ksugiyama (@hobbieslab)

投稿一覧(最新100件)

村山功. (2011). 概念変化についての諸理論. 心理学評論, 54(3), 218–231. https://t.co/iv1q3usaDr
今だからこそ読んで整理されてよかった.なまじ耳学問してるせいで実はちゃんと身についていない様々な教育トピックをおさえていきたい|石井英真. (2009). アメリカにおける教育目標論の展開: パフォーマンス評価論による行動目標論の問い直し. カリキュラム研究, 18, 59–71. https://t.co/UXhjwy0Bcf
めっちゃ充実したレビュー.界隈必読.|岡田猛, & 縣拓充. (2020). 芸術表現の創造と鑑賞,およびその学びの支援. 教育心理学年報, 59, 144–169. https://t.co/dn3pkeB799
RT @ShoNakahara: 高橋勅徳(2020)「増大するあなたの価値、無力化される私:婚活パーティーにおけるフィールドワークを通じて」『日本情報経営学会誌』40(1-2), pp. 201-215. https://t.co/El2lBGqovl
RT @HAT0406: 僕の初の査読論文「ポルノグラフィ消費者によるジェンダー化されたジャンルの解釈――女性向けアダルトビデオを視聴するファンに着目して」含む、『年報カルチュラル・スタディーズ』Vol.8がWebでも公開されたようです https://t.co/uPlhYNk…
「活用の現状」が書かれるほど活用されているというのがまず面白い。レビュー結果に含まれた文献は32本。|村岡千種, & 淺田義和. (2020). 医療教育における脱出ゲーム活用の現状と課題. 日本教育工学会論文誌, advpub. https://t.co/VqzcZKZyha
「キャリアを見つめるある種の知性を生かしながら、キャリア形成してきている可能性」|相澤真一. (2018). 職業芸術家はいかに専門技能を身につけるか――海外在住芸術家のキャリア形成の教育社会学的分析. 現代社会学部紀要, 12(1), 183–224. https://t.co/rKMKSWOCLr
「テレビ放映されたアニメーション作品を題材に,スポーツ,ジェンダー,部活動に対して持たれているイメージを比較分析」 霜村光寿. (2020). アニメに見るスポーツ・ジェンダー・部活動 ―『けいおん!』と『Free!』の比較考察 ―. 実践女子大学短期大学部紀要, 41, 75–88. https://t.co/4riPmSYvuq
|小泉恭子. (2020). 音楽の聴取経験とライフヒストリー:レコード鑑賞会の参加者への聞き取り調査から. 人間生活文化研究, 2020(30), 233–244. https://t.co/MtPWe9FdhB
余暇論セミナー第50回(くらい).b-labのように中高生が音楽やダンスに打ち込める施設は行政的には「社会教育」というより「児童福祉」の範疇で行われているというのが勉強になった. 梨本加菜. (2019). 青少年の文化活動に関する考察. 鎌倉女子大学紀要, 26, 15–27. https://t.co/dNgHm2bqcS
「若者がいかに夢を追っているのか,つまり学校外での夢追いプロセスの実態が明らかにされていない」 野村駿. (2018). なぜ若者は夢を追い続けるのか:バンドマンの「将来の夢」をめぐる解釈実践とその論理. 教育社会学研究, 103, 25–45. https://t.co/Gcwt2Q8N1M
「全体的に父親が「一緒に遊ぶ」「趣味を一緒にする」ことが一番子どもに影響がある(石井クンツ, 2007b)ことからも」 佐々木卓代. (2009). 子どもの習い事を媒介とする父親の子育て参加と子どもの自己受容感. 家族社会学研究, 21(1), 65–77. https://t.co/DwF5TbeFRO
ベン図もコンセプトマップも出てくる.論理的に図をつくる勉強になる. 「本稿では,このような最近の研究展開を視野に入れて,論理推論に用いられる図形表現の多様なデザインについて概観する」 佐藤有理, & 峯島宏次. (2020). 論理の図形表現. 認知科学, advpub. https://t.co/N7ObUrZHnc
新しい論文が出ていた.STEAM夜話でも話した,STEAMの源流としてのRISD/Yakman(芸術/リベラルアーツ)がまとまっています.ここから知見をどう積み上げるかですね. 辻合華子, & 長谷川春生. (2020). STEAM教育における“A”の概念について. 科学教育研究, 44(2), 93–103. https://t.co/xxlls8K0PS
この論文鬼勉強になる|今井さやか, & 大川一郎. (2020). 塾職員が行う学習以外の相談支援の検討. 心理学研究, 91(2), 83–93. https://t.co/fcxzEaWWOy
西川麦子. (2020). イリノイ大学における教育活動とZine -主体的に学び社会と関わる-. 甲南大學紀要.文学編, 170, 89–109. 「 異なる専門分野の授業に, Zine-Making がアクティブ・ラーニングの方法として取り入れられ, 図書館においても関連するイベントが開催」 https://t.co/hyG74xgWeU
三野宮定里, & 原田泰. (2020). コミュニティの中でデザインプロジェクトが生起する過程をデザイナー視点から記述する: 貼り箱製造会社におけるデザイン実践を題材として. 認知科学, 27(2), 176–191. https://t.co/SJejQ24UQr
児島豊. (2008). 俳句にとってリテラシーの獲得とは何か――『ホトトギス』におけるリテラシー教育を中心に. リテラシー史研究, 1, 15–25. 「俳句初学者はどのようにしてリテラシーを身につけたか」 https://t.co/zX2iCYKgRX
長濱澄, & 森田裕介. (2017). 映像コンテンツの高速提示による学習効果の分析. 日本教育工学会論文誌, 40(4), 291–300. 「理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えないということが明らかになった」 https://t.co/mZcG22K75n
90年代の文献を読んだうえで読むと「これに全部書いてあるやん」という気分になる一方で,他の文献読んだからこそこの論文の話が分かるんだろう 香川秀太. (2011). 状況論の拡大:状況的学習,文脈横断,そして共同体間の「境界」を問う議論へ. 認知科学, 18(4), 604–623. https://t.co/LtidadD6hl
今もその通り運用されてるのか気になる
@sample_bang 須川妙子. (2016). 明治期以降の日本における女子教養としての料理: お稽古事としてのお料理教室のはじまりとその変容. 愛知大學文學論叢, 153, 115–130. https://t.co/R3sGkWaL1D
「『文系・理系観』が文理選択に影響を与えるのではなく,文理選択の結果として自分の立ち位置が決まることで,『文系・理系観』の形成につながる」|岡本紗知 (2020) 文系観・理系観の形成プロセスの解明―国立大学の学生を対象としてー. 科学教育研究, 44(1), 14–29. https://t.co/epcj2Wb5W8
この論文のめちゃ面白いところは「家族が個人の趣味を受け入れている状態」は家族が趣味に興味をもって干渉してくる状態じゃない,と見えてくるところ.|松浦ほか (2019) 家の中における趣味活動のフィールドワーク: コスプレ衣装製作にみる人工物と家族とのインタラクション https://t.co/9YtQV2Vxc4
RT @ikejiriryohei: 共著論文が刊行されました! 坂井裕紀, 藤本徹, 池尻良平(2019)ゲーム要素を付与したプロジェクト学習が学習意欲とキャリアビジョンに及ぼす影響. 日本教育工学会論文誌, 43(Suppl), 81-84. PDFはこちらからご覧にな…
RT @shi_terazawa: アマチュア科学者(研究者)のインタビュー調査を通じて、その研究モチベーションを探索していく論考。 CiNii 論文 -  アマチュア科学者の科学実践の継続を可能にする要因に関する探索的研究―修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチによる仮説…
【論文が出ました】杉山昂平, 森玲奈, 山内祐平 (2020)「アマチュア写真家の興味の深まりにおける実践ネットワークの関与」が『日本教育工学会論文誌』に採録されました.オンラインで早期公開されているのでぜひご覧下さい→ https://t.co/SvPzMQwSsK
須川妙子 (2016) 明治期以降の日本における女子教養としての料理――お稽古事としてのお料理教室のはじまりとその変容. 愛知大學文學論叢, 153: 115-130 https://t.co/7oX75eG2SI
大谷 (2003) 地方自治体が実施する社会調査の深刻な問題: 大阪府44市町村市民意識調査の実態. 社会学評論, 53(4): 471-484 https://t.co/VBF6jYh2gJ
田口ほか (2011) 大学授業における教授のデザインとリフレクションのためのワークシートの開発. 日本教育工学会論文誌 この論文めっちゃ好きで「ワークシートを開発する」という視点をもつと、日々なんとなく作ってしまうかもしれない人工物の可能性がパッと開けて見える。 https://t.co/qZir1rI0c9
黒田 (2012) 日本人の余暇時間 : 長期的な視点から https://t.co/p3j07iUtQB   これ読んだら、日本人の余暇時間は寿命が延びたせいもあって引退後の余暇時間はここ30年で増えているが、現役世代にとっては、休日の数は増えてても、週や1日あたりの余暇時間は減っていると書いてある。
これらの情熱に関する尺度は,2018年に日本語版もつくられている 久保, 沢宮 (2018) パッション尺度日本語版の作成および信頼性・妥当性の検討. 心理学研究, 89(5): 490-499 https://t.co/BjKFvpzm7L
溝尻真也 (2010) 「ラジオ自作のメディア史――戦前/戦後期日本におけるメディアと 技術をめぐる経験の変容」『マス・コミュニケーション研究』 https://t.co/prI9IKkULI
飯田豊 (2013) 「趣味のテレビジョン――日本の初期テレビジョンをめぐるアマチュア文化の興亡」『現代風俗学研究』 https://t.co/J2Anfe79oi
「本研究は,質的研究法で生成された仮説モデル『アマチュア科学者の科学実践の継続を可能にしている構造』(木村, 2017)を量的研究法で検証する仮説検証型の研究である」| 昆虫分野のアマチュア科学者に共通してみられる科学実践継続を可能にする要素 https://t.co/RCejTl7FT5
RT @yuuhey: 日本教育工学会論文誌・アクティブラーニング特集号に総説論文を執筆しました。前半部分でアクティブラーニングの歴史・方法と日本での受容をまとめていますので、ご関心があればご覧ください。 https://t.co/DeZj9etVHX
1947年の学習指導要領には中1の社会科に「余暇利用」についての単元があったらしい|小島大輔 (2018) 「初期社会科における「余暇」観に関する一考察 ―問題設定とその社会機能の視点から―」 https://t.co/9ri2D1AfX0
おもしろかった.まだまだ知らない趣味研究がある(レビュー不足か...)|塩見翔 (2011) 青少年の「趣味的社会化」に関する一考察 : 鉄道ファンのライフヒストリー調査から https://t.co/mv8hWq7csc
木村優里さんの「アマチュア科学者の科学実践の継続を可能にする要因に関する探索的研究」(https://t.co/d9M7fnClKO)が日本科学教育学会奨励賞を受賞されたと聞いて大変勇気づけられている
かなり重要そうな論文が出た.京大図書館のラーニングコモンズと自習スペースの比較実験で「ラーニングコモンズでは,その利用経験がある群において創造性課題の成績がより高いことが示された」論文|市村ほか (2018) ラーニングコモンズの環境要因と創造性課題の成績との関連 https://t.co/csmgBg1wF9
つけられた金額は「支払意思額 Willingness to Pay:WTP」と言い,行動経済学でも使われる概念.仮想評価法は主に環境分野で使われるみたいだけれど,「垣内ほか (2009) 美術館を対象とした市民の便益評価――倉敷市大原美術館を事例に https://t.co/hzwwJmN8VG」みたいな研究例もあるそう.
【論文が出ました】「成人の趣味における興味の深まりと学習環境の関係 ――アマチュア・オーケストラ団員への回顧的インタビュー調査から」が『日本教育工学会論文誌』に採録されました.オンラインで早期公開されているのでぜひご覧下さい → https://t.co/Q360crDvcw
「つまり学習とは観察によって創られた変化だと言える」 有元 (2013) 「学習という観察」https://t.co/CZvTZw8wNz
【参考文献】村山 (2013) 断片的知識論とその教授活動への示唆 https://t.co/yhlVyCv5lH
鉄道従業員教育というジャンルを切り開いている|山内香奈, 菊地史倫(2016)鉄道従業員向けアナウンス研修の転移促進手法に関する実験的検討 https://t.co/adZcODQ5ev
とても興味あることについて書いてあった|有元典文(2013)学習という観察 https://t.co/A8gXv7Jqcn
そしてこれ|CiNii 論文 - 知識創造実践のための「知識構築共同体」学習環境(<特集>協調学習とネットワーク・コミュニティ) https://t.co/1sUOuV81Hx #CiNii
CiNii 論文 - 認知科学と学習科学における知識の転移(<特集>知識の転移) https://t.co/pr0sepfDJU #CiNii
@sikkou14 少しだけ「移動音楽教室」について書いてあった|CiNii 論文 - クラシック音楽におけるアウトリーチ活動とそれに関わる音楽家養成の課題 https://t.co/9uVFxtAo5F
CiNii 論文 -  近代日本における企業としての劇場経営 https://t.co/NddjyHuxHO #CiNii
CiNii 論文 -  20世紀初期の日本における管弦楽レパートリー形成(4.日本をめぐる論考,徳丸吉彦先生古稀記念論文集) https://t.co/NgH7PgKNbf #CiNii
@sikkou14 ふわ研こういうのどう。2004年の『理論と方法』だって。|計算機による新聞記事の計量的分析 ―『毎日新聞』にみる「サラリーマン」を題材に―https://t.co/IubLR52JQt
CiNii論文 — 文化経済学におけるミクロ統計の活用 (ミクロ統計データを活用した文化経済学の新たな展開 https://t.co/vMqxfp4qTl
KAKEN ー 高等教育における演劇教育の実態調査と演劇的手法を使った演劇教育方法の構築 https://t.co/CC8yoJ8aNR
CiNii 論文 -  フランスにおけるダンス指導者国家資格制度 ─その概要と社会的背景─ https://t.co/MZY37rHhBK #CiNii
CiNii 論文 -  フランス コンセルヴァトワールにおける評価システム--パリ市における「音楽の民主化」政策の実際 https://t.co/zvgUwX0Q8o #CiNii
CiNii 論文 -  高等・専門教育における音楽の歴史と展望 : アメリカの大学と音楽院にみられる事例を中心に https://t.co/WqRTLg6GuN #CiNii
@_Duuun なるほど~https://t.co/9VgsQaeukp これは読んだことあります。都市と規制の問題とかはŽ興味深いと思いつつちゃんと読んではないですね
今はしないけどそのうち調べる|CiNii 論文 -  美術大学における教員免許状取得に関わるカリキュラムの研究 http://t.co/MfcaTFoqyN #CiNii
KAKEN - コミュニティ音楽における創造性に関する実践的研究.「臨床音楽学」の構築に向けて https://t.co/TVQzwlPBrM
CiNii 論文 -  集団過程におけるメタ認知の機能--メンバー間の認知,感情,行動の共有過程に注目して (特集:メタ認知研究のその後の展開) http://t.co/6AHSwjNyNs #CiNii
@hari_monga 読めるよう動いてみます。一部投稿論文にもなっているようです。http://t.co/DpYfimUHU9
CiNii 博士論文 - 1940年代素人演劇史論 : 表現活動の教育的意義 http://t.co/T6VQSqVyX6 #CiNii
これは|CiNii 博士論文 - 職業的音楽家へのプロセス : プロへの移行期における課題とその対処,変化 http://t.co/ArNUusYvWA #CiNii
CiNii 博士論文 - 舞台芸術における制作者側と聴衆のコミュニケーションに関する研究 http://t.co/vCHUguRe4a #CiNii
合宿に向けて北川フラム学を進めなければならない|CiNii 論文 -  アートプロジェクトはソーシャルキャピタル形成に寄与するか : 越後妻有と愛知の比較 http://t.co/mTYE4P8P7M #CiNii
大浦(2000)がプレミアになっていてつらい。博論は画像化されているものの。http://t.co/nTzh8lA0a6
ローマ帝政期における「破廉恥な」俳優たち--俳優の法的・社会的地位について (シンポジウム 地中海地域の碑文文化--碑文はどこまで歴史を語れるか?) http://t.co/LgXmMWLo1D
小竹信節「メディアとしての劇場」http://t.co/STsTqgXhQw|坂内太「メディアとしての劇場 -二十世紀初頭のアイルランド演劇における〈変身・変容〉のモチーフをめぐって-」http://t.co/R7K10uqYph
「演劇教育は観客を必要とするが、ドラマ教育は観客を排除する」|「ドラマ教育におけるスクリプトと観客の問題」http://t.co/NbBmYoMRBW
CiNii 論文 -  デューイとH-G・ガダマーにおける「遊び」概念の比較--芸術教育の視点から http://t.co/katSwj1b8b #CiNii
これに色々書いてあるそうです|CiNii 論文 -  ビジネス顕微鏡 : 実用的人間行動計測システムの開発(ヒューマンコンピュータインタラクション,<特集>システム開発論文) http://t.co/8vw1KDg0Z7 #CiNii
CiNii 論文 -  スポーツ選手の挫折とそこからの立ち直りの過程--男性中高生競技者の質的研究の観点から http://t.co/3QC9RvHLhM #CiNii
CiNii 論文 -  スポーツ選手の挫折とそこからの立ち直りの過程--男性中高生競技者の質的研究の観点から http://t.co/3QC9RvHLhM #CiNii
CiNii 論文 -  スポーツ組織研究の課題と展望 : 知識コミュニティとしての学会が蓄積すべき経験的事実 (特集 スポーツマネジメント研究の動向と課題) http://t.co/m9a83ImT1G #CiNii
CiNii 論文 -  青少年期の音楽経験とその後 : 「ブラバン(吹奏楽部)」と「けいおん(軽音楽部)」 (特集 キャリア形成と音楽) http://t.co/jJHpuVQM3K #CiNii
やばい|CiNii 論文 -  生活におけるゆとりが楽器を学ぶ意欲に及ぼす影響 (ICTを活用した教育・学習/一般) http://t.co/I3ZA6wVFLi #CiNii
CiNii 論文 -  K516 実践参加者の認識形成2 : 音楽知覚の社会文化的構成 : ヘビーメタルミュージック聴取者の知覚分化の様態(口頭セッション85 生涯発達) http://t.co/8wvmKMlhIf #CiNii
CiNii 論文 -  音楽に対する長期的な活動意欲を規定する要因 http://t.co/3iM5dtJM9v #CiNii
CiNii 論文 -  音楽構築の視点から捉えた他者との相互行為分析研究の展望と課題 http://t.co/txgVYYCx6T #CiNii
こういうテーマとか|水野宏美「近代の家族生活とピアノ文化」http://t.co/OB96TZOALh|本間千尋「日本におけるピアノ文化の普及 : 高度経済成長期の大衆化を中心として」http://t.co/smUO5R1wc4
こういうテーマとか|水野宏美「近代の家族生活とピアノ文化」http://t.co/OB96TZOALh|本間千尋「日本におけるピアノ文化の普及 : 高度経済成長期の大衆化を中心として」http://t.co/smUO5R1wc4
CiNii 論文 - シカゴ・モノグラフにみる調査法 http://t.co/Ewv8pMyiCF #CiNii
エスノメソドロジーを演劇ワークショップにした話。まさに芸術としての社会学、社会学としての芸術。|CiNii 論文 - エスノメソドロジー研究のパフォーマンス--質的調査研究の臨床性およびエスノメソドロジーの演劇的異化 http://t.co/6R7Zsouazx #CiNii
CiNii 論文 -  心理学的研究における統計的有意性検定の適用限界 http://t.co/YdPeNwDSpH #CiNii
CiNii 論文 -  生涯学習研究における研究主題・研究手法の動向--本学会年報・論集における研究成果の検討を中心に (特集 生涯学習研究30年--軌跡と展望) http://t.co/3j15y2acsF #CiNii
再訪|吉見俊哉・北野圭介「対談 来るべきカルチュラル・スタディーズのために 」http://t.co/jHzO0FEdVY
CiNii 論文 -  ハイブリッドサイエンスとしてのエスノメソドロジー : ミュージアムガイドロボットの開発(エスノメソドロジー・エスノグラフィ特集)<特集記事> http://t.co/TopjwTA1rr #CiNii
芸術関係ないけどこの論文が面白いのはそういう領域に踏み込んでいるような気がしたからだったと思う|CiNii 論文 - 社会運動における離脱の意味 : 脱退、燃え尽き、中断をもたらす運動参加者の人間関係認識 http://t.co/2yTHv5NAtF
9年にわたる参与観察の成果。赤ちゃんが3年生になっていく期間でのピアノとの関わり方の変化。ホームドラマ見てるみたいでちょっと感動する。|ピアノを弾きたいという動機形成は如何にしてなされるのか : 「正統的周辺参加論」の視点を参考にして http://t.co/rYHp2dIV3k
CiNii 論文 - 学術共同体ネットワークにおける参加者の中心性変化と役割獲得 http://t.co/rGXuuWiE77 #CiNii
CiNii 論文 - 学術共同体ネットワークにおける参加者の中心性変化と役割獲得 http://t.co/rGXuuWiE77 #CiNii
CiNii 論文 - ポスト80年代におけるファッションと都市空間--上演論的アプローチの再検討 http://t.co/fpsqmEFEmm #CiNii
CiNii 論文 - アクターネットワーク理論と実践コミュニテイ理論の再考 http://t.co/XidQ1fUuH6 #CiNii
地域にある110の市民吹奏楽団に質問紙調査、21団体にフォーマルインタビューを行なったもの|CiNii 論文 - 市民吹奏楽団の活動実態と支援に関する研究 http://t.co/GRwTAhKoWE #CiNii
CiNii 論文 - 伏見酒造業における酒造技術者の実践コミュニティ http://t.co/fyWjB03W3r #CiNii
CiNii 論文 - 高業績映画プロジェクトのソーシャル・キャピタル--優れた日本映画の「組」はどのような社会ネットワークから生まれるのか? (特集 ソーシャル・キャピタルの組織論) http://t.co/XmPNDMAhjq #CiNii
伊奈 正人『地域文化としてのサブカルチャー —「文化シーンの多様化」という観点から』 http://t.co/A8NxEJT9JJ
CiNii 論文 - インターネットの縁と独特の「仲間感」--ネットから Face to Face の関係になったあるファングループのエスノグラフィー http://t.co/XZ431i9CJ2 #CiNii
CiNii 論文 - ルーマンの学問システム論をめぐる一考察 http://t.co/AYkOtHfpUF #CiNii

お気に入り一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  高校生の部活動にみる音楽活動の形成過程 : 高等学校における軽音楽部のエスノグラフィーを通して https://t.co/NVjVGhQtfT
エッセイを書きました。年報社会学論集に掲載された「「嗜好品」が「趣味」と結びつくとき」をもとに書いたものです。https://t.co/vfqBcMVXco https://t.co/SfMKp6TuPt
認識論の勉強をしていてモヤモヤしていたから、EMの論文を読んで気分転換する。再訪。 相互行為のなかの「知っている」ということ https://t.co/gRwu8pHvk9
研究活動スタート支援に採用されました(題目:遠隔による音楽活動にかかわる実践的社会課題の相互行為分析)。 遠隔レッスンのエスノメソドロジー的相互行為分析を通じて、音楽にかかわる新しい実践的課題と古典的な理論的課題の両方にアプローチしたいと思っています。 https://t.co/FPLKGrs4x8
日経学会の若手セッションでやってた『いかにして英文雑誌に論文を掲載するか』を見つけた。手島先生のブログでも触れられていたみたいで他の研究者の意見も見られて楽しい。英語はあまり得意でないけどたくさん書いて鍛えよう。 論文 (PDF):https://t.co/74X7XipKN3 ブログ:https://t.co/0I2knpJ0Gt
M. カロン、F. ミュニエーザ「計算の集合的装置としての経済市場」須田・山本訳 pdfが公開されました。 https://t.co/GKBU4pOyvJ 英語版がよく知られていますが、やや内容の多い仏語版からの抄訳となっております。ご笑覧くだされば幸甚です。
一応あげとこう。 元森絵里子2012「『過労自殺』の社会学:法理論と制度運用に着目して」『年報社会学論集』25:168-179. https://t.co/HjguviujTg
CiNii 論文 -  明治前期における「研究」概念の変容と「研究所」の成立過程 https://t.co/53uEDNUKL7 …読んだ。「研究」「研究所」の用例を検討する内容。「学習」「ワザの習得」といった意味合いから、近代的な科学研究の意味が出てくるまでの経過をサーベイ。
そこに居続ける言い訳となる人工物が居心地とコミュニケーションを促進する。パリのカフェ文化におけるコーヒーの機能に近い。|言い訳オブジェクトとサイバー囲炉裏 : 共有インフォーマル空間におけるコミュニケーションを触発するメディアの提案 http://t.co/l42yyR2SGP
矢吹剣一・西村幸夫・窪田亜矢「歴史的市街地における空き家再生活動に関する研究 : 空き家活用マネジメントと地区再生への展開に着目して」。黄金町や大阪の空堀にも言及している。卒論で空き家再生に関心を持つ学生が増えている。勉強せな。http://t.co/NBEQ5Lo0AS
これは助かる。 CiNii 論文 -  学習方略に関する研究についての近年の動向 http://t.co/wxegRAKiuo #CiNii

フォロー(1300ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @HeathRossie: 一週間切ったのでチラ見せを開始する。CHAINセミナーでは、まず前半戦でカラスとハトの比較行動な研究を紹介する。これはまあ、あっちこっちで既に話しているこの総説の簡易版 + αくらいな内容 https://t.co/M8auNa1TSu htt…
【Research papers】 F113 Current Tasks and Roles for Japanese Language Teaching : A Case from University of Colorado https://t.co/gt96NFkFLh
ちなみに、日本でコスプレを研究している数少ない研究者の一人なので、政策立案のお供に拙論をどうぞ。 菊地映輝(2018)「コスプレと普段着を分けるコード」『現代風俗学研究』(18), 43-54. https://t.co/Iw0cJntIK9 https://t.co/n3Dw6AsrkW
趣味や気になったことをすぐGoogle scholarで検索する癖がありまして。 「誰もが歌舞伎役者に変身可能な『バーチャル歌舞伎システム』」へえ、おもしろい。 https://t.co/fDgnTMi9tk 発展して、ラスベガスでも「変身歌舞伎」が実現。ある種の異文化体験かな。興味が深まる体験にはなりそう。 https://t.co/8ylm6oZZ9L
松元先生の脳機能イメージング研究によると、課題開始の合図や課題を上手くこなすことができた時に見られた脳活動が、アンダーマイニング効果によって内発的動機づけが低下した後では外的金銭報酬なしには見られなくなるそうです。https://t.co/PwXRfxQvZj https://t.co/QE4EePRC7Y
【Research papers】 TheNull SubjeetParameterand the Head Parameter in Adult SLA: A Study of Japanese and ChineseLearnersof English https://t.co/iw8NyUstuH
【Research papers】 Japanese Dialects and General Linguistics https://t.co/VvN9kB8Edw
【社会心理学研究・掲載論文】小森(2018) 「ホストクラブ従業員にみられる被職業スティグマ意識と対処方略」 https://t.co/zgcoyWfmat
【社会心理学研究・掲載論文】柴田・中谷内(2019) 「主観的被害確率が犯罪不安に与える影響:階層的クラスター分析による罪種分類に基づいて」 https://t.co/Vdw6WDUWPP
RT @asarin: (#論壇)私は「普通」…陰謀論にご注意:朝日新聞デジタル https://t.co/HEX7HGyGYD 大橋恵さんの研究が紹介されています.引用がないのが残念ですが多分実社心研のこれかな→https://t.co/UHc0EoAVgg
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
【Research papers】 Katakana EdgeWrite: An EdgeWrite Version for Japanese Text Entry https://t.co/lNpFUQ7Z6y
RT @asarin: (#論壇)私は「普通」…陰謀論にご注意:朝日新聞デジタル https://t.co/HEX7HGyGYD 大橋恵さんの研究が紹介されています.引用がないのが残念ですが多分実社心研のこれかな→https://t.co/UHc0EoAVgg
【Research papers】 Japanese Sign Language Recognition System Using Image Processing https://t.co/X6hYRVzqeO
CiNii 図書 - アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhq6zcC #CiNii 現在99冊でもうすぐ100冊ですね!引き続きよろしくお願いいたします!
【社会心理学研究・掲載論文】戸谷・中島(2017) 「存在脅威管理理論におけるAffect-free claimの再考:死の不可避性に対する脅威がその後の気分に与える影響」 https://t.co/tT1phzdCeR
(#論壇)私は「普通」…陰謀論にご注意:朝日新聞デジタル https://t.co/HEX7HGyGYD 大橋恵さんの研究が紹介されています.引用がないのが残念ですが多分実社心研のこれかな→https://t.co/UHc0EoAVgg
【Research papers】 A Web-Based Approach to Improve the Learning Environment of Japanese in Slovenia https://t.co/GFFUSqgN4G
RT @ryusukematsuo: 趙星銀「戦後日本の世代論――1950年代を中心に」明治学院大学『国際学研究』57号,49-68頁,2020年10月 https://t.co/QI3lQXgbwy
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1129「災害廃棄物対策をめぐる現状と課題」(PDF:459KB)を掲載しました https://t.co/UvtfnWJsWO
【Research papers】 Revealing the Modern History of Japanese Philosophy Using Digitization, Natural Language Processing, and Visualization https://t.co/NwRI4JAbbH
【Research papers】 Japanese Sign Language Recognition System Using Image Processing https://t.co/X6hYRVzqeO
【Research papers】 F113 Current Tasks and Roles for Japanese Language Teaching : A Case from University of Colorado https://t.co/gt96NF34TJ

フォロワー(928ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @HeathRossie: 一週間切ったのでチラ見せを開始する。CHAINセミナーでは、まず前半戦でカラスとハトの比較行動な研究を紹介する。これはまあ、あっちこっちで既に話しているこの総説の簡易版 + αくらいな内容 https://t.co/M8auNa1TSu htt…
ちなみに、日本でコスプレを研究している数少ない研究者の一人なので、政策立案のお供に拙論をどうぞ。 菊地映輝(2018)「コスプレと普段着を分けるコード」『現代風俗学研究』(18), 43-54. https://t.co/Iw0cJntIK9 https://t.co/n3Dw6AsrkW
趣味や気になったことをすぐGoogle scholarで検索する癖がありまして。 「誰もが歌舞伎役者に変身可能な『バーチャル歌舞伎システム』」へえ、おもしろい。 https://t.co/fDgnTMi9tk 発展して、ラスベガスでも「変身歌舞伎」が実現。ある種の異文化体験かな。興味が深まる体験にはなりそう。 https://t.co/8ylm6oZZ9L
松元先生の脳機能イメージング研究によると、課題開始の合図や課題を上手くこなすことができた時に見られた脳活動が、アンダーマイニング効果によって内発的動機づけが低下した後では外的金銭報酬なしには見られなくなるそうです。https://t.co/PwXRfxQvZj https://t.co/QE4EePRC7Y
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
RT @asarin: (#論壇)私は「普通」…陰謀論にご注意:朝日新聞デジタル https://t.co/HEX7HGyGYD 大橋恵さんの研究が紹介されています.引用がないのが残念ですが多分実社心研のこれかな→https://t.co/UHc0EoAVgg
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
RT @genkuroki: AIC (an information criterion(笑))については赤池さん本人により解説が名調子でわかり易いです。数学抜きで理解不可能な話になっていることにも注意。 https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの…
CiNii 図書 - アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhq6zcC #CiNii 現在99冊でもうすぐ100冊ですね!引き続きよろしくお願いいたします!
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
小松美彦「生命倫理を問いなおすーー安楽死・尊厳死と生権力」https://t.co/4nRPbGLTXP 読んだのだけど、臨床の現場を見たり知見に触れたりしたら、終末期医療・人生の最終段階における医療を「医療を行わないこと」なんて言えるかな。ACPとかご存知なのだろうか。
RT @ryusukematsuo: 趙星銀「戦後日本の世代論――1950年代を中心に」明治学院大学『国際学研究』57号,49-68頁,2020年10月 https://t.co/QI3lQXgbwy
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0Hz5gWV
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWG171