著者
増田 研
出版者
日本アフリカ学会
雑誌
アフリカ研究 (ISSN:00654140)
巻号頁・発行日
vol.2016, no.90, pp.37-46, 2016-12-31 (Released:2017-12-31)
参考文献数
35

感染症による死亡率が低下したアフリカでは現在,人口が急増する一方で長寿命化が進行している。この延長線上に,今世紀後半にやってくるとされるアフリカの少子高齢時代をどのように迎えるのか,そのためにどのような調査や政策が求められるのか,という課題に関する問題整理を試みたのが本稿である。高齢化社会の到来をにらんだ取り組みとしては,年金や給付金制度の策定などがすでにいくつかの国で始まっているが,高齢者の生活ケアや健康・医療問題など,課題は多いとされる。アフリカ社会の高齢化に関する先行研究の多くは,社会保障の不在や非感染症への対応の遅れ,都市部貧困層の高齢化,農村社会の高齢化,ファミリーケアの衰退といった数多くの問題点を指摘する。しかしながら,個別社会において人口高齢化が何をもたらすのか,そもそも何が課題であるのか,そうした課題に地域社会の脈絡にそくしたどのような社会的対応がありうるのかといった点について,今後は民族誌的なアプローチによる研究が本格化されることが望ましい。高齢化先進国の社会保障政策や試行錯誤を参考にしつつも,地域社会のあり方に学び,アフリカの未来の姿についての関心を共有することが求められるのである。
著者
苅谷 康太
出版者
日本アフリカ学会
雑誌
アフリカ研究 (ISSN:00654140)
巻号頁・発行日
vol.2016, no.89, pp.1-13, 2016-05-31 (Released:2017-05-31)
参考文献数
37

19世紀初頭,現在のナイジェリア北部一帯に相当するハウサランドにおいて大規模な軍事ジハードが開始された。このジハードは,数年のうちに次々と同地のハウサ諸王権を圧倒し,一般にソコト・カリフ国と呼ばれる,イスラームを統治の基盤に据えた国家の建設を実現した。ジハードと国家建設の中心にいたイスラーム知識人ウスマーン・ブン・フーディー(1817年歿)は,複数の著作の中で,ハウサランドもしくはスーダーンに住む人々を信仰の様態に基づいて分類し,更に,その分類において不信仰者と見做した人々の捕虜・奴隷化に関する規定を論じている。本稿では,国家の基盤建設期にあたる1808年以降のウスマーンが,ウラマーの多くが認めていない法学的見解に依拠することを容認する「寛容の思想」を導入し,上述の信仰の様態に基づく人間の分類を操作することによって,捕虜・奴隷化し得る不信仰者の範疇を如何に拡大したのかを明らかにし,更に,その背景に如何なる理由が存在したのかを考察する。
著者
橋本 栄莉
出版者
日本アフリカ学会
雑誌
アフリカ研究 (ISSN:00654140)
巻号頁・発行日
vol.2012, no.81, pp.31-44, 2012-12-31 (Released:2014-03-28)
参考文献数
17

南スーダンに住まうヌエル社会の人々は,度重なる内戦を経験し,平和構築や住民投票,新国家の誕生という歴史的出来事に立ち会ってきた。多くのヌエルの人々は,これらの出来事をかつてなされた予言が成就したものとして捉えている。本稿の目的は,首都ジュバに住まうヌエルの人々が,南スーダンの分離独立という歴史的出来事を,19世紀末になされた予言という「神話」的枠組みを通してどのように捉えていたのかを報告することにある。人々は住民投票のプロセスの中で偶発的に出現する数々の要素を,かつての予言の中に見出すことによって分離独立の正しさを語っていた。本稿では多様な予言の解釈に注目し,語り手各々が抱える現実的な問題が予言を介して国家レベルの問題に接続されてゆく過程を描く。これを通じ,多様な背景を持つ人々が集うアフリカ都市社会において,戦後復興の一環である「民主化」への取り組みと,多様な解釈を通じて刷新される「神話」とがいかに人々の重層的なリアリティを形成してゆくのかを提示する。
著者
松浦 直毅
出版者
日本アフリカ学会
雑誌
アフリカ研究 (ISSN:00654140)
巻号頁・発行日
vol.2010, no.77, pp.19-30, 2010-12-31 (Released:2013-12-06)
参考文献数
38

多くのアフリカ諸国でみられるように,アフリカ中部のガボン共和国では,病気の治療や家族関係,仕事,そして政治的な問題の解決のためにおこなわれる伝統儀礼が,広く人びとのあいだで信じられ,利用されている。なかでも「ピグミー」と呼ばれる人びとは,豊富な植物の知識をもち,超自然的な力をそなえた存在として特別視されている。本稿では,ガボン南部のピグミーの1グループであるバボンゴの伝統儀礼について,以下の2点を明らかにする。(1)バボンゴは,周縁的な村に暮らしていながらも,伝統儀礼を通じて政治的な権力者を含めた都市の人びととの関係を築いている。(2)現金収入の乏しい村に暮らすバボンゴにとって,伝統儀礼が貴重な収入源となっている。これまでの研究では,ピグミーが周縁的な存在であるために,外部世界と関わるには近隣農耕民に対して政治的に依存せざるをえないこと,近代的な国家システムへの参与が困難であることが指摘されてきた。しかしながら,ガボン南部のバボンゴは,周縁的な存在であるために逆に外部の人びとから伝統儀礼が価値づけられ,その能力が頼られることで,農耕民に依存することなく外部世界とかかわり,伝統儀礼の担い手として独自の社会的地位を築いているといえる
著者
中村 香子
出版者
日本アフリカ学会
雑誌
アフリカ研究 (ISSN:00654140)
巻号頁・発行日
vol.2017, no.92, pp.69-81, 2017-12-31 (Released:2018-12-31)
参考文献数
22

本稿は,アフリカにおける民族文化観光においてもっとも長期的に有力な「商品」でありつづけている「マサイ」をとりあげ,彼らが住民主体でおこなう観光業の実態を検証することを目的とする。前半部では,民族文化観光の現場で何がどのように観光資源化されており,それによってどの程度の収益がもたらされているのかを明らかにし,そのうえで,観光業の経済基盤としての脆弱性を指摘する。人びとが「最少努力・最少投資」の姿勢で観光業に対峙していることをふまえて,後半部では,人びとが新たに民族文化観光の資源として利用しようとしているものを分析する。そのひとつは女性の「苦境」であり,もうひとつは子供の「苦境」である。いずれも国際社会による開発支援の定番のイメージであり,観光客が無意識に求めているもうひとつのステレオタイプ─「かわいそうなアフリカ」に合致するものである。「伝統」と「未開」を「光」としてみせ,「苦境」を「影」として聞かせながら,人びとは,観光客から新たな支援を呼び込む場として民族文化観光村を活用しているのである。
著者
松田 素二
出版者
日本アフリカ学会
雑誌
アフリカ研究 (ISSN:00654140)
巻号頁・発行日
vol.1983, no.23, pp.1-33, 1983-05-28 (Released:2010-04-30)
参考文献数
72
被引用文献数
1

African urban studies of Anthropology have their origin in one ideal model, the dyachronic detribalization model. This model assumes that African urbanization can be regarded as a gradual process of detribalization in consequence of direct contacts with heterogeneous and powerful Western cultures. In the 1950's, members of the Rhodes-Livingstone School such as Gluckman, Mitchell and Epstein advocated a new approach for African urban studies on the basis of their field researches of copperbelt towns in Northern Rhodesia (now Zambia). They criticized the detribalization model and put forward the situational approach, which emphasized synchronic social relations. According to this approach, the social relations of African rural-urban migrants are in some situations based on their traditional tribal norms but in others are based on urban norms. The situational approach is a very useful one because it highlights the migrants' personal strategy in situational selections. It cannot, however, explain the retribalization phenomenon which prevails in the African metropolises today. Those urban migrants who come from rural areas do not break away from tribal social relations but on the contrary reorganize these tribal relations in order to live a stable life in the urban environment. The situational approach cannot explain the paradox of the retention of tribal relations in a strikingly urban context.This paper tries to resolve the problems of retribalization by analysing a re-organization process of social relations by the Maragoli migrants from Kerongo village, Western Kenya in Kangemi, a poor housing area in Nairobi. Kangemi, located in the northwest area of the city, is an urban colony for the Maragoli migrants. We can observe an actual re-organization process of various kinds of social relations there. In order to elucidate this process, this paper adopts the following procedures.1. Firstly, several social situations, where social relations are developed and organized, are chosen from the daily life of the migrants from Kerongo village in Kangemi. This paper extracts empirically eight situations, namely, (1) securing the first accomodation, (2) seeking permanent employment, (3) borrowing or lending money, (4) borrowing or lending daily goods, (5) drinking beer or local alcohol, (6) exchanging messages and information with their home village, Kerongo, (7) participating in church activities, (8) carrying the body of a migrant back to the home village and preparing and performing a ritual of “ilisyoma” in Nairobi.2. Secondly, the forms of re-organizing social relations in each situation are examined. The forms can be sorted into two types, network type and group type. According to the former type, whenever they confront difficulties in some situations of their daily life, the migrants set up a kind of association to deal with the difficulties. When they do not form an association but extend their personal social networks, this form is called the group type.3. Thirdly, the principles of re-organizing social relations are verified in each situation. The clan-lineage principle, the village-home-boy principle and the urban neighbourhood-locality principle are presented here. Thus, the migrants from Kerongo village living in Kangemi re-organize their social relations by using different forms and different principles in each situation.4. Although most parts of these re-organization processes can be presented as retribalization phenomena, this paper pays much more attention to a process organized by the home-boy principle. The study fourthly examines how the home-boy principle, which has been developed recently in town, is embedded and reinterpreted in a traditional and dominant ideology of unilineal descent. In order to provide the home-boy principle with legitimacy in the framework of the ideology of unilineality, the Kerongo villagers have adopted two stages
著者
安藤 勝美
出版者
日本アフリカ学会
雑誌
アフリカ研究 (ISSN:00654140)
巻号頁・発行日
vol.1969, no.9, pp.36-47, 1969-11-30 (Released:2010-04-30)
参考文献数
4
被引用文献数
1
著者
小馬 徹
出版者
日本アフリカ学会
雑誌
アフリカ研究 (ISSN:00654140)
巻号頁・発行日
vol.1985, no.27, pp.1-54, 1985-12-31 (Released:2010-04-30)
参考文献数
49

This essay describes and analyzes how the kimanakta-kimanagan, or a custom of lending-out/borrowing of livestock including cattle, among the Kipsigis people of Kenya has changed through the drastic acculturation they have consequtively experienced through out this century after they came into contact with the European settlers in the Kenyan “White Highland”. Moreover, this essay explains how the values of cattle have changed and survived in the Kipsigis society which is among so-called “East African cattle complex” societies, with the special reference to the kimanakta-kimanagan system.The Kipsigis have been generally regarded as a “model” East African people in that this traditionally pastoral people very successfully adapted themselves to the colonial and capitalistic economy by rapidly adopting maize cultivation with plough and by shifting from communal land tenure to private land tenure. As a result, it is claimed, they lessened their pastoral attributes in large and cattle, around which almost all the traditional values of the people had centred, descalated to a simple article of commerse which was even less valuable than maize.It may be true that some characteristics of the traditional Kipsigis culture centred around cattle declined, but it can not be denied that the kimanakta-kimanagan system survives well in the course of the acculturation and that cattle still maintain importance as multiple media through which social relations are structured.Traditionally, the kimanakta-kimanagan contract was made on individual base among age-mates, affines, relatives, clansmen etc., and a cow, she-goat, or ewe was sent out as long-termed loan so that it could supply milk and blood to drink to the debtor's family. This system contributed to reduce inequality in the number of livestock, which were the then primary means of survival, held by individuals as well as possible discontents among the people, and therefore to maintain the unity of the acephalous and non-segmental Kipsigis society.Researchers are apt to underestimate, or even neglect, the significance of the existence of the highly transformed modern kimanakta-kimanagan system, judging form the descalation of the relative economic value of cattle. The system has been flexibly amended and developing new variations of practice in accordance with the needs derived from the modernization. But thus, all the more, it makes for minimizing the inequality not only in cattle holdings but also in their economy as a whole in the modern Kipsigis society. This may be the very reason the system survives the radical changes of their life style. In other words, it achieved its involution in this way.
著者
高林 敏之
出版者
日本アフリカ学会
雑誌
アフリカ研究 (ISSN:00654140)
巻号頁・発行日
vol.2010, no.76, pp.31-38, 2010-03-31 (Released:2013-10-20)
参考文献数
15

本稿は,日本にとって最も近い隣国でありながら,ほとんど研究がなされていない朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の対アフリカ関係に関する試論である。その特異な国家体制ゆえに,また日本を含む先進諸国との疎遠ないし敵対的な関係ゆえに,北朝鮮は「国際社会において孤立した国家」であるといった安易なイメージで捉えられがちである。しかしながら北朝鮮は,「第三世界」の一員として,国際社会において一定の地位を確保してきた。とりわけ,北朝鮮と最も緊密な関係を築き,同国外交における最有力の基盤であったアフリカとの関係を分析することは,北朝鮮外交をより実際的に理解するうえで有益であろう。しかしながら,北朝鮮の極度に独裁的かつ閉鎖的な体制ゆえに,同国の外交について実証的に研究するのは容易なことではない。本稿ではまず,筆者が2007年および2008年に訪問した,同国妙香山に立地する「国際親善展覧館」における,アフリカ諸国と北朝鮮との関係に関する展示内容について紹介する。その展示内容から,北朝鮮が対アフリカ外交政策において,「新家産主義」的ないし「個人支配」的権威主義体制,さらに民族解放運動との緊密な関係を重視していたことが読み取れよう。次に北朝鮮の対アフリカ関係の発展を4期に区分して概観し,その盛衰の背後にある要因を検証する。