著者
奥野 武志
出版者
早稲田大学
巻号頁・発行日
2011

制度:新 ; 報告番号:甲3266号 ; 学位の種類:博士(教育学) ; 授与年月日:2011/2/26 ; 早大学位記番号:新5570
著者
尾澤 重知 江木 啓訓 森 裕生
出版者
早稲田大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

ポスター発表は、研究発表において用いられる方法の一つである。本研究では、効果的なポスター発表方法を学ぶための学習プログラムと、その支援システムを開発し、学部教育や大学院の教育実践の中で評価を行うことが目的である。学習プログラムは、「事前準備」「発表」「事後の振り返り」それぞれの段階で開発し、申請者が卒業論文指導を行っている学部学生21名に試行した。支援システムは、実際のポスターサイズ(A0サイズ相当)が表示可能な大型プロジェクタを用いて構築し、発表者とオーディエンスの視点の相違や共通点を、アイトラッキング(視線追跡)やウェラブルカメラを用いて評価できるようにした。授業実践を対象とした質的研究の結果、ポスター発表指導における支援システムの有効性を確認することができた。とくに、オーディエンスのポスター発表の視線の遷移を発表者に意識させることで、ポスター発表内容の構造化を促しやすくなった。また、卒業研究の構想発表を行う学生(学部3年)にとっては、ポスター発表の準備そのものが研究構想の明確化につながることも明らかにした。2016年1月に21名が、ポスター形式で卒業研究発表もしくは卒業研究の構想研究の発表を行い、実際の発表を対象にポスター発表の評価方法の検討を行った。オーディエンスの行動及び発話の質的分析の結果、発表者がいかにオーディエンスの質問を引き出すかによって、内容に対する理解度が異なる可能性を明らかにした。ポスターの構造が明確であることはもちろん、①リサーチクエスチョンがオーディエンスにとって理解しやすいこと、②発表者が「問い」と「解」を発表の中で繰り返すか、オーディエンスの質問を引き出すこと、③オーディエンスの「誤読」に適切に対処することの重要性を明らかにすることができた。
著者
荻野 友範
出版者
早稲田大学
巻号頁・発行日
2011

制度:新 ; 報告番号:甲3403号 ; 学位の種類:博士(文学) ; 授与年月日:2011/7/20 ; 早大学位記番号:新5725
著者
井田孝平 訳
出版者
早稲田大学
巻号頁・発行日
1925
著者
中平 勝子
出版者
早稲田大学
雑誌
早稲田教育評論 (ISSN:09145680)
巻号頁・発行日
vol.16, no.1, pp.109-124, 2002-03-31

今後社会を担うことになる学生に対してしかるべき情報処理教育を行い, 情報弱者にならないよう, また, 情報の正誤を判断できるための能力を育成することは重要である。本報告では, 文系女子大生に対して実習の各工程に電子化・電子教材を導入した情報処理教育を行い, 学生の実習における各工程での「電子化」が学生に与える学習効率を追跡調査した。情報表現のツールには, 一般的な表計算ソフトであるMicrosoftエクセルを用い, 数値情報の加工(素データ入力と簡単な計算処理による情報抽出)・表現(表・グラフによる表現, 数値による重要な情報抽出)技術を養うことをその目標とした。訓練を伴う授業展開を行うには, 履修している学生の実習結果をチェックしながら学生が理解し得なかった部分のフィードバックを常に教材や授業で取り上げる項目に反映させなければならない。ここでは, 学生が各テーマ実習時間内に理解し得なかったことを次週の実習時間内に再度取り上げるという工夫をこらすことによりフィードバックを常時心がけた。また, 講師が作成した電子教材に対する学生の実習内容や理解状況を蓄積・解析することにより教材に反映させた。
著者
志々田 文明
出版者
早稲田大学
雑誌
早稲田大学人間科学研究 (ISSN:09160396)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.129-141, 1994-03-25

Seizaburo Fukushima (1890-1950), a famous judo instructor, became involved in political activity after he met Kanji Ishihara, who was said to be the best strategist in the Japanese army. The author devised five questions to investigate why he changed and researched them using documents and firsthand accounts. Briefly, the results were as follows: 1. Fukushima was born in Kumamoto Prefecture. In 1920, after graduating from the bujutsu instructors' school he became a professor of the college of budo managed by the Dainihon Butokukai. He then became an influential budo instructor in the Kansai area and also a budo adviser at Kenkoku University in Manchukuo. 2. He was a man who practiced judo actively since his youth and was devoted to helping young people. He was impartial with his students, even with a Korean student who practiced karate, despite the racial discrimination of that era. 3. In 1936, Fukushima built a 80-mat judo training hall, the Giho-kai, where he taught students. At that time, he was an active supporter of a political movement known as the East Asia Union, under the guidance of Ishihara, despite the military police and ultra-rightists trying to suppress it. 4. He recommended his student Suguru Manda for the position of chief judo instructor at Kenkoku University and as a result had an indirect influence on the students of the judo club through Manda, because Manda sometimes invited them to his home to give them opportunities to listen to Ishihara's ideas. 5. Budo instructors generally tend to be conservative, because they are influenced by the traditional budo practice system in which great importance is attached to obedience to seniors. However, Fukushima and his friend Tatsukuma Ushijima, one of the strongest judo players of his era, became critical of their own lives and society after meeting Ishihara. Cases such as these tell us that if we attach importance to budo education in modern education, it is necessary that we try to foster a critical spirit in it, because traditionally it tends to lead to a passive acceptance of the status quo.
著者
岡安 孝弘 嶋田 洋徳 坂野 雄二
出版者
早稲田大学
雑誌
早稲田大学人間科学研究 (ISSN:09160396)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.23-29, 1992-03-25
被引用文献数
3 or 0

The purpose of this study was to develope the stress response scale for junior high school students, as a part of researches explaining school maladjustment. 670 junior high school students were required to estimate their recent moods, thoughts, and physical states for each of 68 items. Except for 68 students missing to fulfill all items, the data of 602 students were adopted for following analyses. As a result of factor analysis, four main factors -"irritated-angry affect", "physical response", "depressive-anxious feeling", and "cognition-thought of helplessness"- were extracted, ar-coefficients were enough high to support the high reliability of each factor. Furthermore, the results of analyses of variance on grade and gender revealed that the upper class students showed higher stress responses in "depressive-anxious affect" and "cognition-thought of helplessness", and that girls did in all factors except for "irritated-angry affect". For screening the students who tend to fall into school malajustments, further studies to examine the validity of this scale should be required.
著者
篠 弘
出版者
早稲田大学
巻号頁・発行日
1992

制度:新 ; 文部省報告番号:乙891号 ; 学位の種類:博士(文学) ; 授与年月日:1992/6/16 ; 早大学位記番号:新1817 概要書あり 付属資料:別冊2冊(86・111p):序論・追補
著者
常田 聡
出版者
早稲田大学
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

遺伝子的に同一の単一細菌種の細菌集団中であっても、ある一定の確率(約百万分の一)で増殖速度が通常より非常に遅いあるいは全く増殖しない細菌(休止細菌)の亜集団が生じることがわかってきた。抗生物質は細菌の増殖を標的として細胞を死に至らしめる。しかし、休止細菌は細胞増殖を行わないため、抗生物質の作用を受けず、複数種の抗生物質に対して寛容性を示し生存し続ける。休止細菌は増殖の抑制すなわち表現型の変異であるため、遺伝子型の変異である抗生物質耐性菌とは異なり、その性質は非遺伝性であり可逆的である。上記の性質から、休止細菌は臨床現場において抗生物質治療後の感染症再燃の原因となっている。申請者らは細菌細胞の増殖を標的とした世界初の休止細菌マーカー株を開発することに成功した。そこで、休止細菌マーカー株を利用して、休止細菌の分子機構解明を行うことを着想した。今年度は、休止細菌と増殖細菌で発現量が異なる遺伝子を網羅的に解析するため、マイクロアレイを用いた解析を行った。まず休止細菌マーカー株を用いてセルソーターによって休止細菌と増殖細菌を分離した。つぎに、両細菌集団の抗生物質抵抗性に差があることを確認した後、全RNAを抽出し、GeneChip(Affymetrix, Inc)を用いてトランスクリプトーム解析解析を行った。その結果、ピルビン酸を乳酸に変換するldhAの亢進が確認された。また、硫黄化合物や窒素化合物の還元酵素やトランスポーターの発現亢進も確認された。これらの結果は休止細菌が嫌気的な代謝を亢進させて生き残ることを示唆している。
著者
坂野 雄二
出版者
早稲田大学
雑誌
早稲田大学人間科学研究 (ISSN:09160396)
巻号頁・発行日
vol.2, no.1, pp.91-98, 1989-03-25
被引用文献数
30 or 0

General Self-Efficacy Scale (GSES) which was developed by Sakano and Tohjoh in 1986 is an instrument to measure the individual's strength of general self-efficacy across a variety of everyday life settings. However, GSES had some psychometric problems because it was standardized only with the data from a population which consists of students. The first purpose of this study was to collect GSES data .from adult population to know the distribution of GSES scores in adults, and to verify the reliability of GSES by psychometric evaluation. The second purpose was to verify the clinical validity of GSES by making it clear how GSES scores are changing successively according to the fluctuation of depressive symptoms. Psychometric evaluation by test-retest method, odd-even method and so forth suggested that GSES has well enough high reliability, and these results were consistent with those of Sakano and Tohjoh (1986). The successive change of GSES scores of depressive patients revealed that while GSES scores of depressive patients were in a very low state, they increased significantly according to the elimination of depressive symptoms. It revealed also that the correlation coefficients between GSES scores and rating scores of depressive symptoms were negatively high. It was suggested that the GSES has high reliability for adult population and considerably high discriminant validity for depressive symptoms and is enough potential for the clinical and research application.
著者
鈴木 晶夫 小貫 悟
出版者
早稲田大学
雑誌
早稲田大学人間科学研究 (ISSN:09160396)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.23-32, 1994-03-25
被引用文献数
2 or 0

There are many factors that have effects on facial recognition. We used adopted four kinds of "Noh" masks, "Waraijou", "Daikasshiki", "Shakumi", "Douji", to investigate the effects on facial recognition of changes in the angle of the view of the masks. This study investigated two points: the relation between the angle of the face of the "Noh" masks and the selection of emotional categories on facial recognition; and changes of impressions of the Noh Mask due to changes in the angle of the mask. The results of ANOVA showed statistically significant differences in conditions of the angle and the kind of "Noh" masks. The selection of emotional categories and the changes of impression on each "Noh" mask depend not only on the angle, but the combination of the kinds and the angle of view of the "Noh" mask.
著者
戸川 望
出版者
早稲田大学
巻号頁・発行日
1997

制度:新 ; 文部省報告番号:甲1172号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:1997-03-15 ; 早大学位記番号:新2409 ; 理工学図書館請求番号:2036