著者
柴田 正良 三浦 俊彦 長滝 祥司 金野 武司 柏端 達也 大平 英樹 橋本 敬 久保田 進一
出版者
金沢大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2015-04-01

本研究の目的は、その核心のみを述べれば、(1)ロボットと人をインタラクションさせることによって、来るべき「ロボットと人間の共生社会」において重要となる「個性」がロボットにとってなぜ必要となるのかを認知哲学的に解明し、また、(2)その結果を「個性」に関する哲学的なテーゼとして提示するとともに、(3)そのテーゼに経験的な支持を与えることを目的とした、人とロボットのインタラクション実験を設計・実施することである。まず、われわれが今年度に到達した個性概念テーゼは、「ロボットが<個性>をもつとは、それが<道徳的な行為主体 moral agent>だということであり、道徳的行為主体であるとは、他の何者も代替できない責任を引き受けるということであり、そのためにロボットは、他者が経験しえない(クオリア世界のような)内面世界をもたねばならない」、ということである。われわれは、このテーゼを、本研究の最も重要な哲学的成果だと考える。このテーゼはロボットに適用可能であるばかりか、「道徳」、「責任」、「クオリア」、「内面世界」、「主観性」といった従来の道徳哲学や心の哲学、ひいては認知心理学全般に大きな視点の転換をもたらすものと考えている。このテーゼを経験科学的に「確証」するために、われわれは、今年度、人とロボットをメインとするインタラクション実験を設計し、このテーゼと実験の「概要」を、平成29年7月にロンドンで開催された国際認知科学会(CogSci2017)で発表した。この実験に関しては、今年度においては数回の予備実験と、それによる実験手順の調整をおこなったにすぎないが、来年度の本格実験のためのほぼ完璧な準備を終えることができた。この実験は、最近、心理学や認知科学の分野で頻繁に取り上げられている「トロッコ問題」などの道徳的ジレンマに、まったく新しい光を投げかけるものとなるだろう。
著者
三浦 俊彦
出版者
日本科学哲学会
雑誌
科学哲学 (ISSN:02893428)
巻号頁・発行日
vol.35, no.2, pp.69-81, 2002-11-10 (Released:2009-12-07)
参考文献数
18

The question "How can I be a?" ("a" being a proper name) has been recently referred to as "The Harder Problem of Consciousness", which would remain mysterious even after "The Hard Problem" about how subjective experiences arise is solved. Since both the indexical "I" and an exemplifying name "a" are ambiguous in their references, a formal analysis is required. Then, it turns out that any disambiguated version of "Harder Problem" is logically reduced to "The Hard Problem" or its special case "How can there be a?". There is no "Harder Problem" with its additional philosophical value. This is simply a matter of logic, independent of any ontology on whether metaphysical self exists or not.
著者
三浦 俊彦
出版者
日本科学哲学会
雑誌
科学哲学 (ISSN:02893428)
巻号頁・発行日
vol.36, no.1, pp.121-134, 2003-07-25 (Released:2009-05-29)
参考文献数
13
被引用文献数
2

The fact that our Universe is fine-tuned for life is widely believed to be evidence in favor of the world-ensemble hypotheses, only if the observational selection effect is taken into account. But in Ito's recent book this type of reasoning is criticized as illusory due to the inverse gambler's fallacy, and the observational selection effect is denied its supposed theoretical value. We show that Ito's analogical examples are irrelevant and his arguments are mathematically wrong. There are actually some philosophical insights the observational selection effect would bring, concerning not only the world-ensemble cosmology but also the nature of consciousness, self, identity, and especially the causal theory of reference.
著者
三浦 俊彦
出版者
科学基礎論学会
雑誌
科学基礎論研究 (ISSN:00227668)
巻号頁・発行日
vol.35, no.1, pp.39-46, 2007-12-25 (Released:2010-02-03)
参考文献数
16

It seems necessary to reply to the review of my book Paradoxes of Bertrand Russell, by Natsuki Takamura on this journal No. 106. Takamura was involved in verbal trivialities and repeated a stereotyped view to the effect that Russell did not admit the significance of modality in metaphysics. On the contrary, Russell's idea of modality as properties of propositional functions, not of propositions, must be estimated to have anticipated the possible world semantics. My book suggested it, and many texts by Russell himself and other scholars support the interpretation.
著者
三浦 俊彦
出版者
科学基礎論学会
雑誌
科学基礎論研究 (ISSN:02227668)
巻号頁・発行日
vol.35, no.1, pp.39-46, 2007-12-25
参考文献数
16

It seems necessary to reply to the review of my book Paradoxes of Bertrand Russell, by Natsuki Takamura on this journal No. 106. Takamura was involved in verbal trivialities and repeated a stereotyped view to the effect that Russell did not admit the significance of modality in metaphysics. On the contrary, Russell's idea of modality as properties of propositional functions, not of propositions, must be estimated to have anticipated the possible world semantics. My book suggested it, and many texts by Russell himself and other scholars support the interpretation.
著者
三浦 俊彦
出版者
日本比較文学会
雑誌
比較文学 (ISSN:04408039)
巻号頁・発行日
vol.29, pp.7-21, 1987-03-31 (Released:2017-06-17)

From 1920 to 1921, Bertrand Russell lectured in China at the Peking Government University, and came to Japan in July 1921. His thoughts were received enthusiastically by Young China. Russell also loved the Chinese character and culture deeply. On the other hand, he was ill-impressed by Japan, and had difficulties with the police and newspaper cameramen. Consequently, his contact with Japan was not as intimate as that with China. But doubts can be raised as to whether Russell’s relationship with China was as deep as it appeared, when it is noticed, first, that some progressive Chinese became angry about Russell’s admiration of the traditional Chinese culture. Secondly, Russell and his lover Dora, who frequently clashed over other points, found themselves in perfect agreement about China, perhaps because they failed to understand China properly. In short, Japan and China, seemingly quite different for Russell, lay equally outside the range of his sympathies. Russell wrote that the Chinese reminded him of the English in their merits. Thus it may be concluded that Russell simply read merits and demerits of his true object of interest, England or the West, into these two Eastern countries.
著者
小竹 茂夫 日笠山 徹巳 三浦 俊彦 高田 尚哉
出版者
一般社団法人 廃棄物資源循環学会
雑誌
廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 第24回廃棄物資源循環学会研究発表会
巻号頁・発行日
pp.567, 2013 (Released:2014-01-21)

福島第一原子力発電所事故を原因として発生した指定廃棄物の基準(8,000Bq/kg)を超える焼却飛灰の特徴として、①高い放射能濃度、②水への高い溶出性が指摘されている。本技術では、フレキシブルコンテナバッグに充填した状態で、焼却飛灰の洗浄から搬出まで行うことができる飛灰の造粒固化洗浄技術を開発し、実規模実証試験によりその効果を確認した。 通常の飛灰洗浄技術は、焼却飛灰と水を混合し、撹拌洗浄によりスラリー化することで放射性セシウムを水に溶出させ、洗浄後の灰をフィルタープレス等を用いて脱水ケーキの形で回収するが、本技術では飛灰にセメント等を添加し製造した粒径φ1~9.5mmの造粒固化飛灰を水切りフレコンに充填し、カラム式の通水洗浄により洗浄する。濁水を発生させることなく、体積比20倍程度の水を通水することで洗浄が終了し、長期溶出も抑えられることを確認した。