著者
中島 恵
出版者
東京経営短期大学
雑誌
東京経営短期大学紀要 (ISSN:09194436)
巻号頁・発行日
vol.23, pp.1-27, 2016-03-30

世界のディズニーランドのアトラクション開発は誰がどのように行っているのか。米ディズニー社の子会社のイマジニアリング社に勤務するイマジニア(芸術家・技術者)が研究開発,設計を行っている。どのような経緯で設立され,ここまで成長してきたのか黎明期から考察する。
著者
井澤 美苗 信野 明美 西村 友宏 登美 斉俊 中島 恵美
出版者
日本香粧品学会
雑誌
日本香粧品学会誌 (ISSN:18802532)
巻号頁・発行日
vol.37, no.3, pp.197-200, 2013-09-30 (Released:2014-10-29)
参考文献数
9

Recent clinical research utilizing noninvasive functional measurement techniques has indicated that placebo effects might be therapeutically useful, because clear responses to placebo administration have been observed in patients' brains. Both physiological and mental states are affected by placebo and a role of brain receptor(s) was suggested. Factors influencing the placebo effect are the Pavlov reaction, expectation, cognition, and conditioning. Further, the nocebo effect is a negative reaction caused by anxiety, which acts as a confounding factor. Different outcomes may be obtained depending upon whether the placebo effect is evaluated in terms of objective or subjective responses. Correlation analyses of outcomes from various clinical trials indicate that placebo improves subjective response more effectively than objective parameters. Psychosocial care of patients is an important aspect of welfare, and a better understanding of the mechanism of the placebo effect will be helpful in this regard. Cognitive therapy is well known to be as efficacious as antidepressant medication for treating depression. Therefore, we studied the relationship between activity in the cerebral prefrontal area and counseling intervention. Aromatherapy is known to be effective to improve mood. We thus evaluated the influence of counseling on the efficacy of aromatherapy in healthy young women. Participants in a room filled with the fragrance of bergamot completed both a self-reported questionnaire (motivation, feeling of drowsiness and general fatigue) and multi-dimensional fatigue inventory-20 (MFI-20). Further, as an objective measure of changes in stress, blood flow in the inferior frontal cortex was evaluated by near-infrared spectroscopy (NIRS). MFI-20 showed that the combination of aromatherapy with counseling significantly improved both brain activity and motivation, as compared to aromatherapy alone, though the self-reported questionnaire showed no significant difference. Regional blood flow in the inferior frontal cortex was significantly decreased by exposure to aromatherapy with counseling, compared to aromatherapy alone (p<0.05). The value of the NIRS-derived laterality index (LI), which is considered to be a measure of stress, was decreased by aromatherapy with counseling. Thus, we confirmed that the combination of aromatherapy with counseling intervention significantly improved mood and stress. Our results also demonstrated that counseling intervention increased the effectiveness of aromatherapy.
著者
中島 恵
出版者
慶應義塾大学アート・センター
雑誌
Booklet (ISSN:13420607)
巻号頁・発行日
vol.16, pp.130-178, 2008

Workshop Now 51. ワークショップ論2. 芸術2-1 現代芸術2-2 芸術教育2-3 演劇2-4 ダンス・身体表現2-5 芸術療法3. 心理学・精神医学・心理療法3-1 対人関係3-2 集団における人間関係・集団力学3-3 心理劇療法3-4 集団心理療法3-5 グループアプローチ4. 教育4-1 学校教育4-2 学校における参加型・体験型学習方法4-3 開発教育・グローバル教育における参加型・体験型学習5. まちづくり6. 精神世界・宗教6-1 精神世界6-2 宗教体験・宗教心理学
著者
中島恵著
出版者
三恵社
巻号頁・発行日
2013
著者
中島恵著
出版者
三恵社
巻号頁・発行日
2011
著者
加賀谷 聡子 中島 恵美子
出版者
杏林大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2014-04-01 (Released:2014-04-04)

経皮的冠状動脈インターベンション療法(Percutaneous coronary intervension 以下PCIと略す)を受けた虚血性心疾患患者の退院後のセルフマネジメント行動をより効果的に促すために、患者のリスク認識に焦点を当てた教育プログラムを開発する目的で文献検討を行った。前年度に引き続き、今年度は具体的なプログラムおよび教材を作成するために、認知行動療法および心疾患患者に対する教育プログラムに関する文献を検討した。その結果、欧米ではかなりの数の認知行動療法を取り入れた教育プログラムが実施されており、長期的な介入効果も徐々に検証されてきていることが明らかになった。現在実施されている教育プログラムとしては、自己管理行動に関する一般的な知識の教育に加えて、セルフモニタリング、感情をコントロールするためのスキル訓練、ポジティブな思考を獲得するための認知再構築などの内容を含んだものが多く見られた。また、認知行動療法を取り入れた教育プログラムの効果に関しては、肯定的な研究と通常の介入に比べあまり効果がみられないとする研究が混在していた。効果があるという研究は、介入の継続期間が長く、介入時間も40時間と多い上に、各セッションへの参加率が高いという特徴がみられた。以上より、認知行動療法を取り入れた教育プログラムで一定の効果を示すには、比較的長期間の強力な介入が望ましいと考えられる。しかしながら、今回対象として考えているPCI後の患者は、心臓リハビリテーションの対象外となっていることが多く、長期間のプログラムに高い出席率で参加してもらうことは現実的には難しいと考えられる。従って、短期間で実施可能なプログラムを探っていくと同時に、文献検討で得られたプログラム内容を参考に、患者が負担感を感じずに長期的に自立して実施できるプログラムに修正していくことの必要性が示唆された。
著者
松田 雅子 中島 恵子 西村 美保 ルール ミシェル
出版者
岡山県立大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011-04-28 (Released:2011-08-05)

カナダ文学の旗手であるマーガレット・アトウッドの作品世界を、長編小説、短編小説、詩、カナダの文学思潮の4つの側面から解明した。研究代表者は長編小説を担当し、分担者の中島恵子は短編小説を中心に研究を進め、それぞれ、博士論文をまとめた。研究分担者の西村美保は、アトウッド文学におけるイギリスの影響、とくにヴィクトリアニズムの展開についてまとめた。研究分担者の、ミシェル・ルールはアトウッドの詩および子ども向けの本の関係について考察した。3冊の書籍、3冊の翻訳書、7編の論文を出版し、学会発表を8回行った。
著者
石原 純一 山田 恵子 山崎 公恵 中島 恵子
出版者
東京女子医科大学学会
雑誌
東京女子医科大学雑誌 (ISSN:00409022)
巻号頁・発行日
vol.51, no.7, pp.771-771, 1981-07-25

東京女子医科大学学会第47回総会 昭和56年9月26日 東京女子医科大学本部講堂
著者
中島 恵美 横川 弘一 市村 藤雄 倉田 孝一 木戸 日出喜 山口 成良 山名 月中
出版者
公益社団法人日本薬学会
雑誌
Chemical & pharmaceutical bulletin (ISSN:00092363)
巻号頁・発行日
vol.35, no.2, pp.718-725, 1987-02-25
被引用文献数
4

The disposition characteristics of biperiden were investigated in rats, rabbits, beagles, and humans, and a physiologically based pharmacokinetic model was established by using the hepatic intrinsic clearance of unbound drug concentration and the tissue-to-plasma unbound concentration ratios. Protein-binding parameters and blood-to-plasma concentration ratios were determined, and linear parameters were obtained in beagles and humans over a wide concentration range. The hepatic intrinsic clearance of humans was predicted from the animal data. The coincidence of each tissue-to-plasma Unbound concentration ratio between rats and rabbits was confirmed in the steady state, and the mean tissue-to-plasma unbound concentration ratios were used for the prediction of the plasma concentration-time courses of beagles and humans. The predicted lines fitted the observed plasma concentrations of beagles and a patient well after a single intravenous injection and repeated intramuscular administrations, respectively.