奥村泰之 (@yachu93)

投稿一覧(最新100件)

@gestaltgeseltz @YuKou_KYou_KoKo 運用面の課題ですよね。現状でも、特定入院料の一部は、退院率と連動してますが、その弊害がみてとれます。 https://t.co/UwAvGAczQJ
RT @NPOJCLEAR: 【新着】 「薬剤疫学会誌」最新号の企画、「ディオバン事件のもたらしたもの」に、当NPO理事長(桑島 巌)による「Clinical trial (臨床試験) から Criminal trial (裁判) へ ―ディオバン臨床研究不正事件とは―」が掲…
「生活保護受給者における精神病床入院の地域差に関する研究 」。いつのまにか,早期公開から最終版になった模様。本年度,続編を予定していたのだけれど,いろいろあり中断。 【論文】https://t.co/3Ztto4Rt87 【解… https://t.co/liWU8Uj2Rt
RT @psycle44: 共著が出版されました。福島原発事故後の避難区域の住民で一人当たりの医療・介護費用が増加。J-STAGE Articles - Worsening Health Status among Evacuees: Analysis of Medical Ex…
福田治久先生「NDB 解析用データセットテーブルの開発」。これはバイブルになるだろう。 https://t.co/GT7cpzO8ZN
東北大学,たら澤 邦男先生。基盤C「在宅看取りに影響する同一地域病院の機能の解明:NDBレセプトと公開データ併用分析」 https://t.co/yc9hFsMgEX
順天堂大学,野尻 宗子先生。基盤C「レセプトデータベース(NDB)を使った高齢者の医療資源の適正化の検討」 https://t.co/5YdQI9sfND
奈良県立医科大学,久保慎一郎先生。科研費「NDB(レセプトデータ)を用いた難病患者の疫学調査の手法開発と治療実態の把握」。 https://t.co/Aa9Qlyijvf
日経新聞さんに報道頂けました。 原典: https://t.co/VBpM7JgWkg 生活保護受給者、精神科入院の地域差7倍 病床数と強く関係:日本経済新聞 https://t.co/CD4uhOxzPT
RT @TFujiwarbi: 内科専門医の基幹病院で、学会発表のサポート等があるかのアンケート調査(回答率半分ぐらい)。研究時間の確保やリサーチカンファの有無が研修医の学会発表につながるのではという結論。 尼崎の片岡先生らの研究だけど、いつもながら研究を促進したいという情熱に…
RT @kobepsy: もう日本ではリタリンのADHDへの適応拡大の可能性はゼロなのかな。宮島先生達の取り組みも時期が悪かったのかな。児青誌 vol.58,no.1,2017. https://t.co/NK2PYil953
NDBの利活用。医療機関の緩いベンチマークに利用する方針は,汎用性が高いと思っている。この図では,精神療養病棟入院料と認知症治療病棟入院料における90日退院率は,高い病院群と低い病院群の差が極めて大きいことがわかる。… https://t.co/iYg9HvQiWA
RT @kojima_aponet: フリーになって読めるようになりました 【ファルマシア 2018 年 54 巻 3 号 p. 212-216】 審査報告書・医薬品リスク管理計画書(RMP)を読んでみよう https://t.co/rhmIFzJzOI
RT @kojima_aponet: 発行1年でオープンに シリーズ最終回のまとめ 「薬局の求められる機能とあるべき姿」をまとめた、吉山友二氏が執筆 「患者のための薬局ビジョン」は、やっぱり米国の影響かなとも思った 【ファルマシア 2018.2】 これからの在宅医療推進に…
RT @kojima_aponet: 【Drug Discoveries & Therapeutics】 Inquiry into some gap among oseltamivir use and severe abnormal behavior in Japanese c…
@kiq 日本疫学会の学術誌です。 https://t.co/8aQUtAOctt https://t.co/wYLe29jF0D
@gestaltgeseltz タスクシェアリングと関わる問題なので,適正との定義は難しいですよね。しかし,精神科を標榜する一般病院,1740もあるのですかね。。。 https://t.co/9d7u1xfzKR
大都市圏における在宅医療患者の退院後 30 日以内の再入院に影響する医療施設要因 https://t.co/PXrJ1VEcUJ
「生活保護受給者における精神病床入院の地域差に関する研究」。解説資料に誤りがあったので,修正いたしました。 【論文】 https://t.co/8aQUtAOctt 【解説】 https://t.co/wYLe29jF0D
ケアネットさんに報道頂きました。心より感謝致します。 https://t.co/8aQUtB5NS3
「生活保護受給者における精神病床入院の地域差に関する研究」の解説資料を公開しました。ご周知くださいますと幸いです。 【解説(PDF)】 https://t.co/Wj4CQqRlCo 【論文】 https://t.co/VBpM7JgWkg
J-STAGE Articles - 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/3A20EOtChr
「生活保護受給者における精神病床入院の都道府県差」に関する研究が掲載されました。46000名を分析した結果,入院件数の都道府県差は7倍であり,関連要因として精神病床数や保護率が,他の要因(精神疾患患者数や介護施設数等)があるとわか… https://t.co/eJuhpwQZPp
前職の同僚、浜田さんと佐方さんの論文。医療介護レセプトデータの統合分析。 Household income relationship with health services utilization and healthcare… https://t.co/j0j8lUHCCB
「精神病床への新規入院患者における在院日数に関する研究」につきまして,解説資料を公開しました。ご周知くださいますと幸いです。 【解説(PDF)】 https://t.co/mgoLp8bThC 【論文】 https://t.co/e6Yg1Nnhog
実に多様な精神科入院料。入院料の種別ごとに退院率は,ずいぶんと違う。もちろん人員配置標準も違うし,患者像も違うだろう。15対1入院基本料は,圧倒的パイの大きさと退院率の観点から,焦点化が必要なのかもしれない。… https://t.co/V8gEstrAlp
(承前)図の添付を忘れていた。累積退院率の自然・不自然さというのは,比較してみると一瞥してわかる。「臨床を歪め得る制度の影響」というのが表現として正しいかもしれない。政策担当者は,しっかりとデータに基づく認識をする必要があると思う… https://t.co/EMurJYttSy
入院エピソード単位の分析ができるのは,NDBの強みだ。何度,転院しても,地域に帰るまでを退院率と定義できる。まぁ,1施設内で完結することが多かったのだけれども。 https://t.co/e6Yg1Nnhog
よくある試みとしては,都道府県単位の分析でしょうか。山口県では360日以内の退院率は78%ですが,東京都では90%です。 https://t.co/Afk1qVDjgu https://t.co/W8YboSXiRt
入院料ごとの累積退院率も,試みとしては新しいのかと思います。例えば,スーパー救急病棟や精神科救急入院料病棟の退院率は90日前後で,不自然な曲線になっています。これは診療報酬制度による影響と予想されます。 https://t.co/Afk1qVDjgu
病院ごとの評価は,NDB活用の新しい方向性と思っています。例えば,スーパー救急病棟の131病院ごとに,90日以内の退院率を求めて,退院率が高い順から5群に分けています。すると退院率が高い病院群では84-96%は90日以内に退院しま… https://t.co/gQvZc7Rna5
「精神病床への新規入院患者の転機」に関する研究がJournal of Epidemiologyに掲載されました。 NDBを活用して,60万件の精神病床入院患者の自宅退院までの日数などを網羅的(入院料単位,病院単位,都道府県単位な… https://t.co/2REDetpiGL
RT @kojima_aponet: 正論を主張するのはもう永井先生くらいだろうな 【薬剤学 2017年 77 巻 1 号】 意識の国際化:“日本独特”では世界の薬学・薬剤師にはなり得ない―利己先行から公益先行の薬学・薬剤師への意識改革― https://t.co/Yuyp…
RT @kazuigarashi: 総説原稿の校正を英文校正業者に依頼したら、全く別のグループから勝手に投稿され掲載されていた、、、、Tohoku Journal of Experimental Medicineに出た驚きのリトラクション告知です。 https://t.co/…
RT @jnsgsec: 統計検定を理解せずに使っている人のために, 化学と生物,ISSN 1883-6852 (2014). https://t.co/994kr2AB5G https://t.co/jm4FOyoRav https://t.co/Eev93Chm0s
RT @jnsgsec: 統計検定を理解せずに使っている人のために, 化学と生物,ISSN 1883-6852 (2014). https://t.co/994kr2AB5G https://t.co/jm4FOyoRav https://t.co/Eev93Chm0s
RT @jnsgsec: 統計検定を理解せずに使っている人のために, 化学と生物,ISSN 1883-6852 (2014). https://t.co/994kr2AB5G https://t.co/jm4FOyoRav https://t.co/Eev93Chm0s
RT @sato51643335: オハイオ州立大学Weinberg教授(経済学)の「人材が研究の最も重要な成果物の一つである」という言葉が紹介されています。どこに出しても恥ずかしくない立派な研究者を養成するという意識が我が国では弱いのではないでしょうか。 「博士の意識と研究倫…
2017年、振り返り。お金のない高齢者は、入所できずに、やむなく自宅にいる、、、という何とも言えない研究。楽しかった。 https://t.co/f9azPmHZ3X
RT @afcp_01: 子どもと大人のADHDの連続性の問題は、その後似たような研究がいくつか発表されて、それなりに話題になっています。日本語の関連文献をご紹介 https://t.co/AN6IbXMPja https://t.co/1eRgdrN330 https://t…
RT @afcp_01: 子どもと大人のADHDの連続性の問題は、その後似たような研究がいくつか発表されて、それなりに話題になっています。日本語の関連文献をご紹介 https://t.co/AN6IbXMPja https://t.co/1eRgdrN330 https://t…
RT @afcp_01: 子どもと大人のADHDの連続性の問題は、その後似たような研究がいくつか発表されて、それなりに話題になっています。日本語の関連文献をご紹介 https://t.co/AN6IbXMPja https://t.co/1eRgdrN330 https://t…
RT @kojima_aponet: 【社会薬学 Vol. 32 (2013) No. 2 p. 33-42 】 医薬分業と二つの政策目標—医薬分業の進展の要因— https://t.co/GMnS36Asbo https://t.co/LPQg9xTwRq
RT @kojima_aponet: 【社会薬学 Vol. 32 (2013) No. 2 p. 33-42 】 医薬分業と二つの政策目標—医薬分業の進展の要因— https://t.co/GMnS36Asbo https://t.co/LPQg9xTwRq
RT @kojima_aponet: 【日本医療・病院管理学会誌】 持参薬と入院後処方薬の混在下における内服業務の標準化指針の開発 https://t.co/PWhfkfsGhf
RT @kojima_aponet: 【日本医療・病院管理学会誌】 せん妄患者に頓用向精神薬を投与する看護師の困難感に関する実態調査 ──全国の急性期病院における調査── https://t.co/KCG8opkRpH
RT @kadsho: 高齢者の安全な薬物療法ガイドラインを用いた #deprescribing の実践と患者のQOL及びADLの変化 #Yakugakuzasshi #polypharmacy https://t.co/peuCNpvIEe
RT @yishii_0207: CiNii 論文 -  尺度研究の必須事項(<特集>「行動療法研究」における研究報告に関するガイドライン) https://t.co/RBlQQw7e6v #LET2016
RT @yishii_0207: CiNii 論文 -  尺度翻訳に関する基本指針(<特集>「行動療法研究」における研究報告に関するガイドライン) https://t.co/1n1xGcmIIh #LET2016
RT @syuichiao89: 4.高齢者の薬物療法の問題点 ―精神科領域疾患 https://t.co/vb83UShdOy
RT @syuichiao89: 高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬の服用量変更と転倒との関連:急性期病院入院患者を対象にした解析 https://t.co/WphjXy4Nko
RT @syuichiao89: 特別養護ホーム入園者に対する多剤処方解消と抗潰瘍薬減薬の経験 https://t.co/OoRvpaiHIm
RT @psycle44: 臨床試験でヒストリカルコントロールを活用。がっちり身に付けたい。 https://t.co/8IY6JHpMwO
Journal of Epidemiologyに「Reducing Research Waste Through Good Reporting Practices」を寄稿しました。 https://t.co/EYutWLy9hy https://t.co/m9JVT8u6KU
RT @kojima_aponet: ゾルピデムによる転倒リスクは、オッズ比 2.47(95%CI: 1.09-5.63) 一方、Ca 拮抗薬を適切な用量で使用することは、転倒・転落による致命的な疾患誘発リスクが軽減すると考えられる 【薬学雑誌】 https://t.co/W…
RT @Office_j: 【JPHCスタディから、中年日本人10年間の脳卒中・冠動脈疾患発症絶対リスク予測表。約1万5000名データから作成。1万名で確認】 Circ J https://t.co/EXHOCcmlrm https://t.co/pLXnZ77Roq
RT @kojima_aponet: 東京女子医大での取り組みを紹介 薬剤師が冊子を配布し BZ 受容体作動薬の適正使用について説明することは問題ないと考えられる. 【薬学雑誌・誌上シンポ】 ベンゾジアゼピン系薬物の適正使用のために薬剤師の方へお伝えしたいこと https:/…
日本リハビリテーション医学会、会員の声「研究報告の質について」 https://t.co/gJ5r1oQoZl
RT @kojima_aponet: 認知症の発症や転倒による骨折や外傷のリスクを増加させる可能性がある 【日本プライマリ・ケア連合学会誌】 高齢者の睡眠薬による健康影響に関するレビュー -その適正使用のためのエビデンス- https://t.co/MCZzJgqS5u htt…
RT @kojima_aponet: 認知症の発症や転倒による骨折や外傷のリスクを増加させる可能性がある 【日本プライマリ・ケア連合学会誌】 高齢者の睡眠薬による健康影響に関するレビュー -その適正使用のためのエビデンス- https://t.co/MCZzJgqS5u htt…
薬剤疫学「処方箋データベースを利用した認知症患者に対する向精神薬等の利用実態の調査」 https://t.co/YS9OllyqXu
RT @elsevierjp: [論文掲載]『情報管理』研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用 pdf http://t.co/RmZYt81qrX html http://t.co/9hedSNrHud 情報管理 57(6), 376-386, http://t.co/…
RT @elsevierjp: [論文掲載]『情報管理』研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用 pdf http://t.co/RmZYt81qrX html http://t.co/9hedSNrHud 情報管理 57(6), 376-386, http://t.co/…
RT @elsevierjp: [論文掲載]『情報管理』研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用 pdf http://t.co/RmZYt81qrX html http://t.co/9hedSNrHud 情報管理 57(6), 376-386, http://t.co/…
RT @yakkyoku1950: プラセボと聞くと効果のないもののように思う方もいるかもしれませんが、それは違います。プラセボ投与群の改善率は心身症で42%、IBSで61%、片頭痛で28%、糖尿病で13%、急性単純性膀胱炎で72%というデータもあります。 http://t.c…
RT @langstat: あとで見るかも。RT @antibayes: "我が国の博士課程修了者の就職意識・活動に関する調査研究" http://t.co/pak76nLc 文理の男女比の違い、基礎分野に行くほど高くなる年齢層(30代非社会人博士課程とか)、圧巻なのは「 ...
RT @kenmetrics: 南風原先生の1991年教心小講演「有意性検定からの脱却は可能か」要旨。http://t.co/6mWtiPMg 20年以上前とはとても思えない。今年の発表要旨と言われても通用する内容。逆に言うと、当時からこれだけ検定への過度な依存の弊害が指 ...

お気に入り一覧(最新100件)

過剰診断がどう誤解されやすいか。検診と調査がいかに混同されているか。この論文を読むとよくわかります。https://t.co/sPQj1WQOai
ちょっと結論づけるのはまだ早い気はします。論文は以下から読めますが、質問紙法の研究で、ベースラインのADLを客観的かつ定量的に評価した研究ではないため、自立していてもADLが低めの人が入浴回数が少ないだけ、の可能性は十分にあると思… https://t.co/KQuH7dD6mV
やっと論文化されましたね(英文です) 【Intern Med】 A Retrospective Study on the Epidemiological and Clinical Features of Emergency Pa… https://t.co/75LjSAso13
RTしたのは,これまた参考になる資料。「検定力分析と標準化効果量を超えて-正確度分析と非標準化効果量-」[pdf] http://t.co/9TeEmggUOm (CiNii詳細)http://t.co/eadFKJokwL ありがとうございます!

フォロー(1727ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(2038ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)