42 42 42 6 OA 5.CONSORT声明

著者
津谷 喜一郎
出版者
一般社団法人 日本臨床薬理学会
雑誌
臨床薬理 (ISSN:03881601)
巻号頁・発行日
vol.40, no.3, pp.105-110, 2009 (Released:2009-08-12)
参考文献数
7
著者
三原 武司
出版者
関東社会学会
雑誌
年報社会学論集 (ISSN:09194363)
巻号頁・発行日
vol.2017, no.30, pp.63-74, 2017-07-31 (Released:2018-09-01)
参考文献数
50

The paper elaborates risk society theory in terms of the hazards caused by environmental chemicals as well as the stress generated by individualization, utilizing recent findings provided by biosocial science, particularly epigenetic mechanisms in the developmental stage. Epigenetics explains that vital phenomena can be affected by environmental chemical contaminants and the psychosocial stresses of individualization that are transmitted to the next generation without any change in the base sequence. The paper tries to unify these two kinds of risk factors into an epigenetic system in which exposed fetuses and infants might have physical and mental disorders in later life. This biosocial perspective incorporates the reproductive mechanisms of risk over generations into risk society theory.
著者
高山 耕二 魏 紅江 萬田 正治 中西 良孝
出版者
鹿児島大學農學部
雑誌
鹿兒島大學農學部學術報告 (ISSN:04530845)
巻号頁・発行日
no.57, pp.1-4, 2007-03

本研究は合鴨農法における家鴨雛の適正放飼日齢を明らかにする上での基礎的知見を得ることを目的とし、インディアンランナー種、中国系在来種およびマガモ系合鴨の初生雛を供試し、最大60分間の強制水浴下(20あるいは5℃)における水浴能力を水浴時間、体温、羽毛の浸潤程度を指標として、3種間で比較検討した。得られた結果は次のとおりである。1)家鴨3種の水浴時間は0日齢で最も長く、日齢の経過とともにいずれも短くなった。3、6、9日齢の水浴時間はマガモ系合鴨が他の2種に比べ有意に長かった(P<0.05)。家鴨3種の水浴時間に水温による影響は認められなかった。2)0日齢における水浴終了時の体温低下は、インディアンランナー種に比ベマガモ系合鴨と中国系在来種で有意に小さかった(P<0.05)。0-12日齢における水浴終了時の羽毛の浸潤程度には、3種間で有意差が認められなかった。以上の結果から、供試した家鴨3種の中ではマガモ系合鴨が最も高い水浴能力を有することが示された。
著者
奥 猛志 井形 紀子 豊島 正三郎 重田 浩樹 山崎 要一
出版者
一般財団法人 日本小児歯科学会
雑誌
小児歯科学雑誌 (ISSN:05831199)
巻号頁・発行日
vol.46, no.4, pp.463-468, 2008-09-25 (Released:2013-01-18)
参考文献数
23
被引用文献数
3

小児の歯科治療に対する年齢別適応性ならびに笑気吸入鎮静法の使用有無別でのトレーニング回数を調査し,以下の結果が得られた。調査対象は,742名(男児390名,女児352名),平均年齢6歳3か月(1歳~15歳)の健常児である。1. 3歳未満の小児では歯科治療に対して協力を得ることは難しかった。3歳児は協力度が57 .7%と歯科治療に対する適応・不適応のターニングポイントであり,それ以降は暦年齢の増大とともに増加した。2.トレーニング回数は3歳児の平均が2.0回であり,暦年齢の増大とともに減少した。3.笑気吸入鎮静法を使用した患児のトレーニング回数は使用しなかった患児と比較して多い傾向が認められた。
著者
シシン アレキサンダー
出版者
愛知工業大学
雑誌
愛知工業大学研究報告. A, 教養関係論文集 (ISSN:03870804)
巻号頁・発行日
vol.19, pp.45-51, 1984-03

George Orwell fused political writing and art. This paper explores his relations to the various political movements of his day.
著者
茅 明子 奥和田 久美
出版者
社会技術研究会
雑誌
社会技術研究論文集 (ISSN:13490184)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.12-22, 2015 (Released:2015-11-20)
参考文献数
24
被引用文献数
2

科学技術政策が科学技術イノベーション政策に転換して以来,研究開発プロジェクトに対して「社会実装」が求められる機会は増加しているものの,実際の現場においてどの程度社会実装が進んでいるのかはきちんと把握されていないのが現状である.それゆえ本研究では,新たに設定した指標を用いて社会実装を推奨する研究開発領域の成果の類型化を実施し,成果の進捗を把握した.その結果,約4割のプロジェクトが社会実装フェーズに到達しており,想定以上に概念が浸透していることが判明した.あわせて、社会実装と研究開発手法の新規性や成果の汎用性についての相関関係も考察した.
著者
長谷川 雅幸
出版者
公益社団法人 日本金属学会
雑誌
まてりあ (ISSN:13402625)
巻号頁・発行日
vol.35, no.2, pp.93-102, 1996-02-01 (Released:2011-08-11)
参考文献数
35
被引用文献数
8
著者
坪内逍遥, 渥美清太郎 編
出版者
春陽堂
巻号頁・発行日
vol.第1巻, 1921
著者
松島 亀之助
出版者
日本動物心理学会
雑誌
動物心理 (ISSN:18836275)
巻号頁・発行日
vol.1, no.2, pp.34-39, 1934-07-01 (Released:2009-10-13)
著者
今村 隆
出版者
武庫川女子大学
雑誌
武庫川女子大学紀要. 人文・社会科学編 (ISSN:09163115)
巻号頁・発行日
vol.44, pp.11-18, 1996

This is a study of one of H. Pinter's early works, The Collection. His early plays are often called 'Comedy of Menace'(Irving Wardle), but this play is a little bit different from the very early plays like The Room, The Birthday Party, A Slight Ache, and The Dumb Waiter. Pinter's interest seems to have shifted from 'Menace' to 'Relationship'. So the point of this essay should be on the relationship among characters. The last problematic scene of this play must show the way the characters will take to live on together. Usually critics use concepts of oppositions such as 'man/woman' or 'dominant/subservient' to interpret this last scene, or I should say this play, but I don't think these concepts are enough to explain the Stella's enigmatic attitude. In this essay I will try to introduce another concept of oppositions for interpretation and receive Pinter's message through the process of making the meaning of her attitude clear.
著者
鍋島 孝子
出版者
北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 = Research Faculty of Media and Communication, Hokkaido University
雑誌
メディア・コミュニケーション研究 (ISSN:18825303)
巻号頁・発行日
vol.60, pp.13-34, 2011-08-11

For the regional integration, European Union has been a good and ideal model. But considering the different social economic actors from African ones, we are aware that European process is not the universal model that is applicable to other regions. According to the integration theory, the economic activities bring a political integration. It is a "spill over" effect from "low" politics to "high" politics. This article is aimed at verifying African social actors who haven't participated in regional integration as the integration theory supposes. European integration is based on civil society where actors, rational citizens, who understand capitalism and Nation-State, do transnational activities. On the other hand, the real African society is "fluid" and changeable in the historical situation. It changed itself and was divided into some social classes, elite-mass and sub-nationalistic or ethnic groups during modernization. That kind of society is out of Nation-State integration. The integration theory has never discussed about the "fluid" social actors. Authoritarian political regime tried to integrate such a divided society with power and control. I hypothesize that African society keeps distance from State policy, so the actors have not brought the regional integration "from the bottom" in Africa. But many regional organizations exist in Africa. Why? This article explains these histories. Organization of African Union was begun by African independence elites, "from top". OAU became a symbol of African cultural rehabilitation and tried to realize "African tradition" in the agricultural politics of rural community. Indeed, it drew out the artificial nationalism. The other regional organizations were established as heritage of neocolonial geopolitics. They also were paralyzed by superpowers strategy during the Cold War. They are capable to change their functions by themselves. Some of them whose objectives must be economic cooperation and integration assure a regional security. It is characteristic that they try to rebuild Nation-States for regional integration. It is contrary to European Union, which reduces national sovereignty. This case study is ECOWAS politics in Liberia civil war. Another characteristic point of African integration is the social "fluid" actors' networks. These actors make internal and external networks beyond the national frontiers in the era of Globalization. We have to watch out the informal and violent networks. But in Madagascar political crisis in 2002, peasant network, mediation diplomacy and international investment prevented ethnic secessionism. Including such social actors, civil society in Africa has a wider concept than in Europe. It is important to investigate how this civil society participates to nation-building and regional integration in Africa.
著者
高橋 晃周 飯田 高大 佐藤 克文 佐藤 克文 森 貴久 坂本 健太郎
出版者
国立極地研究所
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2008 (Released:2008-04-01)

南極海におけるペンギン類の個体数変動の種間・地域間の違いをもたらすメカニズムを明らかにするために、最新の動物装着型記録計による採餌行動の研究を行った。ペンギンの採餌行動とその環境要因(特に海氷分布)との関係は、同所的に生息する種間および同種の地域間で異なることが明らかになった。採餌行動の種間・地域間の違いにより、海洋環境変化がペンギンの繁殖に与える影響は異なり、それによって個体数変動の違いが生じていることが示唆された。
著者
久保 章 川本 勝 福島 恒男 石黒 直樹 仲野 明 杉田 昭 山崎 安信 土屋 周二 鴻丸 裕一
出版者
The Japan Society of Coloproctology
雑誌
日本大腸肛門病学会雑誌 (ISSN:00471801)
巻号頁・発行日
vol.38, no.2, pp.123-128, 1985 (Released:2009-06-05)
参考文献数
9

潰瘍性大腸炎症例の便中細菌叢を,経時的に検索し,それぞれの病期の推移によりどのような変化を来たすか比較検討した.本症患者14例について,延べ36回便を採取し嫌気性培養を施行し細菌叢を検索した.本症では,罹患範囲にかかわらず緩解期から活動期またはその反対の経過を追って調べると,便中総菌数と嫌気性菌数がほぼ例外なく活動期に著明に減少し,各菌群の中では,BacteroidaceaeとEubacteriumが同様の変動を示した、本症の活動期においてこのような変化を来たす原因として,第1に炎症性変化が強い為,粘膜の恒常性が保たれないこと,第2に腸通過時間の変化により腸管内環境が変化すること,第3に何らかの機序により大腸内の酸素張力の増加,酸化・還元電位の増加がおこっていること,などが考えられた.索引用語:潰瘍性大腸炎,便中細菌叢,嫌気性菌

1 1 1 0 OA 新撰算術

著者
高木貞治 著
出版者
博文館
巻号頁・発行日
1898