著者
中平 勝子
出版者
早稲田大学
雑誌
早稲田教育評論 (ISSN:09145680)
巻号頁・発行日
vol.16, no.1, pp.109-124, 2002-03-31

今後社会を担うことになる学生に対してしかるべき情報処理教育を行い, 情報弱者にならないよう, また, 情報の正誤を判断できるための能力を育成することは重要である。本報告では, 文系女子大生に対して実習の各工程に電子化・電子教材を導入した情報処理教育を行い, 学生の実習における各工程での「電子化」が学生に与える学習効率を追跡調査した。情報表現のツールには, 一般的な表計算ソフトであるMicrosoftエクセルを用い, 数値情報の加工(素データ入力と簡単な計算処理による情報抽出)・表現(表・グラフによる表現, 数値による重要な情報抽出)技術を養うことをその目標とした。訓練を伴う授業展開を行うには, 履修している学生の実習結果をチェックしながら学生が理解し得なかった部分のフィードバックを常に教材や授業で取り上げる項目に反映させなければならない。ここでは, 学生が各テーマ実習時間内に理解し得なかったことを次週の実習時間内に再度取り上げるという工夫をこらすことによりフィードバックを常時心がけた。また, 講師が作成した電子教材に対する学生の実習内容や理解状況を蓄積・解析することにより教材に反映させた。
著者
志々田 文明
出版者
早稲田大学
雑誌
早稲田大学人間科学研究 (ISSN:09160396)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.129-141, 1994-03-25

Seizaburo Fukushima (1890-1950), a famous judo instructor, became involved in political activity after he met Kanji Ishihara, who was said to be the best strategist in the Japanese army. The author devised five questions to investigate why he changed and researched them using documents and firsthand accounts. Briefly, the results were as follows: 1. Fukushima was born in Kumamoto Prefecture. In 1920, after graduating from the bujutsu instructors' school he became a professor of the college of budo managed by the Dainihon Butokukai. He then became an influential budo instructor in the Kansai area and also a budo adviser at Kenkoku University in Manchukuo. 2. He was a man who practiced judo actively since his youth and was devoted to helping young people. He was impartial with his students, even with a Korean student who practiced karate, despite the racial discrimination of that era. 3. In 1936, Fukushima built a 80-mat judo training hall, the Giho-kai, where he taught students. At that time, he was an active supporter of a political movement known as the East Asia Union, under the guidance of Ishihara, despite the military police and ultra-rightists trying to suppress it. 4. He recommended his student Suguru Manda for the position of chief judo instructor at Kenkoku University and as a result had an indirect influence on the students of the judo club through Manda, because Manda sometimes invited them to his home to give them opportunities to listen to Ishihara's ideas. 5. Budo instructors generally tend to be conservative, because they are influenced by the traditional budo practice system in which great importance is attached to obedience to seniors. However, Fukushima and his friend Tatsukuma Ushijima, one of the strongest judo players of his era, became critical of their own lives and society after meeting Ishihara. Cases such as these tell us that if we attach importance to budo education in modern education, it is necessary that we try to foster a critical spirit in it, because traditionally it tends to lead to a passive acceptance of the status quo.
著者
岡安 孝弘 嶋田 洋徳 坂野 雄二
出版者
早稲田大学
雑誌
早稲田大学人間科学研究 (ISSN:09160396)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.23-29, 1992-03-25
被引用文献数
3 or 0

The purpose of this study was to develope the stress response scale for junior high school students, as a part of researches explaining school maladjustment. 670 junior high school students were required to estimate their recent moods, thoughts, and physical states for each of 68 items. Except for 68 students missing to fulfill all items, the data of 602 students were adopted for following analyses. As a result of factor analysis, four main factors -"irritated-angry affect", "physical response", "depressive-anxious feeling", and "cognition-thought of helplessness"- were extracted, ar-coefficients were enough high to support the high reliability of each factor. Furthermore, the results of analyses of variance on grade and gender revealed that the upper class students showed higher stress responses in "depressive-anxious affect" and "cognition-thought of helplessness", and that girls did in all factors except for "irritated-angry affect". For screening the students who tend to fall into school malajustments, further studies to examine the validity of this scale should be required.
著者
篠 弘
出版者
早稲田大学
巻号頁・発行日
1992

制度:新 ; 文部省報告番号:乙891号 ; 学位の種類:博士(文学) ; 授与年月日:1992/6/16 ; 早大学位記番号:新1817 概要書あり 付属資料:別冊2冊(86・111p):序論・追補
著者
常田 聡
出版者
早稲田大学
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

遺伝子的に同一の単一細菌種の細菌集団中であっても、ある一定の確率(約百万分の一)で増殖速度が通常より非常に遅いあるいは全く増殖しない細菌(休止細菌)の亜集団が生じることがわかってきた。抗生物質は細菌の増殖を標的として細胞を死に至らしめる。しかし、休止細菌は細胞増殖を行わないため、抗生物質の作用を受けず、複数種の抗生物質に対して寛容性を示し生存し続ける。休止細菌は増殖の抑制すなわち表現型の変異であるため、遺伝子型の変異である抗生物質耐性菌とは異なり、その性質は非遺伝性であり可逆的である。上記の性質から、休止細菌は臨床現場において抗生物質治療後の感染症再燃の原因となっている。申請者らは細菌細胞の増殖を標的とした世界初の休止細菌マーカー株を開発することに成功した。そこで、休止細菌マーカー株を利用して、休止細菌の分子機構解明を行うことを着想した。今年度は、休止細菌と増殖細菌で発現量が異なる遺伝子を網羅的に解析するため、マイクロアレイを用いた解析を行った。まず休止細菌マーカー株を用いてセルソーターによって休止細菌と増殖細菌を分離した。つぎに、両細菌集団の抗生物質抵抗性に差があることを確認した後、全RNAを抽出し、GeneChip(Affymetrix, Inc)を用いてトランスクリプトーム解析解析を行った。その結果、ピルビン酸を乳酸に変換するldhAの亢進が確認された。また、硫黄化合物や窒素化合物の還元酵素やトランスポーターの発現亢進も確認された。これらの結果は休止細菌が嫌気的な代謝を亢進させて生き残ることを示唆している。
著者
坂野 雄二
出版者
早稲田大学
雑誌
早稲田大学人間科学研究 (ISSN:09160396)
巻号頁・発行日
vol.2, no.1, pp.91-98, 1989-03-25
被引用文献数
30 or 0

General Self-Efficacy Scale (GSES) which was developed by Sakano and Tohjoh in 1986 is an instrument to measure the individual's strength of general self-efficacy across a variety of everyday life settings. However, GSES had some psychometric problems because it was standardized only with the data from a population which consists of students. The first purpose of this study was to collect GSES data .from adult population to know the distribution of GSES scores in adults, and to verify the reliability of GSES by psychometric evaluation. The second purpose was to verify the clinical validity of GSES by making it clear how GSES scores are changing successively according to the fluctuation of depressive symptoms. Psychometric evaluation by test-retest method, odd-even method and so forth suggested that GSES has well enough high reliability, and these results were consistent with those of Sakano and Tohjoh (1986). The successive change of GSES scores of depressive patients revealed that while GSES scores of depressive patients were in a very low state, they increased significantly according to the elimination of depressive symptoms. It revealed also that the correlation coefficients between GSES scores and rating scores of depressive symptoms were negatively high. It was suggested that the GSES has high reliability for adult population and considerably high discriminant validity for depressive symptoms and is enough potential for the clinical and research application.
著者
鈴木 晶夫 小貫 悟
出版者
早稲田大学
雑誌
早稲田大学人間科学研究 (ISSN:09160396)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.23-32, 1994-03-25
被引用文献数
2 or 0

There are many factors that have effects on facial recognition. We used adopted four kinds of "Noh" masks, "Waraijou", "Daikasshiki", "Shakumi", "Douji", to investigate the effects on facial recognition of changes in the angle of the view of the masks. This study investigated two points: the relation between the angle of the face of the "Noh" masks and the selection of emotional categories on facial recognition; and changes of impressions of the Noh Mask due to changes in the angle of the mask. The results of ANOVA showed statistically significant differences in conditions of the angle and the kind of "Noh" masks. The selection of emotional categories and the changes of impression on each "Noh" mask depend not only on the angle, but the combination of the kinds and the angle of view of the "Noh" mask.
著者
戸川 望
出版者
早稲田大学
巻号頁・発行日
1997

制度:新 ; 文部省報告番号:甲1172号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:1997-03-15 ; 早大学位記番号:新2409 ; 理工学図書館請求番号:2036
著者
中垣 恒太郎
出版者
早稲田大学
雑誌
早稲田教育評論 (ISSN:09145680)
巻号頁・発行日
vol.18, no.1, pp.97-109, 2004-03-31

児童文学の黄金時代とされる19世紀後半から20世紀はじめにかけての時代に書かれた冒険小説には,植民地主義のイデオロギーが介在しており,児童文学にはイデオロギーの「刷り込み」に近い政治的な側面もある。いわゆる未開の地への航海冒険物語は当時の少年読者の異文化への関心,冒険心をかきたてることにより隆盛を誇ったが,現在のポスト・コロニアリズムと称される文学研究の問題意識からは厳しく糾弾される要素である。しかしながら,児童文学は同時に避けがたく政治的なものであり,文学を制度として学ぶ「国語」教育に本質的に備わっている性質であるといえるのではないか。こうした現在の児童文学を取り巻く研究動向を受けて,本稿では,まず19世紀に開花したアメリカ児童文学の重要な作家,マーク・トウェインが近代日本にどのように移入されてきたかをたどることにより,日米の比較文化の観点を導入しつつ,明治大正の「制度としての教育」の中でどのように外国文化から日本の児童文学がもたらされていったのかを検討していきたい。
著者
中嶋 聖雄
出版者
早稲田大学
雑誌
研究活動スタート支援
巻号頁・発行日
2014-08-29 (Released:2014-09-09)

過去35年間(1979~2013年)に生産された中国映画についての生産データ――どのスタジオが単独あるいは共同で映画を製作したか――に関するデータベースを作成し、ネットワーク分析の方法を用いることによって、スタジオ共同製作のネットワーク構造の変化・不変化を明らかにすることをめざした。パイロット分析の結果、経済社会学的アプローチが予測するような、「繰り返し共同」のかたちをとった市場の「社会的構造化」――社会的権力(例えば、国有スタジオに対する政策上の優遇)や過去の取引の惰性的継続のような社会構造の存在――を示唆する結果が得られた。
著者
内藤 健
出版者
早稲田大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2002 (Released:2002-04-01)

通常、連続体力学(流体力学)では、数千個程度以上の分子群を巨視的にみて流体粒子と呼んで、その運動を記述している。生命体においそ、例えば、塩基分子の運動をみてみると、塩基の周囲に多数存在する水分子群と相互作用があるので、これらの分子群をひとつの仮想的な"粒子"と考えて、連続体力学によって分析することを試みた。まず本研究では、事前に、以下の知見を得て、それをキーとした。・塩基分子は大別して、プリンとピリミジンである。プリンのサイズはピリミジンの1.5倍程度である.塩基分子以外でも、例えば、細胞サイズにも分布があり、1.5倍程度までサイズに差異があることがある。そこで、サイズ比が1.5付近である理由とそのメカニズムの解明を目指した。その結果、・理論、コンピュータモデルと実験を総合すると、1.5付近が必ずしも最適というわけではなく、1.0〜約1.5の間で単純な優劣はつけにくい.このことが、サイズ比、つまり、分子種の多様性を生み出し、環境変化への対応能力をあげている.・様々なRNA分子の構造の必然性が明らかにされた.RNAの複雑なクローバー構造は、プリンとピリミジン塩基分子のサイズに由来している.・n次のルートnという数列のすべての値が1.0〜約1.5の間にあり、この数列で、生命に見られるサイズ比を表すことができる可能性がある.・この研究で対象としていた微生物研究の中から、80℃以上を好む好熱菌が同レベルの温度で作動する燃料電池で増殖する可能性が見出された。各種燃料電池材料の微生物劣化に関する評価法を提示するといったことなどの成果も生まれた.
著者
門前 進
出版者
早稲田大学
雑誌
早稲田大学人間科学研究 (ISSN:09160396)
巻号頁・発行日
vol.6, no.1, pp.19-28, 1993-03-25
被引用文献数
1 or 0

本研究の目的は,心理現象をとらえるとき,「対人緊張」,「興奮」,「主体の活動性」という三次元から捉える必要があるのではないかということを,血圧と心拍という生理的指標の観点から調べるために計画された.手続としては,音楽を聴いた前後で,各生理的指標が測定された.音楽として,テンポの速さが速い場合と遅い場合が設けられた.また,聴いていて快気分の生じる音楽と不快気分の生じる音楽が用いられた.コントロール群としては,ジェイコブソンのリラクセイション技法の筆者による簡略版が用いられた.結果の整理として,各生理指標の実験前の値をもとに,高群と低群に被験者が分けられた.結果としては,どの指標においても,高群は低群よりも減少を示した.心拍数に関しては,遅い快群は速い快・不快群よりも減少した.遅い不快群は,他の音楽群に比べ,少し異なる傾向を示した.リラクセイション群では,脈圧値の変化に関して,音楽群と比べ,高群,低群に関して逆の傾向を示した.これらのことから,音楽は対人緊張を低下させ,さらに興奮をも低下させることが見出された.快・不快に関しては,緊張,興奮の次元とは異なる次元で影響していると考察された.
著者
濱野 吉生
出版者
早稲田大学
雑誌
早稲田大学人間科学研究 (ISSN:09160396)
巻号頁・発行日
vol.9, no.1, pp.9-17, 1996-03-25

In the domain of sports activity, the notion of what constitutes a Legal Human Agent is divided into two broad categories: the first comprises those people who wish to maintain and improve their health and promote friendship through their sporting activities. Such people are ordinary citizens, who are subject to Civil law. The second category comprises those who willingly tolerate physical and mental injury to themselves or their opponents as a result of their sporting activities. Such people aspire to surpass others by means of strenuous efforts towards this end. Aware of the possibility even of death as a result of their activities, they nevertheless assume total responsibility for such an outcome should it eventuate. Such people differ from ordinary people in their behavioral characteristics and views concerning responsibility and the notion of Legal Human Agent. The nature of the relationships such people enter into is obviously different from those of ordinary people, which under the Civil law should be free, inviolable and mutually equal. Nowadays, one of the most important issues in Sports Law is how to interpret and apply the legal relations of participants in various sports activities. In this paper, several accidents which occurred in the course of mountaineering are considered from the point of view of the legal relations and legal liability of the mountaineers involved. It was concluded that such problems should be considered in the context of the right to personal autonomy which, under the Constitution, ensures that an individual's life and behavior should be determined by the individual. and not by the Law of Tort.
著者
藤巻 和宏
出版者
早稲田大学
雑誌
若手研究(A)
巻号頁・発行日
2008 (Released:2008-04-01)

複数の寺院や図書館等で、中世南都の宗教的事象に関わる文献資料類の調査をおこなったが、調査データを整理し、活用してゆく際に、「宗教言説史」という枠組みを構築することを目指していた。これは、文学・史学・宗教学…といった近代的な学問分類に束縛されることなく対象を取り扱うために必要な作業であり、未完成ながらも、この三年間である程度の方向性を示すことができたと考えている。