著者
吉永 進一 安藤 礼二 岩田 真美 大澤 広嗣 大谷 栄一 岡田 正彦 高橋 原 星野 靖二 守屋 友江 碧海 寿広 江島 尚俊
出版者
舞鶴工業高等専門学校
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2008

本研究では、仏教清徒同志会(新仏教徒同志会)とその機関誌『新佛教』に関して、基礎的な伝記資料を収集しつつ、多方面からモノグラフ研究を進めた。それにより、新仏教運動につながる進歩的仏教者の系譜を明らかにし、出版物、ラジオ、演説に依存する宗教運動という性格を分析した。新仏教とその周辺の仏教者によって、仏教の国際化がどう担われていたか、欧米のみならず他のアジア諸国との関係についても論証した。
著者
岡田 正彦
出版者
日本宗教学会
雑誌
宗教研究 (ISSN:03873293)
巻号頁・発行日
vol.92, no.2, pp.31-53, 2018-09-30 (Released:2018-12-30)

明治政府は、神祇官復興や神仏分離に象徴される神道国教化政策を展開するが、廃仏毀釈による各地の混乱や教化政策の停滞によって方向転換し、明治五年には教部省のもとで仏教や儒教を取り込んだ大教院が設立される。しかし、「神主仏従」の教化政策は、真宗の大教院分離運動を招き、明治八年に大教院は解体されることになる。本稿では、こうした大教院の教説に対する仏教側の不満を色濃く反映する事例の一つとして、明治七年(一八七四)に出版された、花谷安慧『天文三字経』を取りあげ、これまで仏教側の大教院批判の言説としては注目されなかった、須弥山説に基づく国学的宇宙像の批判について考察したい。安慧は、仏教と儒教・神道の宇宙像の一致を主張する一方で、キリスト教/西洋の宇宙像に影響された平田篤胤の国学的宇宙像を厳しく批判する。こうした平田派国学の位置づけは、当時の大教院の教説と仏教思想の軋轢を色濃く反映しているのではなかろうか。
著者
岡田 正彦
出版者
一般社団法人 日本生体医工学会
雑誌
医用電子と生体工学 (ISSN:00213292)
巻号頁・発行日
vol.13, no.6, pp.356-359, 1975-12-30 (Released:2011-03-09)
参考文献数
7
被引用文献数
1

Software techniques for solving two problems in monitoring the electrocardiograms of critically ill patients are described in this Paper.(1) Logical filter for detection of a QRS complex : High frequency components are centered around the peak-points of a QRS complex and the waveform is roughly symmetrical with respect to a vertical line through.the peak-point. These characteristics of the QRS complex are utilized in designing the filter. This filter distinguishes the QRS complex well from other parts of electrocardiograms and various noises.(2) Pattern recognition of a QRS complex with correlation coefficient : One typical QRS complex is selected and designated as “templet”. Subsequent QRS complexes are compared with this “templet” one by one. The degree of similarity to the “templet” is evaluated by a correlation coefficient. Without accurate detection of a QRS duration, 10 points before and after the peak of R-wave respectively (totalling 20 points) are regarded as one QRS complex (sampling rate : 250 points/second). Our method makes it possible to recognize ectopic beats automatically even if noises exist to some extent.