KITAMURA Satoshi (@satkit)

投稿一覧(最新100件)

RT @oshio_at: 編集委員長のお言葉 加藤司『パーソナリティ研究』に採択される方法 ——投稿論文の問題点とその対応策 https://t.co/hMdNWFeNwc
@yukitsunamama @asarin この論文が元の研究かと>実証分析による炎上の実態と炎上加担者属性の検証 https://t.co/8kMOZbBBMy
RT @weblab_jp: 来週末開催のWLMに関連する論文>「自己愛傾向と自尊心がゲームへの没入傾向に及ぼす影響」https://t.co/5YbvHUEUfh https://t.co/PHzRcphMtt
RT @jssp_pr: 『社会心理学研究』新着論文 「手抜き」回答が調査データを汚染している ★ダイジェスト:https://t.co/pvvEUUNyle ★論文(PDF/HTML):https://t.co/cwaKwPMZyD
RT @asarin: 「社会心理学研究」最新号で論文公刊:三浦麻子@asarin・小林哲郎@tkobyashi オンライン調査モニタのSatisficeに関する実験的研究 https://t.co/hB83TXtzti ★Satisfice:調査に際して協力者が応分の注意資源…
RT @kenmetrics: 教心に2つ論文が載りました。ひとつは院生ががんばってデータを集めて書いたp値と効果量の関係についての実証研究https://t.co/2mvv5XAyrm もうひとつは年報の、クロンバックのαを中心とした信頼性についてのレビュー https://…
RT @kenmetrics: 教心に2つ論文が載りました。ひとつは院生ががんばってデータを集めて書いたp値と効果量の関係についての実証研究https://t.co/2mvv5XAyrm もうひとつは年報の、クロンバックのαを中心とした信頼性についてのレビュー https://…
RT @kojima_sakura: 「恵方巻」については以前も触れたのですが、テレビで何度も取り上げられているのを見ると、沓沢博行さんのこちらの論文を読んでほしいな、とまた思ってしまった。→https://t.co/gCRZTsTQFA 豆まきと違って、中世来の伝統、とかでは…
RT @min2fly: お、公開された/PLOSの歴史、PLOS ONEの現況、結局PLOS ONEはうまくいったけどPLOSが目指していたはずのものは成功してないじゃんって指摘 http://t.co/fh7iGqScZK #science #university #エレク…
潜在クラスモデル入門 https://t.co/AQ6Ptd6tWq
RT @snatool: 論文が出ました。→「放射線に関する知識測定と不安の要因分析における諸問題」『科学技術コミュニケーション』15号 http://t.co/Wpn8De3Q4i
RT @oshio_at: 早期公開されていますよ→縄田健悟『血液型と性格の無関連性―日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠―』心理学研究 http://t.co/m9oeKkKCzX http://t.co/bGMAIMhBDl
RT @oshio_at: 早期公開されていますよ→縄田健悟『血液型と性格の無関連性―日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠―』心理学研究 http://t.co/m9oeKkKCzX http://t.co/bGMAIMhBDl
CiNii 論文 -  「バレンタイン・チョコレート」はどこからきたのか(1) http://t.co/zkepJ93Ke6 #CiNii
CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究 http://t.co/Vvnzigf1so #CiNii
ヒトと動物の「集団意思決定」をつなぐ http://t.co/J8k7rMQdfH
メディアと子どもの発達 https://t.co/PrpIBic0hX
CiNii 論文 - 研究者市場における文科系博士院生の就職要件 : JREC-INによる公募情報の分析 http://t.co/C1D0s9yJgP
RT @jssp_pr: 【研究紹介】2020五輪開催が東京に決定.社会心理学者による五輪開催がもたらす国家(国民)イメージへの影響に関する研究は例えばこちら:向田・坂元・村田・高木(2001社会心理学研究) http://t.co/r8wuTnVMCm
概念ネットワークを用いたオムニバス授業の関連性の改善 : 授業アンケートからの可視化手法 http://t.co/64P1aDmO
討論型世論調査における情報提供と討論は,機能しているか http://t.co/GtT99rJ6
RT @r_shineha: [NISTEPレポート] 博士課程修了者の状況把握のシステム設計 -博士人材データベースの構築背景および海外の博士課程修了者調査- http://t.co/54Pq3WV8
@yuu_araa これが確か相互評価機能で電子掲示板上での相互作用を活性化させるという内容だったはず。 http://t.co/8RYm2SUL ショートレターなので英文要約もないですね。
被災地住民の震災時情報行動と通信不安 - 仙台・盛岡訪問留置調査 - http://t.co/ZzTyFg3j
東日本大震災における首都圏住民の震災時の情報行動 http://t.co/j5a2rHTQ
Twitter利用を中心とする震災時の情報行動と通信不安 : 関東Twitter利用者ウェブ調査 http://t.co/MUtdanaT
環境情報デザイン論 : 場所へのコミットメントを支援する情報技術の使い方に関する研究 http://t.co/v7vtMehD
北沢猛の都市デザイン思想に関する研究 : アーバンデザインセンターを中心に http://t.co/ZfkeCt7q
まさかこんな論文があるとはw RT @satkit 忍者のバイオメカニズム http://t.co/vKz6OmPL
忍者のバイオメカニズム http://t.co/vKz6OmPL
RT @animemitarou: 『らき☆すた』聖地鷲宮と『けいおん!』聖地豊郷での地域からの情報発信の流通経路を分析した論文(査読付)をアップしました。以下URLよりダウンロードしてご覧いただけます。「コンテンツツーリズムにおける地域からの情報発信とその流通」 : h ...
@ikejiriryohei 『認知科学』誌ならJ-STAGEのリンクをはっておくほうが親切だ。 http://t.co/g6AX2sYP
コンテンツツーリズムにおけるホスピタリティマネジメント : 土師祭「らき☆すた神輿」を事例として http://t.co/3Wa8tYoE
組合せ発想ゲームにおける否定発言に着目したコミュニケーションの分析 http://t.co/UQksOuo
「聖地」へと至る尾道というフィールド : 歌枕から『かみちゅ!』へ http://t.co/L0l8Mnt
1990年代における社会科学系修士課程の拡大メカニズム : 政策と現実 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001878032
質的データと教育研究 : 社会化過程の記述に焦点づけて http://ci.nii.ac.jp/naid/110007330753
教育研究におけるインタビュー・データとの「つきあい方」とメタ理論 : 「無知の知」と「先回り型の知」のはざまで http://ci.nii.ac.jp/naid/110007330752
閉ざされたフィールドを拓く : エスノグラフィー論 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007330751
教育研究における映像データ分析論 : 障害児教育研究の観点から http://ci.nii.ac.jp/naid/110007330749
@fushigi_da さっきのはこれ。 RT @satkit: 科学技術の新段階と大学院教育 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001877770
科学技術の新段階と大学院教育 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001877770
RT @leeswijzer: 「お雑煮系統樹」wanted! QT @satkit: 実態調査による雑煮の地域的な特徴 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001171552
元日の喫食料理に関する地域特性の分析 http://ci.nii.ac.jp/naid/110006533696
1986年〜2005年の正月における喫食料理からみた外食の分析 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004798346
実態調査による雑煮の地域的な特徴 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001171552
正月三が日における喫食時刻の時系列解析 http://ci.nii.ac.jp/naid/110003168754
正月の食生活の実態(第1報) : 三が日の喫食料理の時系列解析 http://ci.nii.ac.jp/naid/110003168099
@doirdior 「コラボレーションによる学び」の場づくり : 実践知の言語化による活動と学びの支援 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007029821
二次元イメージマッピング法によるまちづくりワークショップの評価 : ユニバーサル・デザインを目指した住民参加のまちづくりに関する研究 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004849585
市民的まちづくり学習としての住民参加のワークショップに関する考察 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004657267
気になる論文をみつけた。>「森と水の関わりをテーマとして自然を探究する態度を育てるESD プログラムの構築 : 本巣中学校における総合的な学習の時間とESD活動との関わりを通して」 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007509105
現代美術の創作における「ずらし」のプロセスと創作ビジョン http://www.jstage.jst.go.jp/article/jcss/14/3/14_303/_article/-char/ja/
現代芸術家の創造的熟達の過程 http://www.jstage.jst.go.jp/article/jcss/14/3/14_437/_article/-char/ja/
@fushigi_da 学習者間対話の支援をとおした創発的学習領域の構成 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002704919
水越敏行・木原俊行 (1995) 映像メディア研究の教育工学的アプローチ : 映像リテラシー教育の研究・実践動向. マス・コミュニケーション研究, 46, 32-43 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002954530
@akio_oshiro チャットにおける輻輳状況が発話行動に与える影響 : 単一話題に関して複数会話が同時並行する場合 http://ci.nii.ac.jp/naid/10017190417
.@hari_nezumi 秘密基地プロジェクト : 子どもの空間づくりワークショップN0.2 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007078858
拡大する社会的ネットワークは少数派を残存させるか : DSITシミュレーションにおける非近接他者情報の導入 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002785459

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(174ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

科研費受けてる⇒月齢同調性産卵現象を有するアイゴ類における月光感受能の解明 https://t.co/FNSGIaeKOk https://t.co/laIP29LEUi
RT @r_shineha: なんとなくこちらにも流しておくか。去年書いたものの一つでこんなんあります。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」(国立国会図書館調査及び立法考査局冷戦後の科学技術政策の変容 : 科学技術に関する調査プロジェクト報告書) https…
なんとなくこちらにも流しておくか。去年書いたものの一つでこんなんあります。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」(国立国会図書館調査及び立法考査局冷戦後の科学技術政策の変容 : 科学技術に関する調査プロジェクト報… https://t.co/RVaqQuBAlG
@a_krk ツイが流れてきたので、いきなりすみません。ご参考になるかわかりませんが、こんなんあります。 https://t.co/B2YpPDprLe
教職志望の大学生が重視する児童の特徴 ― 大学生の性格特性と児童の性格特性の重視度との関連 ― https://t.co/D9q1lsUEib
【社会心理学研究・掲載論文】戸谷・中島(2017) 「存在脅威管理理論におけるAffect-free claimの再考:死の不可避性に対する脅威がその後の気分に与える影響」 https://t.co/tT1phzdCeR
情処学会誌「情報処理」にて解説記事「サービスエクセレンス:6.サービスの公平性に配慮したデータ分析技術」を執筆しました: https://t.co/0wwiYphcfv (会員無料)
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ Short Note Juri Hori The Structure of Human Well-Being Related to Ecosystem Services: A case study in…
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 資料論文 有吉 美恵・池田 浩・縄田 健悟・山口 裕幸 定型業務がワークモチベーションを抑制させる心理プロセス:職務意義の媒介効果…
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ Short Note Juri Hori The Structure of Human Well-Being Related to Ecosystem Services: A case study in…
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 資料論文 有吉 美恵・池田 浩・縄田 健悟・山口 裕幸 定型業務がワークモチベーションを抑制させる心理プロセス:職務意義の媒介効果…
RT @yusaku_matsu: CiNii 論文 -  若月剛史「特集 日本における官僚制の歴史過程から見る公文書管理 」https://t.co/dDiIb3quGr #CiNii
口頭で伝えられた幾何学図形の形状を聞き手が描く実験において、多くの説明経験を有する説明者のほうが適切な説明をし,聞き手は正しく描画ができた。正しく伝わった説明は、説明者による描画指示、メタ説明、状況確認が多く、聞き手による自己状況… https://t.co/YqMRBuBkxb
説明者による状況確認が口頭説明のわかりやすさに与える影響https://t.co/iHoBLvcG6h
インフォームド・コンセント口頭説明場面における医師の説明表現および態度が患者に与える影響:一般市民を対象としたビデオ視聴による調査 https://t.co/EVUcKUamib
冗長な口頭説明はどのようにメモされ伝達されるのか https://t.co/LNflj9vZBj
日本人大学生の話し方に見られるわかりにくさの諸相 -就職模擬面接で求められた口頭説明表現の分析からー https://t.co/CdEPmOTCuQ
印象管理戦略としての偽りの実効化:多元的無知のプロセスにおける社会的機能 https://t.co/ffmadTuHTT
『メディア技術史―デジタル社会の系譜と行方[改訂版]』(2017年)の書評が、『教育メディア研究』の最新号に掲載されていました。 https://t.co/KbFiQdDiSA 評者は信州大学の森下孟さん。ありがとうございます。
RT @asarin: The structure of human well-being related to ecosystem services: A Japanese case study to confirm the repeatability of previous…
The structure of human well-being related to ecosystem services: A Japanese case study to confirm the repeatability… https://t.co/WGRnsRoZRl
アメリカカケスのエピソード記憶、メタ認知。レビュー。Exploring the bird mind: A review of episodic memory and metacognition studies of western… https://t.co/ZGZLdJyInB
群れの機能と「安心」の神経内分泌学 https://t.co/8JpKXhUOj7
バイオロギングによる行動学:海洋動物の長距離ナビゲーショ ンを例として https://t.co/WPicCZVzJu

フォロワー(1024ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

黒田昌克・森山潤(2018).小学校段階におけるプログラミング教育に対する教員の意識と意義形成要因の検討 教育メディア研究,24(2),43-54.[PDF]https://t.co/JFWBmFuxkd (Google Scholarアラート「プログラミング教育」で知る)
RT @jpa_psych: こちらの論文でしょうか?ご紹介ありがとうございます. 中学生における社会的達成目標と向社会的行動および攻撃行動との関連 https://t.co/7GFUyR9x8w https://t.co/3oSufGWMzK
[関連論文] 教育心理学研究/65 巻 (2017) 3号 「女子中高生の数学に対する意欲とステレオタイプ」(森永康子, 坂田桐子, 古川善也, 福留広大) https://t.co/nbRRTqt8Wn
なんとなくこちらにも流しておくか。去年書いたものの一つでこんなんあります。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」(国立国会図書館調査及び立法考査局冷戦後の科学技術政策の変容 : 科学技術に関する調査プロジェクト報… https://t.co/RVaqQuBAlG
@a_krk ツイが流れてきたので、いきなりすみません。ご参考になるかわかりませんが、こんなんあります。 https://t.co/B2YpPDprLe
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
RT @kitaohji_syobo: [関連論文] 教育心理学研究/65 巻 (2017) 3号 「女子中高生の数学に対する意欲とステレオタイプ」(森永康子, 坂田桐子, 古川善也, 福留広大) https://t.co/nbRRTqt8Wn
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
岩崎房子「高齢者とフレイル : 超高齢社会におけるフレイルケアに関する一考察」 https://t.co/kvwH9jpkmn #CiNii →健康な状態と要介護状態との間の状態を「虚弱」から「フレイル」で捉え直す効用が提起され… https://t.co/IN2clYusX7
ぺた語義:教育のオープンデータは普及するか https://t.co/K7ksLzKnZb
[関連論文] 教育心理学研究/65 巻 (2017) 3号 「女子中高生の数学に対する意欲とステレオタイプ」(森永康子, 坂田桐子, 古川善也, 福留広大) https://t.co/nbRRTqt8Wn
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
『メディア技術史―デジタル社会の系譜と行方[改訂版]』(2017年)の書評が、『教育メディア研究』の最新号に掲載されていました。 https://t.co/KbFiQdDiSA 評者は信州大学の森下孟さん。ありがとうございます。
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…