著者
小寺 祐二 神崎 伸夫
出版者
「野生生物と社会」学会
雑誌
野生生物保護 (ISSN:13418777)
巻号頁・発行日
vol.6, no.2, pp.67-78, 2001-07-31 (Released:2017-10-17)
参考文献数
9

To analyze the status of wild boar (Sus scrofa), crossbred of pig×wild boar farming, and those feral populations, a written questionnaire was sent to 47 prefectural government offices, 679 branches of Dainippon Ryoyukai (Hunters Club) and 42 farmers. A verbal survey was also conducted on farmers in Gunma, Wakayama, Hokkaido, and Aomori prefectures. Breeding farms of wild boar and crossbreeds existed in 30 (63.8%) and 22 (46.8%) prefectures, respectively. The number of farms trippled between 1955 and 1964. It was the highest in the 1980s and the most popular motivation was to attract tourists. Feral crossbreds have been discovered in 36 prefectures (76.6%). The sources of feral animals were mostly unknown (69.8%). However, 0.9% of feral animals were reported to have been released intentionally. Almost half of the hunters (43.3%) surveyed responded to a question concerning their opinion of feral animals and they agreed to eliminate the animals. 23.0% welcomed them as hunting resources. Breeding was regarded as an industry that reinvigorated the local economy in Wakayama and Gunma prefectures. Delay of counter measures caused the feral crossbreed population to survive in Hokkaido.
著者
小寺 祐二 神崎 伸夫
出版者
「野生生物と社会」学会
雑誌
野生生物保護 : Wildlife conservation Japan (ISSN:13418777)
巻号頁・発行日
vol.6, no.2, pp.109-117, 2001-07-31
被引用文献数
9

To analyze food habits, nutritional condition and these relationships of Japanese wild boar (Sus scrofa leucomystax), 260 stomach contents were collected between September 1994 and April 1995 in Iwami district, Shimane Prefecture, western Japan. They were analyzed using point frame methods (Leader-Williams et al. 1981). Dicotyledons was the most abundant food item in September and October (36.7%, 35.9% volumes respectively), however acorn became the principal food in October and November (26.3%, 25.3%). Root and tuber were the most preferred food between December and April (43.2-62.2%). Percentages of crude protein of stomach content were between 7.8% and 18.2%, which were beyond the optimal level specified for swine (National Research Council 1979) except February. Percentages of crude fat was 9.0% in September, increased to 17.7% in October, and then gradually decreased to 5.3% in February. Kidney fat index was also low in September (22.6%), increased to 48.2% in November, and then decreased to 25.3% in April. Acorn availability was thought to influence the nutritional condition of wild boars.
著者
小寺 祐二 長妻 武宏 澤田 誠吾 藤原 悟 金森 弘樹
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.50, no.2, pp.137-144, 2010 (Released:2011-01-26)
参考文献数
12
被引用文献数
6

イノシシ(Sus scrofa)による農作物被害に対して,島根県は有害鳥獣捕獲と進入防止柵設置を推進し,2001年度以降は被害金額を減少させた.しかし,山間部ではこれらの対策を効果的に実施できず,現在も農業被害が発生している.そのため,こうした地域でも実施できる効果的な被害対策が求められている.上記以外の対策としては,「イノシシを森林内に誘引するための給餌」が欧州で実施されているが,その効果については賛否両論がある.そこで本研究では,森林内での給餌が本種の活動に及ぼす影響を明らかにし,その被害軽減の可能性について検討した. 調査は島根県羽須美村(現在は邑南町)で実施した.2005年3~5月にイノシシ8個体を捕獲し,発信機を装着後に放獣した.その内3個体について,2005年8月22~26日に無給餌条件下で,8月27日~9月2日に給餌条件下で追跡調査を実施した.餌は圧片トウモロコシを使用し,1個体は無給餌条件下の行動圏内,その他の個体は行動圏外に散布した. 無給餌条件下での行動圏面積は81.4~132.4 haを示した.給餌条件下では,行動圏内に給餌された個体Aのみで給餌地点の利用が確認された.この個体については,給餌条件下で測位地点と給餌地点までの距離が短くなり(Mann-Whitney’s U-test,P<0.001),活動中心が耕作地から離れ,行動圏に耕作地が内包されなくなった.また,行動圏面積は無給餌条件下の44.2%に縮小し,給餌地点と休息場所を往復する単純な活動様式を示した.行動圏外に給餌した個体BおよびCでは,行動圏面積の縮小(無給餌条件下の72.0%)と拡大(同142.5%)が確認されたが,活動様式は変化しなかった.本調査により,行動圏内への給餌はイノシシの活動に影響し,被害対策として有効である可能性があるものの,本研究で行った行動圏外への給餌は本種の活動に影響しないことが明らかとなった.
著者
上田 剛平 小寺 祐二 車田 利夫 竹内 正彦 桜井 良 佐々木 智恵
出版者
「野生生物と社会」学会
雑誌
野生生物保護 (ISSN:13418777)
巻号頁・発行日
vol.13, no.2, pp.47-57, 2012-05-31 (Released:2017-09-07)
参考文献数
32
被引用文献数
5

The Japanese hunter population has been declining and aging since the 1970s. As hunters' removal of nuisance animals is important for the prevention of agricultural damage, their retention is critical for sustainably managing Japan's wildlife. In order to understand the reasons for the decline in the number of hunters and propose appropriate retention measures, we surveyed 1,409 people who did not renew their hunting licenses in 2008 and 2009. The respondents who revoked their trap hunting licenses were younger and had significantly shorter hunting careers than those who revoked their gun hunting licenses. The former had mostly carried on hunting for nuisance control until the cost of hunting became too expensive for them to continue. Therefore, provision of economic incentives could be an important retention measure. While the main reason given by both big game and bird hunters was the reinforcement of gun holding regulations, bird hunters indicated that the reduction in the number of game birds and loss of hunting area were also problematic factors. Thus, in order to retain bird hunters, it is important to improve the environmental conditions of bird hunting.
著者
小寺 祐二 竹田 努 平田 慶
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.57, no.1, pp.9-18, 2017 (Released:2017-07-11)
参考文献数
12

本研究では,イノシシ(Sus scrofa)における放射性セシウム汚染の経時的変化,および放射性セシウムの体内への入出状況を推測するため,福島第一原子力発電所から約100 kmの場所に位置する,栃木県那珂川町のイノシシ肉加工施設に搬入されたイノシシの咬筋,胃内容物および直腸内容物,尿の放射能量を計測した.咬筋については,原発事故前の2010年12月から2011年2月に捕殺した18個体(そのうち,13個体が栃木県,3個体が福島県,2個体が茨城県で捕獲)と,原発事故後の2011年3月27日から2013年1月17日の期間中に捕殺した288個体(そのうち281個体が栃木県,4個体が茨城県で捕獲.3個体は捕獲場所情報なし)について放射能量を計測し,3ヶ月毎の推移を評価した.なお,今回イノシシが捕獲された地域のうち,栃木県は,地表面への放射性セシウムの沈着量が10,000 Bq/m2以下,茨城県は10,000–30,000 Bq/m2以下であった.分析の結果,原発事故後に上昇した放射能量が,事故後10–18ヶ月後には一度低下し,事故後19–24ヶ月後に再び上昇しており,経時的変化が確認された.胃内容物は2011年9月8日から2013年1月17日,直腸内容物は2011年11月10日から2013年1月17日,尿は2011年11月14日から2012年2月20日の期間中に試料採取を実施した.胃内容物の放射能量については,経時的変化が確認され,事故後4–9ヶ月後まで高い値を示したが,事故後10ヶ月以降は低下した.また,咬筋と胃内容物の放射能量との間に明瞭な相関は見られなかった.直腸内容物の放射能量については,経時的変化が確認されなかったが,咬筋の値よりも高くなる傾向が確認された.尿の放射能量は,咬筋よりも低い値を示した.今回の結果では,胃内容物と筋肉の放射能量に明瞭な関係は見られず,直腸内容物の放射能量が常に高い値を示した.そのため,胃内容物中の水分や栄養素がイノシシの体内に吸収された一方で,放射性セシウムの一部は吸収されず,直腸内容物内で濃縮された上,排出されている可能性が考えられる.地表面への放射性セシウムの沈着量が少ない場合,環境中の放射性セシウムがイノシシ体内に吸収されるか否かについては,その存在形態(イオン交換態や,有機物結合態,粘土鉱物等との結合態など)に強く影響されると考えられる.そのため,本調査地域と同様の環境において,今後イノシシ体内における挙動を検討するためには,イノシシが吸収可能な放射性セシウムがどの程度存在し,その何割が実際に吸収されるのかを把握した上で,糞および尿から排出される放射性セシウムの量について精査する必要があるだろう.
著者
小寺 祐二 神崎 伸夫 石川 尚人 皆川 晶子
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.53, no.2, pp.279-287, 2013 (Released:2014-01-31)
参考文献数
43
被引用文献数
5

本研究は,島根県石見地方で捕獲されたイノシシ(Sus scrofa)の胃内容物を分析し,食性の季節的変化を明らかにすることを目的とした.調査では,1998年4月から1999年3月の間に島根県浜田市を中心に捕獲されたイノシシ294個体より胃内容物を採取し,ポイント枠法による食性分析を実施し,各食物項目の占有率および出現頻度を季節別(第I期:5,6月,第II期:7~9月,第III期:10~12月,第IV期:1~3月)に算出した.その結果,植物質の占有率および出現頻度は季節によらず高い値を示した.動物質の占有率でも季節的変化は確認されなかったが,最高値を示した第II期でも4.3%と低い値であった.植物質の部位別占有率については果実・種子を除く全ての部位で季節的変化が確認され,第II期は同化部,その他の季節は地下部を採食する傾向が確認された.また,地下部の内訳について見ると,第I期はタケ類(57.9%),第III期・第IV期は塊茎(それぞれ43.3%,21.3%)の占有率が高くなった.同化部は第II期の主要な食物となっており,その多くが双子葉植物で占有率は27.6%を示した.果実・種子の占有率については,堅果類が第III期・第IV期に20.0,20.4%と高い値を示し,水稲と果実は第II期にそれぞれ6.8,3.6%を示した.その他植物質の多くは繊維質であり,第I期は主にタケ類,第II期は双子葉植物,第III期・第IV期は塊茎から由来するものであった.調査個体群では第II期を除き植物質地下部が良質で重要な食糧資源になっていた可能性が示された.
著者
小寺 祐二 神崎 伸夫 金子 雄司 常田 邦彦
出版者
「野生生物と社会」学会
雑誌
野生生物保護 : Wildlife conservation Japan (ISSN:13418777)
巻号頁・発行日
vol.6, no.2, pp.119-129, 2001-07-31
被引用文献数
18 10

Habitat selection of Japanese wild boars, Sus scrofa leucomystax, was studied by radio-tracking and analyses of activity sign distributions in Iwami district, Shimane Prefecture. Four radio-collared wild boars were located once a day during daytime from October 1994 to August 1997. All animals significantly preferred broad-leaved forest. On the other hand, three significantly avoided coniferous plantation. Activity signs were counted seasonally at 5 vegetation types during August 1996 to February 1999. At abandoned paddy number of rooting sites were found significantly more than other vegetation types, while those at coniferous plantation were significantly fewer through the year. Number of rooting site at bamboo thickets was also significantly more, but that at broad-leaved forest was significantly fewer in all seasons except fall. Population decrease and workers who progressively became old have caused increase of less managed broad-leaved forests and abandoned paddies in hilly and mountainous area, which provide favorable food and resting places for this animal. The socio-economic change may be one of the reasons of recent rapid expansion of wild boar in Shimane prefecture.