著者
赤松 大輔
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.65, no.2, pp.265-280, 2017 (Released:2017-09-29)
参考文献数
64

本研究では, 高校生723名を対象として, 英語の学習観と学習方略および学業成績の関連を検討した。因子分析の結果, 教科共通の学習観として学習量志向と方略志向, 教科固有の学習観として伝統志向と活用志向, 間接的方略としてメタ認知的方略と社会的方略, 直接的方略として体制化方略, イメージ化方略, 反復方略, そして音声記憶方略が見いだされた。パス解析の結果, 学習観においては教科共通の学習観が教科固有の学習観を規定し, 学習方略においては間接的方略が直接的方略を規定するというように, 学習観内と学習方略内にそれぞれに規定関係があることが確認された。また, 学習観と学習方略の間には, 教科共通の学習観が間接的方略を予測する教科共通の学習プロセスと, 教科固有の学習観が直接的方略さらには学業成績を予測する教科固有の学習プロセスがあることが明らかになった。この結果を踏まえ, 学習行動全体を改善するためには教科共通の学習プロセスに注目し, 英語学習における学業成績を改善するためには教科固有の学習観に注目するというように, 学習観と学習方略の関係を教科共通と教科固有の両観点から捉える必要性が示唆された。
著者
指原 紀宏
出版者
公益財団法人 日本ビフィズス菌センター
雑誌
腸内細菌学雑誌 (ISSN:13430882)
巻号頁・発行日
vol.27, no.4, pp.197-202, 2013 (Released:2013-11-07)
参考文献数
22

乳酸菌の中には宿主の免疫応答を刺激する作用を有するものがあり,種々の免疫関連疾患に対する改善効果が考えられることから,実用化を目的としてその有用性を検証した.Th1/Th2バランスを是正する免疫調節活性の高いL. gasseri OLL2809を選出し,その有効性を評価すると抗原特異的IgEの抑制効果や好酸球増多に対する抑制効果が認められた.同株を用いてスギ花粉症罹患者を対象に臨床試験を実施したところ,鼻づまり等の鼻症状が軽減された.その他の免疫関連疾患として,NK活性との関連が示唆される子宮内膜症に対しては,モデル動物において病変部の成長抑制効果が認められた.さらに,子宮内膜症罹患者を対象に有効性を臨床評価したところ,主症状である月経痛に軽減が認められた.以上の一連の研究から,高い免疫調節活性を示すOLL2809株は,アレルギーや子宮内膜症等の免疫関連疾患に対して症状の軽減等に有効であり,罹患者のQOLの向上に貢献できることが明らかになった.
著者
有川 宏幸
出版者
一般社団法人 日本特殊教育学会
雑誌
特殊教育学研究 (ISSN:03873374)
巻号頁・発行日
vol.47, no.4, pp.265-275, 2009-11-30 (Released:2017-07-28)

応用行動分析学に基づく自閉症児への介入法は、有効性が認められてはいたものの、米国心理学会臨床心理学部会が示した「十分に確立された介入法」としての基準を満たしていなかった。しかし、それに準じる介入法として注目されていたのがUCLA早期自閉症プロジェクト(UCLA YAP)であった。Lovaas(1987)は、UCLA YAPを4歳未満の自閉症児に週40時間、2〜3年にわたり行ったところ、47%が標準範囲のIQに達したことを報告した。この結果は前例のないものであったことから、多くの研究者に精査され、自閉症からの「回復」という表現の問題や、無作為割付けの有無といった実験手続き上の問題などについて批判を浴びることとなった。そのため追試・再現研究は、可視的に、科学的な厳密さをもって実施されており、こうした批判への反証データも示されるようになっている。しかしながら、この成果については依然として不明な点も多く、「証拠」(evidence)に基づく継続的議論が必要であろう。
著者
上里 隆史
出版者
公益財団法人 史学会
雑誌
史学雑誌 (ISSN:00182478)
巻号頁・発行日
vol.114, no.7, pp.1179-1211, 2005-07-20 (Released:2017-12-01)

This article investigates the migration of Japanese in the China Sea region, especially in and around Naha, the capital of the Kingdom of Ryukyu, between the 16th and 17th centuries. Previous research on the Japan-Ryukyu relations during medieval times has chiefly focused on the diplomatic relations between the Muromachi government, the Shimazu family of Satsuma, and the Ryukyus. It goes without saying, however, that the focus on state trade alone does not fully explain the historical relations between the two states. It is also necessary for us to consider such private aspects of trade as the activities of people who participated as well as recent findings on medieval maritime trade for a proper understanding of the relationship between medieval Japan and the Ryukyus. The migration of people from Japan to the Ryukyu Islands dates back to the 15th century. The "Ryukyu Kokuzu 琉球国図", a map of the Kingdom in those days depicts Japanese and Ryukyuans living together in Naha. According to the genealogical data on the Ryukyus, Japanese who had emigrated there during the 16th and 17th centuries through the transportation mode which had evolved at that time, can be divided into three groups, based on their places of origin: Kinai, Hokuriku, Kyushu groups. Those people were probably maritime merchants who commuted between the Ryukyus and Japan, but resided permanently in the Ryukyus and engaged in certain occupations, such as the administration of Naha, foreign affairs, medicine, and the tea ceremony. As for the structure of the port city of Naha, Naha-Yomachi 那覇四町, literally, the four townships of Naha, had developed on the fringe of the Chinese settlement of Kumemura 久米村, which was the core of Naha. The fact that Japanese institutions, such as a Shinto shrine, were located on the periphery of Naha-Yomachi shows that, like the goddess Mazu 媽祖 for the Chinese people, Naha was one of the overseas territories of Japanese merchants. Japanese immigrants resided together with Ryukyuans in Naha-Yomachi. During the 16th century, wajin (倭人), or armed Japanese merchants would throng into Naha in quest of the Chinese goods when ever Chinese envoys visited the Ryukyus. The Ryukyu royal government tried to restrict armaments, but failed. Japanese trading facilities called Nihon Kan 日本館 were set up in Naha. During the latter half of the 16th century, Kumemura, the center of Naha and the Chinese settlement, declined, while Naha-Yomachi prospered. During this period, the trade route between Japan and Fujian via Manila was established based on the active circulation of Japanese and new continental silver and Chinese raw silk. The Ryukyus functioned in it as an entrepot between Japan and Manila. It has been thought that the route from the Ryukyus to Southeast Asia was completely abolished in 1570, however, this is not true, for the Ryukyus changed its form of trade from state-sponsored trade to private trade carried out by wajin maritime merchants. The Ryukyus thus become a node connecting East to Southeast Asia.
著者
西元 崇 植木 宗司郎 松本 修一 平岡 敏洋
出版者
一般社団法人 交通工学研究会
雑誌
交通工学論文集 (ISSN:21872929)
巻号頁・発行日
vol.3, no.4, pp.A_29-A_35, 2017-04-01 (Released:2017-04-01)
参考文献数
14

ETC の普及に伴って国内の高速道路における料金所渋滞は大幅に減少し,現在の都市間高速道路における渋滞はサグ部で 60 %程度発生すると言われている.すなわち,高速道路の更なる渋滞削減を達成するには,サグ部における渋滞解消法の検討が急務である.渋滞対策には,ハード面とソフト面双方において多種多様なものが提案されているが,本研究では,比較的低コストかつ即応性が期待されるサグ部における渋滞抑制対策として,サグ部上りに設置間隔が広がるようにポールを設置することでドライバに減速感の錯視を生じさせる手法を提案する.ドライビングシミュレータ実験を行い,提案手法によって,サグ部における速度低下を抑制し,円滑な交通流の実現に有効であることを示唆する結果が得られた.
著者
田中 雅一
出版者
日本宗教学会
雑誌
宗教研究 (ISSN:03873293)
巻号頁・発行日
vol.90, no.2, pp.55-80, 2016 (Released:2017-09-15)

本稿の目的は、侵犯的な宗教性について理解することである。ここで取り上げる供犠は、おおきく聖化と脱聖化の儀礼に分かれる。前者は神に近づき、聖なる力を獲得する道を提示するのに対し、後者は罪や不浄を取り除く。聖化では、神の力が充溢している供物の残滓を分配し、消費する。脱聖化では、残滓に罪や不浄が吸収され、家屋や寺院の外に放置される。しかし、儀礼の目的が脱聖化かどうか不明だが、残滓が摂取されない場合がある。それはヴェーダの神々や、憤怒の相を表す下級の神々を鎮めるための儀礼である。シヴァ神については、残滓はニルマーリヤと言い、これを受け取るのはチャンダとかチャンデーシュヴァラと呼ばれる聖人だけである。彼はシヴァの聖者の一人である。本来忌避すべきニルマーリヤを受け取るのは、侵犯的な信愛(バクティ)の表れの一つと言える。本稿では、供犠の残滓に注目することで規範の侵犯に認められる宗教的性格について考察する。
著者
中村 恵子 Nakamura Keiko
出版者
新潟青陵学会
雑誌
新潟青陵学会誌 (ISSN:1883759X)
巻号頁・発行日
vol.9, no.1, pp.21-31, 2017-03

The purpose of this study is to clarify the psychosocial process of disability acceptance of the people with development disabilities who are going to employment transfer support offices. A semi-structured interview was conducted with 8 people with development disabilities who were diagnosed withdevelopment disabilities and were going to employment transfer support offices. As the result of analyzing the result of the interview with a modified grounded theory approach, 5 categories and 12 concepts were extracted. The people with development disabilities who were in troubles like dropout, disemployment, and depression, etc, <searched for supporting organizations> <because they wanted to get out of their current situations>, and eventually started going to the offices. They are deepening the ≪recognition of the development disabilities≫by checking the disability characteristics and behavior characteristics,reinterpreting their experiences like troubles in working and human relationships, and finding similarities with familiar people with disabilities. The ≪recognition of the development disability≫ that is a corecategory also has impacts on the <appropriate self-control> and the <self-metacognition>.本研究は、就労移行支援事業所に通所する発達障害者の障害受容の心理社会的プロセスを明らかにすることを目的とした。発達障害の診断を受け、就労移行支援事業所に通所する発達障害者8名を対象として、半構造化面接を行った。修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いて面接内容を分析した結果、5つのカテゴリーと12の概念が抽出された。 中退や離職、鬱病といった状況に陥った発達障害者が<このままではいけないという思い>から<支援機関探し>を行った結果、事業所に通所するに至っている。障害特性と行動特性を照合したり、仕事や人間関係上のトラブルなどの経験を再解釈したり、障害をもつ身近な人と自分の似ているところを見つけたりして、≪発達障害であることの認識≫を深めている。コアカテゴリーである≪発達障害であることの認識≫は、<適切な自己コントロール>や<自分についてのメタ認識>にも影響を与えている。
著者
国文学研究資料館史料館

口絵凡例三井文庫旧蔵資料<袋綴本>目録解題三井文庫旧蔵資料<袋綴本>目録
著者
谷 晋
出版者
東海大学
雑誌
東海大学文明研究所紀要 (ISSN:02850818)
巻号頁・発行日
vol.18, pp.145-153, 1998

Acorns of the two deciduous oaks, Querucus serrata and Q. acutissima, were collected from four secondaty forests in Kanagawa in late autumn, 1994. Curculio dentipes was dominant over C. robustus in acorn of Q. acutissima, and utilized acorn of Querucus serrata monopolistically. Differences in utilization of acorn as food resources were discussed. Parasitic rate decreased at good harvest. It suggested that mast seeding of the oaks functioned effectively as the escape from Curculio beetles.
著者
安齋 正博
出版者
一般社団法人 日本ゴム協会
雑誌
日本ゴム協会誌 (ISSN:0029022X)
巻号頁・発行日
vol.87, no.9, pp.376-381, 2014 (Released:2015-03-20)
参考文献数
9

Recently, the degree of attention of 3D printer increases and its use has been spreading. 3D printers taken up here are as follows; stereo lithography, selective laser sintering, ink jet printing, fused deposition molding, and laminated object manufacturing. Can 3D printer change Japan’s manufacturing industry? It is described about the foundation and application whether it is fit for what kind of use. The examples of the application is raised in the following; produce (rapid manufacturing, on-demand parts, inspection), create (model, capture, sculpt), measure (precision metrology, inspection reporting, 3D documentation), prototyping (design verification, functional validation), and others.
著者
Xuping Huang Nobutaka Ono Akira Nishimura Isao Echizen
出版者
Information Processing Society of Japan
雑誌
Journal of Information Processing (ISSN:18826652)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.469-476, 2017 (Released:2017-07-15)
参考文献数
28

Reversible audio information hiding and sample-scanning methods are proposed for digital audio content to achieve detailed detection and localization of tampered positions in each frame. The method proposed in this study allows detecting multiple tampering and reusing reliable content as well as avoiding false detection which were impossible for other methods to simultaneously achieve. In the proposed method, the original signal is partitioned into fixed-length frames and then transformed into discrete cosine transform (DCT) coefficients by the integer modified DCT (intDCT). Expansion of the DCT coefficients is applied to embed a content-based hash as a payload. The integer DCT algorithm ensures the reversibility of the transform so that the original data and embedded payload can be perfectly restored to enable blind verification of the data integrity. The perceptual evaluation of speech quality (PESQ) with the listening quality objective mean opinion (MOSLQO), the segmental signal to noise ratio (segSNR), and subjective evaluation results show that the proposed algorithm provides good sound quality (MOSLQO and segSNR are respectively 4.41 and 23.31dB on average for a capacity of 8, 000bps). Detection and localization are accurate in terms of correctly localizing tampered frames in case of insertion or deletion.
著者
井上 雅 横山 光彦 石井 亜矢乃 渡辺 豊彦 大和 豊子 公文 裕巳
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.62, no.3, pp.359-362, 2011 (Released:2011-09-15)
参考文献数
11

尿管結石の疝痛発作に対して芍薬甘草湯を投与し,その臨床的有用性を非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)と比較検討した。対象は尿管結石患者25名で,11名に対し芍薬甘草湯5.0gを内服させ,コントロール群として,14名にNSAIDsを内服させた。内服時,内服後15分,30分,60分にNRS(numerical rating scale)を用いて比較検討した。NRSは0点を全く痛みなし,10点を最も強い痛みとした。結果は芍薬甘草湯内服群では内服時NRSは6.7 ± 2.3点で,内服後15分で3.4 ± 3.5点と有意に軽減した。NSAIDs内服群では内服時8.3 ± 1.8点で,内服後15分では7.0 ± 1.9点と有意な鎮痛効果は認めたが,鎮痛効果は芍薬甘草湯の方が有意に優れていた。その他の時点においても同様の結果で,芍薬甘草湯は尿管結石の疝痛発作に対して即効性があり,NSAIDsよりも有意に鎮痛効果を認めた。