maanyaN (@maanya)

投稿一覧(最新100件)

RT @okisayaka: そうしたところ、Keith Windschuttleなどの歴史研究者が『歴史の殺害』のような書物や右派系の論壇誌で「ポストモダン」をひとまとめに批判する論陣を張り、そこではヘイドン・ホワイトなど一連の論者が批判された。 日本語で読めるものは下記。…
RT @yhimeoka: ニセ科学で有名な『水からの伝言』は教育現場に一部浸透し、物理学会誌に批判文が載る事態にまで発展しました 誤った進化論を教えられたら、それを正せるのは大学で生物学を学んだ場合だけです。なぜ「間違っている」とプロから指摘されているのに持論を押し通そうとす…
RT @arabitom: オジキソウの運動メカニズムについては研究が進んできて、 機械刺激受容チャネル遺伝子→「個々の細胞の高速運動」 グルタミン酸受容体型チャネル→「細胞間の高速シグナル伝達」 この2つの遺伝子がおじぎ運動に重要な役割を果たすと分かったようだ。https:/…
RT @halu_992_42: アロウカナ青緑卵とかの色素分泌系を調べた人たち(https://t.co/OR3bCdxHjf)が、別の論文で数種の卵において「家畜より野生のほうが色素多かった」「自然光の有害性と関係あるのかな?(仮説)」と書いてる。(https://t.co…
RT @halu_992_42: アロウカナ青緑卵とかの色素分泌系を調べた人たち(https://t.co/OR3bCdxHjf)が、別の論文で数種の卵において「家畜より野生のほうが色素多かった」「自然光の有害性と関係あるのかな?(仮説)」と書いてる。(https://t.co…
行動的な兆候が分かりにくい、ウインドウは1〜3日という話があったけどそれが来る頻度はどんなものかと思ったら…「チーターの発情周期は個体関係や飼育環境によって変化する」「15〜17ヶ月から行動が変化する」からその頃だろうけど、「行動の種類には個体差あり」とな。 https://t.co/r3KjLtjeic
RT @katzkagaya: よく読み直してるおすすめ 連載解説: 生物学のための情報論 https://t.co/HdGdG2Lmij
RT @gengo6com: インターネットオークションとありますが、これもヤフオクのことです。 ネットオークションによる絶滅危惧魚類の取引状況と取引特性の類型化 https://t.co/YElWUywR7G
RT @trifa3: 論文が出ました。長崎県の福江島からミナミヌマエビを初めて報告しました。九州のいくつかの水系の集団や壱岐島固有種のイキシマカワリヌマエビとのミトコンドリアDNAに基づく比較も行っています。 それより、昨今のカワリヌマエビ類の問題について色々書いたので見てほ…
RT @UABIrurigoki: 【新種記載】 この度、宮古島から新種のゴキブリを記載しました! ベニエリルリゴキブリEucorydia miyakoensis 森の中で暮らす日本一美しいといっても過言ではないGです! 生息地は僅かで絶滅の危機に瀕している可能性があり…
RT @NahokoTokuyama: 昨年の霊長類学会で企画した自由集会「霊長類の違法取引と大型類人猿のエンターテイメント利用に専門家としてどう向き合うか」の概要と報告が『霊長類研究』にて早期公開されました。 https://t.co/6hwercZ7b3 https://t…
RT @NahokoTokuyama: 昨年の霊長類学会で企画した自由集会「霊長類の違法取引と大型類人猿のエンターテイメント利用に専門家としてどう向き合うか」の概要と報告が『霊長類研究』にて早期公開されました。 https://t.co/6hwercZ7b3 https://t…
RT @sandman9791: ちなみにこちらは一昨年の論文。倫理観が高い人は、マインドフルネスが高いほど無執着(物事にとらわれない幸福感)が高いという結果です。 https://t.co/TvHjKKTdoL
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @freeliving_mite: ABS問題による論文撤回の詳細に関する記事「ABSに関連した論文撤回と付随する問題(2021年2月13日現在までの経過報告)」菊地 波輝, 石田 孝英, 鹿児島 浩, 江口 克之 がタクサ(日本動物分類学会誌)#タクサ からfreeで出…
あ、やっぱり多そう。1〜10月ぐらいまで繁殖続いてるし、交尾排卵なのは変わらないし、複数回出産ならそれなりの数が再生産されるね。あ、でも産子数は少なくて一腹あたり1〜3頭。“静岡県におけるニホンノウサギの繁殖特性 https://t.co/MF5F9s0jX0
「カルシウムを骨に取り込むカルシトニンと いうホルモンは魚類 に認められるが, 骨か らカルシウムを放 出(動員) す るホルモ ンであ る副 甲状 腺 ホル モ ンは, 両生類以上 の脊椎動物 に しかみ られ ない.」カルシトニンの作用するメカニズムってどんなだったっけなー https://t.co/bF8qKAcxVi
「豚,犬及び肉食獣は 比較的抵抗性である」ともされています。https://t.co/ly3MiVgV0S 感染死骸の採餌などで発症することもあるようですが、必要量が桁違いに多く、感染しても軽症なようですね。https://t.co/6guPrpmQ00 つまり、肉食獣は炭素菌の接種が多ければ感染するが、重篤化しない、ですね。 https://t.co/cVvGVNxm26
最近話題のアレ、検証論文出てたのでメモっておく。ググっても効果ありの論文が先に出てこなかったのは皮肉よね(当然か)。今年も売ってるみたいだし、置き型のやつとかも検証して欲しい。"身体装着型の二酸化塩素放散製剤の検証 https://t.co/lfIBDVVymI
RT @tapa46: 参考 『ウイルスと宿主の初期反応』 https://t.co/MWQTUUnHPY 『Positive Strand RNA Virusのウイルス学2.カリシウイルス』 https://t.co/ei3BQ6VRtV 知っておきたい!家庭の感染と予防 h…
RT @naoyukinkhm: 分子系統解析のためのDNA実験(植物分類学研究マニュアル5) 東 2013(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/kbxn13wkJX 植物のDNA抽出、PCR、電気泳動、配列決定など、基本的な実験方法が詳しく紹介されています。
読みかけた論文を一旦放流〜 “鳥類におけるメラニンを用いた体色発現システムの分子機構 https://t.co/ZaJITqDM72
羽軸のメラノサイトの位置やら何やらが分かるし、分子メカニズムのとこ絶対面白いでしょ、読む読む。 "鳥類におけるメラニンを用いた体色発現システムの分子機構 https://t.co/ZaJITqDM72
RT @naoyukinkhm: 国内外来種となった絶滅危惧種:その取り扱いと保全をめぐって(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/HFYJXEeiK8 国内外来種となった絶滅危惧種の取り扱いについて、図1でまとめられています。
RT @MC_sashiba: 食パンでハクチョウが死んだ例についてはこれ。地人書館『野生動物の餌付け問題』の「第11章 観光地における水鳥の窒息事故」もこの話。 CiNii Articles - 食パンが咽喉部を栓塞させたオオハクチョウ (Cygnus cygnus) 3…
チンパンジーが出演してるテレビ番組を見たことある人必読。その裏側は、その真実はどうだったのか?ってことが読めるよ。大丈夫、日本語だし、専門用語ばかりでわからないなんてこともない。面白いから読んでみ。 https://t.co/iI5YOHFaH8
RT @masatokage02: 新年早々ではありますが志村動物園のパンくんに関する論文です。見る人が見ればTV越しにもパンくんの負の感情が拾えるそうです。それを演出によって改変。自然や動物番組の闇と言うか課題は大きいです。 https://t.co/aRgLx5gcdp
RT @ykamit: 「生態学における AIC の誤用ーAIC は正しいモデルを選ぶためのものではないので正しいモデルを選ばない」 https://t.co/7T7ESJJrbB 神経科学でも同様の誤用を見かけます
シリーズ実験動物…?!そうか、チョウザメって進化とか発生とかを研究する上で結構いいんだな…。軟質類という変わりダネだもんな。 甲殻類や貝類、昆虫などを食べます。そんなんで2〜3mまで成長すんのか。 https://t.co/KuCNp7u0WZ
RT @jnishihiro: きょうは休耕田の再湿地化作業。地主の農家さんに「田んぼはいじってないとダメになるから・・」と歓迎していただけたのがありがたかった。休耕田を放っておくことでの復田コストの増加は、新潟大の有田先生が見積もっている。 https://t.co/XXxG…
RT @katzkagaya: 生態学ではないけど、たとえばタッチパネルの機械的チャタリングを防ぐ回路、シュミットトリガー回路は、ヤリイカの巨大軸索での活動電位のメカニズムを研究していた生理学者オットー・シュミットがそのメカニズムに触発されて発明した。参考 https://t.…
残念ながら化学合成生物じゃないし、偏性嫌気性菌でもない私は、酸素なくして生きられない体なの・・・ https://t.co/LS7nESzkmL https://t.co/XZX3mGe5N0
古い抄録にアマクサアメフラシの生活環の話あった。 https://t.co/j46p8M9fCQ

28 0 0 0 OA 生物コーナー

RT @ophiacodon: 複雑過ぎるアブラムシの生活環 https://t.co/uHNYeVj0Uc https://t.co/nUPlVAKn06

9 0 0 0 OA ニホンヤモリ

読みながら寝落ち。これを見るに捕獲個体はやはり弱っていたと思われる。現段階で元の場所(玄関脇)に返すのは不安しかないので、一旦我が家で回復を試みる。えーっと、コオロギとワームですかね… "シリーズ 実験動物紹介 ニホンヤモリ https://t.co/Y93zHswVAH
「表面に複雑な色の層が現れる。/油の薄い膜による光の複雑な屈折と干渉により生じる。」構造色によるカラーリング https://t.co/el4ve9H0K7

119 0 0 0 OA 鼠族図譜

RT @aoi_skmt: 江戸時代の図鑑『鼠族図譜』 水戸藩の本草学者、佐藤中陵が著したもの。ネズミやリスのほか、テンやイタチなども当時は「鼠族」と考えられていたようです。 https://t.co/q4HLtt0tvR https://t.co/7v6BGg7Ea2
共生藻類の役割はおおむねサンゴと同じぽいけど、石灰化の促進なんてのもあるのか。 "サンゴ礁海域に分布する大型底生有孔虫の生態 https://t.co/jNgkDjy0Jj https://t.co/jNgkDjy0Jj
"造礁性サンゴ類のストレスと防御機能―生理・遺伝子・生態の視点から https://t.co/Qx3oa5rlMk
"辛味のリセプター(<総説特集> 味覚のリセプター分子 4) Pungency receptor -CiNii Articles https://t.co/aBVpJqOZUO
"CiNii Articles -  Feeding of Neomenia yamamotoi Baba, 1975 (Mollusca: Solenogastres) … / サンゴノフトヒモ(溝腹綱)によるイソギンチャクの捕食 https://t.co/IbIn7AWZE3
RT @hedgehog_love51: CiNii 図書 - 日本魚介図譜 https://t.co/PtBDWSoHGM #CiNii
RT @tapa46: バカガイの稚貝が斧足を振って魚みたいに泳ぐなんて初めて見たぞ‥ もはや二枚貝じゃないだろ‥ https://t.co/0jkMXMGUrj https://t.co/LOWzIY3GSb
RT @tapa46: コノハミドリガイかその辺なので食べた緑藻の葉緑体を細胞内(中腸腺上皮細胞であるとされる)に溜め込んで光合成できる(盗葉緑体)ウミウシでしょう。嚢舌目にはそういう例がいくつかあります。 https://t.co/adXyryPd9A https://t.c…
"尖頭を持ったマギレミジンコにおけるフサカの捕食に対する防御機構 https://t.co/WhLLfWR40B
RT @as_capabl: 「ミジンコは危険を感じると頭を尖らせるが、特に意味はない上に尖らせるのに一日かかる」ってツイットがあったけど、追跡調査の結果ミジンコ達のがんばりは無駄で無かった事が判明して救われた気分になりました https://t.co/KtSS5lT886
RT @noematsu: @momodog22 そうなる原因は分かりませんが、赤尾のアマおたまは各地で報告があります。私も東北地方で見たことがあります。尾は切れていませんでした。 「赤い尾のニホンアマガエルの幼生」https://t.co/9s6tBSGFIf
RT @yoshidamasaaki: @ssmufler @kfuku0502 そんなことないよ、マニア多いよこの分野. 水分調節は上陸の要だもの。 https://t.co/33RTvJW8CH https://t.co/8anwQvPTU0
オイカワとホンモロコの幼魚のクプラの電顕写真載ってる。 "魚類遊離感丘の成長に伴うクプラの形態変化 https://t.co/yLAGa9rV3Q
"A Novel Shell-less Culture System for Chick Embryos Using a Plastic Film as Culture Vessels -JPSA https://t.co/3rKQfbenK7
シリヤケイカという名を初めて聞いた上に、胴先端部から何から赤い液体を出すって、何よその液体?と思ったのだが、書いてないな… "東京湾でとれるコウイカ及びシリヤケイカの生態について https://t.co/E5ohfGePhB
RT @sakumad2003: その5?日本列島におけるナガミヒナゲシ(Papaver dubium L.)の生育地の拡大 吉田光司ら2007 全国分布とは言ってもこの時点では結構濃淡がある。 https://t.co/IC1yHSZ0Zu
RT @sakumad2003: その4 吉田光司さんら2008 都市におけるナガミヒナゲシ(Papaver dubium)の生育地拡大要因 https://t.co/RcdlXIuYOI #CiNii これ面白い。タネ展のトピックに入れてもよかったな。
RT @sakumad2003: メモ ナガミヒナゲシを考えるための参考資料その1 植村修二さんの2012年の総説「帰化植物とつきあうにはなにが大事なのか」→ https://t.co/fNRxgC2kte
アマゴの眠り病は粘液胞子虫の項に出てきてる。飼育水をろ過し、感染期の胞子を除去するとな。 "魚介類の寄生虫病に関する研究 https://t.co/dW025FgqoQ
ウイルス性コイ浮腫症(viraledemaofcarp:VECV)と同じウイルスに起因するウイルス性疾患なんですね、眠り病。 "魚類ウイルス病とその防疫・防除に関する研究 https://t.co/ZFXHnH3RdE
細かい話がたくさん…。高校生物の教科書に載ってる…?載ってたか、忘れちゃったよう。。 "棘皮動物の生活史の多様性とその系統分類学的意義 https://t.co/TC99vsGKI4
細かい話がたくさん…。高校生物の教科書に載ってる…?載ってたか、忘れちゃったよう。。 "棘皮動物の生活史の多様性とその系統分類学的意義 https://t.co/TC99vsGKI4
RT @KI55ISaVhgTLl8Y: メクラヨコエビについて調べてたら使えそうな物を発見した CiNii 論文 -  日本産淡水ヨコエビ類の分類と見分け方 https://t.co/65RHnjTYVM #CiNii
RT @MasakiHoso: というか、この論文のデータすごいな。無料なので、図1だけでも見てください: 嶋津信彦 (2011) 2010年夏沖縄島300水系における外来水生生物と在来魚の分布記録. 保全生態学研究, 16: 99–110. https://t.co/zlJ6…
RT @MasakiHoso: 図鑑『沖縄島の外来魚ガイド』を作り、在来魚を絶滅から救いたい https://t.co/paNytfsIw1 下記論文を元にしたクラウドファンディング挑戦。応援したい! 嶋津信彦 (2011) 保全生態学研究, 16: 99–110 https:…

9 0 0 0 OA 生物コーナー

ハチの配偶行動について少し聞いたし、おさらいの意味も込めて。 "ミツバチの配偶行動 https://t.co/pWDN0Q2x9i
RT @sakumad2003: ノーベル賞の業績、ご本人の論文がやっぱり一番わかりやすい。→ 大野智 -  マクロライドに魅せられて40年(挑戦者からのメッセージ) http://t.co/SFuAOoUbI2 #CiNii
@kinoboriyagi @GingaCrocodylus @Cporosus 解剖図付き見つけたので、取り急ぎ共有。 https://t.co/UtNAvxwMzM

9 0 0 0 OA 生物コーナー

生物コーナーより、鮭の回遊要因について。ホルモンの下り面白い。 https://t.co/7kAGIJrUqS

29 0 0 0 OA 京伝工夫小紋形

RT @marenostrum2: 1784年「狐をうまにのせたというより初午という事はじまったり」王子稲荷のお狐さまですね。王子土産いいなぁ。 http://t.co/Df91EjLs18 http://t.co/DjQmIeDjT8
トリメチルアミン&オキサイドの含有量を部位ごとに検討した論文 http://t.co/AyTIxRl6nX 新鮮魚介に元々含有される量を測っておる。細菌による分解量や細菌種、細菌量などの検討をされたものはないかな〜(探
お、これは憲法解釈について、自衛権についていい教材っぽい。おいらも読もうっと。 “@Butayama3: まあまずは、かあさん今晩これ読むんだ。 まあ、pecoさんに教えてもらったこれ。http://t.co/qBHS6QuccM ”
RT @UenoZooGardens: 写真は、本日の歯のイベントで展示したロバの一文字(剥製)の入歯 1963年に入歯を作られた石上先生http://t.co/r1OhSqz2cvによると、入歯を付けた老齢の一文字は、元気に食事ができるようになりました。 歯を大切に! h…

お気に入り一覧(最新100件)

論文が出ました。長崎県の福江島からミナミヌマエビを初めて報告しました。九州のいくつかの水系の集団や壱岐島固有種のイキシマカワリヌマエビとのミトコンドリアDNAに基づく比較も行っています。 それより、昨今のカワリヌマエビ類の問題について色々書いたので見てほしい。 https://t.co/r58q45elJe
昨年の霊長類学会で企画した自由集会「霊長類の違法取引と大型類人猿のエンターテイメント利用に専門家としてどう向き合うか」の概要と報告が『霊長類研究』にて早期公開されました。 https://t.co/6hwercZ7b3 https://t.co/ptntGRNxnT(PDFダウンロード)
昨年の霊長類学会で企画した自由集会「霊長類の違法取引と大型類人猿のエンターテイメント利用に専門家としてどう向き合うか」の概要と報告が『霊長類研究』にて早期公開されました。 https://t.co/6hwercZ7b3 https://t.co/ptntGRNxnT(PDFダウンロード)
論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが示されました https://t.co/63qsdzdd5O

フォロー(1251ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tobatoppers: 読み流せない内容だったので備忘用にメモ。 ①私のような学校外で教育に携わっている人間は、学校の型に嵌った権威主義的なやり方を易々と批判し、別のオルタナティブなものを提示すること、+ 講義の時間—ベルクソンのコレージュ・ド・フランス講義録を読む…
RT @takeokato719: 量子もつれについての簡単な解説として、2014年にベル不等式50周年を記念して物理学会誌で小特集を組んだときのまえがきがあります。拙い文章ですが、私が書かせていただきました。ちょっと難しめかもしれませんが、1ページなので読みやすいかも。グラフ…
RT @takeokato719: 量子もつれについての簡単な解説として、2014年にベル不等式50周年を記念して物理学会誌で小特集を組んだときのまえがきがあります。拙い文章ですが、私が書かせていただきました。ちょっと難しめかもしれませんが、1ページなので読みやすいかも。グラフ…
RT @hiraiyasushi1: 藤田尚志「講義の時間——ベルクソンのコレージュ・ド・フランス講義録を読む」 無料で読めます。 https://t.co/y2vX7EQrrz
RT @kaishi_jps: わかりやすい解説は明日ホームページに公開される予定です。明日まで待てない!という方は、この小特集の「はじめに」がわかりやすいかもしれません。 https://t.co/KDGTIkVbVw
RT @hyojiro1921_22: ノスリの一亜種について。南大東島では1964年にノスリの繁殖が確認され、そのヒナが人工飼育されて新亜種ダイトウノスリが記載されました。https://t.co/IfFLqLpCsa その後標本は逃げてしまい、本当に区別しうる亜種だったのか…
RT @NDLJP: 立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1205「コロナ禍における過剰貯蓄の動向」(PDF:515KB)を掲載しました https://t.co/Riq6HZajCe
RT @HomeiMiyashita: 日本バーチャルリアリティ学会 論文誌の特集号、お手伝いしました。「HMDに次ぐ」どころか、いつか「HMDを超える」VR技術になると僕は思っています。この分野の発展を願っています。→「神経インタフェース」特集号刊行にあたって 青山一真, 玉…
RT @hyojiro1921_22: ノスリの一亜種について。南大東島では1964年にノスリの繁殖が確認され、そのヒナが人工飼育されて新亜種ダイトウノスリが記載されました。https://t.co/IfFLqLpCsa その後標本は逃げてしまい、本当に区別しうる亜種だったのか…
RT @kaisekiriu: 松永俊男 (1984) ウィルバーフォース主教のダーウィン批判. https://t.co/tBHPWxsXg3
SNAP23-Mediated Perturbation of Cholesterol-Enriched Membrane Microdomain Promotes Extracellular Vesicle Production in Src-Activated Cancer Cells 小根山先生のところからSrc依存exosome分泌の系 https://t.co/kPC0k1k6Yq https://t.co/dBK0d3h4iQ
Inhibition of Glycogen Synthase Kinase 3ß Enhances Functions of Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Brain Microvascular Endothelial Cells in the Blood–Brain Barrier 【自分用備忘録】 BBBを強固する新規メカニズム https://t.co/z7TZehpGs3 https://t.co/XoyETN5N7D
Purification of Emu IgY for Therapeutic and Diagnostic Use Based on Monoclonal Secondary Antibodies Specific to Emu IgY https://t.co/BebfPfLAEF 【自分用備忘録】エミュー!エミュー!エミューの抗体の応用 https://t.co/Y5yncXSmk9
The Many Roles of Lysophospholipid Mediators and Japanese Contributions to This Field https://t.co/8R2acW6Lhl 【自分用備忘録】青木淳賢先生総説 必読 LPAシグナリング https://t.co/IiQCRXYCB2
Metabolic Regulation in Adipocytes by Prostanoid Receptors 【脂肪細胞を制御するGPCR】 https://t.co/3NpC4TuP2g 【自分用備忘録】 https://t.co/OIQezykqUV
Development of siRNA Delivery System by Lipid Nanoparticles Modified with Functional Materials for Cancer Treatment 【siRNA-DDS-総説】 https://t.co/TKRPB7jQ5X 【自分用備忘録】 https://t.co/GFQJ8pJMRL
藤田尚志「講義の時間——ベルクソンのコレージュ・ド・フランス講義録を読む」 無料で読めます。 https://t.co/y2vX7EQrrz
RT @831245leg: 下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の…
RT @831245leg: 下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の…
[蒐書日誌]日本応用数理学会の和文誌総説記事がオープンアクセスになりました —— 三中信宏 2022. 統計学と哲学:データ解析の行間を読む.応用数理, 32(2): 80-86(2022.6) abstract https://t.co/uoWzWHLgjP | pdf https://t.co/yS5wtzxXWn [open access].
[蒐書日誌]日本応用数理学会の和文誌総説記事がオープンアクセスになりました —— 三中信宏 2022. 統計学と哲学:データ解析の行間を読む.応用数理, 32(2): 80-86(2022.6) abstract https://t.co/uoWzWHLgjP | pdf https://t.co/yS5wtzxXWn [open access].
参考資料: ②佐藤 綾佳「中上健次『枯木灘』 秋幸の存在不安」 https://t.co/zXd0gv7ljI
RT @831245leg: 下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の…
RT @831245leg: 下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の…
RT @831245leg: 下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の…
RT @831245leg: 下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の…
RT @hyojiro1921_22: 大東諸島の留鳥マガモについて。「現状不明」と書いたのは、僕が最近の南大東島の情報を持っていないからです。2000年頃にはまだ留鳥個体がいたようですが(画像は沖縄県博紀要29号。Sが南)、その後はどうなのでしょう?北大東島では遅くとも201…
RT @831245leg: 下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の…
RT @831245leg: 下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の…
RT @k48430da3c9: 英語論文が公開されましたのでここに報告します。 論文タイトル「Dermocystid infection in Japanese fire-bellied newt, Cynops pyrrhogaster」 初英文だったので、とても良い経験…
RT @ayano_kova: 2013年、ロシア科学アカデミーを政府の直接管理に置き、総裁を大統領指名制にするといった大規模な「改革」を提案されたものの、アカデミー会員+国際的な大反対を呼んだため、一部再編で終わったという経緯があるそう(執筆者の名前に注目!)。 https:…
RT @2d0rn0t2d: こないだTwitterで見かけた「属人器」という文化について調べてたら面白い論文が出てきた。 埼玉では汁椀も個人専用にする家庭が多いらしい。 https://t.co/RR30ioWnQd うちの属人器は箸と茶碗だけだな。個人用の取り皿なんて考え…
RT @2d0rn0t2d: こないだTwitterで見かけた「属人器」という文化について調べてたら面白い論文が出てきた。 埼玉では汁椀も個人専用にする家庭が多いらしい。 https://t.co/RR30ioWnQd うちの属人器は箸と茶碗だけだな。個人用の取り皿なんて考え…
→電力系統への投資に関しても、私も10年程前からずっと欧州をウォッチして情報発信してきましたが、 https://t.co/OYg4Nel2Qg https://t.co/VCpnl2tqRx https://t.co/XxqODR5O4z https://t.co/dkeVBnjF0N ようやく日経新聞さんなどメディアレベルで取り上げらるようになり、しみじみ感慨深いです。
→電力系統への投資に関しても、私も10年程前からずっと欧州をウォッチして情報発信してきましたが、 https://t.co/OYg4Nel2Qg https://t.co/VCpnl2tqRx https://t.co/XxqODR5O4z https://t.co/dkeVBnjF0N ようやく日経新聞さんなどメディアレベルで取り上げらるようになり、しみじみ感慨深いです。
→電力系統への投資に関しても、私も10年程前からずっと欧州をウォッチして情報発信してきましたが、 https://t.co/OYg4Nel2Qg https://t.co/VCpnl2tqRx https://t.co/XxqODR5O4z https://t.co/dkeVBnjF0N ようやく日経新聞さんなどメディアレベルで取り上げらるようになり、しみじみ感慨深いです。
@beni06481848 まだ足りなかった (-_-;) 9系統ですな w https://t.co/uWjMfrFSyz
RT @lichenjapan: #地衣類everyday おすすめの文献「地衣類の採集と標本作製」Bunrui 14: 185-192 (2014) https://t.co/CEs1X30BkW
#地衣類everyday おすすめの文献「地衣類の採集と標本作製」Bunrui 14: 185-192 (2014) https://t.co/CEs1X30BkW
RT @NDLJP: さまざまな暦で記された、現地新聞の発行日。暦は、現地の暮らしや文化に深く根ざしています。#アジア情報室通報 では、東南アジアの暦に関する調査事例をご紹介しています。 「レファレンス事例・ツール紹介 26 東南アジアの暦」 https://t.co/66U…

フォロワー(1275ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @takeokato719: 量子もつれについての簡単な解説として、2014年にベル不等式50周年を記念して物理学会誌で小特集を組んだときのまえがきがあります。拙い文章ですが、私が書かせていただきました。ちょっと難しめかもしれませんが、1ページなので読みやすいかも。グラフ…
RT @hyojiro1921_22: ノスリの一亜種について。南大東島では1964年にノスリの繁殖が確認され、そのヒナが人工飼育されて新亜種ダイトウノスリが記載されました。https://t.co/IfFLqLpCsa その後標本は逃げてしまい、本当に区別しうる亜種だったのか…
RT @NDLJP: 立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1205「コロナ禍における過剰貯蓄の動向」(PDF:515KB)を掲載しました https://t.co/Riq6HZajCe
RT @hyojiro1921_22: ノスリの一亜種について。南大東島では1964年にノスリの繁殖が確認され、そのヒナが人工飼育されて新亜種ダイトウノスリが記載されました。https://t.co/IfFLqLpCsa その後標本は逃げてしまい、本当に区別しうる亜種だったのか…
RT @kaisekiriu: 松永俊男 (1984) ウィルバーフォース主教のダーウィン批判. https://t.co/tBHPWxsXg3
これは別府先生の追悼記事。格調高い。 追悼 國中 明先生を悼む 別府 輝彦 化学と生物 2013 年 51 巻 8 号 p. 574-575 https://t.co/gBYdcdY9z1
CiNiiのリンク切れてました。下のリンクで読めます。 教えてくださった方、ありがとうございます。 https://t.co/esGpdVfDXZ https://t.co/CoXvo9JuWL
RT @TsukubaNiwaLab: 今参加しているオンライン研究会にて、はじめて得た知識。なんと、酒を主食にする民族があるとは。常識的知識だったのならお恥ずかしい。 J-STAGE Articles - エチオピア南部デラシェ社会における主食としての醸造酒パルショータ h…

3 3 3 0 OA ASCONE2009体験記

RT @shuxnys: 私もASCONE childrenです! 2回参加させていただきましたが、いずれの会も、とても強い刺激を受けたことを今でも鮮明に覚えています。 https://t.co/aoEztPh0M6
RT @831245leg: 下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の…
RT @831245leg: 下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の…
RT @831245leg: 下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の…
RT @831245leg: 下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の…
RT @hyojiro1921_22: 大東諸島の留鳥マガモについて。「現状不明」と書いたのは、僕が最近の南大東島の情報を持っていないからです。2000年頃にはまだ留鳥個体がいたようですが(画像は沖縄県博紀要29号。Sが南)、その後はどうなのでしょう?北大東島では遅くとも201…
RT @k48430da3c9: 英語論文が公開されましたのでここに報告します。 論文タイトル「Dermocystid infection in Japanese fire-bellied newt, Cynops pyrrhogaster」 初英文だったので、とても良い経験…
RT @zarigani03: 10月になりますね 秋・10月は特にタヌキのロードキルが多発する時期です https://t.co/Z4HMmtzyHt 秋は子離れの時期で、経験の浅い亜成獣の行動が活発化、移動距離が長くなり、ロードキルが増える傾向があります 「動物注意」の看板…
RT @2d0rn0t2d: こないだTwitterで見かけた「属人器」という文化について調べてたら面白い論文が出てきた。 埼玉では汁椀も個人専用にする家庭が多いらしい。 https://t.co/RR30ioWnQd うちの属人器は箸と茶碗だけだな。個人用の取り皿なんて考え…
RT @shirakawa_love: 面白い。こうして並べてみるとやはりページ数がそれなりにある教科書のほうがしっかり書いてある。井堀マクロ、福田&照山は陳腐化に触れていれば完璧だった。 マクロ経済学の入門書における「固定資本減耗」の説明のあり方を考える https://t…
RT @yukinoko811: 研究者発表でも『女性の外見をした自立型アンドロイド』と少し気を遣った記述がされているので、女性の外見をした人工物の性自認は果たして女性なのか……とか、色々考えちゃいます。 自立型アンドロイドによる対話における「同調的笑い」の生成|情報処理学会…
RT @NDLJP: さまざまな暦で記された、現地新聞の発行日。暦は、現地の暮らしや文化に深く根ざしています。#アジア情報室通報 では、東南アジアの暦に関する調査事例をご紹介しています。 「レファレンス事例・ツール紹介 26 東南アジアの暦」 https://t.co/66U…