翻訳するポット⚗ (@potpotkettle)

投稿一覧(最新100件)

「言語=コミュニケーション道具」説の裏返しみたいな話。物語だと、一度目には何となくしか分からないけど、最後まで読んでから読みなおすと裏の意味がわかる、という言いかたがよくありますね。(「ディスコミュニケーションの成功」) https://t.co/8f1pV4giEk

1 0 0 0 OA 連濁について

漢語や外来語は基本的に連濁しない……が「株式会社」「赤ゲット」「イロハガルタ」は例外的に定着してありらしい https://t.co/WtkJnAU7Lg
ついでに 「セーフティとセキュリティの区別」(1994) https://t.co/66WAebf9IA 「セーフティとセキュリティ」(2016) https://t.co/v26AntXhTy あたりを見るとセーフティは簡単に言… https://t.co/ezC5RWj5zt
ついでに 「セーフティとセキュリティの区別」(1994) https://t.co/66WAebf9IA 「セーフティとセキュリティ」(2016) https://t.co/v26AntXhTy あたりを見るとセーフティは簡単に言… https://t.co/ezC5RWj5zt

2 0 0 0 独逸日記

@biochem_fan https://t.co/i6qDjfcioX を見るかぎり、国会図書館にあるのは戦後に出版されたもののようですね。書かれた時期との年代差からして、きっと著作権が存続中の解説がついていたりするのではないでしょうか。
RT @potpotkettle: 書簡体小説について調べていたら、電子掲示板の『電車男』と書簡体について論じている論文が見つかった。どちらも読者の読む体験とキャラクターの体験とのあいだに透過性がある、という。台詞とも回想とも違って、肉声に近いんですよね。 山田仁『書簡体小説…
嗅覚の記憶喚起(俗にプルースト効果)というのは心理学的には正確ではなく、嗅覚はむしろ記憶ではなく情動との結びつきがあるそうです。つまり、記憶が鮮明になるのではなく、鮮明なように感じられる、と。(綾部早穂・菊地正「ニオイの記憶に関す… https://t.co/2cZf9YKAFy

6 0 0 0 OA 哲学字彙

「metaphysics」「形而上学」のソースです(井上哲次郎・有賀長雄『哲学字彙』(1884)) https://t.co/wfmcL8ojAO https://t.co/KZi0sOJS4F
RT @potpotkettle: "ローリングがブラック家の三姉妹に、自分の尊敬するイギリス生まれの作家、ジェシカ・ミットフォードの伝記を反映させ、ヴォルデモートにヒットラーを、「死喰い人」にナチスの歴史を象徴させていることは、既に何人もの研究者が指摘している" ミットフォー…
1歳(12カ月〜)程度だと、人・体の部位・食べ物・衣類など、まず身近にあって指示しやすそうなものの名前を言えるようになるのが典型的らしい。(「つき」については音素的に「Moon」よりむずかしそう、というのもあるかと思った)… https://t.co/VCxv3BeeZN
関連して発達言語能力(BICS:basic interpersonal communicative skills)と学力言語能力(CALP:cognitive/academic language proficiency)という概念… https://t.co/B4CCEKQw8Z
「clearing」という英単語がありまして https://t.co/L0TQEX5MDw 「伐採」系の英語訳としてよく使われているようで https://t.co/OKxzI4aAKG 何となく、伐採して木がなくなった場所、と… https://t.co/uRKmXuxyOR
書簡体小説について調べていたら、電子掲示板の『電車男』と書簡体について論じている論文が見つかった。どちらも読者の読む体験とキャラクターの体験とのあいだに透過性がある、という。台詞とも回想とも違って、肉声に近いんですよね。 山田仁… https://t.co/UYOzml9TfI

7 0 0 0 OA 隠語辞典

「こすめる」(化粧する)って古い俗語らしいけど、生きのこっていたり再発明されても不思議じゃない感じがする https://t.co/BHGVHDaW2J https://t.co/iRSIfXXAC9
千野栄一『プラハの古本屋』 スラヴ語学者千野栄一氏のエッセイ集はどれもいいですが、これはチェコやオーストリア(ウィーン)の昔の書店風景がわかる一冊。ロシア語が英語とならぶ共通語として書かれているのは、中欧の地域性とともに、冷戦の時… https://t.co/Gfe19K4ERi
Zermelo–Fraenkel が日本語でもよく「ZF」と書かれるのに、Runge-Kuttaはそれほどでもないのは、やっぱりつづりと発音が簡単で略す意味があまりないからでしょうか https://t.co/poTvGKr8zn
昔(といっても昭和50年くらい)の論文だと、手書きのがけっこうありますけど、これいまやったら、やっぱり受理されないんですか https://t.co/8PkeQRvIpb https://t.co/MfdbwnOQX2
ところで、現代では「高等遊民」という単語が、就職しない人・したくない人・したくなくなった人、に対して使われるきらいがありますが、古い用例を見ると、就職難問題(つまり就職する意思はあるができない人)と関連づけられるものも見られます。… https://t.co/ZwHQZSywyo

1 0 0 0 OA 怪?奇?百億円

「大日本高等遊民救済院と云ものを建設するんです」(略) 「そんな能無し猿の乞食連中を養ってどうなさるんです」(略) 「それは全く無条件で養うてやります。どうせ遊民なんですから、(略)使えるたって甘く使えるもんじゃありませんから、最… https://t.co/WrowAbF7qp
the Cardinal Sins(七つの大罪)について調べていたら、マニラ大司教を務めたシン枢機卿(Cardinal Sin)という人物が実在することを知って驚愕 https://t.co/UinRnqY4gI
「公式が発表した」というようなときの「公式」っていう名詞はだれがいつはじめたんですか。わりと新しい気がする。そしていまだにちょっとスラングっぽい。 https://t.co/gah3ILdng5

3 0 0 0 OA 英語箋前編

bondsman 地人 チニジン  これは「農奴」かな? mediator ナカダチ、ナカマ  「仲間」に「仲介」の意味があったの? https://t.co/4KvmSNHphf https://t.co/fgU2mOVaO1
vocal fry、ぱっと見た感じ、日本語の定訳がないですね。(「ヴォーカルフライ」などはある) https://t.co/3vy2nzdKUo
脳については「言語機能」という言いかたが多いかもしれないけど、一応こういうのがあった 脳科学による言語処理メカニズム解明研究 : 言語習得と保持・喪失 https://t.co/ekA21l2KfO
尾崎秀実1944年死刑なので著者の著作権はもう失効したはずだけど、国立国会図書館デジタルライブラリーでは確認がまだの状態ですね。編者の校訂が入ってるからか? https://t.co/v8oEGZMyZk
@farben209 https://t.co/3IMi8kV7Hu あ、ラテン語でした(オランダ語は「ベソアル Bezoal」)
「万葉集には多数の字余り歌があるが、 そのほとんどは、 下線部のように句中に単独の母音音節を含んでいて、 前接音とともに一つの韻律単位を構成している」 https://t.co/72aUjOCRhH 高山倫明『音節構造と字余り論』… https://t.co/O2hN9YB52b
「難化の二乗」という仏教用語?を見つけたどたぶん関係ない 望月海淑「法華経における女人成仏に就いて」 https://t.co/NNhpEqOhSL https://t.co/odF5XEMG8s
坂田 薫子 英米文学研究,50,71-89 (2015-03-20) https://t.co/qGq2ngOM9X https://t.co/evIjrKl8tG
"ローリングがブラック家の三姉妹に、自分の尊敬するイギリス生まれの作家、ジェシカ・ミットフォードの伝記を反映させ、ヴォルデモートにヒットラーを、「死喰い人」にナチスの歴史を象徴させていることは、既に何人もの研究者が指摘している"… https://t.co/nmW4PhaYfc
「ファム・ファタル」は早くから英語の語彙に入っていたのに、忌わしいことばだったためなかなか辞書に収録されなかったそうで。Concise Oxford Dictionary では1976年版が初だったとか (上村盛人「スウィンバーン… https://t.co/0c6BH2dOTC

3 0 0 0 OA 俗語大辞典

@piyo_kacho ありがとうございました。罵倒語なのか、そこまでではないのかが気になりますね。 集文館『俗語大辞典』にも「にくみののしる」とありました。 https://t.co/heV1EHa3Ak
フィクションではなさそうな「事件簿」として、見出し「民事事件簿」の下に「民事事件の帳簿は書式第五号に従い之を作る」(高橋節夫編『地方裁判所書記規則』)という用例がありましたが、そういう話ではない?… https://t.co/UiL6f6Qrbn
RT @KijimaTaizo: 4枚カード問題、日本でもこちらの柴田淑枝さんという方が1996年の段階で研究史の詳しいサーベイ論文を書かれていて、とてもためになります。 その1:1966-1979年 https://t.co/4TqoPfXvIn その2:1980-1988…
RT @KijimaTaizo: 4枚カード問題、日本でもこちらの柴田淑枝さんという方が1996年の段階で研究史の詳しいサーベイ論文を書かれていて、とてもためになります。 その1:1966-1979年 https://t.co/4TqoPfXvIn その2:1980-1988…
RT @KijimaTaizo: 4枚カード問題、日本でもこちらの柴田淑枝さんという方が1996年の段階で研究史の詳しいサーベイ論文を書かれていて、とてもためになります。 その1:1966-1979年 https://t.co/4TqoPfXvIn その2:1980-1988…
昔の人は「月」に土地があると分かっていたのか。「月に住むうさぎ」の伝説でもある程度広がりのある場所として「月」をイメージしていたように思われます https://t.co/SA9X63Anfs アイヌの伝説でも、帰ってこれない遠く… https://t.co/RG0mR95O6D

お気に入り一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  異類婚姻譚の「異類の妻」と「異類の夫」 https://t.co/jDsYOyrm1f #CiNii この話、ちょうどこいつを読んだところでタイムリーだったが、そもそも異類婚説話において男性と女性の立場は… https://t.co/LdmBHGx2De
“文献複写と著作権 (薬学図書館 15(1), 25-28, 1970)” https://t.co/PQOQvL0iku
キリル文字を作ったと伝承されるコンスタンティノス・キュリロスについての伝記史料は「コンスタンティノス一代記」としてciniiに翻訳が上がっている。その存在を知ったときは訳者に大変感謝したものであった。 https://t.co/UVvEv6o3DA

フォロー(581ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @LockSchloss: CiNii 論文 -  古代日本語の「不定詞」 https://t.co/QfQjywPkUq
CiNii 論文 -  古代日本語における異文化の要素 : 南島神話と日本神話の固有名詞にみられる後置修飾表現 https://t.co/eOIvRxZTQ4
CiNii 論文 -  古代日本語の「不定詞」 https://t.co/QfQjywPkUq
CiNii 論文 -  古代地名伝説(a)型結語考 : 訛・語源意識の源流をさぐる https://t.co/4FN5a1cQ3i
童蒙単語字尽重宝記 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/GQL7Uh8xQ8
RT @call_of_history: やはり「島ケルト」についてもまとめなければいけませんね・・・と思いつつ言及すべきハードルの高さにしり込みしている今日この頃ではあります。この論文読むだけでも大分イメージ変わるのでお勧めです。 田中美穂『「島のケルト」再考』2002 h…
CiNii 論文 -  脳科学と共存する言語理論は可能か? https://t.co/Wu04ouYkF9
RT @BungakuReportRS: 田中 敏生 -  『万葉集』の副助詞サヘ ―上代における〈周縁波及性〉の意義の確認 ― https://t.co/p4GaNiQV3V
RT @coJJyMAN: 偏微分方程式を数値計算で解くための差分化を考えることに疲れた。。 初めから安心して扱える差分化に方向転換してみようかな。 連続から離散へ 可積分系の差分化 早稲田大学理工学部 広田良吾 https://t.co/t5O8XCB1yz
RT @coJJyMAN: 偏微分方程式を数値計算で解くための差分化を考えることに疲れた。。 初めから安心して扱える差分化に方向転換してみようかな。 連続から離散へ 可積分系の差分化 早稲田大学理工学部 広田良吾 https://t.co/t5O8XCB1yz
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 入園からクラス替えに至る幼稚園児の様子--保育者の視点から見たクラスに「なじむ」ことと子どもの発達(大野 和男),2010 http://t.co/VzbPAEz506
@oikawamaru 農薬において、甲殻類への影響の評価を含む水産基準値の設定、というのが進んでるようだというのが以下からわかるんですが、これはアメリカザリガニの増え方に影響あるでしょうか。ぼくはこの方面の行政の素人なのであまり… https://t.co/1c5Jz1g1C2
RT @ursus21627082: 学生同士の恋愛関係については極力立ち入らない方針をとっている。理由は様々あるし人それぞれの倫理観があろうが、例えばこの論文の基礎データでは調査対象大学生の平均交際期間は15ヶ月。在学中に分かれるカップルが大半なのだ先生は何も知らん顔してない…
@Biz_Sakuma @keithnavy それっぽいのを見つけたけど、その方面の実務の素人には状況がよくわからないです。ただ、農薬において「水産基準値」の設定が逐次進められていること、その中に甲殻類への影響の評価が含まれてるこ… https://t.co/x753IFIh4D
RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】中村・三浦(2019) 「2者から異なる方向に説得される状況での被説得者の認知資源と態度変容プロセスの関連の検討」 https://t.co/TYrkhW2sQX
RT @wackunnpapa: KAKEN — 研究課題をさがす | 公共図書館の多様な活動を評価する統合的指標の開発 (KAKENHI-PROJECT-19H04428) https://t.co/bKln4DNBDs
RT @Tychotom: というかもうゲーム関係なくマハーバーラタ研究者の前川輝光さんの論考がめっちゃ面白くてファンになってしまった…「カルナ論」「クリシュナ論」「アルジュナ論」の全てが公開PDFで読めるのでインド叙事詩を贅沢に楽しめた感 このクリシュナ論とかすげーオススメ…
RT @MB_20012: 音声分析変換合成法STRAIGHTの再構築について https://t.co/kptXfxSihy
RT @MB_20012: リアルタイム音声分析合成エフェクターCHERRY PIEの実装 https://t.co/4gPGw7KhLQ
CiNii 論文 -  有時管見 : 道元の時間論とB系列の時間論 https://t.co/Gr2pEG6Siv
CiNii 論文 -  古代語の「ての」について https://t.co/w38wStZWhB
CiNii 論文 -  本居宣長の俗語訳論―徂徠・景山の系譜から― https://t.co/pGquvQtrHb
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(6月分)】ワーキングメモリトレーニングと流動性知能――展開と制約―― 本文:https://t.co/23MjoLvgzA 日本語アブストラクト:https://t.co/zwFNTOLOlW

4 3 3 0 OA 詩経詳解

RT @viewfromnowhere: https://t.co/FGAR0vU0yH なんか いきなり 「バカ」と かきこみが あった。 https://t.co/O6sLrC7int

3 2 2 0 OA 新訳徒然草

RT @okjma: 『新譯徒然草』、漢訳である。 国会デジコレには正誤表みえず。 https://t.co/Q35eezZP5E https://t.co/Gw8PXQzB9C
RT @kobakaz_jp: 和文の総説「ドジョウの倍数性とクローン,それらの特殊な生殖様式」 https://t.co/N4w5GhiK8f そもそも雑種由来(A系統とB系統とする)の3倍体で、ゲノム構成はAABとABBの2タイプ存在し、配偶子形成時にはAAB個体はAをも…
RT @QUANTA_in_Math: @hayashiyus ご存知だとは思いますが,昔,独立成分分析(ICA)が流行った頃の文献で,比較的すぐに読めて情報幾何的な解説があり,自然勾配法に関する話が出てきます。 https://t.co/CJwJ69uHne 白色化で思い出し…
RT @ceptree: この事件がきっかけと思われる論文にvivioでのテトロドトキシンのアコニチン(トリカブトの毒)への影響の報告例がないと書かれててまじかとなった。 > However, there are no reports on the influence of…

フォロワー(817ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @LockSchloss: CiNii 論文 -  古代日本語の「不定詞」 https://t.co/QfQjywPkUq
CiNii 論文 -  古代日本語における異文化の要素 : 南島神話と日本神話の固有名詞にみられる後置修飾表現 https://t.co/eOIvRxZTQ4
CiNii 論文 -  古代日本語の「不定詞」 https://t.co/QfQjywPkUq
CiNii 論文 -  古代地名伝説(a)型結語考 : 訛・語源意識の源流をさぐる https://t.co/4FN5a1cQ3i
CiNii 論文 -  脳科学と共存する言語理論は可能か? https://t.co/Wu04ouYkF9
RT @BungakuReportRS: 田中 敏生 -  『万葉集』の副助詞サヘ ―上代における〈周縁波及性〉の意義の確認 ― https://t.co/p4GaNiQV3V
RT @coJJyMAN: 偏微分方程式を数値計算で解くための差分化を考えることに疲れた。。 初めから安心して扱える差分化に方向転換してみようかな。 連続から離散へ 可積分系の差分化 早稲田大学理工学部 広田良吾 https://t.co/t5O8XCB1yz
RT @coJJyMAN: 偏微分方程式を数値計算で解くための差分化を考えることに疲れた。。 初めから安心して扱える差分化に方向転換してみようかな。 連続から離散へ 可積分系の差分化 早稲田大学理工学部 広田良吾 https://t.co/t5O8XCB1yz
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 入園からクラス替えに至る幼稚園児の様子--保育者の視点から見たクラスに「なじむ」ことと子どもの発達(大野 和男),2010 http://t.co/VzbPAEz506
@oikawamaru 農薬において、甲殻類への影響の評価を含む水産基準値の設定、というのが進んでるようだというのが以下からわかるんですが、これはアメリカザリガニの増え方に影響あるでしょうか。ぼくはこの方面の行政の素人なのであまり… https://t.co/1c5Jz1g1C2
@Biz_Sakuma @keithnavy それっぽいのを見つけたけど、その方面の実務の素人には状況がよくわからないです。ただ、農薬において「水産基準値」の設定が逐次進められていること、その中に甲殻類への影響の評価が含まれてるこ… https://t.co/x753IFIh4D
RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】中村・三浦(2019) 「2者から異なる方向に説得される状況での被説得者の認知資源と態度変容プロセスの関連の検討」 https://t.co/TYrkhW2sQX
CiNii 論文 -  有時管見 : 道元の時間論とB系列の時間論 https://t.co/Gr2pEG6Siv
CiNii 論文 -  古代語の「ての」について https://t.co/w38wStZWhB
CiNii 論文 -  本居宣長の俗語訳論―徂徠・景山の系譜から― https://t.co/pGquvQtrHb
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(6月分)】ワーキングメモリトレーニングと流動性知能――展開と制約―― 本文:https://t.co/23MjoLvgzA 日本語アブストラクト:https://t.co/zwFNTOLOlW

4 3 3 0 OA 詩経詳解

RT @viewfromnowhere: https://t.co/FGAR0vU0yH なんか いきなり 「バカ」と かきこみが あった。 https://t.co/O6sLrC7int

3 2 2 0 OA 新訳徒然草

RT @okjma: 『新譯徒然草』、漢訳である。 国会デジコレには正誤表みえず。 https://t.co/Q35eezZP5E https://t.co/Gw8PXQzB9C
RT @kobakaz_jp: 和文の総説「ドジョウの倍数性とクローン,それらの特殊な生殖様式」 https://t.co/N4w5GhiK8f そもそも雑種由来(A系統とB系統とする)の3倍体で、ゲノム構成はAABとABBの2タイプ存在し、配偶子形成時にはAAB個体はAをも…
RT @ceptree: この事件がきっかけと思われる論文にvivioでのテトロドトキシンのアコニチン(トリカブトの毒)への影響の報告例がないと書かれててまじかとなった。 > However, there are no reports on the influence of…