gokanoamo (@shunsukekosaka)

投稿一覧(最新100件)

RT @SendaiHisCafe: FGO勢の目に止まったら嬉しい。歴史との向き合いかたについての名文。松原宏之「人は「歴史する」、ゲームでもアニメでも」 立教大学学術リポジトリ https://t.co/8CUxpRRSbO

15 0 0 0 老人の歴史

これは知らなかった。古代から現代までのヨーロッパ世界における「老い」がテーマの概説。第ニ章「古代ギリシャ・ローマ」は文献史料の引用に加え図版も豊富だし、著者も古代ローマのライフコースの専門家なので信頼できるだろう。パット・セイン編… https://t.co/NoJSFuxELa
CiNii 論文 -  ローマ共和制「最後の時期」における高位公職選挙--ケントゥリア民会の制度とその運営状況から https://t.co/0BDMO80nuP #CiNii
CiNii 論文 -  民衆/民会の権力 : ローマ政体論への新しいアプローチ https://t.co/JFfZTMnldN #CiNii
CiNii 論文 -  ローマ帝政成立前後の「インペリウム」 : imperium domi militiaeque をめぐって https://t.co/7cflBi5QDG #CiNii
CiNii 論文 -  共和制末期ローマにおける執政官就任者と法学・弁論術・軍功--法学者研究の後景 https://t.co/0cF4JsLQvQ #CiNii
齋藤貴弘「古代ギリシアの「巡礼」 : エレウシスの秘儀入信を中心に (世界の巡礼編) 」 https://t.co/xH5bV6qYJw
RT @ursus21627082: CiNii 論文 -  エピファニオスのオリゲネス批判--『パナリオン』64の伝記的記述の検討を中心に https://t.co/2rlSer4LGG #CiNii
おそらく私家版だと思われるが、家入先生がナジアンゾスのグレゴリオスの著作をどんどん翻訳しているようだ。詩集だけは以前に取り寄せて拝読した。意義ある訳業だと思う。 https://t.co/tO6jGtP0BA https://t.co/z7frGgNiKV
おそらく私家版だと思われるが、家入先生がナジアンゾスのグレゴリオスの著作をどんどん翻訳しているようだ。詩集だけは以前に取り寄せて拝読した。意義ある訳業だと思う。 https://t.co/tO6jGtP0BA https://t.co/z7frGgNiKV
戸田聡先生によるマニ教超重要史料の翻訳。北海道大学のリポジトリからダウンロード可。CiNii 論文 -  マニ教資料翻訳集成(2) : ケルン・マニ・コーデックス https://t.co/gES7dcA5xr #CiNii
CiNii 論文 -  ファビウス・ピクトルの史書に関する覚え書き : その構成と内容的特徴 https://t.co/VLVBarP7fr #CiNii
RT @saisenreiha: コンスタンティヌス帝が、ローマ教皇に教会での首位権や西方での支配権を与えたとする有名な偽文書「コンスタンティヌス帝の寄進状」が、宮松浩憲によって全訳されていた。pdf で読める。https://t.co/TQwEG2KS9l
井上先生、フランツ=キュモン伝より先にこちらを出版されるとは思わなんだ。以前にキュモンについてノートを書かれているので。 https://t.co/plRzhXlycp https://t.co/cyP9kvr9XU
エウセビオスの「文献学者」的な側面については豊田浩志先生の「 エウセビオス『教会史』叙述の信憑性に関する一考察」が参考に。 https://t.co/jegqRm1c3o
ビザンツ時代におけるギリシア・ローマ古典の読まれ方については、『ギリシア文化の遺産』所収の井上浩一先生の論考が参考になる。 https://t.co/1kXB2Wgb1Z
CiNii 論文 - 書評 山田望 「アウグスティヌス神学における歴史と社会」R・A・マーカス著 宮谷宣史・土井健司訳 https://t.co/3vPZgN9MCL #CiNii
RT @esperantumanto: @shunsukekosaka @hashibutogarasu 石川 勝二「ローマ史は1日にして成らず--初期ローマ史の研究と叙述」『歴史評論』531も。https://t.co/p15lcoUGfe
こちらにも『ローマ人の物語』への言及あり。こちらはむしろ、歴史研究者の側で「歴史家とはどうあるべきか」を再考する余地ありでは、としている。CiNii 論文 -  ローマ(古代,ヨーロッパ,二〇〇七年の歴史学界-回顧と展望-)… https://t.co/6NLhqctJOQ
話題に乗り遅れた感もあるのですが、『ローマ人の物語』については史学雑誌「回顧と展望」に言及されたこともあるんですよね。歴史学者が検証し批判すべきではないか、という提言を伴って。 CiNii 論文 -  ローマ(古代,ヨーロッパ,2… https://t.co/KDxHLy2oIZ
CiNii 図書 - 吉村忠典『支配の天才ローマ人』 https://t.co/tTHh79HFZY #CiNii
CiNii 図書 - ローマ人の戦争 : 名将ハンニバルとカエサルの軍隊 https://t.co/iWiwwxj73u #CiNii
CiNii 図書 - 古代ローマ帝国 : その支配の実像 https://t.co/raFtQPyyUc #CiNii
CiNii 図書 - 古代ローマ帝国の研究 https://t.co/4UMEbieEkS #CiNii
CiNii 図書 - 吉村忠典『古代ローマ世界を旅する』 https://t.co/EvTKSPYP8L #CiNii
CiNii 論文 - 山下孝輔 ローマ帝国における皇帝立法の変容 : アウグストゥスの婚姻法の適用対象と後代の皇帝によるその拡大 https://t.co/xwDzyYfysu #CiNii
ホプキンス『古代ローマ人と死』が、重要な研究なのに、せっかくの訳書なのに第2・3章が略されているのがやはり惜しまれる… CiNii 図書 - 古代ローマ人と死 https://t.co/97YF3bRYmK #CiNii
RT @nekonoizumi: この博論の書籍化だな。要旨PDFあり。 丸亀裕司「公職選挙に見るローマ帝政成立」(2015) https://t.co/HpPT0i1Y39
読んだ。研究動向の手本にすべきだと思った CiNii 論文 -  共和政期ローマの社会・政治構造をめぐる最近の論争について--ミラーの問題提起(1984年)以降を中心に https://t.co/hECqKy3z6A #CiNii
うーん、東北学院大学の泉図書館にしかない書籍はCiNII Booksの検索結果に上がってこないのか? 例えば『ウェルギリウス研究』 https://t.co/1AcWInqp9Q #CiNii
読んだ:CiNii 論文 - 毛利晶「碑文史料から見たローマのウィーコマギステル」 https://t.co/PTtNz6y2Bl #CiNii
CiNii 論文 -  パイデイア : イソクラテスの弁論術とその教養理想 https://t.co/fm8jLPNCM0 #CiNii
ヘロドトスからの典拠を調べるときには岩波文庫ではなくまず藤縄先生の大著をみてしまう。CiNii 図書 - 歴史の父ヘロドトス https://t.co/kzWMh994Sk #CiNii
RT @saisenreiha: 前沢伸行「複雑系の歴史学」『人文学報(首都大学東京人文科学研究科)』44、2016年、1-36頁。https://t.co/3WJsCkZTcI

4 0 0 0 漢とローマ

CiNii 図書 - 漢とローマ https://t.co/O1dHaezE9k #CiNii 図書館でたまたま手に取ったのだけど、フン族とアッティラに関するまとまった記述があった。知らなかったなあ。冒頭のローマ帝国東西分裂に関する記述はそっけないぶん結構衝撃的。
こちら、日本での古代末期ローマ史研究では大変貴重かつ重要な訳業です。なお原著に対する研究者の書評は無料で読めます(https://t.co/K5xLkba2aS)手前味噌ですが私も学術誌に紹介文を掲載していただいたことがあります(… https://t.co/EIvJ7JNFKl
こちら、日本での古代末期ローマ史研究では大変貴重かつ重要な訳業です。なお原著に対する研究者の書評は無料で読めます(https://t.co/K5xLkba2aS)手前味噌ですが私も学術誌に紹介文を掲載していただいたことがあります(… https://t.co/EIvJ7JNFKl
CiNii 論文 -  ビザンツ文学余滴 : プセロス「まだ幼い孫のために」 https://t.co/QV5vjwLhRe #CiNii
CiNii 図書 - S. メイソン『ヨセフスと新約聖書』 https://t.co/Maf1r4532O #CiNii 「日本語版のための緒言」によれば「すべての版の内もっとも正確な内容」とのこと。すばらしい訳業。
CiNii 論文 -  Mendeleyの可能性を探る:歴史学研究の立場から https://t.co/2dtlLzTKSv #CiNii
CiNii 図書 - サッルスティウス関連小品集 (翻訳・注・解説) : 付、ロナルド・サイム『ローマ革命』原典箇所索引 https://t.co/1j7KyWImIM #CiNii
CiNii 論文 -  サルスティウスにおける歴史の真実と党派性(前) (史海60号記念特集「歴史学研究と歴史教育の間」) https://t.co/SzRsl8WLVQ #CiNii
CiNii 論文 -  ヨセフスの生涯(1) https://t.co/tDrwubdDgi #CiNii
RT @nekonoizumi: 「初期ビザンツの男装女性聖人」このテーマが来るとは。 足立先生のは同志社の紀要にあったな。 CiNii 論文 -  初期ビザンツの女性聖人たち--男装モチ-フをめぐっての新しい解釈 https://t.co/hs8DF8DhB0

6 0 0 0 教材講座

RT @sourd: 教育史の方にお尋ねしたいんですが、『教材講座』(大谷教材研究所)という雑誌の4巻 昭和4年(?)を所蔵しているところをご存知ありませんか。https://t.co/qVS8S50PsG
RT @SendaiHisCafe: @SendaiHisCafe  レムリア祭については、小堀,馨子「古代ローマにおける死者祭祀 : レムリア(Lemuria)再考」東京大学宗教学年報 (28), 55-66, 2010 で読むことが出来る。https://t.co/3w9A…
なお『ケーキの歴史物語』、「1937年のヒトラーの誕生祝賀会に用意されたケーキ」「エリザベス女王のウェディングケーキ。1947年。」「石膏の人骨2000本で作ったウェディングケーキ」などなどの写真が掲載されていてわくわく https://t.co/50H08pIRcf
ところでたまたま書架で見つけたハンブル『ケーキの歴史物語』https://t.co/50H08pIRcf にも、ガレット=デ=ロワのサトゥルナリア祭起源説が採用されていた(104頁)。ここには註がなく、典拠はやはり分からない。
早速図書館から『金枝篇』図書刊行会版を借り出して確認した。https://t.co/T88WxePLeR 第2巻192頁がサトゥルナリア祭と籤引きによる王の選出、王の自殺の話です。
CiNii 論文 -  〈書評〉 サバイン・マックコーマック著『時の陰・アウグスティヌス精神におけるウェルギリウス』 https://t.co/JAw3oJfzo8 #CiNii
CiNii 論文 -  アウグスティヌスの説教をめぐって https://t.co/Jczmhp8KX0 #CiNii
戸田聡「初期キリスト教と聖書翻訳」北海道大学文学研究科紀要150,159-190. 元々は書籍の一章になる予定だったとのこと。聖書のシリア・アルメニア・コプトなどへの翻訳史を概説。 https://t.co/ri679vnMOJ
それとこちら CiNii 図書 - 中世の時と暦 : ヨーロッパ史のなかの時間と数 https://t.co/uzbe5sQ4H5 #CiNii
カレンダーの話題、参考文献はこの辺りかな。手元にないので確認できない CiNii 図書 - 地中海の暦と祭り https://t.co/67l5PoWrMr #CiNii
CiNii 論文 -  ローマ帝国における臓卜師(haruspices)の盛衰の諸原因 (特集 帝国の類型) https://t.co/7ebKu2V5j2 #CiNii
たまたま 日本歴史学界の回顧と展望 https://t.co/7TXBCpHzg0 のヨーロッパ古代 の巻を手に取って眺めているが、1962年の「ギリシア」冒頭「昨年度のギリシア史についての研究は量においても質においてもかなり満足すべきものがあった。発表者は大部分…(続く
気まぐれに検索をかけてみると、まれに思わぬ嬉しい発見がある。 Animal sacrifice in ancient Greek religion, Judaism, and Christianity, 100 BC-AD 200 https://t.co/IMS7nDs7Ny
RT @SendaiHisCafe: CiNii 論文 -  ヒエロニュムス「ウルガータ聖書序文」翻訳と注解(4) : エステル記、ヨシュア記、トビト記、ユディト記、福音書、パウロ書簡 https://t.co/F2YF9OkXY8 #CiNii
RT @SendaiHisCafe: CiNii 論文 -  ヒエロニュムス「ウルガータ聖書序文」翻訳と注解(3) : ソロモンの書、エズラ記・ネヘミヤ記、歴代誌、五書 https://t.co/43aXE4Qs8U #CiNii
RT @SendaiHisCafe: CiNii 論文 -  ヒエロニュムス「ウルガータ聖書序文」翻訳と注解(2) : ヨブ記、十二預言書、イザヤ書、エレミヤ書、エゼキエル書 https://t.co/bKPie26LWj #CiNii
RT @SendaiHisCafe: そして近年、それら序言がどんどん日本語に訳されています!しかもダウンロード可能です!論文 -  ヒエロニュムス「ウルガータ聖書序文」翻訳と注解(1) : ガリア詩篇、ヘブライ語詩篇、サムエル記・列王記、ダニエル書 https://t.co/…
CiNii 論文 -  <翻訳>コンスタンチィノス一代記 : 訳ならびに注(2) https://t.co/k8xE0KW03t #CiNii
CiNii 論文 -  <翻訳>コンスタンチィノス一代記 : 訳ならびに注(1) https://t.co/MEsUKG4nyK #CiNii
CiNii 論文 -  <翻訳>メトディオス一代記 : 訳ならびに注 https://t.co/Aksb3U2ubW #CiNii
CiNii 論文 -  アレクサンドリアのクレメンス『テオドトスからの抜粋』 全訳 https://t.co/9tUTwgXuP0 #CiNii
CiNii 論文 -  アレクサンドリアのクレメンス「断片集」 : 全訳 https://t.co/L59lB6Yu3H #CiNii
CiNii 論文 -  アレクサンドリアのクレメンス『預言書撰文集』 : 全訳 https://t.co/DNYhNkMfl5 #CiNii
CiNii 論文 -  アレクサンドリアのクレメンス『救われる富者とは誰であるか』 : 全訳 改訂版 https://t.co/aWF1Y1mXej #CiNii
CiNii 論文 -  ディオン・クリュソストモス『トロイア陥落せず』 : 弁論術から歴史フィクションへ https://t.co/crj7A4kgHH #CiNii
RT @Basilio_II: “DSpace at Waseda University: 新収資料『ローマ皇帝群像』 (ヴェネツィア、1490年) について” https://t.co/uVZvwf79Gn
CiNii 図書 - Libanios : Zeuge einer schwindenden Welt https://t.co/dk2OSkB0Sr #CiNii
CiNii 論文 -  ヘロドトスの射程--普遍史・他者性・予型論 https://t.co/nA84QUuMry
CiNii 論文 -  ルーキアーノス『ヘーロドトスまたはアエティオーン』におけるヘーロドトス https://t.co/2ey0b59pMs
CiNii 論文 -  ヘロドトス『歴史』第4巻に出て来るスキタイ語の印欧語的分析 (川俣優教授追悼記念号) https://t.co/hUigaIWMgp
CiNii 論文 -  ギリシア人の算術 : ヘロドトスとロギスタイ碑文 https://t.co/XXV0bBGQc2
CiNii 論文 -  ロ-マ法研究における文献史料と考古学史料 https://t.co/9apg9Qgs8F #CiNii
CiNii 論文 -  帝政ローマ時代の祭祀と動物犠牲の事例 https://t.co/AYokYgx5qn #CiNii
CiNii 論文 -  Vergilius Vaticanus (https://t.co/eTAXG54TcN.3225)の諸挿絵における大気現象と幻影の表現―「部分的モノクロミー」と「技法としてのモノクロミー」― https://t.co/fdwxHafShh #CiNii
CiNii 論文 -  A.D.79年のヴェスヴィオ火山噴火と古代ポンペイ都市の壊滅 https://t.co/0S0bKr8hjS #CiNii
CiNii 論文 -  パウサニアス研究-2-パウサニアス「ギリシア案内記」5巻「エリスA」--「古代ギリシアの4大運動競技会と祭祀」第1部 https://t.co/eFzvjCjrkH #CiNii
CiNii 論文 -  オロシウス『異教徒に反駁する歴史』序文のラテン語について https://t.co/U7LH2LvG38 #CiNii
CiNii 論文 -  翻訳 ヒエロニュムス著「翻訳の最高種について」(書簡57「パンマキウス宛の手紙」) : Hieronymus, Epistula 57, Ad Pammachium https://t.co/t7TdNDc4kO #CiNii
CiNii 論文 -  ヘロデス・アッティコスの墓:ローマ時代のアテナイの富裕市民の生活と善行(エヴェルジェティズム)の一断面(下) https://t.co/BRBUCvn4B5 #CiNii
CiNii 論文 -  ヘロデス・アッティコスの墓--ローマ時代のアテナイの富裕市民の生活と善行(エヴェルジェティズム)の一断面(上) https://t.co/sLiglW1HVh #CiNii
CiNii 論文 -  伊藤正『ゲオーポニカ(第3書)』翻訳と注釈(3) https://t.co/9Xwe1Vz1vS #CiNii
CiNii 論文 - 伊藤正 『ゲオーポニカ(第20巻)』翻訳と注釈(2) https://t.co/9s61QC8mQ4 #CiNii
CiNii 論文 -伊藤正  『ゲオーポニカ』翻訳と注釈(1) https://t.co/epRJFeV1UJ #CiNii
CiNii 論文 -  中澤務 エジプト・ギリシア・近代ヨーロッパ―『黒いアテナ』論争のこれから― https://t.co/OmqqIiqrvl #CiNii
CiNii 論文 -  中澤務 歴史記述とパラダイム-『黒いアテナ』論争をめぐって- https://t.co/eiE3osRv8y #CiNii
CiNii 図書 - 大戸千之 歴史と事実 : ポストモダンの歴史学批判をこえて https://t.co/QkKHlTjbzC #CiNii
CiNii 論文 -  前沢伸行 歴史認識をめぐる諸問題 https://t.co/blR2CoRoAd #CiNii
CiNii 論文 -  中村政則 リレー特集 「歴史学」のいま 言語論的転回以後の歴史学 https://t.co/IHgIDBISOu #CiNii
CiNii 論文 -  小田中直樹 言語論的転回と歴史学 https://t.co/e2lV7Clwet #CiNii
CiNii 論文 -  遅塚忠躬 言説分析と言語論的転回 https://t.co/WFMCm7jcA5 #CiNii #SendaiHisCafe
CiNii 論文 -  言語論的転回と歴史学(思想の言葉) https://t.co/MYMp6Z94p1 #CiNii #SendaiHisCafe
CiNii 論文 -  歴史思想・歴史叙述における言語論的転回 (歴史学とポストモダン) https://t.co/JthWouTBCw #CiNii #SendaiHisCafe
CiNii 論文 -  言語論的転回以降(思想の言葉) (歴史学とポストモダン) https://t.co/jm39qQSBRr #CiNii #SendaiHisCafe
CiNii 論文 -  牧会者をめざす人へ : 大グレゴリウス『牧会規定』第1部 https://t.co/w3HDkemVe7 #CiNii
すばらしすぎる。CiNii 図書 - ナジアンゾスのグレゴリオスの詩 https://t.co/D1G7vQrtuM #CiNii
CiNii 論文 -  北アナトリア断層のローマ時代以降の活動史 : トルコの大地震を発掘する https://t.co/VGkcoyCyLY #CiNii

お気に入り一覧(最新100件)

論文ではないが、こちらも公開してます。ファクシミリの刊行されている写本を1点ずつ手短に、概要と研究動向をまとめている。 https://t.co/KJuArnOqg0
紀要論文、機関リポジトリで公開されました。宜しくお願い致します。紙の抜刷は用意してません。 https://t.co/vADbo512Ts
内藤みどり(2004)「突厥・ソグド人の東ローマとの交流と狼伝説」『史観』150, 29-50. https://t.co/5jPa1lMZ01 ビザンツと西突厥の対サーサーン朝同盟の中ソグド人によりローマ始祖伝説が伝えられカライ… https://t.co/3JRdiHY4j0
紀要にて「翻訳原稿作成に関する覚書」を掲載。フランスの人文系の翻訳原稿を作成される方は、一例として参考にしてください。https://t.co/BaXmSfknRl https://t.co/7KKnAsTEF2
FGO勢の目に止まったら嬉しい。歴史との向き合いかたについての名文。松原宏之「人は「歴史する」、ゲームでもアニメでも」 立教大学学術リポジトリ https://t.co/8CUxpRRSbO
#一日一論 高畠純夫「坂口安吾の仕事とその背景」読了。古代ギリシア史を研究されている大学院の先輩から勧められて拝読したが、面白い論考。古代ギリシア史研究者が日本の文学者である坂口安吾の思想背景を古代ギリシアの精神文化と比較したもの。 https://t.co/BeDFR0wlqG
CiNii 論文 -  エピファニオスのオリゲネス批判--『パナリオン』64の伝記的記述の検討を中心に https://t.co/2rlSer4LGG #CiNii
あ これ見逃してた CiNii 論文 -  サルスティウスにおける歴史の真実と党派性(前) (史海60号記念特集「歴史学研究と歴史教育の間」) https://t.co/kwRexgBVbh
コンスタンティヌス帝が、ローマ教皇に教会での首位権や西方での支配権を与えたとする有名な偽文書「コンスタンティヌス帝の寄進状」が、宮松浩憲によって全訳されていた。pdf で読める。https://t.co/TQwEG2KS9l
CiNii 論文 -  研究者市場における文科系博士院生の就職要件 : JREC-INによる公募情報の分析 https://t.co/Sc6MrzPnih #CiNii
幸村誠(『ヴィンランド・サガ』作者)「漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」https://t.co/DWhEUuUk0J …
苗村弘太郎「歴史学における状況証拠による推論はいかなる時に信頼できるのか」(2018)https://t.co/oXY7Inr4If "…歴史研究者がどのような推論をしているのかという問題は哲学者も歴史家も見逃してきた問題である。"
@shunsukekosaka @hashibutogarasu 石川 勝二「ローマ史は1日にして成らず--初期ローマ史の研究と叙述」『歴史評論』531も。https://t.co/p15lcoUGfe
@momokanazawa 手軽なものとしてはCyril MangoのLe développement urbain de Constantinople, IVe-VIIe siècles… https://t.co/oyJszPdKb2
校倉書房から、菊池勇夫『非常非命の歴史学 東北大飢饉再考』が刊行(予定)。 https://t.co/R0z6GfFVnh この論文の発展か。「非常・非命の歴史学 : 近世東北の災害・飢饉史 (特集 災害と歴史資料保全)」 https://t.co/fTXBmK3WLu
“千葉商科大学学術リポジトリ: 古代ギリシアにおける「他者」の発見と「他者」との境界をめぐる言説の展開―ヨーロッパという境界の策定の歴史的展開と近代における受容をめぐって” https://t.co/ThSlbrEfEA
2014年に出たことになっている(実際は2015年)待兼山論叢掲載の拙稿「インゲニウム考ーローマ共和政後期における「競争的な政治文化」との整合性を中心に」のリポジトリが知らない間に上がっていたので、ご笑覧頂ければ幸甚に存じます。https://t.co/WrcmXHpHJc
PDFあり。 CiNii 論文 - ニタルト「ルイ敬虔帝の子息たちの歴史」と「貴族」 : カロリング期の「貴族」イデオロギーについて一考案 https://t.co/1L6mhAhpoZ
で、これ読めと言われたのが鈴木良「歴史意識と歴史小説のあいだ--歴史家は司馬遼太郎をどう評価するか」(『歴史評論』567、1997)であった。https://t.co/Tp5vML3PQA
あの伝説の論文か。 CiNii 論文 -  無重量環境における東アジア古代舞踊の試み : 敦煌・飛鳥舞踊図(飛天図)との比較研究 https://t.co/rtQcFwqbuF
PDFあり。 CiNii 論文 - ロシアにおける「聖ゲオルギオスの竜退治」伝説 : 巡礼霊歌・イコン・聖者伝(1) https://t.co/NGuRkfkzSQ 同(2) https://t.co/MxBA7wjk7f
PDFあり。 CiNii 論文 - ロシアにおける「聖ゲオルギオスの竜退治」伝説 : 巡礼霊歌・イコン・聖者伝(1) https://t.co/NGuRkfkzSQ 同(2) https://t.co/MxBA7wjk7f
"CiNii 論文 -  1970年前後の少女マンガにおける「西洋」表象(ワークショップ15,2014年度秋季研究発表会ワークショップ報告)" https://t.co/ntZKL62QQE ※本文リンクあり
地震の神話と地震の記憶 : 奈良・平安時代の地震にふれて 保立道久 https://t.co/rOqDSdECZy
「恵方巻」については以前も触れたのですが、テレビで何度も取り上げられているのを見ると、沓沢博行さんのこちらの論文を読んでほしいな、とまた思ってしまった。→https://t.co/gCRZTsTQFA 豆まきと違って、中世来の伝統、とかでは全然ないです。本になるといいのですが。
松田陽『実験パブリックアーケオロジー : 遺跡発掘と地域社会』同成社、2014 http://t.co/Qe4Ahkvc7C http://t.co/GlKEZuRwa4 イタリア・ソンマ遺跡をフィールドとして、イギリスの大学に提出された博士論文を基にしたそうです。
「災害支援マップ」の構築過程と課題について:黒崎浩行(@capnoir)・稲場圭信(@inabakeishin)「宗教者災害救援マップの構築過程と今後の課題」(『宗教と社会貢献』3(1) (2013年4月): 65-74 http://t.co/9EB88CilJ0 が出ています
見逃していた。 CiNii 論文 -  田中創「読書案内 古代末期 (世界史の研究(233)) 」http://t.co/DX2hGo1Ks2 #CiNii
→Libanios und Julian : Studien zum Verhältnis von Rhetorik und Politik im vierten Jahrhundert n. Chr. http://t.co/Gn2UUiOvFv @shunsukekosaka
ローマ帝国の東西分裂をめぐって : 学説の現状と課題 / 南雲 泰輔 を読んだ。http://t.co/PI3DVFFH テオドシウス1世の死んだ395年に、息子アルカディウスとホノリウスの二人によって帝国が分割統治されたことを、帝国の東西分裂の画期だと言えるかが検討されている。

フォロー(277ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @khargush1969: 岡崎文彬(1972)「シャー・ジャハーンとターズ・マハル」『造園雑誌』36(4): 32-39. https://t.co/crVfogEaX8 非常に古い論考だが,造園学の専門家によるタージ・マハル分析は重要かもしれない。庭園としてのイスラ…
RT @monogragh: 勉強になった。清末にはドイツ政治学の影響が強かったが、辛亥革命後にはアメリカ政治学が強まり、20年代にはマルクス主義政治学や政治学の「中国化(本土化)」が進んだ、と書いてある。 書評 孫宏雲『中国現代政治学的展開--清華政治学系的早期発展(192…
RT @nekonoizumi: PDFあり。「合衆国」という訳語の起源考察。「合衆国」の初出は1844年、望厦条約の前段階のアメリカからの書簡の清朝の官僚による翻訳なのか。 ⇒高原正之 「なぜUnited States を合衆国と訳したのか? 「衆」はどこから来たのか」 『大…
RT @nekonoizumi: PDFあり。「合衆国」という訳語の起源考察。「合衆国」の初出は1844年、望厦条約の前段階のアメリカからの書簡の清朝の官僚による翻訳なのか。 ⇒高原正之 「なぜUnited States を合衆国と訳したのか? 「衆」はどこから来たのか」 『大…
PDFあり。「合衆国」という訳語の起源考察。「合衆国」の初出は1844年、望厦条約の前段階のアメリカからの書簡の清朝の官僚による翻訳なのか。 ⇒高原正之 「なぜUnited States を合衆国と訳したのか? 「衆」はどこから来… https://t.co/Nn0RBnzh5T
PDFあり。 ⇒村岸純 , 佐藤裕亮 「災害資料としての『軍医学会雑誌』 ― 1896年明治三陸地震を例として ―」 『大正大学研究紀要』104 (2019-03-15) https://t.co/yw02bwv7dN
RT @BungakuReportRS: 米田 恵子 -  「水魔」:昭和一三年阪神大水害を詠んだ井上白文地・平畑静塔・堀内薫の俳句 https://t.co/Tt4r6cjVrY
RT @BungakuReportRS: 戸塚 麻子 -  日本占領下北京の俳句雑誌『春聯』について : 付・『春聯』目次(一九四二年三月、一九四四年一月-一九四五年二月) https://t.co/5QExk2ihFu
RT @BungakuReportRS: 佐藤 宗子 -  家庭における読書と「教養形成」 : 一九六〇年代偕成社・ポプラ社の少年少女向近代文学叢書を中心に https://t.co/L76pvXL1ms
RT @monogragh: 私には思いつかないタイプのタイトル。 水田洋「冨国論という酒――アダム・スミス翻訳史」(『日本學士院紀要』64(2), 2010) https://t.co/Is01AKpu6K
RT @hayakawa2600: 西沢勇志智『炭素太功記』すごい。国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能:https://t.co/L4Po6Hiaa8
宗教改革期に宣教が実際にどのように行われ、どんな効果を上げたかは、史料に残りにくくなかなか分からないのだが、再洗礼派の審問記録はその一端を知ることが出来る貴重な史料。ということで、科研費に関わる研究を、地道に進めている。https://t.co/4yBLorAGpF

5 5 5 0 OA 庭園をつくる

PDFあり。レオ・シュトラウス『スピノザの宗教批判』(1930)へのゲアハルト・クリューガーによる書評(1931)の翻訳。 ⇒関口佐紀訳 「ゲアハルト・クリューガー「書評 レオ・シュトラウス『その聖書研究の基盤としてのスピノザの宗… https://t.co/Z1UWv4fpSP

5 5 5 0 OA 庭園をつくる

PDFあり。 ⇒中金聡 「庭園をつくる エピクロス主義の〈逸れ〉について」 『政治哲学』第23号(2017) https://t.co/F8m2qgYZGL
RT @schembart10: 早稲田大学のリポジトリからもダウンロード可能となってました! https://t.co/8siYwnfWma
早稲田大学のリポジトリからもダウンロード可能となってました! https://t.co/8siYwnfWma
RT @yearman: たぶん「ラジ」はキテレツ大百科のコロ助のナリと同じでコピュラの性質(「です」的)を持っているから「か」が後ろに続くというので説明できるのかなあと(コロ助のナリも疑問では「ナリか」)(定延利之2007「キャラ助詞が現れる環境」 https://t.co/…
RT @negadaikon: みんなこれも読むんだ!CiNii 論文 -  メディア史とメディアの歴史社会学 https://t.co/mqTY9u0Po8 #CiNii
RT @negadaikon: みんなこれも読むんだ!CiNii 論文 -  メディア史とメディアの歴史社会学 https://t.co/mqTY9u0Po8 #CiNii
RT @BungakuReportRS: 藤實 久美子 -  河鍋洞郁(暁斎)『絵本鷹かゝみ』の史料学的考察 : 文久2年(1862)3月の校合摺の紹介を兼ねて https://t.co/XG5ucMZ09H
PDFあり。 ⇒善養寺淳一 「吉備大臣入唐譚方術考 ―『江談抄』に見える院政期文化の一断面 ―」 大正大学大学院研究論集,(43), (2019-03-15) https://t.co/8auoRRZpfK
PDFあり。 ⇒上條駿 「献帝の礼制と皇帝権 ―董卓誅滅から許昌遷都まで―」 大正大学大学院研究論集,(43), (2019-03-15) https://t.co/hzjnhwN98R
PDFあり。 ⇒星俊明 「江戸期における浄土宗と真宗の論争 ―論争の発端について―」 大正大学大学院研究論集,(43), (2019-03-15) https://t.co/IBsuksgmGa
PDFあり。 ⇒加藤聖文 「敗戦時における公文書焼却の再検討――機密文書と兵事関係文書――」 文学研究資料館紀要 アーカイブズ研究篇,50(15), (2019-03-15) https://t.co/MlqwS6Q6Jz

フォロワー(600ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @monogragh: 勉強になった。清末にはドイツ政治学の影響が強かったが、辛亥革命後にはアメリカ政治学が強まり、20年代にはマルクス主義政治学や政治学の「中国化(本土化)」が進んだ、と書いてある。 書評 孫宏雲『中国現代政治学的展開--清華政治学系的早期発展(192…
RT @mntcabe: J-STAGE Articles 人文学資料オープンデータの可能性と現状(<特集>オープンデータ) 橋本 雄太 https://t.co/6TeXWVHZyC
RT @yanakakumagai: CiNii 図書 - B-29操縦 (フライト) マニュアル https://t.co/lrp5mn4krF #CiNii 品切れですが、図書館で読んでほしいな。 と、無料ダウンロードサイトを見ながら毎度思うの。 これ、三人で五パーセント…
そういえば最近、スナイダーの論説が集英社の『Kotoba』(「インターネットはファシズムの温床になる」https://t.co/xLfWJQq9WL)と、PHPの『Voice』(「インターネットに必要な規制:新しいテクノロジーがも… https://t.co/pv9Y2Vp2W5
そういえば最近、スナイダーの論説が集英社の『Kotoba』(「インターネットはファシズムの温床になる」https://t.co/xLfWJQq9WL)と、PHPの『Voice』(「インターネットに必要な規制:新しいテクノロジーがも… https://t.co/pv9Y2Vp2W5
RT @chidorij: J-STAGE Articles -源河達史「グラーティアーヌス教令集C.15q.1c.8のルブリカに関する一考察」法制史研究(2004年) https://t.co/U5MR5WSjJq 「近代的な基準に従ってkritischである、とはどういう…
RT @nekonoizumi: PDFあり。「合衆国」という訳語の起源考察。「合衆国」の初出は1844年、望厦条約の前段階のアメリカからの書簡の清朝の官僚による翻訳なのか。 ⇒高原正之 「なぜUnited States を合衆国と訳したのか? 「衆」はどこから来たのか」 『大…
RT @nekonoizumi: PDFあり。「合衆国」という訳語の起源考察。「合衆国」の初出は1844年、望厦条約の前段階のアメリカからの書簡の清朝の官僚による翻訳なのか。 ⇒高原正之 「なぜUnited States を合衆国と訳したのか? 「衆」はどこから来たのか」 『大…
RT @DN_networks: 【拡散希望】コンテンツ消費における「オタク文化の独自性」の形成過程  一九八〇年代におけるビデオテープのコマ送り・編集をめぐる語りからhttps://t.co/ITNMS7eSdZ 4年前ですが電子公開になったのでこの機会にご笑覧ください。コマ…
RT @nekonoizumi: PDFあり。「合衆国」という訳語の起源考察。「合衆国」の初出は1844年、望厦条約の前段階のアメリカからの書簡の清朝の官僚による翻訳なのか。 ⇒高原正之 「なぜUnited States を合衆国と訳したのか? 「衆」はどこから来たのか」 『大…
RT @DN_networks: 【拡散希望】コンテンツ消費における「オタク文化の独自性」の形成過程  一九八〇年代におけるビデオテープのコマ送り・編集をめぐる語りからhttps://t.co/ITNMS7eSdZ 4年前ですが電子公開になったのでこの機会にご笑覧ください。コマ…
RT @nekonoizumi: PDFあり。「合衆国」という訳語の起源考察。「合衆国」の初出は1844年、望厦条約の前段階のアメリカからの書簡の清朝の官僚による翻訳なのか。 ⇒高原正之 「なぜUnited States を合衆国と訳したのか? 「衆」はどこから来たのか」 『大…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒村岸純 , 佐藤裕亮 「災害資料としての『軍医学会雑誌』 ― 1896年明治三陸地震を例として ―」 『大正大学研究紀要』104 (2019-03-15) https://t.co/yw02bwv7dN
RT @BungakuReportRS: 佐藤 宗子 -  家庭における読書と「教養形成」 : 一九六〇年代偕成社・ポプラ社の少年少女向近代文学叢書を中心に https://t.co/L76pvXL1ms
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…
RT @saisenreiha: 宗教改革期に宣教が実際にどのように行われ、どんな効果を上げたかは、史料に残りにくくなかなか分からないのだが、再洗礼派の審問記録はその一端を知ることが出来る貴重な史料。ということで、科研費に関わる研究を、地道に進めている。https://t.co…
宗教改革期に宣教が実際にどのように行われ、どんな効果を上げたかは、史料に残りにくくなかなか分からないのだが、再洗礼派の審問記録はその一端を知ることが出来る貴重な史料。ということで、科研費に関わる研究を、地道に進めている。https://t.co/4yBLorAGpF
RT @schembart10: 早稲田大学のリポジトリからもダウンロード可能となってました! https://t.co/8siYwnfWma
早稲田大学のリポジトリからもダウンロード可能となってました! https://t.co/8siYwnfWma
RT @yearman: たぶん「ラジ」はキテレツ大百科のコロ助のナリと同じでコピュラの性質(「です」的)を持っているから「か」が後ろに続くというので説明できるのかなあと(コロ助のナリも疑問では「ナリか」)(定延利之2007「キャラ助詞が現れる環境」 https://t.co/…
RT @yearman: たぶん「ラジ」はキテレツ大百科のコロ助のナリと同じでコピュラの性質(「です」的)を持っているから「か」が後ろに続くというので説明できるのかなあと(コロ助のナリも疑問では「ナリか」)(定延利之2007「キャラ助詞が現れる環境」 https://t.co/…
RT @animemitarou: 全国267館の 大学附属図書館に 配架されております!! 有難いなぁ(^^) 『アニメ聖地巡礼の観光社会学 :コンテンツツーリズムの メディア・コミュニケーション分析 』 (岡本健著、法律文化社) https://t.co/dTMGNs…
J-STAGE Articles -源河達史「グラーティアーヌス教令集C.15q.1c.8のルブリカに関する一考察」法制史研究(2004年) https://t.co/U5MR5WSjJq 「近代的な基準に従ってkritischである、とはどういうことか。」
RT @negadaikon: みんなこれも読むんだ!CiNii 論文 -  メディア史とメディアの歴史社会学 https://t.co/mqTY9u0Po8 #CiNii
RT @negadaikon: みんなこれも読むんだ!CiNii 論文 -  メディア史とメディアの歴史社会学 https://t.co/mqTY9u0Po8 #CiNii
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒加藤聖文 「敗戦時における公文書焼却の再検討――機密文書と兵事関係文書――」 文学研究資料館紀要 アーカイブズ研究篇,50(15), (2019-03-15) https://t.co/MlqwS6Q6Jz
RT @negadaikon: CiNii 論文 -  史料としての雑誌 : 保存と活用のための論点整理 (特集 歴史史料としてのメディアを考える : メディア史料学の構築を目指して) https://t.co/efbDwKntTR #CiNii