著者
西倉 実季
出版者
関東社会学会
雑誌
年報社会学論集 (ISSN:09194363)
巻号頁・発行日
vol.2008, no.21, pp.37-48, 2008-07-20 (Released:2012-02-29)
参考文献数
21

The purpose of this paper is to sociologically examine the difficulties associated with disfigurement and the strategies for coping with this by using the life-stories of women with such facial disfigurement. The first part of this research is based on life-story interviews and examines the "lived time" of individual respondents. In contrast to Goffman who adopted a synchronic approach that focused on the fixed scene of social interaction and described how stigmatized people survive their situation, I examined the total lives of women with facial disfigurement diachronically. I found that women did not think camouflage makeup was always all-purpose. Camouflage makeup brings out both good and bad points, something that those who provide makeup service should consider in supporting those with facial disfigurement.
著者
松井 彰彦 金子 能宏 川越 敏司 関口 洋平 田中 恵美子 西倉 実季 福島 智 森 壮也 両角 良子 山下 麻衣 澤田 康幸 遠山 真世 井伊 雅子 石川 竜一郎 岡崎 哲二 澤田 康幸 清水 崇 遠山 真世 長江 亮 星加 良司 山下 麻衣 臼井 久実子 加納 和子 川島 聡 河村 真千子 倉本 智明 栗原 房江 坂原 樹麗 佐藤 崇 瀬山 紀子 長瀬 修 山森 哲雄
出版者
東京大学
雑誌
学術創成研究費
巻号頁・発行日
2007

いわゆる「障害者」のみならず、長期疾病者や顔にあざのあるユニークフェイス等、制度と制度の狭間に落ち込んでいる人々にも焦点を当て、彼らが直面する社会的障害の共通項を探った。ゲーム理論や障害学を用いた理論研究に加え、障害者団体や地方自治体を通じた障害当事者およびその家族への調査、企業を対象とした調査、長期疾病者を対象とした調査、ネパールやフィリピンでの海外調査を展開し、報告書にまとめた。