著者
山田 悦子
出版者
北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 = Research Faculty of Media and Communication, Hokkaido University
雑誌
メディア・コミュニケーション研究 (ISSN:18825303)
巻号頁・発行日
vol.71, pp.187-203, 2018-03-26

北海道大学現代日本学プログラムは、高等教育の国際化の流れの中で、日本の大学の正規学生として留学生を受け入れる日本学専攻の4年間の学士課程として設立された。第一期生が2014年10月に予備課程を、2015年4月より学士課程を開始し、当稿執筆時点の2017年11月で既に第四期生が予備課程を開始している。日本語を教育言語とする日本の大学の学士課程では、留学生の受け入れに際して障壁になると言われている「教育言語」の問題は大きく、入学時点で求められる高いレベルの日本語力がネックとなっていると言われている。またグローバル30の枠組みで多く作られた英語を教育言語とする学士課程では、日本に長期間滞在しながらも日本語力を身につけないまま大学卒業となり、日本での就職も難しいという問題があった。現代日本学プログラムはこの言語の障壁の解決も視野におき、日本語、英語の双方を教育言語とするバイリンガルプログラムとしての可能性を追求する方向で設置された。当稿ではこの現代日本学プログラム学士課程入学前の半年間の予備課程で取り入れた自律学習クラスの開発について述べる。筆者は2014年度秋学期より予備課程日本語コースの授業を担当し、2015年度より予備課程日本語コースコーディネーターとしてカリキュラム開発の試行錯誤を重ねてきた。それらの反省を交えながら今後のより一層の改善を目指し、自律学習に焦点を当てて以下に記すこととする。なお、当稿は「実践報告」に近い性質の「報告」として執筆した。
著者
栗山 正光
出版者
日本図書館情報学会
雑誌
日本図書館情報学会研究大会発表論文集 (ISSN:21879990)
巻号頁・発行日
vol.64, pp.7-10, 2016

Sci-Hubという学術論文違法共有サイトが議論を呼んでいるが、その利用者は世界中に広がっており、日本からも多くのアクセスがあることが明らかになっている。本研究では公開されているSci-Hubのログ・データの中から、日本からのアクセス・データを抽出し、分析した。その結果、地理的には東京からのアクセスが6割を占め、一極集中の様相を呈していること、また、アクセスが集中する特定の日が見られること、ダウンロードが多い出版社などは世界的な傾向と一致することなどが判明した。
著者
江畑 冬生
出版者
北海道大学文学研究科
雑誌
北方言語研究 (ISSN:21857121)
巻号頁・発行日
vol.7, pp.23-33, 2017-02-15

This paper examines difference in phonology and morphosyntax between the two cognate languages, Sakha and Tyvan. It is concluded that the two languages differ in a consistent way. First, Sakha exhibits regularity in its phonological rules (the nasal alternation of suffix-initial consonants, the accent rule, and the vowel harmony rule) while Tyvan shows some exceptions under the apparently same rules. In other words, the regularity in Sakha phonological rules is interpreted as 'leveling'. Secondly, Sakha grammatical elements tend to be explicit or obligatory in such morphosyntactic properties as 3rd person plural subject marking, dative marking for goal, the adverbializing suffix, accusative marking, marking for juxtaposed noun phrases, and existential predicate. It is likely that the regularity in Sakha phonology and the obligatoriness in Sakha morphosyntax are obtained through language contact with the neighboring Tungusic languages.
著者
利用者サービス担当
出版者
三重大学附属図書館
雑誌
学塔 (ISSN:09158804)
巻号頁・発行日
no.140, 2018-04

メイプル館に「サポートエリア」誕生! / Twitter始めました!! / 特集1 環境・情報科学館&図書館 / 特集2 授業やレポートに必要な図書の探し方 /ここから広げよう!!各学部の先生からのオススメ本 / 教員執筆寄贈図書リスト / 電子ブックアクセスランキング / News!春の図書館ツアーを開催します! / ブックロウのPick upコーナー
著者
黒岩 将 安本 慶一 村田 佳洋 伊藤 実
出版者
一般社団法人情報処理学会
巻号頁・発行日
2013-03-12

合コン(お見合いパーティ)では,できるだけ多くのカップルを成立させたいという要求が発生する.本論文では,合コン結果から,カップルが成立しやすい男女の属性情報の組(好相性と呼ぶ)を,進化計算を用いて求めることで,理想的な合コンメンバ(合コン参加者名簿)を決定するシステムを提案する.提案システムでは,男女の属性情報の組を進化計算の解集団(初期個体群)としてシステムに持たせ,合コンでのカップル成否を解の評価値(適応度)としてフィードバックしながら,好相性を表現する準最適解集団の獲得を目指す.提案システムの実現には,複数の好相性の同時探索,様々な参加者による多数の合コンの実施が必要である.これらの課題を解決するため,進化計算の新しい選択法,過去の合コン結果の新たな解評価への再利用法を考案した.提案システムを評価するため,カップルになった男女の属性情報を解としてそのまま利用する比較手法を用意し,計算機シミュレーションにより比較を行った.結果,提案手法が,比較手法に比べて,半分の合コン実施回数で,約2倍のカップル成立数を達成できることを確認した.
著者
多田 泰紘
巻号頁・発行日
2015-06-16

アカデミックスキルセミナー 論文・レポート執筆とプレゼン発表へ向けた 研究の始め方・進め方セミナー.2015年6月16日(火), 北海道大学附属図書館, 札幌市
著者
増田 美子
雑誌
学習院女子短期大学紀要 (ISSN:02863928)
巻号頁・発行日
no.30, pp.11-34, 1992-12-25
著者
中村 健一
出版者
小樽商科大学
雑誌
商学討究 (ISSN:04748638)
巻号頁・発行日
vol.43, no.3/4, pp.369-385, 1993-03-15
著者
富山大学国際交流センター
出版者
富山大学国際交流センター
雑誌
富山大学国際交流センターニュース = CIER NEWS
巻号頁・発行日
vol.9, pp.1-4, 2018

Page1:思い出 Page2-3:学生からのメッセージ(SIRIPORN PHUTTHATIRAPHAP「初めての富山で」,竹内勝哉「留学後の生活」,松田靖子「国際線ターミナルにいます」,CHULASATIT SAKONH「富山での留学生生活Page4:国際交流センター掲示板(五福キャンパス)
著者
入來 正躬 Masami IRIKI
出版者
東京女子医科大学学会
雑誌
東京女子医科大学雑誌 (ISSN:00409022)
巻号頁・発行日
vol.63, no.1, pp.48-55, 1993-01-25