1 1 1 0 OA 中級写真術

著者
加藤直三郎 著
出版者
アルス
巻号頁・発行日
1921
著者
高木 絢加 谷口 彩子 駒居 南保 村 絵美 永井 元 森谷 敏夫 永井 成美
出版者
日本栄養・食糧学会
雑誌
日本栄養・食糧学会誌 (ISSN:02873516)
巻号頁・発行日
vol.67, no.1, pp.19-25, 2014

炭酸水の口腔内刺激 (清涼感) に着目し, 炭酸水の飲水が実体温をどの程度変化させるのか, その反応は炭酸の口腔内刺激のみでも起こるのかどうかを明らかにするために, 等温・等量の炭酸水と水を用いた飲用試験と偽飲 (Sham-feeding;SF) による口腔内刺激のみの試験を行った。炭酸水の飲水 (炭酸水) , 水の飲水 (水) , 炭酸水の偽飲 (炭酸水SF) , 水の偽飲 (水SF) の4試行をrandomized crossover designで実施した。前夜10時より絶食した若年女性13名に, 室温を26℃に保持した実験室で異なる日の朝9時にサンプル (15℃, 250 mL) を負荷した。心電図 (心拍数, 心拍変動) をサンプル負荷前20分間および負荷後40分間測定し, 深部体温 (鼓膜温) , 末梢体温 (足先温) を高感度サーモセンサーで連続測定した。鼓膜温は水・炭酸水ともにSFでは変化せず, 飲水で一過性に低下した。足先温は, 飲水 (水, 炭酸水) で約2.5-3℃低下し, 水SFでは約1℃の低下であったのに対し炭酸水SFでは約2.5℃の低下を認めた。心拍数は, 炭酸水, 炭酸水SFで負荷直後に一過性に上昇した。結果より, 炭酸水の口腔内刺激 (味, 炭酸刺激) のみでも足先温や心拍数を変化させることが示された。
著者
小松 和彦 コマツ カズヒコ
雑誌
井上円了選集
巻号頁・発行日
vol.21, pp.449-463, 2001-05-20
著者
日隈 正守
出版者
鹿児島大学
雑誌
鹿児島大学教育学部研究紀要. 人文・社会科学編 (ISSN:03896684)
巻号頁・発行日
vol.66, pp.1-13, 2014

本論文では,日向・大隅・薩摩三箇国に亘る島津荘域の中で,大隅国内において国衙・国一宮(大隅国正八幡宮)と島津荘との間に対立関係があることを具体的な事例を通して指摘した。国衙・国一宮と島津荘との間に対立関係が生じた理由を島津荘立荘時に遡って考察し,島津荘立荘者平季基の大隅国府焼き討ち事件とその結果が国衙・国一宮と島津荘との対立の原因であることを解明した。
著者
高森 順子 諏訪 晃一
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.54, no.1, pp.25-39, 2014 (Released:2014-08-29)
参考文献数
14

阪神・淡路大震災の体験についての手記を集め,その一部を出版した「阪神大震災を記録しつづける会」の手記集には,読み手があらかじめ想定していた震災体験の典型には収まらない体験も含めた,多様な体験が収録されている。その理由を,手記集の成立過程を踏まえて考察した。「震災」という出来事と個人の体験は互いに影響し合う関係にある。加えて,一般に,手記集に収められた手記の内容は,ある特定の目的に適う内容に収斂される傾向がある。従って,通常,手記集を通じて多様な体験を残すことには困難が伴う。それにもかかわらず,「記録しつづける会」の手記集に多様な体験が収録されている理由は,編集者と手記執筆者の対話によって,それぞれの手記,そして手記集が共同構築されたからである。さらに,手記を共同構築することは,手記執筆者が,創られた震災像に抗いながら体験を再構築することであり,そのことを通じて,典型的な被災者像とは異なる「災害体験者」が成立する。これらの考察を踏まえ,最後に,手記集を媒介として災害体験の伝承を行うことが,伝承活動を行う人々の連帯を創り,災害体験のより豊かな伝承の一助となることを指摘した。
著者
根岸 淳二郎 萱場 祐一 塚原 幸治 三輪 芳明
出版者
一般社団法人 日本生態学会
雑誌
日本生態学会誌 (ISSN:00215007)
巻号頁・発行日
vol.58, no.1, pp.37-50, 2008-03-30 (Released:2016-09-16)
参考文献数
139
被引用文献数
7 or 0

軟体動物門に属するイシガイ類二枚貝(イシガイ目:Unionoida)は世界各地の河川や湖沼に広く生息し国内では18種が報告されている。特に流水生の種は土地利用の変化や河川改修の影響で国内外種ともにその生息範囲の縮小および種多様性の低下が懸念されている。これまで国内でイシガイ類に関する様々な優れた知見が蓄積されているが、その多くが基礎生態の観点から行われたものである。特に北米地域では高いイシガイ類の種多様性(約280種)を背景にして、基礎から応用にいたる様々な有用な研究事例が報告されており、イシガイ類の分布に影響を与える環境条件として、洪水時における生息場所の水理条件や、宿主魚類の分布が重要であることが明らかにされつつある。また、その生態的機能も評価され、底生動物群集や水質に大きな影響を持つ可能性も指摘されている。既往のイシガイ類二枚貝に関する生態学的研究の整理から、国内では、稚貝の生態や餌資源等に関する基礎的研究、さらに好適生息場所環境条件や生態的機能等に関する応用的側面からの研究が不十分であることが明らかになった。イシガイ類を介して成立する陸水生態系全体の保全のためこれらの分野における研究の進展が必要であることを示した。
著者
FUSAO ISHIHARA
出版者
The Anthropological Society of Nippon
雑誌
Journal of the Anthropological Society of Nippon (ISSN:00035505)
巻号頁・発行日
vol.63, no.4, pp.121-127, 1954-03-27 (Released:2008-02-26)
被引用文献数
1 or 0

Studies have been made since 1949 on 201 white American-Japanese and 66 Negro-Japanese hybrids in the Tokyo area and in Kanagawa Prefecture. They were all under six years of age, and their mothers were invariably Japanese. The results are as follows:(1) Blood type. The figures for B and O types respectively stand about halfway, between the corresponding figures for the two races. The racial blood index of the white American-Japanese is 2.93, showing a European type, while that of unmixed Japanese stands at 1.35 and is consistently Asiatic. The racial serologic point of the hybrids, as Figure 1 shows, stands at about the midpoint between the two races (Table 1). (2) Dermatoglyphs. Hybrids show the middle percentage of the pattern of two races (Table 2 and 3). (3) Color of skin. By comparison with Hintze's Color Table, we have ascertained that, the skin of the American-Japanese hybrids is 13% whiter than that of unmixed Japanese, and is 2.4% less white than that of white race. Namely in color, it is very near to that of whites and is almost devoid of the characteristic yellowish shade (Table 5). (5) Color and form of hair. About half (52.2%) of the American-Japanese hybrids have black hair, and 11% blond hair. The hair of 60% of the American-Japanese hybrids is straight and that of 14% slightly curled. On the whole, the hair is more wavy in form thanit is intermediate between the two races. (6) Color of iris. A majority (88%) of the American-Japanese hybrids possess a black iris, with only a minority (0.4%) having a bluiush one. It is concluded that the black color of iris is one of the most dominant hereditary factors of the Japanees race in crosses involving the white race (Table 6). (7) Mongolian fold. The Mongolian fold is found in 21.8% of the hybrid children as much as the ratio of Japanese children having the fold at the same age is 23% (Table 7). (8) Stature and weight. An examination of stature and body weight of hybrid children shows that they are about the same as Japanese children in both measurements, but are smaller and lighter than white children. The cephalic index tends near to that of white children. The curve of the nose index and the facial index transverse an intermediate zone between the ranges of both races. (9) Mental tests and deformities. The intellingence quotients are a little lower -by 5 on the average- than comparable figures for Japanese natives. In all there have been three cases of hernia, one case of syndactylism, three cases of idiocy. It is believed that such deformities have been caused through the various operation during the pregnancy.
著者
田中 克明
出版者
日本臨床麻酔学会
雑誌
日本臨床麻酔学会誌 (ISSN:02854945)
巻号頁・発行日
vol.31, no.2, pp.347-352, 2011 (Released:2011-05-02)
参考文献数
14

灌流指標Perfusion Index(PI)とはマシモ社のパルスオキシメータRadical-7TMで計測可能な末梢灌流の定量的な指標であり,脈波変動指標Pleth Variability Index(PVI)とはPIの呼吸性変動をもととした循環血液量の動的指標である.従来の動的指標は侵襲的で測定が煩雑であったが,PVIは非侵襲的で測定が簡便であり,実用性が期待されている.一方で痛みや呼吸状態,測定部位の違いなどにより,PI・PVIの測定値は大きく影響される.今後,基礎的・臨床的データの蓄積が進めば,PI・PVIのモニタリングは麻酔中の血行動態の最適化に大きく寄与するものと考えられる.
著者
Areeya Jirathananuwat Krit Pongpirul
出版者
Japan Society for Occupational Health
雑誌
Journal of Occupational Health (ISSN:13419145)
巻号頁・発行日
vol.59, no.5, pp.385-393, 2017-09-20 (Released:2017-09-28)
参考文献数
47

Introduction: Physically active (PA) people have a lower risk of various diseases, compared to those with sedentary lifestyles. Evidence on the effects of PA promoting programs in the workplace is large, and several systematic reviews (SR) and/or meta-analyses (MA) have been published. However, they have failed to consider factors that could influence interventions. This paper aimed to classify and describe interventions to promote PA in the workplace based on evidence from SR/MA. Method: A literature search for SR/MA was done using PubMed, Web of Science, and Science Direct (January 2006-February 2015). Quality assessment of SR/MA was performed using AMSTAR. The PRECEDE-PROCEED model was used for classifying the interventions into predisposing, enabling, reinforcing, environment, and policy domains of focus. Results: Eleven SR/MA included 220 primary studies, of which 139 (63%) were randomized controlled trials. Of 48 interventions identified, 22 (46%) and 17 (35%) focused on predisposing or enabling employees to have more PA, respectively. Of the 22 predisposing factors, 6 were information delivery, 5 were self-motivation, and 11 were program training. The enabling approaches were 12 instrument resources and 5 health service facilities. The reinforcing approaches were 4 incentive and 3 social support. The remaining interventions focused on the environmental development and policy regulation. Conclusions: This systematic meta-review classified interventions using appropriate framework and described the intervention pattern.