日本循環器学会 情報広報部会 @8/10は健康ハ (@JCIRC_IPR)

投稿一覧(最新100件)

今号のMessage from the Editor-in-Chief(https://t.co/Dg088yPz2c)では、≪Circulation Journal(#circ_j)の完全オンラインジャーナル化≫についてご案内さ… https://t.co/m1Tz3SjuOK
Message from the Editor-in-Chief in this issue officially informs that the Japanese Circulation Society has decided… https://t.co/gAYB0RMrec
From Circulation Reports. Pancreatic β-cell dysfunction, but not insulin resistance, was associated with unfavorabl… https://t.co/pqsqvdFhXh
From Circulation Reports. The mobile cloud electrocardiography system integration in Oita Prefecture was useful to… https://t.co/FFVtrwf4e6
From Circulation Reports. Authors showed the efficacy of pulmonary endarterectomy and balloon pulmonary angioplasty… https://t.co/VTFM3Gcsnr
From Circulation Reports. Fantastic full moon! Authors showed the full moon effects on the occurrence of hospital c… https://t.co/sMn0uQonTO
From Circulation Reports. Change the world! Machine learning provided the estimated 2 chamber view from 4 chamber a… https://t.co/QkWNx9h02j
From Circulation Reports. Walking is important! Authors retrospectively showed that delayed ambulation was associat… https://t.co/TAnhy6p9Kr
From Circulation Reports. From the West Tokyo-Heart Failure (WET-HF) Registry, the long-term prognostic value of cl… https://t.co/aSxw1dEpLq
RT @dragonsbt: @JCIRC_IPR 【State-of-the-art Therapy for Advanced HF by LVAD】 東京女子医科大学 鈴木敦先生 LVAD挿入患者の再発心室性不整脈(modifier A status) は予後不良につながる…
【長時間労働で心筋梗塞発症リスク1.6倍】 昨日より各メディアにて報道されております、 #CirculationJournal 掲載されました論文はこちらになります(Staff_M) https://t.co/jcR57gcCik… https://t.co/EcZ1qVaRLG
From Circulation Reports. Authors showed redo TAVI for TAVI structural valve degeneration appears safe and feasible… https://t.co/oZa9ZDrJfA
From Circulation Reports. The effects of loop diuretics in HFpEF is unknown. Authors showed the long-acting loop di… https://t.co/bSnPCfTM9I
From Circulation Reports. Using the big data (n =13,961), a risk model of surgical aortic valve replacement for aor… https://t.co/dIZL4YpNpb
Message from the Editor-in-Chief in #circ_j 83-3 introduces "Circulation Journal Awards for the Year 2018". Check o… https://t.co/2MvYyRBLZN
【Circulation Journal Awardfor the Year 2018】 2018年度の受賞者が発表されました! https://t.co/kPtxVSVlFX #Circ_j #日循 #JCS2019
Nutrition status is important in patients with heart failure. This study showed the importance of malnutrition in a… https://t.co/S6ZZHIehWm
RT @atmizu: 潜在性閉塞性S字状中隔の症例も 一定の割合で報告されていますね 運動負荷で難しい場合にイソプロテレノール負荷ですね こちらの症例報告とかなり類似しています https://t.co/y39Sro5cgJ #JCS関東甲信越
Circulation Journal #circ_j Advance Online Publication "Editorial Statistics and Best Reviewers Award for 2018" ha… https://t.co/sfhJJmwsSK
【速報】(改めて正式に編集部より広報あり) ・Circulation Journal #Circ_J に1395本投稿・採択率25.1% ・920名の査読者の中で本数や内容が顕著な20名を表彰するBest Reviewer Awa… https://t.co/98QzpUxY1S
国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧できます。 https://t.co/NFXqL7twU6
Correction: This review compares among 3 trials using DDP-4 inhibitors (SAVOR-TIMI53, TECOS and CARMELINA) and focu… https://t.co/xxQ1Q5A0yf
Check out the message from Editor-in-Chief of "Circulation Reports" here! https://t.co/KICp7eVeno #Circ_J #Circ_Rep CR Editorial Office H
Circulation Reports編集長 佐田政隆先生からの御挨拶文(英文)です! https://t.co/KICp7eVeno #Circ_J #Circ_Rep By事務局編集担当M https://t.co/N9R3uuMMns
There are several trials for SGLT-2 to improve cardiovascular outcomes in diabetes. This review compares among 3 tr… https://t.co/hIhBRBEBln
Half of all heart failure patients have preserved ejection fraction (HFpEF). This review try to explain the pathoph… https://t.co/vz50s8QBQJ
心臓移植後のVasculopathy:血管障害に関しての Editorialですね 心臓移植後にも冠動脈の病変が出現します その評価方法、その病態生理について 触れられています。 ISHLT Registryの生存期間の中央… https://t.co/tMINCMdUpY
この論文へのEditorial commentです。 執筆された又吉先生は、日本高血圧学会の禁煙推進委員会委員(情報広報委員Kもです)で、「日本高血圧学会新禁煙宣言(2017松山宣言)」策定の中心的役割を果たされました。… https://t.co/sbwO6w6SNK
Editorial commentがついた論文です。 ・認知機能評価MMSEスコア24未満(特に20未満)は心臓血管手術のリスクが高い ・MMSE24未満・低アルブミン血症・大動脈手術は入院中死亡の危険因子… https://t.co/9vwqI313Tj
*Circulation Journal12月号Editorial論文 心臓血管手術の周術期における認知機能低下が、術後の経過に影響する可能性があります。 手術適応を考える際にも重要ですね。また、心臓リハビリテーションの有用性… https://t.co/BLLaHVxsJs
CJ最新号より 日本の約8万人の生産人口を対象にしたJ-ECOH研究。喫煙者の総死亡リスクは非喫煙者の約1.5倍と報告。 又、喫煙本数増加に伴いリスク上昇。 しかし5年以上の禁煙者はリスク増加を認めず。 By情報広報委員C https://t.co/f53YjELZee
日本の大動脈疾患に関する疫学研究は多くはありませんが、Circ J に大動脈疾患(大動脈解離、大動脈瘤破裂)の死亡のリスクは高血圧では約4.3倍(調整後)の結果が報告。 https://t.co/scyULu5yLE 高血圧予防、重要です! By 情報広報委員C
内服薬は、適切な用法用量が大切ですね。心房細動やDOACは、担当医と患者が十分に話をすることが重要です。 https://t.co/51IwX3uyVd #日循 #CircJ By情報広報委員K
左心房内血栓のリスクが高いのは ・発作性より持続性心房細動 ・DOACの不適切な減量 表のIDRはinappropriate dose reduction(不適切な減量)、DOACはdirect oral anticoagul… https://t.co/gHsihc8yUC
心房細動の治療として経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)を行う前に、脳梗塞の原因になる左心房内血栓を経食道心エコーで確認しますが、どのような場合に経食道心エコーを行うことが望ましいかを検討した研究の紹介です。… https://t.co/DIwMKaJZlE
今回のEditorialは重症下肢虚血患者の 血管新生のメカニズムの話をされています #CircJ https://t.co/Kr2AyuIoaI by情報広報委員M https://t.co/7vwaAx9l5A
研究者にとっても、 たまに厳密には区別できていないこともありますので ご注意を。 心臓周囲の脂肪が 動脈硬化に悪いということが言われていますが Epicardial fat(心膜の中)と Pericardial fat(心膜の… https://t.co/Z4SrfYWVjS
病気と遺伝子の関係は、正しい知識の共有が必要です。Lamin A/C遺伝子の変化がどれくらいの確率で心臓にどんな影響を与えるかを日本で調べた研究です。このような研究の積み重ねが、過度な不安を防ぎ、冷静に正しく考えることにつながりま… https://t.co/8sCWIdiE5E
・非弁膜症性心房細動を有する脳梗塞患者546名を6年間解析 ・抗凝固薬の効果が不十分な割合は減少せず ・すでにDOACを内服している率は上昇し、入院時神経学的異常も軽減 ・血栓溶解療法や除去術は増加し、機能回復や予後改善に寄与して… https://t.co/TFGN3TGVom
心房細動は脳梗塞の重要な原因です。高齢化社会の影響もあり、日本は脳梗塞患者の心房細動を有する率が高いことが知られています。日本で6年間にわたり弁膜症のない心房細動を有する脳梗塞患者の治療内容や経過を解析した論文の紹介です。… https://t.co/xFJruchtYC
Editorial commentの元論文です。 ・PCSK9阻害薬とスタチン併用は冠動脈3枝疾患患者における費用対効果は必ずしも良好ではない ・一方、家族性高コレステロール血症の治療が十分ではない冠動脈3枝疾患患者に対しては良… https://t.co/tsy6tmfUr1
心血管イベント発症抑制を目的とするスタチンとPCSK9阻害薬の併用療法における費用対効果を日本人で検証した研究です。心血管病や脳卒中の発症率が日本と欧米で異なることを理解して臨床試験の結果を解釈しないといけませんね。… https://t.co/WD2IMGp8W8
Editorial commentの元の論文です。まだまだ十分克服できているとは言えない収縮能低下型心不全において、LCZ696が新たな治療手段になるかどうか日本できちんと検証する意義深い臨床研究です。… https://t.co/pI45YqSpvW
LCZ696(angiotensin-receptor neprilysin inhibitor)のACE阻害薬を上回る予後改善・入院予防効果を示したPARADIGM-HF試験を、日本人225名の左室収縮能低下型心不全患者で検証す… https://t.co/V8c8msXi1J
感染性心内膜炎治療では 手術は常に頭に置いておかねばなりません 僧帽弁の感染性心内膜炎の場合 昔は弁置換術でしたが、 今は早期手術かつ、弁形成術が多くなってきています。 もちろん、弁の状況によるので 担当の先生の判断が最も重要で… https://t.co/jEjht0X5fA
Editorial commentがついた元の論文です。 https://t.co/0H3DELGrTU #日循 #circulation #journal #論文 by情報広報委員K https://t.co/8R0xVhkpFu
今週の腫瘍循環器病学会でもキーワードになる【CTRCD】は ・左室駆出率LVEFが治療前から5%以上低下して55%未満になり心不全症状がある ・無症状もLVEF 10%以上低下 が定義です。循環器内科医は必須の知識ですね。… https://t.co/A8zXrcHQrK
Circulation JournalのEditorial論文です。 抗癌剤anthracyclineによる心機能抑制(cancer therapy-related cardiac dysfunction;CTRCD)の早期察知… https://t.co/Kw6gFCYfx3
Aortopathyについては いくつかの原因が考えられています ・心血管リスク(高血圧・年齢・脂質異常症・糖尿・喫煙) ・血行動態の影響 ・もともとの遺伝的要素 などがありますが 個人で頑張れるのは、リスクの管理!… https://t.co/M1OWfC8uek
大動脈二尖弁の方で注意するべきなのは ・大動脈弁狭窄症・閉鎖不全 ・感染性心内膜炎 ・上行大動脈拡大 などがありますよ ということです。 大動脈拡大については特に 「Aortopathy」 として注意されています… https://t.co/vf9alUrGXC
せっかくなので、論文紹介しましょうということです 是非是非ご参考までに 大動脈二尖弁って知ってますか? 大動脈弁は通常3つの弁尖でできていますが、 生まれつき2つの弁尖の方が 0.5–2.0%の方にいらっしゃいます。… https://t.co/Vm8x3HxvvJ
【2018年11月号Circulation Journal論文紹介】血管内皮細胞が血管のずり応力や伸展を感知して細胞内情報伝達を制御するメカノセンサーとしての役割をまとめたレビュー論文です。… https://t.co/2sSGgGvKfw

お気に入り一覧(最新100件)

今号のMessage from the Editor-in-Chief(https://t.co/Dg088yPz2c)では、≪Circulation Journal(#circ_j)の完全オンラインジャーナル化≫についてご案内さ… https://t.co/m1Tz3SjuOK
Message from the Editor-in-Chief in this issue officially informs that the Japanese Circulation Society has decided… https://t.co/gAYB0RMrec
@JCIRC_IPR 【State-of-the-art Therapy for Advanced HF by LVAD】 東京女子医科大学 鈴木敦先生 LVAD挿入患者の再発心室性不整脈(modifier A status) は… https://t.co/mMJaswJ6nz
Message from the Editor-in-Chief in #circ_j 83-3 introduces "Circulation Journal Awards for the Year 2018". Check o… https://t.co/2MvYyRBLZN
【Circulation Journal Awardfor the Year 2018】 2018年度の受賞者が発表されました! https://t.co/kPtxVSVlFX #Circ_j #日循 #JCS2019
Nutrition status is important in patients with heart failure. This study showed the importance of malnutrition in a… https://t.co/S6ZZHIehWm
#緩和ケア #肺がん #PEACE 緩和ケア研修会の効果について報告したアンケート調査結果です。 肺癌診療をしている医師に対しての調査を肺癌学会において実施したものです。 https://t.co/TmtMTxPJ3a
潜在性閉塞性S字状中隔の症例も 一定の割合で報告されていますね 運動負荷で難しい場合にイソプロテレノール負荷ですね こちらの症例報告とかなり類似しています https://t.co/y39Sro5cgJ #JCS関東甲信越
Circulation Journal #circ_j Advance Online Publication "Editorial Statistics and Best Reviewers Award for 2018" ha… https://t.co/sfhJJmwsSK
日本循環器学会@JCIRC_IPR #日循 Circulation Journal #Circ_J の Best Reviewer Award 2018選出! 研究領域がマニアな自分には縁がないと思っていましたが。。びっくり。… https://t.co/znmZIccMhr
【速報】(改めて正式に編集部より広報あり) ・Circulation Journal #Circ_J に1395本投稿・採択率25.1% ・920名の査読者の中で本数や内容が顕著な20名を表彰するBest Reviewer Awa… https://t.co/98QzpUxY1S
国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧できます。 https://t.co/NFXqL7twU6
Correction: This review compares among 3 trials using DDP-4 inhibitors (SAVOR-TIMI53, TECOS and CARMELINA) and focu… https://t.co/xxQ1Q5A0yf
Check out the message from Editor-in-Chief of "Circulation Reports" here! https://t.co/KICp7eVeno #Circ_J #Circ_Rep CR Editorial Office H
Circulation Reports編集長 佐田政隆先生からの御挨拶文(英文)です! https://t.co/KICp7eVeno #Circ_J #Circ_Rep By事務局編集担当M https://t.co/N9R3uuMMns
There are several trials for SGLT-2 to improve cardiovascular outcomes in diabetes. This review compares among 3 tr… https://t.co/hIhBRBEBln
Half of all heart failure patients have preserved ejection fraction (HFpEF). This review try to explain the pathoph… https://t.co/vz50s8QBQJ
心臓移植後のVasculopathy:血管障害に関しての Editorialですね 心臓移植後にも冠動脈の病変が出現します その評価方法、その病態生理について 触れられています。 ISHLT Registryの生存期間の中央… https://t.co/tMINCMdUpY
この論文へのEditorial commentです。 執筆された又吉先生は、日本高血圧学会の禁煙推進委員会委員(情報広報委員Kもです)で、「日本高血圧学会新禁煙宣言(2017松山宣言)」策定の中心的役割を果たされました。… https://t.co/sbwO6w6SNK
Editorial commentがついた論文です。 ・認知機能評価MMSEスコア24未満(特に20未満)は心臓血管手術のリスクが高い ・MMSE24未満・低アルブミン血症・大動脈手術は入院中死亡の危険因子… https://t.co/9vwqI313Tj
*Circulation Journal12月号Editorial論文 心臓血管手術の周術期における認知機能低下が、術後の経過に影響する可能性があります。 手術適応を考える際にも重要ですね。また、心臓リハビリテーションの有用性… https://t.co/BLLaHVxsJs
CJ最新号より 日本の約8万人の生産人口を対象にしたJ-ECOH研究。喫煙者の総死亡リスクは非喫煙者の約1.5倍と報告。 又、喫煙本数増加に伴いリスク上昇。 しかし5年以上の禁煙者はリスク増加を認めず。 By情報広報委員C https://t.co/f53YjELZee
日本の大動脈疾患に関する疫学研究は多くはありませんが、Circ J に大動脈疾患(大動脈解離、大動脈瘤破裂)の死亡のリスクは高血圧では約4.3倍(調整後)の結果が報告。 https://t.co/scyULu5yLE 高血圧予防、重要です! By 情報広報委員C
内服薬は、適切な用法用量が大切ですね。心房細動やDOACは、担当医と患者が十分に話をすることが重要です。 https://t.co/51IwX3uyVd #日循 #CircJ By情報広報委員K
左心房内血栓のリスクが高いのは ・発作性より持続性心房細動 ・DOACの不適切な減量 表のIDRはinappropriate dose reduction(不適切な減量)、DOACはdirect oral anticoagul… https://t.co/gHsihc8yUC
心房細動の治療として経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)を行う前に、脳梗塞の原因になる左心房内血栓を経食道心エコーで確認しますが、どのような場合に経食道心エコーを行うことが望ましいかを検討した研究の紹介です。… https://t.co/DIwMKaJZlE
今回のEditorialは重症下肢虚血患者の 血管新生のメカニズムの話をされています #CircJ https://t.co/Kr2AyuIoaI by情報広報委員M https://t.co/7vwaAx9l5A
研究者にとっても、 たまに厳密には区別できていないこともありますので ご注意を。 心臓周囲の脂肪が 動脈硬化に悪いということが言われていますが Epicardial fat(心膜の中)と Pericardial fat(心膜の… https://t.co/Z4SrfYWVjS
病気と遺伝子の関係は、正しい知識の共有が必要です。Lamin A/C遺伝子の変化がどれくらいの確率で心臓にどんな影響を与えるかを日本で調べた研究です。このような研究の積み重ねが、過度な不安を防ぎ、冷静に正しく考えることにつながりま… https://t.co/8sCWIdiE5E
・非弁膜症性心房細動を有する脳梗塞患者546名を6年間解析 ・抗凝固薬の効果が不十分な割合は減少せず ・すでにDOACを内服している率は上昇し、入院時神経学的異常も軽減 ・血栓溶解療法や除去術は増加し、機能回復や予後改善に寄与して… https://t.co/TFGN3TGVom
心房細動は脳梗塞の重要な原因です。高齢化社会の影響もあり、日本は脳梗塞患者の心房細動を有する率が高いことが知られています。日本で6年間にわたり弁膜症のない心房細動を有する脳梗塞患者の治療内容や経過を解析した論文の紹介です。… https://t.co/xFJruchtYC
Editorial commentの元論文です。 ・PCSK9阻害薬とスタチン併用は冠動脈3枝疾患患者における費用対効果は必ずしも良好ではない ・一方、家族性高コレステロール血症の治療が十分ではない冠動脈3枝疾患患者に対しては良… https://t.co/tsy6tmfUr1
心血管イベント発症抑制を目的とするスタチンとPCSK9阻害薬の併用療法における費用対効果を日本人で検証した研究です。心血管病や脳卒中の発症率が日本と欧米で異なることを理解して臨床試験の結果を解釈しないといけませんね。… https://t.co/WD2IMGp8W8
Editorial commentの元の論文です。まだまだ十分克服できているとは言えない収縮能低下型心不全において、LCZ696が新たな治療手段になるかどうか日本できちんと検証する意義深い臨床研究です。… https://t.co/pI45YqSpvW
LCZ696(angiotensin-receptor neprilysin inhibitor)のACE阻害薬を上回る予後改善・入院予防効果を示したPARADIGM-HF試験を、日本人225名の左室収縮能低下型心不全患者で検証す… https://t.co/V8c8msXi1J
感染性心内膜炎治療では 手術は常に頭に置いておかねばなりません 僧帽弁の感染性心内膜炎の場合 昔は弁置換術でしたが、 今は早期手術かつ、弁形成術が多くなってきています。 もちろん、弁の状況によるので 担当の先生の判断が最も重要で… https://t.co/jEjht0X5fA
Editorial commentがついた元の論文です。 https://t.co/0H3DELGrTU #日循 #circulation #journal #論文 by情報広報委員K https://t.co/8R0xVhkpFu
今週の腫瘍循環器病学会でもキーワードになる【CTRCD】は ・左室駆出率LVEFが治療前から5%以上低下して55%未満になり心不全症状がある ・無症状もLVEF 10%以上低下 が定義です。循環器内科医は必須の知識ですね。… https://t.co/A8zXrcHQrK
Circulation JournalのEditorial論文です。 抗癌剤anthracyclineによる心機能抑制(cancer therapy-related cardiac dysfunction;CTRCD)の早期察知… https://t.co/Kw6gFCYfx3
Aortopathyについては いくつかの原因が考えられています ・心血管リスク(高血圧・年齢・脂質異常症・糖尿・喫煙) ・血行動態の影響 ・もともとの遺伝的要素 などがありますが 個人で頑張れるのは、リスクの管理!… https://t.co/M1OWfC8uek
大動脈二尖弁の方で注意するべきなのは ・大動脈弁狭窄症・閉鎖不全 ・感染性心内膜炎 ・上行大動脈拡大 などがありますよ ということです。 大動脈拡大については特に 「Aortopathy」 として注意されています… https://t.co/vf9alUrGXC
せっかくなので、論文紹介しましょうということです 是非是非ご参考までに 大動脈二尖弁って知ってますか? 大動脈弁は通常3つの弁尖でできていますが、 生まれつき2つの弁尖の方が 0.5–2.0%の方にいらっしゃいます。… https://t.co/Vm8x3HxvvJ

フォロー(150ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

https://t.co/IQjRBGDdBJ 先ほどの引用はこちらです。 Straus S. E., Glasziou P., Richardson W. S., Haynes R. B., ``Evidence-Based… https://t.co/EHNHzHC6r5
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @tera87chan: 本邦の急性心不全患者で入院・外来共に心リハを実施しなかった患者が60%、入院のみ実施した患者は33%、入院・外来共に心リハを実施した患者はわずか7%であった。 多変量解析の結果、入院・外来共に心リハ指導士の有無が心リハ実施に影響した。 Kamiy…
@e_ari 内分泌専門ではないのですが、こちらは参考になるかと思いました! https://t.co/wjVX7eWpej https://t.co/IMVVBklIfH
[SY17-3] チャンスをつかめ その3「留学してみよう」竹ノ内先生 第24回日本緩和医療学会学術大会/チャンスをつかめ その3「留学してみよう」 https://t.co/ACUWb4E9ZJ
SY17 石木先生 さあ、書いてみよう! #JSPM24 第24回日本緩和医療学会学術大会/チャンスをつかめ その2「書いてみよう」 https://t.co/ZacPH9ssVL
#JSPM24 SY11 岩田先生がご登壇 フランス語検定の話から導入 第24回日本緩和医療学会学術大会/コンサルテーションスキル https://t.co/tBLH95YXxl
緩和ケアチームの手引きも編集された小川朝生先生が登壇されています。緩和ケアチームが立ち上がり10以上経過し、改めてコンサルテーション活動を振り返る。Next Step へ #JSPM24 第24回日本緩和医療学会学術大会/コンサル… https://t.co/ywFaOjMWVo

フォロワー(4736ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

訪問看護ステーションにおける診療看護師(NP)導入前後の実態調査 https://t.co/wawAF5Fi6Z
https://t.co/IQjRBGDdBJ 先ほどの引用はこちらです。 Straus S. E., Glasziou P., Richardson W. S., Haynes R. B., ``Evidence-Based… https://t.co/EHNHzHC6r5
RT @halproject00: 安全性は別として、鉄製品からどのくらい鉄が摂取できるか。 このデータだと、鉄びんで湯を沸かしものだと0.2ppm、つまり1Lで0.2mg。 鉄鍋で作ったビーフシチュー1mg、野菜炒め0.15mg(1人前換算)。 うーん……治療が必要な人には…
米国におけるNurse Practitioner(NP)Physician Assistant(PA)の実態 https://t.co/ERD81VPCG9
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @naoya_foodlab: スプーンが深いものを選ぶのがコツです。形状による測定誤差を調べた論文がこちら。https://t.co/kmWHnYrtW4
RT @ursus21627082: 学生同士の恋愛関係については極力立ち入らない方針をとっている。理由は様々あるし人それぞれの倫理観があろうが、例えばこの論文の基礎データでは調査対象大学生の平均交際期間は15ヶ月。在学中に分かれるカップルが大半なのだ先生は何も知らん顔してない…
RT @JCIRC_IPR: 今号のMessage from the Editor-in-Chief(https://t.co/Dg088yPz2c)では、≪Circulation Journal(#circ_j)の完全オンラインジャーナル化≫についてご案内されております。みな…
彬子さまが三笠宮妃百合子さまから聞かれた貴重なお話を中心に纏められた論文。 まさに "珠匣" の語りをきちんと論文という形にされたのですね。 さすが! CiNii 論文 -  女性皇族の衣装の変移について : 明治の洋装化がもた… https://t.co/EoJgy2T3Fh
RT @Office_j: 【がん既往HR例では心転帰も増悪/ Circ J】 日本、心不全入院連続登録2103例、623日 [中央値] 観察:がん既往例 [m=275]では非既往例に比べ、総死亡のみならず、心臓死・HF入院も有意に多。多変量解析後のHRは1.45 [95%…
RT @doctor_ladies: ナオコさんの『教科書的には・・・ https://t.co/A1EqiKwQ0X 』のお答えがばらけてしまっているみたいなので
【がん既往HR例では心転帰も増悪/ Circ J】 日本、心不全入院連続登録2103例、623日 [中央値] 観察:がん既往例 [m=275]では非既往例に比べ、総死亡のみならず、心臓死・HF入院も有意に多。多変量解析後のHR… https://t.co/6PEhDy1Muu
@tournurse3 https://t.co/tUPvdSOKDD アナフィラキシー症例 https://t.co/Z6oyJM1UhT 新規アレルギーの調査
RT @oikawamaru: エツの正常な卵発生には微妙な低塩分が必要であることが示されている→ https://t.co/J7nAC7UwcR。本来は遡上すれば必ずどこかに適した低塩分域があるけど、今は河口堰より上流へはのぼれない。つまり流量が減り河口堰直下が発生に不適切な…
診療看護師が行う超音波検査の有用性 - 東北文化学園大学 https://t.co/cEE4ycoKwT
RT @tera87chan: 本邦の急性心不全患者で入院・外来共に心リハを実施しなかった患者が60%、入院のみ実施した患者は33%、入院・外来共に心リハを実施した患者はわずか7%であった。 多変量解析の結果、入院・外来共に心リハ指導士の有無が心リハ実施に影響した。 Kamiy…
RT @planet__blue: 6月21日にフランスのパリで撮影された夜光雲の写真です。夜光雲は高度約85kmの非常に低温な高層大気中で形成され、凝結核としては流星起源のエアロゾル粒子や硫黄成分のエアロゾルなどが考えられています。大気重力波による縞状(波状)構造が見られ、不…
RT @tera87chan: 本邦の急性心不全患者で入院・外来共に心リハを実施しなかった患者が60%、入院のみ実施した患者は33%、入院・外来共に心リハを実施した患者はわずか7%であった。 多変量解析の結果、入院・外来共に心リハ指導士の有無が心リハ実施に影響した。 Kamiy…
本邦の急性心不全患者で入院・外来共に心リハを実施しなかった患者が60%、入院のみ実施した患者は33%、入院・外来共に心リハを実施した患者はわずか7%であった。 多変量解析の結果、入院・外来共に心リハ指導士の有無が心リハ実施に影響し… https://t.co/RMVBLq6qne
@e_ari 内分泌専門ではないのですが、こちらは参考になるかと思いました! https://t.co/wjVX7eWpej https://t.co/IMVVBklIfH
【CHDはAFリスク?/JAT】 台湾全国コホート、先天性心疾患13.439例と、同数の傾向スコアマッチ対照比較:諸因子補正後、CHDでAF発症HRは4.23 [95%CI 3.31-5.41]。… https://t.co/r0S3OA9g9Z
[SY17-3] チャンスをつかめ その3「留学してみよう」竹ノ内先生 第24回日本緩和医療学会学術大会/チャンスをつかめ その3「留学してみよう」 https://t.co/ACUWb4E9ZJ
SY17 石木先生 さあ、書いてみよう! #JSPM24 第24回日本緩和医療学会学術大会/チャンスをつかめ その2「書いてみよう」 https://t.co/ZacPH9ssVL
#JSPM24 SY11 岩田先生がご登壇 フランス語検定の話から導入 第24回日本緩和医療学会学術大会/コンサルテーションスキル https://t.co/tBLH95YXxl
緩和ケアチームの手引きも編集された小川朝生先生が登壇されています。緩和ケアチームが立ち上がり10以上経過し、改めてコンサルテーション活動を振り返る。Next Step へ #JSPM24 第24回日本緩和医療学会学術大会/コンサル… https://t.co/ywFaOjMWVo