Kame. Y (@kame_matsuri)

投稿一覧(最新100件)

@furoa78 久の家登美子についてご教示ありがとうございます。 オリエントのA2000番代は大西秀紀さんの以下の論文を見ても情報がなく、どういうことなんだろうと思っていました。 https://t.co/SnOPQW6xKf
「れきおん」に登録されている三匹獅子舞の囃子。埼玉県久喜市中妻の獅子舞と思われる。昭和17年作成。 https://t.co/pJ9Ji6iJDu
RT @sassa0107: 西馬音内(にしもない)盆踊りのお囃子を収録した戦前の貴重なレコード。 国立国会図書館にデジタル化されて残っているらしい。秋田県立図書館、茨城県立図書館でも聴取可能。 https://t.co/bKlE3Ize2r https://t.co/Zb…
RT @sassa0107: 西馬音内(にしもない)盆踊りのお囃子を収録した戦前の貴重なレコード。 国立国会図書館にデジタル化されて残っているらしい。秋田県立図書館、茨城県立図書館でも聴取可能。 https://t.co/bKlE3Ize2r https://t.co/Zb…
RT @marcn_298: 興味深いのであとで読む。 「筑波研究学園都市の民俗」試論 - 国立歴史民俗博物館学術情報 ... https://t.co/b4bk2XV4f6

6 0 0 0 OA 南総乃俚俗

RT @BosoSaijiki: ★南総乃俚俗 内田邦彦/大正四年五月廿五日発行 - (二)歌謠:高砂・木更津歌・鼠・東金名物・きよせ・子もり・小さい舞・鳥さし・鳥追ひ・麦搗き・ぼさま・するす・手毬 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/wO4RgN…

5 0 0 0 OA 日本歌謡集成

RT @somakuma: 日本歌謡集成巻六・コマ281・落葉集「五尺手拭」より 五尺いよこの手拭、五尺手拭中染めて おれにいよこのくりよより.おれにくりよより宿に置け。 宿がいよこのよければ、宿がよければ名も立たぬ 佐渡といよこの越後は.佐渡と越後は筋向ひ。 https://…
RT @f_nisihara: 半年前に『情報の科学と技術』という雑誌に書いた「整然データとは何か」という解説文がフリーアクセスになりましたので、読みたい方はどうぞ。整然データという概念とそれを用いたデータ共有の事例などについて論じています。 https://t.co/gED2…
RT @gengen719: 少し前に、『体育学研究』に掲載された拙稿です。御笑覧ください。 村落における武術伝承組織の検討:神道香取流を事例として https://t.co/A075gjkOLA

8 0 0 0 OA 日本民謡大観

RT @sanbikijishi: 今年は町田佳聲に関する企画展・講演会が伊勢崎市で予定されているらしい。 町田佳聲の代表作はなんといっても『日本民謡大観』。関東編の扉絵はいきなり三匹獅子(っぽい)の獅子頭。 第1巻関東篇はNDLデジコレでも読める。 https://t.c…
間々田は旧・大里郡男沼村。戦前に録音されたこの地の麦打ち唄の録音が残されており、NHKの日本民謡大観 関東篇に楽譜があり、復刻版のCDには録音も収録されており、現在でも聞くことができる。 https://t.co/wh5MVjHQR6
RT @h_okumura: 「東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究」おもしろそう https://t.co/wA1Kf1fzut https://t.co/LsaM76ajpH

お気に入り一覧(最新100件)

27 0 0 0 AICとMDLとBIC

#数楽 メモ https://t.co/WJVBekn3oH 赤池 弘次、AICとMDLとBIC(〈特集〉統計モデル選択)、1996 AIC vs. BIC というような不毛な論争があったんですね。それぞれ目的が違うということにどうしてならなかったのだろうか。

フォロー(674ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @totoro_rule: @kingbiscuitSIU これが正論に載ってたの、今だと信じられないでしょ https://t.co/naxWpEjBB8
@akiyakentar https://t.co/i8BrOda5YF これですね? ダウンロードしつつ読んでみます

12 12 11 1 OA 自動運転と法

RT @Mihoko_Nojiri: 今、第三部の部長が、自動運転についてアドバイスしてくれていて、任命拒否されて困っている、という形ででてきた一部の先生は松宮さん。 https://t.co/zBx4neaRSO

12 12 11 1 OA 自動運転と法

今、第三部の部長が、自動運転についてアドバイスしてくれていて、任命拒否されて困っている、という形ででてきた一部の先生は松宮さん。 https://t.co/zBx4neaRSO
あんれー? 『経済的厚生と「環境の価値」の 理論的考察』が行方不明である https://t.co/f665Bk3xMr
RT @Hiro_IMADA: Behavioral Trust関連の知識に自信がなかったからこの論文に引用されてる論文の方法と結果をローラーしたんだけど、それだけでだいぶ分かったような気になってきた。本当にありがたい論文だ。 TRUST IN THE FAITH GAME…
今日のような蒸暑い日には,“動物や植物” を “育成” でもするかのような話がよいであろう. ── アンドレ・ヴェイユ 『ゼータ函数の育成について』 https://t.co/va5FE3To0t
RT @miraisyakai: 多変量正規母集団からの不完全標本による母数関数推定 https://t.co/nqiuyOG1iT 「共通関数係数の最犬推定および制限付き最犬推定について扱い」 イヌ……だと……?
RT @hhayakawa: 新たに文化功労者になった大石進一さんの「なぜ精度保証付き数値計算の研究を追求したか −私の研究の原点−」 https://t.co/tAF1lSjVYa ある程度成果を挙げたソリトン理論を捨てて、次の宝の山を探す件が興味深い。
RT @genkuroki: #統計 添付画像は p.85より。pp.83-84に詳しい計算が書いてある。 https://t.co/wSDIgaOAqf の第1節 https://t.co/foCDt7FZBK p.610の右側 と同じ計算。 https://t.co/…
これもあれも・・・未だ解けていません (伊原康隆) https://t.co/WfBqj1Z5cl
RT @hhayakawa: 新たに文化功労者になった大石進一さんの「なぜ精度保証付き数値計算の研究を追求したか −私の研究の原点−」 https://t.co/tAF1lSjVYa ある程度成果を挙げたソリトン理論を捨てて、次の宝の山を探す件が興味深い。
RT @hhayakawa: 新たに文化功労者になった大石進一さんの「なぜ精度保証付き数値計算の研究を追求したか −私の研究の原点−」 https://t.co/tAF1lSjVYa ある程度成果を挙げたソリトン理論を捨てて、次の宝の山を探す件が興味深い。
すべてをゼータ関数から導き出すというゼータ主義の立場からすれば,(超弦版の)宇宙のゼータ関数を計算することは,その特殊値と振幅との関連等,大変興味あることだと思われる.(黒川信重) https://t.co/rOti8B5QGb
CiNii 論文 -  狂言の当代性--〈唐相撲〉を読み解く (特集 中世芸能研究の視界) -- (中世劇の達成と展開) https://t.co/MEbq1LosXP #CiNii
RT @jnsgsec: 電気通信大学紀要に 電気通信大学共通教育部特任准教授 赤澤 紀子 先生の 「大学入試における教科『情報』の出題の調査分析」 の論文が掲載されています。 https://t.co/YvK2lNSvca https://t.co/gkcY0xTADI #j…
RT @jnsgsec: 電気通信大学紀要に 電気通信大学共通教育部特任准教授 赤澤 紀子 先生の 「大学入試における教科『情報』の出題の調査分析」 の論文が掲載されています。 https://t.co/YvK2lNSvca https://t.co/gkcY0xTADI #j…
#超算数 「専門家」によるパーセントに関する説明の仕方についてはこのスレッドを参照。 添付画像は https://t.co/OspOAd1pJ6 より。 こういう態度で教員を育てたて子供達を苦しめ続けていることが分かっていない人達がいる。 1/100 = 1% を知っていれば十分なのに。 https://t.co/6DblS5RzAr https://t.co/qfMcxQk47B
RT @worldblue0214: 黒木玄さんが何度もツイートされているので大変恐縮ですが、本当に為になるので私も紹介させていただきます。 エントロピーとモデルの尤度 赤池弘次 https://t.co/SNIFonWQId
志村五郎氏は,1960年代の頃の,示唆に満ちた論説『保型函数と整数論』の中で,「整数論いたる所 ゼータ関数あり」という言葉で,整数論におけるゼータ関数の重要性,ゼータ関数を中心にして整数論を見ることの重要性を述べられた. https://t.co/K6FJuFnfnT

フォロワー(619ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kumagaikazuhimi: 『ハリー・ポッターと賢者の石』をホラー小説として読む https://t.co/6ww6mok3Lg #文学
@akiyakentar https://t.co/i8BrOda5YF これですね? ダウンロードしつつ読んでみます
今日のような蒸暑い日には,“動物や植物” を “育成” でもするかのような話がよいであろう. ── アンドレ・ヴェイユ 『ゼータ函数の育成について』 https://t.co/va5FE3To0t
RT @hhayakawa: 新たに文化功労者になった大石進一さんの「なぜ精度保証付き数値計算の研究を追求したか −私の研究の原点−」 https://t.co/tAF1lSjVYa ある程度成果を挙げたソリトン理論を捨てて、次の宝の山を探す件が興味深い。
これもあれも・・・未だ解けていません (伊原康隆) https://t.co/WfBqj1Z5cl
RT @hhayakawa: 新たに文化功労者になった大石進一さんの「なぜ精度保証付き数値計算の研究を追求したか −私の研究の原点−」 https://t.co/tAF1lSjVYa ある程度成果を挙げたソリトン理論を捨てて、次の宝の山を探す件が興味深い。
すべてをゼータ関数から導き出すというゼータ主義の立場からすれば,(超弦版の)宇宙のゼータ関数を計算することは,その特殊値と振幅との関連等,大変興味あることだと思われる.(黒川信重) https://t.co/rOti8B5QGb
志村五郎氏は,1960年代の頃の,示唆に満ちた論説『保型函数と整数論』の中で,「整数論いたる所 ゼータ関数あり」という言葉で,整数論におけるゼータ関数の重要性,ゼータ関数を中心にして整数論を見ることの重要性を述べられた. https://t.co/K6FJuFnfnT

15 15 14 0 常微分方程式

RT @Paul_Painleve: 竹之内脩「常微分方程式」といえば,たぶん秀潤社(1977) https://t.co/yjUxb6wOWt 求積法・存在一意・力学系の入門・級数解法→複素領域と,基本的なところを押さえてある。序文にある通り,Strum-Liouville境…

15 15 14 0 常微分方程式

RT @Paul_Painleve: 竹之内脩「常微分方程式」といえば,たぶん秀潤社(1977) https://t.co/yjUxb6wOWt 求積法・存在一意・力学系の入門・級数解法→複素領域と,基本的なところを押さえてある。序文にある通り,Strum-Liouville境…