著者
高 博昭 和田 雅昭
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
pp.16-00053, (Released:2018-03-09)
参考文献数
8

本論文では,北海道沿岸域で行われているたこいさり樽流し漁を対象として,操業の効率化を実現するための知見を得るために漁具(樽)の位置情報取得に取り組んだ。操業で用いられる樽にGPS腕時計を装着して位置情報を取得し,流向,流速を算出した。その結果,樽の流速は約9 cm/sであること,流向は気象・海象条件によって異なること,流速の変化から船上に樽を引き揚げた時刻を推定できることを示唆した。今後,樽の流向・流速と漁獲量の関係性を明らかにすれば,操業に適した条件の解明につながることが期待される。
著者
Juadee Pongmaneerat 渡邉 武 竹内 俊郎 佐藤 秀一
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.59, no.7, pp.1249-1257, 1993-07-25 (Released:2008-02-29)
参考文献数
27
被引用文献数
46 46

The use of defatted soybean meal (SBM) in combination with corn gluten meal (CGM) and meat meal (MM) as a partial or complete replacement for fish meal was studied in carp. Fish meal in the control diet with 37% protein was substituted by the combination of those protein meals at levels of 56, 78, 89, and 100%. The effect of supplementation of crystalline amino acids to the 100% fish meal replaced diet was also examined. Duplicate tanks of fish (4 or 6g on average) were fed to satiation at 21±1 or 24±1°C for 9 or 5 weeks.Fish fed the control diet showed the best growth rate, feed efficiency and PER. Replacement of fish meal up to 56% with SBM and CGM gave good weight gain and feed efficiency comparable to the control, but the higher inclusion of SBM, CGM, and MM reduced growth and feed utilization. Supplementation of Lys, Met, and Thr to the 100% fish meal replaced diet markedly improved growth and feed efficiency up to about 90% of the control group.Supplementation of the EAA mixture at levels comparable to those in the fish meal control diet and twice that amount resulted in growth rates of about 87 and 94% of the control group, respectively.
著者
野田 幹雄 大原 啓史 浦川 賢二 村瀬 昇 山元 憲一
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.77, no.6, pp.1008-1019, 2011 (Released:2011-12-16)
参考文献数
47
被引用文献数
3 4

多種混生のガラモ場に出現したアイゴ成魚を昼間水中銃で採集し,胃と腸の内容物の分析と餌としての大型褐藻類の評価をした。胃内容物の重量組成では大型褐藻類が夏に 45% と秋に 74% を占め,ホンダワラ類数種の選択的採餌が示唆された。動物も胃で夏に 18% と秋に 14% を占め,固着動物が優占し,腸内容物の分析では浮遊性動物も重要であった。また,固着動物及び小型甲殻類の各々と大型褐藻類の摂取量の間に相関はなかった。本種は動物性餌料を重要な栄養源としながらも,大型褐藻類自体の採餌のために藻場を利用すると考えられた。
著者
中谷 操子
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.60, no.4, pp.547-548, 1994-07-25 (Released:2008-02-29)
参考文献数
18
被引用文献数
1 1
著者
三宅 裕志
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.71, no.6, pp.979-980, 2005 (Released:2005-12-05)
参考文献数
4
著者
横田 耕介 上原 崇敬 澤田 克彦 伊加 聖 今村 伸太朗 木宮 隆 鈴木 道子 平岡 芳信 金庭 正樹 大島 達樹 伏島 一平
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.77, no.4, pp.593-599, 2011 (Released:2011-09-08)
参考文献数
11
被引用文献数
1

遠洋まぐろ延縄で漁獲されたメバチの産地市場における販売価格に及ぼす潜在要因(魚艙保冷温度・保冷期間,生物・製品情報)の影響を検討した。魚艙保冷温度を一般的な−50℃ 以下と−40~−45℃ の 2 つの温度帯に設定した延縄船で漁獲されたメバチの漁獲時の情報及び販売結果等を用いて,モデル解析を行った。魚艙保冷温度の違いと保冷期間による販売価格への影響は認められず,市場は,異なる保冷温度のメバチを同等に評価したといえる。一方,脂の乗り具合,漁獲時の生死,製品重量,雌雄と販売価格の関連がモデルで示された。
著者
朴 光植 竹内 俊郎 横山 雅仁 佐藤 秀一
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.64, no.3, pp.469-474, 1998 (Released:2008-02-29)
参考文献数
17
被引用文献数
1 1

Two feeding experiments were conducted to investigate the effect of dietary sodium chloride (NaCl) levels (0, 2.5, 5.0, 7.5, 10.0, 15.0%) on the growth of young and juvenile rainbow treout Oncorhynchus mykiss. After the feeding experiment, fish were acclimated to sea water (33‰) to check the sea water tolerance.Young rainbow trout (BW, 59g) fed diets containing 10 and 15% NaC1 for 4 weeks showed lower weight gain than the trout fed diets containing less than 5% NaCl. However, no mortality was observed in any group of fish after 7 days of sea water acclimation. On the other hand, juvenile trout (BW, 1.7g) fed the 2.5% NaC1 diet showed significantly better (p〈0.05) weight gain and protein efficiency ratio than those fed the 0, 5.0, 7.5, and 10.0% NaC1 diets during the 7 week feeding trial. Moreover, the mortality of fish fed the 2.5% NaC1 diet during the sea water tolerance test was the lowest. Therefore, the influence of NaCl levels in diet on growth and tolerance to sea water depends on the fish size. It is shown that the excess amount of NaCl level in diet is more than 7.5% (1.4g/kg fish/day) and 11.2% (1.4g/kg fish/day) for juvenile and young rainbow trout, respectively. The excess and minimum amounts of NaCl in diet for juveniles should be considered.
著者
川口 修 平田 靖 若野 真 山本 民次 陸田 秀実
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.77, no.6, pp.1043-1050, 2011 (Released:2011-12-16)
参考文献数
13
被引用文献数
2 2

江田島湾を対象に,カキ養殖モデルを構築し,カキ筏から負荷される有機物量を「ヨクセイ」,「イキス」および「ノコシ」と呼ばれる養殖実施形態別に見積もった。これにより,カキ養殖によって海底に負荷される有機物総量は年間 13.5 kg P eta−1 d−1 であり,筏台数の多い「ヨクセイ」によるものが大きいことが明らかとなった。一方,筏単位では,「ノコシ」の負荷量が「ヨクセイ」の 1.5 倍と大きかった。また,「ノコシ」は負荷量/生産量比が最も大きいことから,環境に対する負荷が大きい養殖実施形態であると結論された。
著者
宮下 和夫
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.72, no.4, pp.636-639, 2006 (Released:2006-07-27)
参考文献数
27
被引用文献数
1 1
著者
篠野 雄一 平田 史生
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.39, no.9, pp.951-954, 1973-09-25 (Released:2008-02-29)
参考文献数
4
被引用文献数
2 2

We investigated the relation between ATP degradation and muscle elasticity of frozen raw tanner crabs with the following results: (1) When boiled after thawing, muscle fibers decreased in elasticity. This was also seen at an early thawing stage and was related with the rapid degradation of ATP. (2) The freezing rate did not change the content of ATP and related compounds. (3) When the meat was stored at -20°C, the levels of ATP and related compounds gradually varied with the period of storage. However, at -30°C, -40°C or -80°C, ATP levels and muscle elasticity remained unchanged. (4) When the meat was left at 5°C for 25 hr after death, ATP breakdown occurred. (5) The initial concentration of ATP in muscle is useful as a chemical index of quality. It is suggested that ATP itself may have some effect on the action of proteolytic enzymes.
著者
田中 庸介 大河 俊之 山下 洋 田中 克
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.72, no.1, pp.50-57, 2006 (Released:2006-01-31)
参考文献数
29
被引用文献数
8 6

長崎から北海道までの 12 地点でヒラメ稚魚の食物組成および摂餌強度の地域性を検討した。稚魚は主にアミ類,仔稚魚類,エビジャコ類,ヨコエビ類を摂餌し,ヒラメ稚魚の食物組成は主に環境中に多く出現したアミ類で占められていた。環境中のアミ類の出現種および分布量は 1~10 種,3.0~1712.8 mg/m2 と変化し,主要種は地点によって変化した。全ての餌に対する胃充満度とアミ類生物量との間に一定の関係は認められなかったが,アミ類のみの胃充満度は生物量約 200 mg/m2 までは生物量に対応して増加した。アミ類生物量はヒラメ稚魚の食物組成と摂餌強度に影響を与えると考えられた。
著者
竹谷 裕平 髙津 哲也 山中 智之 柴田 泰宙 中屋 光裕
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
pp.17-00031, (Released:2017-12-06)
参考文献数
11

キアンコウの外部形態である瘤状鼻管幅の性的二型を利用した性判別法の精度を検証した。体重1 kg以上のキアンコウの全長(TL)-瘤状鼻管幅間の雌雄別回帰式は,雄が相対的に大型の瘤状鼻管幅を示した。両回帰式の±20%の範囲で性判別した正答率は,400-499 mmTLで93.0%,500-899 mmで94.9-96.0%,≥900 mmで100%を示し,400 mmTL以上で実用的な性判別法と判断した。雄の大型の瘤状鼻管は産卵行動に関連し,雌のフェロモンを感知するのに有効と考えられた。
著者
菅野 泰次 上田 祐司 松石 隆
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.67, no.1, pp.67-77, 2001-01-15 (Released:2008-02-01)
参考文献数
28
被引用文献数
5 4

底曳漁獲量からみたマダラの濃密な分布は, 太平洋では北海道の襟裳岬以東の海域, 北海道恵山沖および三陸沖の3つの海域にみられ, 日本海では, 青森・秋田県沖および山形県沖の2つの海域にみられた。月別1曳網当り漁獲量を用いて因子分析を行った結果, 襟裳岬以東海域, 北海道恵山沖および三陸沖の魚群はそれぞれ異なる変動傾向を示す魚群であった。また脊椎骨数の解析から, 襟裳以東海域は他海域より脊椎骨数が有意に多いことが分った。これらの結果と産卵場の知見を考慮すると, 太平洋側海域には襟裳岬以東群, 陸奥湾・恵山沖群および三陸沖群の3つの系群が存在すると結論された。
著者
太田 博巳 神力 義仁 本間 正男
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.52, no.4, pp.609-611, 1986-04-25 (Released:2008-02-29)
参考文献数
10
被引用文献数
4 5

In the case of artificial fertilization practiced in salmonids, rinsing of unfertilized eggs with an isotonic solution (ISER), consisting of 154.7mM NaCl, 3.2mM KCl and 2.3mM CaCl2, has been widely used to avoid contamination of the yolk from broken eggs which often causes infertility of the spermatozoa. Experiments were carried out in the masu salmon Onchorhynchus masou to determine the effect of osmolality and ionic composition of the solution on sperm motility. In ISER, duration of sperm motility was about 6 and 2.5-3 times longer than that in distilled water and isotonic NaCl or CaCl2 solutions, respectively. The maximum duration of sperm motility was obtained in the isotonic condition (300mOsm/kg) when the semen was dilated with solutions of the same ionic composition as ISER. A complete lack of either NaCl or CaCl2 from the isotonic solution resulted in a significant decrease in sperm motility, but that of KCl did not affect the motility. Duration of sperm motility was prolonged successfully in varying mix-tures of NaCl and CaCl2 of the constant osmalality at 300mOsm/kg in the range from 1 to 50mM CaCl2. It is concluded that the isotonic solution of NaCl with 1-30mM CaCl2 is fully efficient as a sperm diluent for the masu salmon, and that the addition of KCl is not necessarily essential for the diluent.
著者
川俣 茂 田井野 清也 宮地 麻央 中村 洋平
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.82, no.3, pp.306-314, 2016

イセエビ(頭胸甲長 CL:59-93 mm)によるツマジロナガウニ(4 サイズ群:殻径 10-19,20-29,30-39,40-49 mm)の捕食を水槽実験で調べた。被食ウニの最大殻径は CL の増加に伴い増加した。サイズ群別のウニに対する捕食成功率(捕食個数/攻撃回数)は,CL に対して最小サイズ群でほぼ一様に高く(約 75%),最大サイズ群で低く(<11%),また中間の 2 サイズ群で CL の増加に伴い増加した。この結果は,大型(>40 mm)のウニでは大型イセエビでも捕食され難くなることを示唆する。
著者
浅川 末三
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.22, no.11, pp.718-720, 1957-03-25 (Released:2008-02-29)
参考文献数
9
被引用文献数
2

The electric resistance of the muscles of carp, Cyprinus carpio, and crucian carp, Cyprinus carassius, was measured by a KOHLRAUsH bridge type instrument in the course of deterioration at 17°, 20°, 25° and 30°C. The organoleptic observations and the determination of ATP and free SH group were also carried out. It was observed, as shown in Fig. 2, that the curve of electric resistance lowered stepwise and the curve was distinguishable into six parts in total, in which the steep and the flat parts alternated. From the organoleptic observations and the determination of ATP and free SH group, the author assumed that these six parts indicate successively before rigor, full rigor, after rigor, autolysis, early spoilage, and advanced spoilage stages.
著者
山名 裕介 浜野 龍夫 山元 憲一
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.71, no.3, pp.299-306, 2005 (Released:2005-07-20)
参考文献数
12
被引用文献数
8 9

伸縮する成体マナマコの体長を正確に測定するために,麻酔方法を検討した。未変性エタノールの 10% 海水希釈液にメントールを飽和溶解させ,これを濾過して基準液を作成した。基準液の 40% 海水希釈液が,成体マナマコに対して効果的な麻酔剤であった。この麻酔液に浸漬したナマコは,体色型,体サイズ,水温に関係なく,体長変化が止み,口縁触手が弛緩して伸び,かつピンセットで体表を突付いても無反応な状態となった。麻酔時の体長は変動幅が小さく,新測定基準として有効と考える。