著者
柴田 芳昭 今濱 敏信 和気 敏治 関根 功 川瀬 哲也 城元 孝之 湯浅 真
出版者
Japan Society of Corrosion Engineering
雑誌
Zairyo-to-Kankyo (ISSN:09170480)
巻号頁・発行日
vol.41, no.8, pp.525-534, 1992-08-15 (Released:2009-11-25)
参考文献数
36

The effect of tannic acid on the corrosion of mild steel in boiler systems was investigated by physicochemical methods using an autoclave and a test boiler. Tannic acid was found to be a good oxygen scavenger at pH 11 as well as hydrazine and sodium sulphite. Tannic acid inhibited corrosion of steel (i) at room temperature and atmospheric pressure and (ii) at high temperature and pressure. The maximum inhibition efficiency was about 97%. The inhibiting behavior of tannic acid at pH 7 was different from that at pH 11. At pH 7, tannic acid acted as an adsorption-type inhibitor and suppressed catholic reaction of corrosion of steel. At pH 11, tannic acid inhibited corrosion of steel not only as an effective oxygen scavenger but also an effective Schikorr reaction promoter (formation of Fe3O4). Tannic acid is believed to be an effective inhibitor in boiler systems.
著者
岡村 聡 坂本 泉 金 容義 石塚 治 湯浅 真人 冨士原 敏也 藤岡 換太郎 倉本 能行 前田 仁一郎
出版者
一般社団法人日本鉱物科学会
雑誌
日本鉱物科学会年会講演要旨集
巻号頁・発行日
vol.2007, pp.7, 2007

孀婦岩構造線は,伊豆・小笠原弧を北部と南部に二分する大構造線であり,北北東―南南西方向の走向を示し,その東側斜面に沿って比高最大1500mの急崖が発達し,地殻の深部断面を観察することができる.<Br> 孀婦岩構造線の南東に位置する沢海山は,鮮新世の活動年代を示す火山フロント帯火山であり,島弧玄武岩の化学組成を示す.<Br> 孀婦岩構造線沿いに観察される地殻断面(孀婦地塊)は,後期中新世を示す塊状の溶岩・貫入岩とハイアロクラスタイト及び,それらを供給するフィーダーダイク・溶岩が観察される.孀婦地塊を基盤とする背弧側には中新世~鮮新世に活動した小海丘群が存在する.孀婦地塊と小海丘群の火成岩類は,いずれも背弧海盆玄武岩の特徴を示す点で共通するが,後者はIndian Ocean MORBタイプアセノスフェアの寄与が大きかったことを示唆する.
著者
湯浅真生 編
出版者
ひとのみち出版社
巻号頁・発行日
1935