著者
後藤 隆史 東野 哲也 中西 悠 松田 圭二 我那覇 章 鈴木 幹男
出版者
一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会
雑誌
日本耳鼻咽喉科学会会報 (ISSN:00306622)
巻号頁・発行日
vol.116, no.11, pp.1214-1219, 2013-11-20 (Released:2014-01-16)
参考文献数
10

外耳道外骨腫は, 古くより潜漁夫やサーファー, 特により寒冷な地域でより長い冷水刺激に暴露された者ほど発症率が高く骨増殖も大きいとされている. 今回われわれは, 15年間にわたりサウナに通い, サウナに入った直後の冷水浴を習慣としていた3症例5耳の外骨腫に対して手術を行った. サウナ習慣者の冷水刺激に対する暴露時間は, 職業的に潜水する人やマリンスポーツをする人に比べればはるかに短いと考えられるが, 極端な高温・冷水刺激の反復が外骨腫の発生にかかわった可能性が示唆された.
著者
中西 悠喜
出版者
一般社団法人 日本オリエント学会
雑誌
オリエント (ISSN:00305219)
巻号頁・発行日
vol.52, no.2, pp.76-92, 2010-03-31 (Released:2014-03-31)
被引用文献数
1

In classical discussions on the waḥdat al-wujūd (“Unity of Existence”), absolute existence (al-wujūd al-muṭlaq), that is “existence” itself, is recognized as the one and only reality. Existence is, in this system, identified with God, i.e. the “Necessarily Existent” (wājib al-wujūd), the entire universe being conceived to be self-manifestations of it. However, in the second half of the fourteenth century, this conception of existence was subjected to strong criticism by Sa‘d al-Dīn al-Taftāzānī (d. 1389/90). According to this Timurid philosopher-theologian, identifying existence with the Necessarily Existent is impossible, because “existence” itself is merely a secondary intelligible (al-ma‘qūl al-thānī) to which nothing in the external world corresponds. Shams al-Dīn Muḥammad ibn Ḥamzah al-Fanārī (d. 1431), with whom we shall deal in this paper, refuted this attack, thereby laying the ontological foundation of waḥdat al-wujūd. The aim of the present study is firstly to cast some light on this “Taftāzānī-Fanārī controversy” from the viewpoint of “Necessity of Existence,” which plays a decisive role in Fanārī’s whole refutation, and then to elucidate the Ottoman scholar’s strategy in demonstrating the identification of existence with the Necessarily Existent. Taftāzānī’s criticism revolves around the three themes: 1. classification of existence; 2. existence of the Necessarily Existent and His distance from impurities (qādhūrāt); 3. the Necessarily Existent and unity. In refuting all this criticism, Fanārī posits a concept of “relation” (nisbah). According to Taftāzānī, “existence” is a concept of “being” (mafhūn al-kawn). According to Fanārī, existence thus understood is nothing other than the relation of “existene” itself to the “beings” (kā’ināt), i.e. the created things. Fanārī salvages the identification of “existence” itself with the Necessarily Existent through this equation of what Taftāzānī calls “existence” with the relation of existence.
著者
中西 悠斗 七丈 直弘 伊藤 泰久 杉 正夫 ルネルバホイ グエダ 太田 順
出版者
公益社団法人 精密工学会
雑誌
精密工学会学術講演会講演論文集
巻号頁・発行日
vol.2011, pp.563-564, 2011

本研究では,スケジューリング手法を用いたアニメーション制作の生産性向上に注目する.現状の制作体制を調査し,作画工程を構成する各段階での生成物と,人員の関係性をモデル化した.このモデルから課題を抽出した結果,スケジューリング手法の適用による改善が見込める課題として,制作進行が行う進捗チェックおよび作画監督が行う修正作業が律速過程となっていることを発見した.
著者
町田 智志 中西 悠 平澤 将一 本多 弘樹
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC) (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.2007, no.115, pp.71-76, 2007-11-22

Cell Broadband Engine(CBE) は,その高性能計算能力から注目を集めている.しかし,Cell プロセッサの性能を引き出すプログラムを作成するためには,Cell プロセッサ向けに用意された API を用いて,Cell プロセッサ特有の制御処理を記述する必要があり,プログラマの負担となる.そこで本研究では,POSIX スレッドで記述したソースコードを Cell プロセッサ向けに変換するツールを作成し,評価を行った.その結果,プログラマが Cell プロセッサの制御処理を意識することなく,POSIX スレッドによるソースコードを記述するだけで,Cell プロセッサの性能を活用した PPE/SPE ソースコードが得られることが確認できた.Cell Broadband Engine(CBE) with high efficiency computing power attracts attention. However, to draw the performance of Cell processor, a program must be described with API prepared for for Cell processor. In addition, it burdens programmers because the API is a thing peculiar to a Cell processor. In this paper, we developed a tool to convert the source code that was described in a POSIX thread into for a Cell processor and evaluated it. Experimental results show that the proposed tool enables programmers to create PPE/SPE source codes for Cell processor easily without discriptions to control Cell processor.