出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌
巻号頁・発行日
vol.80, no.6, pp.1053, 2014

日本水産学会誌第 80 巻 5 号(September 2014)854-857 頁「話題 ペルーアンチョビ―資源変動の地球表層科学的理解」に誤りがありましたので,訂正いたします。<br>
著者
緒方 由美 進藤 穣 木村 郁夫
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.78, no.3, pp.461-467, 2012 (Released:2012-06-15)
参考文献数
19
被引用文献数
5 5

高鮮度水産物を凍結処理した場合,その品質は非常に良い状態で保たれる。しかしながら,高鮮度水産物で凍結耐性が高いことに関する科学的な研究はほとんど行われていない。本研究では高鮮度魚肉中に存在する ATP に着目し,ATP の筋肉タンパク質冷凍変性に及ぼす作用について検討した。ATP 濃度を維持できる筋原線維溶液モデル系を構築し,各濃度の ATP 存在下での冷凍変性速度を測定した結果,ATP による筋原線維タンパク質の冷凍変性抑制効果を確認した。その効果は,ATP 濃度と凍結貯蔵温度に依存し魚種差を示した。
著者
中村 良一 中原 元和 石井 紀明 上田 泰司 清水 千秋
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.45, no.6, pp.757-762, 1979-06-25 (Released:2008-02-29)
参考文献数
18
被引用文献数
3 1

The relations between the accumulation-elimination of radionuclides and the constituent materials of marine algae were studied to determine more precisely the mechanism of the radioactive contamination of marine organisms. This will increase the information about the behavior of radionuclides in marine organisms in relation to the environmental conditions (temperature, physico-chemical state of radioisotope, and so on) and the biological conditions (feeding habits, species, and so on). Eisenia contaminated by 137Cs and 106Ru-106Rh was fractionated by solvent extraction into 6 fractions. The largest portion of 137Cs was in the boiling water fraction; 106Ru-106Rh was most extracted by 24% KOH solution. Elution patterns by Sephadex G-100 gel-filtration of samples differed largely from each other, both among the 3 kinds of radionuclides and between the 2 species of the algae. Therefore, the accumulation of the radionuclides by the marine algae was proved to be not only due to a physical adsorption to the surface of the algae but also to the biological combining of the radionuclides with the constituents of the algae. Furthermore, it was found that radionuclides which combine with a few constituents of alga are not eliminated equally. This is considered to be useful for the physiological analysis of elimination curves.
著者
坪井 潤一 寺島 祥子 高野 倫一 森 広一郎 鈴木 俊哉 石原 学 高木 優也 小森 謙次
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
pp.17-00065, (Released:2018-05-15)
参考文献数
22

友釣りおよび投網を用いて879個体のアユを捕獲しEdwardsiella ictaluriのPCR保菌検査を行った。週の平均水温が高いほどE. ictaluriの陽性率が高く,最も陽性率の高かった7/31-8/6には,週の平均水温が25℃以上を記録した。同期間中,投網で捕獲されたアユの陽性率は20.4%であったが,友釣り個体では陽性個体は確認されなかった。日中の平均水温が高いほど友釣りのCPUEが低かった。E. ictaluri感染は友釣りでの漁獲不振を招く可能性があることが示唆された。
著者
三宅 琢也 中島 淳 鬼倉 徳雄 古丸 明 河村 功一
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.74, no.6, pp.1060-1067, 2008 (Released:2008-12-05)
参考文献数
34
被引用文献数
4 2

九州産ニッポンバラタナゴ(RoK)の保護に向けた知見を収集するため,遺伝子と形態分析により RoK の分布の把握を試みた。RoK の mtDNA は 46 集団中 41 集団で見られたが,13 集団においてはタイリクバラタナゴ(RoO)の mtDNA も確認された。RoK は九州中北部に広く分布していたものの RoO による遺伝子浸透は多所的に生じていた。平均側線有孔鱗数と RoO の mtDNA の頻度の間には正の相関が認められた。RoK の識別において側線有孔鱗数は,腹鰭前縁部の白色帯よりも優れた形質であると言える。
著者
藤井 建夫 松原 まゆみ 伊藤 慶明 奥積 昌世
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.60, no.2, pp.265-270, 1994-03-25 (Released:2008-02-29)
参考文献数
15
被引用文献数
14 16

To clarify the effect of microbes on the formation of amino acids during the ripening of squid shiokara, changes in the viable cell counts in 2.5% and 10% NaCl-BPG medium, 10% NaCl-PDA medium, and 10% NaCl-LBS medium, and amino acid contents etc. during ripening at 20°C were compared to shiokara containing 10% NaCl with and without antibiotics. Though the viable cell counts in the shiokara without antibiotics markedly increased during the ripening in contrast to those with antibiotics, neither the total nor the individual amounts of amino acids significantly differed between the samples, suggesting that microbes have a slight effect on the formation of amino acids. The initial bacterial flora of the shiokara without antibiotics were dominated by Staphylococcus, irrespective of the medium used for counting. The dominant flora in the later stage of ripening, however, differed depending on the media: Staphylococcus dominated on the 2.5% NaCl-BPG medium, while Micrococcus dominated and Streptococcus appeared in the deteriorating stage on the 10% NaCl-BPG medium.
著者
西村 昌彦 信濃 晴雄
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.57, no.6, pp.1141-1145, 1991-06-25 (Released:2008-02-29)
参考文献数
8
被引用文献数
2 3

Since no means of sterilization is used throughout the manufacturing process of the salted and ripened squid meat product “Ika-Shiokara, ” the quality of the product depends on its associated microbial flora. In the early stage of “Ika-Shiokara” ripening using 10% salts, viable bacteria occured at a level of about 105%/ml of fluid, and then increased gradually with time. The dominant species of bacteria in “Ika-Shiokara” was Staphylococcus epidermidis, but Staphylococcus aureus which closely resembles S. epidermidis in many respects was not detected in all the stages of ripening process. The result suggests that growth of S. aureus was inhibited by some component of “Ika-Shiokara”. We paid attention to trimethylamine-N-oxide (TMAO) and trimethylamine (TMA) which were the characteristic components derived from squid meat. A high amount of TMAO (500-600mg/100ml) was detected in raw squid and in the early ripening process of “Ika-Shiokara”, and it inhibited the growth of S. aureus at this level of concentration but not of S. epidermidis in the nutrient broth.
著者
亀甲 武志 北門 利英 石崎 大介 氏家 宗二 澤田 宣雄 三枝 仁 酒井 明久 鈴木 隆夫 西森 克浩 二宮 浩司 甲斐 嘉晃
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.81, no.1, pp.17-26, 2015 (Released:2015-02-02)
参考文献数
36
被引用文献数
3 5

2012 年と 2013 年の 3 月から 5 月にかけて琵琶湖の内湖の一つである伊庭内湖周辺においてホンモロコ釣りの遊漁による釣獲尾数の推定を試みた。調査日を 1 次抽出単位,遊漁者を 2 次抽出単位とする 2 段抽出法により釣獲尾数を推定した。ホンモロコ釣りの遊漁による釣獲尾数は 2012 年は,272,275(変動係数=14%)尾,2013 年においては 85,489(変動係数=13%)尾と推定された。琵琶湖のホンモロコ資源を評価し管理する上で,ホンモロコ釣りの遊漁による釣獲量の把握は重要であることが明らかになった。
著者
辻野 睦
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
pp.17-00042, (Released:2018-03-09)
参考文献数
24

瀬戸内海のマクロベントス生産量は0.19-11.2 g C/m2/yearで,水深が深く,泥分率の低い有機物量が少ない底質の海域で高い傾向があった。水深が浅く泥分率の高い播磨灘,燧灘,広島湾および周防灘西部のほとんどの海域では1 g C/m2/year以下であった。大阪湾湾奥部では,水深が浅い泥底で有機物量が多いにもかかわらず生産量が最も多かった。大阪湾湾奥部や燧灘の中央部,および広島湾のマクロベントス現存量は,10-15年前に対して減少していると推察された。
著者
西垣内 祐太 佐橋 栞太 豊原 治彦
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
pp.17-00021, (Released:2018-03-09)
参考文献数
20

酵素吸着能に優れた濾過材の作製を目的として,各種金属酸化物のアミラーゼ吸着能について調べた結果,酸化鉄,酸化アルミニウム及び酸化マンガンの吸着能が高いことが判明した。これらの金属酸化物及びこれら固化物に吸着したアミラーゼは,アルカリ性域の反応性が向上し,pH安定性や熱安定性も向上した。以上のことから,酸化鉄,酸化アルミニウム及び酸化マンガンは,優れた酵素吸着能力を有し,これらを用いることで微生物の増殖による溶存酸素濃度の低下を伴わない高機能な濾過材を作製できる可能性が示唆された。
著者
高 博昭 和田 雅昭
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
pp.16-00053, (Released:2018-03-09)
参考文献数
8

本論文では,北海道沿岸域で行われているたこいさり樽流し漁を対象として,操業の効率化を実現するための知見を得るために漁具(樽)の位置情報取得に取り組んだ。操業で用いられる樽にGPS腕時計を装着して位置情報を取得し,流向,流速を算出した。その結果,樽の流速は約9 cm/sであること,流向は気象・海象条件によって異なること,流速の変化から船上に樽を引き揚げた時刻を推定できることを示唆した。今後,樽の流向・流速と漁獲量の関係性を明らかにすれば,操業に適した条件の解明につながることが期待される。
著者
Juadee Pongmaneerat 渡邉 武 竹内 俊郎 佐藤 秀一
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.59, no.7, pp.1249-1257, 1993-07-25 (Released:2008-02-29)
参考文献数
27
被引用文献数
46 46

The use of defatted soybean meal (SBM) in combination with corn gluten meal (CGM) and meat meal (MM) as a partial or complete replacement for fish meal was studied in carp. Fish meal in the control diet with 37% protein was substituted by the combination of those protein meals at levels of 56, 78, 89, and 100%. The effect of supplementation of crystalline amino acids to the 100% fish meal replaced diet was also examined. Duplicate tanks of fish (4 or 6g on average) were fed to satiation at 21±1 or 24±1°C for 9 or 5 weeks.Fish fed the control diet showed the best growth rate, feed efficiency and PER. Replacement of fish meal up to 56% with SBM and CGM gave good weight gain and feed efficiency comparable to the control, but the higher inclusion of SBM, CGM, and MM reduced growth and feed utilization. Supplementation of Lys, Met, and Thr to the 100% fish meal replaced diet markedly improved growth and feed efficiency up to about 90% of the control group.Supplementation of the EAA mixture at levels comparable to those in the fish meal control diet and twice that amount resulted in growth rates of about 87 and 94% of the control group, respectively.