1 1 1 0 OA 御即位灌頂

著者
富田学純 著
出版者
加持世界社
巻号頁・発行日
1915
著者
相原 健志
出版者
日本文化人類学会
巻号頁・発行日
pp.H01, 2016 (Released:2016-04-23)

本発表は、ブラジルの人類学者E. ヴィヴェイロス・デ・カストロの多自然主義に含まれる身体の存在論の含意と射程を析出することを試みる。その記述を辿ると、多自然主義の機制における存在者間の食人的関係は、スピノザ哲学に由来するコナトゥス概念において捉えられる。そしてコナトゥスは、食人のみならず、「翻訳」といった人類学者の実践をも、つまり他者と人類学者のあいだの差異を横断する力として思考されている。

1 1 1 0 OA 石川県公報

出版者
石川県
巻号頁・発行日
no.(13102), 2018-05-07
著者
嘉納 吉彦
出版者
一般社団法人 日本エネルギー学会
雑誌
燃料協会誌 (ISSN:03693775)
巻号頁・発行日
vol.32, no.5, pp.270-279, 1953-06-30 (Released:2010-06-28)

明治末期に航空機がわが国に輸入されて以辛の発動機の発達の歴史とそれに伴うガソリンへの要求, ガソリン性状の変化, 使用方法の改善研究を概説し, 今後の航空燃料としてのガソリンとジェット燃料に要求されるべき特性についてのべ, 燃料製造の立場からはジエットエンジンの構造に関しての試案を提出している。ついで今後の航空燃料の生産方式の形態について軍需と民需の2点から論及した。
著者
瀬尾 華子
出版者
日本マス・コミュニケーション学会
雑誌
マス・コミュニケーション研究 (ISSN:13411306)
巻号頁・発行日
vol.93, pp.97-115, 2018-07-31 (Released:2018-10-13)
参考文献数
18

This thesis investigates how the news and documentary program, “NNNDocument,” has reported the nuclear problem. This is important because previous studies have not clarified regional differencesand diachronic changes in programs produced by local broadcastingstations that represent how people feel where nuclear power stations werelocated. Seventy-eight documentaries about nuclear power from“ NNN Document,”which is produced by 29 local broadcasting stations of the NTV group, wereanalyzed. These sources were examined by analyzing changes in the way inwhich the stations represented people statements. This research discovered the following. From 1970 until the Chernobyldisaster, many different people appeared in the documentaries, but after theChernobyl disaster, the perspective of people living in areas suffering radiationdamage and depopulated areas close to nuclear power stations came to theforefront. During the 2000’s, the number of documentaries about nuclear powerdecreased sharply. After the Fukushima Daiichi nuclear disaster, the lives ofthe refugees were portrayed from the point of view of their places of refuge.Thus, it is shown how “NNN Document” has come to more closely representthe opinions of citizens in the news about nuclear power generation.
著者
東京府 編
出版者
東京府
巻号頁・発行日
vol.上巻, 1931
著者
香西 みどり 石黒 恭子 京田 比奈子 浜薗 貴子 畑江 敬子 島田 淳子
出版者
The Japan Society of Home Economics
雑誌
日本家政学会誌 (ISSN:09135227)
巻号頁・発行日
vol.51, no.7, pp.579-585, 2000-07-15 (Released:2010-03-10)
参考文献数
14
被引用文献数
12

米を加水比1.5で炊飯し, 米粒と炊飯液に含まれる還元糖および遊離アミノ酸量を洗米後の浸漬 (20℃, 1h), 加熱 (温度上昇速度6.6℃/min), 蒸らし (15min) の各段階において測定した.(1) 生米に含まれる還元糖量は洗米により2/3に減少し, 40~60℃の問で米粒, 炊飯液ともに最大の増加を示した.還元糖量の増加にはグルコースの寄与が大きかった.炊飯過程 のこれらの糖の変化に米粒内部の酵素の分布や温度依存性の違いが関与していた.(2) 生米に多く含まれるアスパラギン酸, グルタミン酸量は洗米により約1/5に減少した.これらのアミノ酸量は浸漬により炊飯液中で増加し, 米粒では 80℃~沸騰の問で増加した.(3) 還元糖および遊離アミノ酸量を米粒および炊飯中の水分に対する濃度で表した結果, 米粒では最大値が還元糖では60℃, 遊離アミノ酸では沸騰直前にあり, 炊飯液ではいずれも沸騰直前にあった.
著者
加藤 正也 今高 城治 岡本 健太郎 谷 有希子 山口 岳史 荻野 恵 土岡 丘 加藤 広行 有阪 治 Masaya Kato George Imataka Kentaro Okamoto Yukiko Tani Takeshi Yamaguchi Kei Ogino Takashi Tuchioka Hiroyuki Kato Osamu Arisaka 獨協医科大学医学部 小児科学 獨協医科大学医学部 小児科学 獨協医科大学医学部 第一外科学 獨協医科大学医学部 第一外科学 獨協医科大学医学部 第一外科学 獨協医科大学医学部 第一外科学 獨協医科大学医学部 第一外科学 獨協医科大学医学部 第一外科学 獨協医科大学医学部 小児科学 Department Of Pediatrics Dokkyo Medical University Department Of Pediatrics Dokkyo Medical University First Department Of Surgery Dokkyo Medical University First Department Of Surgery Dokkyo Medical University First Department Of Surgery Dokkyo Medical University First Department Of Surgery Dokkyo Medical University First Department Of Surgery Dokkyo Medical University First Department Of Surgery Dokkyo Medical University Department Of Pediatrics Dokkyo Medical University
雑誌
Dokkyo journal of medical sciences (ISSN:03855023)
巻号頁・発行日
vol.41, no.2, pp.173-176, 2014-07-25

症例1は6歳女児.インフルエンザ感染症初日に発熱しオセルタミビルを開始.第3病日,右下腹部に限局した圧痛が出現.腹部造影CTで糞石を認め急性虫垂炎と診断.保存的に加療し炎症反応と腹痛は改善した.症例2は5歳女児.第1病日に発熱と腹痛を認め,第3病日に鼻咽腔迅速検査でインフルエンザB型と診断しザナミビル吸入を開始.触診で右下腹部に反跳痛を認め,腹部単純CTで虫垂壁の肥厚と糞石を確認.急性虫垂炎の併発と診断し,第4病日に虫垂切除術を施行.切除虫垂に膿瘍を認め腹腔ドレーンを留置.第5病日に解熱し経過は順調であった.インフルエンザに伴う腹痛では感染に付随する腹痛と断定せず急性虫垂炎の可能性も考慮し腹部CTなどの画像検査を行うことが肝要である.
著者
Takuya Hoshino Motoshige Azuma Yuki Yamada Varin Titapiwatanakun Mika Yoshimura Fujii Yoshihisa Yamamoto Tatsuo Koide Toshiro Fukami
出版者
The Pharmaceutical Society of Japan
雑誌
Chemical and Pharmaceutical Bulletin (ISSN:00092363)
巻号頁・発行日
vol.67, no.9, pp.929-934, 2019-09-01 (Released:2019-09-01)
参考文献数
25

We investigated the water contents in commercial semi-solid preparations used for pressure ulcer (PU) treatment using near-IR spectroscopy (NIRS) and compared the results with those measured using the Karl Fischer (KF) method. The aim of this study was to determine a standard method and select the appropriate topical preparation with the optimal moisture for PU treatment. The water absorption properties of bases and formulations were evaluated with a time-dependent factor using Transwell as the model membrane. KF and NIRS were applicable as measurement methods of the water content in semi-solid formulations. NIRS was shown to be a useful, simple, nondestructive tool that is more advantageous than the KF method. The water absorption characteristics tested using Transwell revealed that the rate of and capacity for water absorption are determined not only by the absorption ability of the polymer base but also by other factors, such as the osmotic pressure exerted by additives. KF and NIR measurements can be used to choose external skin preparations to control the amount of water in PU treatment.

1 1 1 0 OA 虹の話

著者
安間 清
出版者
日本文化人類学会
雑誌
民族學研究 (ISSN:24240508)
巻号頁・発行日
vol.22, no.3-4, pp.223-244, 1959-01-25 (Released:2018-03-27)

Almost all the people of any village or town in Nagano-ken in Japan imagine that the rainbow rises from the water. " Where does the rainbow rise from ? " Ask the question, and one almost always receive such an answer that the rainbow rises from a pond, a marsh, a river, depths, a lake, or the sea. Sometimes people tel・1 him even the name of a special and definite pond or river from which the rainbow rises. Such a traditiona] belief among people that the rainbow rises from the water is found not only in Nagano-ken, but also in Niigata-ken, Yamanashi-ken, and Chiba-ken, and even in such a far northern district as Akita-ken, according to the author's information. It can also be found in Ishikawa・ken, Fukui-ken, the urban districts of Ky6to, Hy6go-ken, Kyti-shiu, and even in Okinawa Isles. In short, this traditoinal belief that the rainbow rises from the water may be considered to be wide spread among people all over Japan. And moreover it may have exsited a'mong people since ancient times. One can find the evidence of its existence in such classics as Kojiki, Nihonshoki, and Mannyo. The documents of the Heian Dynasty show that it also exsited in that age. The origin of this traditional belief can be explained by an ancient, belief that the rainbow is a dragon or serpent that lives in the water. The ancient be]ief even now remains evidently in such prefectures as Nagano-ken, Yamanashi-ken, Akita-ken, and dita-ken, and also in Okinawa Isles. This queer ancient belief that the rainbow is a dragon or serpent which rises from its dwelling place in the water is found not only among Japanese, but also among the Ainu, Koreans, Chinese, the aborigines of Formosa, Malayans, Rumanians, and lrishmen in Europe. Africans, Austrarians, and the natives in America, in so far as it has been known to the author till now. It may be concluded that all the people in the world, perhaps, had once the ancient belief. There was another belief from old time that the rainbow was a bridge from the heaven to the earth over which various divine beings passed. This was believed not only in Japan, China, and Korea, but also among American Indians and many of Europeans. It was also a world-wide traditional belief. There was one more belief that gold, treasures, and good luck were hidden at the place from which the rainbow rose. This belief was probably world-wide from old timesand seems to have some close relation with a strange Japanese custom in the Middle Age that a fair was held at the place from which a rainbow had risen. What interests the author is the report indicating some relation between the rainbow and an old Melanesian trade custom. What has been mentioned above is the result drawn from the data ivhich the author collected and arranged, but it is too great a riddle for him to solvb why there are such traditional beliefs about the rainbow that seem to be common to all the people in the world.
著者
野田 将史 佐藤 謙次 斉藤 明子 日詰 和也 印牧 真 黒川 純 岡田 亨
出版者
公益社団法人 日本理学療法士協会
巻号頁・発行日
pp.Cb0486, 2012 (Released:2012-08-10)

【目的】 ブリッジ運動は下肢筋群の筋力強化として臨床で広く活用されており,これに関する報告は散見される.しかし,両脚ブリッジ運動における股関節外転および膝関節屈曲角度の違いが下肢筋群筋活動に及ぼす影響は明らかにされていない.本研究の目的は,両脚ブリッジ運動において最も効率良く筋力強化を行う肢位を検討することである.【方法】 対象者は,下肢疾患の既往の無い健常成人15名(男性9名,女性6名,平均年齢27.4歳,平均身長166.4cm,平均体重62.7kg)であった.測定方法は,表面筋電計はマイオトレース(Noraxon社製)を用い,大殿筋・中殿筋・内側ハムストリングス・外側ハムストリングスの4筋を導出筋とした.電極貼付部位は,大殿筋は大転子と仙椎下端を結ぶ線上で外側1/3から二横指下,中殿筋は腸骨稜と大転子の中点,内側ハムストリングスは坐骨結節と脛骨内側顆の中点,外側ハムストリングスは坐骨結節と腓骨頭の中点とした.十分な皮膚処理を施行した後,各筋の筋腹に電極中心距離2cmで表面電極を貼り付け,動作時における筋電波形を導出した.アースは上前腸骨棘とした.測定値は最大随意収縮(MVC)で正規化し%MVCとした.MVCの測定はダニエルズのMMT5レベルの測定肢位において5秒間の等尺性最大収縮とした.測定条件は,MVC測定後5分間の休息を設け,次の条件における各筋の筋活動を1肢位あたり2回測定しその平均値を分析に用いた.測定時間は5秒間とし中3秒間を解析に用いた.尚,条件の測定順序は無作為とした.測定肢位は,両足部内側を揃え股関節軽度内転位とし膝関節120度屈曲位でのブリッジ運動(股内転膝屈曲120°),膝関節90度屈曲位でのブリッジ運動(股内転膝屈曲90°),膝関節60度屈曲位でのブリッジ運動(股内転膝屈曲60°),両足部を肩幅以上に開き股関節外転20度とし膝関節120度屈曲位でのブリッジ運動(股外転膝屈曲120°),膝関節90度屈曲位でのブリッジ運動(股外転膝屈曲90°),膝関節60度屈曲位でのブリッジ運動(股外転膝屈曲60°)の6肢位とした.また,運動時は股関節屈曲伸展0度になるまで挙上するよう指示し,測定前に練習を行い代償動作が出現しないよう指導した.統計学的分析にはSPSS ver.15を用い,一元配置分散分析および多重比較により筋毎に6肢位の%MVCを比較した.また,有意水準は5%とした.【倫理的配慮,説明と同意】 本研究は当院倫理委員会の承認を得た上で,各被験者に研究に対する十分な説明を行い,同意を得た上で行った.【結果】 各動作における%MVCの結果は以下の通りである.大殿筋では,股外転膝屈曲120°は股内転膝屈曲60°と股内転膝屈曲90°よりも有意に高値を示したが,その他の有意差は認められなかった.中殿筋では,すべてにおいて有意差は認められなかった.内側ハムストリングスでは,股外転膝屈曲120°は股内転膝屈曲60°と股外転膝屈曲60°と股内転膝屈曲90°と股外転膝屈曲90°よりも有意に低値を示した.股内転膝屈曲120°は股内転膝屈曲60°と股外転膝屈曲60°よりも有意に低値を示した.その他の有意差は認められなかった.外側ハムストリングスでは,股内転膝屈曲60°は股内転膝屈曲90°と股外転膝屈曲90°と股内転膝屈曲120°と股外転膝屈曲120°よりも有意に高値を示した.股外転膝屈曲60°は股内転膝屈曲90°と股外転膝屈曲90°と股内転膝屈曲120°と股外転膝屈曲120°よりも有意に高値を示した.股内転膝屈曲90°は股外転膝屈曲120°よりも有意に高値を示した.その他の有意差は認められなかった. 【考察】 今回,各動作時における%MVCの結果から,大殿筋では股関節内転位よりも外転位,膝関節軽度屈曲位よりも深屈曲位の方が有意に高値を示した.内外側ハムストリングスでは,膝関節深屈曲位よりも軽度屈曲位の方が有意に高値を示した.この結果から,ブリッジ運動を行う際は,大殿筋に対しては股関節外転位+膝関節深屈曲位,ハムストリングスに対しては内外転を問わず膝関節軽度屈曲位に設定することで効率が向上されることが示唆された.【理学療法学研究としての意義】 臨床で頻繁に処方する両脚ブリッジ運動の最も効率よい肢位が判明することで,患者への運動指導の際その肢位を活用し運動指導することができる.
著者
宮城 重二
出版者
The Japanese Society of Nutrition and Dietetics
雑誌
栄養学雑誌 (ISSN:00215147)
巻号頁・発行日
vol.56, no.1, pp.33-45, 1998-02-01 (Released:2010-02-09)
参考文献数
30
被引用文献数
15

首都圏における高校, 専門学校, 短期大学, 大学の女子1,014人について, その肥満度の実態を明らかにし, また, 肥満度と食生活, 健康状態, 体型意識との関係を検討した。更に, 肥満度や健康状態に影響を与える因子についても検討を加えた。その結果は次のとおりであった。1) BMIの平均値は全体で20.4であった。やせ群 (BMI<18) は全体の10.1%, 肥満群 (BMI≧24) は全体の5.6%であった。中間の普通群 (18≦BMI<24) は84.3%であった。2) 朝食を“毎日食べる”者の割合は, 普通群に比べてやせ群では高く (p<0.05), 肥満群では低かった(p<0.01)。食事を“満腹するまで食べる”者の割合は, 普通群に比べてやせ群では低かった (p<0.05)。間食を“よく飲食する”者の割合は, 普通群に比べてやせ群では高かった (p<0.05)。清涼飲料水を“毎日飲む”者の割合は, 普通群に比べてやせ群では高かった (p<0.01)。“元気である”という主観的健康の割合は, 普通群に比べてやせ群でも肥満群でも低かった (p<0.05)。3) 現在の体型を過大評価している者が多く, しかも, 今後の体型意識も強いやせ志向がみられた。体型誤認や過激なダイエットによって健康障害に陥りやすいと考えられる者の推定値は, BMIが18未満のやせ群で約10~20%, 若年女子全体では約1~2%であった。4) 肥満度に影響を与える因子としては, 清涼飲料水が有意な関連を示し, 朝食, 食事量, 間食, 運動には関連が認められなかった。主観的健康に影響を与える因子としては, 朝食, 運動が有意な関連を示し, 肥満度, 食事量, 間食, 清涼飲料水には関連が認められなかった。
著者
海上保安庁 [編]
出版者
海上保安庁
巻号頁・発行日
vol.平成2年11月, 1990-11