著者
西村 一朗 今井 範子 久保 妙子
出版者
一般財団法人 住総研
雑誌
住宅総合研究財団研究年報
巻号頁・発行日
vol.16, pp.163-171, 1990

日本人が未だ住みこなしていない都市集合住宅地において生活騒音,ペット飼育等の近所迷惑の実態を明らかにし,気持ちよく住むための「住み方ルール」を明らかにするのが本研究の目的である。過去5か年(1983~87)の新聞記事を分析した結果,騒音問題が迷惑の第一位であり,次に特に最近の傾向としてペット問題が大きくなってきていることがわかった。そのためアンケート調査では,それらに1つの焦点をあてて調査し検討している。調査対象地は,大阪市の南港ポートタウンである。調査により得られた知見のいくつかは以下の通りである。(1)住み始めに挨拶まわりをする習慣はほぼ維持されており,範囲は3割ほどが「両隣と上下の住戸」,2割はどが「両隣だけ」となっている。(2)生活騒音にかかわる生活時間では,起床・就寝,楽器演奏,洗濯,入浴等の生活時間に,ばらつきがみられ特に夜更しの生活も増えている。互いに迷惑にならないよう一定の生活コントロールが必要になろう。(3)生活騒音に対する「住み方ルール化」では,特に早朝深夜の楽器演奏は「厳しく禁止」の意向が強い。(4)生活騒音を減らす重点として「居住者の自主性が肝心」との見解が過半を占める。(5)ぺット飼育は5%未満だが,実態はより多いと推定しうる。(6)ペット飼育について3割弱は禁止すべきでないとしている。(7)「住まいのしおり」は,7割ほどがもらっていて一応は目を通している人が多い。(8)「住み方ルール」のあり方として「個人個人の自主性に任せるしかない」とする意見が圧倒的に多い。 以上をもとに,項目ごとに多くの人々に受け入れ可能な「標準住み方ルール」をつくり,「住まいのしおり」の改善等を通じて普及,定着してゆくことが緊急の課題といえる。
著者
Yasutomo HORI Kensuke NAKAMURA Nobuyuki KANNO Makoto HITOMI Yohei YAMASHITA Satoshi HOSAKA Noriko ISAYAMA Takahiro MIMURA
出版者
JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY SCIENCE
雑誌
Journal of Veterinary Medical Science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
pp.17-0557, (Released:2018-06-22)

Alacepril is a relatively novel angiotensin-converting enzyme inhibitor; however, the safety, tolerance, and efficacy of alacepril in terms of cough suppression in dogs with mitral valve disease (MVD) remain unknown. The aim of this study was to investigate the safety, tolerance, and cough suppression efficacy of alacepril in dogs with MVD. This was a multi-center, prospective study. Forty-two dogs with echocardiographic or radiographic evidence of cardiac enlargement in addition to cough were enrolled. Dogs were treated with alacepril (1.0–3.0 mg/kg/day) for at least 4 weeks. One dog (2.4%) developed complications, including appetite loss, lethargy, and vomiting. Thirty-six dogs were re-evaluated after 4 weeks of treatment. Cough resolved or improved in 20 dogs (55.6%) after treatment. Based on the efficacy of alacepril, the dogs were divided into an effective group (n=20) and an ineffective group (n=16). After treatment, the left ventricular end-diastolic internal diameter corrected for body weight was significantly increased from baseline in the ineffective group but was significantly decreased in the effective group. Univariate binomial logistic regression analyses showed that high atrial natriuretic peptide level, N-terminal pro-B-type natriuretic peptide level, and E wave velocity at baseline were significantly correlated with alacepril inefficacy. Alacepril as treatment for MVD is well tolerated in most dogs, and different conditions of cardiac loading may influence the effect of the drug. Alacepril is expected to improve the quality of life of dogs with early stage MVD.
著者
Masanori KOBAYASHI Tatsuya HORI Eiichi KAWAKAMI
出版者
JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY SCIENCE
雑誌
Journal of Veterinary Medical Science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
pp.18-0108, (Released:2018-06-22)

Two dogs with low plasma testosterone (T) levels and poor semen quality were administered one tablet of 12.5 mg clomiphene citrate orally per day at 2-day intervals for 4 weeks. Plasma T levels, total sperm count, and sperm motility in both dogs temporarily increased between 3 and 6 weeks after the start of treatment. These results indicate that poor semen quality in dogs with low plasma T level can be improved by oral administration of clomiphene citrate.
著者
増山 豊 深沢 塔一 北崎 隆雄
出版者
The Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers
雑誌
日本造船学会論文集 (ISSN:05148499)
巻号頁・発行日
vol.1997, no.181, pp.1-13, 1997 (Released:2009-09-16)
参考文献数
17
被引用文献数
2 2

Sail forces were measured in a full-scale sailing boat with the use of a sail force dynamometer. This apparatus consisted of an aluminum frame fixed to the hull by way of several load cells. The sailing boat was modified so that the dynamometer frame could be installed inside the hull. The mast, stays, winches, and other sailing rig were fixed on the frame so as to transmit all the forces acting on sail to the frame. By transforming the measured forces, the lift force, drag force, thrust, side force, or the center of effort of the sail force could be obtained. The sailing conditions of the boat, such as the boat speed, heel angle, wind speed, wind angle, and so on, were also measured.Sail shapes of the boat in the up-wind condition were also measured with the use of CCD cameras installed in the boat. The sail shape images taken by the cameras were transformed to bit-map files, and then processed by an SSA-2 D, a sail shape analyzing software. With the use of this software, sail shape parameters were obtained. The relationship between the measured sail forces and the sail shape parameters is discussed in this paper. Moreover, the measured sail shapes were used as the input data for the numerical calculations.Numerical calculations were performed to estimate the sail forces of the boat. In the calculations, two sails, a mainsail and a jib, were modeled in the form of a vortex lattice. The vortex lattice method was adopted as the numerical calculation method. Step by step calculations were conducted up to attaining the steady state of the sail in steady wind. Calculated sail forces were compared with the measured forces, and the validity of the numerical method was studied.

1 1 1 0 OA 常時勤例 3巻

著者
松平定信
出版者
巻号頁・発行日
vol.[1],
著者
池谷 裕二
出版者
東京大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2014-04-01 (Released:2014-04-04)

もし今まで感知できなかった情報を、人工センサを通じて脳に直接送る方法が開発された時、被験体の脳はその情報を人工センサとともに、すみやかに同化し、活用することができるだろうか。本研究では、磁界の向きを感知し、脳へシグナルを送る「磁気知覚センサ」を開発した。この磁気知覚センサをラットの脳に刺激電極を介して接続することにより、ラットは一次視覚野に直接送られるシグナルを手掛かりとして空間記憶課題を解くことができることを示した。すなわち、補助センサを脳に装着することによって動物が生来感知できないものを新たに感知し、活用できるようになる可能性が示唆された。
著者
守山 昭男 モリヤマ アキオ Akio Moriyama
雑誌
経済科学研究
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.39-59, 2013-09-30 (Released:2013-11-20)
著者
清金檀撰
巻号頁・発行日
vol.[1], 1811
著者
大西 彩子 吉田 俊和
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.49, no.2, pp.111-121, 2010 (Released:2010-02-20)
参考文献数
48
被引用文献数
3 2

本研究の目的は,自己愛傾向,認知的共感性,情動的共感性,いじめに否定的な集団規範が生徒のいじめ加害傾向に与える影響を明らかにすることで,いじめの個人内生起メカニズムについて検討することである。188人(男子103人,女子85人)の中学生を対象に,自己愛傾向,認知的共感性,情動的共感性,関係性いじめ否定規範意識,直接的いじめ否定規範意識,関係性いじめ加害傾向,直接的いじめ加害傾向を質問紙調査で測定し,共分散構造分析による仮説モデルの検討を行った。主な結果は以下の通りであった。(1)各いじめ否定規範意識は,各いじめ加害傾向に負の影響を与えていた。(2)誇大的自己愛傾向は,各いじめ否定規範意識に負の影響を与えることで間接的に各いじめ加害傾向に影響を与えていた。(3)認知的共感性は,直接的いじめ加害傾向へ負の影響を与える直接効果と,関係性いじめ否定規範意識に正の影響を与えることで,関係性いじめ加害傾向に負の影響を与える間接効果がみられた。(4)情動的共感性は,各いじめ否定規範意識に正の影響を与えることで,間接的に各加害傾向に影響を与えていた。本研究によって,集団規範がいじめ加害傾向に影響を与える主な要因であることが示唆され,集団規範を考慮したいじめ対策を行うことの重要性が明らかになった。
著者
浅井 明久
出版者
THE GEOTHERMAL RESEARCH SOCIETY OF JAPAN
雑誌
日本地熱学会誌 (ISSN:03886735)
巻号頁・発行日
vol.21, no.3, pp.257-265, 1999-07-25 (Released:2009-08-07)
参考文献数
4

Kyushu Electric Power Co., Inc. operates six units at five geothermal power stations. Their total capacity is 207.5 MW, accounting for 39% of the installed geothermal power plants in Japan. Hatchoubaru Power Station started operation about 21 years ago with the first unit. Now stable operation on the output of 110 MW (55 MW×2) goes on. On the way to stable operation, we confronted output decline due to reservoir interference by reinjected hot water. In order to recover the output, both steam producing system and power generating system were checked up as a consequent system. The idea is based on our company's fundamental strategy for geothermal development: “consistent development” from upstream to downstream. We carried out optimum reservoir management with more accurate reservoir monitoring data. Also we improved the generation facilities such as turbine and two-phase flow line (NISOURYUUTAIRENRAKUKAN), to utilize existing wells. As a result, these efforts recovered the output successfully and reduced generation costs. We learned that reservoir management is essential to keep stable output of the Hatchoubaru Power Station. We shall make continuous efforts to keep economically stable output by advanced reservoir management, applying the newest simulation technology to balance reinjection with production.
著者
本田 義央
出版者
広島大学比較論理学プロジェクト研究センター
雑誌
比較論理学研究 (ISSN:18806376)
巻号頁・発行日
no.8, pp.59-62, 2011-03-25

広島大学比較論理学プロジェクト研究センター研究成果報告書(2010年度)
著者
宮城 信
巻号頁・発行日
pp.1-40, 2018-05-23

2018年5月23日:富山大学中央図書館で開催された「2018レポートの書き方講習会」の配布資料。 【この講習会の内容】 ・ 身に付けて欲しいこと・・・レポートを書くために、持つべき心構えや、守るべきルール、真似しておけば大丈夫な形式・構成・ 何をしないか・・・論文の細かい書き方、独創的なアイデアの出し方、文学的なレトリックなどは一切扱わない
著者
守岡 知彦
雑誌
情報処理学会研究報告人文科学とコンピュータ(CH)
巻号頁・発行日
vol.2008, no.73(2008-CH-079), pp.17-22, 2008-07-18

古典中国語 (漢文) 電子テキストの蓄積が進む中、自然言語処理技術の重要性は高まって来ているが実装は少ない。本論文では、MeCab を用いた古典中国語用形態素解析器のプロトタイプについて概説するとともに、本格的な古典中国語文法コーパス作成のためのワークフローについて考察する。
著者
山下 京 向井 有理子
出版者
近畿大学商経学会
雑誌
商経学叢 = Shokei-gakuso: Journal of Business Studies (ISSN:04502825)
巻号頁・発行日
vol.64, no.2, pp.305-320, 2017-12-31

[要旨]この研究の目的は,非正規従業員を仕事への積極性や働き方の志向性という観点から分類・類型化し,各類型に応じた雇用環境と効果的なマネジメントのあり方を検討することである。業種や職種の異なる複数の組織に質問紙調査を実施し,得られたデータ6,237件を基に因子分析を行い,6因子を抽出した。これらの因子は,「仕事に対する積極性」と「組織や会社からの拘束の拒否」「正社員志向」という3つの側面に集約しうることが示唆された。各々の側面に相当する(含まれる)項目の評定値の高低から類型化を試みた結果,正社員希望型,正社員回避型,フリーター型,社会参加型などと命名される10類型が見いだされた。[Abstract] This study purports to categorize irregular employees in terms of willingness to work and intention in work style and to consider a suitable employment environment and effective management approach depending on work types. Subjects at multiple organizations in different businesses were requested to complete a questionnaire.Based on data extracted from 6,237 responses, a factor analysis showed six factors. The finding suggested that the six factors could be categorized into three aspects as follows: “activeness towards work”, “rejection of constraints of organization and work”and“intention of regular employment”. Categorization with respect to differences in evaluation values of survey items corresponding to the said three aspects found 10 types including“aspiration for regular employment”,“ avoidance of regular employment”,“precedence to personal life”and“social participation”
著者
坂本 智弥
出版者
京都大学
雑誌
特別研究員奨励費
巻号頁・発行日
2012 (Released:2013-04-25)

脱共役タンパク質(UCP-1)の活性化を介してエネルギーを消費する、褐色・褐色様脂肪細胞は、全身の糖脂質代謝制御に重要な役割を果たすことが近年明らかとなった。我々はこれらの細胞の発生・活性に伴うエネルギー代謝の促進を通じて、肥満・糖尿病の予防・改善を行うことができると考えた。本研究では、褐色・褐色様脂肪細胞の発生メカニズムや、それらの細胞の発生・活性化が肥満によってどのように変化するかを検討した。まず、動物個体レベルで褐色脂肪細胞の発生を観察できる実験系の確立を試みた。UCP1発現調節領域が活性化される、細胞でレポーター遺伝子(赤色蛍光タンパク質)が発現する遺伝子改変マウスを樹立し、蛍光タンパク質由来の蛍光強度の変化を通じて、動物個体レベルで非侵襲的・経時的にUCP1の転写活性を検出できる実験系を確立した。この遺伝子改変マウスを用いることで、薬剤・食品成分の褐色脂肪細胞誘導能を動物個体レベルで簡便に評価をできると考えられる。さらに、肥満により白色脂肪組織で炎症性サイトカインが増加することに着目し、培養細胞モデルや肥満・糖尿病モデルマウスを用いて、炎症性サイトカインと褐色・褐色様脂肪細胞の発生を検討した。その結果、肥満状態の脂肪組織に浸潤したマクロファージに由来する炎症性サイトカインが、脂肪細胞のextracellular signal-related kinas (ERK)活性化を介して、褐色・褐色様脂肪細胞の発生を抑制することを見出した。これは、肥満により、脂肪組織のエネルギー消費が低下し、肥満を助長する「悪循環」メカニズムの一旦を明らかとしたものだと考えられ、新たな薬剤・食品成分のターゲットと成り得る。