新徴組・中澤琴(望月うさぎ) (@usagitan)

投稿一覧(最新100件)

@jiangjie2015  当該書評はこれですねhttp://t.co/AH9xJupKWv
@gengoroumaru2 ちなみにこれをご覧ください。御本人の論考です。http://t.co/wo33ywbe4s
竹村英二の論文:元〜清の『尚書』研究と十八世紀日本儒者の『尚書』原典批判 : 中井履軒『七經雕題畧(書)』、同収「雕題附言(書)」を題材に 東洋文化研究所紀要. 第167冊, 2015.3, pp. 63-104 http://t.co/esOQVpPUZX
小寺敦の論文:『左傳』における「後」について 東洋文化研究所紀要. 第167冊, 2015.3, pp. 1-62 http://t.co/xLIC6lFbCx
@MethodObjective 参考までにhttp://t.co/xK3C9sdzqX そういえば、所功氏や嵐義人氏などが「国書逸文研究会」をやっていましたね。

2 0 0 0 国語研究

RT @viewfromnowhere: 「小高敏郎氏の紹介(国語研究二九号)」というのわ、 http://t.co/QlIxcc2TgF か。とゆーか、つきしま・ひろしせんせーが おもちだったとゆー「大和の薬師寺蔵本の写真」とかって せんせーが おなくなりになって どーなっち…

3 0 0 0 OA 日本経済叢書

RT @viewfromnowhere: そらいの せーだんにある、名乗ヲ反ス http://t.co/rTnuWVOBz9 について、いわなみしそーたいけー・いわなみぶんこが その せんで ちゅーお つけてるのに、「どういうことか意味がわからぬ」と され、
@Archer12521163  これですかねhttp://t.co/6AHaaEolvs'
秋山徳蔵著『仏蘭西料理全書』(大正12年 秋山編纂所出版部)http://t.co/D8X6TI3TvJ

2 0 0 0 OA 水泳術教範

@DONAN_KAYO これではないですかhttp://t.co/G3h8DCt5T0
RT @MethodObjective: 太田晶二郎先生の、読むものなんでも箒いっぱい、が想像される手紙あり。↓ 倉野賢司氏「再び「皇典文彙と櫛田駿」について」http://t.co/i29LRKgQ6q

2 0 0 0 OA 西行物語

@kawai_kanyu ただし、カワイさんもご承知のとおり、「娘を蹴った」話はフィクションである『西行物語』に引かれた話のようですねhttp://t.co/0btd29dzuf

1 0 0 0 OA 吉田松陰

@kawai_kanyu 民友社版(1905年)では、①「こそ・・・遺憾なれ」(三七頁)・②「かは・・・む」(四〇頁)・③「ぞ・・・遺憾なる」(五三頁)となっています。①と③を鑑みますと係り結びの法則を理解しているように思えるのですがhttp://t.co/1kdQpPVc4d
RT @HanShotFirst_jp: “紙幣における伝統書体の研究” http://t.co/1yJrUPXgZt #money #typography #design
研究ノート 尾下成敏「天正期豊臣政権下の小早川氏と肥前諸領主」https://t.co/sgG3uwtAtW ※感想:時系列の纏めかたが下手  こちらhttp://t.co/4MTpdLHwHzを念頭に入れれば、時系列を俯瞰しやすいと思う
RT @viewfromnowhere: 北野本 http://t.co/w4bjILnb6y わ、そのよーに よみお つけている。図書寮本 http://t.co/Oa80gLVsGw にわ しょーてんのみ。
RT @viewfromnowhere: 北野本 http://t.co/w4bjILnb6y わ、そのよーに よみお つけている。図書寮本 http://t.co/Oa80gLVsGw にわ しょーてんのみ。

13 0 0 0 OA 国史大系

RT @viewfromnowhere: 它山石、初編巻之三、高麗 https://t.co/fDyBaBRlx2 や、塩尻、巻之五、隋煬帝ノ訓 http://t.co/HtctskIJWd が してきするよーに、釈日本紀巻十九に、隋煬帝{スイノヤウタイ} http://t.c…

2 0 0 0 OA 左氏会箋

@keisai1 @kanbundoh まず、竹井新一郎ではなくて、竹添進一郎です。次に 『左氏会箋』の初版は明治37年刊行の明治講学会本で、無訓です。http://t.co/HyayYwnHrE … 明治44年のものは冨山房編輯部による無責任な訓点つき。これが世の中に広く流布

2 0 0 0 OA 左氏会箋

@kanbundoh まず、竹井新一郎ではなくて、竹添進一郎です。次に 『左氏会箋』の初版は明治37年刊行の明治講学会本で、無訓です。http://t.co/HyayYwnHrE 明治44年のものは冨山房編輯部による無責任な訓点つき。これが世の中に広く流布している次第
RT @viewfromnowhere: 「本」11がつごーの 漢字雑談56で たかしま・としおせんせーが かながきろんご、お とりあげてらっしゃった。かながきろんごの ほんもんの ほんこくわ http://t.co/cTZPaisgct で みる ことが できる。
@soukann2009 @Archer12521163 @Golden_hamster 民明書房は大阪の彼が御大批判の冊子を作る時に、名義登録しているんですよね。http://t.co/wOTYdEadv3
少女監禁容疑で逮捕された藤原武は、かつて大阪大学大学院に在籍して西洋哲学の論文を書いていた →  http://t.co/AcILbD7lgD'

45 0 0 0 OA 全訳王子と乞食

RT @htoym: 国会図書館近代デジタルライブラリー、『王子と乞食』、村岡花子訳 http://t.co/RegTOdL2SH #花子とアン
尾下茂敏  学位論文題目:織田政権下における織田系大名の研究(アブストラクト)  http://t.co/w85J85pa8z …'
RT @kasamashoinRS: 池田 証壽 -  平安時代漢字字書総合データベースの構築 http://t.co/JNSG7DulGk #CiNii
RT @viewfromnowhere: この はっぴょー http://t.co/oKnoxHsaXF が、ろんぶんか されてれば、かいとーに なったろーに。
あらすじとイラストでわかる秦の始皇帝http://t.co/KAzWo46mfP http://t.co/p9SActJYMR
RT @HanShotFirst_jp: http://t.co/8S1ogJgSRt 『宋本論語註疏』5冊 http://t.co/jLV0zNczGp 『尊経閣文庫漢籍分類目録』2冊 http://t.co/xtvdky8MRC 『尊経閣文庫国書分類目録』
RT @HanShotFirst_jp: http://t.co/8S1ogJgSRt 『宋本論語註疏』5冊 http://t.co/jLV0zNczGp 『尊経閣文庫漢籍分類目録』2冊 http://t.co/xtvdky8MRC 『尊経閣文庫国書分類目録』

4 0 0 0 OA 宋本論語註疏

RT @HanShotFirst_jp: http://t.co/8S1ogJgSRt 『宋本論語註疏』5冊 http://t.co/jLV0zNczGp 『尊経閣文庫漢籍分類目録』2冊 http://t.co/xtvdky8MRC 『尊経閣文庫国書分類目録』
RT @HanShotFirst_jp: http://t.co/wZZr4g88Wb 『国学の研究』 http://t.co/a84xPYeQED 『故実叢書』118冊 http://t.co/KwtypINShD 『古文学秘籍叢刊 成尋阿闍梨母集』

4 0 0 0 OA 故実叢書

RT @HanShotFirst_jp: http://t.co/wZZr4g88Wb 『国学の研究』 http://t.co/a84xPYeQED 『故実叢書』118冊 http://t.co/KwtypINShD 『古文学秘籍叢刊 成尋阿闍梨母集』

4 0 0 0 OA 国学の研究

RT @HanShotFirst_jp: http://t.co/wZZr4g88Wb 『国学の研究』 http://t.co/a84xPYeQED 『故実叢書』118冊 http://t.co/KwtypINShD 『古文学秘籍叢刊 成尋阿闍梨母集』

3 0 0 0 OA 芥子園画伝

RT @HanShotFirst_jp: http://t.co/pwJHV1ndlf 『色葉字類抄 : 尊経閣叢刊丙寅本』3冊 http://t.co/6QCHz95GoA 『韻鏡諸本展観目録』 http://t.co/eymdb4OPyk 『芥子園画伝』22冊
RT @HanShotFirst_jp: http://t.co/pwJHV1ndlf 『色葉字類抄 : 尊経閣叢刊丙寅本』3冊 http://t.co/6QCHz95GoA 『韻鏡諸本展観目録』 http://t.co/eymdb4OPyk 『芥子園画伝』22冊
RT @HanShotFirst_jp: http://t.co/pwJHV1ndlf 『色葉字類抄 : 尊経閣叢刊丙寅本』3冊 http://t.co/6QCHz95GoA 『韻鏡諸本展観目録』 http://t.co/eymdb4OPyk 『芥子園画伝』22冊

2 0 0 0 OA 暁筆抄

RT @HanShotFirst_jp: 「或記云、吾朝に三人の美人在、第一は光明皇后、第二は麗景殿の女御、堀河右大臣頼宗公の御娘、後朱雀院の后妃これなり(以下略)」 http://t.co/nlQnQfKpWN これですね
@Archer12521163 http://t.co/6ytxBcO2wY
@HanShotFirst_jp SNSで取上げられた学術論文等ですが、こんな論文〝ブラジャー着用時と非着用時の運動中の乳房振動特性〟がランキング上位 に http://t.co/0CCJnD8uWF ヌーブラ出現以前の論文とはいえ、被験者のカップサイズが偏っているのは笑

2 0 0 0 OA 論語聽塵 10巻

RT @viewfromnowhere: 「大車小車トモニ・昔ハ尺遮切・シヤ音也・漢以来・大車ヲ・キヨノ音ニヨム也・車{キヨ}ハ・居也・物ヲノセスユル也・車ハ・舎也イエ也・人ノ乗車ハ舎屋ニ似タル故也」 http://t.co/rtc6MN0QYF http://t.co/AOo…

2 0 0 0 OA 秉燭譚 5巻

RT @viewfromnowhere: 琅邪代酔編ニ、張鼎思ガ考ニハ、詩ノ北風篇ニ、莫赤匪狐ト云々。携手同車ト、則古音モト居ノ音アリト云々、シカレバシヤトキヨトハ古今ノ異音ニテ、今日ハ通ジテ唱遮ノ反ニ呼ガ宜シキナリ。大車小車モトヨリワケテヨムベキニアラズ。」(秉燭譚巻三)ht…
RT @viewfromnowhere: 「從來多くの語學者の陷りし弊竇は確實なる基礎的研究なくして散漫に雜多の異例を列擧して更に時代の前後など顧みざりし點にあり」http://t.co/niNADueMLm

4 0 0 0 OA 淸華簡繋年考

『京都大學文學部研究紀要』第52号がWeb上で公開された。これは評価すべきことですね。  ちなみにここに収録されている吉本道雅の論文「清華簡繋年考」は90頁を超す。 http://t.co/k70ijDOLiX
@seikaisha_moegi @satoshin257   参考までに疋田論文の「『十批判書』と『先秦諸子繋年』に関する論争」をどーぞ♪ http://t.co/GTB4t8ILLs ちなみに私が評価するのは銭穆の『王氏古本竹書紀年輯校補正』(録自先秦諸子繋年考弁巻四)

1 0 0 0 OA 説鈴

@hasuviet 康熙序刊の清呉震方編『説鈴』前集第二冊所載の『安南雑記』(嘉慶24後印本→)http://t.co/5Hgkuw2GGJ もありますが、可能性としては林大學頭蔵本の康熙丁丑(1697)刊の『昭代叢書』甲集第四冊之二に所載された『安南雑記』かなと 近藤正齋
世阿弥自身が「舞」を「マイ」ではなく「まひ(まひ)」と表記していたことは『風姿花伝』第二「まひ、白拍子又は物狂などの女懸り」等から明らか。したがって、重田みちの論文「世阿弥自筆能本の注記〔マイ〕試論」は認めがたい。http://t.co/qB3QSfsPfg …

1 0 0 0 殷代史研究

落合淳思の近刊『殷代史研究』(朋友書店, 2012.3)。軽はずみとゆーか、道化師とゆーか・・・まぁ厚顔無恥なのだろう http://t.co/H3TkbeKd

2 0 0 0 OA 石山寺蔵史記

@viewfromnowhere じゅーらい しられてたの http://t.co/ndBbejJk とわ べつものなんだろーか ← 私は別物とは認識していません。王小林氏はそれが何の篇だか言及していません。按じるに、これを新出の史料と思いこんでいるのでしょう。
影山輝國 まだ見ぬ『論語義疏』(一) http://t.co/F2XEYaca まだ見ぬ『論語義疏』(二)http://t.co/q25Ob47a
影山輝國 まだ見ぬ『論語義疏』(一) http://t.co/F2XEYaca まだ見ぬ『論語義疏』(二)http://t.co/q25Ob47a
http://t.co/VPNae3wqただし甲骨文も、甲骨に刻みつける前に、筆を用いて墨書したものであることは、文字を墨書しただけで刻んではない骨が発見されたことによって知られる。←最近では金文が正体で、甲骨文字は略体との見解もあるくらいだ。

お気に入り一覧(最新100件)

https://t.co/RXS9uTtnGq が はやかろー。 https://t.co/HEfvE7sceA

2 2 2 0 OA 賀茂真淵全集

https://t.co/RXS9uTtnGq が はやかろー。 https://t.co/HEfvE7sceA
いわた「『朝野群載』所収「御剣銘」考」 https://t.co/u6p2m8XH0q で 「都保」お 「訓字表記」と かいてたの、「和訓の音仮名表記」と ゆー ことが かきたかったんだろー。
が、だれも信用しない。しらけた空気が一場を支配した。保守と革新に分かれて激しい議論が展開すると思いきや、居合わせた人びとは一同ことばを失ってしまったのだ」(なかむら・あきら「日本語が失ったもの」7ペ https://t.co/B7KvCmPOGh )。

5 0 0 0 OA 紺暖簾

@okjma 探してみればあるもので、ちょっと使い方は違うものの、明治35年の例もありました。山岸荷葉「紺暖簾」 https://t.co/Esa5U0kThH 5行目から6行目にかけて。 「上り框に硯箱を抱へたる手代は、下駄番の荷造り車力に從ってお名前樣を札に記すに忙がしく」

4 0 0 0 OA 豊分居雑筆

ウェブスターで プロポーズした はなし。 https://t.co/Fm3OkHOYwl
たむら「貫之が諫め」 https://t.co/00KT4UGL8k とか、てらにし「奈良時代における「読経」と「誦経」」 https://t.co/Tt2eKsNgBS とか みた。
https://t.co/FrkHVAbqNG お はいけんして、ほんすじに かかわらない ことで、すこし おもったのわ、かすが・まさじ https://t.co/M9N7DzBfmu に よれば、すでに しょきの くんどくで、

2 0 0 0 言語の変容

みょーぎしょーのわ のちに、いけだ・しょーじゅ「図書寮本類聚名義抄に見える漢数字の注記について」 https://t.co/NNi7bv1blb が ある。
ひらやま「中古漢語の音韻」154-155ペわ、きんだいち「日本四声古義」や らい「漢音の声明とその声調」 https://t.co/lmYQ9m9FYM お あげる。
(安田香雨『暑中休暇日記の栞』 https://t.co/OwFGUgGmqa 、やすだ・としあき「書かされる「私」:作文・日記、そして自伝」『〈生表象〉の近代:自伝・フィクション・学知』183ペ)。
墨が木に深く染みこんでいて削っても消えなかったという故事が見える」(なりた「中国中古の書学理論」147-148ペ、しょしょつわ https://t.co/qhKYJqpFGd )。

6 0 0 0 OA 俚言集覧

「これは『万葉集』に載せられている歌を書いていた時代の日本語表記という意味で「万葉仮名」と呼ぶが、当時の人は、「万葉仮名」とは呼ばずに、「真仮名」と呼んでいた」(やまぐち「〈ひらがな〉の誕生」35ペ)。にっこくわ りげんしゅーらん https://t.co/9rx7E3uGcO

4 0 0 0 忍術とは?

忍術とは 藤田西湖 https://t.co/kVQUAe0ceU
おお / “CiNii 論文 -  大谷文書中の漢語資料の研究 : 『大谷文書集成』IVにむけて” http://t.co/LChVuzwQAW #manuscripts #collection #academic

9 0 0 0 OA 長崎市史

@okjma 『長崎市史 風俗篇』も古賀の手に拠るが、コッヒーが、 http://t.co/qpCzqOQjBd ↑ここに見える程度で、 http://t.co/Tr7x1EBBAE ↑ここには記述はないようだ。 #珈琲咖啡探索隊 http://t.co/J48wtC6Os2

9 0 0 0 OA 長崎市史

@okjma 『長崎市史 風俗篇』も古賀の手に拠るが、コッヒーが、 http://t.co/qpCzqOQjBd ↑ここに見える程度で、 http://t.co/Tr7x1EBBAE ↑ここには記述はないようだ。 #珈琲咖啡探索隊 http://t.co/J48wtC6Os2

21 0 0 0 外来語集覧

古賀十二郎『外来語集覧』というのがあり、長崎県立図書館にある稿本を比較的近年活字化。 http://t.co/MwTEH4EH0q 誤翻刻らしきものも見える(「古闘比伊」など)し、咖啡は見えないが、引用多く有益かと #珈琲咖啡探索隊 http://t.co/WQABv23mon
宣和博古圖録、 国立国会図書館でデジタル化されたほうでは欠落している部分もちゃんとある。うれしい。 リンク→ http://t.co/biQnVzdb2q 参考に国立国会図書館のほう→http://t.co/vbk3a7AiVU http://t.co/z7bWTkH6A9
東方書店に寄ったら豊田久『周代史の研究』が陳列されていたのでパラ読み。頻繁に引用されるこの論文(http://t.co/M6wuQLTXqf)は収録されていなかったが、論旨は冒頭の章に書いてあった。要約して収録したということかな?あとがきの元論文一覧にはなかったが…

2 0 0 0 国語研究

「小高敏郎氏の紹介(国語研究二九号)」というのわ、 http://t.co/QlIxcc2TgF か。とゆーか、つきしま・ひろしせんせーが おもちだったとゆー「大和の薬師寺蔵本の写真」とかって せんせーが おなくなりになって どーなっちゃってるんだろーか。

3 0 0 0 OA 日本経済叢書

そらいの せーだんにある、名乗ヲ反ス http://t.co/rTnuWVOBz9 について、いわなみしそーたいけー・いわなみぶんこが その せんで ちゅーお つけてるのに、「どういうことか意味がわからぬ」と され、
太田晶二郎先生の、読むものなんでも箒いっぱい、が想像される手紙あり。↓ 倉野賢司氏「再び「皇典文彙と櫛田駿」について」http://t.co/i29LRKgQ6q
“紙幣における伝統書体の研究” http://t.co/1yJrUPXgZt #money #typography #design
北野本 http://t.co/w4bjILnb6y わ、そのよーに よみお つけている。図書寮本 http://t.co/Oa80gLVsGw にわ しょーてんのみ。
北野本 http://t.co/w4bjILnb6y わ、そのよーに よみお つけている。図書寮本 http://t.co/Oa80gLVsGw にわ しょーてんのみ。

13 0 0 0 OA 国史大系

它山石、初編巻之三、高麗 https://t.co/fDyBaBRlx2 や、塩尻、巻之五、隋煬帝ノ訓 http://t.co/HtctskIJWd が してきするよーに、釈日本紀巻十九に、隋煬帝{スイノヤウタイ} http://t.co/JE5b97JHVW とある。
れきしてきにわ 「草木国土悉皆成仏」と しておくべき ところなんでわないかしらん。 http://t.co/ijCvVX4GQX http://t.co/VYkB1ZnQBG
「本」11がつごーの 漢字雑談56で たかしま・としおせんせーが かながきろんご、お とりあげてらっしゃった。かながきろんごの ほんもんの ほんこくわ http://t.co/cTZPaisgct で みる ことが できる。

1 0 0 0 OA 日本古典全集

長保6・3・4 http://t.co/9uGP32KdZO の ひらがながきの れーが あげられてた。

1 0 0 0 OA 日本古典全集

つきしま「変体漢文研究の構想」に、みどーかんぱくき 長保6・2・6 http://t.co/cJS5DR8nPi 寛弘8・6・21 http://t.co/QrUB6D9wnW 長和4・10・25 http://t.co/oUbCoHDwLc

1 0 0 0 OA 日本古典全集

つきしま「変体漢文研究の構想」に、みどーかんぱくき 長保6・2・6 http://t.co/cJS5DR8nPi 寛弘8・6・21 http://t.co/QrUB6D9wnW 長和4・10・25 http://t.co/oUbCoHDwLc

1 0 0 0 OA 日本古典全集

つきしま「変体漢文研究の構想」に、みどーかんぱくき 長保6・2・6 http://t.co/cJS5DR8nPi 寛弘8・6・21 http://t.co/QrUB6D9wnW 長和4・10・25 http://t.co/oUbCoHDwLc
ごーだんでも ごーきでも なくて、琵琶銘并序 http://t.co/O09jA9qLdv なのお おそわった。

2 0 0 0 OA 史料通覧

(こじま・つよし「学校教科書のなかから」『東アジア海域に漕ぎだす5 訓読から見なおす東アジア』250ペ)って、げんぶん http://t.co/O2ZPRTD9Ju に あたりなおす てまお はぶかなければ、かかりじょしわ、まさに 「せりふ」、こーとーの はつわの それが
この しょひょー http://t.co/5KzDvuzqVW みると、http://t.co/b4DUWZTJuG で、「イ列・エ列の甲乙対立についても機能負担量の低さが指摘されている」っぽい。
でも、ぶっしょかいせつだいじてん http://t.co/u1QjXXeV9k で、Tō-kan-gyōと よんでるから、やっぱり 芉で よいのだと おもうのだけれど。
「シリーズ大乗仏教8 如来蔵と仏性」みてたら、137ペに 『稲芋経』とあって、芋じゃなくて 芉だよね、と おもったけど、 http://t.co/LanuScFVyR とか http://t.co/lUxEdmvZBk とか、そのすじの ざっしの ろんぶんでも 芋に なってる。
「シリーズ大乗仏教8 如来蔵と仏性」みてたら、137ペに 『稲芋経』とあって、芋じゃなくて 芉だよね、と おもったけど、 http://t.co/LanuScFVyR とか http://t.co/lUxEdmvZBk とか、そのすじの ざっしの ろんぶんでも 芋に なってる。
『江戸期漢文訓読における懐徳堂点』http://t.co/H8Auu4an00 P20~P21 『為』に関して
福嶋健伸 「日本語文法学会誌『日本語文法』の 査読システムの改善をお願いする ―「学界水準が弱者を守る」という思想―」『実践国文学』85 / “実践女子大学学術機関リポジトリ” http://t.co/b12gJ8w0rv

4 0 0 0 OA 読書纂余

狩野直喜『読書纂余』 / “国立国会図書館デジタルコレクション - 読書纂余” http://t.co/1X8zvMjCpx #book #digital

45 0 0 0 OA 全訳王子と乞食

国会図書館近代デジタルライブラリー、『王子と乞食』、村岡花子訳 http://t.co/RegTOdL2SH #花子とアン
池田 証壽 -  平安時代漢字字書総合データベースの構築 http://t.co/JNSG7DulGk #CiNii
くぎぬき「古代日本語の形態変化」 http://t.co/7gDDd7gxC8 、しゅっぱんされた はんで こーかいしてるのか。
ちゅー38( http://t.co/FKy1dvDPb1 だと、120ペ ちゅー58)わ、なくもがな。 / “名古屋市立大学学術機関リポジトリ” http://t.co/30AcHcnbrt
http://t.co/8S1ogJgSRt 『宋本論語註疏』5冊 http://t.co/jLV0zNczGp 『尊経閣文庫漢籍分類目録』2冊 http://t.co/xtvdky8MRC 『尊経閣文庫国書分類目録』
http://t.co/8S1ogJgSRt 『宋本論語註疏』5冊 http://t.co/jLV0zNczGp 『尊経閣文庫漢籍分類目録』2冊 http://t.co/xtvdky8MRC 『尊経閣文庫国書分類目録』

4 0 0 0 OA 宋本論語註疏

http://t.co/8S1ogJgSRt 『宋本論語註疏』5冊 http://t.co/jLV0zNczGp 『尊経閣文庫漢籍分類目録』2冊 http://t.co/xtvdky8MRC 『尊経閣文庫国書分類目録』
http://t.co/wZZr4g88Wb 『国学の研究』 http://t.co/a84xPYeQED 『故実叢書』118冊 http://t.co/KwtypINShD 『古文学秘籍叢刊 成尋阿闍梨母集』

4 0 0 0 OA 故実叢書

http://t.co/wZZr4g88Wb 『国学の研究』 http://t.co/a84xPYeQED 『故実叢書』118冊 http://t.co/KwtypINShD 『古文学秘籍叢刊 成尋阿闍梨母集』

4 0 0 0 OA 国学の研究

http://t.co/wZZr4g88Wb 『国学の研究』 http://t.co/a84xPYeQED 『故実叢書』118冊 http://t.co/KwtypINShD 『古文学秘籍叢刊 成尋阿闍梨母集』
http://t.co/9u82TuxZpt 『源氏物語絵巻』 http://t.co/doNpitkGkG 『元暦校本万葉集』6冊 http://t.co/6nJZlsZq6G 『古画備考. 索引』

3 0 0 0 OA 源氏物語絵巻

http://t.co/9u82TuxZpt 『源氏物語絵巻』 http://t.co/doNpitkGkG 『元暦校本万葉集』6冊 http://t.co/6nJZlsZq6G 『古画備考. 索引』

3 0 0 0 OA 古画備考

http://t.co/9u82TuxZpt 『源氏物語絵巻』 http://t.co/doNpitkGkG 『元暦校本万葉集』6冊 http://t.co/6nJZlsZq6G 『古画備考. 索引』

3 0 0 0 OA 芥子園画伝

http://t.co/pwJHV1ndlf 『色葉字類抄 : 尊経閣叢刊丙寅本』3冊 http://t.co/6QCHz95GoA 『韻鏡諸本展観目録』 http://t.co/eymdb4OPyk 『芥子園画伝』22冊
http://t.co/pwJHV1ndlf 『色葉字類抄 : 尊経閣叢刊丙寅本』3冊 http://t.co/6QCHz95GoA 『韻鏡諸本展観目録』 http://t.co/eymdb4OPyk 『芥子園画伝』22冊
http://t.co/pwJHV1ndlf 『色葉字類抄 : 尊経閣叢刊丙寅本』3冊 http://t.co/6QCHz95GoA 『韻鏡諸本展観目録』 http://t.co/eymdb4OPyk 『芥子園画伝』22冊

2 0 0 0 OA 暁筆抄

「或記云、吾朝に三人の美人在、第一は光明皇后、第二は麗景殿の女御、堀河右大臣頼宗公の御娘、後朱雀院の后妃これなり(以下略)」 http://t.co/nlQnQfKpWN これですね

9 0 0 0 OA 春秋左氏伝

近代デジタルライブラリーのこの『春秋左氏伝』(http://t.co/c4Ox5V2f6N)が面白い。本文の前に訳者が解説をしているのだが、これが小気味よく、また昭和16年という時代を感じさせる表現もチラホラでてくるなど興味深い
あさかわ「「漢籍国字解『唐詩選国字解』とその異本:服部南郭は『唐詩選国字解』の講述者ではない」『近代語研究 第十七集』(もとの はっぴょーわ http://t.co/IcqcQXxqaj )と、
http://t.co/8vI5oWGaQK 「食事の前に手を合わせる行動は近畿を中心とした西日本で盛んな現象である。東日本では若年層にしか現れない地域もあり、学校給食.. http://t.co/eNa1xLVla2

2 0 0 0 OA 論語聽塵 10巻

「大車小車トモニ・昔ハ尺遮切・シヤ音也・漢以来・大車ヲ・キヨノ音ニヨム也・車{キヨ}ハ・居也・物ヲノセスユル也・車ハ・舎也イエ也・人ノ乗車ハ舎屋ニ似タル故也」 http://t.co/rtc6MN0QYF http://t.co/AOoY24dJIJ 「漢以来」って なんだろ。

2 0 0 0 OA 秉燭譚 5巻

琅邪代酔編ニ、張鼎思ガ考ニハ、詩ノ北風篇ニ、莫赤匪狐ト云々。携手同車ト、則古音モト居ノ音アリト云々、シカレバシヤトキヨトハ古今ノ異音ニテ、今日ハ通ジテ唱遮ノ反ニ呼ガ宜シキナリ。大車小車モトヨリワケテヨムベキニアラズ。」(秉燭譚巻三)http://t.co/IRXaRMVnZt

1 0 0 0 OA 日本書紀

しょきの かてんわ、http://t.co/hbhpbz3k9W に。

11 0 0 0 OA 韻書と等韻図 1

太田斎『韻書と唐韻図Ⅰ』(神戸市外国語大学研究叢書52) / “神戸市外国語大学学術情報リポジトリ” http://t.co/Q5shuvFEsR
「從來多くの語學者の陷りし弊竇は確實なる基礎的研究なくして散漫に雜多の異例を列擧して更に時代の前後など顧みざりし點にあり」http://t.co/niNADueMLm
忘れっぽいのでメモ。中国古算数書でよく出てくる「法」は、割り算の除数(a÷bのbに相当)を意味する。(大川俊隆「張家山漢簡『算数書』の文字・用語について(1)」『大阪産業大学論集 人文科学編』118)http://t.co/ev4hMjMj
「しかし何よりも、複雑な西宮記を解きほぐす簡明で信頼のおける底本が求められているのだが、神道大系が出版されたものの、なお得られていない」(84ペ)。 / “CiNii 論文 -  早川庄八著, 『日本古代の文書と典籍』, 吉川弘文館,…” http://t.co/NkDVZNJ4

1 0 0 0 OA 夏山雑談 5巻

http://t.co/HUeAVTGu の 〓にて〓つり」わ、かつじぼん http://t.co/BwtzQ7Ag で みても、なににて さかなつりか わからなかったけど、しゃほん http://t.co/LkcMNEDt で みると、ふねの よーだ。
「音声研究」しが さいにーで よめるよーに なってたヽ(´ー`)ノ http://t.co/sXAeF1sy / “CiNii 論文 -  国語音韻史上の未解決の問題(<特集>音声研究の課題)” http://t.co/bq17xYK0
@viewfromnowhere 「吏史も同し心也 史は君の使と云ときは官を云也 吏は史の字の上に一文字をしたかへた也 これも人心ををさむるに一の理を以てするほとに一の字をしたかゆる也」(米沢本) http://t.co/ibMuXXSW に しょーかいされてた。
ここの ところお したじきにした にほんしょきの まえだぼん http://t.co/rSCiO20 お みると、萬民お オホムタカラ、蓋お ウダキオホフコトとか よんでて、しょきこくんって おもしろいなー、と おもう。

フォロー(34ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @toho_jimbocho: 116年前の書籍目録 文求堂書店書目/明治34年 https://t.co/4Cxm6lzMnC 晩夏の候益御清祥奉賀候弊店今囘左に列記する舊書淸國北京より取寄せ申候に付思召に相叶ひ候品も有之候はゞ御用仰付被下度此段新着御報道迄如斯御座候…
116年前の書籍目録 文求堂書店書目/明治34年 https://t.co/4Cxm6lzMnC 晩夏の候益御清祥奉賀候弊店今囘左に列記する舊書淸國北京より取寄せ申候に付思召に相叶ひ候品も有之候はゞ御用仰付被下度此段新着御報道迄如斯御座候 但し何れも一部限に付他方樣へ賣却...
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…

3 1 1 0 OA 語学叢書

同音の文字は使用頻度の高い方が無標である」(はやた「上代日本語の音韻」12ペ)と あって、よつがなわ 「ちの濁りは じとなり つは ずとなる」 https://t.co/vGNZni2pvk ほーに ごーりゅーしたよーに おもってたので、え、と おもったけど、わたくしの りかいが
https://t.co/RXS9uTtnGq が はやかろー。 https://t.co/HEfvE7sceA

2 2 2 0 OA 賀茂真淵全集

https://t.co/RXS9uTtnGq が はやかろー。 https://t.co/HEfvE7sceA
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  東アジア海域と倭寇 : 9世紀末の新羅海賊との比較史的考察を通して https://t.co/nt4jfMUCF8 #CiNii
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  焼酎の伝播の検証と,その後に於ける焼酎の技術的発展 https://t.co/AoIgjyQqpk #CiNii

13 13 7 0 OA 論語讖について

RT @kawai_kanyu: トンデモ論語は歴史が古いよ   「論語讖について」中村璋八 https://t.co/SgHfLQHVUx

フォロワー(296ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Takeridon: 高野清弘による田中浩ほか訳/ホッブズ『法の原理』(岩波文庫 2016)の書評が紀要に掲載されている。この訳文の経緯が事実とすればスキャンダラスであり、この誤訳の指摘が正しければエディターシップの崩壊である。 https://t.co/5EGOmsR…

4 3 3 1 OA 共武政表

RT @atsatsatsa: https://t.co/50zxYqPHjy https://t.co/cXdJWUYLai
RT @niina_noriko: これ、正岡子規が写した黄葉夕陽村舎詩の写本っていうことになってるけど、25丁からは遠思楼詩巻、28丁からは春草堂詩鈔って書いてる。子規の研究者は知ってるのかな? http://t.co/IV0Ch2w3HL
RT @toho_jimbocho: 116年前の書籍目録 文求堂書店書目/明治34年 https://t.co/4Cxm6lzMnC 晩夏の候益御清祥奉賀候弊店今囘左に列記する舊書淸國北京より取寄せ申候に付思召に相叶ひ候品も有之候はゞ御用仰付被下度此段新着御報道迄如斯御座候…
RT @toho_jimbocho: 116年前の書籍目録 文求堂書店書目/明治34年 https://t.co/4Cxm6lzMnC 晩夏の候益御清祥奉賀候弊店今囘左に列記する舊書淸國北京より取寄せ申候に付思召に相叶ひ候品も有之候はゞ御用仰付被下度此段新着御報道迄如斯御座候…
116年前の書籍目録 文求堂書店書目/明治34年 https://t.co/4Cxm6lzMnC 晩夏の候益御清祥奉賀候弊店今囘左に列記する舊書淸國北京より取寄せ申候に付思召に相叶ひ候品も有之候はゞ御用仰付被下度此段新着御報道迄如斯御座候 但し何れも一部限に付他方樣へ賣却...
RT @bokassa_1er: CiNii 論文 -  小林多喜二の初期小説--有島武郎からの影響を受けて https://t.co/rtbQRu1hwU #CiNii
RT @bokassa_1er: CiNii 論文 -  小林多喜二の初期作品の意味--「老いた体操教師」を中心に https://t.co/nIrkGJZjLS #CiNii
RT @bokassa_1er: CiNii 論文 -  小林多喜二--その初期について https://t.co/XqLoDrcaPp #CiNii
RT @PriamalFear: 福島第一原発事故後, 5年が経過して 仁志田 昇司 https://t.co/rxkiFK9N37
鯉渕 信一「モンゴル語における馬の個体識別語彙 : 主に毛色名を中心にして」 https://t.co/fbHEPHZJ1d
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…

3 1 1 0 OA 語学叢書

同音の文字は使用頻度の高い方が無標である」(はやた「上代日本語の音韻」12ペ)と あって、よつがなわ 「ちの濁りは じとなり つは ずとなる」 https://t.co/vGNZni2pvk ほーに ごーりゅーしたよーに おもってたので、え、と おもったけど、わたくしの りかいが
https://t.co/RXS9uTtnGq が はやかろー。 https://t.co/HEfvE7sceA

2 2 2 0 OA 賀茂真淵全集

https://t.co/RXS9uTtnGq が はやかろー。 https://t.co/HEfvE7sceA
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  院政期の祇園御霊会・摂関祇園詣から見た院と摂関 https://t.co/weWr6AudlB #CiNii
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  東アジア海域と倭寇 : 9世紀末の新羅海賊との比較史的考察を通して https://t.co/nt4jfMUCF8 #CiNii
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  焼酎の伝播の検証と,その後に於ける焼酎の技術的発展 https://t.co/AoIgjyQqpk #CiNii

5 2 2 0 OA 明治大正史

「落選者の行方」https://t.co/PU8kzDgSzS。要は、明治以來の教育と出版の隆盛下で讀書熱を煽られながら、遂に成功青年たり得ず指導者ともなれず向學心をクール・アウト(竹内洋)し損ひ、良く言って在野の遺賢、多くは世の拗ね者となった半端なインテリである讀者どもの歴史。

5 2 2 0 OA 明治大正史

「やゝ卓越した者が日本では非常に迷うたのであつた」https://t.co/Hqcsi8hjWg「最も大きな不幸は時を失つた者の、改めて凡庸の道を踏み得ないことであつた。」「明治の教育は何の目途も無しに、たゞ斯ういふ人物を澤山に産出して居た」――『明治大正史世相篇』「群を拔く力」

5 5 5 0 OA 退読書歴

RT @livresque2: 「讀書と理解だけには調練を經てゐる人間を、言はゞ反故にしてしまつたのが明治の文化である。」「彼等は盛にいろいろのことに氣がつく。」「そのヴイヴアシアスな人は皆をかしな人になつてゐる」『退讀書歴』https://t.co/6vQyLsQ9vM「讀書…

5 5 5 0 OA 退読書歴

「讀書と理解だけには調練を經てゐる人間を、言はゞ反故にしてしまつたのが明治の文化である。」「彼等は盛にいろいろのことに氣がつく。」「そのヴイヴアシアスな人は皆をかしな人になつてゐる」『退讀書歴』https://t.co/6vQyLsQ9vM「讀書懺悔」@shomotsubugyo
書史學の要所はそこでなく、「平民の今までに通つて來た路を知るといふことは、我々平民から言へば自ら知ることであり、即ち反省である」の「平民」に「讀者」を代入すべし。『郷土生活の研究法』「郷土研究とは何か」https://t.co/Lef4l5HbJF參照@shomotsubugyo
1981年と1997年の2度にわたる商法改正で総会屋は大打撃を被ったのです(実際、それで総会屋系雑誌の多くが潰れた) https://t.co/YE0SHcn4lm @hrd_hrd_hrd
RT @goeland_argente: 書評「開沼博著『「フクシマ」論――原子力ムラはなぜ生まれたのか』」 https://t.co/fHDVOD4dzl 金菱清先生による書評。社会学者は他の社会学者を批判しないと思っている人がいるようだけど、ツィッタランドではなく学術誌では…
RT @goeland_argente: 書評「開沼博著『「フクシマ」論――原子力ムラはなぜ生まれたのか』」 https://t.co/fHDVOD4dzl 金菱清先生による書評。社会学者は他の社会学者を批判しないと思っている人がいるようだけど、ツィッタランドではなく学術誌では…

13 13 7 0 OA 論語讖について

RT @kawai_kanyu: トンデモ論語は歴史が古いよ   「論語讖について」中村璋八 https://t.co/SgHfLQHVUx

13 13 7 0 OA 論語讖について

RT @kawai_kanyu: トンデモ論語は歴史が古いよ   「論語讖について」中村璋八 https://t.co/SgHfLQHVUx