著者
佐藤 方哉
出版者
慶應義塾大学
雑誌
哲學 (ISSN:05632099)
巻号頁・発行日
vol.100, pp.275-299, 1996-03

100集記念号Currently there are two distinctively different camps in psychology or the science of "mind". One is cognitive science and the other is behavior analysis. Behavior analysts have established their own verbal community in which mentalistic statements are seldom reinforced, while cognitive scientists still remain in the laymen's mentalistic verbal community. So, scientifically productive communication between cognitive scientists and behavior analysts is rare. The author argues that the only promising way to increase the communication between cognitive scientists and behavior analysts is to expose cognitive scientists to the contingencies of reinforcement in the behavior analytic verbal community.
著者
杉山 尚子 鷲見 潤子 佐藤 方哉
出版者
山脇学園短期大学
雑誌
紀要 (ISSN:03898814)
巻号頁・発行日
vol.40, pp.1-10, 2002-12-21

Twelve male and twelve female students who rarely bake cakes were given instructions on how to beat eggs. The students were divided into three groups according to the type of instructions: verbal instructions only (VI group), verbal instructions plus a videotape of the process (beating eggs) (VI+PC group), and verbal instructions plus a videotape of the product (the beaten eggs) (VI+PD group). The VI+PC group saw a videotape of an expert beating eggs. The VI + PD group saw a videotape of the eggs when they were finished by the same expert. The duration of beating eggs was shortest for the VI+PC group, while the quality of the resulting sponge cake was the best for the VI+PD group. Although videotape is often presented as a convenient modeling tool, behavior analysts need to determine what aspects of the videotaped model are effective in training new behavior.
著者
望月 要 佐藤 方哉
出版者
一般社団法人 日本行動分析学会
雑誌
行動分析学研究 (ISSN:09138013)
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.42-54, 2003-04-20 (Released:2017-06-28)

本稿は行動分析学の立場から"パーソナリティ"の概念的分析と実証的研究の展望を試みたものである。従来、人間の個体差を示すパーソナリティ"という概念は、個体の内部にあって、その人間の行動を決定する仮説構成体と考えられてきた。この定義は現在でも広く用いられているが、言うまでもなく、行動の内的原因を排除する行動分析学からは容認できない。しかし、"パーソナリティ"について行動分析学の立場から新たな定義を与えることは不可能ではない。本橋ではパーソナリティ"に対して「特定個人の行動レパートリーの総体」という定義を、まだパーソナリティ特性"に対して「個人において安定している共通の制御変数によって制御されるレスポンデントおよびオペラントのクラス」という行動分析学的な定義を提案し、これに基づいてパーソナリティ特性"の概念的分析を行なうとともに、行動分析学的立場から行なわれた幾つかの実証的研究について展望を試みた。行動分析学は行動を制御する主要な制御変数の探求を完了しつつあり、今後は、制御変数間の相互作用の分析に力を注ぐべき段階にさしかかっている。制御変数の相互作用を解明するとき、同一環境下で発生する行動の個体差は研究の重要な糸口となり、その意味においても行動分析学における個体差研究の意義は大きい。
著者
望月 要 佐藤 方哉
出版者
日本行動分析学会
雑誌
行動分析学研究 (ISSN:09138013)
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.42-54, 2003-04-20

本稿は行動分析学の立場から"パーソナリティ"の概念的分析と実証的研究の展望を試みたものである。従来、人間の個体差を示すパーソナリティ"という概念は、個体の内部にあって、その人間の行動を決定する仮説構成体と考えられてきた。この定義は現在でも広く用いられているが、言うまでもなく、行動の内的原因を排除する行動分析学からは容認できない。しかし、"パーソナリティ"について行動分析学の立場から新たな定義を与えることは不可能ではない。本橋ではパーソナリティ"に対して「特定個人の行動レパートリーの総体」という定義を、まだパーソナリティ特性"に対して「個人において安定している共通の制御変数によって制御されるレスポンデントおよびオペラントのクラス」という行動分析学的な定義を提案し、これに基づいてパーソナリティ特性"の概念的分析を行なうとともに、行動分析学的立場から行なわれた幾つかの実証的研究について展望を試みた。行動分析学は行動を制御する主要な制御変数の探求を完了しつつあり、今後は、制御変数間の相互作用の分析に力を注ぐべき段階にさしかかっている。制御変数の相互作用を解明するとき、同一環境下で発生する行動の個体差は研究の重要な糸口となり、その意味においても行動分析学における個体差研究の意義は大きい。
著者
佐藤 方哉
出版者
慶應義塾大学
雑誌
哲學 (ISSN:05632099)
巻号頁・発行日
vol.92, pp.191-210, 1991-04

文学部創設百周年記念論文集IIThis paper is an exploration of whether psychology has developed since the time W.M.Wundt founded the first psychological research laboratory at the University of Leipzig in 1879. It is based on an analysis of textbooks in introductory psychology. The result is that only behavior analysts have written systematic textbooks, because they have a conceptual framework -contingencies of reinforcement- to integrate such topics as "sensation", "perception", "learning", "memory", "motivation", "emotion", "thinking", "language", "intelligence", "personality", "development", "social bahavior", and "abnormal behavior" within a unified whole. Behavior analysis brought the first Kuhnian paradigm to psychology after a long preparadigmatic period.
著者
佐藤 方哉
出版者
星槎大学出版会
雑誌
共生科学研究 (ISSN:18841368)
巻号頁・発行日
no.5, pp.52-58, 2009

1 0 0 0 OA 刺激般化

著者
佐藤 方哉
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
vol.31, no.6, pp.372-393, 1961 (Released:2010-07-16)
参考文献数
189