著者
畝田 道雄 村上 昇啓 高島 伸治 神宮 英夫 石川 憲一
出版者
公益社団法人 精密工学会
雑誌
精密工学会誌 (ISSN:09120289)
巻号頁・発行日
vol.83, no.4, pp.361-366, 2017-04-05 (Released:2017-04-05)
参考文献数
6

Japanese sword is one of the most important representative traditional crafts in Japan. The familiar characteristics of Japanese sword is the mechanical functionality and beauty of handcrafts industrial art. Newly produced Japanese swords by the modern sword smith work are rated by the prominent (expert) sword smiths and so on. However, novice sometimes cannot understand the difference of the evaluation results. This paper tries the scientific evaluation of the beauty of the Japanese sword from the viewpoints of both the sword smiths and novice. Here, a sensual information is one of the beauty items of the Japanese sword. The sensual information is felt by the sensibility combined by the several components. In this paper, the order of priority and relevance of these several components are clarified by using the DEMATEL method. Moreover, by using the Thurstone method, the viewpoint of the novice is determined.
著者
石川 憲一 畝田 道雄
出版者
金沢工業大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2017-04-01

平成29年度における本申請研究は,日本刀の図録からのデジタルアーカイブ分析に基づく「形状美」,すなわち形状の特徴抽出を図るとともに,全体バランスの最適化としての「機能美」に取り組んだ.具体的な実施内容は以下のとおりである.(1)日本刀の「形状」「反り」「刃文」「地鉄」「樋」等のデジタルアーカイブと特徴分析・解明:日本刀の特徴の一つ「相州伝」に着目し,国宝や重要文化財に指定される日本刀の特徴をレーダチャートによって解析するとともに,現代刀匠による作品も同様に解析した.それを通じて,現代における審査会において重要視されると考えられるポイントを整理した.(2)刀匠・高名評価者・一般人による日本刀の視点(見所)解析:日本刀の知識の異なる方々を対象にして,それぞれがどのような視点をもって日本刀を観察(あるいは鑑賞)されるかを心理科学手法によって明らかにした.具体的にはDEMATEL法とサーストン法の2種類の手法を用いて解析することによって,刀匠と高名評価者,さらには一般人が主観的に評価する日本刀の美しさや魅力としての姿・刃文・地鉄・時代性・品位の相関の可視化に成功した.(3)新作日本刀の作刀に資する押し形の設計:上記(1)の結果に基づいて,現代刀匠による多数の作品と審査結果を数値解析と統計の観点から分析することを通じて,科学による押し形設計を試みた.具体的には刀剣形状を詳細な部分に至るまで高次関数による数式化を自動で行うプログラム開発に成功し,それを用いて統計的な処理を行うことによって,現時点で最適と考えられる押し形を設計した.
著者
畝田 道雄 中出 到 石川 憲一
出版者
公益社団法人 精密工学会
巻号頁・発行日
pp.199-200, 2015-03-01 (Released:2015-09-01)

日本刀は我が国の工業技術の原点と言えるものであり,現代においても刀匠の弛まぬ努力によって歴史を貫くハイテクノロジーの一つとして継承されている.ここで日本刀の特徴に言及するとき,鎬地に彫り通された溝である「樋」については宗教観や装飾の視点から各種考察が施されているが,科学的には不明な点が多い.本研究では「樋」の科学的な効果について,材料力学的並びに流体力学的アプローチによって得られた結果を報告する.
著者
伊東 輝夫 内田 和幸 石川 憲一 串間 清隆 串間 栄子 玉田 弘嘉 森竹 孝史 中尾 裕之 椎 宏樹
出版者
社団法人日本獣医学会
雑誌
The journal of veterinary medical science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
vol.67, no.3, pp.345-347, 2005-03-25
被引用文献数
1

犬乳腺腫瘍101例の臨床病理学的特徴を回顧的に評価した.小型犬60例と他41例の組織学的悪性の頻度はそれぞれ25%と58.5%であった.上皮系腫瘍81例では, 小型犬で小さな(<3cm)非浸潤腫瘍が多く, 多変量解析で小型犬(p=0.048)と腫瘍浸潤度の低さ(p=0.006)が長い生存期間と関連した.以上から, 乳腺腫瘍の組織学的, 生物学的な悪性の発生頻度は, 小型犬では他犬種よりも低いことが示唆された.
著者
大井 恭 畝田 道雄 石川 憲一
出版者
公益社団法人 精密工学会
巻号頁・発行日
pp.953-954, 2018-03-01 (Released:2018-09-01)

本研究では,新作日本刀の評価・設計法の提案と実証を目的として,日本刀の「美」を具現化する刀匠や刀剣研師の深層意識を可視化することによって,新作日本刀の評価に起因する要素の抽出を試みる.さらに,現代刀の審査・展覧会における評価結果を統計的・数理解析的に分析することを通じて,高い評価が得られた現代刀をベースに新作日本刀の形状設計を試みた.ここでは,これらの検討によって得られた結果を報告する.
著者
畝田 道雄 今村 友貴 後藤 道治 増渕 佳子 石川 憲一
出版者
公益社団法人 精密工学会
巻号頁・発行日
pp.277-278, 2014-03-01 (Released:2014-09-01)

本研究では河川礫が河川中で擦過作用を受ける自然現象に着目し,河口からの距離を礫の幾何的特性の変化から推定することを通じて,超精密研磨の起源やメカニズム,さらには別視点で地層体積環境を推定することを試みている.本報告では,2つの一級河川の礫による表面粗さ,硬さ,形状,比重の測定評価を行うとともに,多変量解析でデータ分析した結果を述べる.
著者
諏訪部 仁 上野 智尚 石川 憲一
出版者
The Japan Society for Abrasive Technology
雑誌
砥粒加工学会誌 (ISSN:09142703)
巻号頁・発行日
vol.55, no.5, pp.278-283, 2011

マルチワイヤソー方式とは,極細のワイヤ工具とスラリー(砥粒と加工液の懸濁液)を用いて硬脆材料をウエハ状に切断する加工法である.従来,本方式では砥粒としてGC砥粒を用いることによって,半導体の基板材料となるシリコンの切断等に用いられてきた.しかし,近年ではLEDの普及に伴いシリコンよりも高硬度であるサファイアインゴットの切断への適用が検討されている.そのため,GC砥粒よりも高硬度であるダイヤモンド砥粒を用いたスライシング加工が検討されている.そこで,本研究ではダイヤモンドスラリーの基礎的な加工特性を明らかにする目的で,工作物としてソーダガラスを用いて切断加工を行い,粘度や砥粒沈降性などのスラリーの性質や砥粒形状が加工特性に及ぼす影響について検討を行った.その結果,砥粒が沈降しやすいベースオイルや切断性の優れた砥粒を用いることによって,ウエハの表面性状は向上することが明らかとなった.
著者
三川 和博 伊東 輝夫 石川 憲一 串間 清隆 内田 和幸 椎 宏樹
出版者
Japanese Society of Veterinary Anesthesia & Surgery
雑誌
獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery (ISSN:09165908)
巻号頁・発行日
vol.36, no.4, pp.87-91, 2005-10-30
被引用文献数
1

犬49頭に発生した耳血腫59例を再検討した。体重5 kg以下、5~10 kg、10~20 kg、および20 kg以上の頭数はそれぞれ1(2.1%)、6(12.8%)、11(23.4%)、および29(61.7%)頭であった。ゴ-ルデンレトリバ-とラブラドールレトリバーで全発症犬の55.1%を占め、これらの犬種の高いリスクが示唆された。全59例の45例(76.3%)は外耳炎を併発しており、52例(88.1%)は5歳以上で発症していた。罹患耳を病理組織学的に検査した4例では耳介軟骨の糜爛が認められた。これらの結果から、耳血腫発症には大型犬(ゴールデンレトリバーおよびラブラドールレトリバー)、中高齢、および共存する外耳炎など複数の危険因子が存在し、さらに自己損傷や耳介軟骨の加齢性変化が、軟骨骨折の発生と続発する血腫形成に寄与していることが示唆された。<br>