著者
楠見 孝 子安 増生 道田 泰司 Manalo Emmanuel 林 創 平山 るみ 信原 幸弘 坂上 雅道 原 塑 三浦 麻子 小倉 加奈代 乾 健太郎 田中 優子 沖林 洋平
巻号頁・発行日
2011-04-01 (Released:2011-04-06)

本年度は最終年度として,以下の3つの課題を実施し,市民のための高次リテラシーと批判的思考の観点からその成果を統合的に考察した。そして,5年間の成果を研究書『市民リテラシーと批判的思考』として出版した。課題1「市民リテラシーと批判的思考」は2テーマに分かれる。 課題1-1「市民リテラシーと批判的思考のアセスメント」では,メディア,統計,リスク,人口学,健康等の分野における市民リテラシーが批判的思考態度に支えられていることを,市民対象の調査によって明らかにした。あわせて,これらの高次リテラシーのアセスメントツールを開発した。課題1-2「批判的思考育成のための教育プログラム作成と授業実践」では,小学校の音楽,高校の探究学習,大学(教養,専門,外国語,教職教育)において,批判的思考向上のための学習者間インタラクションを重視した教育実践をおこないその効果を分析した。課題2「神経科学リテラシーと科学コミュニケーション」では,批判的思考を支える推論と情動について、哲学研究と神経生理学実験に基づいて検討した。また,市民を主体とする科学コミュニケーション活動の意義を,福島原発事故後の放射能リスクをトピックとして検討した。課題3「ネットリテラシーと情報信頼性評価」では,第一に,福島原発事故後の放射能リスクに関する情報源の信頼性評価とネットリテラシーの関連を,5年間のパネル調査に基づいて,時系列的に明らかにした。第二に,対人コミュニケーション場面での信頼感形成過程を長期にわたるコミュニティのテキストコミュニケーションから明らかにした。第三に,批判的思考を,情報通信技術を通じて行われる群衆の知性に基づいて検討するとともに,情報信頼性判断支援のための日本語文の事実性情報を自動解析する技術を開発した。
著者
植阪 友理 鈴木 雅之 市川 伸一 Manalo Emmanuel 和嶋 雄一郎 小山 義徳 瀬尾 美紀子 植阪 友理 Manalo Emmanuel
出版者
東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化センター
雑誌
Working Papers
巻号頁・発行日
vol.1, 2012-08-31

科学研究費補助金基盤研究B「学習方略の自発的利用促進メカニズムの解明と学校教育への展開」(代表 Emmanuel Manalo)
著者
MANALO Emmanuel 鈴木 雅之 田中 瑛津子 横山 悟 篠ヶ谷 圭太 溝川 藍 SHEPPARD Chris 植阪 友理 子安 増生 市川 伸一 楠見 孝 深谷 達史 瀬尾 美紀子 小山 義徳
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

1年目の今年は、3つのユニットに分かれ、21世紀型スキルのメカニズムの解明を中心に取り組んだ。1年ではあったが、複数の学術論文の学会発表を行った。グローバル・コミュニケーションユニットでは、第一に、大学における英語学習において、学力別にグルーピングすることの効果を明らかにした。第二に、日本の大学生を対象とした研究において、単純な反復課題では、学生の英語力の向上に結びつかないことを明らかにした。さらに、英語学習におけるe-learningの効果についても現在、検討中である。ディープ・ラーニングユニットでは、第一に、賛成反対の両方の立場を十分に理解した上で、統合的な議論を行う力を促す実験授業を行った。第二に、道徳授業において生徒の問いを重視するような授業の効果を明らかにした。第三に、大学生の宿題において、図表を活用しながら学習内容を説明することを促す実践を行った(この実践はグローバル・コミュニケーションの促進も狙っている)。また、3月にシンポジウムを実施し、全国から70名ほどの参加者を集めて議論を行った。クリティカル・シンキングユニットでは、第一に,探究学習活動を通して,学習スキルや批判的思考態度が育成されることを解明するために,高校の探究学習における学習スキルや批判的思考態度を測定する尺度,および「問い」を作る力を測定するパフォーマンス課題を作成した。そして,探究学習活動に取り組んでいる高校1年生を対象に質問紙調査を実施して,学習スキルと批判的思考態度の関係を明らかにした.第二に,青年期以降の道徳性と共感性を批判的思考に基づいて検討するために,社会的状況における道徳判断について測定する課題を作成した。そして、この課題とこれまでに開発してきた他の尺度を用い、10代~60代の参加者を対象にWeb調査を実施した。