著者
兵頭 政光 弘瀬 かほり 長尾 明日香 吉田 真夏 大森 孝一 城本 修 西澤 典子 久 育男 湯本 英二
出版者
日本音声言語医学会
雑誌
音声言語医学 (ISSN:00302813)
巻号頁・発行日
vol.57, no.1, pp.1-6, 2016 (Released:2016-02-23)
参考文献数
11
被引用文献数
1 1

本邦における痙攣性発声障害患者数や臨床像を明らかにすることを目的として,アンケート方式による疫学調査を実施した.本疾患の音声所見を収録したサンプルCDを作成したうえで,全国の主要な耳鼻咽喉科医療機関655施設に調査表を送付した.その結果,過去2年間にこれらの医療機関を受診した患者は1,534例あり,このうち新規患者は887例(0.70人/10万人)いることが確認できた.これにより,有病率は3.5~7.0人/10万人以上になることが推測された.臨床像としては,年齢は20および30歳代が59.0%を占め,男女比は1:4.1と女性が多かった.病型は内転型が約93.2%を占め,症状は内転型では声のつまりや努力性発声,外転型では失声や声が抜けるなどが特徴的であった.症状発現から医療機関受診までの期間の中央値は3.0年であった.治療はA型ボツリヌス毒素の内喉頭筋内注入療法や甲状軟骨形成術Ⅱ型などが,一部の医療機関で集約的に行われていた.今回の調査を通して,痙攣性発声障害は耳鼻咽喉科医においてもまだ十分に認識されていないことが推測された.調査結果などを基にして,診断基準の作成や治療指針の確立が望まれる.
著者
兵頭 政光 西窪 加緒里 弘瀬 かほり
出版者
一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会
雑誌
日本耳鼻咽喉科学会会報 (ISSN:00306622)
巻号頁・発行日
vol.113, no.8, pp.670-678, 2010 (Released:2011-05-13)
参考文献数
14
被引用文献数
14 18

今日, 嚥下障害は高齢化社会の到来とともに, 医療的にも社会的にも大きな問題となっている. 嚥下障害患者に適切に対応するためには, 患者ごとに嚥下機能を客観的に評価することが必要である. 嚥下機能検査法の一つである嚥下内視鏡検査は近年, 広く普及しつつあるが, 客観的な評価基準がないことが大きな問題点である. そこで今回, 嚥下障害の病態を簡便かつ客観的に評価することを目的として, 外来でも簡便に行える嚥下内視鏡検査スコア評価基準を作成し, その臨床的有用性について検討を行った.スコア評価では, 非嚥下時の観察項目として「喉頭蓋谷や梨状陥凹の唾液貯留の程度」および「声門閉鎖反射や咳反射の惹起性」を, 嚥下時の観察項目として「嚥下反射の惹起性」および「着色水嚥下後の咽頭クリアランス」を取りあげ, それぞれ0 (正常), 1 (軽度障害), 2 (中等度障害), 3 (高度障害) の4段階に評価した. この評価基準に従って嚥下障害例を対象としてスコア評価すると, 「専門外来担当医」と「一般耳鼻咽喉科医」または「言語聴覚士」の間で有意な相関があり, 嚥下障害の診療を専門とする耳鼻咽喉科医でなくても嚥下障害の病態を客観的に評価できることが示された. また, スコア評価結果は嚥下造影検査による咽頭クリアランスや誤嚥の程度とも有意な相関があった. スコア評価結果に基づいて経口摂取の可否の判断を行うことも可能と考えられた. 以上より, 今回提唱した嚥下内視鏡検査スコア評価法は, 嚥下障害の重症度や障害様式を評価する上で簡便かつ信頼性があり, 嚥下障害患者の診療において十分有用であると結論した.
著者
兵頭 政光 森 敏裕 河北 誠二 湯本 英二
出版者
日本喉頭科学会
雑誌
喉頭 (ISSN:09156127)
巻号頁・発行日
vol.12, no.1, pp.31-35, 2000-06-01 (Released:2012-09-24)
参考文献数
14

Oropharyngeal swallowing disorder results from the disruption of the integrated mechanism of deglutition. This disruption occurs when the lower cranial nerves have been paralyzed due to a cerebrovascular accident or by a skull base lesion. In this article, we postoperatively evaluated the outcomes of 26 patients who had undergone surgical intervention for severe dysphagia caused by lower cranial nerve deficits. The ages of the patients ranged from 22 to 79 years, with an average of 58 years. Etiology of dysphagia consisted of cerebrovascular accidents in 14 cases, skull base lesions in 7, parapharyngeal space lesions in 2, and others in 3. Twenty-one patients had been entirely dependent on tube feeding or intravenous hyperalimentation preoperatively. The series of surgical procedures included cricopharyngeal myotomy (CPM) in 10 cases, CPM with laryngeal suspension (LS) in 6, CPM with vocal fold medialization (VFM) in 3, CPM with both LS and VFM in 6, and VFM in 1. Twenty-three patients (88%) had success in postoperative swallowing function improvement, and oral food intake was restored. Although structured swallowing rehabilitation is mandatory for patients with pharyngeal swallowing disorders, surgical strategies should be considered as a choice of treatment for patients with prolonged pharyngeal swallowing dysfunction.
著者
兵頭 政光
出版者
耳鼻と臨床会
雑誌
耳鼻と臨床 (ISSN:04477227)
巻号頁・発行日
vol.45, no.2, pp.133-137, 1999-03-20 (Released:2013-05-10)
参考文献数
19

甲状咽頭筋と輪状咽頭筋からなる下咽頭収縮筋の特性について検討した。その結果、甲状咽頭筋と輪状咽頭筋は肉眼的形態、安静時および嚥下時の筋活動様式、筋線維の走行様式、筋線維タイプ構成などの点で極めて対照的な特性を示した。また、他の骨格筋との比較でも特に輪状咽頭筋は形態的、機能的、組織化学的に特殊な筋と位置づけることができる。一方で、甲状咽頭筋と輪状咽頭筋の問での特性の違いは漸次移行しており明らかな境界は認められなかった。このことが下咽頭収縮筋全体としての巧妙な筋活動様式を演出しているものと考えられる。
著者
兵頭 政光 甲藤 洋一
出版者
特定非営利活動法人 日本気管食道科学会
雑誌
日本気管食道科学会会報 (ISSN:00290645)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.84-90, 2006 (Released:2006-04-24)
参考文献数
19

喉頭は発声·呼吸·嚥下など多彩で複雑な機能を担っている。これらの機能の微細な調節には喉頭内の固有知覚受容器からのフィードバック機構が必要である。本稿では,喉頭の運動制御に強く関わっている筋紡錘と知覚神経終末についてわれわれがこれまでに行ってきた形態学的研究の成果を提示し,運動調節機構における役割について考察する。 ヒト喉頭について組織学的検索を行うと,外側輪状披裂筋を除くすべての内喉頭筋で筋紡錘の存在が観察できた。内喉頭筋の筋紡錘は他の骨格筋と比較して少なく,径や錘内筋線維の数などの点で小型であった。透過型電子顕微鏡による観察では,錘内筋線維の表面に瘤状の知覚神経終末が分布し,その一部は筋形質内に侵入していた。これにより,知覚受容器として効率的に機能することが推測された。内喉頭筋線維に分布する知覚神経終末は自由終末,葉状終末,らせん終末,終末球など多様な形態のものが観察され,多機能な知覚受容器として機能していると考えられた。
著者
山形 和彦 兵頭 政光 前谷 俊樹 影山 慎一 浅井 真紀
出版者
耳鼻と臨床会
雑誌
耳鼻と臨床 (ISSN:04477227)
巻号頁・発行日
vol.49, no.1, pp.27-30, 2003-01-20 (Released:2013-05-10)
参考文献数
7
被引用文献数
2

多発性の甲状軟骨骨折の整復術を他医で受けたにもかかわらず、不完全な整復であったため「高い声が出せない」という音声障害を来した症例に対し、音声障害を解消するために再手術を行った。再手術の内容として、軟骨骨折部の整復を予定していたが、術中所見で確実な整復が困難と判断し、代わりに甲状軟骨形成術IV型を行った。短縮していた声帯長を長くし、たるんだ声帯の緊張度を上昇させることを目的としていたので、甲状軟骨形成術IV型の原理に適合していると考えた。術後の音声機能検査の結果も改善していた。喉頭枠組みの骨折に対しては、整復術のみならず甲状軟骨形成術も考慮することが重要であると考える。
著者
兵頭 政光
出版者
耳鼻咽喉科展望会
雑誌
耳鼻咽喉科展望 (ISSN:03869687)
巻号頁・発行日
vol.52, no.5, pp.282-288, 2009 (Released:2010-10-15)
参考文献数
19
被引用文献数
1

嚥下障害は高齢化社会の到来とともに医療的にも社会的にも大きな問題となってきた。高齢者では生理的にも嚥下機能が低下し, 誤嚥性肺炎の危険性が増大する。そこで, 嚥下機能の加齢変化様式について, 基礎的および臨床的観点から述べた。咽頭期嚥下において重要な機能を担う筋のうち, 食塊駆動筋である甲状咽頭筋の機能は低下するのに対し, 食道入口部括約筋である輪状咽頭筋は機能的に変化がないことが明らかになった。健常高齢者を対象とした嚥下内視鏡検査, 嚥下造影検査, 嚥下圧検査による多角的検討でも, 高齢者では嚥下反射の惹起性の低下, 食塊の咽頭通過時間の延長, 食道入口部括約機構の機能障害などの所見が認められた。これらの障害はカプサイシン投与により改善し, 加齢による嚥下障害に対する予防あるいは治療法としての可能性が示唆された。