著者
浜崎 健児
出版者
日本応用動物昆虫学会
雑誌
日本応用動物昆虫学会誌 (ISSN:00214914)
巻号頁・発行日
vol.43, no.1, pp.35-40, 1999-02-25 (Released:2009-02-12)
参考文献数
21
被引用文献数
2 3

1. 水田における栽培管理の違いがアメリカカブトエビの発生に与える影響を明らかにするため,広島県下3地域の慣行農法水田と有機農法水田で,アメリカカブトエビの発生を調査した.慣行農法水田では8筆中5筆でアメリカカブトエビが発生したのに対し,有機農法水田では6筆すべてで発生しない現象が観察された.2. 東広島市吉川町の両農法水田で,アメリカカブトエビとその捕食者の一つと考えられる水生昆虫類の発生を調査したところ,両者の発生経過には関連性が認められなかった.よって,水生昆虫類は有機農法水田でアメリカカブトエビが発生しない要因ではないと考えられた.3. 東広島市吉川町の両農法水田から土壌を採取して人工水田を作製し,アメリカカブトエビ幼生を接種する実験を行った.慣行土壌水槽では,接種6日目以降,生存率が50%前後で推移したのに対し,有機土壌水槽では接種6日目までにすべての個体が死亡した.有機土壌水槽で測定された田面水のpHは,慣行土壌水槽に比べて明らかに低く,現地水田で測定された結果と同様の傾向を示したことから,田面水のpHは,有機農法水田でアメリカカブトエビ幼生が生存できない要因の一つとして関与することが示唆された.
著者
川畑 龍三 三池 徹 上船 雅義 岡部 弘高 高木 正見 甲斐 昌一
出版者
日本応用動物昆虫学会
雑誌
日本応用動物昆虫学会誌 (ISSN:00214914)
巻号頁・発行日
vol.48, no.4, pp.289-296, 2004-11-25
被引用文献数
2 5

本研究では、インゲンマメの葉がカンザワハダニによる食害を受けると、そのフォトン放射強度が増加することが明らかになった。その放射強度は経日的に増加し、ハダニが最もよく集まる葉脈付近で強い発光を示した。食害を受けた葉からの発光は、二つの異なったプロセスから成り立っており、おのおの傷害直後に起こる一過性の反応による発光過程と、食害によって誘導された防衛反応に起因する発光過程と考えられた。また、その放射スペクトルから、長波長(500-700nm)側では食害に伴う物理的損傷に対するストレス反応に起因し、一重項酸素の2光子過程(580、634nm)が関与していると推測された。一方、短波長域(300-400nm)の発光は傷害応答とともに食害ストレスに応答した防御物質生産等の防衛反応に起因すると考えられた。以上のように、食害応答と放射フォトンの強度変化との関連が示されたことから、フォトン計測が生体防衛機構の新たな先端計測手段として利用できる可能性が示された。特に、今回注目したフォトン計測は特別な手法を必要とせず、高感度かつリアルタイムで試料の測定が行えるので、広範な応用が可能である。
著者
田中 絵里 綿引 大祐 吉松 慎一 渡久地 彩子
出版者
日本応用動物昆虫学会
雑誌
日本応用動物昆虫学会誌 (ISSN:00214914)
巻号頁・発行日
vol.64, no.1, pp.27-36, 2020-02-25 (Released:2020-03-01)
参考文献数
45

The masson pine moth, Dendrolimus punctatus(Walker)(Lepidoptera: Lasiocampidae), is a notorious pest of pine trees in Asian countries and was recorded in Japan for the first time from Ishigakijima Island and Iriomotejima Island. We performed taxonomic studies involving the male and female genitalia and clarified the distinguishable features among the following four Japanese species of the genus Dendrolimus: D. superans(Butler), D. spectabilis(Butler), D. okinawanus Sonan, and D. punctatus based on many specimens including the lectotype of D. punctatus. As for DNA barcoding, five of the analyzed Japanese haplotypes from Ishigakijima Island and Iriomotejima Island and three of the Chinese haplotypes registered in GenBank as D. punctatus belonged to the same clade in the NJ tree. The intraspecific divergence value within D. punctatus was higher than the interspecific divergence value between D. okinawanus and D. spectabilis. In addition, we revealed that D. punctatus induced severe damage in Pinus luchuensis Mayr on Ishigakijima Island in 2016.
著者
宮ノ下 明大 今村 太郎 森本 彩佳
出版者
日本応用動物昆虫学会
雑誌
日本応用動物昆虫学会誌 (ISSN:00214914)
巻号頁・発行日
vol.48, no.1, pp.33-38, 2004-02-25
参考文献数
17
被引用文献数
7 1

シュリンク包装された紙カップ容器を用いたピーナッツクリームやチョコレートクリーム製品へのノシメマダラメイガ終齢幼虫の侵入について、その侵入方法と防止法を調べた。市販されているピーナッツクリーム製品を用いた幼虫侵入実験を温度30℃、湿度70%の全明条件で行った。終齢幼虫は包装材を穿孔する場合もあるが、大部分はシュリンク包装に開口した空気抜き穴をかじり、穴を広げてラップフィルムとカップ容器のふたとの隙間に侵入することが示された。本実験の条件では容器への幼虫侵入頻度は70%であった。製品の中身によって幼虫侵入の頻度に差があるか調べたところ、ピーナッツクリームとブルーベリージャムの両方に侵入し、その間には有意な差がなかった。また、中身を水にして製品臭を抑えた容器を試作した侵入実験からは、ピーナッツクリームよりも侵入頻度は減少したが、統計学的に有意差はなかった。しかし、かじられた穴の数はピーナッツクリーム製品の方が有意に多く、幼虫が食品臭に対して誘引される可能性が示された。幼虫侵入防止のため、空気抜き穴をふた面から底面に開けるようにシュリンク包装を改良したピーナッツクリーム製品の紙カップ容器を試作した。この容器に対しての幼虫侵入頻度は5%と明らかに低下したことから、この包装方法を用いてシュリンク包装を行えば、ノシメマダラメイガ終齢幼虫の侵入を効果的に防止できると考えられる。
著者
齊藤 準
出版者
日本応用動物昆虫学会
雑誌
日本応用動物昆虫学会誌 (ISSN:00214914)
巻号頁・発行日
vol.37, no.3, pp.163-167, 1993-08-25 (Released:2009-03-31)
参考文献数
13
被引用文献数
2 3

エリサン,シンジュサンおよびこれらの亜種間交雑種について25±1℃, 16L-8Dの光周条件下で産卵習性を調査した。1) エリサンの産卵の経時的変化は,交尾蛾では交尾後1日と2日の暗期に総産下卵数の約75%が集中的に産卵され,明期での産卵はほとんどみられなかった。一方,未交尾蛾では,羽化後3日から8日までの長期に渡り明暗両期間で産卵がみられた。2) エリサンおよびシンジュサンそれぞれの雌蛾1頭当りの卵塊数は,エリサンよりも,シンジュサンの方が約2.5倍多かった。3) エリサンおよびシンジュサンそれぞれの産卵習性は,エリサンで1卵塊当りの産下卵数が50卵以上にも及ぶ集中性の大卵塊を形成したのに対して,シンジュサンでは,1~10卵程度の比較的少ない産下卵からなる散在性の小卵塊を形成した。4) エリサンとシンジュサンの亜種間正逆交雑種(F1)におけるそれぞれの産卵習性を調べた。エリサン♀×シンジュサン♂のF1雌蛾は散在性の小卵塊を形成し,シンジュサン♀×エリサン♂のF1雌蛾は集中性の大卵塊を形成した。
著者
平井 利明
出版者
日本応用動物昆虫学会
雑誌
日本応用動物昆虫学会誌 (ISSN:00214914)
巻号頁・発行日
vol.51, no.2, pp.103-106, 2007-05-25
被引用文献数
6

ダイズ害虫の天敵としてのニホンアマガエルの有用性を検討するため,ダイズ圃場で捕獲した個体の胃内容物分析を行った.ニホンアマガエル101個体の胃から収り出された1,545個体の餌動物を同定した結果,胃内容物は多様な節足動物から構成されていることが判明した.胃内容物中で優占していだのはアブラムシ類で,胃内容物総数の67.2%を占めていた.他には,ハムシ類やチョウ類幼虫などが多く含まれていた.これらの昆虫類を種レベルで正確に同定することは困難であったが,その多くは害虫種である可能性が高いと考えられた.このことから,ニホンアマガエルは様々な害虫種にとっての有力な天敵になっていると考えられた.ダイズ圃場でニホンアマガエルの個体数を増やして,害虫密度の抑制効果を高めるには,産卵後の成体や変態上陸後の幼体をダイズ圃場に誘引すべく,本種の繁殖場所となる水田に隣接させてダイズ圃場を配置すべきである.
著者
篠川 貴司
出版者
日本応用動物昆虫学会
雑誌
日本応用動物昆虫学会誌 (ISSN:00214914)
巻号頁・発行日
vol.41, no.4, pp.237-239, 1997-11-25 (Released:2009-02-12)
参考文献数
9
被引用文献数
2 3

Soil desiccation increases egg floating and floating eggs have a higher hatching rate than sinking eggs
著者
大口 嘉子 田付 貞洋 臼井 健二 新井 好史 栗原 政明 内海 恭一 深見 順一
出版者
日本応用動物昆虫学会
雑誌
日本応用動物昆虫学会誌 (ISSN:00214914)
巻号頁・発行日
vol.29, no.4, pp.265-269, 1985-11-25 (Released:2009-02-12)
参考文献数
11
被引用文献数
30 35

ニカメイガの雌の暗期における性フェロモン生成は,その前の明期における断頭により抑制された。雌の頭部抽出物を断頭個体に注射すると,性フェロモン生成が回復した。これらから,雌の頭部から分泌されるホルモン様物質が性フェロモン生産を支配していることが示された。さらに,性フェロモンの生成が継続されるためにもこの物質が存在する必要のあることがわかった。頭部からの神経的制御は性フェロモン生成には関与していないことが示された。断頭により性フェロモン放出行動も抑制されたが,その機構が性フェロモン生成の支配機構と共通であるかどうかは不明である。
著者
Kagawa Yoshitake Maeto Kaoru
出版者
日本応用動物昆虫学会
雑誌
Applied entomology and zoology (ISSN:00036862)
巻号頁・発行日
vol.42, no.1, pp.49-53, 2007-02-25
被引用文献数
2 4

We investigated the predatory ability of Carabus yaconinus (Coleoptera: Carabidae) on larvae of Spodoptera litura (Lepidoptera: Noctuidae) in the laboratory. A C. yaconinus adult preyed on ca. 90 S. litura larvae at the second-instar stage during 24 h. The number of larvae killed in 24 h decreased to ca. 40, 30 and 20 at third-, fourth- and fifth-instar stages, respectively. The wet weight of S. litura larvae killed by a C. yaconinus in 24 h increased with the larval stages of S. litura, and was highest for the fifth-instar stage. C. yaconinus adults occasionally left the predation unfinished and bit another live prey. The proportion of half-eaten prey varied with the larval stage of the prey. C. yaconinus can efficiently kill large numbers of S. litura larvae; thus, it may play an important role as a natural enemy of lepidopteran pests in agricultural fields.
著者
小山 重郎
出版者
日本応用動物昆虫学会
雑誌
日本応用動物昆虫学会誌 (ISSN:00214914)
巻号頁・発行日
vol.38, no.4, pp.219-229, 1994-11-25 (Released:2009-02-12)
参考文献数
191
被引用文献数
6 4
著者
高田 肇 杉本 直子
出版者
日本応用動物昆虫学会
雑誌
日本応用動物昆虫学会誌 (ISSN:00214914)
巻号頁・発行日
vol.38, no.2, pp.91-99, 1994-05-25 (Released:2009-02-12)
参考文献数
16
被引用文献数
4 3

キョウチクトウアブラムシの京都における生活環およびその天敵昆虫群構成を明らかにするため,京都市内2か所のキョウチクトウで1990年から3年間サンプリングおよび発生状況調査をおこない,次の結果を得た。1) キョウチクトウアブラムシは,京都において不完全生活環を全うできる。有翅虫は5月上旬に分散をはじめ,その後6月上旬,8月上旬,9月にそれぞれ発生のピークがみられた。秋にキョウチクトウが剪定され,新梢が伸長した場合にはその個体群は冬期にも高密度で推移したが,新梢が伸長しない場合には低密度で推移し,死滅することもあった。2月から3月の厳寒期には,胎生雌は増殖を停止し,その体色は鮮やかな黄色から乳濁色に変化した。越冬虫は3月末から増殖を再開し,4月末に最初の有翅虫が出現した。2) 本種の天敵昆虫として,次の15種を確認した。テントウムシ3種,ヒラタアブ4種,アブラコバエ1種,クサカゲロウ3種,ヒメカゲロウ1種,アブラバチ2種,ツヤコバチ1種。5月下旬から9月中旬までは,ダンダラテントウ(幼虫・成虫)の個体数が最も多く,その捕食が,アブラムシ個体群に対する重要な抑制要因であると考えられた。9月下旬以降はヒラタアブ(幼虫)や捕食寄生バチ類が活動したが,アブラムシの発生量を低下させることはできなかった。キョウチクトウアブラムシの毒性が,その天敵昆虫に及ぼす影響について考察した。
著者
立花 観二 長島 親男
出版者
日本応用動物昆虫学会
雑誌
日本応用動物昆虫学会誌 (ISSN:00214914)
巻号頁・発行日
vol.1, no.3, pp.155-163, 1957-09-30 (Released:2009-02-12)
参考文献数
15
被引用文献数
1

従来完全虫体のままではきわめて困難であった幼虫背脈管搏動曲線の記録を,光電効果を利用することによって容易なものとし,またエーテル麻酔のもとで虫体活動電流を誘導してその搏動曲線を記録した。1) 虫体背面体皮より透視できる背脈管の心臓部へ一定光源を照射し,その反射光線の変化を光電管によってとらえ,これを電気的変化として搏動曲線を記録した。2) 光電効果を利用する搏動曲線記録装置は,光電流発生装置,増巾装置,記録装置の三つよりなる。3) エーテル麻酔を行った幼虫の背脈管搏動にともなう活動電流を虫体表面および虫体内部から誘導し,いわゆる心電図を記録した。4) 搏動にともなう活動電流を誘導しこれを記録する装置は電極,増巾装置,記録装置の3つよりなる。5) 光電効果の適用と活動電流を誘導する方法の2つによってえられたものを従来のものと比較し次のような考察を行った。i) ワモンゴキブリの機械曲線(YEAGER, 1938)とカイコのそれは波形が酷似し,収縮直前にノッチが存在する。カブトムシの活動電流にはノッチを欠き,波形も著しく特異であるが,機械曲線には収縮直前と休息期前に大きなノッチが存在する。ii) カブトムシ幼虫背脈管における心臓部の波形と大動脈部の機械曲線のそれは著しく相異し,前者では収縮期が短く,後者では長い。iii) 幼虫背脈管における自働性の中心は筋原性であるといわれているが,搏動によって,もっとも高い電位を示す個所は心臓部第1室の両側であること(第5図×印)を知った。iv) エーテル麻酔虫(カブトムシ3令幼虫)の搏動の虫体表面誘導による活動電位は,9∼15μV,虫体内誘導によるものはほぼ150μVであった。v) 心臓搏動と大動脈波,あるいは同一心臓内部においても誘導個所をずらせて同時記録すると,それぞれ収縮が後方より前方に移行する時間的経過をよく説明できる。6) 虫体背脈管搏動におよぼす薬剤その他の影響を,その搏動曲線の波形,振巾,周期などによって調査することが可能となった。