14 0 0 0 OA 歌人西行の原点

著者
渡部 泰明
出版者
愛知県立大学国文学会
雑誌
愛知県立大学説林 (ISSN:05868017)
巻号頁・発行日
vol.63, pp.5-9, 2015-03-05
著者
渡部 泰明
出版者
上智大学
雑誌
上智大学国文学科紀要 (ISSN:02895552)
巻号頁・発行日
vol.13, pp.1-32, 1996-03-18
著者
渡部 泰明 佐藤 裕貴 五箇 繁善 佐藤 隆幸 関本 仁
出版者
一般社団法人 電気学会
雑誌
電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) (ISSN:03854221)
巻号頁・発行日
vol.127, no.8, pp.1192-1193, 2007-08-01 (Released:2007-09-01)
参考文献数
3

To improve the temperature characteristics of SC-cut oscillators without degrading their phase noise and short term stabilities, an oscillator circuit has been designed. This circuit uses an AT-cut resonator as a temperature reference of the output frequency, that is, the oscillation frequency of the SC-cut circuit traces the temperature characteristics of the AT-cut resonator. Experimental results show that the frequency stability for the temperature is improved 30 times better than normal oscillators.
著者
渡部 泰明 小峰 清香 五箇 繁善 佐藤 隆幸 関本 仁 内田 剛
出版者
一般社団法人 電気学会
雑誌
電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) (ISSN:03854221)
巻号頁・発行日
vol.125, no.8, pp.1179-1184, 2005 (Released:2005-11-01)
参考文献数
8
被引用文献数
2 2

This paper describes an analysis of the close to carrier phase-noise characteristics of the narrow-band Colpitts oscillators. The open-loop impedance, that is, series of the SC-cut resonator and the oscillator active circuit, is calculated using a linear circuit model with a non-linear transistor model. It is shown that the loaded Q can be improved by introducing the resonator filter in the oscillation circuit. Based on the Leeson's model, the near carrier phase-noise is estimated using the calculated Q values. The results corresponded well with the previous experiments. It is also shown that the phase-noise can be exceedingly improved, that is, under -148 dBc/Hz at 10Hz offset, by using resonator filter with high Q.
著者
渡部 泰明
出版者
上智大学
雑誌
ソフィア (ISSN:04896432)
巻号頁・発行日
vol.43, no.4, pp.p608-615, 1995
著者
渡部 泰明
出版者
東京大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2005

中世和歌の形成に多大の功績を果たした歌人藤原俊成に対し、その撰集『千載和歌集』の配列構成に新知見をもたらし、またその歌論上の主著『古来風躰抄』の注釈を、最新の成果を盛り込みつつ完成させ、また源実朝・頓阿・宗祇(古今伝授)など、中世和歌の重要歌人・課題について、新たな視点を提示した。いずれも、従来の研究史において不足していた、和歌史的な視座のもとに新たに位置付け直す点に特徴がある。