歩き (@hitsujiaruki)

投稿一覧(最新100件)

RT @tweetingtakumi: 横国大都市イノベーション学府の紀要に論文が掲載・公開されました。ドゥルーズ『シネマ』におけるイメージ概念がどのようにして「映画が喚起する諸概念」の創造を可能にしているのかということをエリー・デューリングの映像論・ベルクソン論との比較を通し…
野島 那津子(2015)「十分に医療化されていない疾患を患うことの困難と診断の効果――痙攣性発声障害を患う人々の語りから――」『ソシオロジ』59 (3) pp. 3-19 https://t.co/nif1fJ262p
RT @tk_sskmt: 拙論Webにて公開されてました! 『マルクス=レーニン主義手帖』について日本語で読める最新の研究です!(需要があるかは知らない) J-STAGE Articles - 『分析手帖』と『マルクス=レーニン主義手帖』 https://t.co/7ICiQ…
メモ:あの世、そして恋する身体 看取りにおける垂直的時間について、村上 靖彦https://t.co/VukOS33Vc0
メモ:レヴィナスにおける超越と倫理、鶴 真一https://t.co/nlWsKqlqY6
メモ:レヴィナスにおけるsignificationと他性、重松 健人https://t.co/kQQIleRKJC
メモ:レヴィナスにおける主体の脱領域化 カントを背景に、長坂 真澄https://t.co/vqERtoIo2n
メモ:希望を知ることによる自由 ポール・リクールによる「根元悪」概念の掘り下げ、末永 絵里子https://t.co/pZ7ZLVWe8N
メモ:知の不可能性において語る声、ジャック・デリダ『声と現象』再読、長坂 真澄https://t.co/0IJ7DtCuqc
メモ:「脱宗教」時代の「宗教」シュライアマハーおよびジンメルの時代診断、深澤 英隆https://t.co/wny1TdF8iQ
メモ:ニーチェにおけるニヒリズムと身体 竹内 綱史https://t.co/Gh7bjieYoN
メモ:1801年のヘーゲル「宗教から哲学へ」の意味 中島 秀憲https://t.co/huzldXYPiX
メモ:個体化における他者と世界の問題 垂谷 茂弘、https://t.co/jX53NTb3yc
メモ:パスカルの回心論『罪びとの回心について』の解釈、https://t.co/8AqiX44BAC
メモ:シャリーアの救済論的意味 小田 淑子https://t.co/V6AXg9Pqnq
メモ:ブーバーの「日常の聖化」の思想とその背景 女性論の立場からの一考察、江口 みりあむhttps://t.co/FgKk5DFDOC
メモ:リクールにおける「欲望」の問題 杉村 靖彦、https://t.co/y6uOPstcDe
メモ:ヘーゲル論理学とキリスト教、海老沢 善一https://t.co/45KObwL2d3
メモ:カントにおける意志の自由と自然の問題 道徳論から宗教論へ、脇坂 真弥https://t.co/rYzIODJ28a

1 0 0 0 OA 恩寵の時間

メモ:恩寵の時間、パスカルにおける「近接能力」批判の背景、林 伸一郎https://t.co/J90mIIStI3
メモ:アフリカにおけるイスラーム的回心をめぐる三理論 嶋田 義仁、https://t.co/qjYDWA8hL1

1 0 0 0 OA 告白の現象学

メモ:告白の現象学 リクールとナベール、杉村 靖彦https://t.co/WKwJHqdwjG

1 0 0 0 OA 理念と存在

メモ:理念と存在 レヴィナスの時間論における超越と内在、関根 小織https://t.co/6NdBUV8UTQ
メモ:脱会者の研究をめぐって、渡邉 学https://t.co/koXHjz98pd
メモ:ニーチェ哲学における良心という問題、竹内 綱史https://t.co/fT0p0U0q4S
メモ:デリダ法哲学と宗教論における約束と信、関根 小織https://t.co/SsDnpGmfJF
メモ:エックハルトにおける恩寵 (gratia) と自然本性 (natura) の問題、加藤 希理子 https://t.co/F2taeR8ne5
メモ:ニーチェにおける「ましな人間(der höhere Mensch)」と肯定の問題 中路 正恒https://t.co/DYZ8vXOv0s
RT @philosophoi_ou: 参加者募集! 「フェミニズム論文会」 明日9/4(水)17:00@グロコモ フェミニズム/ジェンダー理論、ジュディス・バトラーに興味がある方は是非◎ 参加を希望される方は、DMにてご連絡ください 読む論文→須永将史『ジェンダー・トラブル…
森田良成(2017)「携帯電話と電力への欲求―インドネシア,西ティモールの農村の事例―」https://t.co/7rCUdt9yNG めちゃ面白い。
RT @la_Flaschenpost: 首都大学東京の紀要『人文学報』に論考「「時のしるし」としての68年5月」を載せていただきました。https://t.co/Zc89M70meO
RT @hitoshinagai1: 京念屋隆史「言語行為の根源的演技性」 https://t.co/IC3azsHL48 という論文を読んだ。早稲田大学の学生が書いたデリダvs.サール論争を扱ったものだが非常に優れている。私の卒論と題名が似ているのは偶然…と思っていたら最後…
RT @Yoshida69626130: 川津雅江「マテリアル・フェミニズムから. マテリアル・エコクリティシズムへ」https://t.co/junZIIuKwj
RT @nkzsdy: https://t.co/AGwEINgj86 子どもの死のイメージがたくさん載っています https://t.co/g3hs8Vfcq3

2 0 0 0 Of grammatology

RT @MaxiRem: 検索してみたら京大、高知大、首都大、東京家政大、北大の図書館に入ってる模様。>バトラー序文のグラマトロジー英訳 https://t.co/1B2pNBZhvP
真田美沙「ヘーゲル論理学存在論における三つの無限性 ―イェーナ論理学「一重の関係」から『大論理学』「存在論」へ」 https://t.co/esO8SRhPVB
RT @hahaguma: 「話を聞かないクラスの男子」という発言のリアルさと、それが何を意味するのかずっと考えている。とりあえずこれを想起→上床弥生「中学校における生徒文化とジェンダー秩序──「ジェンダー・コード」に着目して──」 (pdf)https://t.co/IvqX…
奥脇 直也(1994)「国際法と憲法秩序」試論(一)http://t.co/Ol2euLsqlP

お気に入り一覧(最新100件)

現代思想の圏論特集で丸山善宏氏が「圏論乱用ダメ。ゼッタイ。」とちらっと書いていたので思い出したが、「知の欺瞞」問題について丸山氏は”Category Theory for Consciousness: A Critical Perspective”(https://t.co/MW254ss4Br)においてより突っ込んだ話をしていた。
これもネットで読めるのありがたい。河野勝「シュンペーターの民主主義理論--その現代性と課題 (20世紀の政治学) -- (民主主義論--二〇世紀政治学の焦点) https://t.co/mcUyQcYYOM #CiNii https://t.co/p3KtJPjX0B
これもネットで読めるのありがたい。河野勝「シュンペーターの民主主義理論--その現代性と課題 (20世紀の政治学) -- (民主主義論--二〇世紀政治学の焦点) https://t.co/mcUyQcYYOM #CiNii https://t.co/p3KtJPjX0B
武田宙也「真理のプロセスとしての芸術 : アラン・バディウの芸術論」 http://t.co/sSL6snLq5W
「ジゼール・ブルレの非連続の音楽美学における持続と瞬間の問題 : ベルクソン、バシュラール、ブルレの時間論」『美学』63-2、2012.12。先程RTした橡の花氏の発言中で紹介されていた山下尚一氏の論文。http://t.co/gexyYMIQ7r
[メモ]ビヨルン・ソルステインソン「差延から正義へ──デリダとハイデガーの「アナクシマンドロスの言葉」」『現象学年報』第27号(2011年)49-61頁 http://t.co/HVN6tr3cyz デリダの正義論を初期からの一貫性において解明した優れた論文
【PDF】渡邊雄介「沈黙はいかに聴き取られるか - リオタール『文の抗争』における《抗争》と《沈黙》について」http://t.co/11n3b0WFz0 リオタールのポストモダン論に対する誤解を解きほぐしながら『文の抗争』を軸に魅力的なリオタール像を提示した論考。
【PDF】渡邊雄介「沈黙はいかに聴き取られるか - リオタール『文の抗争』における《抗争》と《沈黙》について」http://t.co/11n3b0WFz0 リオタールのポストモダン論に対する誤解を解きほぐしながら『文の抗争』を軸に魅力的なリオタール像を提示した論考。

フォロー(2306ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(899ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @gijigae: 生成効果(Generation Effect)に関する研究は多い。 中には①自分の言葉で生成した場合の再生率が②単に与えられた情報を読んだ時と比べ、倍以上高かったと報告している研究(
私は「反日」と言ってはばからない--70年入管闘争の経験から 劉彩品 聞き手・鄭栄桓https://t.co/Gyvod3sL0c 強制送還され台湾で死刑判決を受ける危険と隣り合わせで闘われた入管闘争の話もだが、花岡裁判で鹿島側と支援者日本人とが野合するような仕方で「和解」が強要される過程の証言が興味深い。
RT @tcv2catnap: ウソつき常習官庁だからね。 「公害病否定の社会学的考察--カドミウム腎症を事例に」渡辺伸一(奈良教育大学紀要 人文・社会科学 56(1), 115-125, 2007-10) https://t.co/yie4Cq2GsG
サンクション行動および公正さの認知における信頼の効果: 戒めと報復(2008) https://t.co/au2NBABY1X
信頼生成過程の検討による「信頼の解き放ち理論」 再考―― 個人と地域コミュニティとの関係性に着目して ――(2014) https://t.co/C6ASdzkl8p
会話コミュニケーションによる相互信頼感形成の共関心モデル(2015) https://t.co/rHWP8CNYnr
昭和初期の和製英語 アルトクラシイー イキムトヘーデル オストアンデル クートブーデル クレルトオウフル スワルトバートル ブートデール --- ヤヤハマーリ・スグアキール 社会ユーモア・モダン語辞典(鈴響社, 昭和7年) https://t.co/rPDaTYQk0Q
RT @Sinn12000: @spa_inquisition @SHOTT2012 元ツイのスレッドで提示されていたので探してみました。 探し方が難しかったw 「男女学生語」 いわゆる若者言葉ってことか。 https://t.co/Agi1q5kbXk https://t.c…
CiNii 論文 -  道徳についての選択的虚構主義 https://t.co/x1ddzfcox2 #CiNii
CiNii 論文 -  保存性解釈に基づいた真理のデフレ主義批判について https://t.co/mQxAbVMjnW #CiNii
CiNii 論文 -  準実在論と投影主義、そして二つの虚構主義 https://t.co/YWqJGlVCyq #CiNii
CiNii 論文 -  メタメタ倫理学あるいはメタ倫理学の理論はどのように他の哲学の諸理論に依存するか https://t.co/1ZgaU9awmW #CiNii
RT @monogragh: 行政学とは何だろうか https://t.co/DmB9JlLTeN "筆者は…博士候補資格試験の行政学の問題として、辻〔清明〕教授から「行政学とはいかなる学問であるべきだと思うか」という問いを与えられた。試験の性格上、学説史的知識を問う設問を予想…
RT @wrmtw: パフォーマティヴィティ概念は私もあんまりよく分かってないんだけど、それがどう分かりにくいのかという点を含めて一定の説明をしているのが森山(2019)ですね: 複数の置換可能性 : パフォーマティヴィティ概念をめぐって https://t.co/9AptO…
─は,新自由主義的主体と相似的であり,それを支えるものでもあろう.」(平井秀幸「ポスト・リスクモデルの犯罪者処遇へ?──新自由主義・レジリエンス・責任化──」『犯罪社会学研究』第41号 2016 年)https://t.co/G5Al1ntxdt
RT @monogragh: 行政学とは何だろうか https://t.co/DmB9JlLTeN "筆者は…博士候補資格試験の行政学の問題として、辻〔清明〕教授から「行政学とはいかなる学問であるべきだと思うか」という問いを与えられた。試験の性格上、学説史的知識を問う設問を予想…