著者
川村 恒夫 西村 功
出版者
農業食料工学会
雑誌
農業機械学会誌 (ISSN:02852543)
巻号頁・発行日
vol.50, no.2, pp.85-92, 1988 (Released:2010-04-30)
参考文献数
9
被引用文献数
6

果菜類, 特にスイカの熟度や内部品質を非破壊式で測定する事を目的として打撃式の試験装置を試作し, スイカの振動特性と音響特性を測定した。ここで, 打撃による試料の振動を拘束しないよう, 単振子式の支持方法を用いて実験を行った。第1報では, 打撃式試験装置によりスイカの側面及び底面を打撃した時の振動波形及び打撃音波形の結果と, それから得られる振動・音響特性及び供試スイカの基礎物性値について報告する。第2報では, 食味検査の結果と物性値との関係, 第3報では, スイカの諸物性値と振動及び音響データの解析結果に基づく熟度又は内部品質の判定方法について報告する。
著者
村田 敏 小出 章二
出版者
The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers
雑誌
農業機械学会誌 (ISSN:02852543)
巻号頁・発行日
vol.56, no.6, pp.41-49, 1994 (Released:2010-04-30)
参考文献数
11

従来の弾性率の測定では, 接触面である両端の影響を無視するか, 摩擦力を減じて, 引張・圧縮試験結果を両端自由の境界条件で解析する方法が行われてきた。しかし, 大部分の農産物では試料が小さくて両端の影響を無視することが出来ず, また, 接触面の摩擦力が大きくて, 両端自由の境界条件で解析するには無理があった。この研究では, 逆に試料の両端を接着固定し, 数学的には複雑であるが, 両端固定円柱に関する Filon (1902) の式を導入して, 圧縮試験によって正確に材料定数 (ラメ定数) を測定する方法を開発し, 6種類の農産物・食品についてポアソン比とヤング率を求めたのでその結果について報告する。また, これらの測定値については, 従来求められていなかった温度依存性 (5~25℃) を明らかにした。
著者
石川 勝美 岡田 芳一 中村 博
出版者
The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers
雑誌
農業機械学会誌 (ISSN:02852543)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.51-56, 1995 (Released:2010-04-30)
参考文献数
12

生態系農業の構築等の視点から, 造岩鉱物の特性を生かした微小エネルギ利用の新しい技術開発は重要である。そこで石英斑岩に属する麦飯石による水, 土壌の活性化を期し, 麦飯石の農業面への効果的導入を図ることを目的として, その理化学的特性について検討した。
著者
後藤 正 村瀬 治比古 池田 善郎
出版者
The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers
雑誌
農業機械学会誌 (ISSN:02852543)
巻号頁・発行日
vol.61, no.2, pp.127-136, 1999-03-01 (Released:2010-04-30)
参考文献数
21
被引用文献数
1

日本緑茶 (煎茶) の製造工程における茶葉の水分予測を行うため, 近赤外分光分析法で得られた吸光度を主成分分析法により前処理し, 入力パターンベクトルを生成してニューラルネットワークにより予測する方法を検討した。3因子の主成分スコアを入力信号, 水分量を出力信号とする3-3-1階層型ニューラルネットワークPCA-ANNは, 検証試料に対する予測標準誤差と相関係数をそれぞれ1.547%w. b. と0.998とした。重回帰, 主成分回帰および部分最小自乗回帰に比較して, この予測標準誤差は30~73%に改善され, 検証結果は良好であった。近赤外域吸光度の多重共線性の問題を解決し, かつ非線形関係を表すことのできる主成分分析・ニューラルネットワーク (PCA-ANN) 回帰モデルの有効性が明らかとなった。
著者
高木 浩一 齋藤 達也 日下 智博 坂本 裕一 高橋 久祐 成松 眞樹 長根 健一 山口 諒
出版者
農業食料工学会
雑誌
農業機械学会誌 (ISSN:02852543)
巻号頁・発行日
vol.74, no.6, pp.483-489, 2012-11-01 (Released:2014-02-20)
参考文献数
11

食用きのこの増収を目的に,電気刺激用パルス電源の開発と,それを用いて増収効果を検証した。木材腐朽菌のシイタケ,ナメコ,クリタケ,ハタケシメジの4種類を実験に用いた。パルス電源は,軽量コンパクト化が可能な誘導性エネルギー蓄積方式で構成した。電源出力は100kV以上,パルス幅は約100nsである。この電源でホダ木や菌床に高電圧を印加し,収量を調べた。電圧印加により,収量は1.3∼2.0倍に増加した。シイタケの4シーズンの累積収量は,電圧50または100kVの1回印加で,160から320gへ増加した。しかし電圧130kVでは240gに減少した。他のきのこも,50∼100kVで増収となった。
著者
竹田 策三 加太 孝司
出版者
The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers
雑誌
農業機械学会誌 (ISSN:02852543)
巻号頁・発行日
vol.32, no.4, pp.342-345, 1971-03-01 (Released:2010-04-30)
参考文献数
1

The effects of STP additives were tested on six engines for farm use, in which STP was added 20% to oil and 0.5% to fuel respectively. The increase of shaft horse power of engines were 4.8% (at maximum) to 0.2% (at minimum). and mean value was about 2%. The cause of these power increaments were supposed that STP maintaines a betterseal between the engine cylinder and the piston rings in high compression engine at high speed.
著者
竹田 策三 伊藤 信孝 蟹江 錠二 河口 徹 酒井 孝久
出版者
The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers
雑誌
農業機械学会誌 (ISSN:02852543)
巻号頁・発行日
vol.37, no.1, pp.93-95, 1975 (Released:2010-04-30)
参考文献数
3

In this paper, the results of the analysis of oil used for the 50 hours runing test of water cooled diesel engine for farm use were mainly reported. The variable loading unit under programmed control was used for the experiments, which was already reported in the former paper.Discussion of oil analysis were held on the following items shown in Table 2 such as specific gravity, color, flash point and so on.The effect of STP additives was not found so cearly, therefore the further investigation including more experiments should be needed.
著者
伊藤 信孝 竹田 策三 河口 徹 酒井 孝久 蟹江 錠二
出版者
The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers
雑誌
農業機械学会誌 (ISSN:02852543)
巻号頁・発行日
vol.36, no.4, pp.469-482, 1975 (Released:2010-04-30)
参考文献数
9

The programmed control variable loading unit was constructed. This unit consists of hydraulic power unit, optical reader by photo-transistor, amplifier and prony brake for loading.The process of signal flow is as follows: The input signal is supplied by the punched tape and amplified. Then the relay acted and drives the directional valve. The change of the oil flow drives the hydraulic cylinder back and forth. The displacement of the hydraulic cylnder is related to the action of loading or unloading to the Prony brake.This unit was used for the hundred hours engine test. The effects of the STP additives will be discussed in the following report. Through the development of this unit, the followings are summarized:1. The programmed control variable loading unit worked satisfactorily as the loading unit for engine test.2. The outputs such as torque of axle and the displacement of the hydraulic cylinder were predicted through the punched tape signal input. The graphical integration method and the cycle diagram were applied to predict the output signals and the predicted output signals were compared with the ones obtained from the experiments.3. The maximum frequency response of this unit is due to the ones of the directional valve and the relay, therefore it should be less than two or theree hertz.4. For the simulation of the variable loading with high frequency, the electrical clutching device will be more effective instead of the hydraulic prony brake.5. Further inspection how the real load variation in the field operation should be transfered onto the punched tape should be done.