野口卓也/作業療法士 (@Takuya_530822)

投稿一覧(最新100件)

作業療法士は、当事者が健康感を持って社会参加できるよう援助するためには、最大限の適応反応を導くことができる環境を見極めることが求められるといったお話 https://t.co/Z4AvlXKEQO
勉強したり、経験をいくら積み重ねていても、クライエントとの対話から学ぶことが多い。素晴らしい臨床家の多くは、クライエントに教えを請う姿勢を大切にしている気がします https://t.co/wIVWUqc0iZ
参考になりました。 精神障害者の就労支援には、SSTと心理教育を上手く活用していく必要がありますね https://t.co/0oL7vaVmFI
三宅先生、岩田先生の共同研究ですね。あとでゆっくり拝読させて頂きます。 特別養護老人ホームにおける高齢女性に対する 作業機能障害の種類に焦点を当てた評価および介入 https://t.co/n8I58zizwy
非常に参考になりました。 活動日記を用いた集団プログラムが地域在住高齢者の作業に対する満足度に与える効果 →本プログラムは、地域在住高齢者の作業に対する満足度、生きがい感、生活満足度の向上に寄与したとのこと https://t.co/xlc66Bm6Ze
これも面白そうな研究です。 日本の精神障害者に対する偏見の文献検討 →結論としては、精神障害者に対する偏見を低減するための効果的な方法は、①精神障害者と共に作業すること、②普及啓発活動であるとのこと https://t.co/mxItFd9iD6
長期入院統合失調症者への支援に大変役立つ知見であると思いました。陰性症状の中でも、意欲の低下、非社会性、感情鈍麻の改善に介入することが退院支援に向けて有用である可能性があるとのこと https://t.co/uwcP4dH4G8
『希望』が最も大切だと感じる今日この頃。 IPSモデルによる当事者の希望、能力、きめ細やかな支援は就労を実現させる効果の可能性がある https://t.co/6zWpIjCayl
今日の臨床で精神障害者の『作業ニーズ』について思い出すことがありました。久しぶりに見返してみましたが、そぅそぅと思いながら読んでいました。笑 https://t.co/mSuZv7KXI0
作業との関わり(結び付き)が論じられた論文です。自分の研究を根底から見直すために再確認しています https://t.co/yluBPMLmA6
これも大切な視点を提示してくれていますね。 就労支援サービスを利用する精神障害者10名を対象にインタビ ューを行い、M-GTAで分析した。その結果、職員からの【「頼られ」体験】と【「等身 大の自分」の確立】が精神障害者の主体性獲得に不可欠な要素であることがわかった。 https://t.co/7YhP2IsUA9
就労支援に関わる面白い知見ですね。 支援者と利用者の相互作用な過程が重要であることを再確認することができました https://t.co/JHRznsB6Ck
目標設定に関する研究です。日々の臨床に役立つ知見が得られると思います。僕はすごく納得できる内容でした https://t.co/4w00JQH9xd
新人OT、学生さんは必見です。『傾聴』の大切さが改めて理解できる論文だと思いました。当事者の立場から見る『傾聴』の意義を再確認し、明日からの臨床に活かしていきたいところですね。 https://t.co/hhoO9T7xWw
精神科作業療法士は、職業的アイデンティティに迷走している人を見かけることが少なくないと感じる。特に若手療法士は、OTとしてのアイデンティティを高められる要因に積極的に携わっていきましょう。 ①多職種カンファへの参加 ②後輩指導 ③取り扱い件数の管理(点数管理) https://t.co/YSwMVMgAOM
これは納得! 実習指導者は、学生に「積極性がない」と評価する前に、自身との関係性がそれに影響を与えている可能性があることは理解しておかないとね。学生は指導者(環境因子)によって本当に変わると思う J-STAGE Articles - 臨床実習における積極性の検討 https://t.co/GPZMlkWhAz
『ポジティブ感情』はクライエントの健康と幸福を促進する重要な1つの要因です。日々の作業療法実践において、クライエントが『ポジティブ感情』を抱くことができているかも確認したいところですね。 https://t.co/G5xwNKFgVB
作業療法界でもウェルビーングという言葉がよく聞かれるようになりましたが、ウェルビーング療法をご存知ですか?ウェルビーング療法は作業療法と非常に相性が良いように感じます。 CiNii 論文 -  心理的ウェルビーイングとウェルビーイング療法に関する展望 https://t.co/nKsFhZw7BD
面白い実践報告でした。読者にとって読みやすい報告は、非常に分かりやすい印象が残ります。書き方の参考にもなりました。 https://t.co/i9PBaJ9Kpz
15年以上前の論文だけど、今読んでも勉強になる。長期入院者に対して教育的プログラムの実践報告 https://t.co/v01AttjBDh
日比野先生の論文を見つけた。お元気にされているだろうか。。。 https://t.co/W3fNQq1mip
良くまとまった実践報告で読みやすかったです。複数事例に対する介入の結果を報告する際にまとめ方の参考になりますね。 https://t.co/5OydwtcSf1
春から精神科OTとしてスタートされた方は特に一読して欲しい論文ですね。職種を超え、基本的な対人援助技術の内容が挙げられているため大変勉強になると思います。何事も基本が大事 地域で暮らす精神障害者に対して用いられる熟練看護師の技 https://t.co/EgsuLT0cHT
研究と臨床で参考にさせて頂きます。 SOCを改善する介入方法に関する文献的考察 https://t.co/kLDr6VzzwR
慢性統合失調症者への支援において、首尾一貫感覚(SOC)は重要な要因の一つとされています。SOCは、well-beingや生活満足感と正の相関、不安や抑うつとは負の相関を認める要因です。精神科作業療法士は、SOCを知っておきましょう。 https://t.co/VuVN1QVOrR
当事者と協働でプログラム(SST)を作る過程が描かれており、とても勉強になった。 J-STAGE Articles - 地方都市における“誰でも参加できるSST”の実践報告 https://t.co/Mz29JlFUdY
@kawakamiotの名前を見つけた。後で読んでみる J-STAGE Articles - 認知症高齢者と家族介護者の行う共作業に焦点をあてた訪問作業療法プログラムで効果が見られた2事例 https://t.co/mZaZQbsAPk
J-STAGE Articles - 我が国の作業療法士による研究活動の現状と課題 https://t.co/Gk6ZLvajAY
約30年前の論文ですが,当時の精神科リハビリテーションで課題とされていたことは,今の時代でも課題だと思うことが述べられています。 https://t.co/lpQVBeAD4n
研究論文を書くときは,めちゃ基本的なことだけど新規性,有用性,信頼性の3点をしっかりと意識し,読者に伝わるよう分かりやすく記述することが大切です。 https://t.co/xsAbwQsPZv
健忘録:自己成長主導性尺度II(PGIS-II)日本語版の開発と心理的測定 https://t.co/COKs4NAJCa
作業療法の研究でも統計解析で一般化線形混合モデル(GLMM)が用いられるようになってきましたね. https://t.co/uEmIzoKlwI
Well-Beingを促進する作業療法実践は,ポジティブ作業に根ざした実践(POBP)が貢献できる可能性があります.ご関心頂ける方は,以下の論文をよろしければご一読ください. https://t.co/bsxGv902fz
Well-Beingを促進する作業療法実践は,ポジティブ作業に根ざした実践(POBP)が貢献できる可能性があります.ご関心頂ける方は,以下の論文をよろしければご一読ください. https://t.co/bsxGv902fz
Well-Beingを促進する作業療法実践は,ポジティブ作業に根ざした実践(POBP)が貢献できる可能性があります.ご関心頂ける方は,以下の論文をよろしければご一読ください. https://t.co/bsxGv902fz
J-STAGE Articles - 精神障害者におけるポジティブ作業に根ざした実践のプログラム開発とその適用方法の予備的検討 https://t.co/hMGgMRYOjU
Well-Beingを促進する作業療法実践は,ポジティブ作業に根ざした実践(POBP)が貢献できる可能性があります.ご関心頂ける方は,以下の論文をよろしければご一読ください. https://t.co/bsxGv902fz
Well-Beingを促進する作業療法実践は,ポジティブ作業に根ざした実践(POBP)が貢献できる可能性があります.ご関心頂ける方は,以下の論文をよろしければご一読ください. https://t.co/bsxGv8Iro1
Well-Beingを促進する作業療法実践は,ポジティブ作業に根ざした実践(POBP)が貢献できる可能性があります.ご関心頂ける方は,以下の論文をよろしければご一読ください. https://t.co/bsxGv902fz
Well-Beingを促進する作業療法実践は,ポジティブ作業に根ざした実践(POBP)が貢献できる可能性があります.ご関心頂ける方は,以下の論文をよろしければご一読ください. https://t.co/bsxGv902fz
Well-Beingを促進する作業療法実践は,ポジティブ作業に根ざした実践(POBP)が貢献できる可能性があります.ご関心頂ける方は,以下の論文をよろしければご一読ください. https://t.co/bsxGv902fz
Well-Beingを促進する作業療法実践は,ポジティブ作業に根ざした実践(POBP)が貢献できる可能性があります.ご関心頂ける方は,以下の論文をよろしければご一読ください. https://t.co/bsxGv902fz
Well-Beingを促進する作業療法実践は,ポジティブ作業に根ざした実践(POBP)が貢献できる可能性があります.ご関心頂ける方は,以下の論文をよろしければご一読ください. https://t.co/bsxGv902fz
Well-Beingを促進する作業療法実践は,ポジティブ作業に根ざした実践(POBP)が貢献できる可能性があります.ご関心頂ける方は,以下の論文をよろしければご一読ください. https://t.co/bsxGv902fz
Well-Beingを促進する作業療法実践は,ポジティブ作業に根ざした実践(POBP)が貢献できる可能性があります.ご関心頂ける方は,以下の論文をよろしければご一読ください. https://t.co/bsxGv902fz
Well-Beingを促進する作業療法実践は,ポジティブ作業に根ざした実践(POBP)が貢献できる可能性があります.ご関心頂ける方は,以下の論文をよろしければご一読ください. https://t.co/bsxGv902fz
RT @dietman67: 【幸福の促進につながるもの】 ・感謝する ・親切な行動をする ・真剣に遊ぶ ・未来から今を眺める など 作業療法今月号より https://t.co/HoDQmyWFKU
Well-Beingを促進する作業療法実践は,ポジティブ作業に根ざした実践(POBP)が貢献できる可能性があります.ご関心頂ける方は,以下の論文をよろしければご一読ください.https://t.co/6UZfJttqOv
RT @Takuya_530822: 学術誌作業療法にPOBPの開発論文が掲載されました.ご協力を頂いた当事者を始め,皆さまに改めて感謝いたします.たくさんの作業療法士の方にご一読頂けると幸いです.どうぞよろしくお願いいたします.https://t.co/bsxGv902fz
学術誌作業療法にPOBPの開発論文が掲載されました.ご協力を頂いた当事者を始め,皆さまに改めて感謝いたします.たくさんの作業療法士の方にご一読頂けると幸いです.どうぞよろしくお願いいたします.https://t.co/bsxGv902fz
RT @yachu93: 「生活保護受給者における精神病床入院の地域差に関する研究」の解説資料を公開しました。ご周知くださいますと幸いです。 【解説(PDF)】 https://t.co/Wj4CQqRlCo 【論文】 https://t.co/VBpM7JgWkg
RT @uranus_2: 職場のポジティブメンタルヘルスと行動医学 ―ワーク・エンゲイジメントに注目した組織と個人の活性化― https://t.co/SL6wiQjdSp
RT @OTsho: 項目反応理論(IRT)を使った尺度開発。とても勉強になります。→CiNii 論文 -  Well-Beingを促進する作業への関わりの程度を評価できる等化尺度の開発 https://t.co/WapzF8vCxd #CiNii
RT @uranus_2: 家族じゃない人に対する利他的行動が高いと、主観的幸福感が高い。しかし、家族への利他的行動は主観的幸福感を予測しない。特に主観的な社会経済的地位が低い人で顕著⇒利他行動が行為者の主観的幸福感に与える影響 https://t.co/8ZYGrd8TN9
査読の仕方 https://t.co/3L9LgJBgjs
RT @MaKver2: 研究論文が掲載されました!→ Examination of the Factors In uencing Achievement Motive in Community-dwelling Elderly People https://t.co/3naZ…
RT @yishii_0207: CiNii 論文 -  尺度翻訳に関する基本指針(<特集>「行動療法研究」における研究報告に関するガイドライン) https://t.co/1n1xGcmIIh #LET2016
CiNii Articles -  Development of the horizontal equating version in the Assessment of Positive Occupations https://t.co/nxJY8NzXuI #CiNii

お気に入り一覧(最新100件)

今月号の作業療法に載った論文です。重度の上肢麻痺の方に対面した時、僕らは『あらゆる手段を使って』アプローチを考えます。自分は◯◯セラピストだから、他の手法は使わない...と言った療法士中心のアプローチの提供をそろそろ終わりになるのでは?と個人的に思ってます。 https://t.co/8OE4mRE3nv https://t.co/pnqQvXbYcj
本日発刊の学術誌「作業療法」39巻3号に私が執筆しました巻頭言が掲載されております。現状の作業療法に対する意見を私にしては強めの言葉でまとめてみました(笑) 巻頭言にしては少し長めですが、ご笑覧いただけましたら幸いです!!(よろしければ拡散をお願い致します) https://t.co/sJs1YWRbo1
今、うちのデイケアのOTはこういう事例を積み上げてくのが必要に思う やっぱり、「PEOモデル、COPM、作業分析、作業的存在の意味づけ」はリハ実施計画書にしっかり書きたい やってるんだろうけど、もっと意識的に… https://t.co/89nAuU4fzw
作業療法に新しい論文が掲載されました。 この論文が信念対立の問題に憂慮するリハビリテーション専門職のセルフマネジメントに少しでも貢献できたらと思っています。 J-STAGE Articles - リハビリテーション専門職の信念対立に対するマインドフルネストレーニングの効果 https://t.co/gtNhVfsVeO https://t.co/82ef27fksL
共著論文が掲載されました。 小林亮太・重松潤・宮谷真人・中尾敬 (2020). 認知的再評価と気晴らしは脱中心化を媒介して精神的健康に影響する 感情心理学研究, 27, 67-72. https://t.co/gnbb912iqy
今回の作業療法も興味深いものばかり 花田先生の症例報告はとにかく丁寧で書き方を真似したい https://t.co/Tf8j4u43vw 個人的にはこの報告も地域に向けて参考になりました 地域在住要介護高齢者の役割遂行と環境要因が健康関連QOLに与える影響 https://t.co/AE2GHKUi3y
今回の作業療法も興味深いものばかり 花田先生の症例報告はとにかく丁寧で書き方を真似したい https://t.co/Tf8j4u43vw 個人的にはこの報告も地域に向けて参考になりました 地域在住要介護高齢者の役割遂行と環境要因が健康関連QOLに与える影響 https://t.co/AE2GHKUi3y
最新の作業療法に掲載されました。ご興味ある方は、ぜひご覧ください! J-STAGE Articles - 家族介護者が従事する「介護」という作業の構成概念の生成 https://t.co/jTpX8DDtk6
【作業療法・クリニカルリーズニング】 たしか長谷龍太郎先生の博士論文の一部か何かを論文化したもの リーズニング研究するうえでは必読なんでしょうね リーズニングは介入根拠なので、臨床実践にかかわるいろいろなことに関係する https://t.co/AZ2CGmGB10
竹林先生は,僕の初めての学会発表の座長でした.建設的な助言をしていただき、影響を受けた自分は勉強会に足繁く参加し多くのことを学ばせていただきました.そのような先生と論文を執筆させていただけたことはとても感慨深いです.是非ご覧になってください. https://t.co/fmWVWma2bs https://t.co/2fXW0jl4Dr
山田先生のランダマイゼーション検定の解説論文。https://t.co/kulgrAqLsn
日本リハビリテーション医学会国際誌最優秀論文賞受賞のお知らせが届きました。感無量です。選考委員の先生方、熊リハ研究チームの皆様、特に研究デザインから解析まで多大な貢献をした備瀬くん、関係者の全員に感謝します。 Yoshimura Y, et al. Prog Rehabil Med 2018 https://t.co/UddpXuiJp3 https://t.co/jVlPdkGyO0
日経新聞さんに報道頂けました。 原典: https://t.co/VBpM7JgWkg 生活保護受給者、精神科入院の地域差7倍 病床数と強く関係:日本経済新聞 https://t.co/CD4uhOxzPT
【サンプルサイズの計算】 比較したい2群を考え、使用する検定を決定し、許容できる誤差、2群の期待できる差を設定することで計算できる。 https://t.co/Y9SeBkzxCF
「生活保護受給者における精神病床入院の地域差に関する研究」の解説資料を公開しました。ご周知くださいますと幸いです。 【解説(PDF)】 https://t.co/Wj4CQqRlCo 【論文】 https://t.co/VBpM7JgWkg
「精神病床への新規入院患者の転機」に関する研究がJournal of Epidemiologyに掲載されました。 NDBを活用して,60万件の精神病床入院患者の自宅退院までの日数などを網羅的(入院料単位,病院単位,都道府県単位など)に求めています。 ご周知下さいませ。 https://t.co/e6Yg1Nnhog https://t.co/7yRzsFsRwe
学術論文違法共有サイト、「Sci-Hub」に対する日本からアクセス状況。人口比あたりで、1位が新宿区、2位が千代田区。3位がつくば市⇒学術論文違法共有サイトへの日本からのアクセス状況 : Sci-Hubの公開ログ・データを元にして https://t.co/ASkIF1993C
荘島宏二郎・宇佐美慧・吉武尚美・高橋雄介(2017). 縦断データ分析のはじめの一歩と二歩 教育心理学年報 56, 291-298. https://t.co/Cr1xmfqJji
載せとこ(エビデンスレベルは皆無だけれど、個人的には重要やで)。COPD患者さんへの運動指導のせいで治療関係が悪くなって大変やったけど、ちゃんとやったら少しはエエ感じやったで、って報告です。はよ他の論文も書かないと。https://t.co/ZDq2VIABbM
「グリニッチ天文台事件」って心理学の教育を受けた人間なら誰でも習っている常識みたいなものなのだけど,他の分野では意外と知られてないしネット検索してもなかなか出てこない。以下の丸山久美子先生の論文にけっこう詳しい説明があった。https://t.co/AB9rNMk9z9

フォロー(97ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

ちなみに「嫌悪状況に段階的に接近させるアプローチはオペラントなのかレスポンデントなのか問題」については関学の米山先生が書いておられましたね。 CiNii 論文 - 不登校への行動論的アプローチにおいて用いられる技法名に関する概念的考察 https://t.co/35SKuR0XRJ #CiNii

フォロワー(856ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @sake_OT: みんなにこれ勧めたいなー。作業療法はそんな単純じゃないでしょー。 https://t.co/k24zYOiChu
みんなにこれ勧めたいなー。作業療法はそんな単純じゃないでしょー。 https://t.co/k24zYOiChu
RT @atmizu: PROTECT modelの元論文 https://t.co/pDQvJBH2O4 nakano先生、永井先生らのこのCirc Jは存じ上げませんでしたが、他のモデルでもやってたようなReview + α のストラテジーですね!! #20JCS ht…
RT @JCIRC_IPR: 【Tweet the meeting についての基本情報①】 昨年、#19JCS まずこのように学術集会でSNSを用いることについてSystematic reviewを実践しました。 Supplement file に色々な学会のデータもあり…