真城亜 (@omispduser)

投稿一覧(最新100件)

RT @seitokisoukari: 鐘の音、こんな感じです! 基本周波数は1.2×10^5×厚み/(口径^2)で求められます! https://t.co/E4fDhwcVSa https://t.co/3wzVmf2mMy
RT @gomadare882: 面白かったアフリカ音楽の論文 尚美学園大学学術情報リポジトリ アフリカ音楽分析 : ジャズのルーツとしてのポリリズムと音律 (音楽表現学科特集号) https://t.co/THdLODnpBf
音場再現技術と高臨場感コンテンツ制作 https://t.co/OB6XwigtqG
読んでる 円柱形つまみの回転操作における指の使用状況について https://t.co/W1cthCIeMU
RT @n_peeq_t: 『Wave Field Synthesisの原理はスピーカーアレイに基づくもので, 適切な音実場とまったく同一のものを再生音場で実現するものである』 『音像定位の精度がステレオ音響よりも向上されるので, 聴取者は異なる合成音像の区別がつけやすくなり,…
@underarrow やっぱ出来る人もいるんですね。 あと今調べた論文だと専門的な音楽の教育を受けた人だと明確にイメージできるという話もあるようです。 音感と色聴感覚 jstage https://t.co/hdkHvkiW6x
RT @ablativehen: J-STAGE Articles - 人工オノマトペによる日本語音声ハイエラーキ* https://t.co/sGbhSovKKt
RT @omispduser: 読んでる。 日本音響学会誌 1992 年 48 巻 9 号 p. 676-678 J-STAGE Articles - RSS方式について https://t.co/aHhAsCiHBJ
読みます J-STAGE Articles - 音声分析技術の最近の進歩 https://t.co/8zWpzGQkSy
読みます J-STAGE Articles - 半自動声門逆フィルタ法による有声音源特性の検討 https://t.co/fvB5vjJ4Ca
RT @PSGOZMIKU: ボカロで歌や発話を作るとき、考えなきゃならんと思っているのが、ある調音から別の調音に移行するのにかかるそれぞれの時間。顎や唇や舌を動かす距離が違うのだから当然違いがあるだろうという。これ声優とかアナウンサーとかの研究してるのって無いかな? ↓こう…
RT @ablativehen: J-STAGE Articles - 有声子音認識における零点ケプストラム係数の有効性 https://t.co/QL62q9CPKb
RT @PSGOZMIKU: __φ( ╹ω╹ ) 。oO(Pinker(1997)によれば、音楽とは、少なくとも6つの精神機能を刺激するように作られている ・言語 ・聴覚の情景分析 ・情動のコール ・生息地選択 ・運動制御 ・その他 https://t.co/ZwwuDA…
J-STAGE Articles - 短時間フーリエ変換の基礎と応用 https://t.co/t3wHQTGvI0
J-STAGE Articles - ステレオエコーキャンセラの課題と解決法 https://t.co/XhW28Ch3Jp
「兄弟式リアルタイム音声合成演奏システム」の概要と背景 https://t.co/9IIMgzVqBG
@t_miwa_neutron @kanshikironri IPA(国際音声記号)とか、X-SAMPAとかで、ある程度定義されていたりします。 日本音響学会のこのPDFに音声学の基礎がまとめてあります。 https://t.co/VMINH8XchS
J-STAGE Articles - フォルマント遷移とインテンシティの減衰が促音の知覚に与える影響 https://t.co/BtyHTcmWWM
RT @hidekikawahara: 締切仕事で資料を見直していたら2年前に書いたコラムが出てきた。既に全部ゴミ箱ではと恐る恐る確認。評価関数への懸念はend-to-endと微分可能な構成が膨大な試料の利用で吹き飛ばした感があるがその他は可。で、そろそろVOCODERに戻る潮…
RT @hidekikawahara: 締切仕事で資料を見直していたら2年前に書いたコラムが出てきた。既に全部ゴミ箱ではと恐る恐る確認。評価関数への懸念はend-to-endと微分可能な構成が膨大な試料の利用で吹き飛ばした感があるがその他は可。で、そろそろVOCODERに戻る潮…
読んでる J-STAGE Articles - 感覚情報の知覚メカニズム https://t.co/iaEAaFiPMw
後で読みます J-STAGE Articles - パイプオルガンと演奏ホール https://t.co/yzYHcbFrVJ
RT @ablativehen: CiNii 論文 -  愛知県新城市方言の名詞アクセント資料 https://t.co/0uTMrwCfrN #CiNii
読んだ J-STAGE Articles - 水の蒸発潜熱を利用した加熱壁面の冷却 https://t.co/Q6VIgy5pxJ
読んだ J-STAGE Articles - うつ病と海馬神経新生 https://t.co/J0dD6f4Oh1
これも後で読む J-STAGE Articles - ヘンリー・カウエルの音楽理論と実践― 『新しい音楽の源泉』における新たな音響素材の探求― https://t.co/f5cYhx4G7I
今やろうとしてることに役立ちそうな文献。 J-STAGE Articles - 短時間フーリエ変換の基礎と応用 https://t.co/t3wHQTGvI0
読んでる J-STAGE Articles - 日本語子音の物理音聲學的研究 (第一報) https://t.co/uKkQ0UTwlU
読んでる。 日本音響学会誌 1992 年 48 巻 9 号 p. 676-678 J-STAGE Articles - RSS方式について https://t.co/aHhAsCiHBJ
後で読む 井口 達雄「水の波の方程式」 https://t.co/P6Mg1K6xtw

1 0 0 0 OA 鼻子音の識別

ざっと見た感じ、この論文役立ちそう。鼻音の特徴とか。 日本音響学会誌「鼻子音の識別」 https://t.co/LKtoT6VpeE

お気に入り一覧(最新100件)

鐘の音、こんな感じです! 基本周波数は1.2×10^5×厚み/(口径^2)で求められます! https://t.co/E4fDhwcVSa https://t.co/9jWaXaGSjy https://t.co/3wzVmf2mMy
発光する玉子焼にぎり寿司 https://t.co/Xq5WYX3aVq
面白かったアフリカ音楽の論文 尚美学園大学学術情報リポジトリ アフリカ音楽分析 : ジャズのルーツとしてのポリリズムと音律 (音楽表現学科特集号) https://t.co/THdLODnpBf
ジョン・ゾーン《コブラ》はどのような〈ゲーム〉なのか -奏者間のやり取りに着目した検討- https://t.co/Y2YOcDwzac
ヘリウムガスで音が高くなる理由って音速の違いなんだ、初めて知った。固体とかはとても音速が速いけど砂とかはどうなのかなと思ったら逆に小さくなるみたい。 >>音速の値は各 試 料とも約30 m/sと空気中の音速や,固体中を伝わる弾性波の速度と比べて非常に小さい https://t.co/biUORloh1p
@PSGOZMIKU 古い古い研究ですが(写真が若いわw)https://t.co/Jk81WEhAWN ゲシュタルトの知覚現象が,どこでどう起きているか,いまだにそのプロセスははっきりしないですね.最近の進歩があれば知りたい.
「ヒントでピント」-画像処理による番組専用送出システムと周辺装置 https://t.co/FCTPflnGxu https://t.co/75m1TDzi0f
J-STAGE Articles - 周期関数による幾何学模様の生成とその変換 https://t.co/MkN4BdfaCQ
__φ( ╹ω╹ ) 。oO(こんなの見つけた 音声分析合成による鼻声の声質改善を目的とした鼻音における周波数特性の分析 (音声) -- (オーガナイズドセッション 多様な音声の認識・合成へ向けて) https://t.co/HF4gN7xqmZ
J-STAGE Articles - 朝鮮語ソウル方言における進行中のトーン変化―トーン発生と語彙拡散の観点から― https://t.co/j63ZihhHsZ
測定しようず https://t.co/ZRWLQqPQuL https://t.co/O1b4NE73qe
悲しい曲のどこが「悲しい」のか -音楽の中の情動認知- 源河亮 https://t.co/rYcmG22n1s
CiNii 論文 -  琉球古典音楽(野村流)の歌唱技法による歌声の特徴分析 https://t.co/XKzQ1VK229 #CiNii
>内発的動機づけが創造的な成果に結びつき,評価や金銭的な報酬といった外発的な動機づけはそれを制限することを示してきた[Amabile]。内発的動機づけとは,人が金銭や地位などの外発的な報酬に依存せず,仕事の中身そのものから得られる満足感によって仕事に動機づけられること https://t.co/TzJIb8Tpit
J-STAGE Articles - 栃木方言における聞き返し疑問形のイントネーションのモデル化 https://t.co/rSgizYzo7N
CiNii 論文 -  愛媛県松山市方言における青年層の動詞・形容詞終止形のアクセント https://t.co/fOwfGFFD9j #CiNii
CiNii 論文 -  雑音に頑健な音声認識のための韻律情報の利用 https://t.co/2KndZ4pibM #CiNii
ずっと考えてちょこちょこ作っていたことが既にめちゃくちゃやられていた、しかも4年前 「デザイン思考」に基づいた対話型都市設計支援ツールの開発 https://t.co/Y6XvLvSOl3
J-STAGE Articles - 語頭と語末のバイモーラ頻度が吃音頻度に及ぼす影響 https://t.co/kzXUBxXa32
J-STAGE Articles - はじめての聴覚フィルタ(やさしい解説) https://t.co/hrCNv6PniL 途中の関数はすぐに飲み込めないけどかなりわかりやすい
CiNii 論文 -  大阪らしいしゃべりかたと大阪らしい話し声 https://t.co/b9ssrSEzsx メモ -> 」 『方言音調の諸相・西日本 (2)』 文部省重点領 域研究 「日本語音声における韻律的特徴の実態と その 教育に関する総合的研究
J-STAGE Articles - 東京っぽい発音と大阪っぽい発音の音声的特徴 : 東京・大阪方言とも頭高アクセントの語だけから成る文を素材として https://t.co/3N5rJ8ZCPZ
オブジェクト指向アプローチによる橋梁計画設計支援システムのモデル化に関する研究 https://t.co/ScHD19S12s OOPと物理的形状の設計の繋がりがないかと探したらこんなものが
@n_peeq_t 初めまして、まさにこの事ですよね https://t.co/gOu7NJKilf
CiNii 論文 -  促音閉鎖区間の有声性に関する音声詳細の地域差 https://t.co/C632gPJgaX #CiNii
良い説明をしてるドキュメント見つけたと思ったら森勢先生でしたの巻。リンク(日本音響学会誌)の右上PDFをDLし、4ページ目の左側を参照。 https://t.co/u5Jt7vsFAv
J-STAGE Articles - 有声子音認識における零点ケプストラム係数の有効性 https://t.co/QL62q9CPKb

フォロー(645ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @magicarchtec: 午後のこ~だ、当時は強烈にエンコードが速くてx86のアセンブラでとは何かで知ったけど、改めてググると5人のうちの開発者の1人がインタビューや情報処理学会の論文誌に掲載してて当時のすごさを感じる。 ここまでしてたとは.... https://…
RT @magicarchtec: 午後のこ~だ、当時は強烈にエンコードが速くてx86のアセンブラでとは何かで知ったけど、改めてググると5人のうちの開発者の1人がインタビューや情報処理学会の論文誌に掲載してて当時のすごさを感じる。 ここまでしてたとは.... https://…

フォロワー(525ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @magicarchtec: 午後のこ~だ、当時は強烈にエンコードが速くてx86のアセンブラでとは何かで知ったけど、改めてググると5人のうちの開発者の1人がインタビューや情報処理学会の論文誌に掲載してて当時のすごさを感じる。 ここまでしてたとは.... https://…
RT @magicarchtec: 午後のこ~だ、当時は強烈にエンコードが速くてx86のアセンブラでとは何かで知ったけど、改めてググると5人のうちの開発者の1人がインタビューや情報処理学会の論文誌に掲載してて当時のすごさを感じる。 ここまでしてたとは.... https://…