TAJIMA Akiko 田島 明子 (@takiko111)

投稿一覧(最新100件)

RT @chiisanaehon: CiNii 論文 -  作業療法実践にパーソン・センタード・ケアや認知症ケアマッピングをより良く生かすための考察:作業療法実践・理論とパーソン・センタード・ケアの理念や認知症ケアマッピングの比較検討 https://t.co/imBfHkYz…
「あの!」予防医学の近藤克則先生に多大なるご支援賜った論文です。めちゃ勉強になりました 地域リハビリテーション活動支援事業が今後展開するなかで、先駆的な取り組みからOTの役割を考察した内容 介護予防を目的とした住民運営の通いの… https://t.co/xPAlqWanvI
「なぜ?」ツイートを見かけたので… https://t.co/2XRWjskAE9… ↑に「OTジャーナル」と「PTジャーナル」が分かれた理由を書いてます。三輪書店社長の青山智氏に取材した内容を整理。中心の内容は「作業療法ジャーナ… https://t.co/PLwvcf2vc9
重度失語症者にとっての旅行の意味付けと旅行後の生活への影響 : 作業療法における旅行の活用方法についての一考察 https://t.co/j83bBsWyIA→(自著)意味ある作業の実現を目指すのが作業療法だが実は経験が大事で、経… https://t.co/WjKfLxO4M3
国外での作業的公正における作業療法士の介入と規範に関する文献レビュー https://t.co/AmykSxVbU8 明後日のシンポジストのお仕事に向けて予習 #作業的公正  #作業療法
テキストマイニングと内容分析のmixed methods resarchで行った研究。 https://t.co/N7D1PpO8hd #研究法 #混合研究法
なかにピア・サポートもあり、そういえば代償アプローチでなくアイデンティティの再構築が必要と仲間づくりを提唱した論を最初に目にしたのは南雲直二先生の障害受容再考論だったと思い出した→ 健康教育・ヘルスプロモーション領域における健康行… https://t.co/Jyl2vFxbcF
あとで読む。#作業療法論文 #ロマン主義 #道徳療法 https://t.co/8U7RkPiEJu
杉野昭博先生著『障害受容と障害当事者宣言』後で読む。https://t.co/qb1RXLp4qY
岩田祐美さんの書いた「国外での作業的公正における作業療法士の介入と規範に関する文献レビュー」。作業的公正や作業機能障害を考える際に参考になります。https://t.co/AmykSxVbU8
黒澤直子「認知症高齢者の家族介護者への支援に関する現状と 課題」 https://t.co/vIuqrW2oM3
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 認知症高齢者を抱える家族への支援--作業療法士ができること (特集 家族の力,他人の力--「家族だから」「他人だから」できること)(平井 由布子),2010 https://t.co/Tnn8P4aBhu
渡辺克典さん著「障害学研究と障害者運動研究の動向」について。 https://t.co/5cl7oME4RW 障害学会に演題登録で「ともにある場」の作業的要素の抽出といった内容を考えているのだが、網羅的に研究が紹介され、整理されているので、とても参考になる。
後で読む。「中途障害者の生活の再編成に関する先行研究の検討」 https://t.co/F4eovh2N7y
RT @nedtooned: @takiko111 こちらから見れますね。 https://t.co/Trtk0vvMyU
吉備国際大学学術リポジトリに掲載されてた。認知症の人のQOLの支援をめぐる論点の整理。2010年なのでいまはまた状況がかわってますね。 https://t.co/5ljsH16qeQ
若年性認知症の方の社会ケアシステムの研究。博士論文。ボリュームあり。 https://t.co/qfWjQqJ6Kk
RT @OTsho: CiNii 論文 -  民間研究費獲得の実際 : 「作業療法ジャーナル研究助成」の場合(<特集>研究をする/論文を書く/研究費を獲得する) https://t.co/mvvq8VGaHg #CiNii
失語症の当事者の方に旅行の意味をインタビューさせていただいた結果はこちら。 https://t.co/IAexG0RcAO
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 知的障害・発達障害のある人が旅行する際に必要な支援(松本 和久ほか),2015 https://t.co/g9875QC0U7
修士の岩田祐美氏の国外の作業的公正についての文献レビュー論文。オープンアクセスで読めます。修士1年目で論文作成というのはすごい。ちなみに私は6年経った後だったよ、たしか(´・_・`) https://t.co/n6tMJhauPO
重度失語症者にとっての旅行の意味付けとその後の生活への影響、といった内容の論文。オープンアクセスになりました。 https://t.co/IAexG0RcAO
RT @BotKmgi: CiNii 論文 - 「生きがい」はいかにしてつくられるのか : 共同体の内と外との関係の再編〜PDFなし リポジトリにはある.農家のおばあちゃんがパソコンを使って発注,受注,生産管理することについて https://t.co/rJsJtiTD43
三輪書店で行っている「作業療法ジャーナル研究助成」について、設立経緯を社長の青山敏氏に伺ったり受賞の意義についてまとめたもの https://t.co/tW8jooDlEz
渡部奈々著のこちらの論文、ソーシャルキャピタル論についてよく整理されていて、勉強になる。 https://t.co/9BrDLPlxeB
RT @ookumamasa: 栄セツコ氏の論文を読む■エンパワメントを基調とした精神保健福祉実践活動 http://t.co/3tmxmVKS http://t.co/0MjvtuoB ★PSW分野でのエンパワメント・ポジティブアプローチが認知症ケアにも応用できる。問題行動を…
RT @contractio: 社会学評論 36-3 / “西阪仰(1985)「意味・行為・行為の連鎖──ハーバーマス=ルーマン論争への一視座」- J-Stage” http://t.co/PHRRAXlmMK #Luhmann
RT @ueyamakzk: ★論文 【「患者中心」の医療という観念の欺瞞】(朝日まどか氏) http://t.co/wIhULD214J Deception of Patient-Centered Medicine [in Japanese] 最後の「結語」だけでも、一…
RT @OTsho: 伍石 紋子 (2006)「身体を回復させること」に対する〈消極的態度〉の隠蔽プロセスについての一考察 : リハビリテーション病院でのフィールドワークからhttp://t.co/78eeVCn05Y
CiNii 論文 -  作業療法実践にパーソン・センタード・ケアや認知症ケアマッピングをより良く生かすための考察:作業療法実践・理論とパーソン・センタード・ケアの理念や認知症ケアマッピングの比較検討 http://t.co/CLV8yjeetU #CiNii
RT @nanachiki0522: 意志サブシステムへの働きかけにより余暇的活動の再開に至ったある一例 : 人間作業モデルによる解釈を中心に (第8回鳥取県作業療法学会 何?地域の求める作業療法とは) http://t.co/vVG5BeLBiE

お気に入り一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  作業療法実践にパーソン・センタード・ケアや認知症ケアマッピングをより良く生かすための考察:作業療法実践・理論とパーソン・センタード・ケアの理念や認知症ケアマッピングの比較検討 https://t.co/imBfHkYzpF #CiNii

フォロー(199ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

“CiNii 論文 -  朝鮮学校の戦後史と高校無償化 (特集 高校無償化制度と朝鮮学校)” https://t.co/0HWUHlDV4W
“CiNii 論文 -  教育を受ける権利主体としての「国民」の意味--外国人の教育を受ける権利について” https://t.co/dy5wi3HQf2
RT @urano_shinjcp: 「ダムすげー!八ツ場ダムのおかげ」と言う前に「調節池すげー!」と言うべきではないのか? 柏市と守谷市の3つの調節池で八ツ場ダムの総容量に匹敵する洪水調節力がある。同容量なら上流のダムより、下流の調節池の方が、下流域の水位への影響はずっと大き…
リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https://t.co/bN7wkWmSRc
会社で考えれば、「ウチ」は自分の会社、「ソト」は取引先の会社、「ヨソ」は取引のない会社。で、「ヨソ」は関係ないから日本だと話さないけど、アメリカだと日本人から見た「ヨソ」と付き合うためにスモールトークが存在するというのが”スモール… https://t.co/YUd4XL8YFZ
「英語を話す」ことに関しては、”スモールトークの公共性”に引用されてた、「ウチ、ソト、ヨソ」に関する分析は面白いんじゃないかなと。「うち」はそのままだけど、「ソト」と「ヨソ」は何が違うかというと、「ソト」は「ウチ」と繋がりあるけど… https://t.co/ALLiBeGDAe
「リーダーシップ教育」の評価指標にお使いいただけると思います。 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討 木村 充, 舘野 泰一, 松井 彩子, 中原 淳 https://t.co/bN7wkWmSRc
RT @satoshi_0630: 大学生のリーダーシップ行動に関する尺度がついにリリース!!著者のみなさま、採録おめでとうございます! 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・…
量的調査の比重が大きい社会調査の教科書では全然実感できなかった調査・研究のプロセスがすごくわかりやすく理解できてめちゃめちゃ勉強になった。 J-STAGE Articles - 計量テキスト分析およびKH Coderの利用状況と… https://t.co/KC4sqGgIB6
RT @hokutoyokoyama: @nov_saturday 独立型社会福祉士における活動領域とソーシャルイノベーションの可能性 https://t.co/GX3ajOGdqh
圷 洋一:社会福祉における就労支援とその理念--福祉戦略としての「ホームの政治」(3) →就労支援への批判はあれこれあるけれど、理念的なそれは部分的な言及が多い。就労支援の理念を全体的に議論し肯定するこの論文は、批判題材として… https://t.co/fq82kMjDYG
圷 洋一:大学における社会福祉の学びの「魅力」について →初学者向けの社会福祉学ガイドになっている。社会福祉教育に携わっているあるいは関心がある者なら、ここから議論をどう展開するのかが問われると思う。あなたはこれを丸呑みします… https://t.co/Upsfko3oEe
今日もまた昨日教えた人の話。昨日の人はTOEFL対策なんだけど、リーディングの授業してて、まあ、多分いつもの会話の内容から、「パラグラフ・ライティングの応用(岩本一)」的な話は知ってるっぽい。なので、特に教えなかったんだけど、でも… https://t.co/IWOagGSyrx
鈴木 篤(2019)「社会成員の多様化状況における道徳教育の在り方に関する検討:N.ルーマンの道徳理論を手がかりに(特集 教育(学)とトランスレーション)」教育学研究 86(2), 262-274, 日本教育学会 / “CiNii… https://t.co/6xTXNB69tQ
RT @emo10561584: ここでおもむろに宣伝。 『歴史の建設』には収録しなかった先行研究批判は、『建築史学』に<学会展望>として掲載されています。 「ラスキン受容史」という超ニッチなテーマをどれだけテンション高く深堀りしているか……ぜひご一読ください……! https…
したせいで時間がなかったとのこと。 「こんな英語できるのにそんなことあるんだ!」と衝撃を受けつつも、ネットで見つけた「パラグラフ・ライティングの応用(岩本一)」という論文を参考にして教えたら、一通り理解してくれたようで、問題解くと… https://t.co/Z20MXZgfRb

フォロワー(1047ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

“CiNii 論文 -  朝鮮学校の戦後史と高校無償化 (特集 高校無償化制度と朝鮮学校)” https://t.co/0HWUHlDV4W
“CiNii 論文 -  教育を受ける権利主体としての「国民」の意味--外国人の教育を受ける権利について” https://t.co/dy5wi3HQf2
RT @OohimeSoukyok: 浜野研三という名前、どこかで見たと思ったら、「『人間である』という概念の意義:種差別批判に抗して」なる珍論文(https://t.co/MYjWRPeI6I)を書いた御仁だった。もはや戦意喪失。 それにしても、ポツポツ動物倫理の基本文献が増…
RT @urano_shinjcp: 「ダムすげー!八ツ場ダムのおかげ」と言う前に「調節池すげー!」と言うべきではないのか? 柏市と守谷市の3つの調節池で八ツ場ダムの総容量に匹敵する洪水調節力がある。同容量なら上流のダムより、下流の調節池の方が、下流域の水位への影響はずっと大き…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 前頭葉障害のリハビリテーション (第13回認知神経科学会(平成20年7月12日・13日開催)(その2)) -- (シンポジウム 認知リハビリテーションの現在と将来)(渡邉修),2009 http://id.CiNii.jp…
RT @urano_shinjcp: 「ダムすげー!八ツ場ダムのおかげ」と言う前に「調節池すげー!」と言うべきではないのか? 柏市と守谷市の3つの調節池で八ツ場ダムの総容量に匹敵する洪水調節力がある。同容量なら上流のダムより、下流の調節池の方が、下流域の水位への影響はずっと大き…
会社で考えれば、「ウチ」は自分の会社、「ソト」は取引先の会社、「ヨソ」は取引のない会社。で、「ヨソ」は関係ないから日本だと話さないけど、アメリカだと日本人から見た「ヨソ」と付き合うためにスモールトークが存在するというのが”スモール… https://t.co/YUd4XL8YFZ
「英語を話す」ことに関しては、”スモールトークの公共性”に引用されてた、「ウチ、ソト、ヨソ」に関する分析は面白いんじゃないかなと。「うち」はそのままだけど、「ソト」と「ヨソ」は何が違うかというと、「ソト」は「ウチ」と繋がりあるけど… https://t.co/ALLiBeGDAe
RT @TksmaU: これからWAISやWISCに触れられる公認心理師や臨床心理士の先生方に是非とも読んでいただきたい論文記事。 すんごくすんごく大事なことばかり書かれています。知能検査でASDやADHDを診断しちゃうような専門家の方々へも… 糸井岳史先生 臨床に活かすウェ…
RT @calfscalf: 電子論理回路の歴史。 日本の中嶋章は1935年、当時のリレー回路の設計パターンを解析することで、リレー回路の代数的性質を独自に突き止めた。 一方アメリカでは、シャノンが1938年にブール代数とリレー回路の等価性を示して、ブール代数の既存の知見を電気…
RT @nov_saturday: 圷 洋一:大学における社会福祉の学びの「魅力」について →初学者向けの社会福祉学ガイドになっている。社会福祉教育に携わっているあるいは関心がある者なら、ここから議論をどう展開するのかが問われると思う。あなたはこれを丸呑みしますか?どうです…
RT @sunbaiman: 大雨と六価クロム漏洩の関係性はこのような論文にまとめました。何度も何度も現場に通いつめて、降水量50ミリ以上で漏れだすことを明らかにしました。https://t.co/XuFX9KhSNd
量的調査の比重が大きい社会調査の教科書では全然実感できなかった調査・研究のプロセスがすごくわかりやすく理解できてめちゃめちゃ勉強になった。 J-STAGE Articles - 計量テキスト分析およびKH Coderの利用状況と… https://t.co/KC4sqGgIB6
RT @hokutoyokoyama: @nov_saturday 独立型社会福祉士における活動領域とソーシャルイノベーションの可能性 https://t.co/GX3ajOGdqh
圷 洋一:社会福祉における就労支援とその理念--福祉戦略としての「ホームの政治」(3) →就労支援への批判はあれこれあるけれど、理念的なそれは部分的な言及が多い。就労支援の理念を全体的に議論し肯定するこの論文は、批判題材として… https://t.co/fq82kMjDYG
圷 洋一:大学における社会福祉の学びの「魅力」について →初学者向けの社会福祉学ガイドになっている。社会福祉教育に携わっているあるいは関心がある者なら、ここから議論をどう展開するのかが問われると思う。あなたはこれを丸呑みします… https://t.co/Upsfko3oEe
今日もまた昨日教えた人の話。昨日の人はTOEFL対策なんだけど、リーディングの授業してて、まあ、多分いつもの会話の内容から、「パラグラフ・ライティングの応用(岩本一)」的な話は知ってるっぽい。なので、特に教えなかったんだけど、でも… https://t.co/IWOagGSyrx
鈴木 篤(2019)「社会成員の多様化状況における道徳教育の在り方に関する検討:N.ルーマンの道徳理論を手がかりに(特集 教育(学)とトランスレーション)」教育学研究 86(2), 262-274, 日本教育学会 / “CiNii… https://t.co/6xTXNB69tQ
RT @emo10561584: ここでおもむろに宣伝。 『歴史の建設』には収録しなかった先行研究批判は、『建築史学』に<学会展望>として掲載されています。 「ラスキン受容史」という超ニッチなテーマをどれだけテンション高く深堀りしているか……ぜひご一読ください……! https…
したせいで時間がなかったとのこと。 「こんな英語できるのにそんなことあるんだ!」と衝撃を受けつつも、ネットで見つけた「パラグラフ・ライティングの応用(岩本一)」という論文を参考にして教えたら、一通り理解してくれたようで、問題解くと… https://t.co/Z20MXZgfRb