D-sakOT (@D_sakOT)

投稿一覧(最新100件)

元AOTA会長Mary EVERT https://t.co/HDxO7JcBt2
投入する共変量がほんとに交絡因子かどうか文献レビューなどの裏付けがないとあかんかね。交絡因子の統制方法は傾向スコア、共分散分析、階層的重回帰分析などどの時にどれを選択するのがよいかが難しい。 https://t.co/SaW5wiWxvF
RT @HideWakabayashi: 苅部さんの論文、介護老人保健施設入所の要介護高齢者に対するロイシン高配合必須アミノ酸混合物によるADL改善効果が、J-stageで公開されました。論文PDFを以下のHPでダウンロードできます。老健での貴重なリハ栄養の介入研究です。 ht…
SIASの歩行能力改善のMCID 2点。 NIHSSが7日目5点、21日目4点。 SIASが7日目62点、21日目が68点。 https://t.co/9FpaiaHtDW

お気に入り一覧(最新100件)

僕は現場の困難さを解決するような研究がしたいので,ケアマネさんのリハの認識といえば,こんな感じの研究もしたことあります→ ビデオを用いた介護支援専門員に対する訪問リハビリテーションの啓発活動とその有用性 https://t.co/aVzLre8cpw
福田治久先生「NDB 解析用データセットテーブルの開発」。これはバイブルになるだろう。 https://t.co/GT7cpzO8ZN
吉備国際大学の寺岡先生(@teraokamutsumi)と共著で書いた論文が掲載されました。 『訪問リハビリテーションにおける「作業に根ざした実践2.0(OBP 2.0)」の臨床有用性について』です。 OBP2.0を臨床でどう活用… https://t.co/G7jHaH1282
「生態学における AIC の誤用ーAIC は正しいモデルを選ぶためのものではないので正しいモデルを選ばない」 https://t.co/7T7ESJJrbB 神経科学でも同様の誤用を見かけます
急性脊椎圧迫骨折の高齢女性で栄養と機能アウトカムの関連をみた論文です。全文読めます。エネルギー摂取量とMMSEが退院時ADLと独立した関連を認めました。リハ栄養研究ですし、十分なエネルギー摂取が機能回復につながることが示唆されます… https://t.co/GHt7wW20PZ
“統計検定を理解せずに使っている人のために I - J-Stage” https://t.co/j3ekrjHX69
老健でのリハ栄養研究で私が関わった論文は3つです。低栄養だと在宅復帰しにくい、BCAA強化栄養剤を使用するとADLが少し改善する、デイケア・デイサービスの嚥下障害患者で栄養状態がよいと嚥下機能が改善しやすいの3つです… https://t.co/5IEbmyXg6j
苅部さんの論文、介護老人保健施設入所の要介護高齢者に対するロイシン高配合必須アミノ酸混合物によるADL改善効果が、J-stageで公開されました。論文PDFを以下のHPでダウンロードできます。老健での貴重なリハ栄養の介入研究です。 https://t.co/S7rvZpmj18
日本静脈経腸栄養学会雑誌最新号(31.4)でリハビリテーション栄養管理の現状と展望が特集されました。吉村先生の「回復期のリハビリテーション栄養管理」の論文PDFです。回復期リハ病棟でのサルコペニアの有病割合は約50%です。 https://t.co/GerovNV77a
西岡さんの「本邦回復期リハビリテーション病棟入棟患者における栄養障害の実態と高齢脳卒中患者における転帰、ADL帰結との関連」というJSPEN学会誌の論文です。日本語で全文読めますし、リハ栄養の重要論文です。 https://t.co/l2M9Qq6hfM

フォロー(300ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

↓「作業活動に対して、認知症者がどのように従事しているか(engagement)の水準が、認知症者の情動や行動に大きな影響を及ぼす事が、改めて注目されつつある。」認知症者の個別の評価としては、重要な視点ですね。私の以前書いた論文も… https://t.co/c1izQwdBgC
@kaz4get 今見たら恥ずかしいレベルのものですが、どうぞ。 https://t.co/LFbakLB4sy
回復期リハ病棟の虚血性脳卒中患者でシロスタゾールの使用はFIM認知得点の改善と関連していたという後ろ向きコホート研究です。371人中101人がシロスタゾールを使用していてFIM認知の利得と効率が使用群で高い結果でした。リハ薬剤研究… https://t.co/DHLPtFiSmp

フォロワー(362ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

↓「作業活動に対して、認知症者がどのように従事しているか(engagement)の水準が、認知症者の情動や行動に大きな影響を及ぼす事が、改めて注目されつつある。」認知症者の個別の評価としては、重要な視点ですね。私の以前書いた論文も… https://t.co/c1izQwdBgC
回復期リハ病棟の虚血性脳卒中患者でシロスタゾールの使用はFIM認知得点の改善と関連していたという後ろ向きコホート研究です。371人中101人がシロスタゾールを使用していてFIM認知の利得と効率が使用群で高い結果でした。リハ薬剤研究… https://t.co/DHLPtFiSmp
@shota06835539 左室拡張能が高度に低下してくるとE波よりもe'の低下が大きくなりE/e'が高値になります。 わたしの記事は正確さを欠いているので、詳しくご理解されたい場合は、この辺りなどの専門的な資料をお読みいただ… https://t.co/3sJvNQ3JLv