原田 実 (@gishigaku)

投稿一覧(最新100件)

@totoro_rule 『世界的研究に基づける日本太古史.』上巻所収、「人類学上宇和島の提供する無類の資料」です https://t.co/KsJ0oHQwpv
RT @PirateUni_HEL: #イギリスの文学ワイルド しかしながら『オシァン』は大ヒットし、ヨーロッパ中で読まれ、スコットランドやアイルランドの人たちにとっては神話への興味と愛国心をかきたてる作品として読まれていました。これについては担当教員が今年の春に出した論文をご…
@KentaroOnizuka 論文の出典に関してはこちらを参照 https://t.co/vF3XzALS2y https://t.co/K2VEDng6Ve 中華民国領土地図の画像は13ページ目です

3 0 0 0 OA 神代秘史百話

RT @tonmanaangler: なお酒井勝軍は「神代秘史を一読すると、彼は正に葺不合第六十四代天皇の皇子であることが分つた」と書いてる。「神代秘史」とは偽書で有名な竹内文書のこと。 https://t.co/sKnP8ftXG2
RT @ma_tango: 確か、その背景に汎ツラン主義があったはず。https://t.co/RPo3i0zMpY ツラン民族運動と日本の新使命 なる本が1934年に出ている。https://t.co/0Y3Y94bMJd
RT @kumagaikazuhimi: 偽書、偽説の起源:『シオンの賢者のプロトコル』、『ダ・ヴィンチ・コード』を検証する https://t.co/IaOtAmt15D #文学
RT @rsuzutani: 首塚の偽史という点に関する最近の文献。https://t.co/mGslNFFyPB Twitterでの「批判者」に対する次の文章は近代史にも当てはまりそうだ。「時間・金銭・努力を費やして資料を解釈する専門的能力をまだ身に付けていないにも拘わらず、…

1 0 0 0 OA 桂海虞衡志1卷

@Syynya 孔明の奥さんの黄夫人が発明家だったという話、民話レベルではけっこうあるようですが演義にはありませんね(民話の元ネタはたぶん宋~明代の失われた講談や戯曲)。Wikipedia「黄夫人」では発明家説の出典を『桂海虞衡志』としていますが同書を読んでも見当たりませんでした https://t.co/1qmbUaqzn5
RT @okapia_feb01: プレートテクトニスの受容が1976年ぐらいになったのは事実だけど、地向斜の理論は1941年に提唱されて戦後は提唱者に反発があって…というところが記事中では雑にまとめられてる。 #今日の論文 『日本におけるプレート造山論の歴史と日本列島の新しい…
@tottekurebeepri 1980年代の日本だとペプシのシェアはコークに及ばなかったんだそうで https://t.co/dwRWiMnktU

671 0 0 0 OA ジャムシード王

RT @fushunia: その井本英一氏の論文「ジャムシード王」が、リンク先で読めます。ジャムシードはペルシア語で、巫俊のツイートに出てくる「エモ」(印欧祖語)のことです。最古のイラン言語アヴェスター語ではイマ、インドではヤマ(閻魔)、北欧ではユミル、ローマではレムスと発音さ…

14 0 0 0 OA 久摺日誌

やはり松浦武四郎の「久摺日誌」を見たら阿寒湖のヲヘライベ(イトウ)の仲間で8~9尺になるものがいると書いてあった(国立国会図書館デジタルコレクションだと8枚目の図版)…そんなの本当にいたら怪獣に見えてもおかしくない https://t.co/vi2fgWZyZm

15 0 0 0 OA 後方羊蹄日誌

国立国会図書館デジタルコレクションの「後方羊蹄日誌」では7枚目あたり https://t.co/HqPdpxzgaA https://t.co/cCYtNa3Psg

54 0 0 0 OA 怪談筆始 2巻

RT @terada50397416: 間違えた。 「今年は蔦屋の化け物草紙が評判だ」ではなく「今年は蔦屋の化け物草紙がとんだ評判だ」 あと、この本は国立国会図書館デジタルコレクションで誰でも見ることができる。 https://t.co/IXcOou1iuA
@ToyomiAsano @gejiqmq 該当論文へのリンクが上手くいかなかったのでキャッシュにて https://t.co/1pgVJfHW2D
RT @penpal_pfm: 気球とドローンのハイブリッド飛行システム「バローン(Barone)」ってのがあったばろん https://t.co/69QWgkRLXN
RT @satoshin257: @3bagV ただ、『竹書紀年』は散佚してしまっていて佚文という形でしか残されていません。その佚文を集めた輯本が何種類か作られています。この「古本」とは別に後代の偽書とされる「今本」もあって、なかなか厄介な書です。取り敢えず参照するならこれ→…
RT @YoshiHR2: @gishigaku @HisadomeK 「アソ」「アサ」は古日本語で火山を意というのを思い出しました。 岩木山(
RT @SciCafeShizuoka: @gishigaku 真空中にガスを吹き出させて断熱膨張させ極低温を作り出す超音速分子ジェット法なる分光測定技術があるんですが、高価なのであまり普及していなかった。これを自動車エンジンのインジェクターで簡単に実現しちゃったのが日本人の分…
RT @t_kawase: ちなみに僕はこの『近代日本の偽史言説』を書評しています。立教大学の『史苑』という雑誌です。僕はそれまで立教大学の歴史系の先生方とは縁がなかったのですが、このツイッターで「この本はおもろい」といったら、依頼が来ました(笑)。/ https://t.co…
RT @araichuu: ニセ医者疑惑の出ている楽天PCR検査の佐藤芹香さん、小保方さんと同じく早稲田出身なんだね…こっちはMBAだけども…なんか通じるものがあるよね…。 https://t.co/BvZzYgcuab https://t.co/1v1YGOo2Nn
RT @oohtotori: @y_tambe @Nathankirinoha あ、モンタニエ博士って「水からの伝言」とか言っちゃってるんだ… https://t.co/NHZrDt8gBU
人工心肺といえば半世紀以上も前だが、和田寿郎(1922~2011)博士による日本初の心臓移植(1968)で、ドナーに蘇生措置としては意味がない人工心肺使用がなされており、和田博士がドナーの延命より心臓移植を優先して「殺した」という疑惑が生じた件(告発されるも不起訴) https://t.co/f0NZQ6nWHK
@tanz0r_kitune @goshuinchou インド文明・日本文明シュメール起源説に基づく釈迦族・日本民族同祖論を説いた高楠順次郎先生ですな(こら、自分) https://t.co/kTGCaI7bjp

4 0 0 0 OA 習礼抄

RT @garando_tomo: @gishigaku 中世には既にあったのですね。 何となく故事類苑データベースで調べてみたのですが、伊勢貞丈『習禮抄』(1759)の「座敷往來之事」の条にも「すべて敷居幷に疊のへりをばふまぬものなり」(https://t.co/nShDIH…
RT @temmusu_n: @OokuboTact #超算数 加法九九は元は珠算の用語だ。しかし 仲本三二『実験新主義算術教授』東京、中文館書店、1922年。https://t.co/ZppDXDTWc8 のように、【合計四十五個の加法九々】(194,5)を暗記させる指導を提…

223 2 0 0 OA 蛸の八ちゃん

RT @obenkyounuma: 一般漫画でのこうした手法は、そもそも手塚以前からの伝統的な漫画の描き方だからなあ・・・例えば、以前話題になった「蛸の八っちゃん」:https://t.co/yx3b0fH9KC
享保19年(1734)、京の亀屋座で『契情遠山桜』という外題の歌舞伎が上演されてて、その絵入狂言本と思われる『八重九重遠山桜』が国会図書館にあるのだが、あいにく遠山景元(1793~1855)が生まれる60年ほど前だったりする https://t.co/UsmD92XJaK

9 0 0 0 OA ツラン民族圏

@toriyamayusuke @piper4699 日露戦争よりは大分後ですがこんな本も https://t.co/KYVnuSFfmG

1 0 0 0 OA 黒甜瑣語

@Mock_Hatter ご参考までに https://t.co/RqNKyEM6DZ
RT @ninikatu: この「子供の夢」は国立国会図書館のデジタルコレクションで全ページ公開されています。 https://t.co/77su2xqAcn また日本初の「不思議の国のアリス」の翻訳本、丸山英観による「愛ちゃんの夢物語」も同コレクション及び“青空文庫”で読むこ…
RT @pririn_: 大正13(1924)年12月陸軍大佐安江仙弘がシオン議定書を日本語へ翻訳し「世界革命之裏面 https://t.co/V4r5GDO9dz 」を出版 その5年後の 昭和44(1929)年1月小谷部全一郎氏が日本ユダヤ同祖論の「日本及日本国民之起源 h…
RT @pririn_: 大正13(1924)年12月陸軍大佐安江仙弘がシオン議定書を日本語へ翻訳し「世界革命之裏面 https://t.co/V4r5GDO9dz 」を出版 その5年後の 昭和44(1929)年1月小谷部全一郎氏が日本ユダヤ同祖論の「日本及日本国民之起源 h…
RT @kumagaikazuhimi: 偽書、偽説の起源:『シオンの賢者のプロトコル』、『ダ・ヴィンチ・コード』を検証する https://t.co/IaOtAmt15D #文学

2 0 0 0 宝石

RT @HisadomeK: @gishigaku @ArisatoCovtha 志茂田景樹『新黙示録 北辰の秘宝』。 東王子善鬼なる人物が「念力護摩法」を行し、フイゴで風を送って火炎を様々な形に操っていました。 調べてみたら、志茂田先生は月刊宝石に「密教食・瞑想ブームの桐山靖…
RT @viewfromnowhere: 「建保五年仲秋十日」に『拾遺愚草』の「進献」すべき由、言いつけられたことが明らかになり、行阿の『仮名文字遣』の序の信憑性が浮かび上がってきた」(728ペ)と かいていたけど、のち https://t.co/tYqekbJUrI で 「遠…
RT @viewfromnowhere: じてんに しんせつお のせる、と いえば、 https://t.co/deHZILtW3N より まえに、「日本語学研究事典」の 「下官集」の こーで えんどー・かずおわ、「『下官集』は定家が独自に作ったということが定説となってきていた…
RT @Jiraygyo: 中央アジア起源に良心が感じられますな! RT @gishigaku: @Jiraygyo @satoshin257 日本にも漢字は仮名文字からできた(そして仮名文字は中央アジア起源)だと主張した本がありました https://t.co/QbbaCcK…
@Jiraygyo @satoshin257 日本にも漢字は仮名文字からできた(そして仮名文字は中央アジア起源)だと主張した本がありました https://t.co/gyaxJWDVqY 書いたのはこの人物 https://t.co/9Em5Fe0njk
@wani_shima 日本列島の広域で見えたオーロラとしては明和7年(1770)7月の例が有名 https://t.co/6bF6eO2obu https://t.co/AwyTxnPoyw https://t.co/ZOwU8LerTU https://t.co/Bk63cWiLJj
RT @breathingpower: “EM菌に関しては経験者の方で「有効」と答える比率が有意に増加した(Table9:Fisherの正確確率検定,p=0.0007)” https://t.co/kLKH3feT4c 学校でEM菌を教えられた子どもたちはEM菌が正しいと信じる…

23 0 0 0 OA 大日本地誌大系

RT @HisadomeK: 中山神社の末社・荒脛神社のお守りのデザインは遮光器土偶なんですね。 『新編武蔵風土記稿』 https://t.co/2q83iUMo3j にも記載のある由緒ある荒脛社ですが、『東日流外三郡誌』の影響を受けてしまっているのか。 https://t.c…
@HisadomeK 小舘さん、青森県内の神社の縁起を『東日流外三郡誌』にあわせて解説しているので、それが地元の観光案内とかに反映されてしまったわけで… https://t.co/dm8B9Yt78R
RT @HisadomeK: 原克昭「異神の系譜─越境する神々と日本仏教の位相─」 https://t.co/JelBG5Tmv7 「四大師相秘訣」を兼倶自身による仮託と断定してはいませんが、少なくともその思想環境を整えた人物ではあるようです。 https://t.co/DAa…

10 0 0 0 OA 防長回天史

RT @fakedneilsen: https://t.co/2fqEc2z3X7 国会図書館オンライン『防長回天史』第1篇へのリンクを貼っておきます。毛利氏が大江広元の末裔であることを高らかに宣言している辺りに、明治以降も「鎌倉以来」の家系は誇りに出来る事だったのだと改めて気…
@q200701 地形の変化という概念にしても生物の進化の概念より先行したとはいえ、ともに創造説批判に貢献した経緯があったわけで、言い換えるとともに創造説からは否定されるべき考え方だった、と https://t.co/pYs34ySjvq https://t.co/PiP81Yi4mY

38 0 0 0 OA 国史大系

RT @HisadomeK: また『扶桑略記』には、火災後の11月18日に、八王子四躰ならびに蛇毒気神・大将軍の御躰焼失の実否を検録した事が記されています。 https://t.co/4eE6OiKTCy これらの記事により、11世紀後半の祇園社には蛇毒気神が祀られていた事が分…

51 0 0 0 OA 国史大系

RT @HisadomeK: 延久2年(1070)10月14日に祇園社が火災に遭いました。 『本朝世紀』の記事(久安4年3月29日の条に引用)には、この火災で蛇毒気神が焼失した事が記されています。 https://t.co/h29TCpt7Is
RT @nonomaru116: たぶん雑な宇田川榕菴起源説は、この辺の話を雑にまとめたことによると思うわけで。 →伊地智昭亘、宇月原貴光「日本の化学の父 宇田川榕菴のライフワーク」『函館工業高等専門学校紀要』第51巻、2016年 https://t.co/WTS7GmAvuS
RT @baritsu: 考古学はよくわかんないので、より新しい研究があるかもしれないけど、人骨と武器から弥生時代の戦闘を分類した論文。 https://t.co/Itaxqev801 https://t.co/ckZRqETjVa
@dandonban 石川三四郎「私を呼びましたか」 https://t.co/AItWzfDuBh
RT @korekore83: https://t.co/TrgMzqYpRJ ←藤野七穂さんの原稿の参考文献に出ているこれ読みたいと思っていたら、昨晩、小山田さんがコピーお持ちだった。概要見ると吉永進一氏・新倉イワオ氏・天宮清氏インタビューとか面白そう! 国会図書館に読みにい…

11 0 0 0 OA 学修訓練の記録

RT @temmusu_n: #超算数 池内房吉は、おそらく暗算重視の当時の風潮を反映して、あまり早期に立式を指導するべきではないという抑制的態度をもっているように見えるhttps://t.co/uEeTVgVDxB。式は思考記録であって、「読みと解法・答数発見とを一体的にする…
@TaniYoko 水運の便のためにあえて木津川の流域を選んだという古典的研究もあるようですが低湿地には違いありませんからね https://t.co/zcJdgATwjR https://t.co/9tndl0d3JL
@TaniYoko 水運の便のためにあえて木津川の流域を選んだという古典的研究もあるようですが低湿地には違いありませんからね https://t.co/zcJdgATwjR https://t.co/9tndl0d3JL
RT @noraguma_bobu: 疑似科学と陰謀論がミックスされたのが人工地震説かしら。 菊池聡「疑似科学からの批判的思考入門」(『心理学ワールド』61号、2013年)とか、無料だから、読んでみたらいいかもしれない。 リンクは信州大学。 https://t.co/Whev…
RT @temmusu_n: #超算数 この頃すでに #掛算 の順序こだわりが明確な形で観察できる。 教育学術研究会編『国定算術教授細案: 毎時配当』尋常科第2学年 東京、宝文館他、1905年。https://t.co/IFKiLHquEm 【式題の意味を問答し、更に次の如く黒…

4 0 0 0 OA 受験算術

RT @temmusu_n: #超算数 割り算の意味について教員採用試験で出題されたと最近どこかで読んだが、昔からの定番問題かも。 津村定一編『受験算術』東京、六盟館、1907年。https://t.co/GKjyXnipVe 2頁に小検の問題として【 6. 割り算の意義を詳説…
RT @temmusu_n: #超算数 話題の等分除と包含除の資料。 尋常科教育学術研究会編『国定算術教授細目: 毎時配当』東京、宝文館他、1905年。https://t.co/Kuim5bbCMC 【割り算に累減の意義と等分の意義とあることを明かにすべし従て何れの意義の計算に…
RT @s15taka: 日本地球惑星科学連合2019年大会/ブラタモリにみる地球科学のアウトリーチ手法 キーワード:ブラタモリ、アウトリーチ、ジオストーリー、生涯学習、地球科学、科学コミュニケーション https://t.co/MasBzAlwTN

20 0 0 0 OA 列聖全集

RT @Signal9J: 三浦関造『心霊の飛躍』(昭7)に、"光格天皇御製"の「神様の国に生まれて 神様の道がいやなら 外国へゆけ」という歌が引用されていた。 本書だけでなく、この"光格天皇御製"の歌はたまに見かけるのだが、『列聖全集 御製集』(列聖全集編纂会 1917)には…
RT @mittsko: 「呪的逃走」概念、J・キャンベルでこれを学んだボクだが、1930年、民俗学フィンランド学派ですでに出されていたものだと、高木昌史先生の論文で学びました…(*'▽')  ↓ 「[シリーズ/比較民話](三)三枚の御札/水の魔女」 https://t.co/…
RT @fushunia: 「戦国太郎」なる架空の人物が書いた架空の著作が、「回顧と展望」という史学界の1年間を振り返る重要記事に載ってて、酷いジョークだと関係者の方々が激怒したらしいです。TLによると、こちらでダウンロードしてその記事が読めるということで、拝見しました。 h…
@fushunia こちらの論文にもありますが歴博の新年代観は曲田も含め弥生早期の鉄器とされてきたものへの年代については疑問視する考え方とセットです https://t.co/W35I53taLW
RT @TR_727: @lkj777 @n_mori @gishigaku @masanork 「警察庁から慶應義塾大学に出向中の岡部正勝氏が,サイバー犯罪捜査,検挙による抑止努力,犯罪拡大防止のための国際連携の最新状況をとおして,日本の警察の奮戦の実態を解説」岡部正勝『サイ…
RT @Yuhei_Yanagie: 佐々木閑先生の最近のどのご著作よりもよっぽど面白く読み応えがある件。 #大乗仏教 #佐々木閑 #仏教学セミナー https://t.co/BneLvebtRc
RT @Nagapiii: ネット検索すると、ベニバナの色素膜でも緑色の金属光沢が出るという話が引っかかる。こちらには「これらの結果は,ベニバナ色素膜の緑色光沢が,金属の反射とよく似ていることを示唆している」と書いてある。 https://t.co/VHm5PFs8pi
RT @ShinyaMatsuura: それで思いだしたが、河口慧海はチベット潜行時に大麦粉を練って焼いたツァンパだけで大丈夫だったと書いているのだよな。まあバター茶は大量に飲んでいるので動物由来のものも摂取しているのだが。 これを読むと https://t.co/1btXTP…
RT @lkj777: @gishigaku @masanork あの論文の査読にかかわった警察官僚が摘発こそ抑止力という主張をしていることは知られるべき https://t.co/8Rmc3BqApR さらに渡辺の過去の実力 https://t.co/m5dsbc1N4O で…
RT @u_saku_n: みんなで読もう木村鷹太郎 https://t.co/hMsYjqiRSO

47 0 0 0 OA 日本漫画史

@foxhanger 細木原青起 『日本漫画史』(大正13年=1924) https://t.co/rrx84l2tux 大正時代までの「漫画」の歴史を「鳥羽僧正」から書き起こしています。もっともこの当時で言う漫画は戯作画・風刺画のことで現在の「マンガ」とは概念が違うようです
RT @oikawamaru: 九州南部の大淀川水系からヤマトシマドジョウを正式に記録しました https://t.co/jLvk4x7Rdg (フリーではありません。日本魚類学会会員の方はDLできます)。これにより大淀川水系にはオオヨドシマドジョウとヤマトシマドジョウの2種が…
RT @temmusu_n: #超算数 参考資料。 青木誠四郎(1932)算術学習の知能的限界に就てhttps://t.co/63I9pmuXn7 は、戦前の青木の学力調査から #掛算 の順序に関するデータセットhttps://t.co/KrxRK99Lxvを抜き出したもの。…
RT @temmusu_n: #超算数 『民主主義』は初めて漫画の挿絵を載せた教科書とのこと。描いた漫画家は、横山隆一(『フクちゃん』で知られる)、清水昆、手塚治虫だったhttps://t.co/2PBhE7Dzas。口供を行なった木田宏は、初期指導要領の編纂過程についても知っ…
@jinn_yoshitatu ご参考までに https://t.co/dB6miTAeXp https://t.co/ZD28aON9FX https://t.co/udkey3yjwJ
RT @mo0210: ”甲状腺発がんを発症した45人の平均甲状腺等価線量は約2,000 mSv,発症していない人の平均線量は約750 mSv(ウクライナ)” ”甲状腺被曝線量は中央値97 mSv,平均174 mSv,最高値2,800 mSvであったが,甲状腺がんと被曝線量には…

7 0 0 0 OA 保元物語

RT @HisadomeK: 「誠に幾程なくて、清盛公物狂しくなり給ふ。これ讃岐院の御霊なりとて、宥め進らせんために、昔合戦ありし大炊御門が末の御所の跡に社を造つて、崇徳院といはひ奉り、並に左大臣(藤原頼長)の贈官贈位行はる」 https://t.co/tpyee9ASiB
RT @engeikana: ジャガイモの芽止めに用いられるγ線照射で発生する2-アルキルシクロブタノンの毒性は問題ないことが確認されている。一方、芽の部分のソラニンによる食中毒はしばしば報告されている。 参考)https://t.co/tifvUWJbHl https://t…

6 0 0 0 OA 太平記

RT @HisadomeK: 『太平記』巻二十七の「雲景未来記の事」の条に、愛宕山の魔界の上座に金の鵄の姿をした崇徳院、その傍らに源為朝、左の座に代々の帝王(淡路の廃帝・井上皇后・後鳥羽院・後醍醐院)、その次の座に高僧達(玄昉・真済など)が居たという記述が有りました。 http…
@letssaga3 @kanenooto7248 実際、このような先例もありまして https://t.co/kUNLavYi2j https://t.co/AO7SJlOoPD https://t.co/6UbrjgDcUq https://t.co/vBu8w1omXz
RT @ryhrt: かつて、妖怪の科学的根拠~といってわいわいする勢を「あなた方も妖怪を信じる人々と同じ程度に民俗学の対象ですぞ」と論じたことがある→ https://t.co/i47Kv5wO9s
RT @gRik23: ヒャッハー具合なら王朝交代で毎度リセットする中国大陸も大概なはずだが、あそこの環境では武士という「イエの単位で世代間継承される武装集団」が成立しなかったのは面白いところ。<RT https://t.co/IEkACnYJzS 中国視点でも「なぜそんなもの…
「1954年に公開された『ゴジラ』は、終戦し、復興し、明るい未来に向かっていく戦後日本に対し、忘却されかけていた過去の怨念(原爆・戦死者など)が報復に来る映画」という解釈、原点は川本三郎さんの”「ゴジラ」はなぜ「暗い」のか”あたりかと https://t.co/x7KJ5HTbAT
RT @oikawamaru: 最新の伊豆沼・内沼研究報告に興味深い論文が出てた。当地ではオオクチバス駆除により魚類相の回復が起こっており、数年前はゼニタナゴが、そして今回12年ぶりにタナゴが再発見されたとのこと。 /伊豆沼・内沼におけるタナゴ<i>Acheilognathus…

4 0 0 0 地球ロマン

@Talitha1192 私が知る最古の例は1976年8月付>「偽史倭人伝」 https://t.co/c48K6s90a6 https://t.co/ZFJqNMFSjJ
RT @tanji_y: ドイツでは、野放しだった教育機関での生徒への体罰が禁止された。それを先導したのがアリス・ミラーの著書群だったのは間違いない。 彼女はヒトラーを被虐待児としてみてドイツ社会を震撼させた──私が松本智津夫をそうみたのはその応用。 (出典・翻訳者の山下公…

18 1 1 0 OA 大日本地誌大系

RT @HisadomeK: 昨日は神奈川県愛甲郡愛川町の八菅山に行って来ました。 標高225メートルの低山ですが、昔は京都聖護院直末で、本山派修験道の関東における重要拠点の一つ。この八菅山を拠点として相模大山一帯を回峰する独自の峰入りが行われていたそうです。 https://…
@kawaviva @desuga_NlkL5EiN 石川三四郎にいわせれば日本の民主主義の起源は高天原の神集いまで遡るそうです https://t.co/AItWzfDuBh

19 0 0 0 OA 阿蘇郡誌

RT @HisadomeK: @gishigaku 『阿蘇郡誌』では「第七十七代近衛天皇の天養元年今より七百七十九年前友成公十二の宮高橋明神両宮火宮伊勢内外宮の諸神を勧請して祭神とし」なんですよ。これも時代が合わないので誤記でしょう。 https://t.co/0mJ3by0b…
RT @HisadomeK: 「黄船社秘書」に関しては『先代旧事本紀大成経』の影響も指摘されているそうです。三浦俊介氏の『神話文学の展開 貴船神話研究序説』(思文閣出版)も読んでみたいところです。 https://t.co/2IvvciBVN3
RT @ryhrt: 物集高見、こういう著作があるのを見ると、少なくとも大正後期は幽冥界に関心があったとみるべきではないかな~ https://t.co/42Ay2MpIK3 (同書には序も跋もないので成立経緯不明、『日本奇書偽書異端書大鑑』でも紹介されているがやはり不明とのこ…
RT @konamih: ヤマカガシは非常に穏和な蛇で子どもの頃には捕まえて遊んでいた。84年の死亡例は,ニュースの記憶では少年が口に指を突っ込んで毒が入ったもの。実質的な危険はスズメバチなどよりはるかに小さく,そこらにいても放っておけばいいこと。 https://t.co/w…
RT @sumersan_1560: 宝暦治水の偽史性に関する論文は下記の通り。(ソース大事w) https://t.co/M04SfM0AQW … https://t.co/jzmSS9pfNy https://t.co/24zaSc9A55
@cxp02120 抹殺された戦国史を蘇らせるために選挙に出た人も https://t.co/LnTZ8eaG0H https://t.co/GegB8KUq6c
RT @sumersan_1560: 宝暦治水の偽史性に関する論文は下記の通り。(ソース大事w) https://t.co/M04SfM0AQW … https://t.co/jzmSS9pfNy https://t.co/24zaSc9A55
@osaki_syu すでに国会図書館で公開してました https://t.co/gyaxJWDVqY

3 0 0 0 OA 紀伊続風土記

RT @HisadomeK: 和歌山県伊都郡かつらぎ町平沼田に高野神社があります。 ところが、『紀伊続風土記』巻之四十七(伊都郡第六)では祇園牛頭天王社と書かれており、祭神も不詳で「当村にては祇園を祀るといふ。或は合せ祀るの神を呼ひ来るならん。本地薬師如来といふ」と。 http…
@mizunosyuhei @satoshin257 どうぞ https://t.co/M7yLYuT1lv https://t.co/ElBlTr0pah

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(3868ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @omochieology: "Minnesota Multiphasic personality Inventory"、ある時代にある場所で確立された統計的法則だからと考えなしに使うとこのようになっていく https://t.co/4rv3HHaE9N
RT @masahirosogabe: 曽我部真裕・山本龍彦「誌上対談 自己情報コントロール権をめぐって」情報法制研究7巻(2020年)のアクセス制限が解除され、一般公開となりました。https://t.co/XKgRNWdMmn また、8巻について、会員限定で公開となっていま…
RT @masahirosogabe: 曽我部真裕・山本龍彦「誌上対談 自己情報コントロール権をめぐって」情報法制研究7巻(2020年)のアクセス制限が解除され、一般公開となりました。https://t.co/XKgRNWdMmn また、8巻について、会員限定で公開となっていま…
有櫛動物の新種、プエルトリコ近くの海で発見 米NOAA 論文pdfフリー https://t.co/sXa1w3talx https://t.co/iQynDIGI34 @cnn_co_jpより
略称がだいじなのか… 2020年度採択、学術変革領域研究(A)領域略称「からだ工務店」 https://t.co/Nsyv7Xom6a

1 1 1 1 OA 周礼

今、改めて読みたい「周礼」:https://t.co/c6I130Ie6b
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 歴史上の人物の名前の読み・表記について(宇根 俊範),2018 https://t.co/1JOJoj2yEg
RT @MarikoKawana: 私が今朝読んだのはこれ(国立歴史民俗博物館研究報告 第 200 集 2016 年 1 月 横山百合子著 梅本記資料紹介) ↓ https://t.co/PmacjrYmIX
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
J-STAGE Articles - 三浦つとむ論(&lt;特集&gt;近代文学の諸問題) https://t.co/Q9aMYZTWiE
RT @MarikoKawana: 私が今朝読んだのはこれ(国立歴史民俗博物館研究報告 第 200 集 2016 年 1 月 横山百合子著 梅本記資料紹介) ↓ https://t.co/PmacjrYmIX
RT @MarikoKawana: 私が今朝読んだのはこれ(国立歴史民俗博物館研究報告 第 200 集 2016 年 1 月 横山百合子著 梅本記資料紹介) ↓ https://t.co/PmacjrYmIX
RT @fushunia: 「すてる」が「落とし物をする」の意味で使われる場合もあるんだ。『伊豆大島方言集』を読んでる。 https://t.co/CDlzLZzR5z

12 2 2 2 OA 諏訪史料叢書

RT @HisadomeK: 片倉辺命は建御名方神の御子で、『神長守矢氏系譜』では片倉辺命の御子の児玉彦命が千鹿頭神(洩矢神の孫)の跡を継いで守矢氏(諏訪上社の神長官)の祖になりました。 https://t.co/w8bO82sYfh 手力雄命の子という説は初めて見ました。

13 2 2 2 OA 群書類従

RT @HisadomeK: 吉田兼俱『延喜式神名帳頭註』を読んでいたら、南方刀美(諏訪大社)の項に、「建御名方神、坐信濃国諏訪郡、諏訪上社是也。下社片倉辺命、是手力雄命男也」という記述が有りました。 https://t.co/yxeMmyvu1I
「すてる」が「落とし物をする」の意味で使われる場合もあるんだ。『伊豆大島方言集』を読んでる。 https://t.co/CDlzLZzR5z
RT @plantbymicro: これ構造的にどうなってんのかなーと思って調べたら、ジャガイモに左右は無いけど、側芽が出るごとに約144度回転しているらしい。 面白いなー。 以下の文献を元にしました。 土屋ら 1993年 ジャガイモ塊茎の維管束とでんぷん蓄積 日本作物学会紀…
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @takusansu: #超算数 「小学校算数科における体系的な乗法の意味指導の必要性 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/VaorElO0j2 「乗法の意味指導」が失敗している事例としか思えない内容です。 渡会 陽平 日本科学教育学…
次世代シークエンス時代における哺乳類学~初学者への誘い~。佐藤・木下 2020(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/cZpgEooEGt 次世代シーケンサーを用いた野生生物の遺伝解析手法について網羅的に紹介されています。哺乳類に限らず、様々な分類群で共通に言えることが沢山含まれています。
RT @takusansu: #超算数 「日本の算数教育用語の広域展開という研究」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/bfx7uGJiKx 以下の文献を見た雑感です。 かけ算の指導内容を特定するターミノロジーにかかる国際協同研究: その必要と例示 礒…
RT @JikanBae: ISO 532Bのラウドネス計算プログラムが昔の音響学会英文誌に載ってた。1991年なので、当時ひろく使われていたN88-BASICだ。読める、読めるぞ!(時間ができたら #Julia言語 に移植しよう) https://t.co/JEXlzGHOMv
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
@fuehuki 発音なら「秩父路~」にいちばん近そうなのがこれかなあと思うんですが、そも漢字の空目案件だし、まったくミステリではないですね…… 『秩父路の信仰と霊場』 https://t.co/TnHoFUGJia
@mQTqf3XrUxOGJEg お返事ありがとうございます。 心臓頸靭帯とヘルマトームがわからなかったのでググりました。言葉の意味程度ですが、ざっくりとは把握できたと思います。 ※参考にしたリンク2本(導入だけ取り急ぎ流し読み) 心臓頸靭帯:https://t.co/sNSQzALn1Z デルマトーム:https://t.co/LZmlnzUraz
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @reme_kun: 「横浜と上海」 という論文集について調べていたが何故か学者同士のバトルに行き着いた。 『横浜と上海』本野 英一 https://t.co/RN1cvBKjuj 本野英一氏による『横浜と上海』書評について https://t.co/4BGsQTHvmu
RT @reme_kun: 「横浜と上海」 という論文集について調べていたが何故か学者同士のバトルに行き着いた。 『横浜と上海』本野 英一 https://t.co/RN1cvBKjuj 本野英一氏による『横浜と上海』書評について https://t.co/4BGsQTHvmu
#超算数 「日本の算数教育用語の広域展開という研究」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/bfx7uGJiKx 以下の文献を見た雑感です。 かけ算の指導内容を特定するターミノロジーにかかる国際協同研究: その必要と例示 礒田 正美 2020年08月 https://t.co/3gpMh6LlmV
@yhkondo https://t.co/ir24aMWL8f この研究あたりにも通じるものがあるでしょうか。
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @TeradaRyohei: 元朝秘史に出てくる「森の民」についての考察。17集団の中にブリヤト、オイラト、トゥバス、キルギス、トゥカス、バジギト、等が出てくる。めっちゃ面白い 安木新一郎 (2019-10) 「「森の民」に関する覚書 ─モンゴル帝国支配下のシベリア─」…
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @ke_1sato: 今でも大工さんが使う曲尺の裏目にはこの8つの文字が刻まれているが、現場ではほとんど使われていないとのこと。刀身の長さに唐尺吉凶を使うのは、この本で初めて見た。/唐尺吉凶が実際に沖縄の建築で使われていたことを示す民俗調査については、(↓)を参照。 ht…
今でも大工さんが使う曲尺の裏目にはこの8つの文字が刻まれているが、現場ではほとんど使われていないとのこと。刀身の長さに唐尺吉凶を使うのは、この本で初めて見た。/唐尺吉凶が実際に沖縄の建築で使われていたことを示す民俗調査については、(↓)を参照。 https://t.co/8T4aEaqIL9
RT @Buqadai: 安木新一郎 (2019-10) 「「森の民」に関する覚書 ─モンゴル帝国支配下のシベリア─」(『函館大学論究』第59輯第1号, pp. 11-32; https://t.co/8zYWSEvEkJ)モンゴル時代のシベリアの民について、ジョチ家、クビライ…
中国にサラール族という人がいるんだけど、いま民族衣装とされているのが1枚目みたいの。写真などから復元したのが2枚目だって https://t.co/DJ2AMNLlM7 https://t.co/x8rIYGUM0i
RT @yskmas_k_66: あと何百年かしたら『イリアス』や『変身物語』みたいに、特定の作品への詳細なコメンタリーみたいなものが刊行されるかも? #おい https://t.co/72sG5zF6wj https://t.co/t45vVAqcNn
RT @yskmas_k_66: あと何百年かしたら『イリアス』や『変身物語』みたいに、特定の作品への詳細なコメンタリーみたいなものが刊行されるかも? #おい https://t.co/72sG5zF6wj https://t.co/t45vVAqcNn
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
さっきの書評を紀要に載せてしまった後は、こんなことになってしまったわけだ。 「社会主義・共産主義的世界観の特質と問題点 :剰余価値学説と唯物史観の批判的検討」 https://t.co/SRllZwkJte
RT @MValdegamas: 筒井正夫「〈エッセイ〉米中新冷戦時代 、日本こそ世界を救う:学生諸君へのメッセージ」『彦根論叢』424号(2020年7月) https://t.co/6cdADVi6fq 定年退職者のエッセイですが、これは…

18 1 1 0 OA 大日本地誌大系

『新編相模国風土記稿』巻56の日蓮宗妙伝寺(厚木市上依知)の条には「無量光寺開祖一遍、同村遊化の時日蓮配流の由を聞、当所観音堂に来て日蓮に謁見す、是を因として当寺と無量光寺は世々の住持今に音信を通ずといへり」という記述が有ります。 https://t.co/nmxivQa23G https://t.co/JR0oyCgEak
これか。 菊地滋夫 「ケニヤ海岸地方後背地における緩やかなイスラーム化 : 改宗の社会・文化的諸条件をめぐって」 『民族學研究』64巻3号(1999,12) https://t.co/lv7HdJvSAL
RT @ahmadzakijp: この論文、すごくおもしろいですね。 「憑依儀礼では 、パーカッションを用いて患者に憑依した 精霊を呼び出してその要求を聞き、患者はそれに応えなくてはならない。精霊が要求するのは 、特定の食べ物や布だ ったり、ムスリムになることだったりする」 h…
RT @zasetsushirazu: 『アーカイブズ学研究』19(2013年)に掲載の、宮間純一氏による、箱石大編『戊辰戦争の史料学』(勉誠出版、2013年)の書評。複数の執筆者による多彩な切り口の論考が収録されたことを評価している。なお、宮間氏には著書『戊辰内乱期の社会』(…
仮に計算物理という言葉にこだわるならば、最初に使ったのは久保亮五先生になりそうだ。『報告書のタイトルが「物性研究と計算物理」となっている。久保先生の書かれた前書きによると、この報告書は1982年7月25日に行われた「コンピューター物性」という研究会の記録である』 https://t.co/iIRYw9sgtr
RT @takusansu: #超算数 「小学校算数科における体系的な乗法の意味指導の必要性 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/VaorElO0j2 「乗法の意味指導」が失敗している事例としか思えない内容です。 渡会 陽平 日本科学教育学…
RT @finegan_wake: @y_mizuno 「応用物理」2000年に、寺倉先生(当時産総研)の簡単な歴史と展望が書かれています。私もいつ頃から使い始めたのかうろ覚えだったのですが、「スーパーコンピュータ」という名前の一般化と軌を一にしているような気がします。 htt…
#超算数 「小学校算数科における体系的な乗法の意味指導の必要性 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/VaorElO0j2 「乗法の意味指導」が失敗している事例としか思えない内容です。 渡会 陽平 日本科学教育学会第44回年会 https://t.co/r9ipITRpYC
RT @t_wak: 1920(大正9)年末時点における五馬力以内の農発の普及台数につき、静岡県が抜きんでてトップ(内地にあった台数のうち57%を占めている)だったことの理由が知りたい。 https://t.co/WoB63r7dLN
@shoyugi @yamazaksv2 しかし「試案」であっても指導要領に逆らうのは困難だったと思います。 試案の影響力について https://t.co/ZP9An6WbIB
【CCS#2】日本では、陸より密閉性が高く微小の漏れは海水で吸収できることから、海底岩盤圧入が有望だとして研究が進められています。研究例https://t.co/bDHDmLRDEM
@SquareDeerHorn この件の経緯については、斎藤夏来『画像賛の語る宇喜多能家と戦国政治史』が参考になりました。義興は在国の身でありながら、争いを調停する姿勢を示しているとのこと。ただ、具体的に何かしたという話では無さそうですが。 https://t.co/EG8f0hP4lR
RT @yakumoizuru: 『首楞嚴義疏注經』(10巻、暦応2年〔1339〕) 南北朝時代のはじめに高師直によって刊行された、いわゆる師直版。国立国会図書館デジタルコレクションでも閲覧できたのね。 https://t.co/pXeFCzSkgt
以前から「茶中カテキンの抗ウイルス効果」の研究はあったなぁー。まず引用TW中の記事では『最も効果が高かったのは茶葉から淹(い)れた紅茶で、感染力のあるウイルスは1分間で100分の1、10分間で千分の1以下にまで減少した』だがhttps://t.co/GHvCeCdcWfの先行研究では5-60分の条件で検証。 https://t.co/lm4cma859T
CiNii 論文 -  私小説としての私の学生相談 /青木健次https://t.co/CQi0gUwOGY #CiNii
@kadonotoufu 表紙を見た瞬間おおむね諦めの境地に達し、一頁めくって即挫折しました。 https://t.co/h7z4X2Wsx4

12 12 12 0 OA 水産俗字集

RT @JUMANJIKYO: 古典から魚類の漢字を集めた『水産俗字集』、いつの間にやら国会図書館のところで公開されていた。明治30年代に発行された『水産名彙』の元になった本。漢字好き魚偏好きには大変楽しい資料。 https://t.co/Fe5vqaok1o
RT @FURICO17: CiNii 論文 -  『教訓抄』巻第七の舞踊理論について https://t.co/HFjD1eLF2h #CiNii
RT @quiriu_pino: さらに同号には同著者の #こんな論文が出ていたようです  今井 雅晴「本願寺顕如・教如と織田信長「約束破り」の「皆殺し」」 東国真宗 (10), 4-17, 2020-05 https://t.co/EkjjF0Jh3l
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 今井 雅晴「北条時政の願成就院創立 : 新発見の『伊豆堂供養表白』をもとに」 東国真宗 (10), 54-71, 2020-05 https://t.co/wxKEBxO6nh
RT @BungakuReportRS: 国文学研究資料館概要(和文)2020 - 国文学研究資料館学術情報リポジトリ https://t.co/cIoiq5xfiw

12 12 12 0 OA 水産俗字集

RT @JUMANJIKYO: 古典から魚類の漢字を集めた『水産俗字集』、いつの間にやら国会図書館のところで公開されていた。明治30年代に発行された『水産名彙』の元になった本。漢字好き魚偏好きには大変楽しい資料。 https://t.co/Fe5vqaok1o
RT @kanototori: “JAIRO | 契丹文字に遺された「秘史」 : 成百仁先生の傘寿に寄せて” http://t.co/W9szKRn15T
RT @stewardtokyo: 「水のように」再刊本、初刊本の浪花千栄子の写真に代わる大きな魅力は巻末の上方芸能研究者古川綾子氏の解説「浪花千栄子の生きた時代」です。古川氏が浪花千栄子旧蔵の資料に思いがけず出会う顛末を記した「<エッセイ>女優・浪花千栄子の関係資料」をご覧下…
_φ(・_・ 「自己志向的完全主義と攻撃性および自己への攻撃性の関連の検討  抑うつ,ネガティブな反すうを媒介として」 パーソナリティ研究 2018年 https://t.co/il2f1Yhhpn
RT @komiya_aoyama: RT。「憲政資料室収集文書(20点)※幣原喜重郎手帳」は「〔幣原喜重郎手帳及び原稿〕手帳」昭和20年・21年・22年・23年・24年・25年・26年が含まれている。有難い。昭和20年 https://t.co/WzCeYSXFWS
RT @thgrace: 秋水とそのエンジン、橘花とネ20.驚異的な時間スケジュールで実現しているけれど前者は平岡さんが供述しているように推進薬に知見があったし、後者は大学にもコンプレッサ、タービンの知見があったことが功を奏しているはず.それもなかったらさすがに... htt…
マンチュリアの社会変容と地域秩序 : 明代から中華人民共和国の成立まで https://t.co/GVzd1TIvDb あ、面白そう。
RT @BungakuReportRS: 木場貴俊 - <研究ノート>国際日本文化研究センター所蔵『諸国妖怪図巻』をめぐって : いわゆる「化物尽くし絵巻」に関する一考察 - 国際日本文化研究センター学術リポジトリ https://t.co/0oKnuMBKQV
RT @BungakuReportRS: 木場貴俊 - <研究ノート>国際日本文化研究センター所蔵『諸国妖怪図巻』をめぐって : いわゆる「化物尽くし絵巻」に関する一考察 - 国際日本文化研究センター学術リポジトリ https://t.co/0oKnuMBKQV
大正9年の港湾別繰綿輸入量。神戸港が圧倒的だったんだな。名古屋は少ないが神戸から鉄道で運んでたんだろうか。大日本帝國港灣統計. 大正9年 https://t.co/lrGZg2Fmgj https://t.co/DZQbe8crf6
酒林(酒箒)については、以前「うどん屋の看板」について書いた時に触れたことがあります。これも中国と関係がありそうなのですが、どうでしょうか。 https://t.co/qArw2eCgRp
今年小学4年の教育漢字で《阜》が岐阜県の表記用に採用されたのですが、大阪毎日新聞社が㍽15年に『漢字制限に伴ふ新用語』で[ふとう]と読む埠頭の書き換えで〈阜頭〉を考案したことがあり、部首省略によるケースとなっていて、教育漢字となっている現在で通用できそうです。https://t.co/ou2fCMeIN9
追補の資料では『デカメロン』ほか、『賢者ナータン』の資料が収められていて嬉しい。岩波文庫版は20年ほど前に読んだが、その時は「刺さ」らず。ちなみにレッシングが秘教をテーマにし、フリードリヒ・シュレーゲルがオマージュを捧げた『エルンストとファルク』はこちら。 https://t.co/6sm8H9nvv7
RT @chizulabo: @s15taka @kobiwa_net @pmagshib この論文が面白いですね。MN表示の記載もあります。 https://t.co/TsbYuwkqgi
北条氏の支城、玉縄城(現鎌倉市)についての展示ですか。 ここの城主である北条氏繁が作り、子の氏勝(後に現佐倉市の岩富城主)が識語を書いている「出陣次第」という故実書を紹介したことがあります。 https://t.co/lo7DtUFuME 戦国期の武家故実書の原本というレアな物で、内容も興味深いです。 https://t.co/ZI9D3mf1Nz
RT @AShino221: 羊肉の脂は融点が高くて詰まりやすいって話、北海道では腸閉塞が多いとかマンションの配水管が詰まりやすいとかいう相関出そうなんだけどデータ見当たらないなあ 論文によると植物(昆布だの餅だの)原因の腸閉塞の方が多いみたい https://t.co/d…
日中における水中文化遺産の保護および保全に関する制度的研究―関連する国際法および国内法の比較検討を通じて― なかなか面白い。詳しく分析してあり、良いですね。 ちょとだけでも、読んでみて下さい https://t.co/5eOdlHG4w5

40 6 6 0 OA 大阪府写真帖

大正3年、大阪の東洋紡績の工場。リング精紡機だろうか。 大正3年『大阪府写真帖』国会図書館デジタルコレクション https://t.co/dRTviX9b5J https://t.co/KTCxFTHO4X

13 13 13 1 OA 日誌

本日新たに国立国会図書館デジタルコレクションで公開された資料から、「議会開設百三十年記念議会政治展示会」に出陳予定のものを紹介します。貴族院書記官長であった小林次郎の日記です。終戦の日、小林は「恐懼に堪えず、戦争責任者は自責に不堪べし」と綴っています。 https://t.co/Orfh8uD6nz https://t.co/NPgov0iFmk
RT @ktgohan: https://t.co/xoutH3dTHR 実は2009年に女子栄養大学から「それほどでもなくない?(意訳)」という論文が出ています。表題は『硬度の異なるミネラルウオーターで調製しただしのミネラル含有量と食味について』。そのまんま。必読。
RT @templeple: 源氏学継承は政治的思惑も強いだろうけど、家康への「源氏講釈が行われた数寄屋の庭に豊國社から伐採された松の葉が敷かれ(中略)秀吉の俳名でもあっ た松を踏みにじり、光源氏の栄華の絶頂を描写した「初音」巻を高らかに謡い上げ悦惚感に酔い痴れたと」いう解釈も…
RT @pvvbzROgo32zWXo: それこそ都市民俗学の発生なども問題意識としてはかなりいい腺をいっていると思うが、現状一番はこれか 有馬学「歴史は何種類あるのか? 」『七隈史学』21号2019年 https://t.co/1xLBabZ2Zh 文章としては講演録なのだが…
RT @BungakuReportRS: 鬼束 芽依 - 考古学の先駆者としての吉田雀巣庵 : 『尾張名古屋博物会目録』を通して https://t.co/gkguhSwfAB
RT @BungakuReportRS: 阿部 邦子 - 小田野直武挿画『解体新書』附図元本調査-ワルエルダ『解剖書』 https://t.co/eLt6fsCJRS
RT @BungakuReportRS: 上田 智也ほか - X線分析顕微鏡を用いる奈良絵本「竹取物語」挿絵の点分析と面分析https://t.co/4rvQcpvyrY
RT @GenderHistoryJP: こちらの論文は、歴博のリポジトリでお読みいただくことができます。↓ 横山百合子「梅本記 : 嘉永二年新吉原梅本屋佐吉抱遊女付け火一件史料の紹介」『国立歴史民俗博物館研究報告』200号、2016年 https://t.co/9MuWBu…

フォロワー(13208ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

10 10 10 10 OA 孝義録

RT @GenderHistoryJP: 「近世職人尽絵詞」を描かせた松平定信は、幕府老中として忠孝や貞節などの道徳を奨励。幕府はそうした事例を「官刻孝義録」(1801年 https://t.co/EHJWxjMegC)という大部の書物に記録し出版します。登場する男性には職業名…
RT @omochieology: "Minnesota Multiphasic personality Inventory"、ある時代にある場所で確立された統計的法則だからと考えなしに使うとこのようになっていく https://t.co/4rv3HHaE9N
RT @omochieology: "Minnesota Multiphasic personality Inventory"、ある時代にある場所で確立された統計的法則だからと考えなしに使うとこのようになっていく https://t.co/4rv3HHaE9N
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @pantheo27705718: 有櫛動物の新種、プエルトリコ近くの海で発見 米NOAA 論文pdfフリー https://t.co/sXa1w3talx https://t.co/iQynDIGI34 @cnn_co_jpより
こんなの覗いてたり https://t.co/l3FsVYr2Cp あ、お昼になってた https://t.co/jIdFoN7NPq
RT @MasakiHoso: 略称がだいじなのか… 2020年度採択、学術変革領域研究(A)領域略称「からだ工務店」 https://t.co/Nsyv7Xom6a

1 1 1 1 OA 周礼

今、改めて読みたい「周礼」:https://t.co/c6I130Ie6b
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 敗軍の将、兵を語る 都議選スペシャル 緑の暴風に、自民の自壊,2017 https://t.co/3of9PT2Lhl  都議会議員候補の主張なり政策なりが十二分に都民に届く前に国政の問題が起きてしまいました。私自身のこと…
RT @MarikoKawana: 私が今朝読んだのはこれ(国立歴史民俗博物館研究報告 第 200 集 2016 年 1 月 横山百合子著 梅本記資料紹介) ↓ https://t.co/PmacjrYmIX
RT @MValdegamas: 筒井正夫「〈エッセイ〉米中新冷戦時代 、日本こそ世界を救う:学生諸君へのメッセージ」『彦根論叢』424号(2020年7月) https://t.co/6cdADVi6fq 定年退職者のエッセイですが、これは…
『金の風に乗って』https://t.co/fArjsnOm5v https://t.co/hY2XKn19nB #アイヌ #Ainu
RT @GenderHistoryJP: こちらの論文は、歴博のリポジトリでお読みいただくことができます。↓ 横山百合子「梅本記 : 嘉永二年新吉原梅本屋佐吉抱遊女付け火一件史料の紹介」『国立歴史民俗博物館研究報告』200号、2016年 https://t.co/9MuWBu…
RT @MarikoKawana: 私が今朝読んだのはこれ(国立歴史民俗博物館研究報告 第 200 集 2016 年 1 月 横山百合子著 梅本記資料紹介) ↓ https://t.co/PmacjrYmIX
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
J-STAGE Articles - 三浦つとむ論(&lt;特集&gt;近代文学の諸問題) https://t.co/Q9aMYZTWiE
RT @MarikoKawana: 私が今朝読んだのはこれ(国立歴史民俗博物館研究報告 第 200 集 2016 年 1 月 横山百合子著 梅本記資料紹介) ↓ https://t.co/PmacjrYmIX
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @fushunia: 「すてる」が「落とし物をする」の意味で使われる場合もあるんだ。『伊豆大島方言集』を読んでる。 https://t.co/CDlzLZzR5z

12 2 2 2 OA 諏訪史料叢書

RT @HisadomeK: 片倉辺命は建御名方神の御子で、『神長守矢氏系譜』では片倉辺命の御子の児玉彦命が千鹿頭神(洩矢神の孫)の跡を継いで守矢氏(諏訪上社の神長官)の祖になりました。 https://t.co/w8bO82sYfh 手力雄命の子という説は初めて見ました。

13 2 2 2 OA 群書類従

RT @HisadomeK: 吉田兼俱『延喜式神名帳頭註』を読んでいたら、南方刀美(諏訪大社)の項に、「建御名方神、坐信濃国諏訪郡、諏訪上社是也。下社片倉辺命、是手力雄命男也」という記述が有りました。 https://t.co/yxeMmyvu1I
RT @fushunia: 「すてる」が「落とし物をする」の意味で使われる場合もあるんだ。『伊豆大島方言集』を読んでる。 https://t.co/CDlzLZzR5z
「すてる」が「落とし物をする」の意味で使われる場合もあるんだ。『伊豆大島方言集』を読んでる。 https://t.co/CDlzLZzR5z
RT @Naga_Kyoto: こういう都市構想の変化みたいなの好きな人多そう 田中優大・阿部大輔(2019)「1960年代の京都市における総合計画からみる都市像の変容について」 https://t.co/2wwSXy8rQc https://t.co/TzWBtzh53q
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @plantbymicro: これ構造的にどうなってんのかなーと思って調べたら、ジャガイモに左右は無いけど、側芽が出るごとに約144度回転しているらしい。 面白いなー。 以下の文献を元にしました。 土屋ら 1993年 ジャガイモ塊茎の維管束とでんぷん蓄積 日本作物学会紀…
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Zangiri_mono: @kirihiko_ 史料が紹介されていますが、単に食事が粗末だという以上に、若い者には食わせるのに遊女には見せしめ的に食わせないとか、腐ってて食いにくいのに「なぜ出す飯を食わずに買い食いするんだ」と叱る、とかの虐待がキツい感じがします。 h…
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
[資料紹介] 「梅本記」 : 嘉永二年新吉原梅本屋佐吉抱遊女付け火一件史料の紹介 - 文献詳細 - https://t.co/FD6sbYwYlN Altmetrics https://t.co/wiPDJkAB7q
梅本記 - 国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリ   PDF https://t.co/Rr4HB8UgH4
CiNii 論文 -  梅本記 : 嘉永二年新吉原梅本屋佐吉抱遊女付け火一件史料の紹介 https://t.co/nBSZZjrbab #CiNii
RT @Naga_Kyoto: 近代京都の郊外開発について知りたいときにまず読むとよさそうな論文↓ 上野 裕(2019)「近代京都の市街地形成と土地区画整理事業」 https://t.co/gR8jfGAsY4 https://t.co/5APqk9BMPi
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: こういう都市構想の変化みたいなの好きな人多そう 田中優大・阿部大輔(2019)「1960年代の京都市における総合計画からみる都市像の変容について」 https://t.co/2wwSXy8rQc https://t.co/TzWBtzh53q
RT @takusansu: #超算数 「小学校算数科における体系的な乗法の意味指導の必要性 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/VaorElO0j2 「乗法の意味指導」が失敗している事例としか思えない内容です。 渡会 陽平 日本科学教育学…
RT @takusansu: #超算数 「日本の算数教育用語の広域展開という研究」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/bfx7uGJiKx 以下の文献を見た雑感です。 かけ算の指導内容を特定するターミノロジーにかかる国際協同研究: その必要と例示 礒…
明治22年11月29日、井田譲が死去。幕末の大垣藩出身で、西南戦争の際に陸軍卿代理を務め、フランス公使などを歴任。松居宏枝「ローレンツ・フォン・シュタインをめぐる在欧外交官の動静」(『お茶の水史学』54)曰く、シュタインの日本招聘を外務卿・井上馨に働きかけた。 https://t.co/YLUfV6ItD2
RT @JikanBae: ISO 532Bのラウドネス計算プログラムが昔の音響学会英文誌に載ってた。1991年なので、当時ひろく使われていたN88-BASICだ。読める、読めるぞ!(時間ができたら #Julia言語 に移植しよう) https://t.co/JEXlzGHOMv
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: 近代京都の郊外開発について知りたいときにまず読むとよさそうな論文↓ 上野 裕(2019)「近代京都の市街地形成と土地区画整理事業」 https://t.co/gR8jfGAsY4 https://t.co/5APqk9BMPi
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @hayashikeiich: 大正昭和期の「花柳舞踊研究会」 知らなんだhttps://t.co/YdlxEyPajS
こういう都市構想の変化みたいなの好きな人多そう 田中優大・阿部大輔(2019)「1960年代の京都市における総合計画からみる都市像の変容について」 https://t.co/2wwSXy8rQc https://t.co/TzWBtzh53q
近代京都の郊外開発について知りたいときにまず読むとよさそうな論文↓ 上野 裕(2019)「近代京都の市街地形成と土地区画整理事業」 https://t.co/gR8jfGAsY4 https://t.co/5APqk9BMPi
@fuehuki 発音なら「秩父路~」にいちばん近そうなのがこれかなあと思うんですが、そも漢字の空目案件だし、まったくミステリではないですね…… 『秩父路の信仰と霊場』 https://t.co/TnHoFUGJia
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa

13 12 12 11 OA 花容女職人鑑

RT @GenderHistoryJP: 「花容女職人鑑」は、もともと狂歌や詞書を添えて描かれていましたが(左:国立国会図書館蔵  https://t.co/tJ0B44jaVq)、好評で版を重ねるうちに、狂歌などを削除して巻末にまとめ、女性たちを華やかに描き、眺め鑑賞する絵本…
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
【無料】神田外語大学講演会「『アイヌ民族否定論に抗する』を通してアイヌについて学ぼう!」(香山リカ×上村英明×新井かおり×岡和田晃×マーク・ウィンチェスター他)要旨 https://t.co/cK6yKRD5KJ #アイヌ #Ainu
RT @Shun_Hirose: 「用水の恵まれない地域にあって,先人が心血を注いで築造したため池は人々の生きる糧に直結する,地域の重要な財産として長年にわたる継続的な管理によって守られてきた」。著者はその12の機能を指摘します — J-STAGE Articles|内田和子「…
RT @ki4hira: これ() 松本 優希, 公共空間における社会的排除とライフスタイルスポーツ, 人文地理学会大会 研究発表要旨, 2019, 2019 巻, 2019年 人文地理学会大会, セッションID 211, p. 48-49, 公開日 2020/06/13, h…
RT @ki4hira: これ() 松本 優希, 公共空間における社会的排除とライフスタイルスポーツ, 人文地理学会大会 研究発表要旨, 2019, 2019 巻, 2019年 人文地理学会大会, セッションID 211, p. 48-49, 公開日 2020/06/13, h…
@mQTqf3XrUxOGJEg お返事ありがとうございます。 心臓頸靭帯とヘルマトームがわからなかったのでググりました。言葉の意味程度ですが、ざっくりとは把握できたと思います。 ※参考にしたリンク2本(導入だけ取り急ぎ流し読み) 心臓頸靭帯:https://t.co/sNSQzALn1Z デルマトーム:https://t.co/LZmlnzUraz
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
お、全文が公開されてた。(^^♪ https://t.co/vzisT02L0Q
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
J-STAGE Articles - 2.蕁麻疹とアナフィラキシー https://t.co/M1CZsmNe6I https://t.co/zyjLOdx7Yi
J-STAGE Articles - 2.成人アナフィラキシー https://t.co/HSLhChMSu1
マジでポイズンリムーバーなんて買ってはいけない。あんなもん気休めにしかならない。ハチ刺傷とアナフィラキシーが怖いなら病院やクリニックでエピペンを処方してもらおう。→ J-STAGE Articles - アナフィラキシーガイドライン https://t.co/7HoqrsGNJA https://t.co/1CylPRDmPW
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
明治11年11月29日、柏木忠俊が死去。幕末期は江川英龍に仕えて伊豆七島の巡視に随行したほか、長崎でオランダ人に造船技術や航海術を学ぶ機会を得た。明治期には足柄県知事などを歴任。金原左門「福澤諭吉と柏木忠俊」(『近代日本研究』9)は、福沢諭吉に受けた影響を分析。 https://t.co/VMzLGR28QD
RT @ke_1sato: 今でも大工さんが使う曲尺の裏目にはこの8つの文字が刻まれているが、現場ではほとんど使われていないとのこと。刀身の長さに唐尺吉凶を使うのは、この本で初めて見た。/唐尺吉凶が実際に沖縄の建築で使われていたことを示す民俗調査については、(↓)を参照。 ht…
RT @TeradaRyohei: 元朝秘史に出てくる「森の民」についての考察。17集団の中にブリヤト、オイラト、トゥバス、キルギス、トゥカス、バジギト、等が出てくる。めっちゃ面白い 安木新一郎 (2019-10) 「「森の民」に関する覚書 ─モンゴル帝国支配下のシベリア─」…
RT @nekonoizumi: さっきの書評を紀要に載せてしまった後は、こんなことになってしまったわけだ。 「社会主義・共産主義的世界観の特質と問題点 :剰余価値学説と唯物史観の批判的検討」 https://t.co/SRllZwkJte
RT @MValdegamas: 筒井正夫「〈エッセイ〉米中新冷戦時代 、日本こそ世界を救う:学生諸君へのメッセージ」『彦根論叢』424号(2020年7月) https://t.co/6cdADVi6fq 定年退職者のエッセイですが、これは…
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @ke_1sato: 今でも大工さんが使う曲尺の裏目にはこの8つの文字が刻まれているが、現場ではほとんど使われていないとのこと。刀身の長さに唐尺吉凶を使うのは、この本で初めて見た。/唐尺吉凶が実際に沖縄の建築で使われていたことを示す民俗調査については、(↓)を参照。 ht…
RT @ke_1sato: 今でも大工さんが使う曲尺の裏目にはこの8つの文字が刻まれているが、現場ではほとんど使われていないとのこと。刀身の長さに唐尺吉凶を使うのは、この本で初めて見た。/唐尺吉凶が実際に沖縄の建築で使われていたことを示す民俗調査については、(↓)を参照。 ht…
RT @ke_1sato: 今でも大工さんが使う曲尺の裏目にはこの8つの文字が刻まれているが、現場ではほとんど使われていないとのこと。刀身の長さに唐尺吉凶を使うのは、この本で初めて見た。/唐尺吉凶が実際に沖縄の建築で使われていたことを示す民俗調査については、(↓)を参照。 ht…
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
「戦後のナラティブ・ターンから眺めるアイヌの諸運動と和人によるアイヌ研究の相克」https://t.co/m1eTxmXMSP #アイヌ #Ainu
RT @nekonoizumi: さっきの書評を紀要に載せてしまった後は、こんなことになってしまったわけだ。 「社会主義・共産主義的世界観の特質と問題点 :剰余価値学説と唯物史観の批判的検討」 https://t.co/SRllZwkJte
RT @MValdegamas: 筒井正夫「〈エッセイ〉米中新冷戦時代 、日本こそ世界を救う:学生諸君へのメッセージ」『彦根論叢』424号(2020年7月) https://t.co/6cdADVi6fq 定年退職者のエッセイですが、これは…
RT @yskmas_k_66: あと何百年かしたら『イリアス』や『変身物語』みたいに、特定の作品への詳細なコメンタリーみたいなものが刊行されるかも? #おい https://t.co/72sG5zF6wj https://t.co/t45vVAqcNn
RT @yskmas_k_66: あと何百年かしたら『イリアス』や『変身物語』みたいに、特定の作品への詳細なコメンタリーみたいなものが刊行されるかも? #おい https://t.co/72sG5zF6wj https://t.co/t45vVAqcNn
J-STAGE Articles - スズメバチ刺傷により多臓器不全に陥り死亡した1例 https://t.co/GgDDLuuTMW 「68歳,男性.登山中にオオスズメバチのものと思われる土中の巣を踏み,スズメバチに約50カ所を刺され,アナフィラキシーショックとなった」
J-STAGE Articles - 急速な経過を辿ったスズメバチ刺傷による多臓器不全の1例 https://t.co/IcAPSK6S7i
RT @ahmadzakijp: この論文、すごくおもしろいですね。 「憑依儀礼では 、パーカッションを用いて患者に憑依した 精霊を呼び出してその要求を聞き、患者はそれに応えなくてはならない。精霊が要求するのは 、特定の食べ物や布だ ったり、ムスリムになることだったりする」 h…
J-STAGE Articles - 100回近い刺傷歴を語る患者に 初めて発症したアナフィラキシーショックの1例 https://t.co/CKAw2bNSZM
もちろんポイズンリムーバーなんて単語は出てきません。ハチ刺傷の対策は経過観察、エピペン携帯、アレルゲン免疫療法の3つ。→ J-STAGE Articles - 3.ハチ毒とアナフィラキシー(2018)https://t.co/okdADsdnBI https://t.co/4rt2MI2MaZ
RT @MValdegamas: 筒井正夫「〈エッセイ〉米中新冷戦時代 、日本こそ世界を救う:学生諸君へのメッセージ」『彦根論叢』424号(2020年7月) https://t.co/6cdADVi6fq 定年退職者のエッセイですが、これは…
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa