著者
趙 南元 飯島 泰蔵
出版者
The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
雑誌
電子情報通信学会論文誌 D (ISSN:09135713)
巻号頁・発行日
vol.J68-D, no.5, pp.1125-1132, 1985-05-25

一枚の複雑な画像が与えられたとき,あるいはある風景を眺めたとき,それを認識し,理解しようとすれば,人間はまずそれらを幾つかの簡単な画像に分けることから始めるであろう.人間の目は,無意識の中に,良い視点と視野を決め,自分にとって最も意味のある視覚情報を積極的に取り入れる.本論文ではこのようなプロセスを近似する一つの試みとして安定視点木法を提案する.本方法は,図形の基礎方程式にもとづく最適抑制法を土台にし,視点の安定性を視野を決める基準とすることによって,与えられた複雑な画像から特徴パターンを抽出する方法である.抽出された特徴は,扱い易い木構造となり,安定視点木と呼ばれる.本文では,ボケ変換を解析することにより,安定視点木の定義の正当性を論じ,その性質を明らかにした.本方法による画像の特徴抽出法は,画像の特質に依存しないため,汎用性のある特徴抽出法として,広く応用することが可能である,と考えられる.
著者
飯島 泰蔵
出版者
一般社団法人映像情報メディア学会
雑誌
テレビジョン (ISSN:03743470)
巻号頁・発行日
vol.27, no.8, pp.596-602, 1973-08-01

情報量の定量的表現法はシャノンによって確立され, すでに広く用いられている。しかしこの情報量なる概念は, 本来の情報のひとつの側面を定量化しているに過ぎないものであって, 他の側面から見た情報の定量化問題が未解決のまま残されてきた。本文は個々のパターンがそれ自体として持つ情報を定量的に表現する方法として, 空間情報量と呼ぶ新しい概念を定式化し, この問題を解決するひとつの糸口を示そうと試みたものである。
著者
川崎 順治 飯島 泰蔵
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理 (ISSN:09151923)
巻号頁・発行日
vol.80, no.6, pp.1333-1342, 1997-06-25
被引用文献数
24 4

私たちがものを見るとき, 特に細かい部分に注目しない限り, まず対象全体を大まかにとらえている. 例えば, 1画素ごとには白黒の2値画像を見ても距離をおいて全体を眺めると, もとの鮮明な画像に近い擬似濃淡画像を認識できる経験をしている. 本論文の目的は, このように情報処理が自然に行われ, 画像を強調してより鮮明に見える視覚モデルを構築することである. 我々は今までに, 外界・網膜・脳を通じて階層的に行われる視覚モデルを定式化した. 本論文では外界からの入力画像のパルス密度変調されたディジタル画像が, 方形画像と余弦画像と三角画像の精度の良いアナログ画像に復元できたシミュレーションの結果を示す. 次に, 任意の画像の復元を求めるために, パルス間隔が最も疎となる間隔で等間隔に並べた方形画像の最良近似項Moを用いる等価近似法を提案する. この方法によって良好な復元画像が求まり, 等価近似法の有効性が明らかになった. 以上のことにより, 1次元視覚モデルが構築できたと考えている.
著者
飯島 泰蔵 岩城 護
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 (ISSN:09135707)
巻号頁・発行日
vol.79, no.1, pp.77-87, 1996-01-25
被引用文献数
19

自然観測法の理論は,既に近接型および平衡型と称する互いに表裏の関係にあるところの体系として,定式化されている.本論文では,近接型および平衡型の両体系のいずれにも属さない新しい体系の提案を行い, これを正規型と名付ける.正規型の自然観測法理論は,有限個の観測値の和によって波形を再構成できるという特徴をもっている.正規型の自然観測法理論は,波形およびそのパワー成分が和の形式によって表されるということを条件として自然に導かれる.次に正規型の自然観測変換の周波数特性を従来のフィルタバンクと比較することによってその意味を考察する.更に与えられた許容誤差範囲内で正規型の自然観測を実現するための定数の決定基準を示す. ここに提案される理論は,自然観測法の理論を新しい側面から体系化することに,寄与するものであると考えられる.
著者
川崎 順治 飯島 泰蔵
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理 (ISSN:09151923)
巻号頁・発行日
vol.77, no.4, pp.774-780, 1994-04-25
被引用文献数
37

例えば,白黒2値表示した画像にディザ法をかけると,私たちは,擬似的に中間調が見えてより鮮明な画像として認識していることを経験する.これは,人間が細部に注目しない場合は対象全体を大まかにとらえて,より多値の鮮明な画像を認識できるということである.本論文は,このような外界・網膜・脳を通じて階層的に行われる視覚神経の自然な情報処理の様相を,視覚モデルによってとらえ理論的に明らかにし,実験的に確認した.まず,パルス密度変調されたディジタル画像を外界の入力画像とし,網膜のレベルで視点・視野を考えぼけを含んだ画像として扱い,脳のレベルで関数方程式の解として復元画像を導出した.この解はエルミートの多項式をもち,級数和の項数が漸近級数類似の特性をもつことが示された.すなわち,比較的小さな有限項の最適近似項数で,入力画像を予想どおり原画像のアナログ画像に復元して認識できることが明らかになった.本質を理解しやすくするために1次元モデルとして取り扱われたが,基本的には2次元モデルに拡張されると考えられる.
著者
飯島 泰蔵
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 (ISSN:09135707)
巻号頁・発行日
vol.78, no.6, pp.722-727, 1995-06-25
被引用文献数
11

自然観測法の理論については,過去数年にわたって一連の論文を発表してきたが,その理論体系をもとにしてその重要な応用面の一つである一般波形の受理と生成の問題について,述べるものとする.この問題については,かつて多項式波形の場合に限った理論を発表したことがあったが,今回はこれを一般波形の場合に大きく拡張した理論について論じ,その全貌を明らかにする.
著者
吉村 ミツ 飯島 泰蔵
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理 (ISSN:04478053)
巻号頁・発行日
vol.11, no.3, pp.135-143, 1970-03-15
被引用文献数
2

A method for the design of the Font of KATAKANA (a group of Japanese letters) for the line printer is discussed in this paper. The essential of the method is using a formal characteristic of the letter which is defined by the formula. The characters which were amended from those in the Fig. 4 by the method are shown in the Fig. 6.
著者
飯島 泰蔵 岩城 護
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 (ISSN:09135707)
巻号頁・発行日
vol.81, no.11, pp.1575-1582, 1998-11-25
被引用文献数
9

本論文では, 正規型自然観測変換による波形観測における, 被観測波形と正規型基本観測値系列との間の瞬時的な関係について論じる.これはフーリエ変換の場合で言うところの不確定性関係に類似している.正規型自然観測変換の大域的な不確定性関係は既に明らかにされていたが, 波形の瞬時的な取扱いを定式化しようとする自然観測法理論にとって十分な結果ではなかった.それに対して本論文では示された関数は, 自然観測法理論による波形の瞬時的な取扱いに関する基本的な性質として重要な意味がある.
著者
北村 直人 川崎 順治 加藤 恭子 飯島 泰蔵
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学 (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.103, no.324, pp.7-12, 2003-09-18

人間は,1画素ごとには白黒の2値画像を見ても全体を眺めると,擬似濃淡画像として認識できる経験をしている.我々は今までに,外界・網膜・脳を通して階層的に行われ擬似濃淡画像として認識する視覚モデルとその等価近似法を構築し,各種変調画像の画質評価法を提案した.本論文の目的は,従来の等価近似法において,窓のサイズが変調方式によって異なる不便さを解決する.更に窓のサイズを見つけることが困難な変調方式の場合でも評価できるように,固定型等価近似法を提案することである.窓のサイズと最良近似項数を固定しパルス密度4分割法,組織的ディザ法,平均誤差最小法,単純2値化法,ランダムディザ法の主観的な優劣が近似度で評価でき,固定型等価近似法の有効性が示された.更に,固定型等価近似法による評価が視覚モデルによる方法や等価近似法と比較して,ほぼ同精度ではるかに短時間に高速計算ができることにより,画像や変調方式の数が増えても作業時間的により簡便な方法であることが明らかになった.