Ryo Suzuki (@suzuki__r)

投稿一覧(最新100件)

log normal の起源はしばしば分割理論で説明される。 https://t.co/zHoWNVfA79 一定時間ごとに一定の割合で標本中に「当たり」が出て、当たった人や物は標本から抜ける。
@weiinkyoto @etsukoitou @ketris105 これは中国の古典に元ネタがあります https://t.co/e1xkNDUuoH
古典特異系における第二次拘束条件の取扱いについて https://t.co/gE3iii2pgC
写真の2列前にいる巽さんは流体力学の著者だと思う https://t.co/MlI4D0W58S https://t.co/3JO6zo5Ly5
微分方程式を用いない方法が言及されているが https://t.co/1KNjIKI2FK 原論文 https://t.co/w8YqZrSkq8 https://t.co/tRz20mAHPI を読むと、結局積分項を加えただけのような
奈良、平安時代の疫病流行 https://t.co/5xwIRMPsLK https://t.co/FzQA3AZTMu
契約内容の確定における契約書外の表示の効力について https://t.co/sa8O9BpNvs p.35-37 にある Wigmore on Evidence, vol IX, 2426 のまとめが面白い https://t.co/e8tVVQmwPZ ゲルマン人はローマ法の商習慣に従わなかったし、そもそも文字が読めなかったので、常に証人が必要だった等
形容詞叙述文は主観的認識の記述、動詞は客観的事実の記述という説を聞いて、漢語系形容動詞叙述文はどちらに入るのか悩む。客観的っぽく表現しているだけで主観的、か。英語だと形容詞化していない動詞受動態が近い https://t.co/9R4HEI0Lvj https://t.co/CbBHE6st5l https://t.co/o6tj1Jz8nT
形容詞叙述文は主観的認識の記述、動詞は客観的事実の記述という説を聞いて、漢語系形容動詞叙述文はどちらに入るのか悩む。客観的っぽく表現しているだけで主観的、か。英語だと形容詞化していない動詞受動態が近い https://t.co/9R4HEI0Lvj https://t.co/CbBHE6st5l https://t.co/o6tj1Jz8nT
焦点化詞 (focuser) という分類を加えれば解決する、という話。具体的には "A has many B, too" “A, too has many B" を対応させる。Google 翻訳での分別は困難。 https://t.co/yJkt4stWXh
Exact WKB @ Painlevé という電波を受信したので「特異摂動の代数解析学」を眺めると、potential に特異性を許したときの Schrödinger eqs. の話が懇切丁寧に解説されている https://t.co/yxJllYd9JA
発音的には dch = д なので「ザモロヂコフ」が正しい日本語だが、Google で検索しても2件しか出ない。どちらも数理物理。 https://t.co/SSnQHc3xtj https://t.co/kxAeWmKSx3
自動運転は trolley problem など法学上の大問題を解決する必要があり、すぐには実現しない、という話だが、これまで実際に起きたのは、なぜか見通しの良い道路で道を曲がっている対向車に突っ込み、自動運転の運転席にいた人は死亡、という事故とか。 https://t.co/IlX5GTMctP
日本は研究費使途についての規則が(たぶん世界一)細かい。原因の一つは、学問及び研究の自由を保障するために、研究費の不適正使用を罰する法的根拠を敢えて曖昧にしているためらしい。費用対効果と規範性を求めて、行政が規則やガイドラインを濫発する。 https://t.co/jThdfIx0Xd
その証拠 https://t.co/060xLTAm26

1 0 0 0 OA 性霊集 10巻

「書亦以擬古意為善、不以似古迹為巧」の原文: http://t.co/ENw3c7QHCk の5頁

13 0 0 0 OA 蘭学事始

http://t.co/ZbJfgaJ0 より蘭学事始、38頁 http://t.co/RZ4l3l6Y

お気に入り一覧(最新100件)

はやぶさ2からサンプルが無事に届いたけど、オーストラリア税関は宇宙からの着陸は輸入だから、関税を課すみたい。前回のはやぶさではS型隕石の 一般 的な市場価格 (数百円から数于円程度)から1g1円と算定して、「無税」として税関に受理されたんだって。 https://t.co/QAefdDIyiV
この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
可解格子模型('90 三者夏の学校素粒子パート講義録,講義ノート) 神保道夫 https://t.co/ZLxW7pS9H2

4 0 0 0 OA Yauのトリック

Yau のトリックオアトリート:解析しないと幾何じゃないぞ (ブーメランだった orz) https://t.co/HO1fycJMwF

フォロー(85ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(239ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

川など水面を見て色々考えているだけでも物理力が上がりそうです. 『水上および水中照明シミュレーション』 というのを見つけましたが,水面をCGで表現するというのは色々知ってないと難しそうですね (pdf) https://t.co/qyveVwHybJ
RT @hhhhhhaaaaaa2: 物理学の歴史と内的必然性 広重 徹 https://t.co/p2pCgdqV0S
RT @hhhhhhaaaaaa2: 1972年27巻4号のこのコラムを皮切りに、同年9号の会誌についてのひとこと、談話室で2名の方が広重への反論、10号のコラムで広重の反論と、雑誌面上で議論が多少繰り広げられる。 基礎自然科学の将来 熊谷 寛夫 https://t.co/y…
RT @hhhhhhaaaaaa2: 巨大科学と物理学の未来 (<特集>高エネルギー物理学研究所発足にあたって) 広重 徹 https://t.co/2OZhFTmNKm 『数学に魅せられて、科学を見失う』を読んでいて、このpdfが思い浮かんだ。