うらぱん (@urapan_Rad)

投稿一覧(最新100件)

イリノテカンによる急性脂肪性肝炎 イリノテカンが阻害するトポイソメラーゼ 1 の遺伝子はミトコンドリア内にも相同遺伝子が認められる→これが阻害されることでミトコンドリアが機能不全を起こし、脂肪肝・脂肪肝炎を発症する #Rdiag #腹部 https://t.co/KD1Yww1se4 https://t.co/GodXBSozPJ
NF1に合併した肋間動脈破裂による血胸 NF1では0.4~6.4%で血管病変を合併するとの報告がある →動脈狭窄、動脈瘤、動静脈瘻など #Rdiag https://t.co/g0FM64juXh https://t.co/HisMi3UmGc https://t.co/DXUTfm6Ms3
S状結腸憩室炎による尿膜管膿瘍 S状結腸憩室炎により結腸と尿膜管が穿通し、膿瘍形成 尿膜管遺残はなし 日本臨床外科学会誌 76( 6 ),1509―1514,2015 https://t.co/5QUXGW5ZFH https://t.co/FSnVuAyMly
RT @urapan_Rad: 下咽頭に生じた放線菌症 ・放線菌症→放線菌による化膿性肉芽腫性疾患 ・腫瘤を形成し、時として悪性腫瘍との鑑別が困難 ・臨床経過から急性型と慢性型に分けられる #Rdiag https://t.co/1TnbkhKFUo 右梨状窩・内深頸リンパ…
下咽頭に生じた放線菌症 ・放線菌症→放線菌による化膿性肉芽腫性疾患 ・腫瘤を形成し、時として悪性腫瘍との鑑別が困難 ・臨床経過から急性型と慢性型に分けられる #Rdiag https://t.co/1TnbkhKFUo 右梨状窩・内深頸リンパ節以外にも肺や右副腎にも病変があり、FDG集積が見られる https://t.co/7c3df8YG1B
ミーコ先生に教えていただいたので小児放射線学会雑誌の最新版を読んでみた。 急性脳症の特集のページがすごく分かりやすい。最近AFBNとMERSで困っていたのですごくありがたい
小児の骨単純X線写真について分かりやすくまとまっている
COVID-19 に対しヘパリン投与中に筋肉内血腫を生じた例 危険因子として心不全や腎不全、動脈硬化、高血圧、糖尿病、凝固異常などが報告されている Internal Medicine https://t.co/sjLf1jXcfV 両側大腰筋に血腫、右側ではextra(青矢印)が見られる https://t.co/xVTbyigTRc
RT @R19890529: マイコプラズマ肺炎はツ反陽性の有無で画像所見が変化する。 ツ反陽性→小葉中心性陰影が主体 ツ反陰性→大葉性肺炎が主体 画像はhttps://t.co/qWTVgmRPko より引用 https://t.co/Yjxo1zGoWH
特発性正常圧水頭症(iNPH)と聴力低下 ・脳脊髄液の変動に伴い聴力も変動する(例→腰椎穿刺、ミエログラフィー、脳外科手術後など) ・CSF圧の亢進によって難聴が生じる ・iNPHに対するシャント術後に聴力が改善した報告もあれば、悪化したとの報告もある https://t.co/8IO0tbkDxw
メトホルミン長期投与によりビタミンB12欠乏が引き起こされることがある。 メトホルミン内服中にビタミン B12 欠乏による巨赤芽球性貧血をきたした2型糖尿病の 1 例 https://t.co/lA05kq32zM
メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素(MTHFR)遺伝子異常による若年性脳梗塞 ホモシステイン血症は若年者の脳梗塞をみた際に鑑別が必要な疾患である。 https://t.co/ohRWDHy7Nl 右放線冠や基底核に陳旧性梗塞が見られる https://t.co/zbE38LeI4X
multifocal dysembryoplastic neuroepithelial tumor(DNT) ・基礎疾患を有することが多い(XYY症候群、神経線維腫症I型、キアリ奇形I型など) ・術後再発時に悪性転化を認めた例やRGNTとの重複病理であった例が報告されている https://t.co/ON1cFpAkBn https://t.co/ICSADHKxT2
Invasive Mucinous Adenocarcinomaでは空洞形成や散布影がみられることがある。 https://t.co/JAO5xFxpQF https://t.co/AYQGE67s6S
特発性気腹症(non surgical pneumoperitoneum)の原因 ・人工呼吸器使用, 気管支喘息, 肺胞破裂などの胸腔内疾患 ・腹腔内臓器損傷などによる腹腔内疾患 ・性交渉後経腟的, 子宮膿腫破裂など産婦人科疾患 ・開腹術後などの医原性 ・その他 https://t.co/DMDBmsDTZa
硬膜転移に伴う硬膜下血腫の症例 https://t.co/XsPdM1QKGM
真珠腫術後に生じた側頭骨内髄膜脳瘤 https://t.co/AcUgpLQdUl
転移性肝腫瘍との鑑別を要した肝内好酸球性肉芽腫症の一例 https://t.co/wxfPyvztHL
原発性鎖骨下静脈血栓症 (Paget-Schroetter 症候群) https://t.co/sFAZHrwMGC

お気に入り一覧(最新100件)

軽鎖沈着症 ・ALアミロイドーシスのように形質細胞性腫瘍由来軽鎖が全身に沈着 ・ALアミロイドーシス コンゴレッド陽性、λ鎖が多い。 軽鎖沈着症 コンゴレッド陰性 κ鎖が多い 腎機能障害がひどい。 続く https://t.co/60YDGxitQ1 https://t.co/sbNAcZRPuK
骨サルコイドーシス ・診断されて数年たって骨病変が出現する傾向 ・手足の基節骨と中節骨に多い ・レース状、嚢胞状の溶骨性変化https://t.co/xxIc8pzZ2h https://t.co/gNQodsAr0E
25歳男性 2か月前から下痢と咽頭痛 →バセドウ病と診断 縦隔腫瘍あり。診断は? #Rdiag https://t.co/N3jXNgR5ky https://t.co/XVzappjIsI
HCVはHCCだけでなく、ICCのリスク ・HCV 関連肝硬変 600 例のICC 発生率 5 年 1.6%,10 年  3.5% ・日本の 一般的なICC 発生リスクの 1000 倍 ・図はC型肝炎IFN治療後にHCC,ICC同時発生した例 #Rdiag https://t.co/eOi4Dwoj76 https://t.co/YtEmnljcB6
耳硬化症 ✅osteodystrophy of the otic capsule ✅耳硬化症症例において術前CT所見上、約70%の症例 で、CTのみで耳硬化症の診断が可能であった→約30%は所見なし https://t.co/0K5j3PgcqX ✅Carhart の凹み を認める ✅fenestralとretrofenestralタイプがある #Rdiag https://t.co/hF2LrUsiKS
大腸癌尿管転移 ・胃癌、腎癌に次いで尿管転移の原発として大腸、直腸癌は多い。 ・粘膜下への転移となることが多く、血尿や尿細胞診悪性細胞が出にくい。 #Rdiag https://t.co/nKcNMywkyh https://t.co/IVZcDPrUoO https://t.co/ytnPXQ9U5a
乳癌の胃転移はスキルス胃癌と同じ状態になる。 ・浸潤性小葉癌術後17年後、胃転移再発 ・乳癌は治療によく反応するので診断するメリットは大きい。 続く #Rdiag https://t.co/EiEFt3qU4j https://t.co/rr5xHArJQJ https://t.co/nL4yYca2Eb
ロールキャベツ爪楊枝ごと食べがち。 ・59歳男性、原因不明の小腸炎症、腹膜炎症状、CTで異物なし(爪楊枝偽陰性)。→開腹、小腸爪楊枝穿通、膿瘍形成 ・ロールキャベツを食べた時は飲酒していた。 #Rdiag https://t.co/4QFwe6JwrF https://t.co/1YqH9mmySK
乳癌で癌性腹膜炎は起こる ・47歳女性、腹痛、腹水で開腹、癌性腹膜炎。免疫染色で乳癌転移疑い。→左乳癌があった。 #Rdiag https://t.co/tEyiGyQv2F https://t.co/NOcLEvxI6Z
粉塵暴露でサルコイドーシス/サルコイドリアクションが起こる ・60代珪肺。症状画像悪化し生検でサルコイド様肉芽。ステロイドとアザチオプリンで改善 ・9・11貿易センタービル事件で働いた消防士の一部も粉塵暴露によるサルコイドーシスに罹患した #Rdiag https://t.co/BpHW5RrTtV https://t.co/PVoBZOL9L6
皮疹出現後に同部が膨隆、CTでヘルニアなし。診断は? https://t.co/ysVehyK2uC #Rdiag https://t.co/GTu2fFkS5Y
顎正中を殴られると離れた部位が折れる ・両側下顎関節突起骨折 ・それに接する外耳道前壁が折れることも ・名前は介達骨折 #Rdiag #骨軟部 #頭頸部 https://t.co/WVySLVwmgE https://t.co/kvZiqc8O4G https://t.co/obUr7SFsqu https://t.co/sQyAO2GrLa
17歳男性 嘔吐、腹痛、Amy 1358 ”髄膜炎後のてんかん治療中” 診断は? https://t.co/Q5D6PJbEZG https://t.co/kI6Vcr4nms #Rdiag https://t.co/qpOHhoVl8n
45歳 女性 検診で胆嚢壁肥厚 診断は? https://t.co/flkH0PlMYi https://t.co/dbUUz4cSsl
L-アスパラギナーゼ(L-Asp)関連凝固障害 ✅小児ALLにおけるkey drug ✅ALL細胞増殖に必要なアスパラギンが枯渇→腫瘍細胞apoptosis ✅凝固・線溶因子も枯渇
45歳男性 長年頬を膨らます癖がある人。耳下腺気腫を起こした。 この習癖をやめるように指導して経過観察を続けてい るが,完全にはやめていないようで,現在のところ症状に著変は認められていないhttps://t.co/DItBIUYwCw https://t.co/kWy4xVTtOw
Microscopic polyangiitis 顕微鏡的多発血管炎 ✅腎、肺、皮膚、消化管を中心とした多臓器病変 ✅びまん性肺出血:30-40%、繰り返す ✅GG attenuation、浸潤影、BA束の肥厚、UIPパターンのIP(←参考URL) ✅肺気腫(22%) #Rdiag #LungRdiag 画像はKSTR case no 606 https://t.co/sJagEkbPDj https://t.co/cLIdC16FHf
NF "1"で両側内耳道拡大だと? ・2と違い腫瘍ではない ・NF1の硬膜拡張による ・難聴合併あり ・patulous canalという。NF合併しない時も、難聴合併しないときもある。 #Rdiag #頭頸部 https://t.co/1aAyIBZubz  https://t.co/hJJC97euYI https://t.co/Rfk1fJ4xHx
29歳 男性 まず発熱で受診。上気道炎の診断で帰宅。 翌日、右上腹部痛で受診。 エコーで胆嚢壁の著明な肥厚と胆嚢エコー描出時の圧痛を認めた。 診断は? https://t.co/nP8vOgqdnB https://t.co/M7rXVgfDmk #Rdiag https://t.co/vKvhfvVMpc
十二指腸Brunner腺過誤腫 画像的にそっくりな文献あり https://t.co/l1jyWMTwpI https://t.co/ITbOwgzABs https://t.co/ZsVAFK7G04
原因不明の肛門痛では仙骨をチェック。 ・図は肛門痛で受診したS状結腸癌術後4年の仙骨単発転移再発 #Rdiag #骨軟部 #消化器 https://t.co/KkToDHBqMe https://t.co/eATKNqTbZ2
虫垂炎の感染がSMVに波及、血栓を作る ・行先は肝臓なので肝機能障害がでる。 ・虫垂炎が肝膿瘍を起こす時もある。 #Rdiag #消化器 #救急 https://t.co/UOAQ7egMpP https://t.co/xwWjd9PhnN
咽頭癌ではルビエールリンパ節転移ないかチェック ・上中下咽頭どこからでも飛ぶ。 ・リンパ節転移を探すとき、頸動脈まわりや顎下しか見てないと見落とす。 ・知ってても忘れがち・・・ ・USで死角なのでCT・MRで勝負 #Bdiag #Rdiag https://t.co/69Us6a10yi https://t.co/S75Uj91fiY https://t.co/5pOFRR2k1a
PICC挿入 →胸腺静脈に迷入 →高カロリー輸液後に縦隔炎 →PICC抜去時に胸腺静脈から出血(おそらく) そんな事あるんですか。。。 https://t.co/MOdJyvid6a https://t.co/buSg5zWRA2
硬膜外血腫  ・大動脈解離を強く疑うけど何にもない時は、脊柱管内をチェック。 別症例現病歴:ゴルフプレー中の午前10時,突然背部痛が出現し増悪するため11時に救急搬入された。 搬入時,苦悶表情を呈しており心窩部痛と背部痛を 認めた。 https://t.co/dgDQQC4yMN
FDG-PETで一番大事なこと ・癌に入らないことも、良性病変に入ることもしょっちゅうある ・病変の良悪性よりも、病変の分布を確認するのがPETの主目的 #Bdiag https://t.co/eKFFSJz0I7 https://t.co/rzuG2ECaJU https://t.co/FuZLArcWrD
FDG-PETで一番大事なこと ・癌に入らないことも、良性病変に入ることもしょっちゅうある ・病変の良悪性よりも、病変の分布を確認するのがPETの主目的 #Bdiag https://t.co/eKFFSJz0I7 https://t.co/rzuG2ECaJU https://t.co/FuZLArcWrD
寝たきりの人の食道炎の意外な原因とは? https://t.co/uvxUlp3omM https://t.co/b2h70OCqHR #Rdiag https://t.co/WVMktE3JB0
鼻に発生した痛風結節の1例 ・無痛、緩徐増大。リーズナブルに腫瘍と間違われる ・病理診断後、よく見ると好発の手指や耳介にも痛風結節はあった。 ・痛風結節は冷たくなる部位にできやすい(図) #Rdiag #骨軟部 https://t.co/j2sxaiSrrT https://t.co/FRneGViWNb https://t.co/OJZRHuHLte https://t.co/sI8i1shpP1
秋季の一般演題抄録見てたら,こちらの報告のように肺分画症で腫瘍マーカー高値になることがあるんだ…
リンパ管腫?ノー。後腹膜MCNだ ・膵臓が多いが、後腹膜にもできる ・悪性転化の可能性あり、疑わしきは手術。壁が厚ければ迷わないが・・・ご覧の通り ・腸腰筋の近くにあることが多い印象(私見) #Rdiag #消化器 https://t.co/8lDsonVJUd PMID: 18309690 https://t.co/r3AIoLrDAG https://t.co/VZssSbaXwQ
甲状腺結節どこからひっかけるかツイートしたかったけど、FNAガイドラインが複雑、CTで引っかかるボリュームゾーンの高齢者にはきびしすぎ(?)て諦めた。 https://t.co/dDxbcrgEBy https://t.co/cKplZjpJ3a
NTMやIPはCA19-9上がる。他のいろんな肺の病気でも同様 ・CA19-9上がってるけど胸腹部CT、内視鏡で原発見つからない時に、NTMがあるパターンしばしばあり。 #Rdiag #呼吸器 https://t.co/4RZNtH0s1Q https://t.co/tPI7MSc7cK https://t.co/6vVTsIqIdf
画像で胆嚢に所見なし。特発性胆嚢穿孔 ・ピンホール状の穿孔。 ・画像上、胆嚢は正常ないし虚脱。腹水も被包化されない。 ・無菌性胆汁なので、症状が軽微。 ・原因不明の腹膜炎の鑑別の一つ。特に胆嚢虚脱時。 #Rdiag #消化器 https://t.co/R1CGLkmApg https://t.co/lIlFccuN2O
胃癌の総胆管転移は腫瘤形成しないことが多い ・わずかな壁肥厚と狭窄で発症。 ・乳癌も同様の転移パターンあり。 #Rdiag #消化器 https://t.co/4incZUi2nW https://t.co/MlzdapWjap
リウマチ性多発筋痛症、脊椎関節炎(添付画像はPMRだが両者FDGでほとんど同じ) ・全身関節炎でより頻度の高い関節リウマチより、脊椎後方成分の付着部炎が目立つ #Rdiag #骨軟部 #核医学 https://t.co/8KvE6CKExI https://t.co/az2es6R93O
ちなみに神経芽腫に合併したRCVSを、以前原田先生@bjtai がNR懇話会でプレゼンされてました
DICER1 症候群 ・胸膜肺芽腫,嚢胞性腎腫,卵巣性索間質性腫瘍(セルトリ/間質細胞腫が多),多結節性甲状腺腫/甲状腺癌,松果体芽腫/下垂体芽腫を含む脳腫瘍発症に関与 ・常優,40歳未満発症,胸膜肺芽腫6歳未満,嚢胞性腎腫4歳未満 https://t.co/lw4fpp4YXA https://t.co/Rhqq7UvRaH PMID:25340273 #Rdiag https://t.co/UX8ZwF1Kr7
心サルコイドーシスの典型画像 心室中隔基部の菲薄化は心サルコイドーシスに割と特異的な所見です。左室長軸像で中隔基部≦4mm±基部中隔/中隔壁圧比≦0.6を基準とすると、特異度99%(感度39%)との報告があります。 https://t.co/GsyvEsWcj0 https://t.co/CqEEWUZ5AJ
▶️新生児期や乳幼児期の頭部外傷では骨膜下血腫(頭血腫)が起こりやすい 皮下血腫や帽状腱膜下血腫と思われることがあるのですが、 頭血腫も硬膜外血腫も骨膜下に発生した血腫で、併存しやすいです どちらも原則的に縫合を越えて進展することはないのが特徴です✋ https://t.co/ZVK5wiJXzQ #Rdiag https://t.co/996fADbF8E
・造影CTで動脈相で辺縁濃染、後期で求心性に増強域拡大・増強効果↑。時に動脈相から不均一濃染や曲がりくねった血管描出 ・心膜腔を病変が充満することあり。この病変は造影MRIで放射状濃染(sun ray appearance)を呈する。 CT https://t.co/wAXKe4b3Kl sun ray appearance https://t.co/uBQHpA57lP https://t.co/jZjWKMlHnh
■VitB12欠乏による脳病変 ・非特異的白質脳症(深部白質) https://t.co/ye668HIned https://t.co/xswkredUCv ・錐体路異常信号 https://t.co/kXiFSJozcF ・両側基底核病変(+不随意運動) https://t.co/Bw43TABg33 ・大脳白質、内包、脳梁、中小脳脚 神経内科 61, 353-357, 2004
@kt_research @Momongacchi とりあえずすごい勢いでこちらを注文(読むとはいっていない)してみました https://t.co/JHn0L3fITv
仰天ニュースでスギヒラタケ脳症の特集してる。基底核脳炎の鑑別のイメージやったけど、色々パターンあるんやな。https://t.co/xHI7TfkyMy https://t.co/v0atZBwLV7
#IVR カテでマイクロワイヤーをS字 (スワンネック型)に再形成する と血管選択が上手くいく場合 ①鋭角に戻るように分岐 ②曲線の大弯側から分岐 ①のパターンの文献 https://t.co/wcYnA13QJe https://t.co/ZH1ohyuqJu
「学業成績には,LINE,Twitter,YouTubeの利用が負の影響を与えていた。つまり,これらのSNSの利用時間が増えるほど学業成績が悪くなることが示唆された。」 J-STAGE Articles - 日本の大学生のSNS利用と学業成績との関連性について https://t.co/XRy9nBpgJe
マイコプラズマ肺炎はツ反陽性の有無で画像所見が変化する。 ツ反陽性→小葉中心性陰影が主体 ツ反陰性→大葉性肺炎が主体 画像はhttps://t.co/qWTVgmRPko より引用 https://t.co/Yjxo1zGoWH
あった、これか〜 https://t.co/12TtfsnnNW いやー、これは流石に分からんちん…なんか変だな〜と思いながらIPMC possibleって書いちゃうやつ… https://t.co/dksqBr5uVW
本日の key reference 「irAE筋炎は既知の炎症性ミオパチーに分類できない独立した病型を呈する。一般的に筋炎と重症筋無力症の合併は稀、PD-1ミオパチーの特徴は両者のオーバーラップを特徴とする」 ・・確かに。 -irAE筋炎の日本語の総説 慶応より2020年 https://t.co/fH76KIxsTY https://t.co/2uOEzrU10U
若林ゆかり. 画像診断報告書の歴史と未来. 東京医科大学雑誌 2020;78:122-129 https://t.co/XSGVQZ88Rl これ面白いわ
epidermoid cystが膵内副脾から発生することもあります。 ↓画像が分かりやすい日本語の症例報告 https://t.co/ReoA8jSIRt epidermoid cystまでは放射線科・消化器科が知ってればよい気がしますが、膵内副脾については何科でも知ってて損はないかと思います。

フォロー(812ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nijuoti: https://t.co/v3jRWz0Pys ロゼックスは優れた薬であるが、腫瘍の皮膚メタにはまずは照射をすべきことを広く周知してほしい。 匂いや滲出液の根本を取る治療と対症療法との効果の差は歴然である 広めるためRT希望。(引用RTさらに歓迎)
RT @nijuoti: https://t.co/v3jRWz0Pys ロゼックスは優れた薬であるが、腫瘍の皮膚メタにはまずは照射をすべきことを広く周知してほしい。 匂いや滲出液の根本を取る治療と対症療法との効果の差は歴然である 広めるためRT希望。(引用RTさらに歓迎)
RT @makoto_B: これを見て少し調べてみた。以下、「大卒・大学院卒者の所得関数分析」という論文が出ていて、p28に学位別の生涯所得推定として学部卒2億5600万円、修士卒2億8708万円、博士卒3億6297万円と出ている。学生のみなさんはこういうのも考えて進路選択しま…
RT @nijuoti: https://t.co/v3jRWz0Pys ロゼックスは優れた薬であるが、腫瘍の皮膚メタにはまずは照射をすべきことを広く周知してほしい。 匂いや滲出液の根本を取る治療と対症療法との効果の差は歴然である 広めるためRT希望。(引用RTさらに歓迎)
RT @nijuoti: https://t.co/v3jRWz0Pys ロゼックスは優れた薬であるが、腫瘍の皮膚メタにはまずは照射をすべきことを広く周知してほしい。 匂いや滲出液の根本を取る治療と対症療法との効果の差は歴然である 広めるためRT希望。(引用RTさらに歓迎)
https://t.co/v3jRWz0Pys ロゼックスは優れた薬であるが、腫瘍の皮膚メタにはまずは照射をすべきことを広く周知してほしい。 匂いや滲出液の根本を取る治療と対症療法との効果の差は歴然である 広めるためRT希望。(引用RTさらに歓迎)
https://t.co/RNVDq622oH https://t.co/8hwxHzTNQi https://t.co/SGvPnXzXMQ
https://t.co/RNVDq622oH https://t.co/8hwxHzTNQi https://t.co/SGvPnXzXMQ
@darkhorse993022 @kakitsubata_feb ほい。 https://t.co/8hwxHzTNQi
<参考文献> https://t.co/fEHnfqEgeH https://t.co/uxFByqrJyf https://t.co/ZUZ1h0cxhB https://t.co/tnoYGFLadL ※引用先の参考文献も併せてご参照下さい。 ※COIはありません。
RT @eyetake: 我々のドライアイ研究用スマホアプリを用いたP4医療のための研究についての総説を出版いたしました。 https://t.co/n5N1J6ZguA
#本日のお勉強 点状軟骨異形成症 原因:遺伝子異常や、妊娠中(胎児の時)のワーファリン投与やSLE等 ちなみにこの症例報告は(多分)図3と図5が逆になってますので注意。 https://t.co/lumicn9xa7
<参考文献> https://t.co/qCms7KiQFY https://t.co/kMDUjxbpEu https://t.co/CwWovU8vX8 https://t.co/W293EKvgXK https://t.co/6pNXPAHz6n https://t.co/Yzhtlx44kw ※COIはありません。
<参考文献> https://t.co/qCms7KiQFY https://t.co/kMDUjxbpEu https://t.co/CwWovU8vX8 https://t.co/W293EKvgXK https://t.co/6pNXPAHz6n https://t.co/Yzhtlx44kw ※COIはありません。
<参考文献> https://t.co/qCms7KiQFY https://t.co/kMDUjxbpEu https://t.co/CwWovU8vX8 https://t.co/W293EKvgXK https://t.co/6pNXPAHz6n https://t.co/Yzhtlx44kw ※COIはありません。
<参考文献> https://t.co/qCms7KiQFY https://t.co/kMDUjxbpEu https://t.co/CwWovU8vX8 https://t.co/W293EKvgXK https://t.co/6pNXPAHz6n https://t.co/Yzhtlx44kw ※COIはありません。
【短く持ってコツコツ当てる】(2) デルタの頃の論文。 いまどうなのかは不明。 https://t.co/fQdT9sbuVT
@uniomark2 アミ口イドべータ一関連血管炎の脳病変 https://t.co/QS7KkkeOOP 実は割とあるのですかね..

フォロワー(2051ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nijuoti: https://t.co/v3jRWz0Pys ロゼックスは優れた薬であるが、腫瘍の皮膚メタにはまずは照射をすべきことを広く周知してほしい。 匂いや滲出液の根本を取る治療と対症療法との効果の差は歴然である 広めるためRT希望。(引用RTさらに歓迎)
RT @nijuoti: https://t.co/v3jRWz0Pys ロゼックスは優れた薬であるが、腫瘍の皮膚メタにはまずは照射をすべきことを広く周知してほしい。 匂いや滲出液の根本を取る治療と対症療法との効果の差は歴然である 広めるためRT希望。(引用RTさらに歓迎)
RT @nijuoti: https://t.co/v3jRWz0Pys ロゼックスは優れた薬であるが、腫瘍の皮膚メタにはまずは照射をすべきことを広く周知してほしい。 匂いや滲出液の根本を取る治療と対症療法との効果の差は歴然である 広めるためRT希望。(引用RTさらに歓迎)
RT @nijuoti: https://t.co/v3jRWz0Pys ロゼックスは優れた薬であるが、腫瘍の皮膚メタにはまずは照射をすべきことを広く周知してほしい。 匂いや滲出液の根本を取る治療と対症療法との効果の差は歴然である 広めるためRT希望。(引用RTさらに歓迎)
RT @nijuoti: https://t.co/v3jRWz0Pys ロゼックスは優れた薬であるが、腫瘍の皮膚メタにはまずは照射をすべきことを広く周知してほしい。 匂いや滲出液の根本を取る治療と対症療法との効果の差は歴然である 広めるためRT希望。(引用RTさらに歓迎)
新作です。緊張型頭痛ですでに痛み止め飲んでるときに葛根湯が急性期治療薬として役立ちそう、という報告です https://t.co/BmS6v5zPDE
RT @nijuoti: https://t.co/v3jRWz0Pys ロゼックスは優れた薬であるが、腫瘍の皮膚メタにはまずは照射をすべきことを広く周知してほしい。 匂いや滲出液の根本を取る治療と対症療法との効果の差は歴然である 広めるためRT希望。(引用RTさらに歓迎)
RT @H6eJiFlVi1uQ2lR: コロナ感染後にSIADH発症した患者さんがいる。精神科では向精神薬の副作用で薬剤性SIADHはよく診察する。 今回はドラッグフリーの患者さんだったので、半信半疑であったが、検査した結果、診断基準を満たした。 かなり驚いたが、すでに日本語…
RT @H6eJiFlVi1uQ2lR: コロナ感染後にSIADH発症した患者さんがいる。精神科では向精神薬の副作用で薬剤性SIADHはよく診察する。 今回はドラッグフリーの患者さんだったので、半信半疑であったが、検査した結果、診断基準を満たした。 かなり驚いたが、すでに日本語…
RT @kameda_gim: (引用) https://t.co/Ffphp5ZEXL (参考文献) ・J Vestib Res. 2017;27(4):191-208. ・日本めまい平衡医学会,PPPDの診断基準(Equilibrium Res Vol. 78(3) 2…
https://t.co/RNVDq622oH https://t.co/8hwxHzTNQi https://t.co/SGvPnXzXMQ
https://t.co/RNVDq622oH https://t.co/8hwxHzTNQi https://t.co/SGvPnXzXMQ
@darkhorse993022 @kakitsubata_feb ほい。 https://t.co/8hwxHzTNQi
#本日のお勉強 点状軟骨異形成症 原因:遺伝子異常や、妊娠中(胎児の時)のワーファリン投与やSLE等 ちなみにこの症例報告は(多分)図3と図5が逆になってますので注意。 https://t.co/lumicn9xa7
@uniomark2 アミ口イドべータ一関連血管炎の脳病変 https://t.co/QS7KkkeOOP 実は割とあるのですかね..