著者
碓田 智子 西岡 陽子 岩間 香 谷 直樹 増井 正哉 中嶋 節子
出版者
大阪教育大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2008

全国の町並み保存地区等でみられるイベント型の屏風祭りとひな祭りを主対象に現地調査を積み重ね、町家や町並みの空間利用とまちづくりとの関わりについて検討を行った結果、以下の研究成果が得られた。1)イベント型の屏風祭りは、伝統的祭礼に由来するものである。屏風は町家の座敷に展示されることが多く、見物人はふだん見ることができない町家内部の居住空間を訪問し、住民と交流を深める機会を得やすい。曳山祭礼とは別の日程で開催、曳山祭礼と同日に行うが祭礼行事としての色彩はないもの、曳山祭礼の一環として実施する場合を比較すると、伝統的な曳山祭礼とは切り離して行われる方が、まちづくり活動としての色彩が強い。2)全国約120カ所でひなまつりイベントが行われ、とくに平成10年以降、歴史的ストックを活用した町並み回遊型のタイプが急増している。行政の手に寄らず、雛祭り実行委員会など、住民主体の組織によって開催されているものが半数近くを占める。ひな祭りイベントは、手作り雛や小物の雛人形でも参加でき、店先や玄関先、住宅の外部空間での展示も可能である手軽さが、住民が参加しやすい点である。3)まちづくりとしてのひな祭りや屏風祭りは観光資源として有用で町の活性化に寄与していることは勿論であるが、日常的な居住の場である町家や町並みが、外部からの来訪者にとっては魅力的なものであること、同時に貴重な歴史遺産であることを地域住民自身に意識させる機会になっている点で評価できる。
著者
三浦 要一 増井 正哉
出版者
社団法人日本家政学会
雑誌
日本家政学会誌 (ISSN:09135227)
巻号頁・発行日
vol.56, no.5, pp.317-328, 2005-05-15

Using the Ochiai District of Higashiiyayama Village in Tokushima Prefecture, this paper discusses how the plans of farmhouses and the living styles of the inhabitants have changed in mountain districts. Ochiai is situated in a remote mountainous area. The steep slopes of the mountainsides were cleared and farmhouses were built in a way that complements the unique landscape of the surrounding farmlands. We found quite a few farmhouses whose history could be traced back to the Edo period. Plans of those houses could be classified into two categories. It was found that, while the houses still maintained many traditional aspects or characteristics, most had been remodelled considerably by adding lavatories, baths and other modern facilities as well as constructing entrance and remodelling rooms. The authors also studied the temporal attributes and the effect of social demands as the reasons that the residents decided on additions and alterations of their farmhouses, most of remodelling took place between 1975 and 1985 when the occupants were reported to change their vocation.
著者
戸祭 由美夫 平井 松午 平川 一臣 木村 圭司 増井 正哉 土平 博 澤柿 教伸 小野寺 淳 財城 真寿美 澤柿 教伸 宮崎 良美
出版者
奈良女子大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2010-04-01

幕末の蝦夷地には、ロシア帝国をはじめとする列強の進出に備えるため、幕府の箱館奉行所をはじめ、東北諸藩による陣屋・囲郭が軍事施設として沿岸各地に建設された。本研究は、そのような軍事施設を研究対象として、歴史地理学・地図学・地形学・気候学・建築学の研究者が共同研究チームを組んで、古地図・空中写真・数値地図・気象観測資料といった多様な資料や現地調査によって、とりわけ蝦夷地南西部に主たる焦点を当てて、それら軍事施設と周辺部の景観を3次元画像の形で復原した。
著者
宮内 杏里 山本 直彦 増井 正哉 田中 麻里 パント モハン 濱岡 飛鳥 向井 洋一
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.82, no.731, pp.93-103, 2017

&nbsp;This paper aims to discuss the areal extent and spatial structure of neighborhood, called <i>tol</i>, which possibly demarcate urban fabric with respect to worship and funeral procedure. Bhaktapur is known as one of the historic cities of the World Heritage Site in Kathmandu Valley. The analysis focuses on the house distributions that have the common votary area of the guardian deities' shrine and the use of the same crossing for funeral procedure.<br>&nbsp;A <i>tol</i> is one of the traditional neighborhood units. But it is not clear how <i>tols</i> are structured and what <i>tols</i> have in common. First, we take a look into the existing studies on origin and outline of a <i>tol</i>, and pay special attention to the following two studies. A research done by Pant (2001) has taken the approach that the key to consider a <i>tol</i> is the areal extent of worship to the guardian deities, <i>ganesh</i>. Another research done by Gutschow (1975) has claimed that the clue to determine <i>tol</i> boundaries is the ways of the Dead to crematories. It consider a <i>tol</i> as equivalent to the areal extent of use of the same <i>chwasa</i> which is a stone found often at the crossings on the way to crematories from the diseased houses.<br>&nbsp;<i>Ganesh</i> is often considered as a guardian deity at various neighborhood levels. That of a <i>tol</i> is called Tol Ganesh. A Tol Ganesh is normally placed on the main square in a <i>tol</i>, except when there is a presence of a more prominent deity of wider importance in the main square. People in the same <i>tol</i> usually worship the same Tol Ganesh. We find out that those living urban dwellings in located on both sides of a street worship to the same Tol Ganesh, but the depth of its areal extent on one side of a street seems shallow than the other side.<br>&nbsp;<i>Chwasa</i> is an aniconic ritual artifact made of a single stone placed on the crossing. Various articles left by the diseased are disposed on the stone as a part of the funeral procedures, for example clothes, umbilical cord or inauspicious belongings of the dead. We found 7 <i>chwasas</i> in the case-study area to the east of Dattatraya square. However the inhabitants in the peripheral part of the old city do not use these <i>chwasas</i> but use the temples or the crematories outside the city area. People living in the midst of the city area after disposing articles of the dead on <i>chvasa</i> also use the temples afterwards.<br>&nbsp;Next we compare the areal extent of worship to Tol Ganesh with that of use of <i>chwasa</i>. Whether or not a <i>ganesh</i> shrine and <i>chwasa</i> are closely placed will determines overlapping extent of both votary areas. However it became clear that the areal extent of use of <i>chwasa</i> have the same character with that of worship to Tol Ganesh in terms of <i>Ryogawa-cho</i> structure explained below and the difference in horizontal depth perpendicular to the street.<br>&nbsp;Finally, our suevey located <i>tol</i> boundaries in the eastern part of Bhaktapur. It turned out that there were 2 types of <i>tol</i> boundaries. i.e. the more common type whose boundaries lying on the backside of houses (<i>Ryogawa-cho</i> type), and the other one with boundaries lying on the street (<i>Katagawa-cho</i> type). Compering these three boundaries, (Tol Ganesh, <i>chwasa</i> and <i>tol</i>), <i>Katagawa-cho</i> type <i>tol</i> boundaries seem to be an exception. But we will try to find particular meaning in them in the next paper on historic urban formation.
著者
谷 直樹 中嶋 節子 増井 正哉 岩間 香 西岡 陽子
出版者
大阪市立大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
1997

本研究は、祭礼時の町家および街路空間を中心としたハレの日の演出に着目して、その現状を詳細に調査し、聞き取りや文献研究によって、歴史的変遷を明らかにすることを目的に進めてきた。調査期間は、平成9年度、10年度の2年間で、現地調査は本調査・補足調査を含めて近江日野祭、越前三国祭、京都祇園祭、大阪天神祭、小浜放生会、近江大津祭、京都鞍馬祭、丹波亀岡祭、伊賀上野天神祭で実施した。現地調査にあたっては、建築班・街路班・民俗班・美術班を編成して総合的な調査分析を試みた。町家・町会所でのお飾りの実測調査、街路空間における演出要素の分布調査、祭礼の建営母胎や準備状況についての聞き取り調査、屏風の作品調査等を行った。また、祭礼関係絵図、地誌、町の共有文書などの資料を収集することによって、歴史的変遷を解明した。以上の調査研究によって、神事や山車を中心にしたものが主流であった従来の祭礼研究に、町家や街路の演出手法についての新たな知見を加えることができた。その概要は次の4点に要約できる。(1) 両側町という比較的閉鎖的な都市空間では、軒庇を利用した幔幕、提灯の飾りが定型になっている。(2) 町並みを構成する町家はふだんは閉鎖的であるが、祭礼時には通りに向かって開放的になり、展示空間として機能している。(3) 町会所や当番の町家では、山車の懸装品等が展示され、コミュニティ施設にふさわしいハレの演出が見られる。(4) 祭礼時の空間演出の研究は、民家史研究や住生活史研究のみならず、歴史を活かしたまちづくりを進める上で、建築計画学、都市計画学においても大きな意味をもつものといえる。報告書は、総論として建築・都市、美術史、民俗の3つの視点から分析を行い、事例報告で鞍馬祭、天神祭、大津祭、日野祭、亀岡祭、上野天神祭、小浜放生会、三国祭を紹介した。