著者
小寺 祐二 神崎 伸夫
出版者
「野生生物と社会」学会
雑誌
野生生物保護 (ISSN:13418777)
巻号頁・発行日
vol.6, no.2, pp.67-78, 2001-07-31 (Released:2017-10-17)
参考文献数
9

To analyze the status of wild boar (Sus scrofa), crossbred of pig×wild boar farming, and those feral populations, a written questionnaire was sent to 47 prefectural government offices, 679 branches of Dainippon Ryoyukai (Hunters Club) and 42 farmers. A verbal survey was also conducted on farmers in Gunma, Wakayama, Hokkaido, and Aomori prefectures. Breeding farms of wild boar and crossbreeds existed in 30 (63.8%) and 22 (46.8%) prefectures, respectively. The number of farms trippled between 1955 and 1964. It was the highest in the 1980s and the most popular motivation was to attract tourists. Feral crossbreds have been discovered in 36 prefectures (76.6%). The sources of feral animals were mostly unknown (69.8%). However, 0.9% of feral animals were reported to have been released intentionally. Almost half of the hunters (43.3%) surveyed responded to a question concerning their opinion of feral animals and they agreed to eliminate the animals. 23.0% welcomed them as hunting resources. Breeding was regarded as an industry that reinvigorated the local economy in Wakayama and Gunma prefectures. Delay of counter measures caused the feral crossbreed population to survive in Hokkaido.
著者
神崎 伸夫 見宮 歩 丸山 直樹
出版者
「野生生物と社会」学会
雑誌
野生生物保護 : Wildlife conservation Japan (ISSN:13418777)
巻号頁・発行日
vol.8, no.1, pp.1-9, 2003-02-21
被引用文献数
11

To evaluate the condition of agricultural damages by Japanese wild boars (Sus scrofa) and Japanese monkeys (Macaca fuscata), and farmers' attitude toward it, a questionnaire was conducted in Yamanashi Prefecture in 1998. There were 338 respondents, and the response rate was 56.3%. Both wild boars' damages, mostly to rice, potatoes, and corns, and monkeys' damages, mostly to persimmon, pumpkin, soybean, and potatoes, increased rapidly in the Heisei era (1988-). Most of the farmers hoped to decrease or exterminate boar and monkey populations, and few of them supported the idea to make compensation system or to build fences around their farms. Respondents who would maintain their farming consist 41.7%, however 32.5% would shrink their activity and 25.1% would abandon it. Respondents suffering damages thought to shrink or abandon their activity significantly more than the other respondents (X^2-test, p<0.05).
著者
小寺 祐二 神崎 伸夫
出版者
「野生生物と社会」学会
雑誌
野生生物保護 : Wildlife conservation Japan (ISSN:13418777)
巻号頁・発行日
vol.6, no.2, pp.109-117, 2001-07-31
被引用文献数
9

To analyze food habits, nutritional condition and these relationships of Japanese wild boar (Sus scrofa leucomystax), 260 stomach contents were collected between September 1994 and April 1995 in Iwami district, Shimane Prefecture, western Japan. They were analyzed using point frame methods (Leader-Williams et al. 1981). Dicotyledons was the most abundant food item in September and October (36.7%, 35.9% volumes respectively), however acorn became the principal food in October and November (26.3%, 25.3%). Root and tuber were the most preferred food between December and April (43.2-62.2%). Percentages of crude protein of stomach content were between 7.8% and 18.2%, which were beyond the optimal level specified for swine (National Research Council 1979) except February. Percentages of crude fat was 9.0% in September, increased to 17.7% in October, and then gradually decreased to 5.3% in February. Kidney fat index was also low in September (22.6%), increased to 48.2% in November, and then decreased to 25.3% in April. Acorn availability was thought to influence the nutritional condition of wild boars.
著者
小寺 祐二 神崎 伸夫 石川 尚人 皆川 晶子
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.53, no.2, pp.279-287, 2013 (Released:2014-01-31)
参考文献数
43
被引用文献数
5

本研究は,島根県石見地方で捕獲されたイノシシ(Sus scrofa)の胃内容物を分析し,食性の季節的変化を明らかにすることを目的とした.調査では,1998年4月から1999年3月の間に島根県浜田市を中心に捕獲されたイノシシ294個体より胃内容物を採取し,ポイント枠法による食性分析を実施し,各食物項目の占有率および出現頻度を季節別(第I期:5,6月,第II期:7~9月,第III期:10~12月,第IV期:1~3月)に算出した.その結果,植物質の占有率および出現頻度は季節によらず高い値を示した.動物質の占有率でも季節的変化は確認されなかったが,最高値を示した第II期でも4.3%と低い値であった.植物質の部位別占有率については果実・種子を除く全ての部位で季節的変化が確認され,第II期は同化部,その他の季節は地下部を採食する傾向が確認された.また,地下部の内訳について見ると,第I期はタケ類(57.9%),第III期・第IV期は塊茎(それぞれ43.3%,21.3%)の占有率が高くなった.同化部は第II期の主要な食物となっており,その多くが双子葉植物で占有率は27.6%を示した.果実・種子の占有率については,堅果類が第III期・第IV期に20.0,20.4%と高い値を示し,水稲と果実は第II期にそれぞれ6.8,3.6%を示した.その他植物質の多くは繊維質であり,第I期は主にタケ類,第II期は双子葉植物,第III期・第IV期は塊茎から由来するものであった.調査個体群では第II期を除き植物質地下部が良質で重要な食糧資源になっていた可能性が示された.
著者
小寺 祐二 神崎 伸夫 金子 雄司 常田 邦彦
出版者
「野生生物と社会」学会
雑誌
野生生物保護 : Wildlife conservation Japan (ISSN:13418777)
巻号頁・発行日
vol.6, no.2, pp.119-129, 2001-07-31
被引用文献数
18 10

Habitat selection of Japanese wild boars, Sus scrofa leucomystax, was studied by radio-tracking and analyses of activity sign distributions in Iwami district, Shimane Prefecture. Four radio-collared wild boars were located once a day during daytime from October 1994 to August 1997. All animals significantly preferred broad-leaved forest. On the other hand, three significantly avoided coniferous plantation. Activity signs were counted seasonally at 5 vegetation types during August 1996 to February 1999. At abandoned paddy number of rooting sites were found significantly more than other vegetation types, while those at coniferous plantation were significantly fewer through the year. Number of rooting site at bamboo thickets was also significantly more, but that at broad-leaved forest was significantly fewer in all seasons except fall. Population decrease and workers who progressively became old have caused increase of less managed broad-leaved forests and abandoned paddies in hilly and mountainous area, which provide favorable food and resting places for this animal. The socio-economic change may be one of the reasons of recent rapid expansion of wild boar in Shimane prefecture.
著者
小林 亜由美 神崎 伸夫 片岡 友美 田村 典子
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.49, no.1, pp.13-24, 2009 (Released:2009-07-16)
参考文献数
36

富士山北斜面の標高2,100~2,300 mの亜高山帯針葉樹林において,ニホンリスを捕獲し,テレメトリー法によって植生環境の選択性を調査した.コメツガ優占林,カラマツ優占林,シラビソ/オオシラビソ優占林,ゴヨウマツ分布域,林縁,開放地の6区分の植生環境の中で,ゴヨウマツ分布域が選択的に利用される傾向があった.しかし,針葉樹の種子が利用できない春には,カラマツ優占林やシラビソ/オオシラビソ優占林も選択的に利用する個体があった.コメツガ優占林,林縁,開放地は忌避される傾向があった.これらの針葉樹のうち,1個の球果あたりのエネルギー量がもっとも多いのはオオシラビソで,次がゴヨウマツであった.カラマツ,コメツガは球果サイズが小さく,エネルギー量は少なかった.ゴヨウマツの球果サイズには同一の木の中で変異があり,ニホンリスはより大きな球果を選択的に利用することが明らかになった.球果サイズとその中に含まれる種子数には正の相関があるため,ニホンリスはより多くのエネルギーを効率的に得るために球果選択を行っていると考えられる.
著者
田口 洋美 佐藤 宏之 辻 誠一郎 佐々木 史郎 三浦 慎悟 高橋 満彦 原田 信男 白水 智 佐藤 宏之 辻 誠一郎 佐々木 史郎 原田 信男 白水 智 三浦 慎悟 神崎 伸夫 前中 ひろみ 高橋 満彦 岸本 誠司 中川 重年 梶 光一
出版者
東北芸術工科大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2006

本研究が開始された翌年平成18年度においてクマ類の多発出没が発生し、捕殺数は約5000頭、人身事故も多発した。本研究はこのような大型野生動物の大量出没に対する対策を地域住民の歴史社会的コンテクスト上に構築することを主眼とし、東日本豪雪山岳地域のツキノワグマ生息地域における狩猟システムと動物資源利用を「食べて保全」という市民運動へと展開しているドイツ連邦の実情を調査し、持続的資源利用を含む地域個体群保全管理狩猟システムの社会的位置づけとその可能性を追求した。
著者
酒井 憲司 星野 義延 神崎 伸夫 笹尾 彰 渋沢 栄 岡本 博史 田村 仁 浅田 真一
出版者
東京農工大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2002

研究背景:本研究のモチベーションは農林地の時空間変動を引き起こすメカニズムの究明に必要な方法の探索である。即ち、耕地、果樹園、森林の各種属性パラメータの時空間変動が内在的な決定論的ダイナミクス、確率過程、環境外乱の何れによるものか、もしくはそれらの貢献度を定量化したいということである。そこで、本研究では、耕地、果樹園、森林、草地など生物生産の場における時空間変動メカニズムの解明のための技術として、カオス時空間解析手法を開発し,耕地、果樹園、森林における時空間変動データに対して当該解析手法を応用して変動メカニズムの解明を行い、その有用性を実証することを目的とした。農林生態系を対象として工学的なアプローチを実施しようとした場合、(1)データサイズ問題、(2)オブザベーション問題、(3)マニピュレーション問題、の3課題を克服しなくてはならない。データサイズ問題とは、農林生態系の諸現象においては年に1点というようなスケールでしか時系列データが得られない場合も多く、非線形時系列解析などが数千点以上のデータサイズを要求するのに対して極めてデータサイズが小さい。この極めて短い時系列データを如何にして非線形時系列解析の枠組みに適用させるかという問題がデータサイズ問題である。これについては、第1部で扱った。ここでは、データサイズ問題をアンサンブル時系列によるダイナミクスの再構成として課題化した。大域的線形・局所線形ダイナミクスの再構成を試み、1年先の収量予測によって手法の妥当性を示した.第2部ではオブザベーション問題を扱った.特に,航空ハイパースペクトル画像,マルチスペクトル画像を用いて温州みかんおよびコナラの個体レベルでの収量推定の可能性を明らかにした.