著者
山下 宏
雑誌
ゲームプログラミングワークショップ2014論文集
巻号頁・発行日
vol.2014, pp.9-16, 2014-10-31

将棋の歴代名人の強さを勝敗の結果と棋譜の内容から推定する。勝敗の結果から計算された2種類のレーティングは、どちらもこの20年間、羽生が最強のプレイヤであることを示した。またプロ、アマの合計6,500棋譜を将棋プログラム、Bonanza、GPSFishで解析した結果、羽生名人は大山15世名人よりレーティングで約230点上らしいことが分かった。同時に20棋譜程度で、すべての将棋プレイヤの棋力を推定できることを示した。

言及状況

Yahoo!知恵袋 (2 users, 2 posts)

YSSの開発者の論文です。 https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=pages_view_main&active_actio... この論文では羽生>大山と結論づけてます。
将棋ソフトYSSの製作者の山下さんがそのような研究を行って発表されています. 以下のURLからその論文がDLできます.なかなか面白い結果になってますよ. https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=pages_view_main&active_actio...

Google+ (1 users, 1 posts)

将棋名人のレーティングと棋譜分析 面白そうな論文

はてなブックマーク (6 users, 7 posts)

[将棋][ゲーム]

Twitter (153 users, 179 posts, 121 favorites)

>将棋の歴代名人の強さを勝敗の結果と棋譜の内容から推定する。勝敗の結果から計算された2種類のレーティングは、どちらもこの20年間、羽生が最強のプレイヤであることを示した。(山下宏「将棋名人のレーティングと棋譜分析」) https://t.co/xbWLCkEb1C
棋士別詰み見逃数(率)の表は衝撃だ。早指し戦のNHK杯では他の棋士より劣っているのに対し竜王戦に限っては異常な数値82局指して0%になっている。渡辺は竜王戦で明らかに電子機器を利用又は観戦記者の協力を得ている。出典論文8ページめ https://t.co/T8JjLpXwDJ
>表4は8棋士のタイトル戦(2日制)を基準としたタイトル戦(1日制)、NHK杯の換算Rの差である。1日制は平均で-103、NHK杯は-153の差がある。 (山下宏、「将棋名人のレーティングと棋譜分析」、GPW2014)… https://t.co/4QYcQxPqtU
過去から現在までの最強棋士を、棋譜からレーティングを作成する試み。羽生が最強なのは変わらず、という結果に。各世代での研究具合や熱量などの外部要因で棋士の強さは変わるとは言え、数字の迫力は強い◆将棋名人のレーティングと棋譜分析 - https://t.co/5SXvoMRSgJ
“情報学広場:情報処理学会電子図書館” https://t.co/14PT0DwlvV
@tw_Athyreus RTのdcsyhiについて、このような報告もあります。正体がいずれであるにせよ、漫画みたいによくできた話ですよね。 https://t.co/v1yRRiY7Ix
『不屈の棋士』に下記論文の話題があったので、初見の方にも参考になるように。 将棋名人のレーティングと棋譜分析 - 情報学広場:情報処理学会電子図書館 山下宏 著 - 2014 https://t.co/txkFPt1i42
正確には"dcsyhi の値は羽生とは 400 点離れており、dcsyhi は羽生 ではなかったのかもしれない。"でした。 > https://t.co/p7QG4bf0sH
YSSの人の論文 https://t.co/kuo8Z0Uo81
@osakei1048576 その説は恐らく正しい.この論文ではコンピュータ将棋を用いて「悪手率」をもとにレーティングを推定しているけど,羽生先生の点数がずば抜けてるのも悪手が少ないからと説明できそう https://t.co/u9N5uaoC0S
将棋名人のレーティングと棋譜分析 https://t.co/u9N5uaoC0S これ本当に面白いよね.羽生先生がいかに鬼畜なのかがよく分かるw
https://t.co/1Wnp8svMeC 面白そうなの見つけた
将棋名人のレーティングと棋譜分析 https://t.co/nMqdVRyZvz
この論文は面白い 将棋名人のレーティングと棋譜分析 https://t.co/3IXReeor2c
将棋名人のレーティングと棋譜分析. 山下宏. 雑誌名ゲームプログラミングワークショップ2014論文集, 2014, p.9-16. https://t.co/Md8wllm6EP
将棋名人のレーティングと棋譜分析 https://t.co/15EOgheYJL
最も閲覧されたアイテム / 将棋名人のレーティングと棋譜分析 http://t.co/CLdOtgk9V3
将棋名人のレーティングと棋譜分析 https://t.co/dtCcrFmAoI 山下さんの論文.女流はレベルが低いと言われつつも,清水先生の推定レーティングが坂田三吉とほぼ同じって面白いな.時代の進歩によってコンピュータと判断基準が近いということなのか,本当に互角なのか.
https://t.co/G27cfUCRGZ 面白い論文。解析されたデータを見ると、タイトル戦での詰み見逃し率で渡辺明二冠が異様に思える。にしても、羽生先生強すぎwww
将棋の歴代名人の強さを勝敗の結果と棋譜の内容から推定するという内容の論文を読んだ。昔の名人と今の名人どっちが強いかをレーティングという数字の上で比較できるのは面白い。 (読むためにはpdfファイルをダウンロードする必要あり) https://t.co/06UWlfWeEW
“将棋名人のレーティングと棋譜分析 | 情報学広場:情報処理学会電子図書館” http://t.co/bJ0wmC46og
将棋名人のレーティングと棋譜分析 <PowerPoint> http://t.co/htAAFQo0vv <論文> https://t.co/OxJhqD8o0n
将棋名人のレーティングと棋譜分析 https://t.co/N1c2e4FOEF しばらく前にツイートした棋譜から棋士の強さが数値化出来たらを実際にやっているヒトがいた
山下さん(@yss_aya)が歴代名人をレーティング分析した論文がもの凄い勢いでダウンロードされているらしい。GPSでの発表前にファミレスで色々教えていただいたが、六代大橋宗英が現代の名人に迫るほどの強さであることを初めて知った。  https://t.co/qLfjh2z8wW
将棋ファンにとっては垂涎の論文ですね。 将棋名人のレーティングと棋譜分析 https://t.co/9AhyEepgFy 他にも同じ様な事をやってくれる方がいると精度が高まるだろうし嬉しい。
おお、めっちゃ読まれてる。すごい。 山下「将棋名人のレーティングと棋譜分析 」3000ダウンロード https://t.co/mEdwyNb9Zu 大会優勝もある将棋プログラムYSSの作者の論文。 棋譜から指し手の強さ(レーティング)を推定。伝説の大山と羽生はどちかが強いか?
3830 downloads! はGPWの論文ではダントツのような http://t.co/hAwU3qM6o1
.@takodori @tkaneko 「おわりに」が言いたかったことなんですね http://t.co/QIURkVmf6i
(訂正)リンク先訂正。山下さんの論文、「将棋名人のレーティングと棋譜分析」はこちらからダウンロードできます。https://t.co/vwH7w1Hw5w
Pro Shogi Player's Rating and Game Records Analysis 情報処理学会電子図書館 https://t.co/XX4GvZieEq
この情報処理学会の分析めちゃめちゃおもろいな… →将棋の歴代名人の強さを勝敗の結果と棋譜の内容から推定する。勝敗の結果から計算された 2 種類のレーティングは、 どちらもこの 20 年間、羽生が最強のプレイヤであることを示した。https://t.co/2emKFaczxT
「将棋名人のレーティングと棋譜分析」http://t.co/yorcEpceXa あらためて読んでみたけど面白いなあ。dcsyhiの棋譜まで分析してる。
将棋名人のレーティングと棋譜分析 https://t.co/ZRe3eKfdV7  PDFファイル読んだけど面白かった。
“将棋名人のレーティングと棋譜分析 | 情報学広場:情報処理学会電子図書館” http://t.co/rEGRK6KLdx
この分析は素晴らしい。“@ginnan81: 情報学広場:情報処理学会電子図書館 https://t.co/5Q8prHCE5O #shogi 将棋プログラムYSSや囲碁プログラム彩で知られる山下宏さんによる論文「将棋名人のレーティングと棋譜分析」。面白いです。”
清水市代は坂田三吉や関根金次郎よりは強いのかワン いけるやん! https://t.co/otxXdkV1eA
“将棋名人のレーティングと棋譜分析 | 情報学広場:情報処理学会電子図書館” http://t.co/aMixsGHbc9 #将棋
将棋名人のレーティングと棋譜分析 山下宏 情報学広場:情報処理学会電子図書館 http://t.co/DOqysVMOZc ソフトに自分以上の棋力の棋士の棋譜の善し悪しが分かるかという問題はあるけれど、20棋譜もあれば棋力を推定出来るってのはすごい。面白い論文。
@zu2 https://t.co/77xws4hWNi
将棋名人のレーティングと棋譜分析(山下宏) https://t.co/GGTvrmx0jS
“情報学広場:情報処理学会電子図書館” http://t.co/Nld13vwrPu
https://t.co/lL3A16srDg 興味深い論文
「20棋譜程度で、すべての将棋プレイヤの棋力を推定できることを示した」 ってところは面白そう。棋力判定システムとして公開されたりしないものか(勝手な期待)。-将棋名人のレーティングと棋譜分析 https://t.co/J8HwjrCfQL
dcsyhiは羽生なのか? RT @ginnan81: 情報学広場:情報処理学会電子図書館 https://t.co/dWpKLiMoWc … #shogi 将棋プログラムYSSや囲碁プログラム彩で知られる山下宏さんによる論文「将棋名人のレーティングと棋譜分析」。面白いです。
情報学広場:情報処理学会電子図書館 https://t.co/sIp8BcyIz4 #shogi 将棋プログラムYSSや囲碁プログラム彩で知られる山下宏さんによる論文「将棋名人のレーティングと棋譜分析」。面白いです。
山下 宏  将棋名人のレーティングと棋譜分析 https://t.co/CkA9deE1BJ 内容はよく分からないが、羽生さんが傑出しているのは分かった 笑。あと表1を見ると、豊島さんはやはりとても強いのだなと。それは人間の実感としてもよく理解できる。
『将棋名人のレーティングと棋譜分析』 https://t.co/OrhsEwiQUH
棋譜解析の結果をレーティングに換算する話、おもしろいなあ。 解析エンジン自身のレーティング+700くらいまでだったら棋譜の悪手を認識できてそう、みたいな話とか。 | 将棋名人のレーティングと棋譜分析 - https://t.co/NgoV12yzMa
bonanzaとgpsfishでけっこう値が違って棋士の力関係が違ってる(宗歩と六代宗英とか木村義雄と塚田正夫とか)ので混乱するけれど、どっちにしろ羽生さんが抜けて強いというのはさすが。 https://t.co/Z4WTRUBXQ0
ほんとだ。。ポナンザ開発者山本さんの思いを後押ししているかのよう。"@kappamark: この山下論文アツい。「で、歴代最強の棋士は結局誰なの?」という少年の問いに正面から答えている。 https://t.co/yYmNWDJg52"

収集済み URL リスト