著者
吉田 宗人 出口 敦
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.81, no.729, pp.2443-2451, 2016 (Released:2016-11-30)
参考文献数
10

Kurashiki Gawahan Preservation District is renowned as the first implementation area of ordinance for historical preservation of buildings executed by a municipality. Two ordinances have been applied to the surrounding area of preservation district; Traditional Aesthetic Ordinance (TAO) and Background Preservation Ordinance (BPO). The preservation district has maintained the historical townscapes inheriting since Edo Era, and has recently experienced the increasing of tourists. This study aims to clarify the effects and the issues of the local ordinances executed by a municipality (Kurashiki City) to the preservation and improvement of townscape in from the following aspects; 1) repairs and restorations of historical buildings, 2) control of building construction and historical buildings demolition, 3) Recreation of exterior building facade, 4) improvement of street. The objectives of this research are as follows; 1) To make arrangement of the achievements and impacts of the ordinance application to the historical preservation of buildings in the implementation area, and clarify the trend of preservation projects. 2) To point out the roles of the ordinances for each period, and to clarify the efficiency and the issues of preservation and improvement of townscape from the above-mentioned five aspects. Through the analysis on whole the cases of stored or improved buildings implemented from 1979 till 2014 with TAO (179 cases), and BPO (10 cases), this study concludes by clarifying the efficiency as follows; (1) Efficiency from view of historical building repairing and restoring In the year 1979, all the restored historical buildings were limited within the preservation district, but since 2007, the restoration has been applied into the traditional aesthetic district, which has made the preservation of historical townscape expanded around the preservation district. (2) Efficiency from view of control of building construction and historical building demolition At the beginning of enactment of TAO, to avoid the breaking of townscape around the historical district, the building construction has been controlled in the surrounding area, which led to enlarge the preservation district substantially. The efficiency of BPO was the restriction of development by the local government. (3) Efficiency from view of recreation of exterior building facade Due to the improvement of street connecting the preservation district and the surrounding areas, the historical townscape was re-created by the local government. (4) Efficiency from view of improvement of street In few number of tourist-oriented streets connecting to the preservation district, one of streets in the traditional aesthetic district was improved to be a tourist-oriented street based on TAO, which led to increase the number of tourists. Due to the preservation and improvement of townscape based on TAO and BPO, a buffer zone around the preservation district was formed. Especially, TAO has been effective in creating a new pedestrian flow which led to revitalize the surrounding area. On the other hand, this study suggests the issues relative to the roles of ordinances for the future development of the preservation surrounding area by pointing out the possible negative impact of the ordinances to the change of building use from residential-oriented to tourism-oriented.
著者
東村 壮裕 出口 敦
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.70, no.589, pp.107-114, 2005-03-30 (Released:2017-02-11)
参考文献数
11

In Hakata District of Fukuoka City which is known as one of the most traditional merchant district, the sub-division system called "Taikou Machiwari" which was implemented in late 16th Century has been still the basis of urban infrastructure affecting the urban development and building forms on it. Following the recent trend of increasing of both apartment construction and population, this study aims to review the transformation of both block form types and lot form types, and to analyze the past 30 year trend of lot integration and apartment building layout form. As the results, this study constructs the typology of the lot integration and the apartment building form, and clarifes the relationship between them.
著者
長 聡子 伊藤 夏希 出口 敦
出版者
一般社団法人日本建築学会
雑誌
日本建築学会技術報告集 (ISSN:13419463)
巻号頁・発行日
vol.13, no.26, pp.807-810, 2007-12-20

This study focuses on the street name system for supporting and guiding pedestrians, and aims to clarify the effects and to point out the issues by introducing the system through the social experiment at Tenjin District in Fukuoka City. Firstly, through the questionnaire survey of visitors, shop owners and guides, we evaluate the street name system by analysis their impression. Second, we point out the issues how to name the streets and how to place the signposts. Finally, we propose the methods to improve the street name system.
著者
宋 俊煥 出口 敦
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.78, no.684, pp.413-420, 2013-02-28 (Released:2013-05-31)
参考文献数
24
被引用文献数
3 5

Recently, the importance of Transit-Oriented Development (TOD) of cities based around railway stations is being emphasized. This study aims to evaluate and classify 152 railway station areas from the viewpoint of Transit-Oriented Development by analyzing the target areas located in a 30km circumference surrounding Central Tokyo. By using the Principal Component Analysis, 4 factors were consequently drawn to evaluate the railway station areas: 1)Integration of urban function, 2)Connection and serviceability of public transit, 3) Change-rate of urban function, 4)Urban self-reliance. As a result of typology, it is possible to classify seven types of railway station areas. Each type's characteristics and problems are clarified through the analysis.
著者
三浦 詩乃 出口 敦
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集D3(土木計画学) (ISSN:21856540)
巻号頁・発行日
vol.72, no.2, pp.138-152, 2016 (Released:2016-05-20)
参考文献数
37

本研究はアメリカ・ニューヨーク市交通局による施策の一つである「Plaza Program(プラザプログラム)」制度を対象とし,(1)制度化に至るまでの同市の歩行者空間に関する施策の変遷,(2)制度の運用方法及び計画された歩行者空間(プラザ)の空間的特徴について整理を行い,制度の特徴を明らかにした.さらに,(3)多様な種類の民間組織によるマネジメントの実態から,マネジメントの成果として,渋滞などの交通問題の緩和に加えて,コミュニティが抱える社会的課題への取組みや地域活動の活発化,景観の魅力向上がもたらされていることを提示した. 以上から得られた知見を総括し,プラザプログラムが短期間に普及してきた要因,従来の街路利活用のマネジメントの仕組みと比較した際の利点と課題を明らかにした.
著者
アンジュロ オディシア 出口 敦
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.71, no.604, pp.93-100, 2006
参考文献数
14

本研究では、既稿(ANGELO and DEGUCHI 2004)におけるボリビア・ラパス市の住宅類型の研究とスペイン殖民都市の都市基盤の成り立ちに関する研究(ANGELO, LOPEZ and DEGUCHI 2005)を基に、スペイン殖民都市の歴史的都心地区の例としてラパス市の都心部の地区を対象にして、植民地時代からの伝統的住宅タイプであるコンベンティロとその住宅タイプが多数残る同地区の物的環境の実態と居住者からみた課題や意向の両面を独自に調査した。現状の土地利用からオフィスなどの新規開発の多い東部と老朽化した住宅が多数残存する西部の2つの区域に分かれるが、物的環境と居住者評価の両面から設定した評価指標を用いて両区域の相違点と相違点を明らかとした。一見して、西部区域の方が老朽化による住環境の悪化が進んでいるように見えるが、東部地区の居住者の満足度の方が相対的に低い等の新たな知見が得られた。本研究では、植民地時代に建設された都市基盤と住宅を継承する当該地区とコンベンティロの変容と居住環境の実態を独自の調査により初めて明らかとしている。結論では、当該地区を一体として捉えるのではなく、地区内でも区域によって異なる物的環境の実態と居住者の意識の傾向を十分把握した上で、居住環境改善に取り組む必要がある点を指摘している。
著者
清水 李太郎 坂井 猛 出口 敦
出版者
一般社団法人日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.74, no.635, pp.161-168, 2009-01-30
被引用文献数
1

This study aims to construct a method for seeking view points of moon landscape based on analysis on the composition of Japanese traditional Ukiyoe pictures drawn by a famous painter, Hiroshige. By analyzing the cultural landscapes expressed on Ukiyoe, we clarify 5 essential factors such as the season, hour, key element, ambient, viewing manner, and categorize into 10 composition types. Based on the results, we construct the application method of seeking the viewpoints for the traditional moon landscapes with composition of the geographical elements and moon condition through a case study, which is intended to create the aesthetic values of landscape planning harmonized with the nature.
著者
有馬 隆文 (2011) 出口 敦 (2009-2010) SWAI Ombeni
出版者
九州大学
雑誌
特別研究員奨励費
巻号頁・発行日
2009

本研究は、アフリカのヴァナキュラー建築の特性理解と今後の発展・改善を目標として、2009年9月より開始したものであり、建築スタイルの一つであるバイオ建築の設計原理に基づいて、近隣との共生するバイオ建築の在り方を明らかにするものである。本年度は、それまでの調査の内容を改良し、社会的・物理的環境変化による建築・近隣地区の変化を把握するために実施した。この調査では約90世帯を対象にインタビュー、アンケート、物的調査を実施した。結果として、(1)家族形態の変化が建物の拡張を誘導し、「建築物の不規則な密集化」を引き起こす要因であること。(2)建物規模の拡大要求は、家族形態の変化に対応することのみならず、近隣との社会的・経済的活動にも起因すること。(3)建物規模の拡張は、換気の障害といった影響を環境パラメーターに直接与えるとともに、中庭での社会的機能等にも影響を及ぼしていることなどを明らかとした。また、環境パラメーターの分析においては、気温、湿度、雲行き、風速と方向、太陽放射、雨降りといった環境データを分析し、この研究地域は、湿っぽい上、年間60%の高い太陽放射量があるので、住まいには相応しくない環境であること明確化した。ここで得られた知見は、バイオ建築設計上で解決すべき、最も重要な設計要素の手がかりである。このような湿度の高い気候では、中庭や建物の路地といった機能スペースを遮断する傾向が増したことで、より高度な設計が要求される。なぜなら、建物面積の拡張は、横断的な換気を必要とする気候の性質に反するからである。このような考察をもとに、最終的には「共生都市コミュニティ設計へのアプローチ」の戦略と方法論を提案した。以上の内容を取りまとめ、学術論文に投稿した。
著者
渡辺 定夫 花木 啓祐 野澤 康 宇田川 光弘 出口 敦 篠崎 道彦
出版者
工学院大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2000

本研究は、大きく実測調査による考察と、シミュレーションによる考察の2つの部分から構成される。前者からは、空地に直達日射量が多い配置では空地の表面温度が高くなること、直達日射量は街区内空地の植栽によってできる日影や街区内空地の地表面素材の物性とその範囲によっても大きく左右されること、風による温度低減効果は卓越風向と住棟配置の関係が重要であること、単に風が抜けていくだけではなく、高層住棟の場合には特に住棟にぶつかって街区内に流れ込むことも考えるべきであるという結果が得られた。一方のシミュレーションの結果からは、高密型モデル、低密型モデルのいずれに関しても、原則的に南北軸住棟配置のほうが東西軸住棟配置に比べて、熱、風、日照、採光いずれの視点から見ても良好な環境が得られるという結果になった。また、特に冬期の北よりの季節風が強い場合には、それらを分散させて平均化して流すという意味で、南北軸配置のほうが良いのではないかとの示唆が得られた。以上の結果から、南北軸住棟配置のほうが優れているという結果が得られた。わが国の住宅地は、「南面平行配置」という語に集約されるように、すべての住戸が平等に日照を享受して冬も暖かく、衛生的に暮らしましょうというコンセプトでつくられてきた。それに対して、高温化した夏を少しでも涼しく過ごそうとすると、これまでの考え方とは全く異なる配置計画のほうが良いという結果になるということが明らかになったわけである。