著者
村上 龍
出版者
山口大学哲学研究会
雑誌
山口大学哲学研究 (ISSN:0919357X)
巻号頁・発行日
vol.20, pp.27-39, 2013

Although rarely pointed out, Henri Bergson(1859-1941)was highly interested in psychical phenomena, or to be exact, in researches on such phenomena. But why? In this paper I am going to clarify the reason. Unfortunately there is no article in which Bergson directly mentions psychical researches except for ""Phantasms of the Living" and "Psychical Research""(1913). So I start by examining this exceptional article, and after that I turn my eyes to several related articles. Finally I will conclude that Bergson, whose speculation is firmly based on modern sciences, regards psychical researches as the newest one.
著者
村上 龍希 景山 陽一 西田 眞 白澤 洋一
出版者
一般社団法人 電気学会
雑誌
電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) (ISSN:03854221)
巻号頁・発行日
vol.133, no.11, pp.2098-2109, 2013-11-01 (Released:2013-11-01)
参考文献数
24

In the selection of portraits for ID and a profile, it is useful to retrieve high quality facial images from a lot of portraits. In addition, overexposure may give a negative impact on us because overexposed facial parts look unnaturally white; therefore the recognition for qualitative meaning of overexposure is important for retrieval of high quality facial images. To get qualitative meaning by a image analysis method that can evaluate images quantitatively, it needs a quasi-quantitative evaluation method that can use an index of quantitative evaluation having qualitative meaning. In this paper, we investigated the index for quasi-quantitative estimation of overexposure in the facial image on the basis of the heuristic assumptions, and defined the index as the overexposure intensity (OI). We developed an algorithm with Support Vector Machine (SVM) for judging the OI. The results of experiment conducted with 11 evaluators for analyzing images suggest that the proposed method can retrieve a facial image for ID and the profile with an F-measure of 96.2%.
著者
村上 龍 小林 収
出版者
日経BP社
雑誌
日経ビジネス (ISSN:00290491)
巻号頁・発行日
no.1053, pp.82-85, 2000-08-07

問 同世代だということもあって、村上龍さんのお仕事にはずっと関心を持ってきました。ここ数年は経済に非常に着目されていますね。経済小説というと、多くは作者のサラリーマン時代の体験を踏まえた会社の内幕話ですが、村上さんの作品は違う。もっと広い世界を舞台にして、その中で経済というツールをうまく使っておられる。

1 0 0 0 13歳の進路

著者
村上龍著 はまのゆか絵
出版者
幻冬舎
巻号頁・発行日
2010
著者
村上 龍一 花田 良子 村中 徳明
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学 (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.113, no.377, pp.91-96, 2014-01-04

近年,日本における伝統文化の1つとして,アニメ,マンガ,イラストなどの芸術分野が世界的に注目されるようになってきた.その影響により,絵を描く人々,通称"絵師"を目指す若者が,ここ数年で急増してきている.しかし,描画スキルを独学で身に付けることは,際限のない時間と努力を必要とすることもあり,非常に難しい.また,描画教室や専門学校等に通う方法もあるが,この場合は時間と努力に加え,多額の資金が必要となる.そこで著者らは,以上のような悩みを解決するため,初心者を対象とし,人物キャラクターをモチーフとした独学型の描画支援システムを構築した.また,本システムにおける有効性を検証するため,実描画実験,及び本システムを評価するためのアンケート調査を行った.
著者
村上龍著 はまのゆか絵
出版者
幻冬舎
巻号頁・発行日
2003
著者
村上 龍
出版者
山口大学
雑誌
研究活動スタート支援
巻号頁・発行日
2011

フランスの美学者ヴィクトール・バッシュ(一八六三‐一九四四年)を一つの軸として、一九世紀末から二〇世紀前半にかけてのフランス美学を、近代ドイツ哲学との関係という視角から検証した。またそれに付随して、世紀転換期のヨーロッパで盛り上がりをみせた心霊研究などについて併せて調査することにより、当該時期のフランスの思想的環境をいっそう広い視野から検討した。