著者
松井 彰彦 金子 能宏 川越 敏司 関口 洋平 田中 恵美子 西倉 実季 福島 智 森 壮也 両角 良子 山下 麻衣 澤田 康幸 遠山 真世 井伊 雅子 石川 竜一郎 岡崎 哲二 澤田 康幸 清水 崇 遠山 真世 長江 亮 星加 良司 山下 麻衣 臼井 久実子 加納 和子 川島 聡 河村 真千子 倉本 智明 栗原 房江 坂原 樹麗 佐藤 崇 瀬山 紀子 長瀬 修 山森 哲雄
出版者
東京大学
雑誌
学術創成研究費
巻号頁・発行日
2007

いわゆる「障害者」のみならず、長期疾病者や顔にあざのあるユニークフェイス等、制度と制度の狭間に落ち込んでいる人々にも焦点を当て、彼らが直面する社会的障害の共通項を探った。ゲーム理論や障害学を用いた理論研究に加え、障害者団体や地方自治体を通じた障害当事者およびその家族への調査、企業を対象とした調査、長期疾病者を対象とした調査、ネパールやフィリピンでの海外調査を展開し、報告書にまとめた。
著者
岡崎 哲二
出版者
経営史学会
雑誌
経営史学 (ISSN:03869113)
巻号頁・発行日
vol.22, no.1, pp.62-70, 1987-04-30 (Released:2010-02-19)
著者
岡崎 哲二
出版者
経営史学会
雑誌
経営史学 (ISSN:03869113)
巻号頁・発行日
vol.20, no.1, pp.36-65,ii, 1985-04-30 (Released:2009-11-06)

In 1934 Nippon Steel Co., the biggest iron and steel business at that time, was organized through the fusion of a state-owned enterprise (Yawata Iron Works) and six private enterprises. We shall study the background and the process of the fusion to make clear its implication for the development of the Japanese iron and steel industry.Our conclusions are as follows. Firstly, integrated production of iron and steel was not more profitable than discononected operation owing to the low price of steel scrap or pig iron and the high price of coal before 1932. However, after 1932 a fall in the exchange value of the yen changed this relation of raw material prices, which made integrated production more profitable than separate production.Secondly, the fusion plan made in 1930-31 lacked rational ground, .for the planned new enterprise, which was directed to expand integrated operations, would not contribute to reducing average costs in the iron and steel industry because of economic conditions before 1932, and would produce no commercial profit during the Showa Depression.Thirdly, on the other hand, the fusion plan made in 1932-33 had rational ground. The planned new enterprise would not only show a commercial profit but also was necessary to check the rise of average costs. For although integrated production would become more profitable as aforesaid, both Yawata Iron Works and the enterprises affiliated with the zaibatsu had financial difficulty in expanding it. The direct function of the fusion should be understood to solve that difficulty.
著者
原 朗 山崎 志郎 加瀬 和俊 金子 文夫 岡崎 哲二 寺村 泰 西野 肇 池元 有一 伊藤 正直 植田 浩史 柳 沢遊 沼尻 晃伸 山口 由等 渡辺 純子
出版者
首都大学東京
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2008

本共同研究では、制度設計と市場経済の関係性の観点から、20世紀の日本経済を概観し、高度成長期の特徴を捉えた。このため、世界経済およびアジア経済の枠組み、日本の産業構造、産業組織、経済政策、企業間関係、労働市場、消費動向、消費者意識の変化について分析した。その結果、戦後世界の安定化と日本と対アジア関係の再構築、産業政策と産業調整、企業間取引、消費構造の高度化など1950年代から60年代に現れた制度設計と市場経済の安定的で特徴的な様相を明らかにした。