著者
幸田 国広
出版者
[出版者不明]
巻号頁・発行日
2007

制度:新 ; 文部省報告番号:甲2519号 ; 学位の種類:博士(教育学) ; 授与年月日:2008/3/15 ; 早大学位記番号:新4652
著者
宮崎 毅
出版者
筑波大学大学研究センター
雑誌
大学研究 (ISSN:09160264)
巻号頁・発行日
no.18, pp.61-80, 1998-03

今日のわが国の諸問題は社会の工学化や複雑化により、科学技術のさらなる発展がなければ対処し難いものが増えてきつつある。そのため今後もさらなる科学技術水準の向上と発展は ...
著者
片桐 史裕 Fumihiro KATAGIRI
出版者
上越教育大学
雑誌
上越教育大学教職大学院研究紀要 = Bulletin of Teaching Profession Graduate School Joetsu University of Education (ISSN:2187882X)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.47-54, 2017-02-28

古典作品の世界を味わい,感じとるために,作品理解のための授業の後に,群読を用いた音声言語よる表現の時間を設けた。文章解釈が中心の高等学校国語科古典授業の中で,授業進度を他の担当者と合わせている場合,表現の時間を設けることは,解釈の時間を削って充てなければならないということになる。群読のシナリオを全て作らせることはとても時間がかかったり,人前で発表する場合は恥ずかしさのあまりすぐに発表できなかったりして,時間が無為に過ぎることがよくある。しかし,作品の一部分のシナリオを作成することにしたり,ICレコーダーに録音する発表方法を採用することにより,1時間の授業ながら効果のある群読授業をおこなうことができた。また,ICレコーダーで録音し,自らの作品を聞くことにより,学習の成果を客観的にふりかえることができた。
著者
村瀬 香 MURASE Kaori
出版者
名古屋大学農学部附属演習林
雑誌
名古屋大学森林科学研究 (ISSN:13442457)
巻号頁・発行日
vol.22, pp.27-47, 2003-12

特定のアリ種に巣場所と栄養体を提供する代わりに植食者からの防衛をその共生アリに委ねている。東南アジア熱帯に分布するオオバギ属のアリ植物の4種、M.winkleri, M.trachyphylla, M.beccariana, M.bancana を対象に、どのような生態学的要因がアリ植物-共生アリ間の種の組み合わせの特異性を高めているのかということについて実証的に明らかにするために本研究は行われた。これら4種が分布している、マレーシア国サラワク州ランビルヒルズ国立公園とその近隣の二次林において、すべての観察・実験が行われた。In the tropics, many species of plants have mutualistic symbiosis with ants. The myrmecophytism is a typical mutualism between plants(myrmecophytes) and ants. Macaranga (Euphorbiaceae) is a tree genus of approximately 280 species, and includes many obligate myrmecophytic species. Macaranga myrmecophytes provide nest sites and food (food bodies) for their symbiont ants; in turn, the plant-ants protect their host plants from herbivores and clinging vines. One species of Macaranga myrmecophyte has a symbiotic relationship exclusively with only one or two ant species that are specialized to colonize the myrmecophyte or a few Macaranga species, including it. In some localities, multiple Macaranga myrmecophytic species coexist in the same microhabitat ; the spatial distributions of mature trees of such sympatric Macaranga species are highly overlapped at a microhabitat scale. However, the species-specificity in the partnership of the Macaranga-Crematogaster myrmecophytism has been highly maintained there. In this study, first, we examined the mechanisms that maintained such high species-specificity in Macaranga-Crematogaster myrmecophytism. As a key process that is involved in the mechanisms, we focused on settling-plant selection of the partner Macaranga seedlings by single foundress Crematogaster. The field observation showed that foundress queens are able to select correctly their partner plant species, and thus that species-specificity is consequently through the settling-plant selection. However, a number of Macaranga myrmecophytes were observed to be settled by foundress queens of non-partner ants, which settled into stem internodes of Macaranga seedings of sympatric Macaranga myrmecophytes species in the field. This means that settling-plant selection by foundress queen is insufficient to maintain the high species-specificity. Therefore, we hypothesized that the higher mortality in ant colonies and plants that are colonized by the ant species that are not specific to the plants might complementarily maintain the species-specificity. Second, to test the hypothe sis, we experimantally swapped the partner species of symbiont ants between the three Macaranga myrmecophyte species and monitored the survival rates of the plants and ant colonies. The results support the hypothesis. When queens of a ant species that is non-specific to a plant species were forced to colonize the seedlings of the plant, the mortality rates were significantly higher than those when they colonized seedlings of the other plant species to which the ant species is specialized. Third, to examine the intraspecific variation in the status of the ant-plant symbiosis among microhabitats of different light conditions, we investigated the species composition of nesting ants and the herbivory damage on M.bancana saplings by field observation and sampling in the primary and secondary forests in Sarawak. In addition, the effectiveness of non-ant (physical and chemical) defenses were estimated by feeding the larvae of a polyphagous lepidopteran with M.bancana leaves from saplings in the two types of forests. The results suggest that the symbiosis between ants and M.bancana is looser and the non-ant-defenses are stronger in secondary forests, where light is more intense, than in primary forests.
著者
板橋 孝幸 岩本 廣美 河本 大地
出版者
奈良教育大学
雑誌
奈良教育大学紀要. 人文・社会科学 (ISSN:05472393)
巻号頁・発行日
vol.67, no.1, pp.1-15, 2018-11-30

This paper studies local learning activities in school education in remote rural areas and clarify their problems and possibilities. A case study was conducted in Kunigami Village and Ogimi Village located on northern part of Okinawa Island, Japan. Both villages have totally different approaches to local learning, which is affected by differences in local education systems.
著者
張 沢良
巻号頁・発行日
2018-03

Supervisor:飯田 弘之
著者
富田 恭介
出版者
愛知教育大学保健体育講座
雑誌
愛知教育大学保健体育講座研究紀要 (ISSN:13468359)
巻号頁・発行日
vol.42, pp.72-75, 2018-03-26

平成29年度 修士論文 抄録
著者
小澤 笑理子
出版者
早稲田大学国文学会
雑誌
国文学研究 (ISSN:03898636)
巻号頁・発行日
vol.161, pp.76-79, 2010-06-15
著者
樋口 隆一
出版者
明治学院大学藝術学会
雑誌
明治学院大学藝術学研究 = Meiji Gakuin University Art Studies (ISSN:18802745)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.1-18, 2015-07-31

【最終講義/Last Lecture】
著者
崎山 理 Osamu Sakiyama
出版者
国立民族学博物館
雑誌
国立民族学博物館研究報告 = Bulletin of the National Museum of Ethnology (ISSN:0385180X)
巻号頁・発行日
vol.36, no.3, pp.353-393, 2012-02-27

日本語は,北方のツングース諸語および南方のオーストロネシア語族の両文法要素を継承する混合言語である。日本語の系統もこの視点から見直そうとする動きがすでに始まっている。これまでに発表したいくつかの拙稿では日本語におけるオーストロネシア系語源の結論部分だけを述べたものが多かったが,本稿では音法則を中心とした記述に重点を置き,意味変化についても民俗知識に基づいた説明を行った。引用語例は筆者がすでに述べたものも含まれるが,多くは本稿で初めて提示するものである。他者によって言及されている語源説についてはその妥当性を検討した。また,論述の過程において,日本語音韻史でこれまで隔靴掻痒の感が否めなかったハ行・ワ行歴史的仮名遣いの表記上の問題点を摘出した。