ひよこ@朝廷 (@Kfumi7926)

投稿一覧(最新100件)

RT @washou3956: CiNii 論文 -  飛鳥井雅世年譜稿(1) https://t.co/qbSDmdcsW4 #CiNii
RT @washou3956: RTした『史聚』53(2020年4月)掲載の野口華世氏の論文はこちらの科研基盤研究(C)成果報告(「女院からみる中世王権の特徴:院号宣下の背景と経緯の検討を通して」)のひとつだと思われる。https://t.co/OZDAtzcaUf https…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒伊藤陽平 「行政改革と稟議制の変容―1950~60年代における公文書管理改善運動の展開を中心に―」 『国文学研究資料館紀要 アーカイブズ研究篇』16号 (2020-3) https://t.co/XjplWhtxkD
RT @washou3956: メモ。田村航「唐橋在治「後花園天皇上伏見入道親王道欽太上皇尊号詔」注釈稿」(『早稲田大学日本古典籍研究所年報』12、2019年3月)な、なんと!未読だけど、田村氏による注釈というだけで安心感がある…。https://t.co/yeD3k0i2zr…

19 0 0 0 OA 看聞日記 : 乾坤

RT @tjgp_w57: 看聞日記のコロタイプ複製、国会図書館デジタルコレクションでいつの間にか全部見られるようになってる! これは嬉しい! https://t.co/3T64EXLGc2
RT @washou3956: CiNii 論文 -  ことばの研究余録 準仏教語の「師資」「入室」 (新年特集号 日本史のことば) https://t.co/tqVvLg8tob #CiNii
RT @quiriu_pino: 把握してなかったけど、就実大学の吉備地方文化研究所で10年前から着々と『実隆公記』の注釈を作っておられたようだ。 https://t.co/GKABq6qgWV
RT @washou3956: CiNii 論文 -  興福寺大衆と放氏―朝廷訴訟制度にみる放氏の実態― https://t.co/lMdY6dvKOa #CiNii

1 0 0 0 勧修寺論輯

『勧修寺論輯』という雑誌があるのか!? と思ったら、みょん法院様がすでにTweetなさっていた、、、 https://t.co/JLEOCEnlBI https://t.co/VbpgMfstWT
RT @washou3956: PDF公開&メモ。澤田善明「戦国期の東大寺大仏殿再興:永禄11年を中心として」(『駒沢史学』65、2005年7月)しまった。未読だったけど、これはかなり大事なのでは…。https://t.co/hdWAqNk5Kz
RT @washou3956: 鈴木芳道「鎌倉時代の公武婚」(『鷹陵史学』30、2004年9月、PDF公開)より。 https://t.co/eETJ4J9keX https://t.co/Dp3V3JQyh8
RT @washou3956: CiNii 論文 -  戦国期常陸国江戸氏領絹衣相論に窺う都鄙間権威・権力・秩序構造 https://t.co/4DppNN9UfP #CiNii
RT @washou3956: メモ。久野雅司「織田信長と足利義昭の政治・軍事的関係:永禄十三年正月二十三日付け「五ヶ条の条書」の検討を中心として」(『東洋大学人間科学総合研究所紀要』22、2020年3月)https://t.co/gvxl6J4mVc #こんな論文が出ていたよ…
RT @Kangen_Coup1246: @am2nkm_A @quiriu_pino @youkey_s 読んでいませんが、三田さんも再論してるみたいですね。 https://t.co/krdiJiWaYi
RT @quiriu_pino: @am2nkm_A @youkey_s 比較的近年のまとめだと、こんなのがあります。到達点と課題などわかりやすくまとめられてますが、ここから10年間あまり進展してない気がしますね…… https://t.co/OYw7nW6e0D
RT @washou3956: 同誌収録の森田大介「十六世紀六位外記史考証」がPDF公開された。外記局・弁官局の六位外記史の系統・官職・在職時期などを考証して、中・近世の六位外記史や外記局・弁官局の基礎的情報を提供する。本文もさることながら、注の情報量が凄い…!https://…

11 0 0 0 OA 実隆公記

『実隆公記』一〜五 https://t.co/N6egHq5ih6 修論のときは、助けていただきました。 #在宅研究 #デジコレで中世史 あとは、グーグルブックスなどが使えるでしょうか、 例えば、「史料大成: 平戸記第1, 第 24 巻」は、全文のダウンロードが可能らしい、、、 https://t.co/5g05jk2Yje
RT @washou3956: 円満院門跡の専論その3。ただし、博士論文なので確認するためにはNDLで閲覧手続の必要あり。第三章の「円満院宮仁助・円助法親王の政治的地位と園城寺戒壇」は鎌倉前・中期の政治と宗教に関する重要な論文。https://t.co/bhs4jNIR1d
RT @washou3956: 円満院門跡の専論その 2。https://t.co/RmsnBLOCTW
RT @washou3956: 往時を偲ぶために。円満院門跡の専論その1。https://t.co/YtJddhgoQn
RT @washou3956: メモ。『新義』323(2019年)中川委紀子「「根来寺の仏宝」(1)根来寺の境内」、永村眞「頼瑜僧正の門葉と新義教学」。2、3頁の簡単な内容のものと思われるが、要確認。https://t.co/Msolbn274N
RT @washou3956: PDF公開。石原比伊呂「光明天皇に関する基礎的考察」(『聖心女子大学論叢』134、2019年12月)先行研究の多くない光明天皇の基礎研究として、天皇を政治的側面から検討。文和元年に南朝によって賀名生に連行された三院等のうち、光明院だけが早くに解放…
RT @washou3956: 坂口太郎『大正・昭和戦前期における徳富蘇峰と平泉澄』(第19回松本清張研究奨励事業研究報告書、北九州市立松本清張記念館、2019年)読了。官学アカデミズムと民間史学が交錯した近代史学史の一断面を、平泉と徳富に注目して描き出す。圧巻。史料編の四一号…
RT @washou3956: CiNii 論文 -  戦国期における勅願寺由緒の形成と展開 : 美濃国立政寺を事例に https://t.co/3EtTjDPR9i #CiNii
RT @washou3956: 「後半部分では室町期荘園制を伝領論的観点から解明する必要性を主張し、若干具体的な作業結果も示した。こうした観点からの荘園制研究は、室町期の国家と鎌倉期のそれの連続性/非連続性をとらえるために必要な作業であり、今後実証研究を行いたいと考えている」h…
RT @Kfumi7926: 「…豊福寺は覚鑁の根来移住時より境内に存在し、頼瑜・聖憲期における高野山下山・根来寺成立後においても大伝法院・密厳院・円明寺とともに根来寺の中心的堂舎であった。…」と見えるので、先ほど出てきた「四院」は、大伝法院・密厳院・円明寺・豊福寺と思しい。…
ただし三宝院門跡は根来寺に下って止住することはなかったようで…座主が定めた「寺務代官」が寺家経営の実務をになったのである。…」 https://t.co/50kWGN01cw
「…豊福寺は覚鑁の根来移住時より境内に存在し、頼瑜・聖憲期における高野山下山・根来寺成立後においても大伝法院・密厳院・円明寺とともに根来寺の中心的堂舎であった。…」と見えるので、先ほど出てきた「四院」は、大伝法院・密厳院・円明寺・豊福寺と思しい。 https://t.co/G18RAuiHl6
RT @washou3956: @Kfumi7926 寝る前に。後花園期に関して、家永遵嗣「室町幕府と「武家伝奏」・禁裏小番」(『近世の天皇・朝廷研究大会成果報告集』5、2013年)も参照のこと。https://t.co/ZJoJydNkfs
某ゼミの予習をしていたら、面白い研究を見つけた。 堀畑正臣「室町後期の古記録・古文書に於ける記録語・記録語法の研究」 https://t.co/TmUksVI0Xx 入魂は、「ジュコン=強く依頼、懇意」という意味で良いらしい。
完全に見逃していた! 本郷恵子「西尾市岩瀬文庫所蔵『消息案』」(『東京大学史料編纂所研究紀要』27、2017) https://t.co/mHoMvuXFzt
RT @washou3956: PDF公開。ありがたい。「院宣は院司奉書、綸旨は蔵人奉書という形式が、いずれも原則であるが、本稿に紹介する「御奉行所候也」の院宣・綸旨は、かかる普通の院宣・綸旨をさらに下位の庁務主典代や蔵人所出納がもう一度奉じて、宛所に伝達するという二段構えの奉…
RT @washou3956: CiNii 論文 -  伏見の侍 : 『看聞日記』人名小考 https://t.co/zhRkgIaPEv #CiNii
RT @washou3956: CiNii 論文 -  満済と「蔭凉職」 https://t.co/43RR64DIMd #CiNii
RT @saemonnoDIVE: 参考文献の田中論文はweb公開済 https://t.co/XGhjpYi6i1
RT @washou3956: CiNii 論文 -  法会と法流からみた中世の僧数 (数量・統計を考える<特集>) https://t.co/LFTJO75auq #CiNii
RT @washou3956: CiNii 論文 -  専修大学図書館所蔵菊亭文庫『消息之部』室町幕府関係文書の翻刻 https://t.co/Usvu8rg49O #CiNii
RT @washou3956: PDF公開。津野倫明「木下吉隆と文禄の役に関する豊臣秀吉朱印状の年代」(『人文科学研究』23、2018年7月)豊臣秀吉右筆とである木下吉隆の失脚・官途を検討することで、朝鮮出兵時の秀吉朱印状の年代比定における指標を提示。https://t.co/…

25 0 0 0 OA 近衛政家の台頭

RT @washou3956: PDF公開。石原比伊呂「近衛政家の台頭」(『聖心女子大学論叢』131、2018年6月)戦国期に摂関家の主役の座がそれまでの二条家から近衛家に移動した、その画期は近衛政家の時代にあるのではと考え、政家が公武社会で台頭していく過程や要因を考察していく…
RT @tanonaka2: 『歴代残闕日記』所収平安時代古記録のデータベース化 https://t.co/2XXSzmPrkT こういう動きがあるの有難い。データベース化でなくても少なくとも何処に何が載ってるかリスト作ってくれるだけでもダンチだからなぁ
RT @quiriu_pino: 伊藤 孝夫「日本法史のなかのことば」(2015)https://t.co/HklKqd8Mgz とても勉強になった。日本史研究者が使いまくる「支配」・「領」・「請負」の三語の語史を古代から近代まで描写する。

お気に入り一覧(最新100件)

#こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37)-421(46), 2019-12-01 https://t.co/D0IyN6Rp2X
メモ。『多田院御家人と多田荘の歴史を紐解く』(猪名川町歴史文化遺産活性化実行委員会編、2018年3月)山本康司「『多田雪霜談』巻一の基礎的考察」など。そのほかの情報は不詳。刊行年が違うけど、こちらのことかしらん。追可尋記。https://t.co/yBUi3WvNUb #こんな論文が出ていたようです
メモ:『日本仏家人名辞書』 https://t.co/2emgnglbAs
PDFあり。 ⇒山田徹 「南北朝後期における室町幕府政治史の再検討(中) : 康暦の政変以降の政治過程と細川氏・山名氏・土岐氏」 『文化學年報』67 (2018) https://t.co/4ua8UZU9rd
PDFあり。 ⇒山田徹 「南北朝後期における室町幕府政治史の再検討(上) : 康暦の政変以前の「斯波派」・「細川派」をめぐって」 『文化學年報』66 (2017) https://t.co/RDy3h8zocA
#こんな論文がありました pdf公開。 牧野 千里「摂政藤原道長の随身員数について : 長和元年大嘗会御禊における随身新加の検討から」 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要. 史学編 (19), 55-75, 2020 https://t.co/XMLMy1zr1P
「戦国期の公家衆」(『立命館文學』509、1988 年)・「室町殿と天皇」(『日本史研究』319、1989 年)あたりは収録マストとして、あとは祈祷系の論文がどのくらい入るのか・・・ もしや、中世前期関係の新稿があったり? 体系的な文書論のシリーズを書き下ろしで完結とか。 https://t.co/X5CHsvDzNe https://t.co/uaXdSwFfXp
『室町前期における飛鳥井雅世の動静と文芸活動の基礎的研究』(千艘秋男研究代表者。科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書、2001度~2002年度、2003年5月刊行) 全207頁。所蔵館は東洋大学附属図書館だけ?「飛鳥井雅世年譜稿(二)」は掲載されているかしらん。https://t.co/byYQZVpNYq
「「宋雅・雅世集」「雅世集I」「雅世集II」「雅世集III」「雅世卿百首」の本文及び校本を作成した。これらは、雅世全歌集・紀行・文事等を所収の『飛鳥井雅世全集本文篇』(仮称、近年刊行予定)の一部を成すものであり、「平成14年度研究成果報告書」として刊行予定である」https://t.co/u0AJum4Vez
CiNii 論文 -  飛鳥井雅世年譜稿(1) https://t.co/qbSDmdcsW4 #CiNii
永松圭子「九条家領和泉国日根荘と醍醐源氏」! 岩本潤一「「源盛長以下代々譲状類」と九条家領日根荘」と関係する内容かな。 https://t.co/3MspX0XQ3X https://t.co/YM7dlzz7vx
CiNii 論文 - <日本史学>優秀修士論文概要 https://t.co/6QqdWvmIhS #CiNii  早稲田は優秀修士論文というのがあるんだな。「後三条期の特質―儀式を中心に―」という題目なので、これの一部かな。
#こんな論文がありました PDF公開。 村井 章介「甲州式目(松平文庫本)校訂原文・注釈・現代語訳」 立正大学大学院紀要第34号、2018-03-31 https://t.co/ya3xt1d8pf
RTした『史聚』53(2020年4月)掲載の野口華世氏の論文はこちらの科研基盤研究(C)成果報告(「女院からみる中世王権の特徴:院号宣下の背景と経緯の検討を通して」)のひとつだと思われる。https://t.co/OZDAtzcaUf https://t.co/afSqQZrgWK
メモ。桜井英治「人事と天命のあいだ:中世人とくじ (リーガル・ラディカリズム(第6回)PARTⅢくじ引きの使い方)」(『論究ジュリスト』32、2020年)https://t.co/m1nP1a5a2N #こんな論文が出ていたようです
2018年度分だが、赤松秀亮「中世荘園制下における在地社会の研究」https://t.co/WGo2gXU6m4 髙橋傑「中世荘園における収取秩序と景観に関する研究」https://t.co/lKvACMjuDl https://t.co/Y1tJRiuJxK
2018年度分だが、赤松秀亮「中世荘園制下における在地社会の研究」https://t.co/WGo2gXU6m4 髙橋傑「中世荘園における収取秩序と景観に関する研究」https://t.co/lKvACMjuDl https://t.co/Y1tJRiuJxK
各史料集の長所と短所ならびに古記録読みの際に心がけるべき姿勢を端的に述べたコラムとして、髙橋秀樹「古記録読みの対話と格闘」(『史学研究集録』43、國學院大學大学院史学専攻大学院会、2019年3月)はわずか4頁ながらにして一読の価値あり。https://t.co/3pQeJQeQlH
PDFあり。 ⇒伊藤陽平 「行政改革と稟議制の変容―1950~60年代における公文書管理改善運動の展開を中心に―」 『国文学研究資料館紀要 アーカイブズ研究篇』16号 (2020-3) https://t.co/XjplWhtxkD

8 0 0 0 OA 史籍集覧

史籍集覧の總目解題がデジコレで公開されていることを知る。書目を見てるだけでも、勉強になり、楽しい。 https://t.co/Na3lFJD0EA
メモ。田村航「唐橋在治「後花園天皇上伏見入道親王道欽太上皇尊号詔」注釈稿」(『早稲田大学日本古典籍研究所年報』12、2019年3月)な、なんと!未読だけど、田村氏による注釈というだけで安心感がある…。https://t.co/yeD3k0i2zr #こんな論文が出ていたようです

19 0 0 0 OA 看聞日記 : 乾坤

看聞日記のコロタイプ複製、国会図書館デジタルコレクションでいつの間にか全部見られるようになってる! これは嬉しい! https://t.co/3T64EXLGc2
CiNii 論文 -  ことばの研究余録 準仏教語の「師資」「入室」 (新年特集号 日本史のことば) https://t.co/tqVvLg8tob #CiNii
ちなみに、 妙音院殿(仮名)から教えてもらったことだけど、『源平盛衰記』の全釈も名古屋学院大学の紀要で10年以上連載されている。大事業だ……。 https://t.co/aomUad5Dd7
把握してなかったけど、就実大学の吉備地方文化研究所で10年前から着々と『実隆公記』の注釈を作っておられたようだ。 https://t.co/GKABq6qgWV
CiNii 論文 -  中世「名を籠める」文書論--宝珠院現蔵文書のなかの籠名札・調伏札の紹介 https://t.co/G3SxYbBtF0 #CiNii
CiNii 論文 -  興福寺大衆と放氏―朝廷訴訟制度にみる放氏の実態― https://t.co/lMdY6dvKOa #CiNii
〈用言連体形+之+体言〉の句形、小林芳規「「花を見るの記」の言い方の成立追考」(『文学論藻』14、東洋大学文学部日本文学文化学科編、1959年)など国語学のほうでは「之」字を不読とするらしい。花園天皇日記研究会「『花園天皇日記(花園院宸記)』訓読と注釈」で知った。https://t.co/GqIIL8QZ1H
CiNii 論文 -  平安鎌倉時代の漢籍訓点資料に於ける文末の「之」字について https://t.co/gDSkHbOfh5 #CiNii
CiNii 論文 -  平松家本『平家物語』の「於」字の用法について https://t.co/p6X5Tr139j #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉時代漢籍訓読における訓読法の一実態 : 高山寺蔵論語巻第七・巻第八清原本を例として https://t.co/AluwzFxlM9 #CiNii
朴秀哲『織田・豊臣政権の寺社の支配と天皇』(2012年9月)が刊行されていたことをはじめて知ったけど、(言語能力的に)読めない…。読みたい…。新稿はあるのかしらん…。https://t.co/yOdeMwWpAM
若いオスの個体。自分探しか?/ 河川敷沿いに来たとすると、埼玉県の荒川上流からだろうか。低山からも距離がありそうだが。参考: https://t.co/GQYEeeehhv / “東京・板橋区で鹿の目撃情報が相次ぐ 警察官が出動する騒ぎに - ライブドアニュース” https://t.co/J0d3GcplwS #シカ #■東京都
https://t.co/7az4hEjsjs 今谷明「戦国時代の社会」(『中世文学』41、1996)。これは明応の政変関係だけど、家永説が出た直後の今谷氏の発言がある。このころ今谷氏は80年代にまとめた、畿内政治史・守護研究から関心を移しているので、興味深い。
PDF公開&メモ。澤田善明「戦国期の東大寺大仏殿再興:永禄11年を中心として」(『駒沢史学』65、2005年7月)しまった。未読だったけど、これはかなり大事なのでは…。https://t.co/hdWAqNk5Kz
PDF公開。佐々木文昭「関東新制補考」(『北海道武蔵女子短期大学紀要』52、2020年3月)鎌倉幕府の政策決定過程における「意見(状)」に着目。そこで得られた知見を基に関東新制の制定作業を再検討し、従来の自説を修正する。近年の研究も多く参照。https://t.co/P3NmBjC0jN #こんな論文がありました
鈴木芳道「鎌倉時代の公武婚」(『鷹陵史学』30、2004年9月、PDF公開)より。 https://t.co/eETJ4J9keX https://t.co/Dp3V3JQyh8
CiNii 論文 -  戦国期常陸国江戸氏領絹衣相論に窺う都鄙間権威・権力・秩序構造 https://t.co/4DppNN9UfP #CiNii
CiNii 図書 - ああああ : ああああああああああ https://t.co/N8NP3lU8nL #CiNii
#こんな論文が出ていたようです 長又 高夫「「御成敗式目」第八条の法解釈をめぐって」 国学院法学 57(3), 1-48, 2019-12 https://t.co/zd2JZxBkDJ
RTに関連して桃崎有一郎「鎌倉末期の得宗家儀礼に見る長崎円喜・安達時顕政権の苦境:得宗空洞化・人材枯渇・幕府保守」(『日本史研究』684、2019年)を読もうと思い、腐海に立ち入るも発見できず。なんてこった。 https://t.co/v3dhQH0VQ5
PDF公開。佐藤耕太郎「『塵芥集』から探る奥羽の自力救済社会」(『国士舘史学』22、2018年3月)「塵芥集」から戦国期の奥羽における村落の「自力救済」体系を他分国法と比較・検討。村落が自身の運営上の問題にどれほど主体的に解決したかを探る。https://t.co/4EHJJEN6tZ #こんな論文がありました
メモ。久野雅司「織田信長と足利義昭の政治・軍事的関係:永禄十三年正月二十三日付け「五ヶ条の条書」の検討を中心として」(『東洋大学人間科学総合研究所紀要』22、2020年3月)https://t.co/gvxl6J4mVc #こんな論文が出ていたようです
待望の川本氏の単著。「禅僧の荘園経営をめぐる知識形成と儒学学習」(『史学雑誌』112-1、2003)https://t.co/cx6ZSspCUH をはじめとする諸論考が収録されるのだろう。続報を期待。
清水克行先生が語られている「地方と京都の文化格差のなかで、元禁裏女房がハイソな存在として重宝された」というお話に興味がありましたら、清水克行氏「山科言継をめぐる三人の女性-実母・愛人・長女」(『史観』154、2006)をご覧くださいね。 https://t.co/0fLRH2NCJp #CiNii
メモ。阿部匡伯「十河一存の畿内活動と三好権力」(『龍谷大学大学院文学研究科紀要』41、2019年)※「十河一存」の読みは「そごうかずまさ」。なお、同誌はいずれ龍谷大学の機関リポジトリで公開する。https://t.co/sTVl4y2jeQ #こんな論文が出ていたようです
同誌収録の森田大介「十六世紀六位外記史考証」がPDF公開された。外記局・弁官局の六位外記史の系統・官職・在職時期などを考証して、中・近世の六位外記史や外記局・弁官局の基礎的情報を提供する。本文もさることながら、注の情報量が凄い…!https://t.co/TifdqCzJwL #こんな論文がありました https://t.co/samX1yYgiq
メモ。博論の全文公開。 川野絵梨『中世東国文書に見られる音韻交替表記について』 https://t.co/KVZ910cl8P
ざっと検索したら、鳥谷部輝彦「七仏薬師法における奏楽」(『東京藝術大学音楽学部紀要』35、2009年、PDF公開)という論文を発見。未読だった。https://t.co/sKUwhDnVAn
PDFあり。 ⇒山口希世美 「院政期天皇の乳母の選任について」 『佛教大学大学院紀要. 文学研究科篇』(48), 2020-03 https://t.co/7id0CQD1bg
智積院聖教については『智積院聖教における典籍・文書の基礎的研究』(平成20年度~平成22年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書、課題番号20320067、研究代表者宇都宮啓吾、2011年)に詳しいので、一読を推奨したい。https://t.co/G7G3iEydJf
PDF公開&メモ。清水克行「室町期畿内における町場の構造」(『比較都市史研究』30-2、2011年)副題にもあるように、「経覚私要鈔」に描かれた大和国古市郷の構造を検討。『経覚〈人物叢書〉』に参考文献として引用されていたもの。ネット公開していたのは知らなかった。https://t.co/XccxZOrDwj
メモ。新田英治「中世後期、東西両地域間の所領相博に関する一考察」(『学習院史学』37、1999年)翌年『回顧と展望』で清水克行氏が取り上げたもの。東西両地域の流通・経済システムが切断され、一種のブロック経済が形成されると述べ、室町期列島社会の巨視的な像を提示。 https://t.co/5MkNKDFK0E
吉江論文、面白かった。最初の引用史料は『平戸記』(東山御文庫本を使用)。https://t.co/6dx6aJVA6y https://t.co/LE4ndy9ACU
今日は北野社からの大報恩寺からの宝鏡寺。 北野社で日本書紀の平安鎌倉室町各写本と、昨年校倉から発見されたいう神輿の金具を見られたのは激熱。 大報恩寺も初拝観。六観音菩薩の肥後定慶は、最近九条道家との関係が示唆されているようです。 https://t.co/xy5kxv5IGb
こんな書評出てたみたいです 桜井 英治「書評 深尾京司・中村尚史・中林真幸編『岩波講座日本経済の歴史1 中世 11世紀から16世紀後半』 」 国民経済雑誌 220(6), 97-102, 2019-12 https://t.co/yMmtwX0XkH
PDF公開。石原比伊呂「光明天皇に関する基礎的考察」(『聖心女子大学論叢』134、2019年12月)先行研究の多くない光明天皇の基礎研究として、天皇を政治的側面から検討。文和元年に南朝によって賀名生に連行された三院等のうち、光明院だけが早くに解放されたのは何故なのか。https://t.co/Bmd4NGsF6P
拙稿「『諏方大明神画詞』諏方社祭絵第四、六月晦日条考―「藤嶋ノ明神」をめぐるテクストの諸相―」が、北大の機関リポジトリHUSCAPで読めるようになりました。 風神録製品版からちょうど12年というタイミングの昨年8月に出た、所謂「諏訪大戦」についての最新の論文です。 https://t.co/NMVagbudL5
PDF公開&メモ。佐野真人「『皇太神宮儀式帳』校訂試案」(『皇學館大学研究開発推進センター紀要』2、2016年3月)同大附属図書館所蔵『荒木田久老校合内宮儀式帳』を底本、静嘉堂文庫所蔵谷川士清・士逸自筆書入本『内外太神宮儀式帳』や各刊本を対校に用いて新校訂を示す。https://t.co/wxbVnqqOxz
KAKEN — 研究課題をさがす | 出雲国造北島家文書の総合的研究 (KAKENHI-PROJECT-18K00913) https://t.co/jxDnEO1R28
「後半部分では室町期荘園制を伝領論的観点から解明する必要性を主張し、若干具体的な作業結果も示した。こうした観点からの荘園制研究は、室町期の国家と鎌倉期のそれの連続性/非連続性をとらえるために必要な作業であり、今後実証研究を行いたいと考えている」https://t.co/qONIZm7YbO
引用は西谷功「『視覃雑記』著者「長典」と醍醐寺建久本『十巻抄』所持者「長典」」(『智山学報』64、2015年、PDF公開)88頁を参照のこと。また、同様の指摘として橋本初子「法会と法流からみた中世の僧数」(『日本史研究』388、1994年)123頁も参照のこと。https://t.co/VSwXF3mYzJ
PDF公開。佐々木紀一「平安末期足利・新田氏考証補遺」(『山形県立米沢女子短期大学紀要』55、2019年12月)これまで「尊卑分脈」以外の中世系図を利用して、平安末期の源義国流の足利・新田氏の族人・伝記を考証してきた筆者が、その後に気付いた補足事項を考証。https://t.co/KuftSlvYf5
池和田有紀『中世後期の貴族と芸能の家業ー今様出歌をめぐる相論を中心にー』(第一〇三回史学会大会報告) この報告の詳細な内容が知りたい……。 簡易版であれば、J-STAGEから閲覧可 https://t.co/20RU0OhykY
小倉嘉夫, 倉恒康一, 中司健一, 長村祥知, 西田友広, 目次謙一「大阪青山歴史文学博物館所蔵「吉見家文書」の翻刻と解説」 大阪青山大学紀要 (11), 19-40, 2019-03-31 https://t.co/APh8zmluMa pdf公開。吉見家文書49点を紹介。いずれも戦国~近世初期の正文で、5点は新出、44点は萩藩閥閲録収録。
CiNii 論文 -  甘露寺家月次会・『親長卿記』鞠人グループ蹴鞠会と室町幕府 https://t.co/4dCQ8vBdFT #CiNii
CiNii 論文 -  室町期における大炊寮領と中原氏 https://t.co/SLEqzQaQqk #CiNii
亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。 https://t.co/Gsa7bB1Hrk https://t.co/Y4Z1g5cDvg
亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。 https://t.co/Gsa7bB1Hrk https://t.co/Y4Z1g5cDvg
亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。 https://t.co/Gsa7bB1Hrk https://t.co/Y4Z1g5cDvg
亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。 https://t.co/Gsa7bB1Hrk https://t.co/Y4Z1g5cDvg
@Kfumi7926 寝る前に。後花園期に関して、家永遵嗣「室町幕府と「武家伝奏」・禁裏小番」(『近世の天皇・朝廷研究大会成果報告集』5、2013年)も参照のこと。https://t.co/ZJoJydNkfs
PDF公開。ありがたい。「院宣は院司奉書、綸旨は蔵人奉書という形式が、いずれも原則であるが、本稿に紹介する「御奉行所候也」の院宣・綸旨は、かかる普通の院宣・綸旨をさらに下位の庁務主典代や蔵人所出納がもう一度奉じて、宛所に伝達するという二段構えの奉書形式である」https://t.co/mi1cAOQYkM
「学問の道は抄出を宗となす」。『渓嵐拾葉集』や『行林抄』などの中世仏教の要文集(ぬきがき集)を模範として、著者が金沢文庫の史料から拾い集めた文句を集めたもの。 高橋 秀栄「平安・鎌倉仏教要文集-上-」 駒沢大学仏教学部研究紀要 (50), p192-222, 1992-03 https://t.co/YvRne1sgW0
橘悠太『中世後期の醍醐寺三宝院と公武権力』(博士論文)論文要旨と審査要旨がPDF公開。https://t.co/82tiyPYn61
CiNii 論文 -  戦国期の女官と女房奉書--『守光公記』に見る長橋局を中心に https://t.co/6uvgKkAMo7 #CiNii
いかにもツイッターでウケればいいという狙いのタイトルの論文↓ CiNii 論文 -  そうだツイッタランド行こう : 日本史研究とSNS (新年特集 ICT時代の歴史学) -- (ICTと向き合う) https://t.co/poqTOPxndO
CiNii 論文 -  伏見の侍 : 『看聞日記』人名小考 https://t.co/zhRkgIaPEv #CiNii
私信。「安富筑後守」については川口成人「大名被官と室町社会」(『ヒストリア』271、2018年12月)119頁を参照のこと。なお、注63によれば、実名をめぐる諸問題について別稿を用意しているとのこと。記憶違いでなくて良かった…。https://t.co/MhRjjG7u7m
メモ。中島圭一「戦国時代の大名・国衆にとっての室町幕府的規範」(『発掘調査成果でみる16世紀大名居館の諸相:シンポジウム報告書』2016年3月)https://t.co/bAe65xmewT
CiNii 論文 -  満済と「蔭凉職」 https://t.co/43RR64DIMd #CiNii
PDF公開。菊池紳一「「六条八幡宮造営注文」にみる御家人役」(『明星大学研究紀要.人文学部・日本文化学科』27、2019年3月)「六条八幡宮造営注文」(建治元、1275)「閑院内裏造営雑掌目録」(建長2、1250)を比較して武蔵武士の負担とその記載に注目、その特徴などを検討。https://t.co/ed19ihzEa4
! 上横手 雅敬「宗教・文化研究所公開講座講演録要旨 承久の乱を考える」 研究紀要 = Journal of the Institute of Religion and Culture (32), 33-42, 2019-03 https://t.co/3kXH7tIj6a
PDF公開。平雅行「鎌倉幕府の東国仏教政策」(『京都学園大学総合研究所所報』20、2019年3月)平先生による鎌倉幕府東国仏教政策論の中間報告(下書き)。末尾にある目標の完遂を願って止まない。https://t.co/3WP5CUg14f
知られていなさそうな史料群をもうひとつ。「禁裏・宮家・公家文庫収蔵古典籍のデジタル化による目録学的研究」研究成果報告書(平成14~17年度科学研究費補助金〈基盤研究A〉、研究代表者田島公、2006年3月)末柄豊「東山御文庫所蔵『鴨社文書』」。下鴨社関連文書を収録。https://t.co/75XsOp92pI
CiNii 論文 -  専修大学図書館所蔵菊亭文庫『消息之部』室町幕府関係文書の翻刻 https://t.co/Usvu8rg49O #CiNii
PDF公開。石原比伊呂「足利義材の笙始儀と豊原統秋」(『聖心女子大学論叢』128、2017年1月)足利義材にとって笙とはいかなる意味を持ったのか。将軍初任時、近江出陣前に挙行した笙始儀について、関係人物を再比定しつつ、足利将軍家先例との関係に注意しながら検討。https://t.co/Ol1UwC7lig
田代 博志「室町時代の紛争解決 : 山城国伏見荘を中心に」 熊本史学 (99), 1-16, 2018-04 https://t.co/AKN2nEcVNR むむ、こんな論文出てたんだ。
PDF公開。津野倫明「木下吉隆と文禄の役に関する豊臣秀吉朱印状の年代」(『人文科学研究』23、2018年7月)豊臣秀吉右筆とである木下吉隆の失脚・官途を検討することで、朝鮮出兵時の秀吉朱印状の年代比定における指標を提示。https://t.co/yfttaV3w9k

25 0 0 0 OA 近衛政家の台頭

PDF公開。石原比伊呂「近衛政家の台頭」(『聖心女子大学論叢』131、2018年6月)戦国期に摂関家の主役の座がそれまでの二条家から近衛家に移動した、その画期は近衛政家の時代にあるのではと考え、政家が公武社会で台頭していく過程や要因を考察していく。https://t.co/OufI1gW7Ny
「田中穣氏旧蔵典籍古文書」「六条八幡宮造営注文」について 海老名 尚 , 福田 豊彦 国立歴史民俗博物館研究報告 (45), p345-398, 1992-12 https://t.co/fe7QNENllG しまった公開されてたのか!鎌倉幕府御家人の全体像がわかる無二の史料の紹介です。pdf で検索できるようになったのはうれしい。
工藤 祥子「日本中世のムラと惣村」大谷大学 , 博士(文学) , 甲第131号 , 2017-03-17 https://t.co/btfVrfKVCI pdf公開博士論文。著者は拝原祥子氏と同一人物ならん。
【メモ】佐藤雄基「日本中世前期の文書様式とその機能ー下文・奉書の成立を中心にしてー」(『史苑』第75巻2号、2015年)が、リポジトリで閲覧できるようになっている。要再読。→https://t.co/sDOkwEAxZ0
PDF公開。小谷量子「上杉本洛中洛外図屏風注文者 近衛氏の生涯」『日本女子大学大学院文学研究科紀要』23(2017年3月)「足利―近衛体制」の重要人物である慶寿院。上杉本洛中洛外図屏風注文者でもあり、上杉本理解のためにその生涯を考察。https://t.co/HUokUdrVQi
PDF公開。水野智之「尾張守護と智多郡主に関する覚書」(『知多半島の歴史と現在』20、2016年10月)従来「分群守護論」で論じられてきた尾張国智多郡における一色氏の立場を、最新の研究を通して再検討。近年の「郡主」論にも言及。https://t.co/gTCbEPFjvh
なんと去年は中世貨幣史の博論が2本も。しかも本文公開中! 稲吉昭彦「中世後期日本における貨幣使用に関する研究」https://t.co/AZylO29pd2 小早川裕悟「中世後期日本貨幣史の再構築―地方史とアジア史の観点から―」https://t.co/DCwrKOHvMS
なんと去年は中世貨幣史の博論が2本も。しかも本文公開中! 稲吉昭彦「中世後期日本における貨幣使用に関する研究」https://t.co/AZylO29pd2 小早川裕悟「中世後期日本貨幣史の再構築―地方史とアジア史の観点から―」https://t.co/DCwrKOHvMS
"CiNii 論文 -  キョンを形作るもの : 『涼宮ハルヒの憂鬱』を中心に" https://t.co/oDldR7w1Y2 ※本文リンクあり

フォロー(393ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

酒林(酒箒)については、以前「うどん屋の看板」について書いた時に触れたことがあります。これも中国と関係がありそうなのですが、どうでしょうか。 https://t.co/qArw2eCgRp
@Ikkisan_1710 @Rainy__Blue__ 安井三吉「「十五年戦争」と「アジア太平洋戦争」の呼称の創出とその展開について」(『現代中国研究』37,2016)も参考になります。 https://t.co/1DjsWZDAgt
Ghani, Cyrus 1987: Iran and the West : A Critical Bibliography https://t.co/xGXAoiV21c の短評 https://t.co/o5ElL8aE1j なんか厳しい評だなあ。近現代はともかく,門外漢が16−17世紀近世のヨーロッパ人旅行者・旅行記の基本情報を得るには便利な目録ではと思うのだが。
RT @kojima_sakura: 北条氏の支城、玉縄城(現鎌倉市)についての展示ですか。 ここの城主である北条氏繁が作り、子の氏勝(後に現佐倉市の岩富城主)が識語を書いている「出陣次第」という故実書を紹介したことがあります。 https://t.co/lo7DtUFuME…
北条氏の支城、玉縄城(現鎌倉市)についての展示ですか。 ここの城主である北条氏繁が作り、子の氏勝(後に現佐倉市の岩富城主)が識語を書いている「出陣次第」という故実書を紹介したことがあります。 https://t.co/lo7DtUFuME 戦国期の武家故実書の原本というレアな物で、内容も興味深いです。 https://t.co/ZI9D3mf1Nz

12 12 12 12 OA 日誌

本日新たに国立国会図書館デジタルコレクションで公開された資料から、「議会開設百三十年記念議会政治展示会」に出陳予定のものを紹介します。貴族院書記官長であった小林次郎の日記です。終戦の日、小林は「恐懼に堪えず、戦争責任者は自責に不堪べし」と綴っています。 https://t.co/Orfh8uD6nz https://t.co/NPgov0iFmk
#こんな論文がありました すみませんすっかり見落としてました。山田敏之「国の機関における公文書の保存について」『レファレンス』836号(2020年9月) https://t.co/ajX9rp8Qwm
RT @templeple: 源氏学継承は政治的思惑も強いだろうけど、家康への「源氏講釈が行われた数寄屋の庭に豊國社から伐採された松の葉が敷かれ(中略)秀吉の俳名でもあっ た松を踏みにじり、光源氏の栄華の絶頂を描写した「初音」巻を高らかに謡い上げ悦惚感に酔い痴れたと」いう解釈も…
RT @templeple: 源氏学継承は政治的思惑も強いだろうけど、家康への「源氏講釈が行われた数寄屋の庭に豊國社から伐採された松の葉が敷かれ(中略)秀吉の俳名でもあっ た松を踏みにじり、光源氏の栄華の絶頂を描写した「初音」巻を高らかに謡い上げ悦惚感に酔い痴れたと」いう解釈も…
RT @NK_medivalage16: 似鳥雄一「『通』考 -『上井覚兼日記』の言葉を読み解く-」ありがたいことにPDFが公開されてました。 https://t.co/1q4GSWonOB
RT @BungakuReportRS: 鬼束 芽依 - 考古学の先駆者としての吉田雀巣庵 : 『尾張名古屋博物会目録』を通して https://t.co/gkguhSwfAB
RT @BungakuReportRS: 阿部 邦子 - 小田野直武挿画『解体新書』附図元本調査-ワルエルダ『解剖書』 https://t.co/eLt6fsCJRS
RT @BungakuReportRS: 上田 智也ほか - X線分析顕微鏡を用いる奈良絵本「竹取物語」挿絵の点分析と面分析https://t.co/4rvQcpvyrY
RT @BungakuReport: 国語科教育/88 巻 (2020)/ 書評・内藤 一志  井浪真吾著『古典教育と古典文学研究を架橋する―国語科教員の古文教材化の手順―』 https://t.co/CPBbJlLfUg
上田 智也ほか -  X線分析顕微鏡を用いる奈良絵本「竹取物語」挿絵の点分析と面分析https://t.co/9QBgrMvCcY
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37…
RT @washou3956: メモ。『野崎専応寺文書〈大東市史編纂史料集9〉』(大東市教育委員会編、2019年3月)※大阪府大東市に所在。親鸞の弟子のひとり唯信を開基とする。内容は史料集だけど、タグはひとまず恒例のあれで処理。https://t.co/9j6w6LxYv2 #…
RT @washou3956: メモ。『野崎専応寺文書〈大東市史編纂史料集9〉』(大東市教育委員会編、2019年3月)※大阪府大東市に所在。親鸞の弟子のひとり唯信を開基とする。内容は史料集だけど、タグはひとまず恒例のあれで処理。https://t.co/9j6w6LxYv2 #…
メモ。『野崎専応寺文書〈大東市史編纂史料集9〉』(大東市教育委員会編、2019年3月)※大阪府大東市に所在。親鸞の弟子のひとり唯信を開基とする。内容は史料集だけど、タグはひとまず恒例のあれで処理。https://t.co/9j6w6LxYv2 #こんな論文が出ていたようです
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37…
#こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37)-421(46), 2019-12-01 https://t.co/D0IyN6Rp2X
縁あって『文学』の過去号を数冊もらったのだけど、未読だった論文がちらほらあった。綿田稔「足利将軍邸の障子画賛」は、玉村竹二論文について、美術史の立場から応答しようと試みたもの。https://t.co/oWRAafbg5B
RT @holy_sengoku: @shima_126 浦上祐宗については、水野恭一郎先生のこちらの論文以来、安富元家の子息という解釈で確定的な状況だと思います。『弘法寺文書』の古系図と『蔭凉軒日録』の記述内容の一致が決め手となっているようです。 https://t.co/8…
RT @washou3956: メモ。『多田院御家人と多田荘の歴史を紐解く』(猪名川町歴史文化遺産活性化実行委員会編、2018年3月)山本康司「『多田雪霜談』巻一の基礎的考察」など。そのほかの情報は不詳。刊行年が違うけど、こちらのことかしらん。追可尋記。https://t.co…
メモ。『多田院御家人と多田荘の歴史を紐解く』(猪名川町歴史文化遺産活性化実行委員会編、2018年3月)山本康司「『多田雪霜談』巻一の基礎的考察」など。そのほかの情報は不詳。刊行年が違うけど、こちらのことかしらん。追可尋記。https://t.co/yBUi3WvNUb #こんな論文が出ていたようです
@am2nkm_A 関係あるか微妙ですが、Mikael S. Adolphson氏が僧兵、というより「大衆」が多数の俗人によって構成されることを指摘しておられるんですよね(引用は衣川氏の書評です)。あくまで興福寺なんで延暦寺とはまったく異なってくるんですが… https://t.co/sFfp02fG0D
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @zasetsushirazu: 大正2年11月22日、徳川慶喜が死去。大庭邦彦「幕末政局と徳川慶喜」(『国学院大学研究開発推進機構紀要』7)曰く、慶喜は有能だが、「逆境の中で頑張ることはしない。あえて泥をかぶっても逆境を挽回しようと粘らない」点が特徴で、その点が西郷隆盛…
RT @nekonoizumi: アレクサンドル・クラーノフ「ロマン・キム―ソ連の忍者」『忍者研究』第2号(2019/8)。>RT 著者『ロシア史研究』に、「慶應義塾生ロマン・キムの運命の分水嶺としてのロシア革命」という論文 https://t.co/Lts40zRbEF が出…
PDFあり。 ⇒アレクサンドル・クラーノフ, フョードル・クバーソフ 「ロマン・キム「ソ連の忍者」」 『忍者研究』第2号(2019/8) https://t.co/nq2x78FHVq
→清水先生が書評したルイス,ゴードンの奴隷制研究(アフリカ系奴隷への注目を評価)が90s初。その後アフリカ奴隷貿易も,不足が指摘された黒海白人奴隷貿易研究も大きく発展。 清水和裕(1992)「B. ルイス著『中東の人種と奴隷』,M. ゴードン著『アラブ世界の奴隷制』」 https://t.co/1GWzmvM82H
Marmon, Shaun E.ed. 1999: Slavery in the Islamic Middle East https://t.co/aGXWe2UQ8S いま奴隷制度研究は多数あるが,近世〜近代ムスリム社会の家内奴隷やアフリカ系奴隷のより詳細な事例を扱う論集として比較的早期のものかな(研究の発展は90年代以降かな 書評: https://t.co/WtwHRJW4iv
Golden, P.B. 2001: The Terminology of Slavery and Servitude in Medieval Turkic https://t.co/sueBxrGSyj 「中世テュルク語の奴隷制・隷属に関する語彙」きになる論文。久保一之先生のこの↓論文もモンゴル帝国〜ティムール朝期の君臣関係・隷民制度を徹底追跡していた。 https://t.co/fYpg6wkyKl
J-STAGE Articles - 近代天皇制国家におけるアマテラス https://t.co/rQToIEn4lK 明治から昭和(戦前)にかけて、アマテラスを「どのように扱ったらよいか」と色々試みている試行錯誤が面白い。現状は、独占が半ば維持されている感じかな。

7 3 3 0 OA 大姫・乙姫考

J-STAGE Articles - 大姫・乙姫考 https://t.co/M1YbrZYxx6 頼朝の娘が大姫・乙姫であるのは何故か、また『浦島太郎』の姫が亀姫→乙姫、主人公が浦島子→浦島太郎となった理由について、歴史とともに変わりゆく女性の役割とリンクして説明されている。
RT @BungakuReportRS: 葛綿 正一 - 木曾義仲と享楽 : 平家物語試論 https://t.co/UZf2OcKO3v
RT @nekonoizumi: 『大衆の国民化』、『英霊』、『敵の顔』、『武器としての宣伝』、『理想郷としての第三帝国』、『丸山眞男と平泉澄』、『日本主義的教養の時代』、『「日本」への問いをめぐる闘争』、『日本主義と東京大学』等 このあたりが全部パルマケイア叢書というのがヤバ…
Gordon, M. S. & K. A. Hain 2017: Concubines and courtesans : women and slavery in Islamic history https://t.co/ekCqDtrC9g 『妾と高級娼婦:イスラーム史における女性と奴隷制度』タイトルだけで重要さが分かる論集,初期から近世まで16論文。
UCL Press軍事史叢書Warfare and history https://t.co/1ErTva6una イスラーム史は Murphey, R. 1999: Ottoman warfare, 1500-1700 Kennedy, H. 2001: The Armies of the Caliphs. Military and Society in the Early Islamic State 2点のみか。Kennedyのウマイヤ朝〜アッバース朝軍事史は良いかも。
RT @kzhr: 出ました / “日本平安期古辞書の符号化モデル: TEIをもとにした符号化” https://t.co/sr0QYrLWuh
@mukaituru @tanikabun 東京国立博物館・蔵のものですねー。ただガラシア署名はそれが唯一なので、一般化して良いのかどうかは難しいところです。基本的には細川忠興夫人の書状は、下のもののように「た」(たま)と署名されていました。 https://t.co/S5W9NXH2WJ

フォロワー(348ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kojima_sakura: 北条氏の支城、玉縄城(現鎌倉市)についての展示ですか。 ここの城主である北条氏繁が作り、子の氏勝(後に現佐倉市の岩富城主)が識語を書いている「出陣次第」という故実書を紹介したことがあります。 https://t.co/lo7DtUFuME…
RT @templeple: 源氏学継承は政治的思惑も強いだろうけど、家康への「源氏講釈が行われた数寄屋の庭に豊國社から伐採された松の葉が敷かれ(中略)秀吉の俳名でもあっ た松を踏みにじり、光源氏の栄華の絶頂を描写した「初音」巻を高らかに謡い上げ悦惚感に酔い痴れたと」いう解釈も…
RT @NK_medivalage16: 似鳥雄一「『通』考 -『上井覚兼日記』の言葉を読み解く-」ありがたいことにPDFが公開されてました。 https://t.co/1q4GSWonOB
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37…
RT @washou3956: メモ。『野崎専応寺文書〈大東市史編纂史料集9〉』(大東市教育委員会編、2019年3月)※大阪府大東市に所在。親鸞の弟子のひとり唯信を開基とする。内容は史料集だけど、タグはひとまず恒例のあれで処理。https://t.co/9j6w6LxYv2 #…
メモ。『野崎専応寺文書〈大東市史編纂史料集9〉』(大東市教育委員会編、2019年3月)※大阪府大東市に所在。親鸞の弟子のひとり唯信を開基とする。内容は史料集だけど、タグはひとまず恒例のあれで処理。https://t.co/9j6w6LxYv2 #こんな論文が出ていたようです
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37…
#こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37)-421(46), 2019-12-01 https://t.co/D0IyN6Rp2X
縁あって『文学』の過去号を数冊もらったのだけど、未読だった論文がちらほらあった。綿田稔「足利将軍邸の障子画賛」は、玉村竹二論文について、美術史の立場から応答しようと試みたもの。https://t.co/oWRAafbg5B
@shima_126 浦上祐宗については、水野恭一郎先生のこちらの論文以来、安富元家の子息という解釈で確定的な状況だと思います。『弘法寺文書』の古系図と『蔭凉軒日録』の記述内容の一致が決め手となっているようです。 https://t.co/8gP2x4rJSg
RT @zasetsushirazu: 昭和15年11月24日、最後の元老・西園寺公望が死去。十河和貴「元老西園寺公望と「憲政の常道」」(『立命館 史資料センター紀要』3、2020年)が分析の主軸に据えた中川小十郎(公望の秘書)は、公望が戊辰戦争で山陰道鎮撫総督として配下に迎え…
RT @washou3956: メモ。『多田院御家人と多田荘の歴史を紐解く』(猪名川町歴史文化遺産活性化実行委員会編、2018年3月)山本康司「『多田雪霜談』巻一の基礎的考察」など。そのほかの情報は不詳。刊行年が違うけど、こちらのことかしらん。追可尋記。https://t.co…
メモ。『多田院御家人と多田荘の歴史を紐解く』(猪名川町歴史文化遺産活性化実行委員会編、2018年3月)山本康司「『多田雪霜談』巻一の基礎的考察」など。そのほかの情報は不詳。刊行年が違うけど、こちらのことかしらん。追可尋記。https://t.co/yBUi3WvNUb #こんな論文が出ていたようです
@am2nkm_A 関係あるか微妙ですが、Mikael S. Adolphson氏が僧兵、というより「大衆」が多数の俗人によって構成されることを指摘しておられるんですよね(引用は衣川氏の書評です)。あくまで興福寺なんで延暦寺とはまったく異なってくるんですが… https://t.co/sFfp02fG0D
RT @zasetsushirazu: 大正2年11月22日、徳川慶喜が死去。大庭邦彦「幕末政局と徳川慶喜」(『国学院大学研究開発推進機構紀要』7)曰く、慶喜は有能だが、「逆境の中で頑張ることはしない。あえて泥をかぶっても逆境を挽回しようと粘らない」点が特徴で、その点が西郷隆盛…
RT @zasetsushirazu: 大正2年11月22日、徳川慶喜が死去。大庭邦彦「幕末政局と徳川慶喜」(『国学院大学研究開発推進機構紀要』7)曰く、慶喜は有能だが、「逆境の中で頑張ることはしない。あえて泥をかぶっても逆境を挽回しようと粘らない」点が特徴で、その点が西郷隆盛…
J-STAGE Articles - 近代天皇制国家におけるアマテラス https://t.co/rQToIEn4lK 明治から昭和(戦前)にかけて、アマテラスを「どのように扱ったらよいか」と色々試みている試行錯誤が面白い。現状は、独占が半ば維持されている感じかな。

7 3 3 0 OA 大姫・乙姫考

J-STAGE Articles - 大姫・乙姫考 https://t.co/M1YbrZYxx6 頼朝の娘が大姫・乙姫であるのは何故か、また『浦島太郎』の姫が亀姫→乙姫、主人公が浦島子→浦島太郎となった理由について、歴史とともに変わりゆく女性の役割とリンクして説明されている。
@mukaituru @tanikabun 東京国立博物館・蔵のものですねー。ただガラシア署名はそれが唯一なので、一般化して良いのかどうかは難しいところです。基本的には細川忠興夫人の書状は、下のもののように「た」(たま)と署名されていました。 https://t.co/S5W9NXH2WJ