suisei_sensei (@shoemaker_levy)

投稿一覧(最新100件)

ん、アクセスできない感じですか? https://t.co/oJsD0BDnyH
でこの腸チフスのリスクを低減するために東京府が採用するのは上下水道の整備最優先では実はなくて、伝統的な屎尿くみ取りのシステムを公的に援助して活用することで、それがそこそこ成功する。イギリス的な公衆衛生向上モデルは東京には当てはまら… https://t.co/jjRUpL3e8G
志樹逸馬といえばこの論文があったね。 宮下祥子「鶴見俊輔のハンセン病者との関わりにみる思想 : 1953~1964年を中心に」『同時代史研究』10号、2017年 https://t.co/BPjlNnr9jU
ちなみにこの記事に出てくる近世京都の癩者(ハンセン病者)については横田則子「「物吉」考:近世京都の癩者について」『日本史研究』352号(1991年)が元ネタで、これを超える近世日本のハンセン病史の事例研究は未だにでておりません。 https://t.co/qbWVO4IY67
小麦の代用品として試してみる系 https://t.co/IaXCQnGB3t https://t.co/oChnS891HE https://t.co/bjxSZ4pu02
CiNii収録の最古のタピオカ論文(1925年) https://t.co/bbKV5BiLbF https://t.co/BDKssgZHpn
大会企画、ひとつはこちらの研究との関係ですね。「児童福祉施設アーカイブズの確立とその有用性」 https://t.co/s3I6E8KyBB
面白かった。中台の政治情勢や観光地化、保健衛生施策などが、馬祖列島(台湾)の住民の腸管寄生虫症の改善にどのように作用したか。>井上弘樹「離島社会と寄生虫症―20世紀後半の馬祖列島における腸管寄生虫症の蔓延・対策・抑制の歴史」『社会… https://t.co/OWthskDH0d
RT @ke_1sato: 拙文がオンライン公開されました。ご笑覧・ご批正頂ければ幸いです 佐藤賢一「東京大学総合図書館所蔵和算書籍群の構成について 」『電気通信大学紀要』31巻1号(2019) https://t.co/V4BPFhaSnU
それとこちらの鈴木則子(2018)論文が、すみだ北斎美術館が復元した葛飾北斎画「須佐之男命厄神退治之図」に描かれた病が何であるのかを説得的に推定していて、大変有り難い論文であった。 https://t.co/wt51cSf3Qx… https://t.co/gG2gHhSMIc
この論文(道下・梅本・山口2005)面白いんだけど、日本の民家の庭にどんな植物が多く見られるかを調べた研究で、伊豆半島の場合、雑草を除く有用植物ではドクダミ>ナンテン>ヒラドツツジがトップ3。同じ著者らの紀伊半島と平戸調査ではナン… https://t.co/Y3m0KSwGuG
ちなみに大庭健氏がらみではこういう史料紹介がありまして。ご関心の向きはどうぞ。CiNii 論文 -  湯浅治久「土佐山内氏家臣大庭氏の中世系譜認識と「軌跡」 : 大庭健氏蔵『大庭氏世系図』の紹介を兼ねて」 https://t.co/1MTdvodmKo #CiNii
これなんですが、英語で読み通すのつらいという方はご本人がこちらで日本語で内容をダイジェストで紹介されていますのでぜひ。 エーラス マーレン「近世大野藩における貧困と救済」『部落問題研究』221号、2017年… https://t.co/Lcc34APKL6
黄表紙的善玉悪玉表現の明治期バージョン。 https://t.co/2DhBMdbJzM https://t.co/IaVFvKyTur
田村俊行氏の既発表論文。今後も注目の研究かと。「19世紀後半イングランドにおける篤志病院のヴォランタリズム : 接触伝染病予防法の交付金に着目して」『西洋史学』264、2017。「一九世紀イギリスの売春統制 : 伝染病法の制定過程… https://t.co/bP84Hiwe0C
RT @nihonsi: 1946年に井上清が「ドンと」という表現を作り出したという。なかなか衝撃的 →茂木陽一「竹槍でドンと突き出す二分五厘」考 https://t.co/58AP2ntezS
リポジトリで公開されていた。https://t.co/OcppnfWeZB 横山百合子「資料紹介「梅本記」: 嘉永二年新吉原梅本屋佐吉抱遊女付け火一件史料の紹介」『国立歴史民俗博物館研究報告』200号、2016年。
RT @parrot_paganus: 芳澤元「「経帯麺」の初見 : ラーメンと室町文化」 https://t.co/AnKNCXcrWd #CiNii 新横浜ラーメン博物館が室町時代に食された「経帯麺」がラーメンのルーツだとしたのに対して、それよりもさらに120年前の南北朝時…
女性史の困難さの理由として、女性に関する歴史資料が多くないことがよく挙げられるが、それは本当なのかを日本史領域で考察するのがこちらの論文ですね。久留島典子「女性に関する史料は少ないのか」『歴史学研究』952、2016 https://t.co/qIBKnnyEIf
なんか変な論文見つけてしまった。>CiNii 論文 -  脳動脈瘤が霊的施療により解消した一症例(研究発表,第25回生命情報科学シンポジウム) https://t.co/CrL2PAzlE5 #CiNii
典拠はこれ。加藤聖文「喪われた記録─戦時下の公文書廃棄」『国文学研究資料館紀要アーカイブズ研究篇』1号、2005年 https://t.co/fE1vuVbhEf
RT @ke_1sato: たまには、自分の専門分野についてのお知らせ。。。 うちの紀要に1本書きました。ご笑覧頂ければ幸い。 「建部賢弘『研幾算法』による弓形の弧長の導出式の復元について」 https://t.co/XMpX7UnAvB (縦書きの物を横書き二段組みになどし…
及川英二郎論文。わりと面白く読んだ。CiNii 論文 -  中央線が直線であることの植民地主義的な意味 : 社会科・地歴教材開発の観点から https://t.co/ijIVGxRq2l
あとまあ江戸時代には、竜の生態の謎についてとかそもそも竜骨は本当に竜の骨なのかとか日本に竜はいないが日本産の竜骨は何の骨やねんとか象の骨だろとかの論争があったらしい。 https://t.co/wGPGALpnjc

2 0 0 0 OA 婦人護身術

NDLではモノクロ画像で提供 https://t.co/LciTIqN8OM
CiNii 論文 - いわゆるモナリザ文に対する国語教育学・国語学の共同的アプローチ(自由研究発表) https://t.co/AKPy5u3Ovj モナリザ文とはねじれ文の一種である「この絵の特徴は、どの角度から見ても女性と目が合います」を指すとの由。モナリザ文…。
まあ滅茶苦茶ですよね、現存する神社が1000年以上そこにあるはずとか、その祭神もずっと変わらないとかありえないし、ちょっとしたトンデモ。こういうことにならないために学際的な災害史の共同研究があり、実際もっとまともな研究になっている。 https://t.co/zM3s8eOkWR
RT @knada40: TLに流れてきた「東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究」の内容の粗さに驚く。民俗学や中世〜近代史の人はどう思うのか。これで査読が通るとは...... https://t.co/2gnt8WVnoo
科研費研究の課題名、こういうのでもいいのか。 https://t.co/326OG1VHPu
服部之総、『花王石鹸五十年史』(1940)なんて書いているのか(書誌では花王石鹸五十年史編纂委員会編)。知らなかった。めっちゃ面白そうなんですけど。 https://t.co/1b6DpuQIM3
RT @shoemaker_levy: 吉村豊雄「天草四郎の実在をめぐって」(2005) http://t.co/fXqShHTMuz について、前から日本近世史の人の評価とか定説への影響はどうなっているのか聞いてみたいと思っているのですが。素人目にはそれなりに説得力があるよう…
論文というよりエッセイだけどわりと面白かった。>CiNii 論文 - 医療者間で使われるドイツ語隠語の造語法に関する考察 https://t.co/orbBbRSHA0
もちろん近デジで閲覧可能。第三編「第十三章 変災救護」が災害救助関係。 https://t.co/m6D9M1z5vH
西村慎太郎「東日本大震災で被災した医学書と近世在村医-福島県双葉町泉田家文書の世界-」『国文研ニューズ』No.42 WINTER 2016 https://t.co/TxrKoiyHkA

12 0 0 0 OA 官報

1923年9月2日、関東大震災翌日の官報。印刷所被災のため、手書きの謄写版で発行された。国会図書館デジタルコレクションより。 http://t.co/xPNP0c2mMj http://t.co/TgBmFNVWDS
石原あえか「近代医学と人形 : ドレスデン国際衛生博覧会 (1911) に出展された日本の生人形と節句人形」『言語・情報・テクスト : 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻紀要』21, 2014 http://t.co/82o6OhoJ9z
RT @yusaku_matsu: CiNii 論文 -  "労農牛乳"を軸に農協運動(わたしの農協経営論-17-) http://t.co/J8T47eJgW0 #CiNii
この発想はなかった、すごい。>「「現代日本語をくずし字にした教材」であれば、学習者も楽しく学べる」福嶋, 健伸「くずし字を楽しく学ぶための教材の開発―第二言語習得理論を参考に『定家本 ○○』を作成する―」 http://t.co/KNJL1ihk3r

31 0 0 0 OA 司法資料

日本の入れ墨は画像のような刑罰としての入れ墨をごまかすために発達した歴史があるわけで、他の国にもそういう方向性の入れ墨の「消し方」があったのかを前から知りたいと思っている http://t.co/cwdmcEpfyq http://t.co/OPg3Eu7Jna
日本語文法学会誌『日本語文法』の 査読システムの改善をお願いする ―「学界水準が弱者を守る」という思想― http://t.co/ZTn5JYeOwx 広く査読に関わる論として面白かった。しかし(諸般の事情があるにせよ)その内容を他誌(紀要)に載せるというのは…?とちょっと思う
まあ日本でもこういうのがあったわけで(1977年ですよ)。→小山有子「阪大ジーパン論争再考 一九七七→二〇〇七 : 女性と服装をめぐる議論の矮小化と隠蔽」 http://t.co/guYOVkDWZm
おもしろかった。というか助かった。 伊勢田,哲治「ウィッグ史観は許容不可能か」Nagoya Journal of Philosophy, 10, 2013 http://t.co/W9smbWNtPo
「大正10年における乳幼児死亡率改善」と「後藤新平」~専門知とは何か~」 http://t.co/XpjDIVqZFn 後藤新平の話はともかく…、水系感染症と上水道の話は永島剛論文 http://t.co/rAK6gAVmA7 を読んでいただきたい。東京の上水道はコレラ予防には→
まじめな研究はこれぐらい。>CiNii 論文 -  青森市における運動量確保に関する研究 : 非積雪期と積雪期の比較から http://t.co/qJ1pBR9osa
この論文 http://t.co/c5ia3phQ79 p151で、昭和初期の旅行ジャーナリスト松川二郎が、スキーをたしなむ高田の芸妓が「新米の有髯男子を後へに摚着たらしめたり」しているのは「いかにもスキー国の花柳婦人らしいではないか」とかいってるところが面白い。髯とスキー。
その前身である→湯川・朝永・坂田記念史料の整理および史料記述データベースの整備 2008年度~2010年度 科学社会学・科学技術史 基盤研究(A) http://t.co/j1WPrDBZnB 成果公開は→ http://t.co/s3cYwT3g2H
湯川・朝永・坂田記念史料から分析する日本の素粒子物理学者の系譜 2011年11月18日~2014年3月31日(予定) 科学社会学・科学技術史 基盤研究(A) http://t.co/L8LhkZ3OUN
国会図書館関西館小展示(第15回)「日本酒の近代化と洋酒の国産化」2月20日(木)〜3月29日(土)日本酒と洋酒の二つの潮流を軸に近代以降日本人がどのように酒造りに取り組んできたか、社史や年史類も織り交ぜながらその足跡をたどる http://t.co/03ul48f8so p34
で、籾井さん、大幅におかしなことはいってないけど(中身ゼロに近い)、この人に国際性とかいわれてもなというのは、まあ、ある。籾井 勝人「大学教育についての産業界の考え (特集 大学教育の分野別質保証に向けて--日本学術会議からの報告)」 http://t.co/eL38XEmmWd
細川さんの幅広いお仕事はまだまだあって、これとか>山本まさはる「千日前ドリーミング ヘビ食い少女」と林静一「大道芸人」--マンガと見世物 http://t.co/HgQPlvy1uW このへんとか> http://t.co/OM4jnT99lN
あとこれとか>ハンセン病と勃興期の探偵小説--正木不如丘と小酒井不木 (特集 まだ終わっていないハンセン病問題) http://t.co/lcs91zKFoQ これとか>米田三星論ノート--探偵小説と医学 http://t.co/LK3X7dGKIh
あとこれとか>ハンセン病と勃興期の探偵小説--正木不如丘と小酒井不木 (特集 まだ終わっていないハンセン病問題) http://t.co/lcs91zKFoQ これとか>米田三星論ノート--探偵小説と医学 http://t.co/LK3X7dGKIh
小栗虫太郎といいますと細川涼一さんのこのような論文がありまして>CiNii 論文 -  探偵小説とハンセン病--国枝史郎・小栗虫太郎・橘外男 (特集 差別の構造) -- (医療という装置) http://t.co/JBiPzYu95P #CiNii
吉村豊雄「天草四郎の実在をめぐって」(2005) http://t.co/fXqShHTMuz について、前から日本近世史の人の評価とか定説への影響はどうなっているのか聞いてみたいと思っているのですが。素人目にはそれなりに説得力があるように思える。
記事にある「2010年度、文部科学省の助成金を受けて、骨つぼや骨箱を一つひとつ開けて内部も調べ、今年6月調査結果を報告」というのはおそらくこの科研費研究 「旧真田山陸軍墓地内納骨堂の悉皆調査から見る「戦没者慰霊」の歴史的実相」の一貫 http://t.co/LpOXCU3t6E
@nobuko_kosuge この歌、いろんなところにあるんですね。この論文の9頁~に広島バージョンの考察が載っています。 http://t.co/mKlvyNpMEC
有名な梗概なんですね。論文にならなかったんでしょうか。。RT @schlieffen_plan: shoemaker_levy こういう伝説の梗概もございます。。http://t.co/bwp2Saelna
ほんとだ、手書き論文デジタル化されとる> http://t.co/ggA5HSHLvU
RT @Mihoko_Nojiri: 検索したらリンクでてきたので、はったけど、開けてみたら手書きだった. RT @Mihoko_Nojiri: 538 アルキルフェノールによる皮膚白斑症の労働病理学的研究 : 第1報 皮下注射実験 http://t.co/Mknjt9R7sf
質的データとしてのライフストーリーのアーカイヴ化と<調査遺産>継承の経験的研究 研究課題番号:23530619 https://t.co/xNzEUJkCDd
結核予防会総裁みずからこんな論文書いてはるのか。>CiNii 論文 -  最近の結核に関する意識と予防行動について : 結核予防婦人会講習会・講演会参加者の調査より http://t.co/k8UyzackfJ #CiNii
『医事学研究』1号から16号まで石渡隆司氏らによる翻訳が連載されてた。オープンアクセスで。>ケルスス『医学論』(1)(古典医学書翻訳) http://t.co/lJJZlCG6 #CiNii
@yuko_matsuzaki @akihito_suzuki 面白かったです。ありがとうございます。写真の日本人女性は岡見京子ですね。この論文にも同じ写真が掲載されており、3人の女性についての説明があります。> http://t.co/dxJz0tvs
CiNii 論文 -  探偵小説とハンセン病--国枝史郎・小栗虫太郎・橘外男 (特集 差別の構造) -- (医療という装置) http://t.co/jm6QK9iJ #CiNii
吉長真子「戦後岩手の農村保健運動における乳幼児死亡問題と嬰児籠 : 『岩手の保健』誌の分析から」エジコの持たされた意味の多面性が面白い。「幼児の安全地帯」「忍耐力養成器」、「クル病」と乳児死亡率全国1位の原因、「東北の貧困」の象徴でもあり http://t.co/Ip97S6qH
『原爆と広島大学 : 生死の火 学術篇(復刻版)』(広島大学学術情報リポジトリ) http://t.co/zAvyLYKZ 被爆医療の研究・記録だけでなく人文科学編も。塩崎稔「原爆被災資料の問題をめぐって―広島大学と「被災資料センター」―」 含む
RT @Hlao: 北窓瑣談で検索したら、意味のわからないページでてきた・・・ http://t.co/1GSNKbLP
地震で堆積物からみる歴史が注目されているようだけど、大阪城の堀に堆積する炭化物から、近世大坂の火事に明治期の煤煙、大阪大空襲の灰の痕跡までを明らかにする研究もある。年代推定の指標は核実験で飛散したCs137。→ http://t.co/JS7iw2mH
やっぱり当然のようにあった>渡辺 由紀子「童謡詩人 金子みすずの病跡--とくに風土,死生観の観点から」 日本病跡学雑誌 (54), 23-32, 1997-12 http://t.co/y2NWMmX3

お気に入り一覧(最新100件)

黒野 伸子・大友 達也 -  奈良時代における疾病観、医療観の重層性-山上憶良、大伴家持の作品にあらわれる病の記述から- https://t.co/sTTSKw8dB5
で、1990年に発生した外国人による婦女暴行デマについての論文読んでたら、著者がコミケ準備会共同代表と同姓同名で一瞬ビビったw → 市川孝一「外国人による婦女暴行デマとその背景」 https://t.co/VLTXuMDJh7

50 1 1 0 OA 俺の自叙伝

「俺のフレンチ」とかを見るといつも思い出すのが大正時代のロシア人ハーフ作家大泉黒石の『俺の自叙伝』。大正時代にこのタイトルも凄いが、デビュー作にこのタイトルをつけるのも凄い。息子は俳優の大泉滉。近デジで読めます。序文も凄いなあ。… https://t.co/qcYl7kmqEd
山田勝芳「満州事変発生地名の再検討―『柳條溝』から『柳條湖』へ」『東北アジア研究』14号(2010年)https://t.co/Z1Vy2DW4cN 地道に調べておられる感じがよい論文でした。
あとで読む→CiNii 論文 -  社会の中のアーカイブと研究者の責任-地域資料の保存・活用の実践が目指すもの- https://t.co/FZGjgQYySi #CiNii
すでに昨夕からメディアで報じられている,福島の乳児ら2707人の内部被ばく検査で一人もセシウムが検出されなかったという結果の論文が,日本学士院の英文査読誌に掲載されました.http://t.co/WPhuSrQ7EB https://t.co/jwgiXQQlaI
ノーベル賞医学生理学賞受賞の大村智さんの仕事をチラリ知りたい人に(日本語、無料)→CiNii 論文 -  大村智先生熱帯病現地視察の随行記(話題) http://t.co/UG7mtxo5x7 #CiNii

60 0 0 0 OA 征虎記

@hkazano 「どうだ明るくなったろう」の山本唯三郎は朝鮮半島に遠征して虎や豹を狩り、帰国後は帝国ホテルで盛大な試食会を開いたという。写真集「征虎記」は近代デジタルライブラリーで読める。http://t.co/4giQ80k1Ph http://t.co/eGJsT88fTN
昭和5年 労働闘争、集団自衛、平和活動などガリ版新聞に使える漫画カット集 http://t.co/zjH93BssE9 日本プロレタリア美術家同盟「プロレタリアカット漫画集 : 闘争ニュース用」が読める 用途職種別 素人印刷術付き http://t.co/bpBwZf0J5u
本当に。いちばん本質的なところを、ズバッと射抜いていらっしゃると思います。文章には力があるし。RT @ando_ryoko: 自分で言うのもなんだけれど、よく書けていると思う。文章的には、もう少しこなれていていいと思うけれど。 https://t.co/DhAfk7H397
3.11後の情報の混乱を扱った私の拙い英語論文,やっと出た。無料 https://t.co/YUcxSltmXY
昭和9年のミッキーマウス。『ミツキーの手柄』(文英堂出版社、1934年)。ちょうど80年前。「近代デジタルライブラリー」で全文が読める。→http://t.co/JFSHUCxTPo http://t.co/YH8a5p5KMP
ついでに。学海探究之指針は二種公開されてるけど、奥付の日付の組み方が微妙に違った(廿八日の部分)。 http://t.co/hNWOQZCOsc http://t.co/i10SFSarc3 こういうバリエーションは他にも色々あるんじゃないかなあ。
ついでに。学海探究之指針は二種公開されてるけど、奥付の日付の組み方が微妙に違った(廿八日の部分)。 http://t.co/hNWOQZCOsc http://t.co/i10SFSarc3 こういうバリエーションは他にも色々あるんじゃないかなあ。

13 0 0 0 OA 地理論略

主張の是非はともかく、明らかに奥付の版組が違うのに同じもの扱いしているのは… http://t.co/utO0dWTjNN 明治期の活版本には江戸期の木版本と同様、かなりのバリエーションが存在する、という知識が共有されていないのだとしたら、かなり心配。
(再掲)福島の内部被ばくはチェルノブイリ事故から想像されるよりもはるかに低い.早野坪倉宮崎による英文査読付き論文 http://t.co/qCmBoNod10 日本語抄訳 → http://t.co/7OCOXt1rOj 東大HP → http://t.co/9Wa8aCgC5q

10 0 0 0 OA 浮浪者を語る

昭和8年、東京市に勤める工藤英一が大恐慌下の帝都に蠢く浮浪者達を8年に渡り取材した本「浮浪者を語る」が面白い 近デジで読める http://t.co/yudaOOEx 昭和初期のホームレス稼ぎ内訳やプロレタリア文学調の実態報告「制服」姿の男達に燃やされた浮浪者集落ゴンドラ村等
戦後岩手の農村保健運動における乳幼児死亡問題と嬰児籠 http://t.co/UVJRF7HOとあわせて読んで欲しい> 秋田県:農業農村の歴史に学ぶhttp://t.co/AH1wStxp  「昔の日本」を美化する前に、当時の過酷な現実を知るべきだと思うのですよ...。
戦後岩手の農村保健運動における乳幼児死亡問題と嬰児籠http://t.co/UVJRF7HOを読むと、嬰児籠に頼らざるを得なかった当時の現実が伝わってくるのだけど、それがなぜ「農作業ができる丈夫な体の子どもに育つ」なんて話に変えられるのかなhttp://t.co/n2cVDC0s

フォロー(95ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @J_geiste: これは京都御所で行われた大正天皇の即位礼。江戸時代まで置かれていた四神がきれいさっぱり消えます。萬歳旗は今回も作るのかな? https://t.co/Tx3FE1oT94 https://t.co/YcsKtbFpja
メモ。佐藤隆春, 大滝ダム試験湛水で発生した地すべりの地質学的背景(<特集>ダム問題を考える), 地学教育と科学運動, 2008, 58.59 巻, p. 85-93 https://t.co/rS9IXsyy4A

フォロワー(2877ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @J_geiste: これは京都御所で行われた大正天皇の即位礼。江戸時代まで置かれていた四神がきれいさっぱり消えます。萬歳旗は今回も作るのかな? https://t.co/Tx3FE1oT94 https://t.co/YcsKtbFpja
また話題なようなので。 近年における動物用狂犬病ワクチンの副作用の発生状況調査 2008年7月 https://t.co/Qi7TAIdT3Y
RT @Toyoshi_Toyoshi: ちなみに、『史学雑誌』のアーカイブ検索はこちらが便利https://t.co/imPnAiBkSf 『東洋史研究』はこちらで検索https://t.co/XKXXUzELgM 『史林』のバックナンバーはこちらで検索 https://t.…
RT @Toyoshi_Toyoshi: ちなみに、『史学雑誌』のアーカイブ検索はこちらが便利https://t.co/imPnAiBkSf 『東洋史研究』はこちらで検索https://t.co/XKXXUzELgM 『史林』のバックナンバーはこちらで検索 https://t.…
RT @t_wak: 「萬歳」も、読みは「バンザイ」と最初から決まっていたわけではなく、「バンゼイ」や「マンザイ」を試した末に「バンザイ」になったという。 ↓帝大「萬歳」につき、参考にしたものの本 https://t.co/iolKRutEAJ
@BESAN_T 和田信二郎 著『即位礼に称ふる万歳の称へ方に就きて』(1915年) https://t.co/4pQYAbg2hf 11〜16ページに、明治以降に万歳を唱えること、および「バンザイ」と発音することについての、東京… https://t.co/7rvi8f3Y4R
RT @t_wak: 「萬歳」も、読みは「バンザイ」と最初から決まっていたわけではなく、「バンゼイ」や「マンザイ」を試した末に「バンザイ」になったという。 ↓帝大「萬歳」につき、参考にしたものの本 https://t.co/iolKRutEAJ
田中愛治「米国における日本の投票行動研究の現状」(1992) https://t.co/OYxwt4TBJ8
こういうイメージにも隔世の感が>「食料がないというのに中年になると女性が肥満体になってしまうのは不思議である」。 https://t.co/nW3Fl3Pwvi
RT @t_wak: 「萬歳」も、読みは「バンザイ」と最初から決まっていたわけではなく、「バンゼイ」や「マンザイ」を試した末に「バンザイ」になったという。 ↓帝大「萬歳」につき、参考にしたものの本 https://t.co/iolKRutEAJ
RT @t_wak: 「萬歳」も、読みは「バンザイ」と最初から決まっていたわけではなく、「バンゼイ」や「マンザイ」を試した末に「バンザイ」になったという。 ↓帝大「萬歳」につき、参考にしたものの本 https://t.co/iolKRutEAJ
RT @t_wak: 「萬歳」も、読みは「バンザイ」と最初から決まっていたわけではなく、「バンゼイ」や「マンザイ」を試した末に「バンザイ」になったという。 ↓帝大「萬歳」につき、参考にしたものの本 https://t.co/iolKRutEAJ
18世紀テムズ川における輸送船舶及び輸送業者について https://t.co/rj4aRimVIW

24 24 24 24 OA 満洲の伝説と民謡

RT @Ayukawa_Reiji: 即位の時ではないですが、満洲国皇帝についてもいくつかの瑞祥の逸話が伝えられています。1935年の訪日に際して、黄海の航海中に一羽の鶴が南方から飛来して御召艦比叡の上を低く飛んでから東へと飛び去ったとか。 https://t.co/Odpzs…
某ゼミの予習をしていたら、面白い研究を見つけた。 堀畑正臣「室町後期の古記録・古文書に於ける記録語・記録語法の研究」 https://t.co/TmUksVI0Xx 入魂は、「ジュコン=強く依頼、懇意」という意味で良いらしい。
RT @g9e1o7: 「人文地理 第44巻第3号(1992)『学界展望(1991年1月~12月)』」において「徳仁親王『18世紀テムズ川における輸送船舶及び輸送業者について』(地学雑誌100-1)」が紹介されています https://t.co/bF22nOmoI3(学界展望)…
RT @g9e1o7: 「人文地理 第44巻第3号(1992)『学界展望(1991年1月~12月)』」において「徳仁親王『18世紀テムズ川における輸送船舶及び輸送業者について』(地学雑誌100-1)」が紹介されています https://t.co/bF22nOmoI3(学界展望)…
RT @g9e1o7: 「人文地理 第44巻第3号(1992)『学界展望(1991年1月~12月)』」において「徳仁親王『18世紀テムズ川における輸送船舶及び輸送業者について』(地学雑誌100-1)」が紹介されています https://t.co/bF22nOmoI3(学界展望)…
RT @g9e1o7: 「人文地理 第44巻第3号(1992)『学界展望(1991年1月~12月)』」において「徳仁親王『18世紀テムズ川における輸送船舶及び輸送業者について』(地学雑誌100-1)」が紹介されています https://t.co/bF22nOmoI3(学界展望)…

24 24 24 24 OA 満洲の伝説と民謡

RT @Ayukawa_Reiji: 即位の時ではないですが、満洲国皇帝についてもいくつかの瑞祥の逸話が伝えられています。1935年の訪日に際して、黄海の航海中に一羽の鶴が南方から飛来して御召艦比叡の上を低く飛んでから東へと飛び去ったとか。 https://t.co/Odpzs…
「萬歳」も、読みは「バンザイ」と最初から決まっていたわけではなく、「バンゼイ」や「マンザイ」を試した末に「バンザイ」になったという。 ↓帝大「萬歳」につき、参考にしたものの本 https://t.co/iolKRutEAJ
RT @J_geiste: これは京都御所で行われた大正天皇の即位礼。江戸時代まで置かれていた四神がきれいさっぱり消えます。萬歳旗は今回も作るのかな? https://t.co/Tx3FE1oT94 https://t.co/YcsKtbFpja
RT @J_geiste: これは京都御所で行われた大正天皇の即位礼。江戸時代まで置かれていた四神がきれいさっぱり消えます。萬歳旗は今回も作るのかな? https://t.co/Tx3FE1oT94 https://t.co/YcsKtbFpja
RT @J_geiste: これは京都御所で行われた大正天皇の即位礼。江戸時代まで置かれていた四神がきれいさっぱり消えます。萬歳旗は今回も作るのかな? https://t.co/Tx3FE1oT94 https://t.co/YcsKtbFpja
RT @bar_donjuan: @luehdorfia0422 キジの遺伝子に関しては かなり研究されてます 島根と三重なら問題無いのかな?と思ってました https://t.co/gIBx29EhHQ
RT @PresentSituatio: 半田滋男「日本型パブリック・アートと美術館の機能に関する考察」(2013)日本の公的機関における自己検閲に警鐘、オフィリの作品にも言及。 https://t.co/q1gSOW94BY
RT @sumomodane: ちょっと古い論文でしたね https://t.co/1DJs6HNb9x https://t.co/uCLyMcU3EW
京二商三十年史 : 附録・西陣郷土読本 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/dN85cUlT8v
RT @tcv2catnap: J-STAGE Articles - 大正期「南進論」の特質 https://t.co/K5DuBMaxlT
RT @asarin: いわゆる北海道論文ってこれのことですよね? J-STAGE Articles - 「北の大地」における相互独立的自己:北海道での認知的不協和実験 https://t.co/lMPKKDbb1c
RT @yokogawa12: J-STAGE Articles - 近代日本における植物図鑑の発達とその背景 https://t.co/HCHqLGpKjk 植物誌や図鑑の歴史って案外研究されてない?マニアックな情報を知ってる人はそれなりにいるんやけどしっかりまとめた人は少…
チリの抗議運動と同時に起きた、暴動・略奪に関して、ネットでは「外国人の仕業だ」とする書き込みもあるようだけど、実は移民の方が一般のチリ人よりも教育水準が高いという調査もありまして。 https://t.co/VhZWbHKocT https://t.co/l2rpluQuwo
小林伸生「地域産業集積をめぐる研究の系譜」経済学論究 63(3), 399-423, 2009 https://t.co/AoDARpXd71
RT @fightpanda: セツルメント運動と全体主義は表裏一体。東大セツルメントの欠点についても書かれている。【戦前の日本におけるセツルメント・隣保事業の定義、目的と人権思想/柴田謙治】 https://t.co/vUjsHWUh5s

5 5 5 0 OA 皇国農民の道

今日行った京都の梁山泊に、農村更生協会編『皇国農民の道』(石黒忠篤と加藤完治の講演筆記を収録、朝日新聞社、昭和16年)が安く並んでいたがダブリが怖くて買わなかった。あぶないところだった。:国会図書館デジタルコレクション https://t.co/JMKvcFSKXq
文化4年9月19日(1807年10月20日)、蘭学者の山村才助が死去。新井白石の著作を山村が改訂した『訂正増訳采覧異言』について、石川勞吉「日本人が初めて見たポリネシア人」(『国立民族学博物館調査報告』59)は、日本人の著作の中で… https://t.co/LsoD2b09Su
RT @animemitarou: 卒論やレポートに取り組んでいる学生の皆さん。「背景」の先行研究のまとめの部分、苦労してませんか? 「先行研究探せったって、調べても無いもの!!」という方、以下の「資料のえじき」という文章を読んで、探してみてください。きっといい先行研究、見つ…
パーソナリティ障害特性と自尊感情の諸側面との関連https://t.co/DXkW4wtNa3…幅広い類型のパーソナリティ障害(PD)が自尊感情の低さと関連することが示されている。本研究では,PDと3つの様態の自尊感情(特性自尊感… https://t.co/ITa6unRbnG
RT @yokogawa12: J-STAGE Articles - 近代日本における植物図鑑の発達とその背景 https://t.co/HCHqLGpKjk 植物誌や図鑑の歴史って案外研究されてない?マニアックな情報を知ってる人はそれなりにいるんやけどしっかりまとめた人は少…
RT @yokogawa12: J-STAGE Articles - 近代日本における植物図鑑の発達とその背景 https://t.co/HCHqLGpKjk 植物誌や図鑑の歴史って案外研究されてない?マニアックな情報を知ってる人はそれなりにいるんやけどしっかりまとめた人は少…
RT @T_urade1987: @nagisanoyuki 今思い出したんですがこの本ご存じですか? 福井の人物を調べておられる方なら使えるんじゃないかと思います。 https://t.co/jr2HxGLarQ
RT @ebi_j9: また、麦角アルカロイドの一部は医薬品として活用されていることも書いている。(エルゴメトリン等) そして、産婦人科診療の実際の現場からみた対応となると、EBMだけからの対応とはやや異なることも書いてある。 このPDFは長いけど、一度じっくり読むことをおすす…
RT @ebi_j9: また、麦角アルカロイドの一部は医薬品として活用されていることも書いている。(エルゴメトリン等) そして、産婦人科診療の実際の現場からみた対応となると、EBMだけからの対応とはやや異なることも書いてある。 このPDFは長いけど、一度じっくり読むことをおすす…
J-STAGE Articles - 書評:石井紫郎著『日本国制史研究III 日本人の法生活』(評者:新田一郎)法制史研究63巻(2013年) https://t.co/MHqmmW2zEk
RT @nknatane: 『法制史研究』63号(2013年)のPDFが公開されていた。刊行時に読んだが、佐藤泰弘氏による佐藤雄基氏著書の書評は読み応えがある。https://t.co/m8ygprB3WX
前田建一郎「ニュージーランド・チャタム諸島における部族の境界生成 : 原住民土地法廷の裁判記録を手がかりに」 https://t.co/0TpM5gDGMd
“CiNii 論文 -  朝鮮学校の戦後史と高校無償化 (特集 高校無償化制度と朝鮮学校)” https://t.co/0HWUHlDV4W
“CiNii 論文 -  教育を受ける権利主体としての「国民」の意味--外国人の教育を受ける権利について” https://t.co/dy5wi3HQf2
RT @TAMA6SI: 京都帝国大学文科大学 編『朝鮮司訳院日満蒙語学書断簡』 https://t.co/U5QtNvHW0m かつて朝鮮で通訳官のために刊行された外国語学習書(日本語、満州語、モンゴル語)の版木の残欠を、大正7年に新刷して出版したもの。解説は新村出。日本語の…
@roolAWoq1OvFZHa 左の画像は柳川春三『洋算用法』(1870)で「平方根」という語が出ているページ。右は堀達之助編纂『改正増補英和対訳袖珍辞書』(1867)の附録ページです。後者については上垣渉「幕末・明治初期の英和… https://t.co/qmDqK44vQG
@yash_san 開発支援におけるガバナンスと民主化の相克についてはこれ https://t.co/q6YZTeDO0m 政治学会の大会の共通論題でも遠藤貢さんがおんなじ様なテーマで報告していたと思います。
RT @T_urade1987: @09Kumano それは気になりますね。木戸の日記から明治初年までは存命だったことが分かり明治十五年の『内務省免許全国医師薬舗産婆一覧』を当たってみました。すると山口県に「尾崎文菴」という医者の存在が確認出来ます。改名したのか息子なのかと言っ…
RT @Mushi_Kurotowa: タケツトガは幼虫休眠(前蛹休眠)として竹のふしの中に潜るのか。 https://t.co/0iPDmXIHiQ なので9月から5月までは節の中から常温保存された前蛹が食べられる。ある意味の養殖昆虫の理想形だなぁ。場所を移しての養殖化という…
@wani_shima 日本列島の広域で見えたオーロラとしては明和7年(1770)7月の例が有名 https://t.co/6bF6eO2obu https://t.co/AwyTxnPoyw… https://t.co/15Hmg4wb36
今日は高校生に「比較表現」の英文法を教えるので早くから勉強してたんやけど、神戸外大の先生のこのペーパー読んで、眼から鱗が十枚くらい落ちた。 『クジラの公式の謎を解く』 https://t.co/VzlKkU5p63
RT @miakiza20100906: 論文メモ、有料: 原発被災地域におけるゾーニングに関する研究 福島第一原発被災地域の緊急避難・応急避難・長期化避難の三つの期間を対象として https://t.co/Pgksc31kX0  2019年、窪田亜矢(東大)。日本建築学会計画…
RT @BTsukuba: @yanosen_jp 傷むか傷まないかは作品の材料に依るみたいですが、素人には判別出来ないので一律禁止にしていると思われます。 https://t.co/XkRdGUxLFz 「鉱物質の顔料は一般に耐光性が高く光による劣化は起こりにくいが,動植物か…
左髙慎也「フェミニスト制度論の理論的発展と今後の展望」(『名古屋大学法政論集』281号、2019年) https://t.co/0ndCQGX3p9 左髙さんから頂きました。ありがとうございます。書評の形式を取りつつ、フェミニス… https://t.co/961CR6rFpL
RT @tomo_int: 倉田悠子作品を含む富士見文庫(富士見美少女文庫)については、『コンテンツ文化史研究Vol.10&11』所収の拙稿「〈富士見文庫〉検証 : ライトノベルとジュブナイルポルノの"源流"をめぐって」に詳しいので、ご興味のある方はご参照頂けましたら~。htt…

68 68 68 0 OA 古紙処理と薬品

RT @cmk2wl: Vol278 女性は特にトイレットペーパーに注意しなければいけないのです(まさか?などと思わないように) 九州製紙株式会社 https://t.co/aVg9xjpumy 古紙処理と薬品 https://t.co/PzAZ5exzRI 原料はどこの…
RT @urano_shinjcp: 「ダムすげー!八ツ場ダムのおかげ」と言う前に「調節池すげー!」と言うべきではないのか? 柏市と守谷市の3つの調節池で八ツ場ダムの総容量に匹敵する洪水調節力がある。同容量なら上流のダムより、下流の調節池の方が、下流域の水位への影響はずっと大き…

911 155 148 1 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…

911 155 148 1 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
RT @urano_shinjcp: 「ダムすげー!八ツ場ダムのおかげ」と言う前に「調節池すげー!」と言うべきではないのか? 柏市と守谷市の3つの調節池で八ツ場ダムの総容量に匹敵する洪水調節力がある。同容量なら上流のダムより、下流の調節池の方が、下流域の水位への影響はずっと大き…
RT @okaya_itsuki: https://t.co/XptBBsK2Tn 鶴岡八幡宮にあったらしい鬼切丸、最近どこかで見たな〜と思ったらこれかな。明治26年に鶴岡八幡宮で開催された「鎌倉懐古展覧会」 の目録。この時点では髭切(旧字体)、鬼切(鬼神丸)があったんだねえ…
RT @nekonoizumi: CiNii 論文 -  スナックのママと顧客:脱性化という戦略を巡って https://t.co/knnRoOSusG 中田梓音 | 国立民族学博物館 https://t.co/TXZzbSCrqR
明治36年10月17日、松平頼聰が死去。幕末の高松藩主で、鳥羽・伏見の戦いで官位剥奪の「朝敵」処分を受けた。坂田充「学習院大学所蔵 高松松平家旧蔵書の概要とその伝来経緯」(『人文』6、2007年)は、頼聰の蔵書などが華族会館に寄贈… https://t.co/QHPfk9eKCn

3 2 2 0 OA 量子生物学

RT @rz733375: ずばり原子力村ですよ。なんだこの違いは 1960年代から70年代に量子生物学に予算を投入したら不都合なことがあったからではないか? 今日検索したらこんな論文も出てきた。 https://t.co/FKiHVdkxk5 永田氏の論文でブルーバックスの本…
明治28年10月16日、石河確太郎(石河正竜)が死去。明治の紡績技術者で、幕末期には薩摩藩に招聘されて蒸気船建造や開成所での講義を担当するなど、重用された。堀江保蔵「近代日本の先駆的企業家」(『経済論叢』84-3、1959年)曰く… https://t.co/mGYGI3I9Ns
メモ。佐藤隆春, 大滝ダム試験湛水で発生した地すべりの地質学的背景(<特集>ダム問題を考える), 地学教育と科学運動, 2008, 58.59 巻, p. 85-93 https://t.co/rS9IXsyy4A
RT @khargush1969: 尾崎貴久子(2006)「元代の日用類書 『居家必用事類』 にみえる回回食品」『東洋学報』88(3): 336-364. https://t.co/C4tQxVDNOl クリップし忘れてた。モンゴル帝国の東西文化交流の中で中国へ伝わった西アジア…
RT @tikutaku: 信玄堤はすごいテクニカルに作られていて、単純に堤防じゃなく、水の流れを考えてつくられている(水の流れをぶつけて威力殺すとか)という話はしっていたんだけど、今調べたら、そんなものじゃなかった 卓上水理模型を用いた信玄堤の流水 コン トロール技術検証の…
明治20年10月16日、真田喜平太(幸歓)が死去。幕末の仙台藩士で、真田信繁の子孫と言われる。高島流砲術を学んだ砲術家で、竹ヶ原康佑「嘉永期における仙台藩重臣・中嶋恒康の海防政策と砲術攻究」(『明治大学博物館研究報告』20)は、中… https://t.co/wZ4Z5UC6lD
J-STAGE Articles - 殺人罪と保護責任者遺棄致死罪の区別 : わが国の判例の分析を中心に https://t.co/31H814cIxb
RT @tikutaku: 信玄堤はすごいテクニカルに作られていて、単純に堤防じゃなく、水の流れを考えてつくられている(水の流れをぶつけて威力殺すとか)という話はしっていたんだけど、今調べたら、そんなものじゃなかった 卓上水理模型を用いた信玄堤の流水 コン トロール技術検証の…
京都帝国大学文科大学 編『朝鮮司訳院日満蒙語学書断簡』 https://t.co/U5QtNvHW0m かつて朝鮮で通訳官のために刊行された外国語学習書(日本語、満州語、モンゴル語)の版木の残欠を、大正7年に新刷して出版したもの。… https://t.co/dPMYzfvBfp