018.06.30) MJ 2018 S…
RT @asarin: 書評 クリス・チェインバーズ(著)大塚紳一郎(訳)『心理学の7つの大罪:真の科学であるために私たちがすべきこと』(2019年,みすず書房) 筆者 小塩真司 @oshio_at https://t.co/xQjQ4Ss6dV
RT @asarin: 書評 クリス・チェインバーズ(著)大塚紳一郎(訳)『心理学の7つの大罪:真の科学であるために私たちがすべきこと』(2019年,みすず書房) 筆者 小塩真司 @oshio_at https://t.co/xQjQ4Ss6dV
RT @merontomikan: @D28PWUN6TZFOHpi @Dkt990305Di @1059kanri @shima_126 はい、私の論文で論じています。「戦国期美濃国における後斎藤氏権力の展開」『年報中世史研究』39号、2014年です。 https://t.c…
CiNii 論文 -  戦国期美濃国における後斎藤氏権力の展開 https://t.co/oIf09Khfca #CiNii
RT @NY_Koga: 郷信広先生(80歳)の新著:Snake cube puzzle and protein folding https://t.co/1xOFJox9Bv

2 2 2 0 OA 書評

@hottaqu 森田邦久氏は、須藤靖・伊勢田哲治「科学を語るとはどういうことか―科学者、哲学者にモノ申す」についての書評を書いていますね(科学哲学会誌 2014年): https://t.co/ywCnxLPGAP
RT @NY_Koga: 郷信広先生(80歳)の新著:Snake cube puzzle and protein folding https://t.co/1xOFJox9Bv
RT @ufsoc: J-STAGE Articles - 日本における性別職域分離の趨勢――1980–2005年国勢調査集計データを用いた要因分解――https://t.co/dfr5zRyeHM
RT @matsumotory: さくらインターネット研究所のIOTS2019採択論文が2件公開されました! @yuuk1t 分散システムにおけるTCP/UDP通信の終端点の監視によるプロセス間依存関係の自動追跡 https://t.co/dCkzwJcofL @tsuru…
RT @matsumotory: さくらインターネット研究所のIOTS2019採択論文が2件公開されました! @yuuk1t 分散システムにおけるTCP/UDP通信の終端点の監視によるプロセス間依存関係の自動追跡 https://t.co/dCkzwJcofL @tsuru…
RT @hidekikawahara: 直前のRTのリンク先の資料から 「解決すべき課題が困 難であればあるほど,直観に訴えるストー リーと実際のエビデンスとの間に大き な乖離があることが多い.」 耳が痛い。自戒。 https://t.co/2Rl8xJeb7r
@tengudosyobo @shirazu_ys ググったらこんなのも出てきたので、未見ですが。。。 https://t.co/p4nzIUy2Ej