suisei_sensei (@shoemaker_levy)

投稿一覧(最新100件)

大会企画、ひとつはこちらの研究との関係ですね。「児童福祉施設アーカイブズの確立とその有用性」 https://t.co/s3I6E8KyBB
面白かった。中台の政治情勢や観光地化、保健衛生施策などが、馬祖列島(台湾)の住民の腸管寄生虫症の改善にどのように作用したか。>井上弘樹「離島社会と寄生虫症―20世紀後半の馬祖列島における腸管寄生虫症の蔓延・対策・抑制の歴史」『社会… https://t.co/OWthskDH0d
RT @ke_1sato: 拙文がオンライン公開されました。ご笑覧・ご批正頂ければ幸いです 佐藤賢一「東京大学総合図書館所蔵和算書籍群の構成について 」『電気通信大学紀要』31巻1号(2019) https://t.co/V4BPFhaSnU
それとこちらの鈴木則子(2018)論文が、すみだ北斎美術館が復元した葛飾北斎画「須佐之男命厄神退治之図」に描かれた病が何であるのかを説得的に推定していて、大変有り難い論文であった。 https://t.co/wt51cSf3Qx… https://t.co/gG2gHhSMIc
この論文(道下・梅本・山口2005)面白いんだけど、日本の民家の庭にどんな植物が多く見られるかを調べた研究で、伊豆半島の場合、雑草を除く有用植物ではドクダミ>ナンテン>ヒラドツツジがトップ3。同じ著者らの紀伊半島と平戸調査ではナン… https://t.co/Y3m0KSwGuG
ちなみに大庭健氏がらみではこういう史料紹介がありまして。ご関心の向きはどうぞ。CiNii 論文 -  湯浅治久「土佐山内氏家臣大庭氏の中世系譜認識と「軌跡」 : 大庭健氏蔵『大庭氏世系図』の紹介を兼ねて」 https://t.co/1MTdvodmKo #CiNii
これなんですが、英語で読み通すのつらいという方はご本人がこちらで日本語で内容をダイジェストで紹介されていますのでぜひ。 エーラス マーレン「近世大野藩における貧困と救済」『部落問題研究』221号、2017年… https://t.co/Lcc34APKL6
黄表紙的善玉悪玉表現の明治期バージョン。 https://t.co/2DhBMdbJzM https://t.co/IaVFvKyTur
田村俊行氏の既発表論文。今後も注目の研究かと。「19世紀後半イングランドにおける篤志病院のヴォランタリズム : 接触伝染病予防法の交付金に着目して」『西洋史学』264、2017。「一九世紀イギリスの売春統制 : 伝染病法の制定過程… https://t.co/bP84Hiwe0C
RT @nihonsi: 1946年に井上清が「ドンと」という表現を作り出したという。なかなか衝撃的 →茂木陽一「竹槍でドンと突き出す二分五厘」考 https://t.co/58AP2ntezS
リポジトリで公開されていた。https://t.co/OcppnfWeZB 横山百合子「資料紹介「梅本記」: 嘉永二年新吉原梅本屋佐吉抱遊女付け火一件史料の紹介」『国立歴史民俗博物館研究報告』200号、2016年。
RT @parrot_paganus: 芳澤元「「経帯麺」の初見 : ラーメンと室町文化」 https://t.co/AnKNCXcrWd #CiNii 新横浜ラーメン博物館が室町時代に食された「経帯麺」がラーメンのルーツだとしたのに対して、それよりもさらに120年前の南北朝時…
女性史の困難さの理由として、女性に関する歴史資料が多くないことがよく挙げられるが、それは本当なのかを日本史領域で考察するのがこちらの論文ですね。久留島典子「女性に関する史料は少ないのか」『歴史学研究』952、2016 https://t.co/qIBKnnyEIf
なんか変な論文見つけてしまった。>CiNii 論文 -  脳動脈瘤が霊的施療により解消した一症例(研究発表,第25回生命情報科学シンポジウム) https://t.co/CrL2PAzlE5 #CiNii
典拠はこれ。加藤聖文「喪われた記録─戦時下の公文書廃棄」『国文学研究資料館紀要アーカイブズ研究篇』1号、2005年 https://t.co/fE1vuVbhEf
RT @ke_1sato: たまには、自分の専門分野についてのお知らせ。。。 うちの紀要に1本書きました。ご笑覧頂ければ幸い。 「建部賢弘『研幾算法』による弓形の弧長の導出式の復元について」 https://t.co/XMpX7UnAvB (縦書きの物を横書き二段組みになどし…
及川英二郎論文。わりと面白く読んだ。CiNii 論文 -  中央線が直線であることの植民地主義的な意味 : 社会科・地歴教材開発の観点から https://t.co/ijIVGxRq2l
あとまあ江戸時代には、竜の生態の謎についてとかそもそも竜骨は本当に竜の骨なのかとか日本に竜はいないが日本産の竜骨は何の骨やねんとか象の骨だろとかの論争があったらしい。 https://t.co/wGPGALpnjc

2 0 0 0 OA 婦人護身術

NDLではモノクロ画像で提供 https://t.co/LciTIqN8OM
CiNii 論文 - いわゆるモナリザ文に対する国語教育学・国語学の共同的アプローチ(自由研究発表) https://t.co/AKPy5u3Ovj モナリザ文とはねじれ文の一種である「この絵の特徴は、どの角度から見ても女性と目が合います」を指すとの由。モナリザ文…。
まあ滅茶苦茶ですよね、現存する神社が1000年以上そこにあるはずとか、その祭神もずっと変わらないとかありえないし、ちょっとしたトンデモ。こういうことにならないために学際的な災害史の共同研究があり、実際もっとまともな研究になっている。 https://t.co/zM3s8eOkWR
RT @knada40: TLに流れてきた「東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究」の内容の粗さに驚く。民俗学や中世〜近代史の人はどう思うのか。これで査読が通るとは...... https://t.co/2gnt8WVnoo
科研費研究の課題名、こういうのでもいいのか。 https://t.co/326OG1VHPu
服部之総、『花王石鹸五十年史』(1940)なんて書いているのか(書誌では花王石鹸五十年史編纂委員会編)。知らなかった。めっちゃ面白そうなんですけど。 https://t.co/1b6DpuQIM3
RT @shoemaker_levy: 吉村豊雄「天草四郎の実在をめぐって」(2005) http://t.co/fXqShHTMuz について、前から日本近世史の人の評価とか定説への影響はどうなっているのか聞いてみたいと思っているのですが。素人目にはそれなりに説得力があるよう…
論文というよりエッセイだけどわりと面白かった。>CiNii 論文 - 医療者間で使われるドイツ語隠語の造語法に関する考察 https://t.co/orbBbRSHA0
もちろん近デジで閲覧可能。第三編「第十三章 変災救護」が災害救助関係。 https://t.co/m6D9M1z5vH
西村慎太郎「東日本大震災で被災した医学書と近世在村医-福島県双葉町泉田家文書の世界-」『国文研ニューズ』No.42 WINTER 2016 https://t.co/TxrKoiyHkA

12 0 0 0 OA 官報

1923年9月2日、関東大震災翌日の官報。印刷所被災のため、手書きの謄写版で発行された。国会図書館デジタルコレクションより。 http://t.co/xPNP0c2mMj http://t.co/TgBmFNVWDS
石原あえか「近代医学と人形 : ドレスデン国際衛生博覧会 (1911) に出展された日本の生人形と節句人形」『言語・情報・テクスト : 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻紀要』21, 2014 http://t.co/82o6OhoJ9z
RT @yusaku_matsu: CiNii 論文 -  "労農牛乳"を軸に農協運動(わたしの農協経営論-17-) http://t.co/J8T47eJgW0 #CiNii
この発想はなかった、すごい。>「「現代日本語をくずし字にした教材」であれば、学習者も楽しく学べる」福嶋, 健伸「くずし字を楽しく学ぶための教材の開発―第二言語習得理論を参考に『定家本 ○○』を作成する―」 http://t.co/KNJL1ihk3r

31 0 0 0 OA 司法資料

日本の入れ墨は画像のような刑罰としての入れ墨をごまかすために発達した歴史があるわけで、他の国にもそういう方向性の入れ墨の「消し方」があったのかを前から知りたいと思っている http://t.co/cwdmcEpfyq http://t.co/OPg3Eu7Jna
日本語文法学会誌『日本語文法』の 査読システムの改善をお願いする ―「学界水準が弱者を守る」という思想― http://t.co/ZTn5JYeOwx 広く査読に関わる論として面白かった。しかし(諸般の事情があるにせよ)その内容を他誌(紀要)に載せるというのは…?とちょっと思う
まあ日本でもこういうのがあったわけで(1977年ですよ)。→小山有子「阪大ジーパン論争再考 一九七七→二〇〇七 : 女性と服装をめぐる議論の矮小化と隠蔽」 http://t.co/guYOVkDWZm
おもしろかった。というか助かった。 伊勢田,哲治「ウィッグ史観は許容不可能か」Nagoya Journal of Philosophy, 10, 2013 http://t.co/W9smbWNtPo
「大正10年における乳幼児死亡率改善」と「後藤新平」~専門知とは何か~」 http://t.co/XpjDIVqZFn 後藤新平の話はともかく…、水系感染症と上水道の話は永島剛論文 http://t.co/rAK6gAVmA7 を読んでいただきたい。東京の上水道はコレラ予防には→
まじめな研究はこれぐらい。>CiNii 論文 -  青森市における運動量確保に関する研究 : 非積雪期と積雪期の比較から http://t.co/qJ1pBR9osa
この論文 http://t.co/c5ia3phQ79 p151で、昭和初期の旅行ジャーナリスト松川二郎が、スキーをたしなむ高田の芸妓が「新米の有髯男子を後へに摚着たらしめたり」しているのは「いかにもスキー国の花柳婦人らしいではないか」とかいってるところが面白い。髯とスキー。
その前身である→湯川・朝永・坂田記念史料の整理および史料記述データベースの整備 2008年度~2010年度 科学社会学・科学技術史 基盤研究(A) http://t.co/j1WPrDBZnB 成果公開は→ http://t.co/s3cYwT3g2H
湯川・朝永・坂田記念史料から分析する日本の素粒子物理学者の系譜 2011年11月18日~2014年3月31日(予定) 科学社会学・科学技術史 基盤研究(A) http://t.co/L8LhkZ3OUN
国会図書館関西館小展示(第15回)「日本酒の近代化と洋酒の国産化」2月20日(木)〜3月29日(土)日本酒と洋酒の二つの潮流を軸に近代以降日本人がどのように酒造りに取り組んできたか、社史や年史類も織り交ぜながらその足跡をたどる http://t.co/03ul48f8so p34
で、籾井さん、大幅におかしなことはいってないけど(中身ゼロに近い)、この人に国際性とかいわれてもなというのは、まあ、ある。籾井 勝人「大学教育についての産業界の考え (特集 大学教育の分野別質保証に向けて--日本学術会議からの報告)」 http://t.co/eL38XEmmWd
細川さんの幅広いお仕事はまだまだあって、これとか>山本まさはる「千日前ドリーミング ヘビ食い少女」と林静一「大道芸人」--マンガと見世物 http://t.co/HgQPlvy1uW このへんとか> http://t.co/OM4jnT99lN
あとこれとか>ハンセン病と勃興期の探偵小説--正木不如丘と小酒井不木 (特集 まだ終わっていないハンセン病問題) http://t.co/lcs91zKFoQ これとか>米田三星論ノート--探偵小説と医学 http://t.co/LK3X7dGKIh
あとこれとか>ハンセン病と勃興期の探偵小説--正木不如丘と小酒井不木 (特集 まだ終わっていないハンセン病問題) http://t.co/lcs91zKFoQ これとか>米田三星論ノート--探偵小説と医学 http://t.co/LK3X7dGKIh
小栗虫太郎といいますと細川涼一さんのこのような論文がありまして>CiNii 論文 -  探偵小説とハンセン病--国枝史郎・小栗虫太郎・橘外男 (特集 差別の構造) -- (医療という装置) http://t.co/JBiPzYu95P #CiNii
吉村豊雄「天草四郎の実在をめぐって」(2005) http://t.co/fXqShHTMuz について、前から日本近世史の人の評価とか定説への影響はどうなっているのか聞いてみたいと思っているのですが。素人目にはそれなりに説得力があるように思える。
記事にある「2010年度、文部科学省の助成金を受けて、骨つぼや骨箱を一つひとつ開けて内部も調べ、今年6月調査結果を報告」というのはおそらくこの科研費研究 「旧真田山陸軍墓地内納骨堂の悉皆調査から見る「戦没者慰霊」の歴史的実相」の一貫 http://t.co/LpOXCU3t6E
@nobuko_kosuge この歌、いろんなところにあるんですね。この論文の9頁~に広島バージョンの考察が載っています。 http://t.co/mKlvyNpMEC
有名な梗概なんですね。論文にならなかったんでしょうか。。RT @schlieffen_plan: shoemaker_levy こういう伝説の梗概もございます。。http://t.co/bwp2Saelna
ほんとだ、手書き論文デジタル化されとる> http://t.co/ggA5HSHLvU
RT @Mihoko_Nojiri: 検索したらリンクでてきたので、はったけど、開けてみたら手書きだった. RT @Mihoko_Nojiri: 538 アルキルフェノールによる皮膚白斑症の労働病理学的研究 : 第1報 皮下注射実験 http://t.co/Mknjt9R7sf
質的データとしてのライフストーリーのアーカイヴ化と<調査遺産>継承の経験的研究 研究課題番号:23530619 https://t.co/xNzEUJkCDd
結核予防会総裁みずからこんな論文書いてはるのか。>CiNii 論文 -  最近の結核に関する意識と予防行動について : 結核予防婦人会講習会・講演会参加者の調査より http://t.co/k8UyzackfJ #CiNii
『医事学研究』1号から16号まで石渡隆司氏らによる翻訳が連載されてた。オープンアクセスで。>ケルスス『医学論』(1)(古典医学書翻訳) http://t.co/lJJZlCG6 #CiNii
@yuko_matsuzaki @akihito_suzuki 面白かったです。ありがとうございます。写真の日本人女性は岡見京子ですね。この論文にも同じ写真が掲載されており、3人の女性についての説明があります。> http://t.co/dxJz0tvs
CiNii 論文 -  探偵小説とハンセン病--国枝史郎・小栗虫太郎・橘外男 (特集 差別の構造) -- (医療という装置) http://t.co/jm6QK9iJ #CiNii
吉長真子「戦後岩手の農村保健運動における乳幼児死亡問題と嬰児籠 : 『岩手の保健』誌の分析から」エジコの持たされた意味の多面性が面白い。「幼児の安全地帯」「忍耐力養成器」、「クル病」と乳児死亡率全国1位の原因、「東北の貧困」の象徴でもあり http://t.co/Ip97S6qH
『原爆と広島大学 : 生死の火 学術篇(復刻版)』(広島大学学術情報リポジトリ) http://t.co/zAvyLYKZ 被爆医療の研究・記録だけでなく人文科学編も。塩崎稔「原爆被災資料の問題をめぐって―広島大学と「被災資料センター」―」 含む
RT @Hlao: 北窓瑣談で検索したら、意味のわからないページでてきた・・・ http://t.co/1GSNKbLP
地震で堆積物からみる歴史が注目されているようだけど、大阪城の堀に堆積する炭化物から、近世大坂の火事に明治期の煤煙、大阪大空襲の灰の痕跡までを明らかにする研究もある。年代推定の指標は核実験で飛散したCs137。→ http://t.co/JS7iw2mH
やっぱり当然のようにあった>渡辺 由紀子「童謡詩人 金子みすずの病跡--とくに風土,死生観の観点から」 日本病跡学雑誌 (54), 23-32, 1997-12 http://t.co/y2NWMmX3

お気に入り一覧(最新100件)

舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家… https://t.co/BstuC9zgMn
で、1990年に発生した外国人による婦女暴行デマについての論文読んでたら、著者がコミケ準備会共同代表と同姓同名で一瞬ビビったw → 市川孝一「外国人による婦女暴行デマとその背景」 https://t.co/VLTXuMDJh7
整理すると、片瀬久美子 (@kumikokatase) さんは2001年京大理の院試の倍率6倍だったと主張してるけど、調べたら1.5倍くらいですよね(https://t.co/XLQxyRv0ZJ)と指摘したら、ブロックしたのち話… https://t.co/0lxExg7AvP

49 0 0 0 OA 俺の自叙伝

「俺のフレンチ」とかを見るといつも思い出すのが大正時代のロシア人ハーフ作家大泉黒石の『俺の自叙伝』。大正時代にこのタイトルも凄いが、デビュー作にこのタイトルをつけるのも凄い。息子は俳優の大泉滉。近デジで読めます。序文も凄いなあ。… https://t.co/qcYl7kmqEd
山田勝芳「満州事変発生地名の再検討―『柳條溝』から『柳條湖』へ」『東北アジア研究』14号(2010年)https://t.co/Z1Vy2DW4cN 地道に調べておられる感じがよい論文でした。
TLに流れてきた「東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究」の内容の粗さに驚く。民俗学や中世〜近代史の人はどう思うのか。これで査読が通るとは...... https://t.co/2gnt8WVnoo
ちょうど抜刷配り終わったあたりで機関リポジトリが。 CiNii 論文 -  民主化する文化財 : 第2次大戦後から高度経済成長期の文化財保護と市民 https://t.co/ovgmv5ItTT #CiNii
あとで読む→CiNii 論文 -  社会の中のアーカイブと研究者の責任-地域資料の保存・活用の実践が目指すもの- https://t.co/FZGjgQYySi #CiNii
すでに昨夕からメディアで報じられている,福島の乳児ら2707人の内部被ばく検査で一人もセシウムが検出されなかったという結果の論文が,日本学士院の英文査読誌に掲載されました.http://t.co/WPhuSrQ7EB https://t.co/jwgiXQQlaI
ノーベル賞の業績、ご本人の論文がやっぱり一番わかりやすい。→ 大野智 -  マクロライドに魅せられて40年(挑戦者からのメッセージ) http://t.co/SFuAOoUbI2 #CiNii
大村智さんの仕事を見て、ゲノム解析からの生物学アプローチ https://t.co/pJNVgd3AfS もあれば、その放線菌が生産する化学物質の構造決定 https://t.co/yJjoAn1RGz などなど化学としてのアプローチの両方に本当にまたがっている。凄いなぁ。

6 0 0 0 OA 放線菌

大村智さんの仕事を見て、ゲノム解析からの生物学アプローチ https://t.co/pJNVgd3AfS もあれば、その放線菌が生産する化学物質の構造決定 https://t.co/yJjoAn1RGz などなど化学としてのアプローチの両方に本当にまたがっている。凄いなぁ。
ノーベル賞医学生理学賞受賞の大村智さんの仕事をチラリ知りたい人に(日本語、無料)→CiNii 論文 -  大村智先生熱帯病現地視察の随行記(話題) http://t.co/UG7mtxo5x7 #CiNii

60 0 0 0 OA 征虎記

@hkazano 「どうだ明るくなったろう」の山本唯三郎は朝鮮半島に遠征して虎や豹を狩り、帰国後は帝国ホテルで盛大な試食会を開いたという。写真集「征虎記」は近代デジタルライブラリーで読める。http://t.co/4giQ80k1Ph http://t.co/eGJsT88fTN
昭和5年 労働闘争、集団自衛、平和活動などガリ版新聞に使える漫画カット集 http://t.co/zjH93BssE9 日本プロレタリア美術家同盟「プロレタリアカット漫画集 : 闘争ニュース用」が読める 用途職種別 素人印刷術付き http://t.co/bpBwZf0J5u
本当に。いちばん本質的なところを、ズバッと射抜いていらっしゃると思います。文章には力があるし。RT @ando_ryoko: 自分で言うのもなんだけれど、よく書けていると思う。文章的には、もう少しこなれていていいと思うけれど。 https://t.co/DhAfk7H397
3.11後の情報の混乱を扱った私の拙い英語論文,やっと出た。無料 https://t.co/YUcxSltmXY
昭和9年のミッキーマウス。『ミツキーの手柄』(文英堂出版社、1934年)。ちょうど80年前。「近代デジタルライブラリー」で全文が読める。→http://t.co/JFSHUCxTPo http://t.co/YH8a5p5KMP
ついでに。学海探究之指針は二種公開されてるけど、奥付の日付の組み方が微妙に違った(廿八日の部分)。 http://t.co/hNWOQZCOsc http://t.co/i10SFSarc3 こういうバリエーションは他にも色々あるんじゃないかなあ。
ついでに。学海探究之指針は二種公開されてるけど、奥付の日付の組み方が微妙に違った(廿八日の部分)。 http://t.co/hNWOQZCOsc http://t.co/i10SFSarc3 こういうバリエーションは他にも色々あるんじゃないかなあ。

13 0 0 0 OA 地理論略

もう一つ心配なのは、近デジ側がマイクロからデジタル化された白黒2値画像なのに対して現物はカラー印刷の折り込み地図があるものが例として上げられている点。しかも、NDL本には欠ページあり。 http://t.co/Ppt2fKTTPs ここはもう、高く売り込んでほしい気が…

13 0 0 0 OA 地理論略

主張の是非はともかく、明らかに奥付の版組が違うのに同じもの扱いしているのは… http://t.co/utO0dWTjNN 明治期の活版本には江戸期の木版本と同様、かなりのバリエーションが存在する、という知識が共有されていないのだとしたら、かなり心配。
大阪松蔭女子大学の紀要だけどなかなかおもしろい。「科学的リテラシー教育のひとつの試み(1) 科学的リテラシーとは」 / “CiNii 論文 -  科学的リテラシー教育のひとつの試み (1) : 科学的リテラシーとは” http://t.co/jxmqEudsmm
CiNii 論文 - 白山 映子  明治初期の兎投機 : 「開化物」とメディアから見えてくるもの http://t.co/1kdslQ3Uyp #CiNii
(再掲)福島の内部被ばくはチェルノブイリ事故から想像されるよりもはるかに低い.早野坪倉宮崎による英文査読付き論文 http://t.co/qCmBoNod10 日本語抄訳 → http://t.co/7OCOXt1rOj 東大HP → http://t.co/9Wa8aCgC5q
異なる専門分野で、莫大なデータを用意しての一本。頭が下がります。QT @hayano 早野坪倉宮崎論文,本日公開(英文) http://t.co/W9jpZFM0j5 日本語抄訳もどうぞ http://t.co/KG260fLee3 福島の内部被ばく 食品からはほぼなし

10 0 0 0 OA 浮浪者を語る

昭和8年、東京市に勤める工藤英一が大恐慌下の帝都に蠢く浮浪者達を8年に渡り取材した本「浮浪者を語る」が面白い 近デジで読める http://t.co/yudaOOEx 昭和初期のホームレス稼ぎ内訳やプロレタリア文学調の実態報告「制服」姿の男達に燃やされた浮浪者集落ゴンドラ村等
この論文の結論ワロタ→「丸刈り強制率の高さは地域の家庭および学校の教育能力の低さや、文化水準の低さを表す指標となる得ることも明かとなった」(東海大学紀要. 課程資格教育センター 3, 69-77, 1993)http://t.co/7UUFJmR3
戦後岩手の農村保健運動における乳幼児死亡問題と嬰児籠 http://t.co/UVJRF7HOとあわせて読んで欲しい> 秋田県:農業農村の歴史に学ぶhttp://t.co/AH1wStxp  「昔の日本」を美化する前に、当時の過酷な現実を知るべきだと思うのですよ...。
戦後岩手の農村保健運動における乳幼児死亡問題と嬰児籠http://t.co/UVJRF7HOを読むと、嬰児籠に頼らざるを得なかった当時の現実が伝わってくるのだけど、それがなぜ「農作業ができる丈夫な体の子どもに育つ」なんて話に変えられるのかなhttp://t.co/n2cVDC0s
『「子ども」の保護・養育と遺棄をめぐる学際的比較史研究:ディスカッション・ペーパーWEB版1』(2010)関学 http://t.co/uDJ59qWQ 橋本伸也 ・沢山美果子・中村勝美・江口布由子・小野方資・池田雅則・杉原薫・三時眞貴子・姉川雄大・山岸利次・塩崎美穂・内山由理
「戦後新興宗教列伝--踊る宗教からオウムまで(5)みちのくの白い共産主義・松緑神道大和山の田沢康三郎」 http://t.co/ta1ARiAY この記事きになるなぁ。松緑神道大和山に関する知識は、芸術新潮の新興宗教聖地めぐりの記事で読んだくらいしか持ってないので、気になる。
コピーとってるのにまだ読んでない><早く読もう 「日本の人口革命と新生活運動」『 亜細亜大学経濟學紀要』1-5 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004860953

フォロー(95ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @quiriu_pino: pdf公開論文。中世に起源のある行事が近世にどう継承されてきたか。 饗庭 早苗「東大寺二月堂修二会と講社―一ノ井松明講を中心に」 日本女子大学大学院文学研究科紀要(25), 73-89, 2019-03-15 https://t.co/jCu…
わたしと仲小路の関係。「史料紹介 仲小路廉関係文書」 https://t.co/4qVGyB5S6I
@shoemaker_levy9 あった…(余裕ではなくそういう研究が)。https://t.co/48Toy2qXx8
RT @NIJL_collectors: [きょうのPDF]佐藤賢一「東京大学総合図書館所蔵和算書籍群の構成について」『電気通信大学紀要』2019-02-01 https://t.co/9HbRlDynO1 はじめに 東京大学総合図書館には現在、約1300タイトルほどの和算関…
RT @NIJL_collectors: [きょうのPDF]佐藤賢一「東京大学総合図書館所蔵和算書籍群の構成について」『電気通信大学紀要』2019-02-01 https://t.co/9HbRlDynO1 はじめに 東京大学総合図書館には現在、約1300タイトルほどの和算関…
あと、今日の講演会で聴いた3つ目の話はたぶんこれだと思うのだけど、思いがけず非常に興味深かった。この内容で、プロ好みの科学史論文が書けると思う。|CiNii 論文 -  私の研究 ゲノム解読が解き明かす実験用マウスの起源 https://t.co/Rn5lOIRGa1
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒大谷哲 「インターネット歴史学コンテンツと社会への発信 : 「せんだい歴史学カフェ」の活動より」 『史苑』79巻2号 (2019-5) https://t.co/GuhzClYH6q

フォロワー(2741ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @quiriu_pino: 中世日本の「古代から逸脱するも、古代以上のモデルがあるわけでもなく、古代の規範性がダラダラ続く」状態を、今のポストモダン的な状況と似ているとするエッセイ。ちょっとおもしろい。 佐藤 雄基「日本中世史は何の役に立つのか : 史学史的考察と個人的…
RT @kenji_kajiya: ご報告遅くなりましたが、昨年9月のシンポジウムの記録集が出ました。大学図書館や美術館図書室でご覧ください。今はまだ少ないですが、所蔵館は増えると思います。 https://t.co/UohrKqu2a1 https://t.co/j8AkCw…

1 1 1 1 OA 人物偶録

唐突に熊本藩に興味を持ったので、細川護久・長岡護美兄弟について書かれてる本無いかな〜。とりあえず国デジで見つけたのは、護美公のふわふわ逸話。招待されたことはもちろん招待したことも忘れちゃう呑気ぶり(笑) https://t.co/qf9iyzWoOR
RT @quiriu_pino: pdf公開論文。中世に起源のある行事が近世にどう継承されてきたか。 饗庭 早苗「東大寺二月堂修二会と講社―一ノ井松明講を中心に」 日本女子大学大学院文学研究科紀要(25), 73-89, 2019-03-15 https://t.co/jCu…
RT @saisenreiha: 教会巡察記録は、各地域の聖職者や信徒の信仰のあり方の一端を垣間見ることができる面白い史料で、日本でも井上智也がニュルンベルク https://t.co/a8D0oU40MH 、岩倉依子がウルム https://t.co/mlGQ7XQum8 、…
RT @saisenreiha: 教会巡察記録は、各地域の聖職者や信徒の信仰のあり方の一端を垣間見ることができる面白い史料で、日本でも井上智也がニュルンベルク https://t.co/a8D0oU40MH 、岩倉依子がウルム https://t.co/mlGQ7XQum8 、…
RT @quiriu_pino: 中世日本の「古代から逸脱するも、古代以上のモデルがあるわけでもなく、古代の規範性がダラダラ続く」状態を、今のポストモダン的な状況と似ているとするエッセイ。ちょっとおもしろい。 佐藤 雄基「日本中世史は何の役に立つのか : 史学史的考察と個人的…
RT @kenji_kajiya: ご報告遅くなりましたが、昨年9月のシンポジウムの記録集が出ました。大学図書館や美術館図書室でご覧ください。今はまだ少ないですが、所蔵館は増えると思います。 https://t.co/UohrKqu2a1 https://t.co/j8AkCw…
RT @NDLJP_en: The 2020 Olympics will be Tokyo's second, but there was also a lost Tokyo Olympics in 1940: https://t.co/jX39CRAHfZ #ndldigit…

36 22 22 18 OA 国史大系

RT @HisadomeK: また『扶桑略記』には、火災後の11月18日に、八王子四躰ならびに蛇毒気神・大将軍の御躰焼失の実否を検録した事が記されています。 https://t.co/4eE6OiKTCy これらの記事により、11世紀後半の祇園社には蛇毒気神が祀られていた事が分…

39 26 26 21 OA 国史大系

RT @HisadomeK: 延久2年(1070)10月14日に祇園社が火災に遭いました。 『本朝世紀』の記事(久安4年3月29日の条に引用)には、この火災で蛇毒気神が焼失した事が記されています。 https://t.co/h29TCpt7Is
RT @kenji_kajiya: ご報告遅くなりましたが、昨年9月のシンポジウムの記録集が出ました。大学図書館や美術館図書室でご覧ください。今はまだ少ないですが、所蔵館は増えると思います。 https://t.co/UohrKqu2a1 https://t.co/j8AkCw…
RT @white16074: この表、個人調べの結果+ネット記事参照で作ったので、参考URL明記した方がいい気がしてきた。一応載せときます ・日本赤十字社 血液の基礎知識 https://t.co/cIDhaWaK3t ・アスファルト舗装における出血痕と推定出血量に関する検討…
小松左京『日本沈没』とその波紋 高度成長の終焉から「J回帰」まで 鳥羽耕史 https://t.co/VMOmtntb3w
RT @shunsukekosaka: 「民主政ローマ」論についてはこちらの有益な研究動向サーベイがある。共和政ローマ史研究者の参照必須文献。https://t.co/Il18LcphDB
所感:知らなかった専門用語を二つあげる。「要素・複合分析とは、課題を達成するために必要な会行動を同定する分析であり…」(p.467)。これについて触れている論文は、 野田航. (2018). 応用行動分析学と学習指導. 教育心理学… https://t.co/xOFCLIOxvW
RT @Toshokanron: 【案内】第二は「基調講演 図書館専門職の現状と問題点」(平成13年度(第87回)全国図書館大会・第12分科会(図書館員養成)「高度な専門性をめざす図書館情報学教育」配付資料,2001.10, 7p.)(https://t.co/G1mM7FA…
RT @Toshokanron: 【案内】1995年から2001年にかけての公共図書館の専門職員論に関する発表のうち、2点をつくばリポジトリで公開しました。第一は「専門職資格取得方法の類型と司書資格」(『第46回日本図書館情報学会研究大会発表要綱』1998.11,p.31-34…
わたしと仲小路の関係。「史料紹介 仲小路廉関係文書」 https://t.co/4qVGyB5S6I
RT @m0370: オプジーボが月100万円とかキムリア3400万円とか騒ぐけど、、、この報告を見ると高齢者肺炎は1日あたり4.9万円かかって平均入院日数は20.8日、それで万単位の人数が毎年入院してるらしいですよ。恐ろしい数字よね。 https://t.co/8PxVP7S…
RT @m0370: オプジーボが月100万円とかキムリア3400万円とか騒ぐけど、、、この報告を見ると高齢者肺炎は1日あたり4.9万円かかって平均入院日数は20.8日、それで万単位の人数が毎年入院してるらしいですよ。恐ろしい数字よね。 https://t.co/8PxVP7S…
RT @shunsukekosaka: 「民主政ローマ」論についてはこちらの有益な研究動向サーベイがある。共和政ローマ史研究者の参照必須文献。https://t.co/Il18LcphDB
RT @shunsukekosaka: 日本語で読める彼の業績は少ないが、貴重な講演翻訳として「システムとしてのローマ帝国」 https://t.co/5KvfknQiFl と「紀元66年、132年のユダヤ人反乱とローマ帝国」https://t.co/zj5q6dEcp7 があ…
RT @shunsukekosaka: 日本語で読める彼の業績は少ないが、貴重な講演翻訳として「システムとしてのローマ帝国」 https://t.co/5KvfknQiFl と「紀元66年、132年のユダヤ人反乱とローマ帝国」https://t.co/zj5q6dEcp7 があ…
RT @shunsukekosaka: 「民主政ローマ」論についてはこちらの有益な研究動向サーベイがある。共和政ローマ史研究者の参照必須文献。https://t.co/Il18LcphDB
RT @shunsukekosaka: 日本語で読める彼の業績は少ないが、貴重な講演翻訳として「システムとしてのローマ帝国」 https://t.co/5KvfknQiFl と「紀元66年、132年のユダヤ人反乱とローマ帝国」https://t.co/zj5q6dEcp7 があ…
RT @shunsukekosaka: 日本語で読める彼の業績は少ないが、貴重な講演翻訳として「システムとしてのローマ帝国」 https://t.co/5KvfknQiFl と「紀元66年、132年のユダヤ人反乱とローマ帝国」https://t.co/zj5q6dEcp7 があ…
RT @shunsukekosaka: 「民主政ローマ」論についてはこちらの有益な研究動向サーベイがある。共和政ローマ史研究者の参照必須文献。https://t.co/Il18LcphDB
RT @shunsukekosaka: 日本語で読める彼の業績は少ないが、貴重な講演翻訳として「システムとしてのローマ帝国」 https://t.co/5KvfknQiFl と「紀元66年、132年のユダヤ人反乱とローマ帝国」https://t.co/zj5q6dEcp7 があ…
RT @shunsukekosaka: 日本語で読める彼の業績は少ないが、貴重な講演翻訳として「システムとしてのローマ帝国」 https://t.co/5KvfknQiFl と「紀元66年、132年のユダヤ人反乱とローマ帝国」https://t.co/zj5q6dEcp7 があ…
RT @Harita_arayshi: 「永遠のニシパ」の松浦武四郎が作った北海道の詳細な地図「東西蝦夷山川地理取調図」は国立国会図書館のデジタルアーカイブで見ることができます。貼り付けたのは室蘭の部分と八雲近傍を拡大したもの。内陸の川の注記がすごい! https://t.co…
CiNii 論文 -船田淳一, 真言密教僧西行と熊野・伊勢 : 聖地の言説をめぐる思想史 https://t.co/RHYKbTE7v6
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? アンリ・ヴェルヌイユ『冬の猿』,あるいは交錯と重層の映画的光景(辻野 稔哉),2010 https://t.co/24A2Uopbb8
RT @simanekomama: タイムスリップ現象>フラッシュバックとかかな  と思ったらちがった。 杉山登志郎先生だ 論文(PDFです) 「自閉症の精神病理」 Psychopathology of Autism 杉山 登志郎(浜松医科大学児童青年期精神医学講座) To…
タイムスリップ現象>フラッシュバックとかかな  と思ったらちがった。 杉山登志郎先生だ 論文(PDFです) 「自閉症の精神病理」 Psychopathology of Autism 杉山 登志郎(浜松医科大学児童青年期精神医学… https://t.co/qNeb00QmqD
RT @akabishi2: 《自衛隊広報のエンターテインメント化・ソフト化は自衛隊の社会的イメージの向上には大いに貢献しているものの、自衛官募集にはほとんど影響していないといえるだろう》 エンターテインメント化する自衛隊広報—大規模広報施設フィールドワークからの考察(須藤2…
RT @akabishi2: 《自衛隊広報のエンターテインメント化・ソフト化は自衛隊の社会的イメージの向上には大いに貢献しているものの、自衛官募集にはほとんど影響していないといえるだろう》 エンターテインメント化する自衛隊広報—大規模広報施設フィールドワークからの考察(須藤2…
RT @akabishi2: 《自衛隊広報のエンターテインメント化・ソフト化は自衛隊の社会的イメージの向上には大いに貢献しているものの、自衛官募集にはほとんど影響していないといえるだろう》 エンターテインメント化する自衛隊広報—大規模広報施設フィールドワークからの考察(須藤2…
《自衛隊広報のエンターテインメント化・ソフト化は自衛隊の社会的イメージの向上には大いに貢献しているものの、自衛官募集にはほとんど影響していないといえるだろう》 エンターテインメント化する自衛隊広報—大規模広報施設フィールドワーク… https://t.co/vbkYwxlbmu
RT @uranus_2: 自閉症の人は方言を話さないといわれる(https://t.co/mP0asqqFtf)が、共通語を使用してきたASDが学齢期や青年期で方言を使用するようになる事例が存在するとの報告があった。そこで、彼らを対象に方言使用開始時期および対人的認知スキルに…
RT @kimi_aya_: 博覧会と戦争死者慰霊を中心に仏像を研究するようになったのは、山崎良順の活動を知ってから。 この論文では仏教系保育園に安置された平和観音についても書いてる。仏教保育と仏像もいつか調べたい。 「平和の象徴」としての観音像 ―山崎良順による平和観音…
RT @Harita_arayshi: 「永遠のニシパ」の松浦武四郎が作った北海道の詳細な地図「東西蝦夷山川地理取調図」は国立国会図書館のデジタルアーカイブで見ることができます。貼り付けたのは室蘭の部分と八雲近傍を拡大したもの。内陸の川の注記がすごい! https://t.co…
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…

1 1 1 0 OA 天塩日誌

RT @maquino: 国立国会図書館デジタルコレクション -松浦武四郎『天塩日誌』(文久2年/1862年) https://t.co/5Kw9oYQ9Ht
@shoemaker_levy9 あった…(余裕ではなくそういう研究が)。https://t.co/48Toy2qXx8
RT @jiro_tandf: @kotonoha_yakata @penguinsensei30 ありがとうございます こちらも見つけました https://t.co/UJasLkGzH0
こちらも いろんな図表が取り上げられていて、楽しめるのでは(2011年) J-STAGE Articles - 箱根火山における地図の活用 https://t.co/yPC0bg1vn8
RT @Paul_Painleve: FAVをいただいていますが 西本 敏彦「超幾何・合流型超幾何微分方程式」 https://t.co/w56skvpvkc 犬井鉄郎「特殊函数」 https://t.co/bZqO0MJzMr 高野恭一「常微分方程式」 https://t.c…
2015年噴火に関する論文を多く紹介されています。一読すれば噴火の開口部、箱根の熱水系に関する概要がつかめそう。 J-STAGE Articles - 水蒸気噴火のメカニズムと予知に関する研究集会参加報告 https://t.co/i5C1ZcJccC
"移入朝鮮鉱員をして徹底せる指導錬成を行ひ心身両面に亘り皇国臣民たるの素質向上を期し以て皇運扶翼の大業に寄与せしめんとする" 「生活訓練」「作業訓練」より先に「皇民訓練」が来る 北海道朝鮮労務者協和訓練施設実施の概要 - 国立国… https://t.co/GquXyZ41y9
RT @dragoner_JP: ネットで読める文ではこれが面白い。陸軍で内務班による暴力を経験した鈴木は、陸軍の悪習改善の為に東京帝大で教育学を学び、教育の国家化によって、全国民の教育機会を均等化し、さらには同和・差別問題も解消しようとしていたと → 教育将校 ・ 鈴木庫三…
RT @quiriu_pino: 中世日本の「古代から逸脱するも、古代以上のモデルがあるわけでもなく、古代の規範性がダラダラ続く」状態を、今のポストモダン的な状況と似ているとするエッセイ。ちょっとおもしろい。 佐藤 雄基「日本中世史は何の役に立つのか : 史学史的考察と個人的…
RT @quiriu_pino: 中世日本の「古代から逸脱するも、古代以上のモデルがあるわけでもなく、古代の規範性がダラダラ続く」状態を、今のポストモダン的な状況と似ているとするエッセイ。ちょっとおもしろい。 佐藤 雄基「日本中世史は何の役に立つのか : 史学史的考察と個人的…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒君島彩子 「「平和の象徴」としての観音像 ―山崎良順による平和観音像の寄贈活動―」 『佛教文化学会紀要』25号(2016) https://t.co/62MgI3SQ3U
RT @heero108: 永岑三千輝「第三帝国の膨張政策とユダヤ人迫害・強制移送 1938:最近の史料集による検証」『横浜市立大学論叢 社会科学系列』70巻2号(2019年)193-227頁(https://t.co/I7xixVS3Ur)読了。最新の史料集であるVEJ(ht…
RT @nekonoizumi: 渡邊 麻里「歌舞伎イヤホンガイド前史―1960年アメリカ公演における同時通訳―」 『文化資源学』16巻 (2018) https://t.co/HdPABjcABf 「1975年、歌舞伎座において、日本人のための日本語による、同時解説イヤホン…
明治2年6月6日(1869年7月14日)、鵜殿鳩翁(長鋭)が死去。幕臣で、日米和親条約交渉に携わり、文久3年に浪士組取扱。永井尚志は、「人材登庸を重んし、職掌を辱めす」と評した(河内八郎「伊達宗城とその周辺(続)」『茨城大学人文学… https://t.co/Xm5slYzUve
RT @danrenjaouyo: 「歴史的に見た日本の人口と家族」 https://t.co/mSaqYZZRJV たまたま読んだら面白かった。近世の農村では合同家族(現代のパラサイトシングルに通じる?)という形態があったこと、農村では経済的に自立する農民が増えて皆婚に近い社…
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
RT @KDNuc: @uncorrelated 過剰診断については抑制されていますね。例えば下記などのちゃんとしたものをご参照ください。 ●検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応/鈴木 眞一  https://t.co/xJgvAJzkR5 https://t.co/C…
RT @heero108: 永岑三千輝「第三帝国の膨張政策とユダヤ人迫害・強制移送 1938:最近の史料集による検証」『横浜市立大学論叢 社会科学系列』70巻2号(2019年)193-227頁(https://t.co/I7xixVS3Ur)読了。最新の史料集であるVEJ(ht…
RT @heero108: 永岑三千輝「第三帝国の膨張政策とユダヤ人迫害・強制移送 1938:最近の史料集による検証」『横浜市立大学論叢 社会科学系列』70巻2号(2019年)193-227頁(https://t.co/I7xixVS3Ur)読了。最新の史料集であるVEJ(ht…
永岑三千輝「第三帝国の膨張政策とユダヤ人迫害・強制移送 1938:最近の史料集による検証」『横浜市立大学論叢 社会科学系列』70巻2号(2019年)193-227頁(https://t.co/I7xixVS3Ur)読了。最新の史料… https://t.co/Pk0g4zk7Hv
RT @hseino1: 追記)「リンパ節に転移のある進行した甲状腺がん」という類の言動は本当に子供たちのためになっていますか?甲状腺がんは小さいうちからリンパ節転移があることがデータで示されている。甲状腺乳頭癌の リンパ節転移(PDF)https://t.co/sYLhhFP…
RT @santetsuzoku: これも面白そうだぞ。 千葉県域の利根川水系における水塚及び屋敷林の文化的景観に関する研究 : 栄町、本埜村、印西市、我孫子市、柏市、白井市の水塚と屋敷林のタイプ分類、保存状態、所有者意識https://t.co/t0JMO4KWlx
RT @hseino1: 追記)「リンパ節に転移のある進行した甲状腺がん」という類の言動は本当に子供たちのためになっていますか?甲状腺がんは小さいうちからリンパ節転移があることがデータで示されている。甲状腺乳頭癌の リンパ節転移(PDF)https://t.co/sYLhhFP…
RT @sato51643335: 誰のための, 何のための研究評価か:国際的な協働や競争がない場合、コミュニティ内における厳しい相互点検がより重要になると思いますが、権威主義がまかり通ることの多い日本ではうまくいかないということではないでしょうか。 https://t.co/…
RT @baritsu: 文政7年(1824) に貝塚御坊 願泉寺の住職が紀伊周辺へ参詣遊覧旅行に行った記録。卜半家は有力者で総勢40人ほどの大名旅行。食事の内容が書かれてるのだが和歌山の宿、舛屋又兵衛ではまぐろが出てる。旅館でまぐろはこの頃からあったのね。まぁ和歌山だからだろ…
RT @NIJL_collectors: [きょうのPDF]佐藤賢一「東京大学総合図書館所蔵和算書籍群の構成について」『電気通信大学紀要』2019-02-01 https://t.co/9HbRlDynO1 はじめに 東京大学総合図書館には現在、約1300タイトルほどの和算関…
RT @NIJL_collectors: [きょうのPDF]佐藤賢一「東京大学総合図書館所蔵和算書籍群の構成について」『電気通信大学紀要』2019-02-01 https://t.co/9HbRlDynO1 はじめに 東京大学総合図書館には現在、約1300タイトルほどの和算関…
RT @NIJL_collectors: [きょうのPDF]佐藤賢一「東京大学総合図書館所蔵和算書籍群の構成について」『電気通信大学紀要』2019-02-01 https://t.co/9HbRlDynO1 はじめに 東京大学総合図書館には現在、約1300タイトルほどの和算関…
RT @Ryokansato: ciniiで適当にキーワードを入れるのが趣味なんだけど、「任天堂」と打ち込むと理学療法系の論文がいくつも出てきた。9000円のバランスWiiボードが数百万する測定器の代わりに使えるのね。 J-STAGE Articles - バランスWiiボード…
PDF公開。竹井英文「中近世移行期利府地域史の研究」(『東北学院大学東北文化研究所紀要』50、2018年12月)「城館と街道を中心に戦国期の利府地域の構造を明らかにしつつ、近世初頭にかけて利府地域がどのように変化していったのか、具… https://t.co/rwvgez1kn9
RT @farewell_rabaul: 第2次世界大戦中の日本軍のタイ国内での展開② 後方から前線へ(上・下) https://t.co/icol03D5wD https://t.co/4O7mLM3d0E 面白そうな論文を見つけたので、後で読む。(「機関リポジトリ」から閲…
RT @farewell_rabaul: 第2次世界大戦中の日本軍のタイ国内での展開② 後方から前線へ(上・下) https://t.co/icol03D5wD https://t.co/4O7mLM3d0E 面白そうな論文を見つけたので、後で読む。(「機関リポジトリ」から閲…
RT @tkishi_cardiol: 家から駅まで20分歩いて毎日通る道にある、心臓の刺激伝導系解明に大きな功績を残した #田原淳 博士の住居跡。 https://t.co/B0KZWsvwK4 これも #健康ハートの日 にみんなで知っておきたいと思います。 ちなみに、こ…
RT @JUMANJIKYO: 解答2 https://t.co/VQNwXwO52D https://t.co/6auUi1O0Nn
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
どうも実験者が染料・染色の退色の一般論についてやや経験不足と思われ、詰めが甘いと言うか残念な面も感じるが、今現在発表されている実験データとしてはかなりまとまりがいいかも。( ´;゚;∀;゚;) 結論: LED過信禁物!! → https://t.co/3gCiaN5z86
明治7年7月12日、伊達慶邦が死去。幕末の仙台藩主で、東国最大の国持大名。戊辰戦争で奥羽越列藩同盟の盟主。綿抜豊昭「伊達慶邦一座の七種連歌をめぐって」(『中央大学文学部紀要 言語・文学・文化』119、2017年)は、藩祖の伊達政宗… https://t.co/4lKvXaygaN
RT @BotKmgi: CiNii 論文 - 社会的包摂システムに係る調査研究 : 東京都におけるホームレス生活保護受給全数調査〜PDFあり さすが岡部卓先生とことん研究してますね! https://t.co/mrraWquAlX
RT @noraguma_bobu: 字が読めるのと、史料が読めるのは、違う能力なので(プロの学者なら崩し字は読めて当たり前。その先で格闘している)。 とまれ、関心が高まること自体は歓迎すべきこと。 呉座勇一「史料を読むということ」リンクは日文研 https://t.co/3…
あと、今日の講演会で聴いた3つ目の話はたぶんこれだと思うのだけど、思いがけず非常に興味深かった。この内容で、プロ好みの科学史論文が書けると思う。|CiNii 論文 -  私の研究 ゲノム解読が解き明かす実験用マウスの起源 https://t.co/Rn5lOIRGa1
広義のアラブと言うのは初めて聞きましたし、よくわからないのですが、杉田英明先生・著『日本人の中東発見』や松本ますみ先生の論文『アラビアンナイト』と日本におけるイスラーム認識 https://t.co/4oQnUcHm7M
hay 枯れ草(『英和対訳袖珍辞書』1862) https://t.co/dEZQhwbdQw https://t.co/X2EOYvawk0 hay fever 枯草喘息(『和訳英字彙』1888) https://t.co/oumb90vVi0
RT @manju1635: 村上信明「清朝中期における旗人エリートの「旗人」意識と「中国化」 ──松筠著『百二老人語録』・『西招図略』の検討を通じて──」(『創価大学人文論集』31、2019年3月) 興味深い論文*˙︶˙*)ノ" 以下、オープンアクセス↓↓↓ https:…
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
ヒトのスケジュール誘導性行動 https://t.co/qAnsPLtUZ2 この論文は人で見られるスケジュール誘導性攻撃など紹介されている。
日本地球惑星科学連合2019年大会/高校必修科目「地理総合」の実施を踏まえた地理と地学の連携強化と人材育成 https://t.co/j6ppgzNqYP
日本地球惑星科学連合2019年大会/「地理総合」で付けさせたい力と授業構想 https://t.co/Gysv3miooa
RT @snow1025: https://t.co/zur8gIQfx0 増田好平オーラルを読んだのですが、内閣官房との関係がなかなか印象的でした。07大綱までは防衛庁で書いたが16大綱からは(出向した防衛官僚もいるにせよ)内閣官房が書いたとの由。この時期を研究するときには頭…
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒ゴティエ・アルバン/井上みどり訳/小澤実解説 「シャルルマーニュの食卓にて : カロリング期ヨーロッパにおける飲食」 『史苑』79巻2号 (2019-5) https://t.co/JBtac2HtxP
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
RT @quiriu_pino: 中世日本の「古代から逸脱するも、古代以上のモデルがあるわけでもなく、古代の規範性がダラダラ続く」状態を、今のポストモダン的な状況と似ているとするエッセイ。ちょっとおもしろい。 佐藤 雄基「日本中世史は何の役に立つのか : 史学史的考察と個人的…