著者
佐藤 真理子 王 佳琪 青木 識子
出版者
一般社団法人 日本家政学会
巻号頁・発行日
pp.220, 2018 (Released:2018-07-28)

【目的】近年,多様性社会への取り組みが進む中,性的少数者(LGBT)への理解は深まりつつあるが,制服における画一的な男女差等,衣服分野でLGBTの人々に十分対応できていない現状がある.本研究では,男性用体型補正インナーに着目し,男性同性愛者の体型に関する意識,体型補正インナーに求める要素等を明らかにすると共に,市場の体型補正インナーの快適性・機能性を検討し,LGBTの人々の衣環境における質向上への寄与を目指した.【方法】男性同性愛者26名(26±6才)と異性愛者26名(21±3才)を対象に,体型意識,インナーに求める要素等の調査を行った.また,市販されている体型補正インナーの着用効果と着用快適性を検討するため,三次元計測と官能評価を行った.【結果】アンケート調査の結果,男性同性愛者の体型意識において,自身については異性愛者と差はなかったが,恋愛対象に求める体型は筋肉体型が8割近くを占めた.体型補正インナーの認知度,着用希望共に,同性愛者で高い割合を示した.三次元計測の結果,体型補正インナーは一般インナーに比べ,肩先点下5cmで約105%,チェストラインで約110%周径が増大し,三角筋,大胸筋を模擬した状態が実現できており,官能評価においても,体格がより良く見えるとの申告が得られた.しかし,肌触り,筋肉パッドの擦れ等の評価が低く,着用快適性の改善が今後の課題と考えられる.
著者
遠藤 剛 古荘 義雄 山田 修平
出版者
近畿大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2013-04-01 (Released:2013-05-21)

隣接するトリ・テトラカルボニル化合物が水およびアルコール類と可逆的に付加ー脱離反応を起こすことを利用して、これらを架橋剤として用いることで水酸基含有のポリマーであるエチレングリコールやポリビニルアルコール等の多価アルコールのネットワークポリマーを構築できた。さらに、ネットワーク化により得られたゲルに水を加えると解架橋が進行し、原料のポリマーを収率よく回収することができた。
著者
仲山 進也
出版者
日経BP社
雑誌
日経ネットビジネス (ISSN:13450328)
巻号頁・発行日
no.104, pp.114-117, 2002-11

「なぜ配信停止が多いのだろう」「うまく書けない」「売り上げにつながらない」─。メールマガジンを発行している企業の間で、そんな声をよく聞きます。今回は、「売れる」メールの書き方について考えていきます。仲山進也楽天 楽天大学学長 売り上げアップにつながるメールとは何か─。非常に難しい課題ですが、答えを探るとすれば、2つの手法があります。
著者
阿部 寛子
出版者
成城大学
雑誌
成城文藝 (ISSN:02865718)
巻号頁・発行日
no.40, pp.31-42, 1965-09
著者
篠原 誠
出版者
創価大学
雑誌
創価教育研究 (ISSN:13472372)
巻号頁・発行日
pp.57-64, 2002-03

4 4 4 4 OA 出版年鑑

著者
東京書籍商組合 編
出版者
東京書籍商組合事務所
巻号頁・発行日
vol.昭和6年版, 1931
著者
田中 佑典 戸田 浩之 湯口 昌宏
出版者
一般社団法人 人工知能学会
雑誌
JSAI大会論文集
巻号頁・発行日
vol.2017, pp.1L13, 2018-07-30

<p>サッカーやバスケットボールなどのチームスポーツにおいて,試合中の選手のプレイ履歴(プレイログ,位置情報など)が大規模に取得可能となってきている.チームスポーツにおいて試合を有利に進めるためには,数的優位な状況をつくることが重要である.本研究では,実際のサッカーデータに基づいて,数的優位な状況をチームがどのようにして作り出すことができるのかについて分析し,それを作り出す過程について考察する.</p>
著者
壬生 真人 小田嶋 博 柴田 瑠美子 西間 三馨
出版者
THE JAPANESE SOCIETY OF PEDIATRIC ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY
雑誌
日本小児アレルギー学会誌 (ISSN:09142649)
巻号頁・発行日
vol.14, no.4, pp.459-465, 2000-12-01 (Released:2010-08-05)
参考文献数
12
被引用文献数
1

誕生月とアレルギー疾患 (気管支喘息・アトピー性皮膚炎) 発症との関係について検討した. 対象は, 平成7年5月から平成10年4月に当院外来を受診, アレルギー疾患 (気管支喘息・アトピー性皮膚炎) と診断された5歳以下の児で, 最終外来受診が平成10年4月以降の児771名. 外来カルテに基づいて, 誕生月, 外来初診月, 血清 Total IgE値, IgE RAST score (ヤケヒョウヒダニ・卵白), IgG値, 鼻汁中好酸球数について検討した. 結果は, アレルギー疾患 (気管支喘息・アトピー性皮膚炎) は, 春に生まれた児に少なく秋に生まれた児に多かった. また, その傾向はアトピー性皮膚炎に強くみられた. 乳児の平均初診月齢は5.4ヶ月で, 外来初診総数は春に多かった. Total IgE, IgE RAST score (ヤケヒョウヒダニ・卵白), IgG, 鼻汁中好酸球の各値と誕生月に有意な関係は認められなかった. 具体的機序は不明であるが, アレルギー疾患 (気管支喘息・アトピー性皮膚炎) の発症と誕生月には関係があり, 生後数ヶ月間 (あるいは出生前から) の季節に関係する環境因子の関与が示唆された.
著者
柴田 久
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
土木史研究論文集 (ISSN:13495712)
巻号頁・発行日
vol.23, pp.35-43, 2004-06-15 (Released:2010-06-04)
参考文献数
41

It is very important to research the relation between civil engineering history and the military. The purpose of this article is to consider and clarify the effect on urban formation by the establishment of division. This case is the transition of Zentsuji City and Army's 11th division. The methods are historical materials collection and interview about Zentsuji City and Army's 11th Division. The summary of the result is: 1) The modern urbanization of Zentsuji was advanced by the militaristic thought. 2) Zentsuji city formed the original society system by the change of space and industrial structure by the establishment of division. 3) A part of inhabitant became a victim of the militaristic urban formation.
著者
宮田 律
出版者
一般財団法人 日本国際政治学会
雑誌
国際政治
巻号頁・発行日
vol.1989, no.92, pp.158-170,L16, 1989

The coup backed by the CIA which toppled the Mussadiq's government in 1953 and the failure of the popular uprising led by Khumeini initiated and developed the anti-US feeling in Iran. This fact can be proved because Khumeini's &ldquo;struggle&rdquo; against &ldquo;American imperialism&rdquo; led to the Iranian Revolution in 1979 and the successive US hostage incident in Iran (November 1979-January 1981).<br>After the uprising in 1963, the U. S. government gradually got on closer terms with the Shah's regime. Such U. S. support for the corrupt and repressive government of the Shah had close connections with important American industries, such as munitions production, electric power generation and communication industry. In addition, the clash of interests and competition of these industries in Iran were carried out by bribes and a huge commission system. Furthermore, in 1977, about 70% of the national budget was spent on military affairs, so it was evident to many Iranians that the Iranian policies were determined by the interest of these American enterprises.<br>After the 1963 uprising was quelled, Khumeini formed strong attachments with the purpose of overthrowing the Shah's regime. He believed that the Shah was selling the spirit of Iran to the U. S. and propagating corruption, immorality and repression. In addition, Khumeini blamed the U. S. for making the Shah carry out the &ldquo;White Revolution&rdquo;, so it was responsible for the tragedy that occurred in that uprising. Khumeini also declared that the U. S. government compelled the &ldquo;Puppet Shah&rdquo; to give Americans extraterritorial rights. Up until the revolution in 1979, he had condemned the Shah and admired the people who were engaged in the anti-establishment movement, and he denounced the U. S. government for supporting the corrupt and repressive Shah's government. Thus, Khumeini and his followers became the background of anti-US ideology of the Iran-Islam government which has endured till the present.<br>This paper traces the formation and development of anti-American feeling in Iran. This anti-US feeling has formed the basis of diplomatic policies of the Iranian government since the revolution. Needless to say, Iranians have various feelings about the U. S. In fact, while freedom and democracy have been questioned in Iran since the revolution, some Iranians have discovered the merits of American democracy. This influence of democracy had penetrated the public as well as the private sector, because it is known that some Iranian government officials secretly negotiated with the U. S. government in the Iran-Contra incident. Furthermore, Rafsanjani's more realistic government might change its policies against the U. S.; however, it is certain that the Iranian government will follow Khumeini's line for the present. Needless to say, the U. S. learned a great lesson about its relations with the Third World from Iran-a lesson that should be remembered when dealing with these countries in the future.

1 1 1 1 OA 保育資料

出版者
天台宗社会部
巻号頁・発行日
vol.第2輯, 1942